You are on page 1of 10

380217

掲載日:2006/09/27
 ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深め 【ニューテック】オールinワン
NAS「EvolutionII SATA NAS/GS
ることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマ「シリアル&パラレルインターフェー 3U」
ス」の今編では、高速化を追求して登場したIEEE1394、USBから次世代インターフェースと
掲載日:2006/09/25
して期待されるシリアルATAとSerial Attached SCSIまでを一気に紹介する。新しい時代のイ 【ソフトバンク・テクノロジー】ダーク
ンターフェースを概観していこう。 ファイバー接続ソリューション「BB
WAN/FC」

掲載日:2006/09/20
【ネットワールド】Symantec Backup
Exec System Recovery 6.5
パラレルI/F全盛期の面影を追う! シリアルの雄「USB」と新規格「SAS」の
全容 掲載日:2006/09/19
掲載日:2006/09/12 【リバーベッドテクノロジー】WAN高
速化装置「Steelhead」
掲載日:2006/09/26
掲載日:2006/09/11
【富士通】メール・アーカイブ・ソリュー
ション

掲載日:2006/09/11
【シマンテック】Enterprise Vault
 1996年、USB Implementers Forumが28F 1.0を発表したことでシリアルインターフェー
スが注目されるようになり、2000年のUSB2.0の発表と、IEEE1394の標準化でその流れ 掲載日:2006/09/11
は確実なものとなった。一方、もっとも高速転送の要求度が高いストレージインター 【ビック東海】OneOffice Mail
Solution
フェースの世界でも、2003年のシリアルATAとSerial Attached SCSI(SAS)の標準化で、
次世代ストレージのインターフェースはほぼシリアル方式で決着がついた。今年以降の 掲載日:2006/09/11
【エアー】WISE Audit
近未来については、当分SASロードマップに従って推移していくものと思われる。PCの
周辺機器ではワイヤレスUSBが最大の注目株である。 掲載日:2006/09/11
【NECソフト】GUARDIANWALL

掲載日:2006/09/07
【新日鉄ソリューションズ】統合データ
センター

掲載日:2006/09/07
【住商情報システム】Revolution
220T/TX

掲載日:2006/09/05
【デル】アーカイブ・ソリューション
(ファイルサーバ/メールサーバ)

掲載日:2006/09/04
【シマンテック】Symantec Mail
Security

掲載日:2006/08/30
【日本アイ・ビー・エム】SANボリュー
ム・コントローラー

掲載日:2006/08/29
【日本オラクル】Secure File Server

掲載日:2006/08/25
【EMCジャパン】EMC CLARiX(クラ
リックス) AX150i

掲載日:2006/08/22
【ニューテック】SAS/SATAIIベースの
高性能ハードウェアRAID「Sweeper
Stor」

掲載日:2006/08/22
【富士通】ETERNUS8000 /
ETERNUS4000

掲載日:2006/08/11
【ニイウス】ニイウス メールアーカイブ
サービス

掲載日:2006/08/10
【コアマイクロシステムズ+他】常時
バックアップソリューションCDP

掲載日:2006/08/09
【日本ヒューレット・パッカード】HP
StorageWorks テープ製品&HP
StorageWorks DPX

掲載日:2006/08/03
【ソフトバンクBB 】HP StorageWorks
Ultrium テープドライブ

掲載日:2006/07/20
【日本ネティーザ】DWHアプライアン
ス Netezza Performance Serverシリー

掲載日:2006/07/13
【丸紅ソリューション】NetApp
FAS6000シリーズ

掲載日:2006/06/30
【サン・マイクロシステムズ】Sunガッタ
イ・バックアップ・ソリューション

掲載日:2006/06/23
【日本CA】BrightStor ARCserve
Backup r11.5

こちらのコンテンツをご覧頂くには、最新のFLASHプレイヤーが必要です。 掲載日:2006/06/20
ダウンロードはこちらから 【富士通】ETERNUS8000 /
ETERNUS4000

掲載日:2006/06/20
【日本ストレージ・テクノロジー、サン・
マイクロシステムズ】Dr.ストレージの
NAS導入講座
 2000年代に入ると、コンピュータのインターフェースはパラレルインターフェースからシリア 掲載日:2006/06/19
ルインターフェースへと急速に移行しているように見えるが、その背景には一体どんな理由 【デジタルテクノロジー】Data Direct
Networks S2A9500
が隠されているのだろうか。
掲載日:2006/06/15
【ニューテック】EvolutionII Desktop

掲載日:2006/06/14
 まず、現在のインターフェース市場全体の様子を図1で確認してもらおう。青色のインター 【日本アイ・ビー・エム】電子メール監
査ソリューション
フェースはパラレル方式を表していて、緑色のインターフェースはすべてシリアルインター 「CommonStore+Content Manager」
フェースを表している。このように、ホストインターフェース(PC内部の基板で使われているイ
掲載日:2006/06/14
ンターフェース)も、プリンタやスキャナ、ビデオ機器といった周辺機器インターフェースも、 【東日本電信電話+他】監視カメラソ
そしてディスク関連のストレージインターフェースも、すべてシリアルインターフェースへと移 リューション
行しているのである。
掲載日:2006/06/12
【シマンテック】Symantec Mail
Security
図1  インターフェースの変遷
掲載日:2006/05/31
【アイシロン・システムズ】Isilon IQ シ
リーズ

掲載日:2006/05/31
【日本オラクル】Oracle Data Guard

掲載日:2006/05/17
【富士
通】ETERNUS8000、ETERNUS4000

掲載日:2006/05/11
【日立インフォメーションテクノロ
ジー】NCS-Forensic NAS
掲載日:2006/05/10
【EMCジャパン+他】「 VMware」+
「CLARiXシリーズ」サーバー仮想化
ソリューション

掲載日:2006/04/26
【富士
通】ETERNUS8000、ETERNUS4000

掲載日:2006/04/26
【デル】Dell ERP短期導入パッケー
ジ for SAP Business One

掲載日:2006/04/18
【日本ヒューレット・パッカード】HP
StorageWorks 6000 Virtual Library
System

掲載日:2006/03/30
【NTTデータ先端技術】d'solna

掲載日:2006/03/29
【デジタルテクノロジー】NASクラスタ
で高速ファイルサービスを提供する
「IBRIX  Fusion」

掲載日:2006/03/27
【マイクロソフト】Windows Server 2003
R2

掲載日:2006/03/27
【アイ・アイ・エム】仮想テープ装置
「REO4000」

掲載日:2006/03/22
【日本シーゲイト】低コスト・大容量・
2資料提供:アダプテックジャパン) 高信頼ドライブ「NL35シリーズ」

掲載日:2006/03/22
【アイ・アイ・エム】仮想テープ装置
「REO1000」

掲載日:2006/03/20
 それでは、なぜパラレル方式からシリアル方式へ、インターフェースは移行するようになっ 【ニューテック+他】Z-BYS
STEALTH
たのだろうか。まず、パラレル方式がかつて広く採用された理由を挙げてみると、次のように
なる。 掲載日:2006/03/20
【シマンテック】災害対策ソリューショ
ン(VERITAS Storage Foundationファ
ミリー)

