You are on page 1of 4

﹁ 金 融 機 関 の 貸 し 手 責 任 を 問 わ な い

否 定 は せ ず 、 枝 野 幸 男 官 房 長 官 も

な い こ と ﹂ の 三 つ が 含 ま れ る こ と を

融 機 関 の 債 権 放 棄 ﹂ と ﹁ 社 債 を 償 還 し

関 係 者 へ の 協 力 要 請 ︶ に ﹁ 減 資 ﹂ と ﹁ 金

し た 政 府 の 確 認 事 項 の 六 項 目 ︵ 利 害

細 野 豪 志 首 相 補 佐 官 は 、 東 電 が 了 承

つ 。 東 電 で の 合 同 会 見 ︵ 一 一 日 ︶ で

A L ︶ の 処 理 と 比 べ る と 甘、 さ は 際 立

機 関 の 債 権 放 棄 を し た 日 本 航 空 ︵ J

の 公 的 管 理 の 下 、 一 〇 〇 % 減 資 金、 融
は な っ て い る が 、 東 電 の 経 営 責 任 を

し か し 会 社 更 生 法 で 破 綻 、 事 実 上
突 き つ け て 了 承 さ せ た と い う 格 好 に

返 済 し て い く ス キ ー ム だ 。

た 上 で 東 電 の ﹁ 利 益 ﹂ か ら 賠 償 金 を
的 な 内 容 に つ い て は 回 答 を 控 え る ﹂

付 国 債 ︶ と 電 力 会 社 の 拠 出 金 を 出 し
る の か ﹂ と 聞 い た が 、 東 電 は ﹁ 具 体

︵ 仮 称 ︶ を 新 設 し 、 そ こ に 税 金 ︵ 交
電 に 対 し て ﹁ こ の 三 つ と も 受 け 入 れ

が 閣 議 決 定 さ れ た 。 ﹁ 原 発 賠 償 機 構 ﹂

発 事 故 賠 償 策 の 枠 組 み ︵ ス キ ー ム ︶
は 得 ら れ な い ﹂ と 釘 を 刺 し た 。

五 月 一 三 日 、 東 電 に 非 常 に 甘 い 原
と 、 ︵ 今 回 の ス キ ー ム は ︶ 国 民 の 理 解 厳 し く 問 い 、 国 民 負 担 を 最 小 限 に す

と 答 え る だ け だ っ た 。 官 邸 が 要 望 を

だ が 、 閣 議 決 定 当 日 の 一 三 日 、 東 ど う か は 、 い ま だ に 流 動 的 な 状 況 と

そ 最 大 の 因 と し 、 幹 部 の 事 れ た 送 電 と 発 電 を 分 離 し 地 域 独 わ ゆ る 百′ 貨 ペ ー パ ー は 握 り つ ぶ さ が 作 成 し た ﹁ 東 京 電 力 の 処 理 策 ﹂、 い も あ る 同 省 大 臣 官 房 付 の 古 賀 茂 明 氏 今 回 の 賠 償 ス キ ー ム と い え る の だ 温 存 し て き た 経 産 省 主 流 派 の 産 物 が と さ れ 電 力 会 社 の 地 域 独 占 体 制 を 省 ト ッ プ の 松 永 和 夫 事 務 次 官 の 直 系 し た と み ら れ て い る 北 川 氏 は 経 産 人 た の か な っ て 要 枠 組 み に い 甘 い の な え

問 な ぜ 東 電 の 任 ス ト ー 。 に ト レ 責 が

握 り 潰 さ れ た 東 電 解 体 案

い え る の で あ る 。

る 三 つ の 施 策 が 実 行 に 移 さ れ る の か

握 一 東 り 時 京 つ は 電 ぶ ﹁ 力 さ 解 福 れ 体 島 ﹂ た も 第 ﹁ 視 一 東 京 野 原 電 に 子 力 入 力 の れ 発 破 ら 電 綻 れ 所 処 て の 理 い 事 策 た 故 ﹂ 東 の が 電 賠 あ に 償 っ と 策 た っ で ︱ て 、 ﹁ ︱ は 原 。 、発 九 死 賠 に 償 機 一 構 生 を 宍 得 仮 た 称 ︶ 賠 の 償 設 策 立 と が な 検 っ 討 た さ 一 れ 方 て で い 、る 。

