1

        
日本国国際 JLPT-日本語能力試験文法リスト 
(Powered by jlpt.info, copyright reserved 2007)
GRAMMAR TEST FORM
語彙

語意

用例

ランク

→ ~あげく
      長い時間いろいろ~した後で、結局
① 迷ったあげく、彼の誘いをことわってしまった。
② だれに頼もうか、さんざん考えたあげく、いつも頼む中田さんにお願いすることにした。
なま

つづ

③ 弟は、勉強しないで怠け続けたあげくに、就職にも失敗して、ずっとバイト生活をしてい
る。
結果がよくない場合が多い。
「さんざん」と一緒に使うことが多い。
V た形+あげく  N+の+あげく

→ ~あまり
とても~から  とても~ので  ~しすぎるので
① 痛さのあまり、涙が出てきた。
② 恋人を失った彼は、さびしさのあまり、酒ばかり飲んでいる。
③ ヘビにらまれたカエルは恐怖のあまり動けなくなった。
④ 子供を愛するあまり、子離れができない親もいる。
⑤ この会社では、働きすぎたあまり病気で倒れる社員が増えている。
「~」は感情.感覚.心理を表す言葉が多い。
話し言葉では「あんまり」をよく使う。
V 普通形+あまり  N+の+あまり

~以上(は)

~のだから、それなら  ~からには

2
① 結婚する以上、幸せな家庭を作りたいものです。
② 試験を受ける以上は、とにかく合格できるようにがんばろう。
③ あの人が「やる」と言った以上、必ず最後までやるに違いない
④ 母親である以上は、子供を育てる義務がある。
「A 以上、B」 A:事実 B:話し手の決意.希望.判断など
 V 普通形+以上  N な A+である+以上

→ ~一方.~一方で.~一方では
~が  ~けれども  しかし~  1 つの面では
さっきょくか

かつやく

① 彼は会祉員として働く一方、作曲家としても活躍している。
②T 先生は、学生に対して大変厳しい一方で、学生の世話もよくする親切な一面もある。
てんねんしげん

③ この国は、労働力が豊富である一方で、天然資源には恵まれていない。
④ 一部の国々では食糧が余るほどある。一方では、今日食べるものさえないという人々が苦し
む国もある。
「A 一方、B」、「A。一方、B。」
A と B は対立する 2 つの面、状態。
V 辞書形+一方  い A+一方 な A.N+である+一方

~一方だ

どんどん~なる  ますます~なる
① 携帯電話を使う人の数は増える一方です。
② 数か月前から、円のレートは下がる一方だ。
③ 自分の店を出してから、忙しくなる一方だ。
「~」:変化を表す動詞(~なる. 増える.減る.上がる.下がる etc.)
 V 辞書形+一方だ

→ ~うえ(に)
~だけでなく、さらに
① 今日は、気温が低いうえに風も強いので、とても寒く感じる。

3
ばっきん

② 小さな違反をしただけなのに、警察に呼ばれたうえ、罰金まで払わされた。
しょう

じゅしょう

③ 彼は、昨年大きな 賞 を受 賞 したうえに、結婚することもできた。
④ あの人は話し方が丁寧なうえに、表情もやさしくて、とても感じがいい。
「A うえに B」
A と B=いいこと+いいこと、または、悪いこと+悪いこと 
V 普通形+うえに  い A+うえに  な A+である+うえに  N+の.である+うえに

→ ~上で.~上の
~してから
① 大変重要なことですから、よく考えた上で返事をください。
② この資料は、十分な調査の上でまとめられたものだ。
③ これは、よくよく話し合った上の決定だから、簡単に変えるわけにはいかない。
「A うえで、B」A をしてから、その結果に基づいて B をする。
x ご飯を食べた上で、勉強する。
O ご飯を食べてから、勉強する。
V た形+上  N+の+上  ~上の+N

→ ~上は
~ときは  ~以上は☆  ~からには☆
① 動物を飼う上は、責任をもって世話をするべきです。
せんきょ

② 選挙をする上は、不正のないきれいな選挙をしよう。
③ 彼のことだから、「やる」と言った上は、絶対にやるだろう。
「A うえは、B」
B:話し手の強い考え.判断.推量.希望など
V 辞書形.た形+上は

~うちに(1)

~あいだに

4
① 先生の話を聞いているうちに、だんだん眠くなった。
たいじゅう

② ダイエットを続けるうちに、 体 重 は順調に減ってきた。
③ 初めは難しかったが、勉強をしていくうちに、少しずつわかるようになった。
「A うちに、B」
A:継続を表す文 B:変化を表す文
V 辞書形.ている形+うちに

→ ~うちに(2).~ないうちに
(~の状態が続いている)間に  (~の状態が)終わる前に
① 祖母は、元気なうちにあちこちへ行ってみたいと言って、毎年海外旅行に出かけている。
よう ち えん

② 外国語の勉強は子供のうちにはじめるほうがいい、という考えで英語を教える幼稚園がある
そうだ。
③ 母「暗くならないうちに、帰ってきなさい。」子「は一い。」
若いうちに=年を取る前に(年を取ってからでは遅い)
暗くならないうちに=明るいうちに=暗くなる前に(暗くなってからでは遅い)
じ かんたい

N(時間帯.時期を表す名詞)+の+うちに  い A+うちに  な A+な+うちに  V ない
形+うちに
→ ~うではないか.~ようではないか
一緒に~(し)よう
① みんなで力を合わせて、平和で住みやすい社会を作ろうではないか。
② どんなことでもいいんです。ボランティアとして、できることをやってみようではありませ
んか。
③ この問題は、今あわてても、解決できない。しばらく静かに様子を見ようじゃないか。
誘う.提案する.呼びかけるときの表現。
「~」:小さいことや日常的なことではなく、大きいこと。
話し言葉では「じゃないか」も使われる。
V 意志形+ではないか.じゃないか

5
→  ~得る(~得る)
~できる   ~(する)可能性がある
① このような不注意による事故は、今後も起こり得るだろう。
② ネズミが猫を捕まえるなんて、そんなことはあり得ない。
③ 考え得る方法は全部試してみたが、どれも失敗に終わった。
「得る.得る」の前に来る動詞。
例:あり得る(あり得う).起こり得る.考え得る.信じ得る.なり得る
V ます形+得る(肯定形) V ます形+得ない(否定形)

→ ~おかげで.~おかげだ
~から   ~ので
① あなたが手伝ってくれたおかげで、早く仕事が終わった。ありがとう。
② 発見が早かったおかげで、手術をしないですみました。
③ 父は 80 歳だが、もともと体が丈夫なおかげで、病気もせずに過ごしている。
④ 両親のおかげで、私はアルバイトをしないで勉強することができる。=私がアルバイトをし
ないで勉強できるのは、両親のおかげだ。
⑤ 台風が上陸したおかげで、旅行がキャンセルになってしまった。
普通はよい結果になる場合に使うが、皮肉な表現として、悪い結果になる場合にも使うことが
ある。(例⑤)
N+の+おかげ  V 普通形+おかげ
い A 普通形+おかげ な A+な.だった+おかげ
「~は、~(の)おかげだ。」 「~(の)おかげで、~。」

→ ~おそれがある.~おそれもある
~かもしれない   ~という心配がある
① この病気は人から人へ伝染するおそれがある。
② 卒業しても就職できないおそれがあり、学生たちの表情は暗い。
③2 国間の関係は悪くなる一方だ。戦争になるおそれもある。
「~」:悪いこと
V 辞書形+おそれ    N+の+おそれ

6

→~かぎり.~かぎりは.~ないかきり.~かぎりでは
~(の)間は  ~(の)うちは    ~(の)範囲内だけを見ると
① 学生であるかぎり、勉強を第一にしなければならない。
② 生きているかぎりは、楽しいこと、苦しいこと、いろいろなことがある。
③ 戦争が終わらないかぎり、平和にはならない。
④ 私が知るかぎりでは、あの人に罪はないはずです。
「A かぎり(は)、B」A も B も状態や継続を表す言葉。
N+である+かぎり V 辞書形.ている形.ない形+かぎり

→ ~かけだ.~かけの.~かける
はじめたが、まだ終わっていない   まだ~している途中だ
① 作文は、今日中に書かなければならないのに、まだ書きかけだ。
②「この、食べかけのお弁当はだれの。」「私の。後でまた食べるから、そのままにしておい
て。」
③ 彼女は、「あの…」と何か言いかけたが、だまってしまった。
④ 家に入りかけて、「おや。」と思った。出かけるときに閉めたドアのカギがあいていたの
だ。
V ます形+かけだ.かけの.かける    ~かけの+N

→ ~がたい
~できない  ~することが難しい、困難だ
① あの二人の関係は、複雑すぎて私には理解しがたい。
②5 月の雪景色なんて想像しがたいでしょう。でも本当に雪が降ったんですよ。
ごうとう

③ 強盗にナイフで脅されたときの恐ろしさは、言葉では表しがたかった。
④ 留学している間に、様々な得がたい経験をした。
つか

はんにん

⑤ 信じがたいことだが、なんと、捕まった犯人は警察官だった。

7
よく使われる言い方:理解しがたい.想像しがたい.信じがたい.表しがたい.耐えがたい.許しが
たい.得がたい
V ます形+がたい

→  ~がちだ.~がちの
~する傾向がある    よく~する

① 私は、子供のとき体が弱くて病気がちだっ

た。
②「最近、家賃の支払いが遅れがちですね」と大家さんに文句を言われてしまった。
③ 留守がちの家は、どろぼうにねらわれやすい。
「~」:よくないことが多い
N+がち  V ます形+がち   ~がちの+N

→ ~かと思うと.~かと思ったら.~と思うと.~と思ったら
~(するの)と、ほとんど同時に
① 田中さんはいつも忙しそうだ。今来たかと思うと、もう帰ってしまう。
おおつぶ

② 急に空が暗くなつたかと思ったら、大粒の雨が降ってきた。
③ 今泣いたと恐ったら、もう笑っている。赤ちゃんは、かわいい。
「A かと思うと、B」
A のすぐ後で B が起こる(早い変化が起こる様子)。
B:話し手の驚き、意外な気持ち。
A と B は反対の内容が多い。
V た形+かと思うと.かと思ったら.と思うと.と思ったら

→ ~か~ないかのうちに
  

~と、すぐ   ~と、ほとんど同時に
じょうきゃく

① 朝の電車の混雑はすごい。電車のドアが開くか開かないかのうちに、 乗 客 が飛び出してく
る。
きょうそう

②100 メートル 競 走 の選手は、ピストルの音が鳴ったか鳴らないかのうちに、スタートする。
うすぐら

③ 私たちは、夜が明けるか明けないかのうちに出発した。空はまだ薄暗かった。

8
「A か A ないかのうちに、B」 A とほとんど同時に B をする。
V 辞書形.た形+か+V ない形+かのうちに

→ ~かねる
ていこう

(心理的な抵抗があって)できない、難しい   ~にくい
① 彼女に本当のことを言いかねて、彼はだまった。
② 田中さんの考えには賛成しかねる点が多い。
③ 難民のあまりにもひどい状態を見かねて、A 団体は彼らを援助することにした。
こうていけい

「見かねて」「見るに見かねて」=だまって見ていることができないので。形は肯定形が、意
味は否定。
V ます形+かねる

→ ~かねない
~(する)かもしれない.可能性がある
① あんなに乱暴に運転をしていたら、そのうち大事故を起こしかねない。
② これだけ工場が増えると、川の水が汚れかねませんね。
③ あのブランコ壊れていて危ない。子供がけがをしかねない。
悪い結果、悪い可能性を予想する場合が多い。形は否定形だが、意味は肯定。
V ます形+かねない

→  ~かのようだ
まるで~ようだ.みたいだ     ~にとても近い.似ている
① この犬の彫刻は、大変よくできている。まるで生きているかのようだ。
② それは、実は作り話だったが、私はその話を本当であるかのように子供に話した。
③ 彼は、すべてを知っているのに、何も知らないかのような顔をしている。
「ようだ」より強い。
V 普通形+かのようだ  な A.N+である+かのようだ  ~かのように+V.A  ~かのよう
な+N

9

→ ~から~にかけて
~から~までの間
① 毎年、夏から秋にかけて、台風が何回か日本列島に接近する。
② 昨日は、関東地方から中部地方にかけて気温が上がり、どこも真夏の暑さとなった。
③ 北海道では、昨夜から今朝にかけて小さい地震が 3 回あった。
「~」:時間.場所
「A から B まで」の AB は、はっきりした点(時間.場所)であるが、「A から B にかけて」の
AB は、はっきりしていない。
×9 時から 12 時にかけて授業がある。○9 時から 12 時まで
×東京から大阪にかけて新幹線に乗った。○東京から大阪まで
N1+から N2+にかけて

→ ~からというと.~からいえば.~からいって
~の点を見ていうと  ~を考えていうと  ~についていうと
① 文法の複雑さからいうと、ロシア語ほど難しい言葉はない。
② 彼は、働からいうと特に優れた社員とは言えないが、性格がいいので上司に気に入られてい
る。
③ 言葉の数はその辞書のほうが多いけど、例文の多さからいえば、この辞書のほうがいいん
じゃないかな。
④3 人の子供を大学へ行かせることは、わが家の経済状態からいって、とても無理だ。
「A からいうと、B」B:話し手の判断や評価
N+からいうと.からいえば.からいって

→~~からして
~さえ☆
① この子は、ひらがなからして読めない。だから、漢字を読めと言っても無理だ。
② 母は、紙 1 枚からして無駄にはしないで節約する。

10
③ もうすぐ結婚するというのに、準備がぜんぜんできていません。住む所からして、まだ決
まっていないんです。
「A からして B」A:最も基本的なことの例 B:「だから、それ以上のことは、~」と言う
N+からして

→ ~~からすると.~からすれば
~から判断すると  ~を見て判断すると
① 部長のあの表情からすると、先月の営業成績はあまりよくなかったに違いない。
② 観測気温からすれば、そんなに暑くはないはずだが、湿度が高いので、とても暑く感じる。
③ 日本人一般の考え方からすると、彼の態度は非常識だと言われるかもしれない。
「A からすると、B」A:判断のもと、判断の理由.根拠 B:話し手の判断
N+からすると.からすれば

