You are on page 1of 4

いくつかの論文や材料(生態環境)無料オンライン[参照してください:

Materials - Ecology, Environment, the list in Japanese;
http://www.scribd.com/doc/45897780;
http://www.scribd.com/または http: //www.scribd.com]利用可能です:

ボ リュームのテキスト:オストロウーモフ SA は、Kotelevtsev SV は、Toderas IK を、Gorshkova の OM (編)生態学的研究、災害、ソリューション、2010 年第 15 巻;
http://www.scribd.com/doc/45765589、2 言語、英語とロシア語で材料;キーワード:生態学的研究、危険、ソリューショ ン、編集委員会の詳細ページへ。 15、 生態学、イノベーション論文集、11、科
学、会議、ポスターセッションでは、生態系、生物、技術革新、- 11Moscow、マックスプレス、2010、生態学的研究、災害、ソリューション。第 15 巻。手続の科学会議'生態系、生物、イノベーション -
11'(2009 年 6 月 24 日、モスクワ)、およびその他の資料。モスクワ、マックスプレス、2010。 - 120 ページシリーズの容積は 15 月 11 日会議の議事録'を 含む水生生態系、生物、イノベーション- 11'、
モスクワ州立大学で行われた 2009 年 6 月 24 日、いくつかの他の科学や教材。材料は、淡水と海洋生態系や生物をカバーしています。著者は、モスクワ州立大学の様々な部門や他の機関やロシア、モルド
バ、ウクライナ、アメリカの大学、およびその他の国を表しています。手続は、大学教授や教育者だけでなく、生態学、陸水学、海洋学、動物学、魚類学、植物学、微生物学、環境科学の分野の学者に関心が
ある。今年の名誉称号水生生態の新たな受賞者の名前が公開されていま す。 ISBN コード 978-5-317-03210-4;ボリュームの最初のページ、編集委員会で、抽象 的 - 次のファイルを参照してください。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:10 商 品コード:コレクションに追加 12 / 2010 分の 22 を共有
*
4 ページ
FirstPages1 - 2 - 3 - 4.vol.15.2010.conf.11of2009 [1]を編集する

生 態学的研究、危険、ソリューション、ボリュームの最初のページと編集委員会;первыестраницысборникатрудов.Vol。 15;生態学:イノベーション、イノベーション- 11 第 11 回科学会議水生生
態系、生物の手続を含む。[ЭКОЛОГИЯ:ИННОВАЦИИ;включаятруды11 -йнаучнойконференцииВодныеэкосистемы、организмы、инновации- 11;идругиематериалы];モスクワ;マック
スプレス、2010 年、
公共の分類:なし読み取りは、:1 公開:12 / 2010 分の 22 を共有コレクションに追加
*
12 ページ
List.posts.blog.InFrench.dec19.2010 [1]を編集する

翻訳フランス語に、投稿、ResearchGAte 博士セルゲイÅのオストロウーモフのブログのリス ト:http://www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog /6238_listofBlogsEcology;
http://www.portalus.ru/modules ?/生物学/ rus_readme.php subaction = showfull&= 1292797433 は、&アーカイブ=&start_from =&ucat =&id は、下記:/ /
docs.google.com/document/d/1FoBgbxVWAfNu1a_3xWGEkURghogdtQg9axBDd5GYhKY/edit hl =アン#;•の Http:/ / www.scribd .com/doc/44629443;作 者のサイト:
http://www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/ Liste デブログ au のプロフィール担当者、アラカルト ResearchGATE portail。レテーマデブログ:レ革新らレ priorités アンマチエールの d'
écologie、レ effets 原産地 humaine、qualité エトワールオー、Lutte の护结ラ汚染、レ essais biologiques は、L'評価デの危険性は L'エンバイロンメント、レ écosystèmes、デ物質
chimiques、notamment レ洗剤、tensioactifs、ラ圏ラ sécurité environnementale、アラカルト durabilité、サービス嘘補助 écosystèmes、技術 écologiques、ラファイトレ メディエーション、レ先
取特 権アントルはL' écologie らラ biogéochimie、
公開カテゴリ:研究を読み取ります:1 公開日:コレクションに追加 12 / 2010 分の 21 を共有
*
11 ページ
List.posts.blog.InGerman を編集します。+ Dec19.2010 [1]

ください:https:ドイツ語の記事を、博士セルゲイオストロウーモフの個人的なブログの一覧/ / docs.google.com/document/d/1GXLgHCAwFCxuFVAtjgf4f1hoMpeRr_rNZtJCMgVtsJc/edit hl =ア
ン http://www.portalus.ru/modules/biology? ?/ rus_readme.php subaction = showfull&id は= 1292785289&アーカイブ=&start_from =&ucat =&; http://www.scribd.com/doc/45764372;
オリジナルテキスト:英語 http: //www.researchgate.net/profile/のリスト Sergei_Ostroumov/blog /6238_listofBlogsEcology;•の Http:/ / www.scribd.com/doc/44629443;投稿、ブロ
グ、persönliche、プロフィール、ポータル、ResearchGATE、 SAOstroumov、Innovationen、Prioritäten、Bereichen、Umwelt、Menschen、 verursachte、Effekte、 Wasserqualität、
Kontrolle、Umweltverschmutzung、Tierversuche、Bewertung、Gefahren、 Chemikalien、insbesondere Wasch -、界面活性剤、Umweltsicherheit、Nachhaltigkeit、Ökosystem、サービ
ス、Biosphäre、 ökologische、Technologien、ファイトレメディエーション、Verbindungen、Ökologie、 Biogeochemie、
公開カテゴリ:研究を読み取ります:2 公開日:コレクショ ンへの追加 12 / 2010 分の 21 を共有
*
4 ページ
10DBS.Au.C.demersum.E を編集しま す(DKBL124