阻 ま れ た ﹁ 東 電 解 件

0 賠 償 ス キ ー ム は 誰 ・

一 方 産 業 再 生 機 構 へ の 出 向 経 験

〃 、

で あ る 北 川 慎 介 ・ 総 括 審 議 官 が 作 成

事 故 に よ る 経 済 被 害 対 応 室 ﹂ の 室 長

ス キ ー ム は ﹁ 内 閣 官 房 原 子 力 発 電 所

い ま す ﹂ と 認 め た 通 り 今 回 の 賠 償

さ ん は 主 に 賠 償 問 題 の こ と を や っ て

野 補 佐 冨 が ﹁ 北 川 慎︵ 介 総 括 審 議 官 ︶

東 電 で の 合 同 会 見 ︵ 一 〇 日 ︶ で 細

産 業 省 支 配 が あ げ ら れ る だ ろ う 。

さ え 左 右 す る と い わ れ る 東 電 の 経 済

横 田 一

週刊金曜 日 2011.5.20(847号 )

た が そ の 後

当 初 、 ︵ 四 月 五 日 ︶ は A 4 判 五 枚 で し ム に 関 す る 部 分 は オ ー ソ ド ツ ク ス で

処 理 策 ︵ 暫 定 版 こ と 題 し た 文 書 は 分 も あ り ま す が 東 電 の 賠 償 ス キ ー 強 い 立 場 に あ っ た ﹂ と 指 摘 し て い た

員 は い ﹂ つヽ 指 摘 す る ﹁ 東 京 電 力 の 価 し て い た 、 コ 部 疑 間 を 感 じ る 部

悪 く な い 自 民 党 の 塩 崎 恭 久 衆 院 議 の 松 沢 弘 氏 も ご 替 ︵ペ ー パ ー を 評 ﹁ 東 電 に よ る 日 本 支 配 の 構 造 ﹂ と 銘 批 判 し 旧 民 社 党 系 の 国 会 議 員 も ス

︵ 四 月 一 人 日 ︶ 、 改 訂 賛 同 で き ま す し か し 東 電 の 影 響 リ ー ダ ー で あ り 資 金 面 で も 選 挙 活 話 を し て く れ た 多 い 電 力 会 社 は 各 地 域 の 経 済 界 の 関 連 し て 民 主 党 国 会 議 員 は こ ん な に 古 く か ら 世 話 に な っ て い る 議 員 が る べ き だ ﹂ と 発 言 こ う し た 動 き に

や ネ ッ ト 上 な ど に 広 ま っ た 評 判 も

信 を 続 け

、 古〃 賀 ペ ー パ ー は 永 田 町

東 電 の 破 綻 処 理 策 を 紹 介 す る な ど 発 す ﹂。

の 古 賀 氏 は テ レ ビ 朝 日 に 出 演 し て 理 策 の 採 用 を し て お り 評 価 で き ま

天 下 り 容 認 と 批 判 す る 闘″ う 官 僚 〃 問 わ れ た J A L と 同 じ よ う な 破 綻 処
案 が 実 現 す る こ と は な い で し ょ う ﹂。

し か し 民 主 党 の 公 務 員 制 度 改 革 を こ の イ 暑 ペ ー パ ー は 経 営 責 任 が 、

じ 込 め た の だ

め 古 賀 氏 の 厳 し い 破 綻 処 理 策 を 封

を ツ ケ 回 す ﹁ 原 発 賠 償 機 構 案 ﹂ を 広

室 を 拠 点 に 東 電 に 甘 く 国 民 に 負 担

財 務 官 僚 が 北 川 室 長 の 経 済 被 害 対 応

か っ た 危 機 感 を 抱 い た 経 産 官 僚 と

た が 。 正 式 な 政 府 案 と な る こ と は な

営 責 任 も 厳 し く 問 う 内 容 に な っ て い

蘇 っ た よ う な 内 容 し か も 東 電 の 経

れ た コ電 力 自 由 化 。 ︵ 送 発 電 分 離 と が

成 二 事 務 次 官 時 代 の 〇 二 年 に 検 討 さ

占 を 打 破 す る 大 胆 な 改 革 案 で 村 田

上などに広まる古賀茂明 永田町やネッ ト 氏 (経 産省大臣官房付)が 作成 した「東 ` 、 京電力の処理策」 いわゆる 古賀ペーパ ー″ の分離や金融機関の債権 発電 。送電と 放棄など、東電にとっては避けたい内容 が書かれている。(撮 影/筆 者)

