You are on page 1of 30

Q.

健康で充実した人生に
必要なものは須らく
「お金(現金)」である、か?
健康で充実した人生
あなたが考えるエコで健康で充実した人生の指標を、
以下よりすべてお選びください。/(いくつでも)
n %
自然や生きものの豊かさ
全体
1 自然や生き物の豊かさ
72.9% 6122
4462
100.0
72.9
0% 20% 40% 60% 80%

1 72.9
健康でいる日数
2 健康でいる日数
3 笑顔の数
65.4% 4001
3778
65.4
61.7
2
3
65.4
61.7
笑顔の数
4 きれいな水の量と肥沃な土の面積
5 未来への見通しの明るさ 61.7% 3485
3086
56.9
50.4
4
5
56.9
50.4
6 100年後も自然が変わらないこと 2662 43.5 43.5
きれいな水と肥沃な土
7 コミュニティ活動機会の選択肢の幅が広いこと 56.9% 1872 30.6
6
7 30.6
8 収入源の選択肢の幅が広いこと 1689 27.6 8 27.6
未来への見通しの明るさ
9 地域に貢献する有力企業の数
10 人口の安定性
50.4% 1221
1155
19.9
18.9
9
10
19.9
18.9
11 人脈の数 1018 16.6 11 16.6
12 エコを実行した日数 929 15.2 12 15.2
13 余命の長さ 854 13.9 13 13.9
14 祭への参加者数や神社仏閣などの場所への参拝者数 620 10.1 14 10.1

エコウェルス
15 一人当たりの平均知り合い数 339 5.5 15 5.5
16 名物、名士、自慢の数 334 5.5 16 5.5
17 あなたのお住まいの地域に特に必要な指標(_) 109 1.8 17 1.8
18
19 わからない (Eco-Wealth)
このような指標は不要だと考える/関心が持てない 84
150
1.4
2.5
18
19
1.4
2.5
2
2009年7月実施※回答者調整済み
大切とわかっていても
できないことがある
生物多様性とは ?
(自然と生きものの豊かさの危機)

• 地球にたくさんの生きものがいる
– 生命は環境の多様性に従い多様複雑になる
– 世代を重ねて多様化するため、膨大な時間をか
けて生態系を創ってきた
– 人間がつくってきたわけでなく、再生ができない

今、史上、第6の絶滅期 ?
4
生物多様性を失う理由

• 人類が住処を破壊している、
乱獲している
–何を守るべきかの合意がない
• 生態系は、まだ未知が多い
• 守るためのお金が少ない
• 守る人が少ない
生き物や自然に感謝する人、
75.5%
あなたは、生き物や自然の豊かさを守るために、日々の暮らし
の中でどのようなことが実行できていますか。
生き物や自然に感謝する。

特定非営利活動法人アースデイ・エブリデイ 2009 日本人 1000人にインターネット調査 (2008/12/6-7実施)


里山や水辺、田んぼなど身近な自然の保全のボラ
ンティアへの参加経験者、
16.2%
里山や水辺、田んぼなど身近な自然の保全のボランティアへ
の参加する。

特定非営利活動法人アースデイ・エブリデイ 2009 日本人 1000人にインターネット調査 (2008/12/6-7実施)


FYI. 身近な日本の自然を守る人は?
今後、問題解決に向けて、あなたが考える「キーパーソン」として
あてはまると思うものをすべてお選びください。

特定非営利活動法人アースデイ・エブリデイ 2009 日本人 1000人にインターネット調査 (2008/12/6-7実施)


自然や生き物にやさしいライフスタイルが
できない理由
あなたが、自然や生き物にやさしいライフスタイルが常にできていない理由
は何ですか。自分にとって、「強くそう思う(あてはまる)」と思う選択肢を1つ
以上選んでください。/(いくつでも)

1 生き物や自然が、暮らしている場にお
いて身近ではないから 36.4%

8 何をすべきなのかわからないから
40.1%

10 実行するのが、めんどうくさいから。
日々、忙しいから 36.5%

特定非営利活動法人アースデイ・エブリデイ 2009 9
日本人 1000人にインターネット調査 (2008/12/6-7実施)
誰もが、
「考え、行動をはじめる」ために。
エコ最優先層は、 6%
• あなた個人やご家庭において、「エコ(生物多様性を含む環
境問題)」よりも優先順位の高いテーマは、どれですか。/最
もあてはまるものを1つ選択してください。
n %
0% 20%
全体 30313 100.0
1 収入源獲得、収入向上、蓄財、資産運用 7802 25.7 1 25.7
2 育児・子どもの教育 4275 14.1 2 14.1
3 防犯・安全・安心、看病・介護 3994 13.2 3 13.2
4 健康、スポーツ 3522 11.6 4 11.6
5 家庭サービス、料理、旅行、文化的で心豊かなくらし 2983 9.8
5 9.8
6 自己実現(夢の実現) 2408 7.9
6 7.9
7 エコ(生物多様性を含む環境問題)より優先順位の高い 1832 6.0
7 6.0
テーマはない(エコは、最も優先順位が高い)
8 3.5
8 社会的地位の向上、資格取得、知的生活 1062 3.5
9 2.1
9 おしゃれ (ファッション、流行、芸術) 630 2.1
10 メカやデジタル (自動車、カメラ、デジタル機器) 800 2.6 10 2.6
11 その他 エコより優先順位の高いテーマがある (_) 634 2.1 11 2.1
12 コミュニティ・サークル活動やボランティア活動 371 1.2 12 1.2
特定非営利活動法人アースデイ・エブリデイ 2009
5つの変化

• 1.視点を広げる
• 2.未知を認める
• 3.お金を払う
• 4.商品開発を、行う
• 5.話題の活動メニューを創る
1. 視点を広げる
• 《視点》 欲しいものは、時間軸で異なる
– Short-run(1年) Earnings (お金)
– Middle-run(10年) Relationship(つながり)
– Long-run(100年)  Biodiversity (いのち)

「お金(Cash flow)」から「エコウェルス(Eco-wealth)」へ
とは、長い時間を思いめぐらすこと
13
2.未知を認める

ΔWealth = GDP = Δビジネス


ΔEcoWealth = GDP–Δ資本減耗
-Δ生物多様性{損失 }

意思決定時に

超長期割引率
= Risk {ビジネス}
+ Uncertainty {生物多様性}
3.お金を払う

• 払う人を決める(外部性の内部化)
– 損失の原因に課税して、補償するしくみを設ける

• 欲しがる(需要創造による内部化)
– 直接需要の創造
• 生物多様性そのものを販売 /生態系オフセット
– 間接需要の創造
• 私有可能な別用途の商材と連携し間接需要を創る

15
FYI. 生態系と生物多様性の経済学
• COP10で、TEEBが リリースされます。
–http://www.teebweb.org/

0〄理論編
1〄政策編
2〄自治編
3〄企業編
4〄活用編
4.商品開発を、行う
5%値上げしても満足度が変わらない商品・サービス
n %
全体 800 100.0
1 食品 344 43.0
2 水族館/動物園/植物園 325 40.6
3 自動車 271 33.9
4 飲料水 264 33.0
5 キッチン用品、洗剤 256 32.0
6 衣料 246 30.8
7 家電 242 30.3
8 ミュージアム/博物館/美術館 240 30.0
9 コーヒー、チョコレートなど嗜好品 219 27.4
10 リゾートホテル 215 26.9
11 家 205 25.6
12 遊園地 202 25.3
13 グリーンツーリズム(農産滞在型レジャー) 201 25.1
17
FYI. インターネットアンケートからのアイディア例
《食品》
々越前クラゲやオニヒトデなど、異常発生した生物を、食用や資源として利用する。
々カトキチ〆カニカマだけではなく色々な食材をカバーするカマボコ
々絶滅に瀕しているものをお菓子にプリントして 子どもと楽しく食べつつ、考える。
「この菓子を買うと生き物たちが安心して暮らせる環境になるよう努力する活動
に使われます」という、子供たちの気持ちが暖かく豊かになるような商品
々ワタミ〆生態系を意識したメニューを作ったら興味をひくと思う。
《自動車》
々生態系保護メッセージ入り自動車
々トヨタプリウスに特別仕様車で生態系に関するネーミングで〃収益の一部分を寄付
《衣料 他》
々ビームス〆アニマルモチーフの、デザイン性の高いウエアの作成販売。
々ユニクロ〆朱鷺色の衣料品。 カラーが特徴のユニクロだからこそ。
々“サンリオ〆【ご当地キティーならぬ生態保護キティー】絶滅の危機に瀕している様々
な生き物の着ぐるみをかぶったキティーちゃんストラップを販売し、その売上の一
部を、寄付。
18
々家具々インテリア〆 栗、柿、蝦夷楓など日本の銘木での家具シリーズの作成色)製品
5.話題の活動メニューを創る
きっかけは「活動の推薦」と「話題」提供。
1.活動が体系化され、自分に
ふさわしい活動が紹介される 46.3%
2.テレビのニュースや特集番組
コマーシャルで盛んに話題になる 45.6%
3.社会の制度が規範が変わり、
42.8%
活動が求められるとき

4.エコツーリズムにより自然の素晴
しさと喪失の痛みを体験する
41.2%

5.自然保全そのものが仕事として 31.8%
魅力的なキャリアになるとき
3件選択、5位迄/10件
日本人25-44歳 1030人にインターネットアンケート調査 (2007/12/27-28実施) 19
FYI. 5つのアクション(案)
1〄旬の食材や、自分が住んでいる地域で採れたものを
食べてみよう
2〄大人も子どもも、
みんなで楽しく自然を体験してみよう
3〄あなた自身がクリエーターになってみよう
4〄さまざまな活動に参加して
「絆」を再発見してみよう
5〄生物多様性保全に貢献している商品を
セレクトしてみよう

出典: 生物多様性条約市民ネットワーク 普及啓発作業部会


矢原 徹一 アドバイザー
土地を、歴史を、愛する社会を創る
• 生物多様性にやさしく、仲間と語り合える、
健康で充実した人生の舞台をデザインする。

新しいライフスタ 生物多様性にやさ
しく、仲間と語り合 健康で充実した人
イルの実現を支 生を支える
える素晴らしい
援する商品や アメニティとしての
サービス ライフスタイル
生物多様性

人と、
長い時間と、
つながろう 生物多様性
お金 つながり (生態系)
私が、
「考え、行動をはじめる」ために。
健康で充実した人生とは ?
あなたが考えるエコで健康で充実した人生の指標を、
以下よりすべてお選びください。/(いくつでも)
n %
自然や生きものの豊かさ
全体
1 自然や生き物の豊かさ
72.9% 6122
4462
100.0
72.9
0% 20% 40% 60% 80%

1 72.9
健康でいる日数
2 健康でいる日数
3 笑顔の数
65.4% 4001
3778
65.4
61.7
2
3
65.4
61.7
笑顔の数
4 きれいな水の量と肥沃な土の面積
5 未来への見通しの明るさ 61.7% 3485
3086
56.9
50.4
4
5
56.9
50.4
6 100年後も自然が変わらないこと 2662 43.5 43.5
きれいな水と肥沃な土
7 コミュニティ活動機会の選択肢の幅が広いこと 56.9% 1872 30.6
6
7 30.6
8 収入源の選択肢の幅が広いこと 1689 27.6 8 27.6
未来への見通しの明るさ
9 地域に貢献する有力企業の数
10 人口の安定性
50.4% 1221
1155
19.9
18.9
9
10
19.9
18.9
11 人脈の数 1018 16.6 11 16.6
12 エコを実行した日数 929 15.2 12 15.2
13 余命の長さ 854 13.9 13 13.9
14 祭への参加者数や神社仏閣などの場所への参拝者数 620 10.1 14 10.1
15 一人当たりの平均知り合い数 339 5.5 15 5.5

エコウェルス
16 名物、名士、自慢の数 334 5.5 16 5.5
17 あなたのお住まいの地域に特に必要な指標(_) 109 1.8 17 1.8
18 このような指標は不要だと考える/関心が持てない 84 1.4 18 1.4
2.5
(Eco-Wealth)
19 わからない 150 2.5 19
23
2009年7月実施※回答者調整済み
スケジュール帳で仕分けをする

自分の時間

おつきあい

お仕事

ボランティア

余剰時間
あなたのライフスタイル
時間損益?計算書
• 利益 • 獲得時間
– 余剰時間 – 365日

• 費用
– からだの時間
• 睡眠・運動など 自己実現へのSTEP UP
– お金の時間
• 労働時間
– つながりの時間
• 交流時間
– 未来の時間
• 貢献時間
経済(お金)の世界
財の価格
(コスト/価値)
資産
労働市場 財市場

供給 供給
時間 財
の量 の量

金融市場

価値の価格
(利子率)
つながりの世界
関わりの価格
(コスト/価値) 資産
交流 つながり

時間 供給 供給 関わり
の量 の量

愛々友情

自分の価値感
自然の世界 (生物多様性を含む)

自然の価値
資産
貢献 自然

時間 供給 供給
自然
の量 の量

知識

自分の価値感
健康で充実した人生(振り返りと目標)
エコウェルス貸借対照表

• 資産の部 • 負債の部
– (メタボ) 何の犠牲で成
健 – 健康 – (無縁社会) 立しているか
– (環境問題)
康 – (借金)
を知る
で – つながり ・・・・・

充 – お金 • 純資本の部
実 – 運動、医療 パワーの源
– いのち – 投資 を

–愛 大切にする

– 知識

生 • 余剰
Be Happy♪
お金
(Cashflow)

健康で充実した人生
~いのち・つながり・お金~
(Eco-Wealth)