米Åのオストロウーモフと G.メートルコレソフ。水への追加後に水生水生 Ceratophyllum demersum 固定化金[金]ナノ粒子。 - Doklady 生物科学、2010 巻。 431 頁 124 から 127 まで。 ©のプレアデ
ス出版株式会社、2010。 ISSN 00124966;フルテキスト:http://www.scribd.com/doc/45579375;オリジナルロシア語テキスト© SA のオストロウーモフは、GM Doklady Akademii Nauk、2010、巻に
掲載さコレソフ、2010。 431、第 4 頁 566 から 569 まで。 DOI は:10.1134/S0012496610020158;要旨:化学元素の起源の移行に関する研究生物 圏研究の重要な行は[1-8]です。水生生態系、両方の淡水
と海水のものに含まれる要素の生体への移行は、水 の自己浄化と水質形成に重要である[9]〜[11]です。データは、要素蓄積や大型植物などの水生生物、することによって、バインディング、水生生態系の要
素の生物の移行の生物の重要な役割を分析するために必要です。いくつかの要素の濃度は、水生生物(hydrobionts)と生体砕屑性物質[9]、[10]を含む、さまざまな生体試料中の以前 の決定された。しか
し、これらのデータは、生物の要素の限られたセットに基づいていた。ない Ceratophyllum demersum L のいずれかの金(Au)のコンテンツや相互作用の Au ナノ粒子や水生植物の間でデータをが公開され
ています。この作業の目的は、金の固定化は、本研究では、Au の濃度と C. demersum の現存量のいくつかの他の要素を決定するために初めて水生 C. demersum L の存在下での小宇宙の水を培地に添加し
てナノ粒子を勉強していた au は粒子(NSP は)ナノサイズを含む小宇宙のインキュベーション後。実験の結果は次の通りです。 (1)最初のデータは、Au NSP のかなりの量にバインド水生植物は、C.
demersum の現存量を生きることが示唆されたことは得られている。および/結合または固定化の結果と して、Au の含有量は、430.3 の要因によってバックグラウンドレベル大きかった。 (2)改質蛋白質
(免疫グロブリン)大型植物で NSP の固定には影響を与えなかったと NSP の。結果は、要素の生 物の移行で、これらの生物の役割を理解することに貢献しています。これらのデータは、私 たちに水生生物シ
ステム内の要素の濃度の検討水生植物の種(として Au に代表される)の現存量等の参加を推定する可能性を与える。公開カテゴリ:研究を読み取ります:14 商品コード:コレクションに追加 12 / 2010 分の
18 を共有
*
7 ページ
5.RJE.on.the.multifunctional.fulltex を編集する

米Åのオストロウーモフ。水生生態系の自己浄化の生物相の有する多 面的機能の役割について。 - 生態学ロシア誌、Vol。 36、 第 6 号、2005 年、頁 414 から 420 まで。土井:10.1007/s11184-005-
0095- x;米Åのオストロウーモフ。 [http://www.scribd.com/doc /45572968]抄 録(生物学、モスクワ州立大学、Vorob'evy の血みどろ、モスクワ、119991 ロシア学部):水の自己浄化過程の研究
(Skurlatov、1988;オストロウーモフ、2000A のは)基本的な生態学的 問題(Alimov、2000 年に近づい不可欠です。オストロウーモフら、2003)、水生生物資源の持続可能な利用に関連するいくつかの
適用の問題を解決するために。本稿の目的は、この分野で多数の出版物を確認しようとせず、水域や河川の自己浄化の生物の複 数の機能に関する概念の体系的なアカウントを提供することです。本論文では、
パラダイム シフトが行われた。淡水生物と海洋生態系の複数の機能に基づいて、水の自己浄化の生態学的メカニズムの理論 のいくつかの新しい原則が策定された。この理論の開発では、水生生物、著者の実験
(無脊椎動物、二枚貝、フィルタフィーダ)の結果が使用されている。その結果、著者は次のを発見した。水質(水の自己浄化機能)を維持し、自然生態系のメカニズムは、いくつかの汚染物質の影響に脆弱
性が存在します。例では、合成洗剤や界面活性剤である。結論は、理論に基づいて描画されます。結論は、生物多様性保全のため、水生生態系の生物資源の持続可能な利用のための実用的な意味を持っていま
す。 1067-4136/05/3606-0414 © 2005 プレアデス出版社生態誌、Vol ロシア志。 36、第 6 号、2005 年、頁 414 から 420 まで。土 井:10.1007/s11184-005-0095-x; Ekologiya、第 6 号、2005 年、
頁 452 から 459 から翻訳される。元ロシア語テキストの著作権はオストロウーモフで 2005 年はログインが必要です。論文の英語版が SprigerLink で利用可能です:www.springerlink.com/index
/Y6370W774LK7G786.pdf;キーワード:水生生物、生態系、水質、水、自己浄化、公害、パラダイムシフト、界面活性剤、洗剤、持続可能 性、環境では、フィルタフィーダ、二枚貝、淡水、海洋、資源を無
脊椎動物、バイオアッセイ、危険、関連出版 物:•ジャーナル条。三クラスの界面活性剤で貝サスペンション摂食の抑制。米Åのオストロウーモフと J.ウィドーズ。 Hydrobiologia、2006 年、ボリューム
556、ナンバー 1、ページ 381 から 386 まで。 o ダウンロード PDF ファイル(173.5 キロバイト)雑誌記事。三クラスの界面活性剤で貝サスペンション摂食の抑制。米Åのオストロウーモフ。 •ジャーナル記
事。現在の概念化と締結の発言:水の浄化につながるプロセスで生物多様性の多官能性の役割。米Åのオストロウーモフ。 Hydrobiologia、2002 年、ボリューム 469、数字 1-3、ページ 203 から 204 o ダウ
ンロード PDF ファイル(36.1 KB)の雑誌論文。現 在の概念化と締結の発言:水の浄化につながるプロセスで生物多様性の多官能性の役割。米Åであるオストロ ウーモフの•ジャーナル条。いくつかの界面活
性剤や洗剤ろ過摂食の二枚貝への影響を研究 している。米Åのオストロウーモフ。 Hydrobiologia、 2003、ボリューム 500、番号 1-3、ページ 341 から 344 o ダウンロード PDF ファイル(51.6 KB)の雑
誌論文。いくつかの界面活性剤や洗剤ろ過摂食の二枚貝への影響を研究している。米Åであるオストロウーモフの•ジャーナル条。トップダウン制御の抑制の分析:新しい キー富栄養化、藻類、水の自己浄化を
研究する。米Åのオストロウーモフ。 Hydrobiologia、2002 年、ボリューム 469、数字 1-3、ページ 117 から 129 o ダウンロード PDF ファイル(120.6 キロバイト)雑誌記事。トップダウン制御の抑 制の
分析:新しいキー富栄養化、藻類、水の自己浄化を研究する。米Åであるオストロウーモフの•ジャーナル 条。水質と自己浄化を維持することのいくつかの問題について。米 Åのオストロウーモフ。水資
源、2005 年、第 32 巻、ナンバー 3、ページ 305 から 313 O の PDF 版をダウンロード(75.2 KB)のジャーナル Article.On M の諸問題
公開カテゴリ:研究を読み取ります:28 商品コード:コレクションに追加 12 / 2010 分の 18 を共有
*
4 ページ
7.Tolerance.mubsSB.solom を編集する

