リカバリー全国フォーラム 2010 Web 開催レポート http://www.comhbo.

net/

9/11(土)

【分科会 17】暮らしアラカルト
佐々木英司(精神保健福祉士)
遠藤哲一郎(精神保健福祉士)
当日は配置されたイスがほとんど埋まる状態であった。空席数5くらい。
開始30分ほどを開催地元の社会福祉法人本郷の森銀杏企画(イチョウキカク)さんから3人
の利用者の方々に最近の生活についてお話いただき、導入を図った。(話を聞くと会場のすぐ近く
が事業所であり、もう少し案内出来ても良かったかな。)
その後、近況報告やテーマでの発表を募った。「聞いてみたい!」ということで、「出会い→
妊娠→結婚→出産」等の体験談を話していただき、会場から出産に際しての薬の調整や配偶者・家
族の協力度合い等質問や意見交換があった。また、家族の立場から「子の交際相手への病気である
ことのカミングアウト」や同時に子の立場から親の立場への「今後どういった協力が出来そうか?」
など具体的な話題や「結婚したいけど、どこで知り合ったら・・・」といった質問も投げられ意見
交換も活発だった。(特定に人たちの発言に傾倒してしまったふしもある。)中にはインターネッ
トによる情報交換の方法やサイトの情報提供などの話もあり、多方面からの意見交換が出来た。
が、進行上当事者の方々の発言を主に考えすぎ、「もう少し細かに聞きたい・しゃべりたい・
語り合いたい」に対応することが出来なかった。小グループによる討議等も取り入れたほうがよい
との意見も聞かれた。アンケートへの記載を伝えてみたが、アンケートはどこだろう・・・といっ
た声もあった。お互いの顔を合わせながらの場面設定も考慮に入れたほうがいよかった。
ま、ではあるが、誰気がねなく、恋愛・子育て・出産といったコアでレアな話題をコテコテと
話し、100人くらいならマイクをとりあうような場があっても良いのかな・・・と思いつつ、初
めてだからこんな感じかなあと感想を抱いた。
≪佐々木英司(精神保健福祉士)≫