→~からといって
「~から、~」とはいえない
① 日本人だからといって、いつも正しい日本語を話ずとは限らない。
② 疲れたからといって、仕事を休むことはできない。
③ 暑いからといって、冷たいものばかり飲んでいるのは体に悪いですよ。
④ 仕事でミスをしたからといって落ち込んでいるわけにはいかない。
⑤ 天然資源が豊富だからといって、その国の経済が豊かであるとば言えない。
「日本人だから、いつも正しい日本語を話す」とは言えない。
=日本人だからといって、いつも正しい日本語を話すとは言えない。
「A からといって、B」B は、否定形が多い。「わけではない」「とは言えない」「限らない」
などが多い。
V 普通形+からといって  い A 普通形+からといって  な A.N+だ+からといって

→ ~~からには.~からは
~のだから、それなら  以上.以上は☆
① 外国語を勉強するからには、その言葉で冗談が言えるようになるまでがんばりたい。
② 一度契約を結んだからには、それを破ることは簡単にはできない。

11
③ 社会人であるからは、自分の義務と責任を忘れてはいけない。
「A からには、B」A:理由 B:話し手の強い考え.希望.判断など
V 普通形+からには.からは N+である+からには.からは

→  ~から見ると.~から見れば.~から見て.~から見ても
~についていうと  ~の立場からいうと  ~からいうと☆
① あの子はクラスではあまり好かれていないようだが、教師から見ると、明るく積極的なよい
生徒だ。
② 彼は、「若いのにすごい」と社内の評価は高いけれど、私から見れば、まだまだ経験を積む
必要がありそうだ。
③ 観測されたデータから見て、火山の噴火はおさまりつつあるようだ。
④ この車は、デザインもいいし、安全性から見ても世界一の車だと言えます。
「A から見ると、B」A:視点.立場 B:話し手の判断や評価
N+から見ると.から見れば.から見て.から見ても

→~かわりに
~をしないで  ~(すること)をやめて
① 健康のため、エレベーターに乗るかわりに、階段を上ることにしている。
② 旅行に行くかわりに旅番組を見て、高級レストランへ行くかわりにグルメ番組を見る。テレ
ビは、私のような貧乏人にこそ必要だ。
③ パソコンの普及によって、通信のしかたも変わり、手紙のかわりに E メールですませること
が多くなった。
「~」普通いつもすること、予定.決まっているこど、習慣など
V 辞書形+かわりに   N+の+かわりに

→~気味
少し~だ
① この時計は 1.2 分遅れ気味です。
② 試験まであと 2 週間。学生たちは焦り気味だ。

12
③ 今度の世論調査で.首相の人気がいくぶん下がり気味であるということがわかった。
④ 風邪気味だから、今日は早く寝よう。
軽い傾向.状態を表す。
V ます形+気味  N+気味

→ ~きり.~きりだ
~たまま(だ)
① 息子は、友達の家に行ったきり、帰ってこない。
②「物を人から借りたきり返さないのは、どろぼうと同じですよ」と母に言われてしまった。
③S 大学の登山パーティーは、3 日前から北アルプスの立山に登ったきり、下りてこない。救
助隊がパーティーの行方を探している。
④「最近、中村さんから何か連絡ありましたか。」「いえ。先月電話をもらったきりです。ど
うしたんでしょう。」
「~」の後、そのままで変わらない状態を表す。
V た形+きり.きりだ

→~きる.~きれる.~きれない
~きる=完全に~する   全部~(し)終わる
①3 巻もある長い小説を 1 年かけて読みきった。
② 子供は親を信じきっている。だから、親は子供を裏切らないようにしたい。
③ 自分たちの持っている力を試合で出しきれば、きっと勝てますよ。
④ 新発売のテレビゲームは、あっという間に売りきれた。
⑤ こんなにたくさん、食べきれません。少し残してもいいですか。
V ます形+きる.きれる.きれない

→ ~くせに
~のに

13
① 知っているくせに、何も教えてくれないんですか。ひどいなあ。
② もうたばこはやめる、と言ったくせに、やっぱり吸っているじゃない。だめね。
③ 彼は、彼女のことが好きなくせに、それを彼女に言えない。
④ 了供のくせに、たばこなんか吸っちゃいけないよ。
「悪い」と非難する気持ち、不満の気持ちがある。
V 普通形+くせに  い A 普通形+くせに な A+な+くせに  N 十の十くせに
→ ~くらい.~ぐらい.~くらいだ.~ぐらいだ
~ほど
① 今目はとても暖かくて、コートも要らないくらいです。
② 夏だというのに、この数日は涼しいのを通り越して寒いくらいだ
③ やってみたら案外簡単ですね。これぐらいなら、私にもできます。
④ 合格の知らせを受け取ったときは、うれしくて、踊りあがったくらいだ。
⑤「足のけがは、どうですか。」「おかげさまで、ずいぶんよくなりました。もう走れるぐら
いです。」
例をあげて、程度を示す。
例:今日はとても暖かくて、コートも要らないくらいです。「コートも要らない」=「とても
暖かい」を示す例。
V 普通形+くらい.くらいだ  い A 普通形+くらい.くらいだ

→~げ
~そう(様子)
① 遠足に来た子供たちが楽しげにお弁当を食べていた。
② シーズンが終わった観光地はなんとなくさびしげだ。
③ さっきからあそこに女の人が不安げな様子で立っている。どうしたのだろう。
④「試験問題は、90 パーセントできたよ。」と、息子は自信ありげだ。
「~」:感情や心の状態を表す形容詞
例:うれしげ.悲しげ.楽しげ.不安げ.満足げ.自信ありげ.不満ありげ.意味ありげ
い A(語末の「い」を取る)+げ な A+げ  V「~ありげ」(例④)~げだ ~げに+V
~げな+N

14
→ ~こそ
~は   ~も
①「いつもお世話になっております。」「私のほうこそ、いつもお世話になり、ありがとうご
ざいます。」
② 彼女こそ私の理想の人。今日こそ彼女にプロポーズしよう。
③ 暑いときだからこそ、熱いものを食べて、汗をかいて、暑さを吹き飛ばしましょう。
「~」:強調したいこと
N+こそ

→ ~ことか
とても、非常に~  
~ことだろう(「なんとうれしいことか」=「とてもうれしい」)
① 彼が帰ってくるのを何年待ったことか。
②3 人の子供を教育するには、どれだけお金がかかることか。
③ あなたには、どんなにお世話になったことか。本当にお礼を申し上げます。
④ 平和が戻ってきたということは、国民にとってどんなにうれしいことか。
⑤ ずっと一緒だった仲間が別れなければならないのは、なんと残念なことか。
「~」:強調したいこと
疑問詞(何~、なんと、どんなに、どれだけ etc.)と一緒に使う。
V 普通形+ことか い A+い.かった+ことか  な A+な.だった+ことか

→ ~ことから
~ので
① 店の前にいつも人が並んでいることから、人気のある店だということがわかる。
② 町並みが昔のままに保存され、古い寺も多いことから、その町は「小京都」と呼ばれてい
る。
③ この地方には良質な水が豊富なことから、人々が酒造りをはじめるようになりました。
「A ことから、B」A は、B で言うことの理由.原因.根拠。
V 普通形+ことから  い A 普通形+ことから  な A+な.だった+ことから  N+だった
+ことから

15

→ ~ことだ
~なさい   ~ほうがいい
① 上手になるためには、繰り返して練習をすることだ。
② 一人で悩んでいないで、家族や友達に相談してみることですよ。何かいいアドバイスがもら
えるでしょう。
③ お金をためたいのでしょう。それなら、無駄づかいをしないことです。
V 辞書形.ない形+ことだ

→ ~ことだから
~は、いつもそうだから
① 彼のことだから、きっと最後までがんばりぬくと思います。
② のんきなルミのことだから、何も心配していないだろう。
③ 子供のことですから、そんな難しいことを言ってもわかりませんよ。
「A(の)ことだから、B」A:「人」が多い。B:A の性質やいつもの状態から予想されるこ
と。
例:母のことだから、約束を忘れてしまったに違いない。
=母は忘れっぽい人だから、約束を忘れてしまったに違いない。
N+の+ことだから

―> ~ことなく
~しないで   ~ずに
① 息子は、新しいパソコンの前で飽きることなくキーボードをたたいている。
② 人は休んでも、工場の機械は 365 日休むことなく働いている。
③ 犯人は、だれにも気づかれることなく、その場所を離れた。
V 辞書形+ことなく

16
→ ~ことに(は)
非常に~   とても~ 
例:悲しいことに、犬が死んでしまった=犬が死んでしまって、とても悲しい

① うれしいこ

とに、4 月から給料が 1 割ほど上がる。
② 残念なことに、ストで新幹線が止まり、旅行は中止になってしまった。
③ 驚いたことには、彼女は 7 か国語が話せるそうだ。
文の頭で、気持ちや感情を強調する。
「~」:感情や心の状態を表す言葉
例:困ったことに.びっくりしたことに.あきれたことに.おもしろいことに.ありがたいことに.幸
いなことに
い A+ことに  な A+な+ことに   V た形+ことに

→ ~ことになっている.~こととなっている
~と決まっている
① 娘は来年から留学することになっている。
② 試験が受けられなかった学生はレポートを提出することになっている。
③ 学校を欠席する場合は、必ず連絡をしなければならないことになっている。
④ 研究会は毎月第 1 土曜日に行われることとなっておりますので、皆様ご出席ください。
「~」:予定.決まっていること
V 辞書形.ない形+ことになっている.こととなっている

→~ことはない.~こともない
~(する)必要はない   ~(し)なくてもいい
① ただの風邪ですから、心配することはありません。
② ちょっと待たされただけで、なにもそんなに怒ることはないでしょう。
③ わざわざ会って話すこともない。メールを送ればすむ。
④ まだ時間がありますから、そんなに急ぐこともありませんが、そろそろ支度を始めません
か。
「なにも」「わざわざ」と一緒に使うことが多い。
V 辞書形+ことはない.こともない

17
→ ~際.~際に.~際は
~(の)とき    ~(の)場合
① 入会の申し込みをする際、何が必要でしょうか。
② この絵は、社長が中国を訪問した際に北京で買ったものです。
③ 規則に違反した際は、罰せられる。
④ 非常の際は、この階段を使って外へ出てください。
⑤ 結婚するのだから、この際、借金をきれいに全部返してしまおう。
あらたまった表現。日常の小さいことに使わない。特別なこと、事務的な指示などが多い。
V 普通形(肯定形)+際  N+の+際  この際

→~~最中に.~最中だ
(ちょうど)~(し)ているとき  ~(し)ているところの間
① 食事をしている最中に地震が起きて、大騒ぎになった。
② 夏の一番暑い最中に引っ越しをしたので、大変でした。
③ 音相は、パーティーの最中に倒れ、病院へ運ばれた。
④ 今、客が来ている最中なんです。ちょっとお待ちいただけませんか。
V ている形+最中  い A+最中  N+の+最中

→ ~(で)さえ
~も  ~でも  ~からして
① 彼は英語を勉強したことがなく、アルファベットさえ読めない。
② この数日、歯が痛くて,固いものはもちろん、豆腐さえ食べられなくて困っている。
③ 食べ物がなくなれば、人間はネズミさえ食べる。
④ あんなに優秀な人でさえ合格できなかったんですよ。だから、あの大学に入るのがどんなに
難しいかわかるでしょう。
「~」は、最も可能性が低いはずの例。
子供さえ知っている=子供はふつう知らないはずだが、子供でも知っている

18
V ます形+さえすれば  い A(「い」を取った形)+く+さえ  N+さえ.でさえ
「N は+さえ」「N が+さえ」「N を+さえ」
=N さえ/N でさえ(「は」「が」「を」が消える)
例:子供は知っている=子供さえ知っている/子供でさえ知っている

→~さえ~ば
~だけ~ば、それでいい
① 資料を調べさえすれば、すぐわかることです。
② 見かけが美しくさえあれば、内容はどうでもいいと言うんですか。
③ 健康でさえあれば、ほかには何も望まない。
④ 試験さえすめば、いつでも旅行に行ける。
「~だけでいい」という意味を強調する。
V ます形+さえすれば  い A(「い」を取った形)+く+さえあれば な A+で+さえあれば N
+さえ+V ば

→ ~ざるをえない
~(し)なければならない  ~(し)ないわけにはいかない
① 行きたくないけれど、部長の命令だから、行かざるをえない。
② 金額が大きくて私には支払えないので、父に援助を頼まざるをえなかった。
③ 家が貧しかったので、進学をあきらめて就職せざるをえなかった。
したくなくても、しなければならない、理由がある。
V ます形+ざるをえない する=せざるをえない
~しかない

ほかに方法がないから、  ~(する)だけだ

① 試験を受けるからには、

がんばるしかない。
② 漢字は、1 つ 1 つ覚えるしかありません。とにかく覚えることです。
③ 最終電車が出てしまった後だったので、タクシーに乗るしかなかった。
④ 努力しないで成功できるわけがない。努力しかありませんよ。
「~だけ」という意味を強調する。
V 辞書形+しかない  N+しかない

19

→ ~次第
~(し)たら、すぐ
① 修理が終わり次第、ご連絡します。
② 準備ができ次第、実行に移ろう。
③ 日にちが決まり次第、知らせてください。
「A 次第、B」A:予定していたことなどが「終わる」「すむ」といった内容 B:次にすぐす
ること
V ます形+次第

→~次第で(は).~次第だ
~によって決まる  ~によって変わる  ~にかかっている
① 会社の営業方針は、社長の考え次第で変わる。
② 旅行に行くか行かないかは、そのときの体調次第だ。
③ そのときの体調次第で.行くかもしれないし、行かないかもしれません。
④ たぶん行くと思いますが、そのときの体調次第では、行かないかもしれません。
⑤ 台風の進み方次第では、飛行機が飛ばなくなる恐れもあります。
「A は、B 次第だ」例:英語が上達するかどうかは、努力次第だ。
「B 次第で、A~」例:努力次第で、英語が上達する。
N+次第だ.次第で(は)

→ ~上.~上は
~的に  ~の点で  ~の面で ~に関係することで
① 教育上よくない番組が昼間にも放送されているのは、問題です。
② あの二人の間には、金銭上のトラブルがあったようだ。
③ 肉は好きなんですが、健康上の理由で食べないようにしています。
④ 私たちは、一緒に暮らしているけれども、法律上は夫婦ではないんです。
N+上.上は

