The  Founda+ons  of  Primary  Care  

daring  to  be  different  
Chapter 16;
Social responsibility
M.Morio,M.D.

Previously…
  15章;The  Social  Nature  of  health  and  medicine    
  Sonson01  ;「人間の健康を複雑系アプローチ

でとらえるときに鍵となる(テクノロジーのアン
チテーゼとしての)ナラティブアプローチ(コン
サルテーション)、そして社会における人と人
のつながり(bonding)であるソーシャル・キャピ
タル。」

2

?
  「⃝⃝は、社会科学であり、政治学は、より広

い視点においては、⃝⃝に他ならない」  

hFp://en.wikipedia.org/wiki/Rudolf_Virchow
3

16章イントロとしての問い
  なぜ医師は、患者さんの社会・経済的背景に

踏み込むのか?  
  小児の経済的・社会的問題の健康影響は何
か?  
  失業者の健康影響は何か?  
  経済政策の健康に与える影響とは何か?

4

なぜ医師は、患者さんの社会・経済的背景に踏み込むのか?1  
Disease  and  Socio-­‐economic  development

  1848年、病理医Rudolf  Virchow  
  ロシア政府より,  Silesiaにおける飢餓チフス

(重度飢餓による二次性下痢)の原因調査依
頼  
  結果;悲惨な生活環境、社会的不正義、非衛
生環境、インフラの未整備などが原因  
  “doctors  have  the  duty  to  speak  out  against  
social  injus+ce  and  oppression”  
  国会議員に選出され、ビスマルク政策に抵抗  
5

なぜ医師は、患者さんの社会・経済的背景に踏み込むのか?2  
Disease  and  Socio-­‐economic  development

  1971年、ウエールズ谷の炭鉱労働者の健康被

害の報告(Tudor  Hart,M.D.  Lancet.  “ The  Inverse  
Care”)  
  医師がこの未来を変えることはできない  
  健康被害のコストも踏まえた政策決定するよう
提言する義務はある  
  利益だけでなく、犠牲も含めた社会的なコスト
も考慮に入れないといけない  
6

小児の経済的・社会的問題の健康影響は何か?1  
Health  effect  of  childhood  economic  and  social  problems
  小児期の社会的経済的不利による身体的、歯

科的、精神的健康への影響(A  life-­‐course  
study.Lancet.2002)  
  P=ニュージーランドの1972年度生まれ、任意
1000人小児(3,5,7,9,11,13,15才)  
  E=小児期の社会経済状況、26才までフォロー  
  C=高位維持、高位移動、低位移動、低位維持  
  0=(26才時に健康調査)BMI、腹囲、最大酸素消
費量、歯周病、アルコール、ニコチン依存で、有
意差  
7

8

小児の経済的・社会的問題の健康影響は何か?2  
Health  effect  of  childhood  economic  and  social  problems
  幼少期の経済状況・家庭状況と成人期の健康

の関連の研究(Soc.Sci.Med.1993;36:1047-­‐52)  
  P=スウェーデン4216人、30-­‐75才(1906-­‐51年生ま
れ)、1968年ベースライン問診、13年後再調査  
  E=幼少期の経済、家庭状況を聞き取り  
  C=economic  hardship,  Large  Family,  Broken  
Family,  Dissension  in  Family,  Non  
  O=general  physical,  Ache/pain,  Circulatory,  
Mental,  Mortality
9

10

失業者の健康影響は何か?1  
Health  Effects  of  Unemployment
  20世紀後半に、先進国の低社会経済層にお

ける、失業、特に長期間失業が問題。  
  失業者は、社会の理解が低く、社会との接点
も少ない  
  家庭医は、日常的に、失業者などの健康問
題に関わっている。  

11

失業者の健康影響は何か?2  
Health  Effects  of  Unemployment
 

 
 
 
 

The  Structure  of  a  Factory  closure  :  individual  responses  to  
job-­‐loss  and  unemployment  in  a  10-­‐year  controlled  follow-­‐up  
study.  Social  Science  and  medicine.1990;31:1301-­‐11  
P=ノルウェー・イワシ工場閉鎖による労働者85人(平均44歳、
内F72名)(1975年調査)  
E=失業、10年間フォローアップ  
C=コントロール姉妹工場(未閉鎖)87人(平均43歳、内F66
名)  
O=再雇用率↓、障害年金率↑、労働力部外率↑、GP受診率
20%↑、専門医受診率60%↑、病気休暇期間50%↑、障害
年金受療率300%↑、10年以内死亡率50-­‐100%  
12

13

失業者の健康影響は何か?3  
Health  Effects  of  Unemployment
  Health  effects  of  an+cipa+on  of  job  change  and  

non-­‐employment  :  longitudinal  date  form  the  
Whitehall  Study.BMJ.1995;311:1264-­‐9  
  P=ロンドンの公務員のうち、民営化される部署
666人(M410人、平均44歳)  
  E=部署転換、失業  
  C=他部署7607人(M5123人、平均44歳)  
  O=主観的健康感悪化(男性)、健康問題数悪化
(男性)、配偶者との不和、喫煙率悪化
14

経済政策の健康に与える影響とは何か?−1

Health  consequences  of  economic  decision  making
  十分な予算のない医療・福祉制度では、必要

な医療が受けにくい状況  
  健康(医療)とは…、  
  経済・社会へ利益をもたらす人間やソーシャ
ル・キャピタル(地域社会への信頼)への長期
的な投対象というより、  
  測定可能で即時的見返りのない経費としてあ
つかわれている。  
15

経済政策の健康に与える影響とは何か?−2

Health  consequences  of  economic  decision  making
  高度な医療技術の専門化の拡大、それによるコ

スト増大  
  政府・政治家は、権力・責任を市場原理にまか
せ、専門領域どうしの競争に期待  
  皮肉にも、市場メカニズムは、米国の医療制度
をさらに高騰させ、世界の大部分の医療制度計
画は、市場原理主義に追随する形になっている。  
   The  Market  is  a  strange  creature.Family  Prac+ce.
1995;12:394-­‐401  
16

経済政策の健康に与える影響とは何か?-­‐3

Health  consequences  of  economic  decision  making
  アフリカ、Teresaの場合…  
  閉鎖分娩から膀胱膣瘻、尿失禁となり、手術

が必要のため、費用を貯めていた  
  手術の前に、政府が手術費用を上げたため、
お金に余裕のない彼女は、手術が受けられ
なくなった…  
 

(Towey  R.  A  Memorable  pa+ent.  An  African  woman  weeps.BMJ.
1995;310:1104)  

17

経済政策の健康に与える影響とは何か?-­‐4

Health  consequences  of  economic  decision  making
  健康、医療は、商品ではない  
  医療制度は、常に医療を必要とする人をケア

するものであり、医師にかかることは、常に希
望の場所である。  
  希望の破壊は、健康破壊、地域全体の生命
(Life)破壊を意味する。  
  現在の状況は、160年前のVirchowが見た世
界と何ら変わることはない…  
18

!?
“Medicine  is  a  social  Science,    
and  poli+cs  is  nothing  but  Medicine  
 in  the  broader  perspec+ve.”

hFp://en.wikipedia.org/wiki/Rudolf_Virchow
19

Summary  Points
  医師は、患者(住民)の社会的、経済的不利に対して、
発言する義務がある。  
  幼少期の社会・経済的不利は、経済が回復しても、生
涯にわたり健康障害を引き起こすことがる。  
  失業は、より健康被害に結びつきやすく、地域の資源
の大きな消耗になる  
  プライマリヘルスケアサービスの未整備、アクセス障
害、また高価な二次、三次医療サービスへの過度な
投資は、個人、地域の健康を破壊し、究極的には、地
域の経済発展の驚異となる。  
  新自由主義政策は、個人、地域の健康、幸福の損失
に大きな原因になる  
20

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful