You are on page 1of 18

北風小憎夫の「ニコチン・アンインストール・マニュアル」

http://kitakazekozo082.blog69.fc2.com/

【序文……はじめにお読みください】

 2010 年。
 日本はついに「大禁煙時代」に突入!
 もはや日本中探しても、落ち着いてタバコを吸える場所は、どこにもない……。

 2010 年2月。
 「今後、公共の場は、全面禁煙になる」というニュースが、日本中に衝撃を与えた。
 厚生労働省から出された通知によれば、今後は「全ての職場、公共施設、飲食店、ホテル……」
など、人が集まる場所は、すべて禁煙になる。
 それだけでなく、競馬場やパチンコ屋、雀荘や居酒屋、クラブ、バーなどの、いわゆる「大人
の社交場」も同様。ありとあらゆるところで、タバコが吸えなくなる。

 さらに、4月。
 神奈川県で「受動喫煙防止条例」が施行される。
 すでに、神奈川県内のマクドナルドやロイヤルホストなどは、全店で全面禁煙に移行済み。
 さらにこの夏からは、海水浴場すら、全面禁煙となり、日本中あらゆるところに「禁煙」が広
がってゆく。

 そして、10 月。
 たばこ税引き上げ。
 1箱 300 円のタバコが 400 円に、過去最大の上げ幅となる。
 「いずれは 1000 円」という声も多く、現実となる日も遠くなさそうだ。

 もはや、ほとんどの喫煙者にとってタバコは、
 「吸うか、やめるか」
 の二者択一ではない。

 「いつやめるか」「どうやってやめるか」
 を選ぶ道しか、残されていないのだ……。

 へい、ごめんなすって。
 あっし、当ブログの管理人をつとめておりやす、北風小憎夫と発しやす。
 き・た・か・ぜ、「小憎(にく)らしい」と書いて、「小憎夫」でござんす。
 以後、お見知りおきを。
 え~、そんなような次第で……。

 おタバコを吸われる方は、なんだかもう、災難でござんすねえ。
 家じゃあカミさんや子どもから、白い目で見られ、勝手口から外に出て一服の、ホタル族。
 そのうち、「ベランダ」で吸うのもダメになるんですってよ、近所迷惑だから。

1
 で、駅に行っても、喫煙所は遙かホームの彼方。
 それでも、あればまだマシ。そのうち、日本中の駅から、全面撤去でしょうな。
 吸いたいタバコをガマンして、イライラしながら満員電車。
 そりゃチカンの一つもしなきゃ、気が収まらねえでしょうなあ。

 会社についても、昔のように、くわえタバコで仕事なんてムリ。
 喫煙所で和んでりゃ、生まれてから一本もタバコすったことのねえようなガキ社員から、後ろ
指さされてねえ。

 それで、さらに税金が上がるってんじゃ世話がねえ。
 わざわざゼニ払って、肩身の狭い思いをしてるようなモンでしょう。

 さて、そしたら、タバコのみの皆さん。
 どうしやす?
 この際思い切って、タバコ、やめたらどうでしょう?

 へい。
 わかっておりやす。
 「禁煙」のつらさは。
 よくわかっておりやすよ。

 「禁煙」「英会話」「ダイエット」
 といえば、
 「日本三大挫折話」
 と言われるくらいに、長続きしねえことの代名詞。
 とりわけ「禁煙のつらさ」といったら、それはもう、地獄の責め苦に等しい、なんて言いやす
ね。
 「禁煙するくらいだったら、俺は死んだ方がマシだ」
 大の大人が、そう公言するくらいですから、よっぽどつらいんでしょう。

 よくわかりやすよ。
 あっしもかつては、一日に2箱、40 本を灰にする、「どスモーカー」でしたからねえ。
 タバコ、好きでしたよ~。
 あんなに美味いモンは、この世にない、と思っていましたな。
 誰にご意見されようと、やめる気なんて、これっぱかりもありやせんでした。
 だいたい、タバコ吸いながらじゃなきゃ、仕事にならなかったし。
 タバコ吸ってストレス解消しないと、すぐ喧嘩になっちゃうし。
 そもそも、税金納めて、自分の寿命を覚悟してまで吸ってたんだから。
 「オレは、意志が強いから、絶対タバコはやめねえぞ!」
 と、毎年、年賀状に書くようなタイプでしたね、はっはっは。

 へい?
 今ですか?

 へい、タバコはスッパリ、やめやした。

2
 キッパリと、足を洗いやした。
 昨年、2009 年の、11 月 8 日のことですね。
 たった一日で、スッパリとタバコとは、縁を切りやして。
 以来、ただの一本も、吸っておりやせん。

 まったくの、突然のこと。
 女房も子どもも、ビックリしてましたよ。

 医者?
 嫌いなんで、行きやせんよ。
 クスリ?
 飲みません。
 電子タバコとかの小道具?
 ゼニが勿体ねえんで、使いやせんよ。

 ほとんど何も使わずに、一日でスパ~ッ! と、やめちまいやした。
 しかもその日の夜は、「禁煙者にとって最大の難所」と言われる、
 「居酒屋での飲み会」
 に、行ったんですけどね。
 まったく、タバコ吸いたいとも、思いやせんでした。

 へい。
 人間、変われば変わるモンですなあ。
 今じゃもう、タバコなんかとは、関わり合いのねえ毎日でござんす。
 何よりも、
 「喫煙所を探して、大の大人が、泣きそうな目でウロウロ」
 なんてことをしなくても、よくなった。

 これはもう、楽チン。
 「ニコチンやめて、楽チンになろう!」
 を、今年の世界禁煙デーのスローガンにしやしょう。

 税金がどれほど高くなろうと、ニュースで聞いても、もはや対岸の火事。
 「今年の松茸は、一本2万円」
 なんてニュースと同じで、
 「へー。ま、関係ねーし」
 こんな感覚ですな。
 あー、ストレスって何だっけ?

 で、せっかくなんで、あっし自身が成功した、その方法をね。
 ブログに連載したところ、読んだ何人かが、
 「ホントだ! やめられた!」
 と、言ってくださってる。

 ははあ、こりゃあ、効き目があるんだなあ……。
 他にも、「やめてえけど、やめられねえ」って人は、世の中にワンサといらっしゃるんで、そ
ういう人の助けになればなと。

3
 本にして出すつもりで、内容を見直しておりやす、今。

 どうやって、一発で、簡単にタバコをやめたのか?
 それを一言で言い表しやすと……?

 そうですね、そもそも、
 「タバコをやめるのは簡単」
 なんですよ。
 ところがこれを、
 「禁煙」
 つっちゃったら、途端に難しくなる。

 何故かって?
 ……禁・煙でしょ。
 たとえば他に、
 禁・まばたき。
 禁・睡眠。
 禁・呼吸。
 禁・小便。
 と、言われたら、どうですか?
 まばたきしちゃダメ、寝ちゃダメ、息しちゃダメ……。

 「そんなん、ムリじゃ!」
 というでしょう。

 じゃあ、「禁煙」。
 ホントはタバコ吸いたいのに、「吸っちゃダメ」と言われるんですよ?
 「そんなん、ムリじゃ!」
 そうですよ。

 タバコをやめる秘訣を一言で言うと、
 「禁煙、という言葉は、絶対に使わない」
 これに尽きやすね。

 じゃあ、何て言ったらいいのか?
 そう、そこで、あっしが考えた方法。
 それこそが、このブログの題名にもある、
 「ニコチン・アンインストール」!!
 (ストール……ストール……ストール……)
  ↑エコー

 「アンインストール」って、ご存じでしょ。
 パソコンから、使い物にならねえソフトを、削除することね。
 で、人間の脳とか体を、パソコン本体だと思ってくだせえ。
 で、タバコ、つまり「ニコチン」ってのは、そのパソコンの中の、「いらねえソフト」なんで
す。

4
 「いや! 我が輩にとっては、ニコチンはないと困る!」
 って言う旦那もいらっしゃるんですが……。
 ま、だいたい、50 代後半以上の、アタマの堅えジジイですな。
 パソコンとか、ついてこれねえモンだから、
 「パソコンに頼ってると、アタマが悪くなる!」
 なんていう、蒸気機関車大好きタイプね。
 やれやれ。
 本文で、じっくりご説明しやすけど、「ニコチン」なんて時代遅れなソフト、今どき使ってる
とバカにされるんですよ。