大腸菌Åの Solomonova と S.Å のオストロウーモフ。水生水生 Potamogeton の公差は L.to ドデシル硫酸ナトリウムをクリス。モスクワ大学生物科学紀要、 2007 巻。 62、第 4 頁 176〜179。土井:
10.3103/S0096392507040074; http://www.scribd.com/doc/45556848;要約:大型植物は、生態系の重要なコンポーネントであり、水質の持続可能性に貢 献して水の浄化に参加しています。これは特
に、水域の汚染の条件で重要であり、水の流れ。界面活性剤は、汚染物質の重要なクラスを構成している。したがっ て、詳細な調査や植物や様々な界面活性剤の相互作用に関する事実の解明が必要です。本論
文では、水生植物の生存率では、アニオン性界面活性剤の水溶液、ドデシル硫酸ナトリウム(SDS)の様々な濃度の影響の調査の結果を示す、水生植物 Potamogeton のナガバギシギシ l の場合はアニオン性
の影響界面活性剤、ドデシル硫酸ナトリウム、 Potamogeton ナガバギシギシ L を検討した水生植物で、次が示された。 SDS は 83 から 133 mg / l の濃度は、植物の断片化が発生していました。界面活性剤
の負の影響に対する 植物の耐性は、秋(9 月)に比べて春(4 月)で高かった。土 井:10.3103/S0096392507040074、モスクワ大学生物科学紀要、2007 年集。 62、 第 4 頁 176〜179。 ISSN 0096-
3925、©アラートンプレス社、2007。 SpringerLink のご用意しております。オリジナルロシア語テキスト©の EA Solomonova、Vestnik Moskovskogo Universiteta で公開されて SA のオストロウーモ
フ、2007 年。 Biologiya、 2007 年第 4 頁 39 から 42。キーワード:効果、界面活性剤、水生生物、大型植物、 Potamogeton、ナガバギシギシ、濃度、断片化、茎、植物、負、汚染、洗剤、ファイトレメ
ディエーション、化学の生物の相互作用、水質、ドデシル 硫酸ナトリウムは、SDS、phytotechnology
公開カテゴリ:研究を読み 取ります:23 商品コード:コレクションに追加 12 / 2010 分の 18 を共有
*
9 ページ
Contents.proceedings.conf を 編集する

ポスターセッション(会議)の議事 録を含むボリュームの内容'生態系、生物、イノベーション- 12'、およびいくつかの付加的な材料(ボリュームのテキストのためのサイト:
http://www.scribd.com/doc/44530305 );ボリュームの参照は:オストロウーモフ SA は、Kotelevtsev SV は、Toderas IK を、Gorshkova の OM (編)生態学的研究、災害、ソリューショ
ン、2010、vol.16。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:19 商品コード:コレクションに追加 12 / 2010 分の 12 を共有
*
7 ページ
Reviews.evaluations.ofbooks.bys.Ostroumov を編集する

公開レビューや評価(および共著は、博士 SAOstroumov によって作成された書籍の):(更新日:2011 年月)
公開カテゴリ:研究を読み取ります:30 商品コード:コレクションに追加 12 / 2010 分の 11 を共有
*
4 ページ
Two.innovations2.in.environmental.and.Ecological.sciences を編集する

© 2010 年から 2011 年。米Åのオストロウーモフ。環境と生態科学 http://www.researchgate.net/profile /Sergei_Ostroumov/blog/6295_2_innovations TWO 革新の環境や生態系の科学の 2 つの革
新; http://www.scribd.com/doc/44765665、SA のオストロウーモフ学部生物 学、モスクワ大学、モスクワ、研究学者、マサチューセッツ州、アマースト大学、米国を訪問する現在フルブライトこれは
Massachuse 大学の学生のた めに用意された素材です
公共の分類:なし読み取りは、:20 公開日:12 月 6 日/ 2010 共有コレクションに追加
*
2 ページ
Poster.session.call2for.abstracts を編集する

要旨の発表とコールを会議:第 14 回国際ポス ターセッション'生態系を、生物、イノベーション- 14'2011 年 2 月 12 日;アマースト、マサチューセッツ州、米国;
http://www.scribd.com/doc/44668962;トピックス:生物科学、環境科学、地球科学、地球科学、化学科学、農業科学、バイオテクノロジー、教育、その他。主 催者:International は、科学者やアメリカ
の大学の代表者(米国)を含めて、組織委員会、モスクワ州立大学(ロシア連邦)、ドイツ、 EcoEthics 国際連合(EEIU)、およびその他の国や国際研究機関の科学的な機関です。恒久的な組 織委員会は
1999 年に開始した。委員会は、このシリーズの 10 前のカンファレンス以上 主催してきた。遠方の参加が可能です。遠方の参加の場合に は、あなたの時間とお金を節約者に出席する必要はありません。あな
たは、紙のメールで使ってポスターを送ることができます。組織委員会はあなたに代わってあなたのポスターが表示されます。以前のカンファレンスでは、ように異なる国々から多くの遠方の参加者(アル
ファベット順)は、オーストラリア、カ ナダ、中国、エジプト、ドイツ、インド、イラン、イスラエル、モルドバ、ニュージーランド、ポーランド、スペイン、チュニジア、イギリス、ウクライナ、アメリ
カ、および他の多くはそのようにした。すべての参加者が リクエストに応じて、セッションへの参加の証明書が表示されます。要約は、ボリューム内 で公開される:生態学的研究、災害、ソリューションの詳
細ページへ。国際的な編集、32 カ国から学者を含む 諮問委員会と 17 日。このエディションは、シリアル見直しエディションのための国際的 Ulrich さんデータベースでインデックスが作成されます。締切:
締め切りは(登録、抽象的な送 信)2011 年 1 月 15 日です。私たちはあなたの後半の登録のための$ 10 の追加料金と期限後抽象を受け入れます。あなたはできるだけ早くから我々は、あなたの側からのコ
ミット メントなく、意思の予備的な手紙をお待ちしております。抽象的なフォーマット:最大 2 / 3 ページ A4 サイズ、または以下の。それは、あなたの出版物 1〜4 の参照を含めるにいくつかの助成金を言
及することが可能です。ポスター提出締切(紙メールで送信される場合):ポスターは 2011 年 1 月 15 日の前に送信する必要があります。米ドルの手数料:$ 49(参加者と非参加者の両方)と 29 ドル学生
のための(両方の参加者と非参加者)。あなたの費用を送信するためのアドレス(ご博士 d.ページを前に、あなたのお支払いをお送り mssg メールを送信する):デイヴィッド S.ページ、化学、生 化学、ボ
ウドイン大学、ブランズウィック、私 04011 アメリカの教授 E メール:dpage @ボウドイン。教育; http://academic.bowdoin.edu/faculty/D/dpage/; http://www.dspage.com;会議でマスメディアのカ
バレッジ:会議は定期的に雑誌を含むいくつかのエディションで覆われている新聞。 https を::いくつかの例は次のを参照してください、 別のファイルに与えられている/ /
www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog /701_How_the_series_of_conferences_Ecosystems_Organisms_Innovations_was_covered_by_mass_media、 お問い合わせ先:博士米オ
ストロウーモフ、ar55@yandex.ru;教授宝山興、 bx@pssci.umass.edu; アマースト、マサチューセッツ州 01003-0910、アメリカ合衆国; http://www.researchgate.net/event
/International_Poster_Session_Ecosystems_Organisms_Innovations- 14_Amherst_MA_USA/植物、土壌昆虫科学、ストックブリッジホール、マサチューセッツ大学の学科;
公開カテゴリ:研究を読み取ります:233 商品コード:コレクションに追加 12 月 5 日/ 2010 共有
*
17 ページ
Big.list.of.blogs を編集する