20

→ ~ずに(は)いられない
~(し)ないではいられない
① 晒を飲まずにいられない」というのは、アルコール中毒の症状です。
② 感動的なドラマだった。泣かずにはいられなかった。
③ 合格の知らせを受けたときは、思わず、「やった、やった。」と叫ばずにはいられなかっ
た。
「おさえることができずに、~する」という意味を強調する。
V ない形+ずに(は)いられない

→ ~せいだ.~せいで~せいか

~せいだ

~が理由だ =せいで=~から.ので ~せいか=たぶん~(だ)からだろう
① 春、くしゃみなどのアレルギ-症状が起きるのは、主に杉の花粉のせいだと言われる。
② 寝不足のせいで、今日は頭がぼんやりしている。
③ 頭がぼんやりしているのは、寝不足のせいだ。
④ よく寝たせいか、今朝は頭がすっきりしている。
「せい」は、一般的に悪い場合に使う。「せいか」は、良い場合と悪い場合、どちらにも使
う。
V 普通形+せいい A 普通形+せい  な A 普通形+せい  N+の+せい
「A は B(の)せいだ」「B(の)せいで、A」「A(の)せいか、B」

→ ~だけ
全部  みんな
① 日曜日は、寝たいだけ寝ることにしているので、起きるのは昼ごろになる。
② 今日はあなたのお誕生日だから、特別よ。ケーキもチョコレートも好きなだけ食べていいわ
よ。
③ 電力不足が心配されています。電気をできるだけ節約しましょう。
④ たくさんありますから、どうぞほしいだけお取りください。
その範囲内の全部.100 パーセント
V 辞書形+だけ V 可能形+だけ 

21
その他よく使う言い方:「~(し)たい、だけ」「ほしいだけ」「好きなだけ」

→ ~だけあって.~だけに
~から、なるほど~から、たしかに
① 彼女は、美術学校を出ただけあって、絵が上手です。
② あの先生は、経験が長いだけあって、授業がわかりやすくておもしろいですね。さすがで
す。
③ さすが評判のレストランだけあって、料理もサービスもすばらしかった。
④ フランスで勉強しただけに、彼女のフランス語は発音がきれいだ。
⑤ 両親は、田舎で二人だけで暮らしている。年をとっているだけに、娘としては心配だ。
「A だけあって B」A は、B で言う評価の理由。
「~だけあって」は、よい評価に使う。
「~だけに」は、よい評価にも、よくない評価にも使う。
「さすが(に)」と一緒に使うことが多い。
V 普通形+だけあって.だけに  N+だけあって.だけに い A 普通形+だけあって.だけに  な
A+な.だった+だけあって.だけに

→ ~だけのことはある

たしかに~からだ

① 桜の花は美しい。日本の花の代表と言われるだけのことはある。
② このメロン、廿くて、とってもおいしい。高かっただけのことはあるね。
③ その店は料理もサービスもすばらしかった。さすが詐絢のレストランだけのことはある。
「A だけあって.だけに、B。」=「B。A だけのことはある。」
例:高かっただけあって、このメロンはおいしい。=このメロンはおいしい。高かっただけの
ことはある。よい評価に使う。
V 普通形+だけのことはある  N+だけのことはある い A 普通形+だけのことはある
な A+な.だった+だけのことはある

→ ~たとえ~ても
~(の)場合でも
① たとえ手術を受けても、完全には治らないだろう。
② たと難しいことが多くても成功するためにがんばろう。

22
③ たとえきらいでも野菜を食べないわけにはいきませんよ。
④ たとえ医者でもガンには勝てません。
「~ても(でも)」を強調して言う。
たとえ+V て形+も  たとえ+い A て形+も たとえ+な A+でも たとえ+N+でも

→ ~たところ
~たら  ~た結果
① 担当者に電話で問い合わせてみたところ、社員旅行の申し込みはもう終わっていた。
②S 社の新しいパソコンを買ったところ、トラブルばかりでがっかりした。
②S 社の新しいパソコンを買ったところ、トラブルばかりでがっかりした。
③ 猫にネズミのおもちゃを見せたところ、ぜんぜん興味を示さなかった。
④ マニュアルの説明通りにやってみたところ、うまくいった。
「A たところ、B た」B は、A をした結果わかったこと.得た情報など。1 回だけのこと。
V た形+ところ よく使う形:「~てみたところ」

→ ~たとたん(に)
~した後、ほとんど同時に
① 店に入ったとたん、いいにおいがした。急にお腹が空いてきた。
② 一日中歩きまわってくたびれていたので、布団に入ったとたんに眠ってしまった。
③ 走り出したとたん、右のひざにピリッと痛みを感じた。
「A たとたん、B」 B には、急に起きた普通ではないこと、異常なできことが入ることが多
い。
V た形+とたん.とたんに

→ ~たび(に)
~ときは、いつも同じように
① 外国へ行くたびに、自分の国のよさに気づく。
② この写真を見るたび、子供のころを思い出す。
③ 西田先生は授業のたびに、おもしろい話をしてくださる。
④ 課長は出張のたびに、みんなにお土産を買ってくる。

23
v 辞書形+たび.たびに  N+の+たび.たびに

→ ~だらけ
~がいっぱいある  ~がいっぱいついている
① しばらく掃除をサボっていたので、部屋がほこりだらけ、ゴミだらけだ。
② ゴミだらけの部屋を掃除するのに 1 時聞もかかった。
③ このテストの答案は、まちがいだらけだ。
④ 今日は蒸し暑かったので、シャツが汗だらけになった。家に帰ってすぐにシャワーを浴び、
シャツを洗濯した。
「~」:よくないもの.こと
N+だらけ 「A は(が)B だらけだ」例:部屋はゴミだらけだ。
「B だらけの A」例:ゴミだらけの部屋

→ ~ついでに
~とき、一緒に  ~の機会を利用して
① 研修旅行のついでに、大阪にいる先輩に会いに行った。
② デパートへ行ったついでに、そこで開かれていた展覧会を見た。
③ 郵便局へ行くの。それなら、ついでに切手を買ってきてくれない。
「A ついでに、B」
A:主な行為 B:A のときを利用して一緒にすること
V 辞書形.た形+ついでに  N+の+ついでに

→ ~っけ
~か ~ね ~かな
① 今晩、山田さんも来るんだっけ。
② 君は去年日本へ来たんだっけ。
③ この本、おもしろかったっけ。
④ トムさんは、アメリカ人だっけ、イギリス人だっけ。
⑤ お宅はどちらでしたっけ。

24
話し言葉で使われる。質問して確認する。
確認の表現なので、現在.未来のことに過去形を使ってもいい。
例:来月の 3 日は月曜日でしたっけ。(=月曜日だったっけ)V た形+っけ V 普通形+ん
だっけ.んだったっけ い A(「い」を取った形)+かったっけ な A.N+だ.だった+っけ
少し丁寧に言うときは、「ましたっけ」「でしたっけ」も使う。(「ますっけ」「ですっけ」
は、ない)

→ ~っこない
絶対に~ない  ~はずがない  ~わけがない
① ノーベル賞なんて、僕にはもらえっこない。
② 宝くじを買うの。当りっこないのに。
③ 今日中にレポートを書くんですか。できっこありませんよ。
少し丁寧に言うときは、「~っこありません」
V ます形+っこない
よく使う形:「できっこない」、「わかりっこない」、V 可能形+っこない
→ ~つつある
今、~(し)ている
① 最近、田舎がどんどん都会化しつつある。
② 現在、経済学部の新しい校舎ができつつあり、来年度から使用される予定である。
③ 新しい流行語ができる一方で、古くからあるきれいな言葉が消えつつあるのは残念だ。
あらたまった表現
V ます形+つつある

→ ~つつ(1)
~ながら
① 昨夜は、久しぶりに会った友達と酒を飲みつつ語り合った。
② 目の前の美しい山を眺めつつ、自分に絵の才能がないことを残念に思った。
③ このレポートでは、調査の結果を分析しつつ、今後の問題点を明らかにしてみたいと思う。
「A つつ、B」A と B を同時にする。「ながら」より硬い表現。
V ます形+つつ

25

→ ~つつ(2)
~つつも

~ているのに

① 運動不足は体に悪いと知りつつ、時間がなくて運動ができない。
② もらった手紙に返事を書かなければと思いつつ、もう 10 日も経ってしまった。
③ 試験の準備を早くはじめようと思いつつも、まだはじめていない。
「悪い」と思う気持ちがある。よく使う言い方:「~と思いつつ」「~と知りつつ」
V ます形+つつ.つつも

→ ~っぽい
~傾向がある 少し~(の)性質がある 少し~(の)感じがする
① 怒りっぽい人には、友達が少ない。
② 彼女は、飽きっぽい性格で、今までに職場を何回か変えている。
③ この服、なんか安っぽいね。でも、値段が安いんだからしょうがない。
④ 犯人は黒っぽい上着を着てスニーカーをはいていた。
⑤ そんな子供っぽいことを言っていると、笑われてしまうよ。
「~っぽい+N」「~っぽく+V」(い A と同様)
例:子供っぽい人/子供っぽく見える
V ます形+っぽい い A(「い」を取った形)+っぽい N+っぽい

→ ~て以来
~てから今までずっと
① 彼女を知って以来、僕の人生はバラ色だ。
② 卒業して以来、クラスメートには会っていない。
③ 数年前に大きな病気をして以来、健康に注意するようになった。
「A て以来 B」B:続いていること.状態.習慣
V て形+以来

26
→ ~てからでないと.~てからでなければ
先に~しないと   まず~しなければ
① 上司に相談してからでないと、お返事できません。
② ビザが取れてからでなければ、旅行の予定は立てられない。
⑳ この問題は、よく検討してからでないと決定は難しい。
「A てからでないと、B」 B は、「できない」「難しい」「無理だ」といった意味の内容。
V て形+からでないと.からでなければ

→ ~てしょうがない.~てたまらない
(がまんできないくらい)とても~  非常に~
① 睡眠不足のせいで、眠くてしょうがない。
② 食欲の秋だ。最近お腹が空いてしょうがない。
③ 勉強が楽しくてしょうがないという人もいるんですか。信じられませんね。
④ 母に会いたくてたまらないときは、電話をかけます。
「~」:感情.感覚.心理.欲求などを表す言葉。
例:疲れる=疲れてしょうがない
痛い=痛くてしょうがない.痛くてたまらない
残念=残念でしようがない.残念でたまらない
V.い A て形+しょうがない.たまらない な A+で+しょうがない.たまらない
→ ~てならない
非常に~で、おさえることができない
① 戦争がはじまるかもしれない。国民は不安でならない様子だ。
② 遠く離れているので、家族のことが心配でならない。
③ 最近の日本人は礼儀を忘れてしまったのではないかと、残念に思われてならない。
④ もっと早く父を病院に連れて行けばよかった。それが悔やまれてならない。
非常に~で、おさえることができない
「自然に、自動的に感じる」という意味を強調して表す。
「~」:感情.感覚.心理などを表す言葉
動詞の場合は「思われてならない」「思い出されてならない」「悔やまれてならない」「感じ
られてならない」「~という気がしてならない」などをよく使う。

27
V.い A て形+ならない  な A+で+ならない

→ ~ということだ(1)
~そうだ(聞いたり、読んだりして知ったこと.情報)
① あの二人は秋に結婚するということです。
② 地球上の海水の温度は相変わらず高いということだ。
③ 彼の奥さんは弁護十だということです。
V 普通形+ということだ  い A 普通形+ということだ な A.N+(だ)+ということだ
~ということだ(2)

つまり~だ ~ということがわかる

①「話し中」ということ

は、留守ではないということだ。
② こんなにたくさん星が出ているということは、明目は天気がいいということでしょうか。
③ 出席、欠席について何も連絡がないということは、欠席するという ことだろう。
④ あんな大きい家を買ったということは、彼は大金持ちだということだね。
「A(ということ)は、B ということだ」A:事実.状況 B:A からわかること
V 普通形+ということだ い A 普通形+ということだ な A・N+(だ)+ということだ

→ ~というと.~といえば.~といったら
~を聞いてすぐ頭に浮かぶことは
① 漢字というと、「難しい」と思うかもしれませんが、漢字の勉強は、本当はとてもおもしろ
いですよ。
② 日本料理といえぽすし、てんぷらなどが代表的だ。
③「田中さん」といえば、ノーベル賞を取った田中○○さんが有名です。
④ 日本を代表するものといったら、やはり、桜、富士山なんかでしょう。
「A というと B」A:話題 B:その話題に関する代表的なもの.すぐ想像すること.印象
N+というと.といえば.といったら

→ ~といったら
~についていうと

~は  

28
① 気温はマイナス 30 度。その寒さといったら、言葉にできないほどでした。
② 彼の仕事ぶりといったら、「仕事の鬼」と言われるくらいだ。
③ 昨日の夕立の激しさといったら、あんな雨は生まれて初めて経験しました。
「すごい」「とても~だ」という驚きを強調する。
N+といったら

→ ~というものだ
まさに~だ
① 人から言われたことだけをする。自分から行動を起こさない。それは無気力というものだ。
② 本当に困ったときにこそ助け合うのが友情というものです。
③ 人のことを考えないで、自分の都合だけで行動する彼女のやり方、あれはまさに自分勝手と
いうものだ。
「~」:話し手の批判や判断(強調して表す)
V 普通形+というものだ  な A.N+というものだ

→ ~というものではない.~というものでもない
必ずしも~ない  ~わけではない
① どんなこともお金で解決できる、というものではありません。
② 学歴が高いからといって、その人が有能だというものでもない。
③ 商品は安ければいいというものでもない。「安物買いの銭失い」と言う諺もある。
「~」(評価や考え方を表す)を否定する。
例:「努力すれば必ず成功する」=否定形=「努力すれば必ず成功するというものではない」
V 普通形+というものでは(も)ない
い A 普通形+というものでは(も)ない
な A.N+(だ)というものでは(も)ない

→ ~というより
~もっと適切にいうと
① 彼は、天才というより、むしろ変人だ。

29
②「北海道の夏は涼しくていいでしょう。」「ええ。でも、今年は涼しいというより、寒い
といったほうがいいくらいです。」
③「奥様はとても陽気な方ですね。」「いやあ、陽気というより、うるさいというべきでしょ
うね。」
「A というよりb」B:話し手の判断.評価「むしろ」と一緒に使うことが多い。
V 普通形+というより い A 普通形+というより な A.N+(だ)というより
→ ~といっても
~けれども
① 熱帯の国といっても、朝晩は涼しくて過ごしゃすくなる。
② 中国語ができるといっても、基礎を勉強しただけですから、まだまだです。
③「研修、大変ですね。」「ええ、まあ、大変だといっても、3 か月間だけですから。」
V 普通形+といっても  い A 普通形+といっても  な A・N+(だ)といっても