 で、その「ニコチン」を。
 あっしは、「アンインストール」しちゃった。
 それで、スッパリ、タバコはやめられやした。

 イヤ、ウソじゃねえって。
 それは、この後、本文を読んでいただけりゃ、よくわかりやす。

 でも、どうですか?
 他人から頭ごなしに、
 「禁煙しなさい」
 「吸いたいときは、ガマンしなさい」
 「意志が弱いんだよ」
 「この、ヤニ中野郎が」
 なんて言われると、
 「うるせえ! やなこった!」
 と反発するけど、
 「ニコチン? そんなモン、さっさとアンインストールしちゃいなよ」
 と言われれば、
 「そっか。どうすんの?」
 と、こう素直になれる気が、しやせんか?

 実際、「ニコチン・アンインストール」も、パソコンのアンインストールと同じで、
 「気づいたら、いつの間にか完了していた」
 というくらい、禁煙に比べれば、つらくも苦しくもないですから。

 面白いでしょう、「ニコチン・アンインストール」。
 じゃあ、他にもご紹介すると。

 タバコをたくさん吸う人は?
  → ニコチン・ヘビーユーザー。
 タバコが嫌いな人は?
  → ニコチン・アンチユーザー。
 喫煙者に、目くじら立ててギャースカわめき散らす野郎は?
  → ニコチン・シェパード。

 ……なんて感じで、タバコにまつわるあれこれを、面白おかしく言い換えしやした。
 やっぱり、物事は、

5
 「面白く、わかりやすく」
 じゃないと、聞く耳持ってもらえねえでしょ。

 今までにも、たくさん、
 「禁煙本」「禁煙法」
 ってのは、確かに出回ってやした。
 でもそれって、ほとんど、効果なかったんじゃねえですか?
 何でか、わかりやすよ。

 そういう「禁煙法」を言う人って、
 「ニコチン童貞」
 が、多いんですよ。
 医者とか、学者とか、公務員とかの、マジメでお堅いひとたち。
 そりゃ、アタマは、いいんかもしれねえけどさ。
 今まで、一本もタバコは吸ったことがねえ、なんてニコチン童貞野郎がさ、
 「後腐れ無く、タバコと別れるには、こうしたらいいんだよ」
 なんて抜かしたら、どう思いやす?

 テメーが言うな!

 ですよね。

 で、一言目、二言目には、
 「タバコを吸うとガンになります」
 「周りの人の迷惑になります」

 わかってらい!

 そんなこたあ、百も承知でタバコを吸ってんですよ、世間のバカは。
 わざわざ、体に悪いことがしたくって、吸ってんですから。
 なのに、いちいち、数字出したり、データ出したり、グラフ見せたり……。
 あのね、タバコ吸うような連中は、どっちにしても、アホなんですから。
 そういう人に、
 東大生の家庭教師
 つけたって、効果が出るわけ、ねえでしょう。

 だったら、その点、このあっし。
 自慢じゃあねえが、ガキの頃から手癖が悪く、高校生の頃には立派なスモーカー。
 以来、20 年以上の長きに渡り、一日も欠かさず、毎日、毎日、せっせとタバコを吸い続けてき
た男です。
 つぎ込んだゼニは、100 万や 200 万じゃ、足りやせんね。
 タバコの旨さも苦さも、酸いも甘いも、知り尽くしておりやす。

 そんな筋金入りの「ニコチン・ヘビーユーザー」のあっしが、ある日とつぜん、
 「……あらっ?」
 と言う間に、スッパリとタバコをやめちまった、てんだから。
 「どうやったの?」
 そりゃ、聞きたいでしょう。

6
 本文を、読みゃあ納得、よくわかりやすよ。
 あと、タバコ吸わない人が読んでも、面白いようにできてますよ。

 その「やめ方」ってのも、独創的ですよお。

 そもそも、あっしは、「辛抱」とか、「努力」とか、ヤボなこたあ嫌いなタチなんですよ。
 だから、タバコをやめるときも、
 「……粋(イキ)に」
 やめようと思った。