ポータル ResearchGAte での個人のプロフィールをブログのリスト。ブログのト ピック:革新と優先順位生態、環境、生態系、人工の影響、水質、汚染制御、バイオアッセイでは、化学物質、特に界面
活性剤、界面活性剤、環境安全、持続可 能性、生態系のサービス、生物の危険性の評価、生態学的技術、ファイトレメディエーション、生態系や生物地球化学間のリンク、
公開カテゴリ:研究を読み取ります:57 商品 コード:コレクションに追加 12 月 4 日/ 2010 共有
*
24 ページ
Chapter2.Text.russian 編集

SAOstroumov(ОстроумовС.А.)SAOstroumov でロシア語で出版された'生物に界面活性剤の生物学的 効果'の第 2 章(マックスを押して、モスクワ、2001;トトの 334 ページ)。 2010;(公開)予
約:生物の界面活性剤の生物学的効果。第 2 章。生物および方 法。著者:米Åのオストロウーモフ。キーワード:界面活性剤、洗剤、二枚貝、ムラサキイガイ、イガイ、イガイ、マガキ、マガキ、植物、苗、
ソバ、esulentum、イネ、イネ、
公開カテゴリ:研究を読み取ります:9 商品コード:コレクションに追加する 12 月 3 日/ 2010 共有
*
1 ページ
要旨の Blogcall を編集する

コー ル要旨:新しいポスターセッション:'生態系は、生物、技術革新は、- 14'、2011 年 2 月 12 日、アマースト、マサチューセッツ州で行われる。http://www.scribd.com/doc/44531871、詳 細を〜
として前の会議では、ないスポンサーシップは旅行の補助金が利用可能です。距離の参加が可能です:このケースでは、紙のメールで使ってポスターを送ってください。会議のためのサイ ト:
http://www.researchgate.net/event /International_Poster_Session_Ecosystems_Organisms_Innovations-14_Amherst_MA_USA/; ----------前のポスターセッションのいずれかの手続を(会議)、'含
むボリューム生態系、生 物、イノベーション- 12'、英語でいくつかの追加の材料やロシア語:http://www.scribd.com/doc/44530305; -----------ボリュームが参照:オストロウーモフの SA、Kotelevtsev
の SV は、 Toderas の IK、Gorshkova の OM の(編)生態学的研究、災害、ソリュー ション、2010、vol.16。内容の表は、ファイルの末尾を参照してください。問い合わせ先:sergei@psis.umass.edu
公開カテゴリ:研究を読み取ります:3 商品コード:コレクションに追加 12 月 2 日/ 2010 共有
*
115 ページ
Proceedings.conference2010 を編集する

これは、ポスターセッション(会議)の議事録を含むボリュームのテキストです'生態系、生物、イノベーション- 12'、および英語とロシア語でいくつかの追加の材料。 http://www.scribd.com
/doc/44530305 は、ボリュームの参照です:オストロウーモフ SA は、Kotelevtsev SV は、Toderas IK を、Gorshkova の OM (編)生態学的研究、災害、ソリューション、2010、vol.16。内容の表は、
ファイルの末尾を参照してください。の材料は、ページ 5-16 を参照して ください英語。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:65 商品コード:コレクションに追 加 12 月 2 日/ 2010 共有
*
4 ページ
nnano.2009 編集

して、John L.フェリー 1,2、プレストンクレイグ 1、コール Hexel 1、パトリックシスコ 1、レベッカフレイ 1 と I.ジェフスコット 3、アラン W.は 2,4 Decho ポール l のペニントン 3、マイケル H フルト
ン 3、井章柏田は、2,4、キャサリン j のマーフィー 1,2&ティモシー J. Shaw さん 1,2 要約:今後 5 年以内にナノ材料の大量の製造は、意図しない汚染につながる可能性があります地上波と ecosystems1 水
生。ユニークな物理的、化学的、ナノ材料の電子物性は impacts2、3 予期せぬことができる環境システムとの相互 作用の新しいモードを可能にします。ここでは、金ナノロッドは容易で海洋食物網への水の
カラムから渡すことができます示す 3 つの実験室建設海水、底質、海草、微生物、バイオフィルム、カタツムリ、貝類、エビ、魚を含む河口 mesocosms。金ナノロッド(65 nm の長さは、直径 15nm)の
単回投与は、各メソコスム、12 日間にわたって測定水と土砂の段階でその分布に追加されました。ロッドは、バイオフィルムとの間で分配、底質、植物、動物、84.4 パーセントの回復と海水。ハマグリは、
金ナノロッドを容易に海洋食物網への水のカラムから渡すことができますことを示唆し、質量単位で最もナノ粒子を蓄積され たバイオフィルム。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:7 商品コード:コレクションに 追加する 12 月 1 日/ 2010 共有
*
11 ページ
ウォーレン 95 本文を編集する

地球のパーティション分割および水生植物に銅の生物学的利用能人工物の有機堆積物.- Hydrobiologia、304:197 から 207、1995。 LA のウォーレン 私は、E メートルアウトリッジ 2&A の研究ジマー
マン 1 私教室 ofZoolog3; UniversiO、Toronto、トロント、1A の 1 オンタリオ M5S、カナダ 2Environmental 資源研究プログラム、トレント UniversiO の、ピーターバラ、オンタリオ州 K9J 7B8、カナ
ダ、キー。単 語"銅、生物学的利用、毒性、堆積物、パーティショニング、大型植物;要約:本研究では、堆積銅のパーティション上の結合基質(有機物や酸化鉄)と金属(カドミウム、銅)との間の間の競争
の影響を検討水生植物への後続の生物学的利用能は。 有機物と合成酸化鉄、酸化鉄は、カドミウム及び銅の環境に現実的な濃度で投与され、米が植えられて砂の堆積、一連の単独および複合添加し、O0 を'座
イネ。有機物制御銅のパーティション分割および生物学的利用能、いずれかの金属の無視できる量バインドされて合成フェリハイドライト一方、有機物のない場合でも、有機物質の濃度が増加するにつれて、
操作的に定義された浸出銅が減少し、有機関連の銅が増加し、イネの生存率はほぼ直線的に改善し 5.8 F の公称開始銅濃度で〜gg さん重量は私が、4 週間後に植物の生存率は有機物なく堆積物中の 0 から 8
パーセントの平均乾燥、堆積物中の 25%が 0.18 を 含む%有機物は、0.36 パーセント有機物を含むこれらの結果は、銅の有機関連フォームが植物に利用できないことが示唆された堆積物中の 58%、そして、
それ浸出'銅(アンモニウム、酢酸希釈で抽出)の動作の定義が適切に表す。でなく人工堆積物は、銅分画パターンとの相関銅のパーティション分割および生物学的利用能との間サポートを特徴と使用して我々
の研 究は、自然の湖や河川堆積物の不均一、不完全を特徴とする堆積物から(さ)植物に利用報告されている銅の種。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:16 商品コード:コレクションに追加する 12 月 1 日/ 2010 共有
*
6 ページ
2008 年 5 月 13 日[編集]

ジャーナ ル環境の監視 www.rsc.org /ジェム 10 巻|第 6 号| 2008 年 6 月|ページ 685 から 784 www.rsc.org /ジェム|ジャーナル環境のモニタリング吸収、移行、および製造鉄酸化物ナノ粒子の蓄積カボ
チャ植物ハオ朱杰ハンロジョン Q Xiaoa とヤンジン*ロ受信 2008 年 4 月 9 日、ウェブ上で開催記事 2008 年 5 月 13 日の DOI として発行された利用可能な 2008 年 4 月 29 日:最 初 10.1039/b805998e 迅
速な開発とナノ材料のアプリケーションとナノテクノロジーは、潜在的 な健康と人間、人間以外の生物の環境影響の評価、および生態系を命令する。ここでは、水性媒体を含むマグネタイト(Fe3O4)のナノ
粒子の成長カボチャの植物は(セイヨウカボチャ)、移す、吸収することができることを示し、植物組織中の粒 子を蓄積する。これらの結果は、植物、環境、生態系の重要なコンポーネントとして、環境 中の
ナノ粒子の全体的な運命、輸送、暴露経路を評価するときに含める必要があることを示唆している。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:6 商品コード:コレクションに追加する 12 月 1 日/ 2010 共有
*
3 ページ
、Innovations.in.Ecological.environmental Biospheric.sciences.new.Sites を編集する

生態系、環境、生物圏科学の革新:関連するいくつかの出版物と新しいサイト(2010、更新、12 月 1 日):[キーワード:生態学、生 態毒性、同化能力、持続可能性、水、品質、フィルタリング、フィ
ルタフィーダ、自己浄化、ろ過、大気汚染、洗剤、制御、バイオアッセイ、環境、災害、水生生物、生態系]:http://www.scribd.com/doc/44460000
公開カテゴリ:研究を読み取ります:53 商品コード:コレクションに追加する 12 月 1 日/ 2010 共有
*
3 ページ
編集 About.the.BookBiolEffects