・一度に送るデータ量を増やすことで高速伝送を実現できた。 掲載日:2006/03/08
【日本電気】ファイルサーバソリュー
・PC内部のデータがパラレル処理なので、インターフェースの設計が容易だった。 ション
・複数の機器でインターフェースを共有しやすかった。
掲載日:2006/03/07
【日本アイ・ビー・エム】SAP R/3 デー
タ・アーカイブ「IBM CommonStore
 しかし、そのパラレルインターフェースにも次第に限界が見え始めてきた。それはシリコン for SAP」
デバイス(半導体チップ)の進化により電気信号の高速伝送が可能になってきた現在、図2
掲載日:2006/02/28
に示すように、パラレル転送時の各ビットの到達速度のばらつきが目立つようになってきたの 【ネットジャパン】バックアップソリュー
/ShadowProtect IT Edition
である。そして、このばらつきを吸収するために伝送速度を制限しなければならなくなり、パ ション
ラレル方式というアーキテクチャ自体が大きな課題を抱えていることがクローズアップされて 掲載日:2006/02/20
きたのである。 【シマンテック】Backup Exec 10d for
Windows Servers

掲載日:2006/02/15
図2  パラレル転送の各ビットの到達速度のばらつき 【EMCジャパン+他】クライアント PC
バックアップ・ソリューション

掲載日:2006/02/13
【トリニティーセキュリティーシステム
ズ】バックアップ専用サーバ「Scalable
BAS250Plus」

掲載日:2006/02/10
【レノボ・ジャパン】ThinkPad Z60シ
リーズ

掲載日:2006/02/10
【日本ストレージ・テクノロジー】Dr.ス
(資料提供:アダプテックジャパン) トレージのiSCSI講座
 一方、シリアルインターフェースは、次に挙げる理由で再び採用され始めた。 掲載日:2006/02/07
【プロトン】Acronis True Image 8.0
Server for Windows

掲載日:2006/02/07
・シリコンデバイスの進化により電気信号の高速伝送が可能になった。 【富士通】Eメール・アーカイブ・ソ
リューション
・配線がシンプルかつ容易
掲載日:2006/02/01
・ピア・ツー・ピア接続なので、障害発生時の他への影響を軽減できる。 【日揮情報ソフトウェア】Migration
Solution Pack
・イーサネットでも使われている多重化技術で更なる高速化が可能(図3)。
掲載日:2006/01/31
・イーサネットでも使われているスイッチ技術で接続の拡張性、柔軟性が向上する(図4)。
【丸紅ソリューション】Exchange-Filer
メールシステム構築ソリューション

図3  多重化技術 掲載日:2006/01/31
【日本ヒューレット・パッカード】HP
StorageWorks Enterprise Virtual
Array(EVA)

掲載日:2006/01/31
【日本ヒューレット・パッカード】HP 
StorageWorks DAT-USB テープド
ライブ

掲載日:2006/01/27
【日本電気】iStorage NVシリーズ

掲載日:2006/01/23
(資料提供:アダプテックジャパン) 【ブイテック+他】統合型メールセキュ
リティ・ソリューション「Mail Proof
Keeper 」

図4  スイッチ技術

(資料提供:アダプテックジャパン)

ページのトップへ

 シリアルインターフェースは、1995年から1996年にかけて相次いで規格化された
IEEE1394とUSBがきっかけとなって、従来のパラレルインターフェース以上に注目を集める
ようになった。

 IEEE1394が正式に規格化されたのは 1995年になってからのことだが、実際に最初の仕様
が作られたのは 1987年のことで、もともとアップルコンピュータ社がFireWireという名前で開発
を開始したものだ。その後、ソニーからiLINKという名前でデジタルビデオ機器に搭載され始
め、ホストとなるコンピュータがなくても、例えばデジタルビデオカメラから直接プリンタにデー
タを送信して印刷することが可能になった。そして、1994年に1394 Trade Association という推
進団体が設立され、DV(デジタルビデオ)ポートとしてデジタルビデオ機器に広く搭載される
ようになった。ただし、パソコンの汎用インターフェースとしては USB2.0が登場したことで、現
時点で主流にはなっていない。