→ ~とおり(に).~どおり(に)
~ように  ~と同じように
① 大丈夫。マニュアルに書いてあるとおりにすれば、うまくいきます。
② 昨日のサッカーの試合は、予想されたとおりに A 国が勝った。
③ 天気予報のとおり、午後から雨になった。
④ 医者の指示どおり、毎日運動をすることにした。
V 辞書形.た形.ている形+とおり(に) N+の+とおり(に)  N+どおり(に)

→ ~とか
~そうだ  ~ということだ
①「お嬢さんが結婚なさったとか。」「ええ、先月。」「それは、おめでとうございます。」
②G 銀行は経営が危なくなっているとか。預けた金は大丈夫だろうか。
③ 彼は大金持ちだとか。うらやましいなあ。
「~」:聞いた内容.読んだ内容
V 普通形+とか  い A 普通形+とか  な A.N+とか

30
→ ~どころか(1)
~ではなく、まったく反対に
① この国の経済はよくなるどころか、ますます悪くなっている
② 彼の奥さんは、やさしいどころか、鬼のような人だ。
③「彼女、まだ若いですね。」「いえ、若いどころか、もう孫が 3 人もいるんですよ。」
「ちがう」「反対だ」という意味を強調する。
v 普通形+どころか  い A 普通形+どころか  な A.N+どころか

→ ~どころか(2)
~はもちろん
① 忙しくて、旅行するどころか、テレビを見るひまさえない。
② こんなに成績が悪いと、就職どころか卒業も危ない。
③ 彼女は自動車の A 級ライセンスどころか、飛行機の免許も持っている。
④ 今年の夏は 3 日間休めればありがたいと思っていたら、どころか、1 週間も休みが取れた。
「A どころか B」=「A はもちろん、もっと簡単な B もだめだ」/「A はもちろん、B も大丈夫
だ」
V 普通形+どころか  い A 普通形+どころか  な A.N+どころか

→ ~どころではない.~どころではなく
ぜんぜん~ではない  ~は、とんでもない
① この国の繰済はどんどん悪くなっていて、よくなるどころではない。
② 彼の奥さんはやさしいどころではなく、鬼のような人ですよ。
③ 忙しくてテレビを見るひまもないのだから、旅行どころではない。
④ 卒業も危ないのだから、就職活動どころではない。
「~」を強く否定する。
「V 普通形+どころではない な A.N+どころではない  い A 普通形+どころではない

→ ~ところに.~ところへ.~ところを
ちょうど~とき   ~(の)状況に

31
① ぐっすり寝ているところに地震が起きて、はっと目が覚めた。
② 彼女に電話をかけようとしたところへ、彼女のほうからかかってきた。
③ 犯人は、店から出てきたところを、警官に捕らえられた。
④ お忙しいところを来てくださって、ありがとうございます。
⑤ 本日は、休日のところを、おいでいただき恐れ入ります。
時.状況を表す(場所を表すのではない)。
V 辞書形.た形.ている形+ところ  い A+ところ  N+のところ

→ ~としたら.~とすれば
もし~たら.ば.と.なら
① 生まれ変われるとしたら、男がいい?女がいい?
② 温泉に行くとしたら、どこがいいでしょうね。
③ 君が僕の立場だとしたら、この場合どうする?
④ このまま不況からぬけ出せないとすれば、日本の将来に希望はない。
V 普通形+としたら.とすれば.とすると
い A 普通形+としたら.とすれば.とすると
な A.N+だ+としたら.とすれば.とすると

→ ~として.~としては
~の立場で  ~の資格で
① ノ-ベル賞の受賞は、学者として最高の名誉だ。
② 彼女とは友達として付き合っているだけで特別の関係ではありません。
③ あの人は、性格はとてもいいが、リ一ダーとしては少々問題がある。
④ 京都は日本の古い都として知られている。
N+として.としては

→ ~としても
~(の)場合でも  たとえ~でも
① 彼女と結婚できるとしても、2,3 年後になるだろう。
② その人が親切そうに見えたとしても、本当に親切かどうかはわからない。
③ 親が有名だとしても、本人に実力がなければ社会で認められないでしょう。

32
④ たとえ相手が蔀下だとしても、世話になったらお礼の気持ちをちゃんと伝えるべきだ。
V 普通形+としても  い A 普通形+としても  な A.N+だ+としても
→ ~とともに
~と一緒に  ~につれて  ~にしたがって
① 白動車が増えるとともに、交通事故も多くなる。
② 地位が上がるとともに、責任が重くなる
③ 時代の流れとともに、人の考え方も変化する。
④ 医学の発達とともに、人間の寿命も延びてきた。
「A とともに B」A の変化と一緒に B も変化する。
V 辞書形+とともに  N+とともに

→ ~ないことには
~なければ ~ないと
① 住所がわからないことには、連絡しようがありません。
② 小説を書いても、おもしろくないことには売れませんよ。
③ 何といっても、健虚が一番。いくら能力でも、健康でないことには活躍できない。
「A ないことには B(ない)」A は、B のために必要な条件。
例:健康でないことには活躍できない。=健康は、活躍するために必要な条件
V ない形+ことには  い A(「い」を取った)+くないことには な A.N+でないことには

→ ~ないことはない.~ないこともない
「ぜんぜん~ない」というわけではないけれど、でも
① あなたの気持ち、わからないことはないんだけど…。
② 眼鏡なしで読めないことはないのですが、ちょっと読みづらいんです。
③ 納豆は、食べないこともないんですが、あまり好きじゃないんです。
④ この本、おもしろくないことはないんですが、今ひとつですね。
100 パ一セントの否定はしないが、なにか問題があることを示す。
V ない形+ことには  い A(「い」を取った形)+くないことには な A・N+でないことは
ない

33

→ ~ないではいられない
~しないことは難しい  ~したい気持ちがおさえられない
① ストレスがたまったときは、酒を飲まないではいられない。
私は、捨てられた子犬や子猫を見ると、助けてあげないではいられない。
③ ダイエットをしているのに、食後には甘いものを食べないではいられない。
否定形を 2 度動て、強い肯定の意味を表す。
V ない形+ではいられない

→ ~ながら.~ながらも
~のに ~(だ)が ~つつ(も)
① 私は、その薬が危険だと知りながら、飲み続けていた。
② 平和が呼ばれながら、常に世界のどこかで戦いが行われている。
③ 彼らは、貧しいながらも明るく生きている。
V ます形+ながら.ながらも い A.N+ながらも な A.N+ながら.でありながら
例外:残念=残念ながら 勝手=勝手ながら
残念ながらパ-ティ-には出席できません。
勝手ながら、本日は休業いたします。

→ ~など.~なんか.~なんて
~は  ~とは
① 台風の日に風雨の中でテニスをするなど、考えられない。
② あなたなんかきらい。もう来ないで。
③20 枚のレポートを 1 日で書いたなんて、すごいねえ。私なんか 3 枚のレポートも書けない。
④ 彼女、大人っぽいね。まだ 15 歳だなんて信じられないよ。
強い気持ちを表す。「なんて」「なんか」は話し言葉。
V 普通形+など.なんて N+(だ)+など.なんて.なんか

→ ~にあたって.~にあたり

34
~(の)とき  ~(の)際
① 新しい支店を開くにあたって、まず市場調査を行う必要がある。
② 結婚するにあたり、両家の家族が集まって食事をした。
③ 卒業にあたって、クラスのアルバムを作った。
④ 開会にあたり、ひと言ごあいさつを申し上げます。
∫~」:大きい事.特別な事(日常的なこと小さいことには使わない).これからはじまる事が多

V 辞書形+にあたって.あたり N+にあたって.にあたり

→ ~において.~においては.~においても.
~における

~で  ~の中で

①2002 年のサッカーのワールドカップは、韓国と日本において行われた。
② 彼の論文の要旨が学会において発表される。
③ この自動車は、値段は高いが、安全性においては並ぶものがない。
④ 人間が戦いを好むということは、歴史においても証明されている。
⑤ 教室における飲食は禁止されている。
「~」:場所.場合.状況
N+において.においては.においても.における  ~における+N

→ ~にもかかわらず
~のに
① 雨にもかかわらず、大勢の人が集まった。
② 彼女は大金持ちであるにもかかわらず、大変なケチだ。
③ 体に障害があるにもかかわらず社会で活躍している人が大勢います。
④ 努力したにもかかわらず、結果は失敗に終わってしまった。
V 普通形+にもかかわらず  い A 普通形+にもかかわらず  な A.N+(である)+にもか
かわず

→~にかかわらず.~にかかわりなく.~にはかかわりなく
~に関係なく   ~を問わず

35
① 会に参加するしないにかかわらず、必ず返事をください。
② このサークルには、年齢、国籍、経験のあるなし、などにかかわりなく、どなたでも参加で
きます。
③ 試合は、天候にはかかわりなく予定どおり行われる。
N+にかかわらず.に(は)かかわりなく
同じ語の肯定形と否定形を並べる形、反対の語を並べる形もある。
例:行く行かないにかかわらず/収入の多い少ないにかかわらず

→ ~に限って
特に~(の)場合だけは   特に~ときだけ
① うちの子がどろぼうをしたというのですか。うちの子に限ってそんなことをするはずがあり
ません。
② 彼はキリスト教徒ですから、あの人に限って自殺なんかしません。
③ いつもはたくさん走っているタクシーが、急いでいるときに限ってぜんぜん来ない。
④ 親が忙しいときに限って子供が熱を出す。
強調表現。
N+に限って

→ ~に限り  ~に限らず
~だけ  ~だけでなく(~も)
① 女性に限り、クラブの入場料は半額です。
② ビザを持っている人に園り入国することができます。
③ 母親に限らず父親も育児をする時代になった。
④ 原子力発電所の周辺住民に阻らず遠くの住民も原子力発電の反対運動に参加した。
N 十に限り

→ ~にかけては.~にかけても
~についていうと ~の点で
①A 社のテレビは、画面の美しさにかけては他社の製品に勝っている。
② 勉強はそれほどでもないが、スポーツにかけては彼がクラスで一番だ。

36
③ 優勝チームは、体の大きさにかけても作戦のうまさにかけてもすばらしいチームだ。
性質.能力が優れていることを言う表現。
N+にかけては.にかけても

→ ~にかわって.~にかわり
(人の)代理に (物の)代用に
① 英語のできない社長にかわって、部長が電話に出た。
② その犬は、目が見えない主人にかわって安全を確かめる。
③ きの机にかわり、プラスチックの机が多く使用されるようになった。
N+にかわって.にかわり

→ ~に関して.~に関する~に関係して   
について
① あの事件に関して知っていることがあれば、ぜひ教えてください。
② わが社に関して詳しく知りたい場合は、ホームページをごらんください。
③ 最近テロに関するニュースがよく新聞に出ています。
N+に関して   N1+に関する+N2

→~にきまっている
絶対に~だ
① この試合は負けるにきまっている。相手が強すぎるよ。
② 彼は怠け者にきまっている。彼が働いているところを見たことがない。
③ 先月結婚した息子の家に行きたいけれど、私が行けばじゃまになるにきまっているので、行
かないことにします。
はっきりと意見を言う強い言い方。
V 普通形+にきまっている  N+にきまっている  い A+にきまっている  な A+にき
まっている

37
→~に比べ(て)
① 去年は 3 月に桜が咲いたが、今年は 4 月になってもまだ桜は咲いていない。去年に比べて今
年は寒いからだろう。
②「数学の点に比べて国語の点が悪すぎる。」と私は母に怒られた。
③ 都心に比べて郊外は空気がきれいなので、子供を育てるのに適している。
N+に比べ(て)

→~に加え(て)
~と  ~だけでなく
① 金メダルに加えて銀メダルまで取れたので、彼はとても喜んでいる。
② 森林火災に加え、高速道路の建設で、森はだんだん減ってしまった。
③ 人手不足に加えて天候が悪く、今年の米のできはよくないようだ。
④ 川の水に加え、地下水まで汚れているので、安心して飲める水がなくなった。
N+に加え(て)

→~にこたえて・~にこたえる
~に合うように
①「医者になってほしい。」という親の期待にこたえて、彼は医者になった。
②A 社は消費者のニーズにこたえて、新製品を開発した。
③「私は国民の要求にこたえる政治家です。」と彼は言っているけど…。
N+にこたえて   N1+にこたえる+N2

→~に際し(て)
~の時に   ~の場合に
① 卒業式に際して、市長からお祝いの言葉が卒業生に送られた。
② 工場見学に際して、係の人から様々な注意をうけた。
③A 国大統領訪日に際し、歓逓のレセプションが行われた。
「~」:特別な出来事  あたらまった表現
N+に際し(て)

38

→ ~に先立って.~に先立つ
~の前に
① 開会式に先立って、選手の入場パレードが行われた。
② 映画の上映に先立ち、出演者が舞台に出てあいさつをした。
③「先立つものは金」と言われるように、何をするのにもまずお金が必要だ。
N+に先立って  N1+に先立つ+N2

→ ~にしたがって
~とともに ~につれて ~に伴って ~と一緒に
① 南に行くにしたがって、気温が高くなる。
② 川の上流に行くにしたがって、水は冷たくなり、流れは速くなる。
③ 成長にしたがって、子供は親から離れていくものだ。
④ 景気が悪くなるにしたがって、街にはホームレスが増えていくだろう。
「A にしたがって B」A の変化と一緒に B も変化する。
V 辞書形+にしたがって N+にしたがって

→ ~にしたら
~の立場では ~にとって ~からすれば ~から見れば
① 経営者にしたらボ-ナスは安いほうがいいが、社員の身にしたら 1000 円でも高いほうがう
れしい。
② 弟にしたら、私のようなうるさい姉の存在は、いやでたまらないだろう。
この階段は、私にはたいしたことはありませんが、足の弱い人にしたら、とても大変だろうと
思いますよ。
N+にしたら

→ ~にしても
~も ~にとっても ~の立場でも ~から見ても
① 大統領は「戦争をしない。」といっている。国民にしても、考えは同じだ。

39
② 国と国が話し合うことは大切なことです。話し合わなければ戦争になってしまいます。そ
れは夫婦にしても同じですよ、けんかする前によく話し合ってください。
N+にしても

  

→ ~にしては

  ~(な)のに ~(の)わりに ~だが
① 今日は秋にしては暑い。まるで夏のようだ。
② 普通、外交官は外国語が上手なものだが、彼は外交官にしては語学ができない。
③「ダイエットしているにしては、やせないんじゃない。」「........。」
「A にしては B」B は A らしくない、A に合わないという判断.評価
N+にしては V 普通形+にしては

→~にしろ.~にせよ
~ても.でも  ~場合でも  どちらの場合も
① お金がなかったにしろ、人の物を盗むのはいけないことだ。
② いくら有能であるにせよ、努力なしに成功できるとは思わない。
③ 少年にしろ、成人にしろ、悪いことをしたら、厳しい罰を受けるべきです。
④ 旅行に行くにせよ、行かないにせよ、早く決めたほうがいい。
「A にしろ、B にしろ」「A にせよ、B にせよ」のように A.B に同類のものを並べて言うことが
多い。
V 普通形+にしろ.にせよ  い A 普通形+にしろ.にせよ

→ ~にすぎない
ただ~だけだ  ~以上ではない
① 人間は宇宙から見れば小さな点にすぎない。
②「近く、戦争があるらしい。」「そんなこと、ただの噂にすぎません。」
③ 私の責任ではありません。私はただ部長に命令されたことをしたにすぎません。

40
N+にすぎない  V 普通形+にすぎない

→ ~に相違ない

~に違いない  

きっと~だ
① 時間も予算も十分ではない。この計画の実行は困難に相違ない。
② 彼は有能であるから、この選挙で当選するに相違ない。
③ 彼は天才であるに相違ない。
あらたまった表現。
V 普通形+に相違ない  N.な A+(である)+に相違ない  い A 普通形+に相違ない

→ ~に沿って
~から離れないで
① 川に沿ってハイキングコースがあります。その川に沿って 1 時間ぐらい歩くと、海に出ま
す。
② 子供たちの希望に沿った公園が作られた。その公園は大人の考えたものとはかなり違ってい
た。
③ 会社の経営方針に沿って、来年度の計画が立てられた。
N+に沿って

→ ~に対して.~に対する
~に  ~に向かって
① あの人は果さんに対しては「彼女と別れる。」と言い、恋人に対しては「すぐ離婚する。」
と言っているそうだ。
② 彼は子供のころから動物や植物に対する興味を持ち続けている。
③ この戦争に対する人々の意見は様々だ。ある人は「正しい戦争だ。」と言い、ある人は「悪
だ。」と言う。
「~」:方向.対象
N+に対して  N1 に対する+N2

41
→ ~に違いない
~に相違い   きっと~だ
① こんなに大きいマンションに住んでいるのだから、彼はかなりの金持ちに違いない。
これからはロボットが学校でも家庭でも利用されるようになるに違いない。
母「ママの顔を見て逃げたから、何か悪いことをしているに違いないと思ったら、やっばりタ
バオなんか吸ってる今日はご飯ぬき。」。子供「ごめんなさい。」④評判の高い映画だから、
おもしろいに違いないと思ったののに...。
V 普通形+に違いない N.な A+(である)に違いない

→ ~について
~に関して
① 今日の集会では「親子関係の変化」について話し合いたいと思います。
② ただいまの山川さんの発表についてご意見のある方はどうぞ。
③ 大統領は新しい外交方針について国民に説明をした。
「A ついて B」B:「書く」「話す」「考える」「研究する」など
N+について

→ ~については.~についても
~に関しては ~に関しても
① 説明は以上です。詳しい手続きについては後ほどご説明します。
② 工場の火事はようやく消されたが、原因についてはまだ調査が進んでいない。
③ 私は東京だけでなく、地方の生活や習慣についても知りたいと思っている。
④ 両親と子供は、成績、学費そして将来の夢についても話し合って受験校を決めた。
N+については.についても

→ ~についての
~に関しての
① 旅行日程についてのご質問がある方は手をあげてください。
② 大きな事故が起きた場合、被害についての情報をすぐに得るのは難しいことだ。
③ こちらはユニコン.デパートです。商品のご注文は 02、商品についてのお問い合わせは 03 を
押してください。

42
N1+についての+N2

→ ~につき
~なので
① この道は工事中につき、通行止めになっています。
② 冷房中につき、ドアをお閉めください。
③ こちらは特売品につき、お一人様 1 点限りとなっています。
連絡.掲示などに使うあらたまった表現。
N+につき

→ ~につけ
~ときは、いつも  ~ときも、~ときも
① 祖母が編んだセーターを見るにつけ、やさしかった祖母を思い出す。
② 親は、暑いにつけ寒いにつけ、離れて暮らす子供を思い出し、心配するものだ。
③ 私が料理すると、味が濃いにつけ薄いにつけ、家族から文句が出る。
「A につけ、B につけ」A.B に同類の言葉を並べることが多い
V 辞書形+につけ  い A 普通形+につけ

→ ~につけても
~に関して
① 母は何事につけてもよく考えてから行動するけれど、父はその反対だ。
② 勉強でもスポーツでも何につけても大切なのは、長く続けることだ。
③ 彼は何事につけても全力で取り組むので、評判がいい。
「何事」「何」+につけても=全部の場合.どんなときでも.いつも
N+につけても

→ ~につれて
~とともに ~伴って ~にしたがって ~と一緒に

43
① 彼らは夏のキャンプで団体生活をするにつれて、どんどん親しくなっていった。
② 勉強していると、夜がふけるにつれて、まぶたが重くなる。
③ 子供は成長するにつれて、親に似てくるものらしい。最近息子が夫にそっくりになってき
た。
「A につれて B」A の変化と一緒に B も変化する。
V 辞書形+につれて

→ ~にとって.~にとっては.~にとっても
~には  ~から見て  ~から見ても
① 漢字が苦手な私にとって、新聞を読むことはとても大変なことです。
② 大きなスーパーができるというニュースは周辺の住民を喜ばせたが、商店にとっては大問題
になりそうだ。
③ ここの信号はすぐ赤になってしまう。わずか 1 分ほどでこんなに広い道を渡るなんて、小さ
い子供やお年寄りにとっては無理なことだ。
④ 冬の凍った道路は、自動車にはもちろん、歩く人にとっても大変危険なものだ。
「A にとって B」B は A の立場から見た判断.評価。
N+にとって  N+にとっては  N+にとっても

→ ~にとっての
~から見た
① 子供にとっての最大の楽しみは夏休みの家族旅行です。
② 水不足は農業にとっての大問題である。
③ 今や携帯電話は現代人にとっての必需品だ。
「A にとっての B」B は A の立場から見た判断.評価。
N1+にとっての+N2

→ ~に伴って.~に伴い.~に伴う
~とともに ~につれて ~にしたがって ~と一緒に ~と一緒の
① 秋が深まるに伴って、山の紅葉が進む。

44
② 景気の回復に伴い、旅行をする人の数が増えてきた。
③ 山林が少なくなるに伴って、動物の姿が消えていく。
④ 地震に伴う火災で、多くの人命が失われた。
「A に伴って B」A と B は一緒に変わる。
V 辞書形+に伴って.に伴い  N+に伴って.に伴い V 辞書形+に伴う+N  N1+に伴う+
N2

→ ~に反して.~に反する
~と違って(~とおり(に)
① 今日は晴れるだろうと思ったが、予想に反して雨が降ってきた。
② 両親の期待に反して女の子が生まれた。
③ 円が上がった。これは経済学者の予測に反する結果だ。
「~」:「予想」「予測」「期待」「希望」などが多い
N+に反して  N1+に反する N2

→ ~にほかならない
まさに~だ.である
① 戦争は、死にほかならない。(戦争=死)
② 親が子に言う厳しい言葉は愛情の表れにほかならない。(厳しい言葉=愛情の表れ)
③ ほかならぬあなたの頼みだから、聞かないわけにはいきません。
強く断定する表現。「ほかならぬ」=とても大切な
N+にほかならない ほかならぬ+N

→~に基づいて.~に基づく
~を基本にして.基本にする
① 仕事は予定表に基づいて、きちんと進められなければならない。
② ひらがな、カタカナの形は漢字に基づいている。
③ 国家である以上、法律に基づく制度が定められているはずだ。
N+に基づいて  N1+に基づく+N2

45

→ ~によって.~により
~で
① この活動はボランティアによって支えられている。
② わが社では、最新のコンピューター.ソフトの使用によって仕事の合理化を日指すことになっ
た。
③ バランスのとれた食事を取り、適度な運動をすることによって、体重を一定に保つことがで
きる。
④ 停電により都市の交通が全部止まってしまった。
「~」:原因.手段.方法.受身文の動作主
N 十によって  N 十により

→~によって(は)
ある~の場合は
① 明日は一日中雲が多く、ところによっては一時雨が降るでしょう。
②「うちの会社に来ませをか。」「どうしようかな…。条件によって行くことも考えます。」
③ たいてい遅く帰宅しますが、目によっては 6 時ごろ帰れる場合もあります。
N+によっては

→~による
~で ~が原因である
① 高速道路が整備されて、トラックによる輸送がさかんになった。
② 先週の事故は運転手の居眠り運転によるものだったことがわかった。
③ 台風による農作物の被害が全国に広がっている。
「~」:手段.原因
N1+による十 N2

→~によると.~によれば
~の話では

46
① 新聞によると、A 国では深刻な水不足が起きているという。
② 今朝のニュースによると、A 国の首都でガス爆発があったそうだ。
③ 友だちの話によれば、今日の明け方、地震があったそうだ。
「~」:情報源、情報が出たところ
N+によると N+によれば

→~にわたって.~にわたり.~にわたる
~の間(の)  ~に広がって(広がる)  ~の間続いて(続く)
① 首相の記者会見は 2 時間にわたって行われた。
② 訪日した A 国首相の警備のため、5 キロにわたり警官が道路の両側に並んだ。
③ 彼の趣味は音楽、歴史、政治など多くの分野にわたる。
④ 数か月にわたる研究がついに実を結んだ。
」~」:時間.距離.範囲
N+にわたって.にわたり N1+にわたる+N2

→~ぬきで.~ぬきに.~ぬきの
~なしで ~なしに  ~なしの
① 時間がありませんから、あいさつぬきで会議をはじめます。
② すし 5 人前、お願いします。2 人前はわさびぬきにしてください。
③ これ、あなたが作ったケーキですか。おせじぬきにおいしいです。
④ アルコールぬきのパーティーなんて、つまらないなあ。
「~」:普通あるもの.いつもすること
N+ぬきで.ぬきに  N1+ぬきの+N2

→ ~ぬく
完全に~する  最後まで~する
① 困難にあっても最後までやりぬく気持ちを捨てないで、がんばりなさい。
② 難しい数学の問題を考えぬいて答えが出せたときは、うれしかった。
③ 勉強にはぜんぜん興味を持たない子供に、両親は困りぬいている。

47
強調表現
V ます形+ぬく

→ ~の末に.~た末に.~た末の
~の結果  ~(し)た最後に ~の後で、とうとう.やっと.ついに
① 激しい戦いの末に、57 対 58 で C チームが優勝した。
② 何度も実験を繰り返した末に、やっと理想の薬ができた。
③ 帰国しないで日本で仕事をする。これが 1 週間考えた末の決定です。
④ 必死で練習した末の大会出場だから、本当にうれしい。
N+の末に V た形+末に  V た形+末の+N

→ ~のみならず
~だけではなく(~も)
① 人間のみならず動物もストレスを感じるという。
② 政界のみならず崇教界にもスキャンダルがある。
③ この株は、安定性が高いのみならず、将来性もある。
「A のみならず B も」B のほうを強調する。
N+のみならず  い A+のみならず な A+である+のみならず

→~のもとで.~のもとに
~の下で
① さすが有名シェフの指導のもとで仕事をしているだけあって、彼の料理はすばらしい。
② 先生の指示のもとで十分注意して実験をしたのに、爆発事故が起きてしまった。
③「1 週間以内に返す」という約束のもとにお金を借りた。
④「解放」という美しい言葉のもとに戦争が繰り返される。
「~」は、影響を与えるもの、抽象的なことが多い。
N+のもとで.もとに

48
→ ~ば~ほど
~にしたがって ~につれて ~に伴って ~ば、もっと(~なる)
① 酒は飲めば飲むほど酔っ払うものだから、飲みすぎてはいけませんよ。
② 勉強すれば勉強するほど疑問が次々と出てくる。
③ 大都市に近づけは近づくほど木の緑が少なくなる。
④ 駅から近ければ近いほど部屋代は高くなります。
⑤ 静かならば静かなほどよく眠れると思ったのですが…。
「A ば A ほど、B]A の程度が進むと、B も変化する。
V ば形+V 辞書形+ほど
い A+ければ+い A+ほど
例:ちかい+けいれば=ちかければ
な A+なら(ば)+な A+な+ほど

→ ~ばかりか.~ばかりでなく
~だけでなく  ~のみならず
① 最近は人間ばかりか猫さえも美容院に行くそうだ。
② 将来は宇宙旅行ができるばかりか、宇宙に住むこともできるようになるだろう。
③ あの国では大人ばかりでなく子供も仕事をしている。
④ この花は色がきれいなばかりでなく、香りもすばらしいですよ。
「A ばかりか B も」B のほうを強調する。
N+ばかりか.ばかりでなく  い A+ばかりか.ばかりでなく
な A+な(である)+ばかりか.ばかりでなく
V 普通形+ばかりか.ばかりでなく

→ ~ばかりに
~だけの理由で.原因で
① 社内のスキャンダルを話したばかりに会社を首になった。
② 私がばかなばかりに、家族に迷惑をかけています。
③ 彼は能力はあるが、学歴が低いばかりに昇進できない。
「A ばかりに B」A:原因 B:悪い結果

49
V た形+ばかりに  い A 普通形+ばかりに  N.な A+な(である)+ばかりに

→ ~はともかく.~はともかくとして
~は今問題にしない
① 酒はともかく、たばこは肺ガンになるからやめるべきだ。
② あの食堂の料理は、味はともかくとして、量が多いので人気があるんだ。だから、おいしい
物が食べたい人は行かないほうがいいよ。
③ パソコンはともかくとして、車なんて学生には必要ないんじゃない
④ あのホテルは、サービスはともかくとして、建物と設備はすばらしい。
「~」については、今は考えない.言わない.話題にしない.問題にしない
N+はともかくとして

