You are on page 1of 1

ヤンゴン、エヤワディ、ヒンタダ、ペ―ク―、ピ―、

ラカイ、タウンコッ市などに逃げ隠れました。軍犬(軍 山々を越え、荒れる海を上々に行き渡って、 民
アシンタワダ 人のこと)が噛まれて死にたいくない。タウンコッ市の 主化勢力の影が映画のようになって来ました。
2007 年のサンフラン革命
サンフラン革命 民主化の支援者の助けで 2008 年厳しい海を渡り、愛国 今は古い道を捨てって、信大がある新たな計画
自由と
自由 と平和、
平和、国民の
国民の生活の
生活の為 の地を離れバンガラディシュに入り、居った先々で熱 に切り替え、政治運動とは危険があります。
心に活動し、僧侶達の血、国民の涙、忘れず軍事政権 私達僧侶は、世界の様々に分別される地位に仏教の
を戦っい。現在、タワラ僧はインドに滞在し、軍政を 教えで冷静に、男女の行為や社会の人々の安全性、
様々な手段から戦っています。体が痛んでも心は痛ま 平和、自由の地域になってほしい。
ないように五蘊を自分の物と持っじゃいけない。

サンフラン革命の指導者であるアシンタワラ僧侶は
1984 年 1 月 12 日朝 7:00 時(土)に夕方に父ウ―トン
五蘊を思いにしじゃいけない。悲しいことを思い込ん 軍事政権は経済を握り続け、貧欲が深い、瞋恚と物
ウィンさん、母ドウラチンさん、エヤワディ管区ピ
むことになる。上の説を心に刻みミャンマ―民主化の 欲しい意志と欲しがることや無駄なことを無くし
ャポン郡チョンバン村 9 長屋地区で生まれました。農
勢力は自分、自分の民族、自分の国と思い込んじゃい て、中央行進が間違えなく世界の平和と自由を実現
家で育って兄弟 8 人の内四番目で三男です。実名はマ
けない。その三つの物を自分のと持っていると解決に できる。
ウントンエィと申します。
ならない、目標にも達成できない。三つについて皆さ 現在の技術やデジタル政界は世界の変化に新世代の
1988 年 7 月 20 日にピャポン郡小学校に卒業し、1992
んと中良く話し合って会談すれば目標ができます。 役割はなんですか、ニュ―ス情報やテキニク技術の
年にテエアエンチョンズ、テエゼィンタヤマ寺院の
挑戦に入り込むことで宗教の教えが世代を越え、青
ウワンティタ大僧に小僧として授業し仏教を修業
年モデル新世代の指導、様々な物質に欲が連れか
し、3 ヶ月後カヤン市小学、中学、高校、カインゴン
れ、心も壊れてくいく、新社会作りをますぐに行く
パ―リ大学のウ―ケタヤ大僧で修業してパヤジカン
為新世代は何が問題かと言う声が聞こえている。
教典などを学び卒業しました。1998 年にマソイェン
軍事政権が経済を握り続け、貧欲が深い、瞋恚と物
寺院のウ―ヤザダマ大僧にティラカンティ経典、ア
欲しい意志と軍の欲が深い、無勉強なことを無くし
タタ―ニティ経典を学び、2003 年にダマサディヤ証
て、中央行進で世界の平和と自由を実現する。
書を頂きました。
軍事政権の残酷的な行為では国民が望む民主化にな
私達僧侶の仏様は死ぬ前、世界に現世、来世の利益の らない。軍政の 2010 年の総選挙は問題である国民
為本当の真実の仏陀物語を残されていました。 和解が出来るはずがない。まず解決には会談が必要
優秀で心が穏やかに実現ができる僧侶、学生、国民に です。軍政、NLD、民族勢力が話し合って国と国
仏教が発展することを最初に促進し、陛下の城から村 民のことを考え、今後の民主化に平和、自由、人権
人の小屋まで四諦を知ってもらいました。僧侶達も民 などを考えてから選挙を行うべきです。
主化の基本である平和望み、計画を立って知らない 国際社会と国民の声を無視して一方的な独裁を続け
人々の地域に入って手を捧げ、人渡って る軍政にビルマ国民と国際社会が批判することにな
る。日本政府をはじめ仏教団体も一方的なミャンマ
アシンタワラは 2007 年 9 月サンフラン革命後 10 月 Ven U Htarwara ―独裁政権の暴力な行為に協力しないで下さい。宜
25 日軍政の宣伝や国営チエモン新聞にアシンタワラ General Secretary All Burma Monks
Representative Committees (ABMRC) しくお願い致します。
さんは偽装の僧侶であると書かれ、1/2007 でトラミ Contact Address: Top Floor,
ィンアウン宗務大臣がサンガ連盟大僧に話しを打ち House no 204, JG 2
Vikaspuri, New Delhi-110018
上げ指名手配し、10 万チャトと携帯電話を賞金にる India, Mobile No: +919953208002
E Mail: uthavara@gmail.com
と発表しました。その後アシンタワラに軍事諜報が Blog: http://asninhtavara
大至急探していましす。