▼IEEE1394の規格内容
2 IEEE1394には 1995年に規格化された
IEEE1394、2000年に改訂された
IEEE1394a、2002年に改訂されたIEEE1394bがあ
り、それぞれのデータ転送速度は表1の通りであ
る。機器はデイジーチェーン状に最大63台まで接
続可能で、ケーブルの長さは機器間で最大4.5m
(総延長72m)である。また、パソコンの起動中でも
自由に抜き差しできるホットプラグ対応になってい
る。
 参考までにIEEE1394ケーブルを写真1に示す。
パソコンとデジタルビデオ機器をつなぐときは 6ピ
ンと4ピンのコネクタがついたケーブルを使用し、
デジタルビデオ機器同士をつなぐときは両方に4
ピンのコネクタがついたケーブルを使用する。な
お、4ピンの場合には電源供給線が省略されてい
る。

表1   IEEE1394のデータ転送速度
規格名 データ転送速度 コネクタ形状
6 ピン
IEEE1394 100Mbps、200Mbps、400Mbps
(デジタルビデオ機器は 4 ピン)
6 ピン
IEEE1394a 100Mbps、200Mbps、400Mbps
(デジタルビデオ機器は 4 ピン)
IEEE1394b 800Mbps、1.6Gbps、3.2Gbps 9 ピン

 長い間、シリアルインターフェースといえばRS-232Cが主流で使われてきたが、PCの高性
能化とともに、1ポートに1台しか接続できないことやデータ転送速度が遅いことに対する不満
が次第に募り始めてきた。そこで、コンピュータベンダ各社(マイクロソフト、インテル、IBM 、
日本電気など7社)が集まって次世代の周辺機器のための汎用インターフェースの研究を開
始した。彼らは 1995年、USB Implementers Forumを設立し、その翌年にUSB(Universal
Serial Bus)1.0を発表した。そして、1998年には USB1.1、2000年には USB2.0を発表し、今で
はパソコンの汎用インターフェースの主役に成長している。

▼USB の規格内容
 USBのデータ転送速度は、USB1.1では 1.5Mbps (ロースピードモード:キーボードやマウス
向け)と12Mbps (フルスピードモード:プリンタやスキャナ向け)、USB2.0では 480Mbps (ハイ
スピードモード:ハードディスクドライブ向け)をサポートしている。周辺機器は USBハブという
装置を使うことで、デイジーチェーン状に最大127台まで接続可能で、ホットプラグにも対応
し、ケーブルの長さは機器間で最大5mである。

 参考までにUSBのピン配置とケーブルを表2と写
真2に示す。表2のVBUSは電源ピン、D-、D+は
信号ピンである。USBではパソコン側に近いほうを
アップストリームと呼び、ここには長方形のシリーズ
Aというコネクタとプラグが付き、周辺機器側に近い
ほうをダウンストリームと呼び、ここには正方形のシ
リーズBというコネクタとプラグが付くようになってい
る。このため、誤って周辺機器同士をループ状に
接続できないようにしている。また、USB2.0ではシ
リーズB(つまり周辺機器側)にミニプラグ仕様が
追加されている。

表2  標準USB コネクタのピン配置
ピン ホスト側 周辺機器側
1 VBUS (4.75-5.25 V) VBUS (4.4-5.25 V)
2 D- D-
3 D+ D+
4 GND GND

 無線LANの進化はシリアルインターフェースにも影響を与え始めている。近距離通信に
おける大容量のデータ通信を支える無線技術としてUWB(Ultra Wide Band:超広帯域無
線)が注目を集めているが、2004年になると、UWBを取り入れることでUSB2.0をワイヤレス
でも使えるようにしようという「Wireless USB Promoter Group 」が活動を開始した。このグ
ループで作られたWireless USB Specification 1.0仕様は、2006年3月にUSB
Implementers ForumでCertified Wireless USB規格として標準化された。まもなく、この規
格に基づいたワイヤレスUSB製品が出荷される見込みだ。
 ワイヤレスUSBは無線部分(物理層)とUSB部分(論理層)から構成されていて、無線部分
は UWBが採用され、USB部分は USB2.0が採用されている。データ転送速度は 3mの距
離で480Mbps 、最大到達距離は 10m(その場合には 110Mbps 程度)になるという。

ページのトップへ

 プリンタやスキャナ、そしてキーボード、マウスに至るまでシリアルインターフェースに切り替
わってきた現在、ストレージ関連も当然ながらシリアルインターフェースが台頭し始めてい
る。

 前回の昔編ではパラレルインターフェースのATAとして2002年に標準化されたUltra
DMA/100(最大100M バイト/秒)のATA/ATAPI-6まで説明したが、2003年になると、ANSIで
もシリアル方式のシリアルATA(SATA:サタ)の標準化が開始された。SATAの最初の規格
は 1.5Gbpsで、2004年には 3Gbpsになった。そして2007年には 6Gbpsになる予定だ。ソフト
ウェア的には従来のATAの上位互換になっていて、コマンドがシンプルで開発が容易である
という特長を持っていることから、PCなどの容量単価の安いハードディスクで多く採用され始
めている。

▼SATAの規格内容
 SATAの規格内容がわかるように、従来のパラレ
ルATAとの違いを表3に示す。SATAはコントロー
ラとデバイスを一対一で接続(point-to-point) する
ので、各ディスクの最大スループットでデータを転
送できる。また、従来のパラレルATAとは異な
り、SATAでは内蔵ドライブ専用ではなく、外付け
ドライブにもホットプラグ対応で使用できるように
なっている。

表3  パラレルATAとシリアルATAの比較
インター テクノロ 転送速度
ケーブル 接続
フェース ジ 現在 予定
- ワイドリボン - チャネルあたり2 ドライブ
ATA/ - パラレ 133MB/ 現時点で最 - 40ピン - マスター/スレーブ関係
IDE ル 秒 大 - 長さ18インチ - ドライブ間で同じ帯域幅を
(約0.457m) 共有
- 細いラウンドリボ
- チャネルあたり1 ドライブ
- シリア ン
SATA 3Gbps 6Gbps - point-to-point 接続
ル - 4 ピン
- ドライブあたりフル帯域幅
- 長さ1m

 昔編では SCSI-3のUltra320 SCSIまで製品化されたことを説明したが、SCSI-3では本稿の


冒頭で説明した理由から、シリアル方式のほうが高速化に有利であると判断し、シリアル方
式のSCSIも規格化されることになった。そして2003年に規格化されたのがSerial Attached
SCSI(SAS)である。SASは SCSIで確立されたソフトウェアとハードディスクドライブの信頼性
はそのままで、コスト効率の高いシリアルATAの物理層とコネクタを採用した規格になってい
る。SASは多機能なSCSIコマンドにより幅広いデバイスをサポートできることから、現在、エン
タープライズ向けサーバ/ストレージ機器での採用が進んでいる。

▼SASと SATAの気になる使い分け
 なお、参考までにSASとSATAを使い分けるときに参考となる情報を表4に示しておく。元
来、SATAはデスクトップPC用に作られたものであり、シンプルな構成で、最適な価格・容量
を必要としているストレージ環境に適している。一方、SASはメインストリームサーバ、エン
タープライズストレージ用に作られていて、最高のパフォーマンス、拡張性、信頼性を必要と
している環境に適しているといえる。

表4   SAS、 SATAの比較

主な決定要因 SAS SATA

高いパフォ ーマンス能力
フルデュープレックス、高い帯域幅、ポートアグリゲーション、広範囲なコマンド ○
キューイング、豊富なコマンドセット

低いギガバイトあたりのコスト

低い予算で購入可能

データ転送時の高いパフォーマンス
高周波。データベース、オンラインでの買い物、銀行振込、CRMなどの即時のラ ○
ンダムアクセスのデータタイプ
レファレンスやシーケンシャルタイプの データにとっての高いコスト効率
低アクセス頻度・ストリーミングや、ファイル共有や、電子メール、ウェブ、バック ○
アップ、アーカイブデータなどのシーケンシャルデータなどに最適
高い拡張性
8mという長いケーブルを備えた独創的なストレージ用の高いフィジカル デバイ ○
スアドレシング範囲と接続