→ ~はもちろん
~だけでなく(~も)
① 国が違うと、言葉や文化はもちろん、人々の考え方まで違う。
② この歌手は、歌番組はもちろん、テレビドラマや映画にも出ている。
③ ワールドカップ期間中は土.日はもちろん、平日もサッカー場が人々で満員になった。
N1+はもちろん+N2 も

→ ~はもとより
~だけでなく(~も)  ~はもちろん(~も)
① 彼女は英語はもとより、フランス語も中国語もできる。
② この学校の入学試験は、筆記はもとより面接試験もある。
③ 彼のサッカ-選手としての人気は国内はもとより、広く海外でも高まっている。
「A はもとより B」B のほうを強調する。あらたまった表現。
N1+はもとより+N2 も

→ ~反面(~半面)

50
~と別の面では
① 子供は、かわいい反面うるさいものでもある。
② ここは温泉が楽しめる反面、火山性の地震がよく起きるので注意が必要だ。
③ 生活は豊かになったが、その反面、公害で病気になる人が増えた。
「~は、A 反面(半面)B」「A、その反面(半面)、B」
B:「~」が持っている A と反対の面
V 普通形+反面(半面)  い A 普通形+反面(半面) N+である+反面(半面)   な
A+な(である)+反面(半面)

→ ~べき.~べきではない
~なければならない  ~してはいけない
① みんなで決めたことは守るべきだ。
②「地球温暖化」はみんなが考えるべき問題である。
③ 約束の時間に遅れる場合は連絡するべきだ。
④ 世話をしないならペットを飼うべきではない。
⑤ 話し合いでは他の人の意見も聞くべきで、一方的に自分の意見を主張すべきではない。
「~」:話し手の強い主張 あらたまった表現。
V 辞書形+べき.べきではない

→ ~(より)ほかない
~(する)しかない  ~以外に方法がない
① 風邪を引いた。暖かくして寝るよりほかない。
② 雪のため、新幹線が駅と駅の間で止まってしまった。乗客はじっと車内で待つよりほかな
かった。
③ 台風で家が押し流された。人々はどうすることもできず、じっと見ているほかなかった。
V 普通形+(より)ほかない

→ ~ほどだ.~ほどの
~くらい ~くらいの

51
① 日本人「ラッシュの電車はとても込んでますよ。」外国人「どのくらい込んでるんです
か。」日本人「ドアが閉まらないほどです。」
② 山から流れてくる川の水は冷たくて、手を入れると痛いほどだった。
③ その子は大人もびっくりするほどの作品を仕上げた。
「~」:程度が高いことを示す例
N+ほど  V 普通形+ほど  い A+ほど  N1+ほどの+N2  V 普通形+ほどの+N
い A+ほどの+N

→ ~ほど
~にしたがって ~につれて ~に伴って
① 戦争が長引くほど死者が増える。(戦争が長引けば長引くほど)
② 経験がある登山家ほど山では注意深く行動するものだ。
③ いい選手ほど練習時間が長く、規則正しい生活をしている。
④ 寒いほど、おいしい酒ができると言われている。
⑤ 宝石は色がきれいなほど値段が上がる。
「~ば~ほど.~なら~ほど」を短くした形。
N+ほど  V 辞書形+ほど  い A+ほど な A+な(である)+ほど

→ ~まい(1)
つもりはない  ~(し)ないつもりだ   ~(し)ない
① 母に言うと心配するから、このことは母に言うまい。
②1 日で 10 万円も負けた。競馬は 2 度とするまいと決心した。
③ 仕事のことを考えまいとしても、仕事が頭から離れないという人は「仕事中毒」ですよ。診
察を受けたほうがいいですよ。
「~しない」という決心を言う。
V 辞書形+まい  V ます形+まい する→しまい/くる→こまいも使われる
→ ~まい(2)
~ないだろう
① この病気で死ぬまいと思うが、念のため医者に診てもらおう。
② 内容が硬すぎるし、長すぎるので、この小説は売れるまい。

52
③ 彼は帰国したのではあるまいか、最近ずっと顔を見ていない。
推量表現 硬い表現 ~のではあるまいか=~のではないか
V 辞書形.V ます形+まい

→ ~まいか
~するか、~しないか
① 猫が死んだことを子供に言おうか言うまいか迷った。
② 二人のけんかを止めようか止めるまいか。
③ 私は今ダイエット中です。お土産にもらったチョコレートを食べようか食べまいか、考え中
です。でも、おいしそう…。
V う.よう+か+V 辞書形.V ます形+まいか

→ ~向きだ.~向きの
~に合う  ~に適する
① この筆は素人向きです。書道の専門家向きではありません。
② この本は小学生向きで、字も大きいし、色のきれいな写真もたくさんあります。
③ こちらは上級者向きのプールで深さが 2 メートルあります。100 メートル以上泳げる人以外
は入れません。
④ いろいろな機能のあるパソコンより、初心者向きの、使い力の簡単なものがほしい。
N+向きだ  N1+向きの+N2

→ ~向けに.~向けの
~を対象に  ~のためを考えて
① この携帯電話はお年寄り向けに作られているので、字が大きい。
② 留学生は、外国人向けに作られた電子辞書で勉強している。
③ わが社の車は、外国向けのものは左ハンドルで、国内向けのものは右ハンドルです。
「~」:対象.相手
N+向けだ   N1+向けの+N2

53
→ ~も~ば、~も~.  
~も~なら、~も~

~も~し、~も~

① あの子は 15 歳なのに、お酒も飲めば、たばこも吸う。両親は困つているだろう。
② 彼女は頭もよければ、顔もきれいでみんながあこがれるわけです。
③ 彼は英語も上手なら、中国語も上手だ。
「A も~ば、B も~」A・B は同類の言葉。強調表現。
(~は)~も+V ば形、~も+V 普通形
(~は)~も+い A(「い」を取った形)+ければ、~も+い A
(~は)~も+な A+なら(ば)、~も+な A

→ ~ものがある
「~」:深く感じること
① 彼女の歌には人を勇気づけるものがある。
② 技術的にはたいしたことはないが、彼の作品には人を感動させるものがある。
③ 娘が結婚する日の父親の心理には複雑なものがある。
V 辞書形+ものがある  い A+ものがある  な A+な+ものがある

→ ~ものだ(1)
① 親の言うことは素直に聞くものですよ。
② 年を取るとだんだん足が弱くなるものです。
③ 動物をいじめるもんじゃありません。
一般的なこと.当然のこと.普通のことに使う。
会話体では「もんだ.もんじゃない」。
辞書形.ない形+ものだ

→ ~ものだ(2)
本当に~  実に~

54
① 時の経っのは早いものだ。②今日でもう 5 日間雨が降り続いている。まったくよく降るも
のだ。
③ 携帯電話でメールをやりとりするのは、楽しいものですね。
④ 世界が互いに文化を理解しあうということは難しいものです。
驚きや感心した気持ちを言う表現。
普通形+ものだ  い A+ものだ な A+な+ものだ

→ ~ものだ(3) よく~(し)た  いつも~だった
① 高校時代は毎日遅くまでテニスをしたものだ。
② 子供のころ、悪いことばかりして親を怒らせたものだ。
③ 昔の先生は厳しかったものです。
過去(昔)の習慣や、過去に普通だったことに使う。
V た形+ものだ   い A かった+ものだ  な A だった+ものだ

→ ~もの
~から   ~ので
①「とうして食べないの。」「だって、おいしくないもん。」
② すみません、お待たせして。電車が遅れたもので。
③ お金、貸してくださいますか。貯金がなくなっちゃったもので…。
④ 森でキャンプをしたのですが、あまり静かなもんで、こわくて眠れませんでした。
理由.言い訳に使うことが多い。会話体では「~もん」
V 普通形+もの  い A 普通形+もの な A.N 普通形+もの(現在形では:な A.N+な+も
の)
→ ~ものか
絶対~したくない  絶対~ないと思う
① あきらめるものか。最後までがんばりぬくそ。
② あんないやな人を忘年会に呼んでやるもんか。
③ 子供でも月に 100 万円は楽に稼げるって?そんな仕事があるものか。

55
話し手の強い意志を表す。文末で使う。
V 辞書形+ものか

→ ~ものなら
もし~できたら
① 行けるものなら、ヨーロッバベ行ってみい。でも僕お金ないし、無理かな。
② 遊んでいられるものなら一年中遊んでいたいけれど。
話し手は、実現を希望しているが、実現できないだろうと思っている。
V 可能形+ものなら

→ ~ものの ~のに  ~けれども

① ハソコンを買ったものの、使い方がぜ

んぜんわからない。
② 優勝は逃したものの、銀メダルがもらえて満足だ。
③ 漢字の意味はよくわかるものの、発音ができなくて、困っているんです。
④ 釣った魚は大きかったものの、食べたらまずかったので、がっかりしてしまった。
V 普通形+ものの  い A 普通形+ものの  な A+な+ものの

→ ~たいものだ
とても~たいと思っている
① 若いうちにぜひ外国で 1 年ぐらい暮らしてみたいものです。
② 時間に追われない、ゆとりのある生活をしてみたいものだが。
③ 世界が協力して平和な世界を作り上げたいものだ。
強い希望を表す。一時的な願望ではなく、長く続く希望に使う。
×明日はデパートへ買物に行きたいものです。
○いつまでも若さと健康を保ちたいものだ。
V ます形+たい+ものだ

→ ~ようがない
~できない ~する方法がない

56
① アイスクリームを食べようとして、スプーンがないことに気がついた。これでは食べよう
がない。どうしよう。
② ひどい虫歯ですね。治しようがありません。もう抜くしかありません。
③ パソコンのデータがすっかり消えてしまった。どうしようもない。困った。
v+ます形+ようがない

→ ~ように
~ために
①8 時半のバスに間に合うように急いで家を出ました。
② 世界から戦争がなくなるように運動している平和団体がたくさんある。
③ 病気が治るように薬を飲んだら、かえって病気がひどくなった。
④ 忘れないようにちゃんとメモしておこう。
⑤5 時に起きられるように、目覚ましをセットした。
「~」:目的(話し手にはコントロ-ルできないこと)
「可能形」や「ない形」などが多い。
V 辞書形.ない形.可能形+ように

→~わけだ
~(の)は当り前だ   ~(の)は当然の結果だ
① また、テロがあったそうだ。空港の手荷物検査が厳重なわけだ。
②「この部屋寒いですね。」「寒いわけです。窓が開いています。」
③ 波が高いわけだ。台風が近づいているんだって。
④ 子供が 4 人もいるから、私は毎日がんばって働いているわけです。
い A+わけだ な A+な+わけだ  普通形+わけだ

→~わけがない
はずがない  当然~ない
① そんな難しいことが子供にわかるわけがない。
② 気が変わりやすいあの人が、転職しないで同じ会社に勤め続けるわけがないだろう。

57
③「私、また太った。いやだ。」「チョコレートばかり食べていたら太らないわけがないだ
ろう。」
強い否定的判断を表す。
V 普通形+わけがない  い A+わけがない  な A+な+わけがない  N+の.である+わ
けがない

→ ~わけではない
~のではない
① 人間は働くために生まれてきたわけではない。
② 退院しましたが、病気が治って退院したわけではないんです。もう治らないと言われたの
で…。
③ 梅雨には雨が降るけれど、ザーザー強く降るわけではありません。
④「クラスの学生は来ましたか。」「来ました。でも、全員来たわけではありません。」
⑤1)OOOOOOOO
Q:全部黒いですか。A:いいえ、全部黒くありません。
2)●○●○●●●●
Q:全部黒いですか。A:いいえ、全部黒いわけではありません。
白いのもありますよ。
部分否定
い A+わけではない  な A+な+わけではない  V 普通形+わけではない
~わけにはいかない

(~したいけれど)できない

① 試験の前だから、遊びたいけれ

ど遊んでいるわけにはいかない。
② そのころ、私は医者に酒を止められていたから、飲むわけにはいかなかった。
③ 国民は税金を納めないわけにはいかない。(納めなければならない)
④ 食費が高いからといって食べないわけにはいかない。(食べなければならない)
外部からの理由のために、したいことができない状況を表す。
「~ないわけにはいかない」=~なければならない
V 辞書形.ない形.ている形+わけにはいかない

→ ~わりに.~のわりに

58
~だけど  ~なのに  ~にしては
① 彼は、一生懸命勉強しているわりに成績があがらないので、がっかりしている。
②A 社は小さいわりに、労働条件がいいようだ。
③ その店は田舎のレストランのわりに、なかなかしゃれている。
「A(の)わりに B」=「B の状態は、A らしくない.A に合わない」という評価を表す。
V 普通形+わりに N+の+わりに い A 普通形+わりに な A+な+わりに

→ ~をきっかけに.~をきっかけとして(にして)
~(の)機会に ~(の)ときから ~を契機に
① 引っ越しをきっかけに、家具を買いかえた。
② 子供が生まれたのをきっかけに、たばこをやめることにした。
③ 町内のボランティア活動をきっかけにして、近所の人と親しくなった。
④ その事件をきっかけとして、第二次世界大戦がはじまったといわれる。
「A をきっかけに B」 A は、はじまりのとき.機会。
N+をきっかけに.きっかけとして.きっかけにして

→ ~をこめて(込めて)
 ~を中に入れて ~を含めて ~を一緒にして
① もう少し心をこめて歌うと、もっと人に感動を与えられま。
② ひな祭りは、子供が元気に成長するようにという願いをこめて行う。
③ ふたが開かないので、力をこめてひねったら開いた。
「~」:目に見えない抽象的なものに使うことが多い
N+をこめて

→ ~を中心に.~を中心として.~を中心にして
~が中心になって
① 今晩、東北地方を中心に大雪が降る恐れがあります。
② 日本は東京を中心として、鉄道が全国に延びている。

59
③ 子供が生まれると、親は子供を中心にして生活するようになります。
「~」重要なもの.主要なもの
N+~を中心に.~を中心として.~を中心にして

→ ~を通じて.~を通して
~を仲介にして   ~を手段にして
① 友人を通じて珍しい花を手に入れた。
② テレビニュースを通じて世界の株価の動きが手に取るようにわかる。
③ 子供たちは動物をかわいがることを通して、命の大切さを学ぶ。
「~」:手段.仲介するもの.間に入るもの
N+を通じて  N+を通して

→ ~を問わず
~に関係なく  ~にかかわらず
① 男女を問わず、だれもが働きやすい職場が必要だとされている。
② 収入の多少を問わず、だれでもこの施設が利用できる。
③ この作品展では、作品のいい悪いを問わずに全員の作品を展示してあります。
④ この会社では給料は、年齢を問わず、営業成績で決められる。
「~」:反対の意味をもつ 2 つの語を並べることが多い
N+を問わず

→ ~をぬきにして(は).~はぬきにして
~なしで
① 首相をぬきにしては会議がはじめられないので、首相が見えるまで待ちましょう。
② 宗教をぬきにしてこの国の文化を語ることはできない。
③ 冗談はぬきにして、まじめに話し合いましょう。
N+をぬきにして(は)  N+はぬきにして

60
→ ~をはじめ
第一に~、そして
① コンサートで歌手 A は最新のヒット曲をはじめ、25 の新曲を歌った。
ほうせき

② 有名な歌手の家にどろぼうが入り、現金をはじめ、宝石などが盗まれた。
③ 本日退社することになりました。社長をはじめ皆様には本当にお世話になりました。
「A をはじめ B、C...」。A は代表的なもの。
N+をはじめ

→ ~をはじめとする
「A をはじめとする B」A は代表的なもの。
① 新幹線をはじめとする交通機関が雪のためストップしています。
② 大学の講師をはじめとする「政治を変える会」の会員が活動を開始した。
ゆ しゅつ

③ この会社は、テレビをはじめとする家庭電化製品を輸 出 している。
N1+をはじめとする+N2

→ ~をめぐって.~をめぐる
~に関して  ~について
① 委員会のメンバーは教育問題をめぐって活発に話し合った。
② 政府の発表をめぐって様々な意見が出されている。
③ 今週の週刊誌は、大物スターの離婚をめぐるゴシップを扱っている。
「~」:問題.話題など
N+をめぐって  N1+をめぐる+N2

→ ~をもとにして

~に基づいて  ~を基礎にして
① これは歴史上の事実をもとにして書かれた小説です。
② 伝統の技術をもとにして、新しいものを作り出そうとする試みが行われている。
③ 長年かかってまとめた資料をもとにして、研究論文を書き上げだ。

61
④ この作家は子供のころの記憶をもとにして、小説を書いている。
「A をもとにして B」 A は B の材料.B を作るヒントになったもの
N+をもとにして

日本国国際 JLPT-日本語能力試験文法リスト 、
1級
類語: a synonym; 例文: an example sentence; 慣用: an idiom
参考: an additional reference; 注意: a warning when using the expression

~あっての
意味: Because of~(stress)
接続: [名]+あっての
例文: 日々の練習あっての勝利だ。
慣用: 「命あっての物種」
While there's life, there's hope.

~いかん
意味: depending on~
接続: [名 (-の) ] + いかん
例文: 試験の結果いかんでは、卒業できないこともある。
慣用: いかんともしがたい   < unfortunately can't do (no way one can do) >
    例文: 助けてやりたい気持ちはやまやまだが、私の力ではいかんともしがたい。
    いかんせん   < unfortunately (but) >
こうにゅう

よ さん

    例文: 新しいパソコンを購 入 したいのだが、いかんせん予算がない。

62
~いかんによらず / ~いかんにかかわらず / ~いかんを問わず
意味: regardless of~
接続: [名-の] + いかんによらず
例文: 理由のいかんによらず、殺人は許されないことだ。

~(よ)うが / ~(よ)うと
意味: even (if)~
接続: [動-意向形;い形-かろう;な形-だろう] + が
例文: 周囲がいかに反対ようが、自分でやると決めたことは最後までやりぬくつもりだ。

~(よ)うが~まいが / ~(よ)うと~まいと
意味: whether
接続: [動-意向形] +が+ [動-辞書形] +まいが
例文: 雨が降ろうが降るまいが、私は出かけます。

~(よ)うにも~ない
意味: want to ~ but can't
接続: [動-意向形] +にも+ [動-辞書形] +ない
例文: お金がなくて、新しいパソコンを買おうにも買えない。

~かぎりだ
意味: feel so~ ; feel very~
接続: [い形-い;な形-な;名-の]
例文: 山道で日が暮れて、心細いかぎりでした。

~が最後
意味: Once~(after beginning, stay that way)
接続: [動-た形]+が最後
例文: うちの息子は寝入ったが最後、雷が鳴ろうが地震が起ころうが、絶対に目を覚まさな

63
い。
類語: 「~たら最後」

~かたがた
意味: While~(at the same time)
接続: [名]+かたがた
例文: 無事に卒業できたので、恩師に報告かたがた、手紙を書いた。
類語: 「~かたがた」

~かたわら
意味: While~ ; Besides~
接続: [動-辞書形;名-の]+かたわら
例文: 私の母は自分が編み物を習うかたわら、人のも教えている。

~がてら
意味: While~ (at the same time)
接続: [動-ます形;名]+がてら
類語: 「~かたがた」 2級の「~を兼ねて」
例文: 散歩がてら、タバコを買って来よう。

~が早いか
意味: As soon as~
接続: [動-辞書形 / た形]+が早いか
類語: 「~なり」「~や / ~や否や」 2級の「~たとたん(に)」
例文: 私の顔を見るが早いか、彼は性急にしゃべりはじめた。

~からある / ~からの
意味: (emphasize size, amount, weight, length,etc.)
接続: [名]+からある
かた

かつ

例文: その男は30キロからある荷物をひょいと肩い担いだ。

64
注意: The preceding noun should express a physical amount/quantity.

~きらいがある
意味: Tend to~
接続: [動-辞書形;名-の]+きらいがある
けんこうかん り

おこた

例文: 多くのサラリ-マンは仕事を追われて、健康管理を 怠 るきらいがあると言われてい
る。

~極まる / ~極まりない
意味: be extremely~
接続: [な形-○]+極まる
例文: 信号を無視して突っ走るなんて、危険極まる行為だ。
参考: 「~きわめて」

~ごとき / ~ごとく
A 意味: Look like~ ; Be like~
 接続: [動-辞書形 / た形]+(が)+ごとき  [名-の]+ごとき
 例文: その少年は飛ぶがことき勢いで、駆け去った。
B 意味: And the like~
 接続: [名]+ごとき
 例文: おれの気持ちが、お前ごときにわかるものか。
注意: Nouns follow the expression 「~ごとき」, verbs, adjectives, or adverbs follow 「~ご
とく」

~こととて
意味: Because~
接続: [動・い形・な形・名]の名詞修飾型+こととて <動詞否定型「ない」sometimes
becomes「ぬ」>
例文: 何も知らぬこととて、失敗をいたしました。

65

~ことなしに
意味: With out~
接続: [動-辞書形]+ことなしに
例文: よいお返事をいただくことなしに、帰るわけにはまいりません。

~しまつだ
意味: End up(becoming)
接続: [動・い形・な形・名]の名詞修飾型(現在形)+しまつだ
<often used together with 「この」「その」「あの」>
例文: 弟は昔から両親に手を焼かせていましたが、ついに家出をして、警察のやっかいにま
でなるしまつです。

~(で)すら
意味: Even~
接続: [名(-で)]+すら
例文: 彼女は寝る時間ですら惜しんで、研究に没頭している。

~ずくめ
意味: Only~ ; Just~
接続: [名]+ずくめ
例文: 試験には合格するし、恋人はできるし、いいことずくめですね。

~ずにはおかない
意味: Certainly~ ; Surely~ ; Do without fail~
接続: [動-ない形]+ずにはおかない [する] becomes ~せずにはおかない
例文: そんなことをしてみろ。痛い目にあわせずにはおかない。
類語: 「~ないではおかない」

66
~ずにはすまない
意味: Can’t help…ing
接続: [動-ない形]+ずにはすまない ;[する]becomes [せずにはすまない]
類語: 「~ないではすまない」
例文: 部下の失敗に対して、上役は責任をとらずにはすまないものだ。

~そばから
意味: As soon as~(show a condition in which the same thing repeats again and again)
接続: [動-辞書形 / た形]+そばから
類語: 「~はしから」
例文: 庭をきれいに掃くそばから落ち葉が散ってくる。

ただ~のみ
意味: Only
接続: ただ+[動-辞書形;い形-い;名]+のみ
例文: 今はただ事故にあった方々の無事を祈るのみです。

ただ~のみならず
意味: Not only~
接続: ただ+[動・い形・な形・名]の普通形+のみならず
    <(な形-だ)becomes (である) ; (名)omits (だ) or becomes (である)>
例文: 彼女は、倒れていた老人をただ介抱したのみならず、家まで送り届けたそうだ。

~たところで
意味: (even) if ; though
接続: [動-た形]+ところで
例文: 今さらぐちを言ったところで、どうにもまらない。
~だに

67
A 意味: Only~ ; Just~
 接続: [動-辞書形]+だに
 例文: 科学の力で同じ遺伝子を持つ人間を造り出すなど、考えるだに恐ろしいことだ。
そうぞう

 注意: Used together with verbs like 「創造する」「思い出す」「思う」「聞く」
                 「口に出す」etc.
B 意味: Even~
 接続: [名]+だに
 例文: 人類が月に行ける日がくるなんて、100年前には想像だにしなかったことだ。
 慣用: 「夢にだに思わなかった」Not in one's wildest dreams

~たる
意味: Be~ ; As a~ ; is~
接続: [名]+たる+[名]
例文: 教師たる者、学生に対して常に公平であるべきだ。

~たりとも
意味: Even~ (emphasize something being small, few, weak,etc.)
接続: [名]+たりとも
例文: もう時間がない。1分たりとも無駄にできない。

~っぱなし
意味: Leave something as it is
接続: [動-ます形]+っぱなし
例文: 新幹線が込んで、大阪から東京までずっと立ちっぱなしだった。

~つ~つ
意味: ~and ~and
接続: [動―ます形]+つ+[動―ます形]+つ
例文: ラッシュアワーの車内で、乗客は押しつ押されつしている。

68
注意: need two verbs that oppose each other.

~であれ
意味: Even~
接続: [名]+であれ
例文: たとえ国王であれ、国民すべてを従わせることができるわけではない。

~であれ~であれ
意味: Whether~
接続: [名]+であれ+[名]+であれ
例文: 正社員であれパ-トであれ、仕事に対する責任は変わりません。

~てからというもの
意味: Since~
接続: [動-て形]+からというもの
例文: 娘が帰ってきてからというもの、年老いた父親は見違えるほど元気になった。

~でなくてなんだろう / ~でなくてなんであろう
意味: Absolutely~
接続: [名]+でなくてなんだろう
例文: 自分の命を犠牲にして多くの人を救ったあの男が英雄でなくてなんだろう。

~ではあるまいし / ~じゃあるまし
意味: Not ~ so ~
接続: [動-辞書形 / た形;名]+ではあるまいし
例文: 冬山登山をするのではあるまいし、大げさな格好は要りません。
注意: 「~じゃあるまいし」is for conversations

~てやまない

69
意味: Be very~
接続: [動-て形]+やまない
例文: お二人の幸せをお祈りしてやまない。
注意: Often used together with verbs like 「祈る」「願う」「期待する」

~と相まって
意味: in cooperation with~ ; combined with~
接続: [名]+と相まって
かんきょうはかい

あい

みず

くうき

おせん

すす

例文: 環境破壊と相まって、水や空気の汚染が進んでいる

~とあって
意味: Because~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+とあって  < often [な形・名] don't use [だ]>
例文: 人気スタ-がやってくるとあって、大勢の人達が待ち受けていた。

~とあれば
意味: If~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+とあれば  < often [な形・名] don't use [だ]>
えんらい

うで

ちそう

ようい

例文: 遠来の客が来るとあれば、腕をふるってご馳走をたくさん用意しょう。

~といい~といい
意味: Both ~ and ~
接続: [名]+といい+[名]+といい
例文: このドレス、色といいデザインといい、お客様によく似合いです。
参考: ~といわず~といわず Both~and~, moreover everything else
手といわず足といわず、引っかき傷だらけです。

70

~というところだ / ~といったところだ
意味: Generally~
接続: [動-辞書形;名]+というところだ
例文: ゴールデンウイークといっても、我が家ではせいぜい日帰りで郊外に出かけるという
ところだ。

~といえども
意味: However~, But~, Though~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+といえども  < often [な形・名] don't use [だ]>
例文: 近年、医学がめざましく進歩したといえども、病人の数は減少傾向にはない。
類語: 「~とはいえ」
慣用: 老いたりといえども  Despite being old~
老いたりといえども、まだまだ若い者には負けないつもりだ。

~といったら(ありはし)ない
意味: Be very~
接続: [動-辞書形;い形―い;な形-(だ);名-(だ)]+といったら(あらはし)ない
例文: このところ残業続きで疲れるといったらない
注意: 「~といったらありゃしない」「~ったら(ありゃし)ない」Conversational only. Used
when outcome is not good.