本 について:界面活性剤のオストロウーモフ SA の生物学的影響。の CRC を押します。 Taylor&Francis 社。ボカラトン、ロンドン、ニュー ヨーク。 2006。 279 ページは、[ご予約は、 2005 年末まで
に、2006 年の著作で公開されていました]。本について http://www.scribd.com/doc/44428910 ブログ:http://www.researchgate.net
/profile/Sergei_Ostroumov/blog/4528_EcotoxicologyDetergents;本は著者とを介して行わ 20 年間の研究をまとめたもの多くのロシアの国際版だけでなく、他の科学者の出版物の何百もの 90 著者の研究
出版物。この本は、合成界面活性剤、多くの生物に洗剤の生物学的効果の著者の研究の結果に新しい詳細な情報が含まれています。これらの生物の中で独立栄養と従属、原核生物真核生物のであった。化学物
質は、非イオン性アニオン性およびカチオン性界面活性剤だけでなく、界面活性剤のいくつかの種類が含まれています。淡水と海洋生物が学び、検定に使用される細菌とシアノバクテリア、藻類、鞭、高等植
物の苗(使用している植物は次のとおりだった:ソバのトマト、ホワイトマスタード、Lepidium の作出、イネなど)が含まれ、そして無脊椎動物。検討した無脊椎動物:軟体動物ムラサキイガイは、マガキ
は、ユニオ、Hirudo の medicinalis を環形動物。化学物質の biotesting バイオアッセイのための新しい方法が記載されている本に適用されます。結果が記載されていると、化学物質による汚染や異物圏水
圏、水生生態系における水の浄化を勉強の生態学的な危険性を評価し、環境保護 の分野で新たな優先順位を設定する際に、新しい優先順位に関連して分析した。本は、生態系の関連分野での研究を行う研究者
に関心のある、陸水学として大学教授、大学院と同様に海洋学、バイオテクノロジー、環境科学、水の科学、地球科学、生物圏と地球環境変化、 生態毒性学、学生や教育関係者。本は人の 環境管理と評価、環
境法や規制に関与しているものに興味のあるもあります。この本は企業や分散剤は、車の油流出事故を、シャンプー、洗濯洗剤、洗剤きれいにする産業、その他の界面活性剤に興味もある。本についての博士
スティーブン C マカッチオンの意見は、彼の序文から:"私はセルゲイÅのオストロウーモフの科学的なリーダーシップに コメントするには、この機会を得たことを嬉しく思います本が高い人生態を研究に関与
している方にオススメです環 境問題"を解決する。 - スティーブン C マカッチオン博士は、ジョージア大学と環境保護庁(米国 EPA)米国;エコロジー工学系アメリカ人協会の会長。 KEY は考え発行するか、
書籍の出版物に記載されている:自己浄化、水質、水域、池、小川、汚染物質、汚染物質、 生態毒性、淡水、海洋、環境、安全、環境保全、水、異物の発生源、多官能性の役割生物、水、生態系の機能、水
圏、コミュニティ、持続可能な利用、資源、環境管理、人間活動の影響、水の浄化、生態系のサービス、生物学的理論、アプリケーショ ン、信頼性、外部からの影響の可能性、人為的、人工効果、環境対策、
新しい実験の結果、 カドミウム、軟体動物、富栄養化、人為的な影響は、水の保護制度、特別保護地域で新しいコンセプトを掲げ、2 つのレベルのシナジー効果、環境 chemoregulators、環境
chemomediators、危険性、生物へのダメージ、経済性評価、損傷、微生物、水生植物、無脊椎動物、水質浄化、栄養、植物プランクトン、消費者は、栄養レベルの制御、生物、フェロモン、レギュレータ、
種 間相互作用、VI の種内の相互作用の機能バイオリアクターのアナログベルナツキー、生 物、物質、規制、化学プロセス、物質の移動、生物の移行
公開カテゴリ:研究を読み取り ます:29 商品コード:コレクションに追加する 12 月 1 日/ 2010 共有
*
2 ページ
List.papers.available.online.freeNovember30 を編集する

論文は、SA オストロウーモフ、生態学、環境学、生物利用可能な無 料オンラインでいくつかの主要なブログ - 鍵材料のリストです。 2010 年 11 月 30; http://www.scribd.com/doc/44428910 は、
キーのブログの一部:http: //www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog/5974_Key_Blogs;執筆と coathored SAOstroumov で出版可能です無料オンライ ン:
http://www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog /5152_TextsOnlineFree;
公開カテゴリ:研究を読み取りま す:38 商品コード:コレクションに追加する 12 月 1 日/ 2010 共有
*
11 ページ
These.institutions.citedS.a.O.nov29 を編集する

2010 年 11 月 29 日:http://www.scribd.com/doc/44305970;これらの機関の研究者は出版物を(生物学、生態学、環境)(下記記載されて いるこれらの機関のいくつかの例 SAOstroumov によって
作成された引用している
公開カテゴリ:研究を読み取ります:38 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 29 を共有
*
24 ページ
5Hydrobiologia542p275water を編集する

オストロウーモフの SA フィルタフィーダの活動をフィルタリングする水のいくつかの側面。 - Hydrobiologia、2005、542:275 から 286 まで。 http://www.scribd.com/doc/44105992;フィルタ
フィーダ生体膜の物理化学、生物学、モスクワ大学、モスクワ 119991、ロシアキーワード学部 SAOstroumov 研究所の活動をフィルタリングする水のいくつかの側面:フィルタ - ; - LD を液体洗剤;の SD -
合成洗剤(粉末状の洗濯用洗剤); SDS は - ナトリウムドデシル硫酸; TDTMA - tetradecyltrimethylammonium 灰フリー乾燥重量 AFDW:活動略語フィルタリングフィーダー、水の浄化、二枚貝、汚染、
臭化、以前の出版物は、我々の新しいデータと既存の科学文献に基づいて抽象的には、我々が生態系のフィルタフィー ダの生物多様性の重要な役割を特徴付けるいくつかの基本的な原則を策定している。これ
らの役割の中には、次の:(1)水質の生態学的修復の役割、(2)信頼性と生態系の機能の安定に貢献の役割(3)生息空間の異質性の創造に貢献の役割、 (4)化学元素の移行の加速に貢献しての役割。そ
れは大きさの非常に広い範囲の水様々 な粒子から除去フィルタのフィーダ biomachinery の重要な機能です。もう一つの重要な原則は、水の除外有機物の量は、量が同化よりも大きいということです。その結
果、除去される材料の 重要な部分は、フィルタフィーダの生物にも便利な機能を提供していますが、いくつかの他の種に、全体として生態系に有益な機能を提供しています。著者の新しい実験は、さらにいく
つかの生体異物にフィルタフィーダ(例えば、二枚貝やワムシ)のろ過活動の脆弱性を示した。これらの異物の例では、tetradecyltrymethylammonium 臭化、重金属、 いくつかの他です。関連性の高い出
版物と新しいブログの一部:
http://www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog /5152_TextsOnlineFree を; SAOstroumov の論文のいくつかの引用の例::執筆と SAOstroumov で coathored 出版物はオンラインでご
覧になれます無料です http://www.researchgate.net/profile / Sergei_Ostroumov/blog/3380_Ecology_biology_life_sciences_Bibliography;予 約:
http://www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog /4528_EcotoxicologyDetergents; FAQ(よくある質問):洗剤や界面活性剤の本と関連文書の使用方法:http:/ /
www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog/5898_FAQDetergentsSurfactantsRisk;
公開カテゴリ:研究を読み取ります:93 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 27 を共有
*
6 ページ
5126〜23784 - 1 - PB を編集