週 号 で 指 摘 し た 経 済 ジ ャ ー ナ リ ス ト 体 の 実 現 を 阻 む 巨 大 な 力 に つ い て た ﹂ と 一 五 日 の テ レ ビ 朝 日 の 番 組 で

東 電 の 経 営 責 任 を 問 う べ き だ と 先

版 が 出 て A 4 判 一 九 枚 と な り ま し た

い 政 策 は な か な か 通 り に く い 逆 に 挙 区 で 自 民 党 候 補 と 闘 う 場 合 電 力

員 が 圧 倒 的 に 多 い の で 東 電 に 厳 し 例 単 独 候 補 は 別 で す が 地 方 の 小 選

社 の 世 話 に な り た い と 考 え て い る 議 た 上 で 文 書 を 差 し 出 す の で す 比

数 の 議 員 し か い な い 今 後 も 電 力 会

て い る の は 河 野 太 郎 議 員 ら 極 め て 少 員 が 原﹃ 発 は 安 全 と 見 ら れ て い ま す

で 具 体 的 に 東 電 の 解 体 論 な ど を 唱 え 労 組 の 事 務 所 に 挨 拶 に 行 っ た 際 職

今 回 の 事 故 後 に も 自 民 党 の 政 治 家 と 書 か れ た 文 書 に サ イ ン を さ せ ま す

こ と は 極 め て 困 難 で あ る 従 っ て

動 で も こ れ を 敵 に 回 し て 選 挙 に 勝 つ

﹁自 民 党 の 政 治 家 は 全 国 の 電 力 会 社 を 果 た す べ き ﹂ ﹁ 東 電 の 免 責 を 認 め

打 っ て ﹁、 日 本 中 で 誰 よ り も 圧 倒 的 に キ ー ム の 決 定 寸 前 に ﹁ 原 子 力 政 策 は

、 古″ 賀 ペ ー パ ー 〃 も 東 電 解 す る 枝 野 発 言 を ﹁ ち ょ っ と 言 い 過 ぎ

実 は

民 主 党 東〃 電 応 援 団 ″ の

的 、 社 会 的 な 変 革 が な い 限 り 、 こ の

力 は 非 常 に 強 く 、 よ ほ ど 大 き な 政 治

ている 質疑応答 し 細野 賠償スキームについて 豪志首相補佐官 (左 )。 今回の賠償スキーム 発電の分離の選択 案に し 対 て「将来の送電と ・ 。 回答するが …… 肢を 狭めることはない」 と (撮 影/筆 者
)

よ ね ﹄ と い う お 互 い の 認 識 を 確 認 し

る 場 合 反 原 発 の 発 言 を し な い こ と

﹁ 電 力 総 連 は 民 主 党 候 補 者 を 推 薦 す

国 策 東 電 だ け で な く 国 が 賠 償 責 任 。

担 当 大 臣 は 金 融 機 関 の 債 権 放 棄 に 関

質 が 露 呈 し た

玄 葉 光 〃が 一 い 郎 る 国 と 家 で 戦 , 略 体

の 中 に く 電 応 援 団

実 際 閣 議 決 定 の 前 後 で 民 主 党

、 〃

ペ ー パ ー よ り ︶

想 い 起 こ す 人 も 多 い だ ろ う ﹂ ︵″ 古 賀

会 長 に 上 り 詰 め た 人 物 で あ る こ と を

が 東 電 出 身 で 電 力 総 連 会 長 か ら 連 合

い る か わ か る ︶ の 職 に あ る 笹 森 清 氏

に 民 主 党 が 如 何 に 組 合 に 気 を 使 っ て

特 別 顧 問 ︵ ﹁ 特 別 ﹂ と つ け た と こ ろ

で も 最 有 力 組 織 の 一 つ で 現 在 内 閣

を 強 く 受 け る 電 力 総 連 は 連 合 の 中

関 連 労 働 組 合 で あ る 電 力 総 連 の 影 響

面 化 し て い る 民 主 党 も 電 力 会 社 の

東 電 を 守 ろ う と す る 露 骨 な 動 き も 表

週刊金曜 日 2011.5.20(847号

)

た 罵 声 何 も 飛 ん だ 。 と い ﹂ の か 度 い が 来 な が 長 会

ぜ が こ こ ま で 遅 た の ﹂ っ ﹁な か れ

い た こ と か ら 何﹁ で 来 る 時 期 て た ら し い の に も 経 月 半 余 カ ら 一 か 故

事 側 の 回 は 具 性 を き 欠 っ 体 答 電

墓 つ い て 聞 い て い た か 、

後 と の 見 通 し や 補 っ し し に に 原 発 事 故 に よ り み ん な バ ラ を 促 す べ き で は な か っ た の で す る こ と が 事 業 者 の 役 割 だ と 。 な ど 今 容 内 な が ら 償 え を 訴 現 状 り

応 が と り 村 民 の 、 一 人 ひ な 答

疑 い 東 側 、 明 後 質 た し 説 が 電 て

事 故 束 に 向 工 程 表 に つ 緒 に 通 学 す る は ず だ っ た 友 だ た 、 た け 謝 罪 を し が ら な 収 を 座 下

住 民 し 集 ま た 説 明 会 で 土 。 が

の ︶ を 訪 っ 二 〇 〇 入 以 上 三

人 県 飯 れ 村 ︵人 口 約 六 一 〇 〇

島 画 舘 域 指 定 さ 福 た れ に 避 難 区 的

は 月 三 〇 日 村 内 域 が 計 大 き な 拍 手 が 起 き た の は 、 高 全 男 社 長 ら 副 、 紀 四 京 力 の 鼓 電 東

除 た 形 政 治 判 を き で 響 力 る よ う     と 聞 た が 、 政 家 は ﹁具 何 体 的 な 内 容 ﹂ 電 力 の 資 産 売 却 は 利﹃ 益 ﹄ 減 少 と な と 一 〇 と 日 一 一 う た 懸 日 念 細 同 会 見 補 佐 で ぶ に 月 け 五 る こ 官 野 を う わ け だ 。 す 現 を 実 い 電 離 分 と 発 こ し 能 送 不 可 は る 以 上 、 あ の か 位 な 人 は 治 東 い を た し 与 供 宜   を 排   断 の 影 的 電 ﹁東 で い た て し を

案 あ し 賀 。 パ 〃 こ ん 提     い か 今 ま 面 談 政 家 で 便 電 力 の 再 編 成 ︵ 送 発 電 分 離 な ど ︶ は か 賠 償 資 を 捻 す る ス キ ー ム で 出 金 ら 治 た し で な ー は ー ペ る に

︱ ム 。 い 風 に な た 能 性 十 分     。 家 も 含 ま れ て る の 、 な で は て か っ い を は 与 供 る 便 宜 治 い わ ゆ る 政 い る せ     は ス キ 償 可 賠 い っ に 甘 電 東 力 の 追 響 が の 影 社

会 る と う わ け だ が い い

推 進 会 員 に 、 り 〃 を か け て 議 国

、 と 組 同 場 原 を     に 対 す る 発 で 立 が 労

営 陣

経             じ                 見 ︵ 一  

 ﹂

が 話 出 る こ と は 一 切 あ り ま せ     府 政 ん に も

で 後 ろ め た の で 議 員 士 の 間     同 い が

体 違 い な い イ 、 を た こ と 自     し て る ﹂ 紹 と 介 そ 。 こ 東 で 電 に 談 で の を 済 と 国 民 負 担 最 小 化 の た め の 福 島 原
東 京 電 力 出 身 で 電 力 総 連 会 長 か ら 連 合 会 長 と

は な い 。 原 因 ン し て る の     い な っ に き な 大

言 し 会 員 が 原 発 ︵脱 原 ︶ を 明     四 日 の プ み 野 郎 京 電 力 や 電 事 連 エ ネ ル ギ ー 政 策 研 究 所 ﹂ は ﹁被 害 救 月 五 員 議 は 衆 院 太 河 に グ で ﹁東 な ロ ち   発 反 議 国