~思いきゃ
意味: Think~but~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+と思いきゃ  < often [な形・名] don't use [だ]>
ぜんしん

つづ

おもう

り - だ -

たいきゃく

めいれい

はっ

例文: 前進を続けると 思 いきゃ、リ - ダ -は 退 却 の命令を発した。

71
~ときたら
意味: (~は) <topic marker>
接続: [名]+ときたら
例文: あいつときたら、いつも遅れて来るんだから。頭にくるよ。

~ところを
意味: When ; Although
接続: [動-辞書形 / た-形;い形-い;な形-な;名-の]+ところを
例文: その試合は、もう少しで終わるところを、雨で中断された。

~としたところで / ~としたって / ~にしたところで / ~にしたって
意味: Even if~ ; Though~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+としたところで  < often [な形・名] don't use [だ]

例文: 全員が参加するとしたところで、せいぜい30人位だ。
類語: 「~たところで」
注意: 「~したって・~にしたって」spoken language

~とは
意味: Be so~ ; So much~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+とは  <sometimes [な形・名] don’t use [だ]>
例文: こんな失敗をするとは、我ながら情けない。

~とはいえ
意味: Though~, Although~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+とはいえ  < often [な形・名] don't use [だ]>
例文: 向こうの言い分を分かったとはいえ、心から納得したわけではない。
類語: 「~といえども」

72
~とばかりに
意味: Instead of saying(doing) ~
接続: [動-普通形 / 命令形]+とばかりに
    [い形・な形・名]の普通形+とばかりに  < often [な形・名] don't use [だ]>
とうじょう

きゃくせき

はくしゅ

例文: 彼女が舞台に 登 場 すると、 客 席 から待っていたとばかりに大きな拍手が起こった。
参考: 「~と言わんばかりに」
     ・彼は何も聞きたくないと言わんばかりに、ぷいと横を向いた。

~ともなく / ~ともなしに
意味: Without~
接続: [動-辞書形]+ともなく
例文: 見るともなくぼんやり外を見ていたら、不意に大きなカラスが飛んできた。
注意: often the same verb will come before and after 「~ともなく」

~ともなると / ~ともなれば
意味: When (if) something becomes~
接続: [動-辞書形;名]+ともなると
例文: 急に外国へ行くともなると、準備が大変でしょう。

~ないではおかない
意味: Certainly~ ; Surely~ ; Without fail~
接続: [動-ない形]+ないではおかない
例文: 今度こそ、本当のことを言わせないではおかないぞ。
類語: 「~ずにはおかない」

~ないではすまない
意味: Can't help…ing

73
接続: [動-ない形]+ないではすまない
例文: あんな高価な物を壊したのだから、弁償しないではすまない。
類語: 「~ずにはすまない」

~ないまでも
意味: While one can’t~
接続: [動-ない形]+ないまでも
あや

例文: 彼が犯人だと断定できないまでも、いろいろと怪しいところがある。

~ないものでもない
意味: possibility of~
接続: [動-ない形]+ないものでもない
例文: 難しいけれど、何とか工夫すれば、できないものでもないだろう。
類語: 「(2級)~ないこともない」

~ながらも
意味: But~ , However~ , Though~ , Although~ , Yet~
接続: [動-ます形 / ない形-ない;い形-い;な形-○;名]+ながら
例文: その職人は古い伝統を守りながらも、新しい工夫を重ねている。

~ながらに
意味: While~ (in a certain condition)
接続: [動-ます形;名]+ながらに
例文: インターネットを活用すれば、居ながらにして世界中の情報を手に入れることがけき
る。
注意: Verbs such as 「居る」、「生まれる」、「生きる」etc, and nouns such as 「涙」、
「昔」etc are often used.

74
~なくして(は)
意味: Without~ ; Must have~
接続: [名]+なくして
例文: 人々の信頼なくして、リーダーの務めは果たせない。

~なしに(は)
意味: Without~ ; Unless~
接続: [名]+なしに
例文: ノックなしに私の部屋に入らないでください。

~ならでは
意味: (none, nothing) but~ ; except~
接続: [名]+ならでは
例文: こんな新しい発想はあのデザイナーならではのものです。

~なり
意味: As soon as~
接続: [動-辞書形]+なり
例文: 友人は部屋に入って来るなり、どっかりと腰をおろした。
いな

類語: 「~が早いか」「~や / ~や否や」「(2級)~たとたん(に)」

~なりに / ~なりの
意味: As~ , In response to~ , Suitable to~ , Becoming of~ , be appropriate to~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+とはいえ  < [な形・名] don't use [だ]>
例文: 収入が増えれば増えたなりに、支出も多くなっていく。
参考: 「それなりに」
注意: Verbs, Adjectives, Adverbs are used following「~なりに」, Nouns are used
following「なりの」

75

~なりに / ~なりの
意味: As~ , In response to~ , Suitable to~ , Becoming of~ , be appropriate to~
接続: [動・い形・な形・名]の普通形+とはいえ  < [な形・名] don't use [だ]>
例文: 収入が増えれば増えたなりに、支出も多くなっていく。
参考: 「それなりに」
注意: Verbs, Adjectives, Adverbs are used following「~なりに」, Nouns are used
following「なりの」

~に(は)あたらない
意味: need not to (do)~
接続: [動-辞書形;名]+に(は)あたらない
じつりょく

じゅしょう

例文: 彼の 実 力 を考えると、今回の彼の 受 賞 も驚くにあたらない。

~にあって
意味: In, At, On (~に;~で)
接続: [名]+にあって
例文: 彼女は戦争中、思想統制下にあってなお、自由な精神を持ち続けた。

~に至る / ~に至るまで / ~に至って(は) / ~に至っても
意味: become~ (~になる)
接続: [動-辞書形;名]+に至る
例文: 兄が起こした会社は発展を続け、海外に支店を出すに至った。
慣用: 「ことここに至っては」(after things turn bad)is there anyway to change the
current situation
ことここに至っては戦いは避けられない。

76

~にかかわる
意味: Be concerned in(with), be involved in(with), affect~, concern~
接続: [名]+にかかわる
例文: 彼は交通事故で、命にかかわる大けがをしたそうだ。

~にかたくない
意味: Easily do~
接続: [動-辞書形;名]+にかたくない
例文: 子供を亡くした親の悲しみは、察するにかたくない。
注意: Often used together with verbs like 「察する」「想像する」

~にして
接続: [名]+にして
A 意味: Therefore~ ; So~ ; Because~
例文: この味は経験を積んだプロの料理人にしてはじめて出せる味だ。
B 意味: At the same time~
例文: 彼は出版社の会長にして詩人でもある。

~にそくして / ~にそくした
意味: In response to~
接続: [名]+にそくして
い はんしゃ

ほうりつ

そく

しょぶん

例文: 違反者、法律に則して処分されます。
注意: Verbs, adjectives, or adverbs will follow 「~にそくして」、Nouns will follow「~にそ
くした」。
そく

Facts, experience, etc. use 「~に即して」Laws, rules, etc. use「~に則して」

77

~に足る
意味: Be deserving(worthy) of~
接続: [動-辞書形;名]+に足る
例文: あの人は信頼するに足る人物です。
参考: 「~に足らない / ~に足りない」
Be not worthy, be unimportant,

~にたえない
A 意味: Can't stand~
接続: [動-辞書形]+にたえない
 例文: 最近、見るにてないほどひどい番組がある。
B 意味: Feel strongly about~
 接続: [名]+にたえない
例文: いろいろお世話になりまして、感謝にたえない

~にたえる
意味: Be equal to~
接続: [動-辞書形;名]+にたえる
例文: 趣味で始めた焼き物だが、ようやく市販するにたえる作品ができるようになった。

~にひきかえ
意味: if~ (when you compare~ the opposite happens)
接続: [動・い形・な形]の名詞修飾型+の+にひきかえ ; [名]+にひきかえ
<[名・な形] sometimes use [~である+の]>

78
い りょうひん

うり あ

例文: 先月は食料品の売上げが著しく伸びたのにひきかえ、衣 料 品の売上げが落ち込ん
だ。

~にもまして
意味: more than~
接続: [動・い形・な形]の名詞修飾型+の+にもまして ; [名]+にもまして
<[名・な形] sometimes use 「~である+の」>
例文: 試合に勝ったのにもまして、全力を出しきれたことを誇りに思う。

いた

~の至り
意味: the height (of folly)
接続: [名]+の至り
りっ ぱ

しょう

こうえい

いた

例文: こんな立派な 賞 をいただきまして、光栄の至りです。
参考: 「若気の至り」be carried away by one's youthful enthusiasm

きわ

~の極み
意味: Be the utmost~
接続: [名]+の極み
て つ や や

ひろう

きわ

たっ

例文: 徹夜焼きで疲労の極みに達している

~はおろか
意味: Let alone~ ; Not to mention~
接続: [名]+はおろか

79
例文: うちの弟は内気で、人前スピ-チはおろか簡単あいさつさえできない。
類語: 2級「~どころか」
注意: Often used in expressions to place a strong emphasis on the subject(ex . A はおろか B
も / さえ / まで)
When comparing A and B, there should be a difference in the two values
The resulting sentence will often be negative. In this event A should be given the higher value.

~ばこそ
意味: (stress the cause or reason in a conditional)
接続: [動―ば・い形―ければ・な形-であれば・名-であれば]+こそ
例文: 優勝できたのは、チーム全員も協力あればこそだ。

~ばそれまでだ
意味: If~then it’s the end
接続: [動-ば]+それまでだ
例文: 長年勤めた会社だが、退職してしまえばそれまでだ。
類語: 「~たらそれまでだ」

~ひとり~だけでなく / ~ひとり~のみならず
意味: Not only~
接続: ひとり+[動・い形・な形]の名詞修飾型+だけでなく ; ひとり+[名]+だけでなく
<sometimes [名・な形] use 「~である」;for「~のみならす」[な形] uses 「~である」>
例文: リーさんのかかえている問題は、ひとり彼女が悩んでいるだけでなく、他の留学生達
にも共通の問題である。

~べからざる
意味: Should not~
接続: [動-辞書形]+べからざる <「する」 becomes 「~すべからざる」>

80
せいじん し ていえい が

例文: 成人指定映画は青少年の見るべからざるものです。
注意: a noun will come after 「~べからざる」

~べからず
意味: Must not~ (used on notices, signs, etc to show that something is forbidden)
接続: [動-辞書形]+べからず <「する」becomes 「~すべからず」
しば ふ

例文: 芝生に立ち入るべからず。

~べく
意味: with the intention of doing~
接続: [動-辞書形]+べく <「する」becomes 「~すべく」>
ぼ こう

例文: 恩師に会うべく、久しぶりに母校を訪れた。

~まじき
意味: Must not~ ; Can not~
接続: [動-辞書形]+まじき <「する」becomes 「~すまじき」>
例文: 弱い者をいじめるなんて、許すまじきことです。
注意: a noun will come after 「~まじき」

~まで(のこと)だ
A意味: No way(choice) but~
 接続: [動-辞書形]+まで(のこと)だ
 例文: 留守なら仕方がない。ここで帰って来るのを待つまでだ。
B意味: Only~ ; Just~
 接続: [動-普通形]+まで(のこと)だ

81
 例文: 君にはあまり関係ないかもしらないが、念のため知らせたまでのことだ。

~までもない / ~までもなく
意味: No need to~
接続: [辞書形]+までもない
例文: そんな簡単な用意のために、わざわざ行くまでもない。
慣用: 「~言うまでもない / ~いうまでもなく」It goes with out saying~ / Needless to say~
今さら言うまでもなく、学生の本分は勉強です。
注意: 「~までもない」can be used at the end of a sentence or afterwards a noun will come.
Following 「~までもなく」a verb, adjective, or adverb will come.

~まみれ
意味: be covered in~ ; be stained with~
接続: [名]+まみれ
みなどろ

例文: どしゃ降りの中で試合が続き、選手達は皆泥まみれだ。

~めく
意味: look(like)~ ; seem(to be)~ ; have an air (of)~
接続: [名]+めく
の やま

うすみどり

はる

例文: 野山が薄 緑 になり、すっかり春めいてきた
注意: 「~めく」is used just as a group 1 verb

~もさることながら
意味: Not only~
接続: [名]+もさることながら
例文: 両親の意向もさることながら、子供自身が有名校にあこがれている。
~ものを

82
意味: Should have~ ; Ought to have~ ; I tell you~ ; Why don't [didn't] you~
接続: [動・い形・な形]の名詞修飾型+ものを
例文: 早く言えばいいものを、何も言わないだから。
注意: The following sentence will be a fragment(omission)

~や / ~や否や
意味: As soon as~
接続: [動-辞書形]+や
例文: エレベ-タ-のドアが開くや、猫が飛び出してきた。
類語: 「~が早いか」「~なり」「(2級) ~たとたん(に)」

~ゆえ(に)/ ~ゆえの
意味: So (that)~ ; consequently~, therefore~, hence~
接続: [動・い形・な形・名]の名詞修飾型+ゆえ  < often [な形・名] don't use [だ]>
しょう こ

ゆうざい

例文: 動かぬ 証 拠があるゆえ、有罪が確定した。
注意: 「~がゆえ」is sometimes used. Following 「~ゆえ(に)」, a verb, adjective, or
adverb will come.
Following「~ゆえの」a noun will come. As a conjunction 「~ゆえ(に)」can be at the head
of a sentence.
我思う。ゆえに我有り。<I think therefore I am>

~をおいて
意味: No other~than~
接続: [名]+をおいて
例文: 彼をおいて議長適任者はいない。
注意: Often 「~をおいて~ない」is used

~を限りに

83
意味: As the last~
接続: [名]+を限りに
例文: 今日を限りに、この学校ともお別れです。
類語: 「~限りで」
参考: 「~を限りに / ~の限り」To the limit , As much as possible
声を限りに叫んでいる <scream at the top of one's voice(lungs)>

~を皮切りに(して) / ~を皮切りとして
意味: Start (begin) by doing~
接続: [動-辞書形 / た形]+の+をかわきりに ; [名]+を皮切りに
しゅえん

かわ き

例文: 朝の連続ドラマに主演したのを皮切りに、彼女はスターへの道を歩み始めていた。

~を禁じ得ない
意味: Can’t help…ing
接続: [名]+を禁じ得ない
例文: 彼女の身の上話を聞いて、涙を禁じ得なかった。

~をもって
接続: [名]+もって
A 意味: By means of~
ゆうしょう

例文: 彼は人一倍の努力をもって 優 勝 カップを手にすることができた。
B 意味: At
えいぎょう

 例文: 本日の営 業 は午後7時をもって終了いたします。
注意: 「~をもちました」can be used as a polite expression

~をものともせずに
意味: disregarding~

84
接続: [名]+をものともせずに
たびかさ

う ちゅうかいはつけいかく

すす

例文: 度重なる失敗をものともせずに、宇 宙 開発計画が進められている。

~を余儀なくされる / ~を余儀なくさせる
意味: Be forced to~
接続: [名]+を余儀なくさせる
ろうどうしゃ

ちんぎん

例文: 不況のため労働者は 賃 金カットを余儀なくされてしまった。

~をよそに
意味: disregarding~
接続: [名]+をよそに
例文: 住民の不安をよそに、原子力発電所の建設工事が始まった。

~んがため(に) / ~んがための
意味: In order to~
接続: [動-ない形]+んがため <「する」becomes 「~せんがため」>
例文: 試験に合格せんがため、この1年間努力を続けてきた。
注意: Verbs, adjectives, adverbs, follow 「~んがため(に)」Nouns follow「~んがための」
~んばかりだ / ~んばかりに / ~んばかりの
意味: Look as if <it> is going to… , be on the point of doing(being)
接続: [動-ない形]+んばかりだ 「する」becomes「せんばかり」
がい ろ じゅ

えだ

例文: 大風が吹いて、街路樹の枝が今にも折れんばかりだ。
注意: 「~んばかりの」can be used at the end of a sentence or afterwards a noun will come.
Following 「~んばかりに」a verb, adjective, or adverb will come.

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful