You are on page 1of 1

16

[お知らせ] ● 家族や友だち、お世話になった人などに、あなたのいろいろな思いを、あなたの言葉で伝えてみませんか?(家族やふるさとの友だちに近況報告、卒業する先輩へ
現代福祉学部3年
32

水 柿 大 地 ︵みずかき だいち︶さん

● 氏名(ふりがな)、学部・学科・学年、出身地を明記して、下記のアドレスに送ってください。採用の可否は応募者に直接ご連絡いたします。
Vol.

例えば、

  一言、大学生活の中で思ったこと感じたことなど)形式は自由、文章だけでなく、写真、イラストを使っても構いません。
岡山県美作市上山
  現 場 に 出 て 学 び た い。現 代 福 祉 学 部 で 2 年 間 地 拠点として私を含めて6人で活動している。上山 で動き始め、どんどん上山はとても〝おもろい〟場
域 づ く り を 学 ん で き た が、現 場 に 出 る 経 験 が 少 な は、か つ て 8 3 0 0 枚 も の 棚 田 を 有 し た 地 域。棚 所になってきている。
か っ た。 大 学 で の 学 び に 飽 き 足 ら な く な っ た 私 は 、 田があった当時の光景は壮観で、昔の写真を見せ   現場に出て知ったことは数え切れないほどあり、
現場に出たいとゼミの圖司直也先生に相談したと られた時には大変驚いた。現存していれば日本に さまざまなことへの興味がつきない。なにも休学

● ただし、文章は800字以内。写真、イラストは計2点までとします。

[応募アドレス] pr@adm.hosei.ac.jp(雑誌「法政」編集部)
ころ﹁地域おこし協力隊﹂というものを教えていた 残 る 棚 田 百 選 な ど 目 で は な い と 感 じ た。し か し、 しろとは言わない。というより休学などしないで
だいた。 今では耕作放棄地と化し、棚田百選からも外れて も自分のフィールドを見つけて学んでいる人が周
  地 域 お こ し 協 力 隊 は、人 口 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 いる。 りにはたくさんいた。一人ひとりが自分の現場を
が 著 し い 地 域 に、地 域 外 の 人 間 が 外 か ら の 目 線 で   私 は 美 作 市 地 域 お こ し 協 力 隊 の 一 員 と し て、そ 持って大学で学んだことを生かし、またそこから
地 域 お こ し に 取 り 組 む 総 務 省 の 事 業 で あ る。住 民 の 棚 田 の あ っ た 上 山 の 環 境 を 生 か し た〝お も ろ い 学 ぶ こ と が で き た ら、法

30年以 上耕作放棄地となっていた棚田
票を当該地域へ移して1年以上3年以内活動する こ と〟
﹁棚田再生、古民家再生、養蜂、農林業、グ 政大学は最良の学びの場
と い う 条 件 が あ り、休 学 す る こ と が 必 至 と な っ た。 リ ー ン エ ネ ル ギ ー 推 進﹂な ど に 取 り 組 ん で い る。 になると思う。例えば、岡

の再生に取り組んでいます
が、地 域 お こ し が 仕 事 だ な ん て 、 地 域 づ く り の 現 た だ、こ れ ら の 活 動 を 6 人 だ け で 行 う な ど 到 底 無 山県美作市上山が私の
場 を 見 た い と 思 っ て い た 私 に は ピッタリ の 内 容 理 な 話 で、4 年 前 か ら 上 山 の 棚 田 再 生 に 取 り 組 ん フィールドとなっている
2011年5月号/ P16(Message)/ 0418

だった。 でいる大阪の英田上山棚田団︵NPO申請中︶
、行 が、皆さんも自分のフィー
  採 用 し て い た だ い た の は 岡 山 県 美み作
ま さか
市。美 作 市 政、岡 山 大 学 な ど 近 隣 の 大 学 生、民 間 企 業、そ し ル ド を 是 非、見 つ け て 学
うえ やま
地域おこし協力隊は美作市の上山を地域おこしの て 地 元、い わ ゆ る 産 官 学 す べ て が 興 味 を 持 ち 上 山 んでいってほしい。