党 け 事 故 が 起 き 後 も 多 く 民 主     と る ﹂ の た の

 、

古″

縛″

つヽ た 力     献 金 、 り 子 も さ 入 社 さ を ん ど た を し 電 し

ゝ﹂

を で 産 す む 。 夢 将 を 来 持 は っ 結 て 婚 い し ま て す 子 。 ど も も

か っ た の で す か 。 私 は 女 の 子

い ﹂ と 言 っ て 、 い な た ぜ 専 対 門 応 家 し も な い

の ︶ 防 波 堤 を 高 く し た 方 が い

バ ラ に な っ た 。 ﹁ 原 発 敷 地 内 す か ?   私 だ っ て 被 曝 し て い

で も 普 通 に 生 活 で き て い た の な い か ら 避 難 す べ き ﹄ と 注 意 す る 際 に 正 確 な デ ー タ を 提 供

ま し た 。 地 震 だ け な ら 飯 舘 村 た

ち も 遠 く の 方 に 転 校 し て い き

高 校 に 通 学 し て い ま す が  、 一

時 イ の ク こ を と 握 だ り っ し た め 。 、 。 い ﹂ 今 つヽ 訴 は え 川 俣 た ﹁ 私 は 一 五 歳 で す な ら な い よ う に 現 在  、 一 生 懸 会 社 が な ぜ 真 っ 先 に 避 難 を 呼 来

校 一 年 生 の 渡 辺 奈 央 さ ん が マ し て く れ る の で す か / ﹂

三 時 間 に 及 ぶ 会 の 中 で 最 も

    て る の か 、 選 挙 応 援 を し た り 、 賠 償 ス キ ー ム が 送 発 電 分 離 を 阻 害 す 底 る と し 、 東 京 金 気 料 金 ス ト ラ へ 安 易 に 不 徹 を 電 は リ 力 の 電 た め 制 で し 体 人 で を 何 動 。 ー 活 い ロ ビ

支 援 を 熱 心 に し て く れ ま す 。 こ れ だ
与 、

し い 。 実 際 、 サ イ ン を す る と 、 選 挙
労 組 に よ る 政 治 家 へ の 献 金 、 便 宜 供

労 組 の 応 援 は 喉 か ら 手 が 出 る ほ ど 欲
に す る た め に 直 ち に 東 電 及 び 東 電

三 ︶ で 、 対 は 国 会 議 員 銀 行 の 利 益 第 こ で は な く ﹃ 日 本 の 会 室 の 合 同 策 合 ﹁東 電 日 力 統 電 京

。 東

い 館 員 一 人 一 人 面

員 会 議 で

。 渡 辺 さ ん は 悔 し さ を 滲 ま ﹃ せ 危 ﹁ そ れ な ら も つ と 早 く っ て い ま す 。 そ う し た 判 断 を 国 や 福 島 県 が 行 な う こ と に な

で 命 い 事 ま 故 す 収 ﹂。 束 に 向 け て 取 り 組 ん び か け な か っ た の か ﹂。

、 子 ど も が 産 め な い 事 態 に 性 を 認 識 し て い る は ず の 電 力

鼓 副 社 長 は ヽ ゝ 雄 軍 え た 。 ﹁ 将 放 っ た ら か し に さ れ た 。 危 険

の し 夢 こ は こ 潰 で さ 被 れ 曝 ま し す て 。 い ど た う ら 補 、 償 私 る と 思 い ま す よ ! ﹂

ロ ビ ー 活 動 の 禁 止 な ど の 措 置 を

福﹁ 島 第 一 原 発 で 爆 発 が 発 生

し 子 た さ 。 ん は 将 来 の 不 安 を 露 わ に

飯 舘 牛 な 、 ど 酪 畜 農 産 家 で の 有 原 名 田 な 公 飯

舘 村 だ け に

思 。 い ま す ﹂ と 答 え る だ け だ っ

東 電 は ﹁ 避 難 措 置 の 判 断 は

民 は 一 カ 月 以 上 も 危 険 地 域 に

別 の 男 性 も ゝ ゝ 箔 常 t た ﹁。 村

事 実 上 不 可 能 と な る ま た 東 京

。 、

を ね ん 出 す る ス キ ー ム で あ り 東 京 ビ ネ ス モ ル あ る た め 、 利﹁ 益 ﹂ で デ ジ

﹁ 東 京 電 力 の ﹃ 利 益 ﹄ か ら 賠 償 資 金 転 東 電 地 域 独 占 制 を 提 と た し 前 体 ﹂ は る さ れ 嫁

る と 問 題 視 し て い た

未 来 第 こ を ﹂ こ の 中 で 今 回 の 。

ー ス し た 副 題 は ﹁ 東﹃ 電 ・ 官 僚 ・
と き に 行 な わ れ た 記 者 会 見 。 ︵ 提 供 / 時 事 ︶

発 事 故 賠 償 ス キ ー ム ﹂ を プ レ ス リ リ
な っ た 笹 森 清 氏 。 写 真 は 二 〇 〇 五 年 の 春 闘 の

閣 議 決 定 の 同 日

発 分 離 へ の 書 阻 電


る と ま た

に に つ ど て は 回 答 。 控 え た ﹂ と 答 え い を つ い

︵ 一 三 日 ︶、 ﹁ 環 境

分 離 の 選 択 肢 を 狭 め る こ と は な い ﹂ の 電 発 と 送 電 く な と る こ 妨

を げ な

し い 将 来 の 力 電 社 の 営 態 形 経 会 。

利︵ い 益 で 返 済 す る ︶ ス キ ー ム と 盾 矛 す わ い

そ れ け れ で の 分 社 す る こ と 自 体 が 償 金 を 取 れ ば 。 社 会 か ら 賠 離 ぞ つ 力

電 く が 二 に 分 さ た と し て も 、 り れ ﹁か ﹂ 違 う 問 題 が 元 次

全 で 求 め た ︶ リ ス ト ラ と つヽ に 東 京 い れ ら

体 ︶ の 問 と ︵賠 償 ス キ ー ム ︵送 発 作 成 電 一 の か る 題 ち 、 け 続 持 網 を 送 電

て 意 思 決 定 を し て は い な い 今 回 の つ い 。 に り 方 あ て 力 社 の 会 電 と 権

政 る と し ん な 答 え 返 き た コ 日 て が こ

は 、

の 合 っ

の は

。 つ

週刊金曜 日 2011.5.20(847号 )

行 な て た き た い ﹂ 償 を こ の 飯 舘 村 政 に 何 度 も 来 て 、 が ︶ に は 組 織 府 る 間 め 決 針 を 補 急 だ 至 大 い っ 止 め け 受 を

ち り す 、 私 ち の 気 持 た P   か ま

か た 方 に 私 ち 気 ち が 分 し 持 の た

な 歩 い て い る 境 す あ か し で 心 で

り 暗 な

真 っ ず 私 ト ネ ル の 。 探 い 一 〇 年 後 舘 に う ど る 間 っ て く い 年 の 府 が 委 任 す る も の な の で 何 と の 後 五 が 人 な に い ま 飯 い を 手 な 中 日 の 出 ン ち は た ま

進 、 / り の の さ

一言 買 断 す 、 審 磐 っ 先 に ﹄ し て い る と 思 て る の 、 で 。 曝 被 い 部 っ り 内 な か め も 含 ち た り ば 早 急 に 瞑は で 決

の ま た 。 々 と て も 苦 渋 我

り か し 。 消 し る こ と な し ほ 、 こ の 間 、 ど も 置 子 か 村 に 設 い 。 す て し る の で あ 置 が に え 家 が 農 酪 ら

集 ま り 話 合 結 果 村 た っ

が ほ い 村 し 一 軒 の 、 家 は こ 農 酪 一 内

し 。 う る の か 直 接 見 て ェ ク ﹂ ト 幹 事 な

る と ど 得 ま せ ん 、 痩 細 せ 牛 が る を

ざ の 牛 与 え る 。 量 削 ら は の 餌 に

で い ま す 入 が 入 な い ひ ら 収

て て 〇 。 毎 牛 乳 捨 を 日 日 間 四

か ら

ん 牛 乳 、 止 な て に 停 出 荷 が 。

の で そ う 簡 単 に は き い ま せ

搾 、 乳 な の 作 業 毎 あ る 日 が

は こ と も 可 ど で 能

和﹁ 牛 も で あ し ょ 牧 場 、 け る 預 に た れ ば う を こ 訴 え 状

さ ん 現 農 家 の 長 。 川 健 一 谷 農 同

局 酪 じ も あ り ま せ ん で た ﹂ し 何 、

く る 思 て い た が 結 と

て れ ち っ と 筋 、 て を 立 道 ん き や 県

国 が

う が 乳 牛

組 笙 僣 笙 墨 景 L ︵補 償 、 方 集 盪 晟

ほ い の す ﹃原 力 子 で

て し り 追 い 。 け て 補 償 か か っ

﹁内 部 曝 を 値 。 き る 装 で 化 た 数 を 案 被 提 な ん

愛﹁ す る 飯 村 , 2 を 還 と せ プ ロ ジ た 回 答 し 舘 思 と た い

応 し

と 感 ま た 早 急 。 対 に し じ

し 電 は 悲﹁ 痛 。 い を ひ し 思 な

し 。 見 さ ん

愛 澤 卓

に 、 対 清 処 水 し 正 ま 孝 す 社 ﹄ 長 と は 話 四 し 月 て 二 い 人 た ャ ー ナ リ ス ︶ ト め ・ リ ー ジ フ   は じ た こ よ︵

社 長 を 批 判 す る 男 性 、 も ﹃ 真 い 摯 た 。 却 す る の す ﹂ で を 含 め た 資 を 産 備 設 め 売 は

﹁ 補 償 方 針 の 説 明 の 際

も 言 え ま せ ん ﹂。

賠 償 紛 争 審 査 会 メ ン バ ー は 政 な

ら せ て 頂 き た い 。 原 子 力 損 害 正 ﹁東 電 増 を 夫 さ 身 ぐ つヽ 強 み は が す う よ る す 調 こ は る ん

に 関 し て は 一 度 会 社 に 持 ち 帰 て 回

度 し か な い 。 飯 舘 村 へ の 設 置 な 答 な か た 村 民 に 長 の つ い っ 。 な ど 期 間 し や 償 補 容 内

ヽ つ こ と 。 で と 内 、 て 部 当 も 被 社 精 曝 に 密 量 も で を 数 大 推 台 き 定 程 い で 装 置 の た め き ま す 局 後 ま 東 側 は 具 的 体 結 電 た が 、 三 二 で と な っ 後 の 三 時 間 会 最 、 会 は 散 て 時 に ま は 静

ー ル ボ デ ィ カ ウ ン タ ー ﹄ を 使

東 電 は こ ヽ つ 回 答 し た 。 コ ホ び 上 下 座 次 。 第 に 住 民 の 怒 り て 再 い に 続 後 直 始 は 開 部

て 、 補 き 償 ち 期 ん 間 と を 教 ど え う て 考 く え だ て さ い い る ﹂ 幹 ら る 回 を 求 た す と る 、 さ め 詰 。 寄 り め に 答 部 な ら が 電 幹 東 ら

入 っ て い る の で す 。 東 電 と し

上/「 私 も被曝 している」 悔 し と さを滲 ませなが ら える渡辺奈 訴 央 さん。 /土 下座 して謝罪す 右上 る東電幹部 ら 右下/痩 せこけた 。 牛 を前に、 溜来の不安を口にする 原田公子 さん。 影・ 筆者) (撮

女 子 高 校 生 の 悲 痛 な 訴 え に 東 電 は ⋮ ⋮

﹁被 曝 し て た ら 子 も を 産 む 夢 が 潰 れ る ﹂
横 田

し の い き ま た つ い で

か 弟 お 金 を 。 何 か と り 借 し に 兄

す 。

れ ば 生 費 も 困 に 活

る 、 め 牛 乳 出 荷 止 停 回 に し て な い が て 、 い ま と め に た 払 の 支

収 入 ほ と ん 餌 代 や 機 代 械 す ま い て ど こ け 痩 せ は ず て お

ら 、 小 限 に 与 。 え か 餌 を 最

牛 に

な は で き な か た 家 し う よ の 族

け ど 牛 っ 。 逃 る こ と い て げ 置 を

、 点 逃 出 た か た

た 時 で げ し っ

る 状 況 で

飯舘村での土下座説明会

補 償 方 を 決 メ バ ー に い い ﹂ く 。考 る め う ン 人 間 が な そ り 針 言 張 い と だ ﹂

な う 何 死 つヽ が 然 今 後 償 ど よ う 補 償 を 進 に 変 わ く め て る て っ の り も 方 や の 補 ち が が ん に 偶﹃ の 人 私 た ろ が 属 所 も 授

教 リ ス ク 管 。 理 ア バ イ ー ︶ 射 性 物 質 の 布 状 況 よ 。 て に っ 分 ザ

康 大 学 教 授 福 ド 県 放 射 健 飯 村 は 農 地 域 だ か ら 放 業 舘 線 島

て 院 た 山 、 ︵俊 全 一 ・ 崎 学 こ れ で 信 用 き ま せ 、 よ ん 。 た を し で の 発 言 は る 旨 す 定 大 長 と 張 主 し を 否 ﹄ 下 安﹃ だ い 返 り

繰 し

じ 営 、 の 個

経 リ 者 ラ 人 産 資 要 す の を 歴 代 で 必 ス

会 終 了 後 納 得 な 、 民 い 住 し 、 す

ま ﹂。 進 め て き た い 思 い と い を 染

除 村 ・ 専 家 相 談 な が ら に 門

町 ん 測 定 と

な の で 放 射 、 物 性 て 質 量 重 要 を き ち 題 な 問 は 、 し 土 壌

の な に と 思 ま す 農 地 域 業 い い

は 社

水 長 電 に ︶ 責 う を 回 答 れ た 清 沢 こ は 東

性 あ る ﹂ と 東 電 の 。 任 責 も

能 る 責 条 項 、 て ま る 可 は 当 に 免 け

日 、 原﹃ 力 害 賠 償 法 お に 損 子

ト が

っ 、

え な

つ い

国 県 し ・ 係 市 関 ・

任 。 る 意 図 免

の 教 え く だ さ て か

し 。

提 供

︵ 共 著 、 金 曜 日 ︶ な ど 。

の 構 造 ﹄ ︵ 共 著 、 緑 風 出 版 ︶ 、 ﹃ ト ヨ タ の 正 笙

治 が 歪 め る 公 共 事 業   小 沢 一 郎 ゼ ネ コ ン 支 配

よ こ た   は じ め ・ フ リ ー ジ ャ ー ナ リ ス ト 。 ﹃ 政

さ ん に も 協 力 を し て い た だ き た い ﹂ と 答 え た 。

て い た だ け れ ば 、 そ う い つ た 利 害 関 係 者 の 皆

の 要 現 六 請 と 項 に し 目 対 て 目 す は に る 、 書 回 政 い 答 府 て と の あ し 側 る て か 文 示 ら 脈 し 東 を た 京 そ も 電 の の 力 ま で に ま 、 対 取 そ し て っ こ 、

済 し な い ﹂ に つ い て 細 野 補 佐 官 は ﹁ 正 確 な 表

︿ 注 ﹀ ﹁ 減 資 ﹂ と ﹁ 借 金 棒 引 き ﹂ と ﹁ 社 債 を 返

る こ と が 今 後 重 要 に な る だ ろ う 、

と す る 政 治 家 や 官 僚 を は っ き り さ せ

こ の 意 向 を 受 け て 東 電 解 体 を 阻 も う

面 下 で 工 作 を 続 け る の は 間 違 い な い

激 し さ を 増 す の は 確 実 で 、 東 電 が 水

派 ︶ と 反 対 派 ︵ 守 旧 派 ︶ の バ ト ル が

体 に 踏 み 込 も う と す る 推 進 派 ︵ 改 革

能 性 も 残 さ れ た そ の た め 東 電 解

釈 の 仕 方 に 幅 が あ り 東 電 解 体 の 可

も の の 曖 味 な 内 容 で あ る た め 解

賠 償 ス キ ー ム の 閣 議 決 定 は さ れ た

が あ り ま せ ん ﹂ 2 0 日 の 会 見 ︶

却 を 考 え て も ら う 姿 勢 は 全 く 揺 る ぎ

京 電 力 に 対 し て は あ ら ゆ る 資 産 の 売

は こ う 答 え た か ら だ 。 ﹁ 菅 政 権 は 東

う か ﹂ と の 質 問 に 対 し 細 野 補 佐 官

発 電 の 一 体 が 菅 政 権 の 方 針 な の か ど

﹁ 東 電 の 地 域 独 占 を 温 存 し て 送 電 と

な も の と 明 言 す る べ き だ

た 枠 組 み は 電 力 自 由 化 ま で の 暫 定 的

す 必 要 が あ る 今 回 閣 議 決 定 さ れ

。 、

電 分 離 ︶ を 実 現 す る の か を 明 確 に 示

占 体 制 を 打 破 し 電 力 自 由 化 ︵ 送 発

そ う で あ れ ば い つ ま で に 地 域 独

と 回 答 。

週刊金曜 日 20115.20(847号

)