高い信頼性と有用性
広範囲なエラーを回復させる技術;マルチイニシエータ( 同時アクセス) +デュア ○
ルアクティブポートサポート

シンプルなコンフィギュレーション セットアップ
ユビキタス ドライバ - ベンダのドライバを必要としない。マザーボードチップセット ○
に組み込まれている。
高いデバイスフレキシビリティ
SASとSATAの両方をサポート ○

(資料提供:アダプテックジャパン)

▼SASの規格内容
 SASは SASとSATAの両方をサポートした仕様になっていることから、SASドライブとSATAド
ライブを混在して使用できる。現時点では最大3Gbpsまでの転送速度をサポートしている
が、SASロードマップでは、2007年に6Gbps、2010年に12Gbpsのデータ転送速度が計画され
ている。ただし、SASでは 3Gbpsのポートをマルチリンク(複数のポートを束ねて仮想的に1本
の広帯域なポートとして使うことで、最大×4ポート)に対応しているので、当分6Gbpsに移行
する必要はないといわれている。
 ここでは SASの規格内容がわかるように、従来のパラレルSCSI、そしてSATAとの違いを表5
に示す。また、SASケーブルを写真4に、実際の配線の様子を図5に紹介する。

表5   SAS、パラレルSCSI、 SATAの比較
項目 SAS パラレルSCSI SATA
データ転送速度(将来) 3Gbps(12Gbps) 3Gbps 3Gbps(6Gbps)
接続機器の台数 16000台/ドメイン 15台/バス 1台
コネクタ 7 ピン 68ピン 7 ピン
ケーブリング 8m 12m 1m

 例えば、既にアダプテックジャパンでは 8ポート
のSASコントローラカード、PCI Express対応のSAS
RAIDコントローラカード、最大4台までのSASまた
は SATAのハードディスクドライブをホットスワップ
できるディスクドライブエンクロージャなどの製品を
ラインナップしていて、今後も製品強化を図ってい
く予定だという。

図5   SAS接続の様子

(資料提供:アダプテックジャパン)

 以上、今編ではシリアルインターフェースを中心に説明してきたが、ハード的なシリコン技
術の向上で通信ICのスイッチング速度が飛躍的に高まってきたことから、今後もシリアルが
パラレルより優位に立っていくはずだ。ただし、ハイスペックのストレージ領域で活躍するシリ
アルSCSIにもパラレルSCSI時代と同じ互換性問題が相変わらず存在しているので、これをク
リアしていく必要がある。一方、PC回りの周辺機器については USBの寡占状態が今後も続
いていくものと予測される。

ページのトップへ

取材協力 : アダプテックジャパン株式会社
ネットワークの基礎が満載!「バックナンバー」はコチラから!

★キーマンズネット会員 大募集★
たくさんの会員の方の声を頂きながら、便利なサイトを目指します!
是非、同僚の方やお友達をご紹介くださいね。

【詳しくは紹介ページ をご覧ください。】

下記のアンケートにお答えください!

「ネットワーク今昔物語」について、ご意見をお聞かせください。

1.今回の記事はわかりや わかりやすい
すかったですか? わかりにくい

その理由はなんですか?

2.過去の歴史から振り返
る「ネットワーク今昔物
語」のテーマとして取り
上げて欲しいものはあり
ますか。

3.あなたにとっての懐かし
の IT製品と、それにま
つわる思い出を教えて
ください。

4.このコーナーに関する
ご意見やご感想をお寄
せください。

SSL対応   SSL非対応   ※SSLについて  

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。
変更となる場合がございますのでご了承ください。

この記事を知人に紹介する
会員規約 | プライバシーポリシー |お問い合わせ |