 そこでだ。
 相手が「タバコ」だと思うからいけない。
 相手を、タバコと思うな、
 「女」
 と思え。

 そう、「やめたくても、やめられないタバコ」のことを、
 「別れたくても別れられない、魔性の女」
 だと、思い込んだんですよ。

 「魔性の女」
 つっても、田中角栄の物マネするのが得意な女じゃありやせんよ。
 あれは、
 「ま、しょの~女」。

 タバコってのは、ある意味「悪女」なんですよ。
 カネはかかるし、カラダには悪いし、そのくせ人を捕らえて離さないし。
 わかるでしょ?
 イメージとしては、こんな感じ。

 この絵は、twitter で知り合った「北風“@air_kimidori”きみどり」って女性が、あっしの子
分になるための持参金代わりに納めてくれたんですけどね。
 妖しい雰囲気の、悪女でしょ。

 で、あっしは、こんな女(タバコの化身)のことを、
 「ニコ」
 と名づけやした。

7
 愛称で言うと、
 「ニコちん」
 お分かりですね。

 で、
 「ああ、タバコやめるのはつら~い。
  しょうがない、ガム食べよ」
 というのは、こういうこってす。
 「ああ、ニコちんが忘れられな~い。
  よし、あの娘の『髪の毛』しゃぶってガマンしよ」
 うへ~、ダッセー奴。

 つまり、「ニコチン・アンインストール」を、一言で言えば。
 この、悪魔的な魅力に満ちた「ニコちん」の奴隷から、どうやって、逃げ出すか。

 要するに、
 「恋愛指南」
 なんですな、こりゃ。
 だから、男が読んでも、女が読んでも、面白えですよ。

 実はあっし……。
 渡世の義理で、一時期、子どもに勉強なんぞ、教えてたことがあるんです。
 こんなヤクザな男なんですがね。
 まあ、それでも、わかんないなりに一生懸命考える子どもは、可愛い。
 そこで、子どもに「わからせるため」「納得させるため」に、色々な工夫をしやしたよ。

 やっぱり、
 「たとえ話」
 が、一番いいですね、人に物事を理解してもらうには。

 そういう経験が、この、「ニコチン・アンインストール・マニュアル」にも、活かされてるの
かも知れやせん。

 で、あともう一つ、ついでに言うと。
 そういう、子どもたちね。
 日本の将来を任す、ガキども。
 最近、小学生のくせに、タバコ吸ってるようなガキが多いらしいですな。
 とんでもねえこった。

 あっしに言わせりゃ、
 「ぜいたくだ!」

 ……まあ、冗談ですけどね。
 いや、やっぱりね、高校生ならまだしも、小・中学生がタバコなんか吸ったら、
 アホがよけいアホに
 なりやすよ。

8
 で、そういうガキの親もたぶん、「ガキの2乗」ぐらいのアホで、ガキの目の前でタバコ吸っ
てるんでしょ。
 アホが遺伝しやすよ。

 だからね、これからは、タバコなんてゼニのかかるドラッグはやめなさいと、あっしは言いた
い。
 景気は悪くなる一方なんだから、その分の時間とゼニを、もうちっと実のある使い方、しなさ
いよと。

 面白おかしく、
 「親子タバコ教室」
 なんかも、やってみてえと思っておりやす。
 学校とか、公民館とかを回って。
 人前で喋るのは得意です。
 どうです? そこの、市会議員、県会議員のセンセー方。
 市長さん、知事さん、政治家のセンセー。
 教育委員長、PTA 会長、校長先生。
 あっしを、講演に呼んでみるような、
 「心意気」
 のある方は、いらっしゃいますかね。

 あるいは、そこの、会社のシャッチョさん。
 よっ、社長!
 どうしやす? 会社の分煙対策。
 ちゃんとやってるかどうか、労働基準局が、見に来るらしいですよ。
 でも、厚生労働省が言うとおりに「分煙対策」すると、目ん玉が飛び出るような費用がかかる
らしいですな。

 だったらいっそ、
 「オレ以下、従業員は、全員タバコ、やめる!」
 でやったほうが、コストもかからないし、カラダにもいいし、小遣いも貯まりやすぜ。
 「企業講演」やりやすぜ。お声をかけてくだせえ。

 実はあっし、タバコやめて程なくして、いま話題の「twitter」を、始めやした。
 そこで毎日、
 「ニコチン・アンインストール完了してから、今日で●●日め~!」
 と、つぶやいておりやす。

 それで 100 日も過ぎたら、だんだんと「ニコチン・アンインストール」という言葉が、お陰さ


まで、流行ってきたようですな。
 
「『禁煙』がきつかったら、『ニコチン・アンインストール』がいいみたいだよ?」
 なんて、ご紹介いただくこともありやす。

 これはもしかして。
 「ニコチン・アンインストール」が、今年の、

9
 「流行語大賞」
 に、ノミネートされちゃうかも。

 昔の、
 「だっちゅーの」
 「残念!」
 「なんでだろ~う」
 みたいに。
 ……消えちゃうじゃねえか。

 ま、冗談じゃなく、
 「お前さあ、『頭髪インストール』したら?」
 「あたし今、『カロリー・アンインストール』してるの!」
 なんてふうに、「応用」されるくらいになるといい。

 そのくらい、
 「ニコチン・アンインストール」
 という概念がメジャーになったら、タバコを吸う人は、激減すると思いやす。

 そしたら、それこそが本当の、
 「受動喫煙 防止効果」
 に、なるんじゃねえですか?
 ただただ「禁煙・禁煙」で、喫煙者を閉め出すことで「受動喫煙防止」なんて言ってる割には、
路上喫煙が続出して、かえって裏目を引いている、神奈川県の松沢成文知事さんよ。

 そして、皆さんもご承知の通り。
 5月には、JTから、
 「無煙タバコ」
 なんてモンが、発売になりやすね。
 煙が出ないので、禁煙の場所でも吸える、「ニコチン・イミテーション」。

 テレビも新聞も、JTつったら「大スポンサー様」だから、
 「お~、これは、禁煙に苦しむ喫煙者には、福音~」
 なんてチョーチンこいてますけどね。

 あのー、タバコ吸ってる方に、ローバ心ながら、申し上げやす。
 ローバー美々が申し上げやす。

 あんな「バッタモンたばこ」吸ったら最後、
 「本物のタバコがうまくてうまくて、
  ますます沢山タバコを吸っちゃう」
 こういう状態に陥りやすからね。
 タバコ代が、倍、かかりやすよ。

 要するにアレって、悪女「ニコちん」が、さいきんお店に来てくれる客が少なくなってきたん
で、
 「営業レター」

10
 を客に出すようなモンですぜ。

 まあ、この不景気でも、おカネが唸ってるというセレブの方は別としてね。
 「タバコ代が上がったら、お小遣いどうしよう~」
 なんて言ってる大多数のお父ちゃんは、あんなモンに手を出すくらいだったら、いっそのこと!
 「ニコチン・アンインストール」
 を、スパッと決めちゃったほうが、男らしいですぜ~。

 さて、口上が、長くなりやした。
 それでは、ご興味の湧いた方は、先をお読みくだせえ。
 いや、ご興味、湧くでしょ普通。

 この先にお進みいただくのは。
 「タバコやめたいけど、やめられないなあ」
 という方。
 「タバコやめる気はないけど、まあ人の意見も聞いてみるか」
 という方。
 「うちのパパにも読ませようかしら」
 という方。
 「喫煙者が少しでも減るなら、日本は平和になる」
 というニコチン・アンチユーザーの方。
 そして、
 「これから禁煙ブームになるから、話題に乗って儲けようか」
 という、出版社や、メディアの方。
 どうぞどうぞ、お進みください。

 ヘイ、お代は一切、いただきやせん。

 お読みいただけたら、コメント欄なり、ツイッターなり、一言ご感想をいただけると、うれし
く思いやす。

 一応、「行き先」について、簡単にご案内を差し上げておきやしょうか。

 まず、「第一章 私と煙草」。
 ここでは、あっし自身が、いかなる経緯を持って、20 年以上ものキャリアを誇る「ニコチン・
ヘビーユーザー」になったかを、語らせていただきやした。
 いま、これを読まれてる方の中には、あっしがたった一日でタバコをやめた、というのを聞い
て、
 「それはアンタ、何か特別だったんでしょ?」
 と、思われる方もいらっしゃるでしょうな。
 親が医者だった、とか。
 スポーツで何か鍛えてた、とか。

 とんでもござんせん。

11
 もうホントに、どこにでもいる、フツーの喫煙者でしたよ。

 高校生の時分からタバコを覚え、大学生でヘビーユーザー化し、その価値観を引きずったまま、
就職、結婚。
 子どもを連れてディズニーランドに行ったときも、まずは「喫煙所」の位置を確認してでない
と、イライラしてすぐに夫婦ゲンカ、という、よくいる夫でもありやした。

 しかし、そんなオヤジに、ある日、
 「転機」
 が、訪れるんです。

 で、ある日ついに、
 「タバコ、やめようかな……」
 と、思うところまでが第一章。

 ところが、そう簡単には、やめられねえんですよ。
 なぜなら、タバコには、
 「やめられない理由」
 ってのが、ありやすからねえ。

 そこで、「第二章 やめない理由」に進んでくだせえ。

 ニコチン・ヘビーユーザーが並べ立てる、色々な屁理屈。
 たとえば、
 「タバコがないと、仕事に集中できない!」
 「イライラして、喧嘩になってしまう!」
 「そんなに健康になって、長生きしてもしょうがねえ!」
 「タバコを吸う自由は、憲法でも保証されている!」
 「自分の意志で、税金まで払ってんだから、堂々と吸わせてもらう!」
 ……こんな、「自己正当化」の理屈ですね。

 貴方も、同じようなことを、家族や友人に、堂々と言ってるでしょ?
 ……あっしも言っておりやした。
 いやあ、お恥ずかしい。

 なにしろ、こういう「屁理屈」ってのは結局、あっしがそう思って言ってたわけじゃなくて、
 「タバコに、言わされてた」 
 だけだってことに、気がつきやしたんでね。

 これこそが、「ニコチン」ってソフトの真骨頂。
 ユーザーに、「幻覚ドローイング」をしてくれてたんですねえ。
 ですんで、この第二章では、こういう「タバコをやめられない理由」を、一つ一つ、解明して
みやした。
 それも、例によって「面白おかしく」ですね。

 たとえば、
 「タバコがないと集中できねえんだよ、オレは」
 「へえ、じゃあアンタは、『皿回し』をしながら、仕事ができるんですかい?」

12
 「タバコは、大人の男の美学だよ」
 「そのセリフ、久々に聞きやしたよ。そういうこと言うヤツ、中2のときにいたなあ」

 「タバコを吸うくらいの『自由』は認めろ!」
 「タバコを吸う自由なんて、ありやせんよ。『タバコを吸うしかない不自由』ならありやすけ
ど」

 「俺は高額納税者だ! お客だぞ! 国はちゃんと保護しろ!」
 「ありがとうごぜえやす。いまどき、自分から喜んで税金払ってくれる人、いねえんで」

 こんな具合です。
 面白いでしょ?

 この第二章を、ちゃんと読んでいっていただければ、ニコチン・ヘビーユーザーが今までいか
に、
 「ダマされまくっていた」
 かが、よく分かりやす。

 第二章を読み終える頃には、
 「バカバカしい! タバコなんざ、やめる!」
 と、思えるはずです。
 そう、思ったら、もう勝負はついたようなもの。

 いよいよ「第三章 さあ、やめよう!」に進みやしょう。
 ただし、ちゃんと、 「やめる気」になってないうちから、進んじゃダメですよ。

 ここではいよいよ、実際にタバコを「一日で」スパッとやめるための、6ステップをご説明い
たしやす。
 それがどんな内容か……というのは、第一章、第二章と、読み進めていってからの、お楽しみ。
 少なくとも、今までの「禁煙本」には出てこなかったような、斬新で奇抜な方法が、貴方を待
ち受けておりやす。

 たとえば、
 「失恋ソングで、タバコと別れよう!」
 とかね。

 それから、
 「これじゃやめられない! 失敗する禁煙方法」
 なんてのもご用意しておりやす。
 まあ、楽しみにしておいてくだせえ。

 そして、第四章以降では。
 見事にタバコをやめたあっしの目に映る、世間の風景は、それまでとは全く、別物でありやし
た。
 その「変わった世界」のことについて、語りたいと思いやす。

13
 今まであっしが、ニコチン・ヘビーユーザーとして、どんな振る舞いをしてきたのか。
 当時は気づかなかったにしろ、「ニコチン・アンチユーザー」の人たちに対して、どんなヘマ
をしてきたのか。

 こういった「反省」をまず、語りたいと思いやす。

 そしてまた、それを踏まえた上で。
 あっしの脳、体からはもう、「ニコチンはアンインストール済み」です。
 では、その分の「空き容量」に、これからあっしは、
 「何をインストール」
 していくべきなのか。
 要するに「未来」について、語りたいと思いやす。

 そして、その「未来」とは。
 いま、このブログをご覧の皆さんの、
 「未来」
 にも、通じる道だと思いやす。

 ニコチン・ヘビーユーザーから、ニコチン・アンチユーザーへ。
 生まれ変わったあっしの、
 「こういう考え方も、アリ!」
 を、ぜひ、知ってくだせえ。

 さて、またまた口上が長くなりやした。

 改めて、「もくじ」をご案内いたしやす。

 お進みくだせえやし……。

14
【もくじ】

 ●ニコチン・アンインストール・マニュアル 
   【第一章】私と煙草
 当ブログ管理人の、「ニコチン・ユーザー歴」です。
 私が、いかにして「ニコチン依存症」になったのかを記しました。
 特に興味のない方は、ざっと飛ばしてくださって結構です。

・私とニコチンの四半世紀
 私は、どこにでもいる、普通に意志の弱い人間です。

・はじまりは好奇心から
 そんな私がはじめて、自分で煙草を買ったのは、高校生のときでした。

・高校生で一人前に
 最初はまずかった煙草も、吸ってるうちにだんだんと、体になじんできます。

・いよいよ常習に
 新潟の大学に進み、一人住まいスタート。酒と、煙草が身に染みつきました。

・社会で・職場で・ニコチンと
 社会人になっても、もちろん煙草はやめられません。

・家庭で・家族と・ニコチンと
 煙草が原因で、家族は断絶状態。子どもよりも、タバコを優先させてきました。

・ある喫煙者の一日
 一日 40 本を、どうやって煙に、灰にしてきたか。平均的な一日。

・ちいさなきっかけ
 そんな「ニコチン・ヘビーユーザー」に、小さな転機が訪れます。

・PTA での3年間
 PTA に関わるようになり、多くの人との「出会い」があり……。

・はじめて「煙草、減らそかな……」
 いろいろと勉強し、さらに自己投資するため、ついに「減煙」という選択肢へ。

・タバコは「減らさず」「やめる」べき
 日々の喫煙本数を減らそうとチャレンジ。しかし、いきなり挫折。

・第一章のまとめ
 生まれ変わるなら、生きてるうちに……。
 ついに、「ニコチン・アンインストール」に開眼!
 第二章に進む前に、ここだけはお読みください。

15
 ●ニコチン・アンインストール・マニュアル
   【第二章】やめない理由
 この章では、様々な「だから、煙草はやめられない」という理由を列挙。
 そして、その「思いこみ」をひとつひとつ、解きほぐしていきます。
 読んでいる途中で「タバコがやめられた!」という方も出ました。

・「アンインストール」したいけど……
 「ニコチン」を「アンインストール」するとは、どういうことか?

・「必要だから」
 集中するため、リラックスするために、煙草は絶対に必要。
 仕事にも差し支える……と思っていたけど、本当かな?

・あなたの仕事は「皿回し」?
 「喫煙」とは、一日中続く「皿回し」である。
 読者から「確かにそうだ」「わかりやすい」と、大好評をいただきました。

・恐るべき「ニコチン」効果
 人はどうして、「ニコチン依存症」になるのか……。ちょっとだけ、科学的に解説しま
した。

・恐怖の「ニコチン依存症」しかし、実は……
 実は私もあなたも、何度も禁煙には「成功」しているのです!

・「明日から」タバコがやめられる!
 あとは「心理的依存」さえ治せば、煙草はいつでも、やめられるのですが……。

・タバコは大人の「美学」?
 やめられないあなたは、煙草を「愛して」いるからです……。

・「美学」=「おっきな中2」?
 喫煙者=「大きな中学2年生」つまり、「永遠の中2病」である、と喝破。

・げに恐ろしき「中2病」
 「体に悪いから煙草はやめなさい」というのは、中2に、
 「頭に悪いからオナニーやめなさい」というのと同じ。

・「おっきな中2」の治しかた
 「大の大人の喫煙者」だと思うから、治せないのです。
 中学2年生を扱うように、優しく接してあげましょう。

・対「ニコチン・インテリユーザー」
 頭がいい人が煙草をすっている、だから煙草はアタマによいのか?

・「煙の牢獄」
 「煙草をすうことで得られる自由」など、「煙草をすわずにはいられない不自由」に比

16
べれば。

・「俺たち、高額納税者」
 「煙草いっぱいすって、いっぱい税金納めてるけど……」
 なんて言うと、バカにされるご時世になりましたね。

・「愛しのニコちん」【前編】【後編】
 謎に包まれた、魅力的な美女「ニコ」の正体とは?
 すべての読者が爆笑! の名シーン、名場面続出!

・これが「たばこ事業法」
 「財務組」と「厚労会」との、仁義なき戦い。

・「意地でもやめねー!」
 タバコをやめられないのは、喫煙者だけの責任だけではありません。

・「禁煙」なんて、おやめなさい【前編】【後編】
 「禁煙」とは、「永遠のおあずけ」を命じられた犬のように、つらく切ない行為。
 そして、「刑務所の中の独房に閉じこもる」ような、ネガティブで内向きな精神の拷問
です。

・ニコチン・シェパードのこうげき!
 喫煙者はアストロンをとなえた! どんな意見もうけつけない!

・「きたかぜとたいよう」
 「童話」のわかりやすさを、バカにしちゃいけない。

・そろそろ、やめる?
 さて、そろそろ「タバコやめる」気になりましたか?

・第二章のまとめ
 ここまで読んだらいよいよ、実際に「やめ」ましょう。

 ●ニコチン・アンインストール・マニュアル
   【第三章】さあ、やめよう!
 お待たせしました。
 ではいよいよ、タバコ、やめましょうか。

・タバコと「さよなら」
 「タバコをやめる」=「最愛の恋人と別れる」こと。

・きっかけは「ほんの一言」
 事務の女の子に言われた「たった一言」が、私をタバコから解放してくれました。

・「別れの儀式」
 彼女もタバコも、別れるのに、「記念品」は邪魔になるだけ。

17
・「Sad Song」
 前代未聞! 「歌」でタバコがやめられる?

・「こころの再起動」
 タバコがすえない苦しさを、「失恋のつらさ」に、データ変換!

・「気持ちのディスク・クリーンアップ」
 とうとう、20 年以上の「腐れ煙(エン)」を、解消!

・ハッピーバースデー!
 ひとまず、「第三章」のまとめ。
 これであなたも「生まれ変わる」!

・たとえば●●で、まぎらわし
 「アレ? やめられない……」という方への、トラブル・シューティング。
 ガムやアメは、やめるのには逆効果ですよ~。

・「きっかけワード」
 たった一言の「気づき」が、やめるきっかけになります。

 ●ニコチン・アンインストール・マニュアル
   【第四章】やめてよかった!

 (以下は、実際のブログでお楽しみくだせえ)

http://kitakazekozo082.blog69.fc2.com/blog-entry-16.html

こちらから ↑ 第一章へ

 →または、検索【ニコチン・アンインストール・マニュアル】

18