番ラミレス- Baca さんと R. Saucedo - Teran さん、L.I.マン サナーレス- Papayanopoulos と J. Carrazco -パラフォックス、と GV ネバレス - Moorillón。小規模汚染河川の治療:設計と実験的な構造
のパフォーマンスが向上します。水の SA、2005 年、巻 31 日に第 1 頁 101 - 途上国の 経済の 現実のビューで 106.Abstract、それは今後 20 年間での河川の汚染を制御するために必要な(処理場)に必要なすべ
ての廃水処理工 場を建設することはできないでしょう。したがって、低コストの代替技術は汚染河川の水質を復元するために開 発されなければならない。それも、自然の自己浄化サイクルは、かつての原始的
な品質に汚染された水を復元するために、いくつかの生物および非生物的プロセスを使用していることが知られている。こ のサイクルは、それらに排水の連続放電のために多くの河川で突破されています。小
さな汚 染河川の水質を向上さ低コスト構造が提案されている三つの条件に基づいて、その場で構築することができます:プラグインフロー、流速およびサポート材料の破壊を細菌の増殖してください。この構
造体の実験段階のデザインは、スロープ、水の流 れ、長さ、支援材料とロックの数を制御することができます。二つの 175 メートルにわたる実験的なモデルを 構築した。両方のモデルは、粉砕に 満ちていた
し、洗浄し、12 mm 径の川の石に 10 をスクリーニングした。処理場からのプライマリとセカンダリの排水との混合物は、それぞれ•リットル- 1 を投与代金引換≈50 と 100 の化学的酸素要求量と、モデルを
テストするために使用された。一律 0.5% の傾きは、最大値が達成さ流れていた 27 と、ロックせずに 30 リットル•min - 1 の。システムが効率的に水の流れを混合して、プラグインの流れを壊す働き、できる
ように汚染物質濃度に応じ•min - 1 の mg の 555.2 90.27 に至るまで 5.58 と 8.86 のログ UFC の•の g - 1、および COD 削減の安定した好気性微生物です。キーワード:淡水の汚染物質、自己浄化、代替技
術、微生物、水、微生物、汚染物質、排水、エアロビクス、化学的酸 素要求量、廃水処理プラント(処理場)、河川水質
公開カテゴリ:研究を読み取りま す:54 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 25 を共有
*
1 ページ
Pandey さんら編集

j を Pandey さんと A. Chauhan さんと R. k の Jain さん。原位置バ イオレメディエーションの生態系の持続可能性を評価するための統合的アプローチ。 FEMS 微生物のレ ビュー。第 33 巻第 2 号、ペー
ジ 324 から 375 まで。 http://www.researchgate.net/profile/Sergei_Ostroumov/blog /3380_Ecology_biology_life_sciences_Bibliography を、抽象的::その他の詳細はで参照してくださいアプリ
ケーションの微生物代謝の可能性(バイオレメディエーション)汚染環境の浄化のための環境に優しい経済的措置として受け入れられている。バイオレメディエーション方法が一般的に域外への原位置バイオ
レメディエーションに分類されています。原位置バイオレメディエーションの方法で二から三十年も使用されているが、彼らはまだ期待される結果が得られていない。限られた成功は、環境条件の下で減少生
態系の持続可能性に起因している。原位置バイオレメディエーションの持続可能性の重要な決定要因は、汚染物質の生物学的利用能です。微生物走化性が大幅に汚染物質の生物学的利用能を向上させるために
仮定される。その結果、走化性微生物のアプリケー ションは、かなりその場劣化のパフォーマンスを向上させることができます。分解微生物の環境中の運命と介入の生態学的な結果は、効率と微生物プロセス
の持続可能性のための他の重要な記述子を構成している。文化に依存する、カルチャに依存しない方法の統合の使用は、計算、統計解析(遺伝子組換え制限分析、端末の制限断片長多型、変性/温度勾配ゲル電
気泳動、リン脂質脂肪酸などの増幅など)上記の成功の監視を有効にしている側面。本評価は、プロセスの生態系の持続可能性を評価するために使用される統合的なアプローチの包括的なアカウントと共に原
位置バイオレメディエーションの効率に影響を与える重要な要因のいくつかの詳細な洞察を提供しています。レビューはまた、最適化し、原位置バイオレメディエーションの制御のための自殺遺伝子組み換え
微生物を開発の可能性について説明しま す。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:64 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 25 を共有
*
2 ページ
Mearns2009.Review を編集する

マーンズ、アラン J; Reish、ドナルド J;押田、フィリップ米、バッチマン、マイケル;ジン、トーマス、ドネリー、ロバート。海洋生物の汚染の影響。 - 水環境研究所、2009 文献レビュー頁 2070 年から
2125 年。 http://www.scribd.com /doc/43939466;土井:10.2175/106143009X12445568400737。こ のレビューは 2008 -海洋河口植物や動物の自然と人為的な障害の、生物化学、物理的影響に関す
る論文を査読選択について説明します。最初の 5 つのセクションでは、レビューやフィールドと実験室測定活動(汚染物質の濃度は、フィールド調査、毒性試験とバイオマーカー)をカバー。最後の 6 つのセ
クションでは、内分泌攪乱化学物質、船舶 及び海洋塗料、バラスト水処理、海洋...キーワードを含む現在の金利の汚染問題について、さらに焦点:;毒性、フィールド、調査、底質、生態リスク評 価、組織残
留内分泌攪乱化学物質、ナノ粒子を; POPS を、プリント基板、多環芳香族炭化水素、医薬品、パーソナルケア製品、トレース、金属、農薬、バイオ、海洋用塗料、殺菌剤、バラスト水、処理、 油、流出、下
水、疾患;異常、汚染物質、汚染物質、異物、生態毒性、毒物学、生物学的影響、バイオアッセ イ、biotesting、水生生態系、
公開カテゴリ:研究を読み 取ります:49 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 25 を共有
*
15 ページ
agreuropegrclimchange99 編集

Hartig さん ek の、Grozev O を、東欧で Rozenzweig C.の気候変動は、農業と湿地:脆弱性、適応政策/ /気候変化 36:107〜121、1997。フルテキスト無料オンライン:
http://www.scribd.com/doc/43695113;抽象的な。天然に存在する湿地は、洪水制御、汚染ろ過、栄養循環、堆積物の付加、地下水涵養と水の供給、砂防、植物、野生生物保護などの機能を実行します。湿
地の大規模な濃度は、東ヨーロッパに位置しています。東ヨーロッパの湿地の重要な量は、過去に農業用に変換されている残りの湿地は、農業排水されることがあります。排水湿地は食用作物の様々な主要農
業土地として使用されます。藁や 家畜の飼料用成長ヨシ(ヨシ)から、湿地帯の他の農業用加熱と燃料を調理泥炭を収集する。改 変された水文は、地球規模の気候 変動へのさらなる湿地に農業土地利用の侵略
を悪化させる可能性のためのレジーム
公開カテゴリ:研究を読み取ります:69 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 23 を共有
*
7 ページ
Garkusha を編集する

О.P. Garkuscha。オデッサ湾(黒海)の例に生きとデッド野菜基板の微細藻類の汚 れ。 - テルノーポリ国立教育大学の科学論文集、系列生物学、2010 年第 3 号(44)47 ページ- 50 [ISSN 2078〜
2357];フルテキストの無料オンライン:http://www.ceemar.org/dspace / bitstream/11099/1077/1/Garkusha.pdf は、各:http://www.scribd.com/doc /43691476 要旨は:生きて死んで野菜基板の
微細藻類の汚れの調査の結果が示されている。種組成、豊 富な海藻と木質基板上に微細藻類の付着の支配のバイオマスのいくつかの機能が実験で明らかにされている自然条件の realizated ていた。(ウクラ
イナ語で)。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:14 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 23 を共有
*
14 ページ
2007.CHATZINIKOLAOU を編集する

康 CHATZINIKOLAOU と M. LAZARIDOU。ピニオス川川、中央ギリ シャ地中海海洋科学の自己浄化ストレッチの同定。ボリューム 8 月 2 日、2007 年、19〜32。要約は:テッサリア、ギリシャのピニオ
ス川流域、集中的に頻繁に粗末に扱われる国内外の産業廃棄物と汚染され養殖されます。川は 35 均一伸びに分かれていた。我々は、流域で は、工業都市と農業汚染底底生動物コミュニティの応答に基づいて
ピニオス川の別の伸びに沿って、自己浄化能力を検討した。水質は 6 つの多様性と生物指標と水質を評価するためのスコアの性能により評価した。水質の下流改善によって発見自己浄化は 5 つのストレッチで
明らかになった。これらのストレッチは、保護さすべき優先順位は、自浄能力を欠いているほとんどの水質劣化した伸びに沿って修復プロジェクトに与えられるべきである。
公開カテゴリ:研究を読み取ります:61 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 22 を共有
*
3 ページ
Chatzinikolaou.2010.Desalination を編集する

Chatzinikolaou と Y. Ioannou A.と大規模な地中海の河川の汚濁負荷の推定に関する Lazaridou メートル内洗面空間的アプローチ。 - 淡水化。 2010(1 月 1 日)巻 250、第 1 号、ページ 118-
129.ABSTRACT:ために BOD と栄養入力の保持能力を欠いているピニオス川川のセグメントを見つけるために、推定入力と出力の汚染負荷 の差は 73 セグメントの合計の上流と下流のクラスタ化された地域
で比較。流域面積は 11300 平方キロメートル、1 からであった。排出量は保 持が行われると仮定したため、常に実際の交通機関よりも高かった。特定の流出、地表水の領域と汚染負荷の計算された入力量
(BOD は、P、N)は、異なるピニオス川流域流域の間で変化の割合を指定します。排出負荷 率への輸送は、大小の流域では異なっていた。連続してセグメント間の保持率は、4 つの低 地のセグメントは、相
対保持容量が欠けていたことが明らかになった
公開カテゴリ:研究 を読み取ります:70 商品コード:コレクションに追加 11 / 2010 分の 22 を共有

上 記された材料の一連のキーワード:
生態学、生態毒性、同化能力、持続可能性、 水、品質、フィルタリング、フィルタフィーダ、自己浄化、濾過、汚染、洗剤、制御、バイオアッセイ、環境、災害、水生生態系、陸水学、海洋学、動物学、魚 類
学、植物学、微生物学、環境科学、SAOstroumov、エフェクト、界面活性剤、水生生物、大型植物、Potamogeton、ナガバギシギシ、濃度、断片化、植物、負、汚染、洗剤、ファイトレメディエーション、
化学の生物の相互作 用、水質、ドデシル硫酸ナトリウムは、SDS、phytotechnology 、界面活性剤は、界面活性 剤は、二枚貝は、ムラサキイガイは、イガイは、イガイは、マガキは、マガキは、植物、苗
は、ソバは、esulentum は、イネ、イネ、同化能力、持続可能性、水、品質は、フィルタフィーダ、自己浄化、ろ過フィルタリング汚染は、洗剤、コン トロールは、バイオアッセイ、環境、災害、水生生態
系、Sinapis は、アルバは、Lepidium は、作出は、他、無脊椎動物、軟体動物、ムラサキイガイは、マガキ、ユニオ、Hirudo の medicinalis、自己浄化、水質、水域環形動物貯水池、ストリーム、汚染物
質、汚染物質、生態毒性、淡水、海洋、環境、安全、環境保全、水、異物、生物、水、生態系の機能、水圏、コ ミュニティ、持続可能な利用、資源、環境経営の多官能性ロールのソース人間活動の影響、水の
浄化、生態系のサービス、生物学的理論、アプリケーション、信頼性、外部からの影響の可能性;人為的、人工効果、環境対策、新しい実験の結果、カドミ ウム、軟体動物、富栄養化、新しいコンセプトを掲
げ、2 つのレベルのシナジー効果、環境 chemoregulators、環境 chemomediators、危険性、生物へのダメージ、経済的評価、人為的影響による被害は、水の保護制度、特別保護地域、微生物、水生生物、
植物、無脊椎動物、水質浄化、栄養、コントロールの機能をもつバイオリアクターのアナログ植物プランクトンは、消費者、栄養レベル、生物、フェロモン、レギュレータ、種間相互作用、VI の種内相互作用
ベルナツキー、生物、物質、規制、化学プロセス、物質の転送、生物の移行、組織残基;毒性、フィールド、調査、底 質、生態リスク評価、内分泌攪乱化学物質、ナノ粒子; POPS を、プリント基板、多環芳香
族炭化水素、医 薬品、パーソナルケア製品、トレース、金属、農 薬、バイオ、海洋用塗料、殺菌剤、バラスト水、処理、油、流出、下水、疾患 ;異常、汚染 物質は、汚染物質は、異物は、生態毒性は、毒性は、
生物学的効果は、バイオアッセイ、biotesting、
20 キーワード:
自己浄化は、水質、水域、貯水池、、、汚染 物質、汚染物質、生態毒性、淡水、海洋、環境安全、水、異物、生態系、水圏、コミュニティのソース、持続可能な利用、資源、環境経営をストリーム