和語 と漢語

エ ハ   辞   書

五   漢 文 訓 読 文

四   記 録 体 ︵ 変 体 漢 文 ︶

〓 一   漢 字 仮 名 交 り 文

一 一   和 文 ︵ 平 仮 名 で 書 か れ た 日 記 。 物 語 の 類 ︶

一   和   歌

和 語 と 漢 語 と い う 観 点 に 立 っ て 、 次 の よ う な 方 法 を 試 み た 。 考 え る こ と と す る 。

た 文 い 。 献 の 分 類 に つ い て は 、 い ろ い ろ な 方 式 が 考 え ら れ る が 、 当 で あ る 。 こ こ で は 、 韻 文 と し て の 和 歌 の 部 分 だ け に つ い て て 、 こ の 部 分 は 、 後 の 章 で 述 べ る 和 文 と 同 類 と 考 え る の が 適

と に 別 々 に 記 述 し 、 最 後 に 、 全 体 的 な 展 望 を 試 み る こ と と し 集 の 中 で も 、 仮 名 序 や 詞 書 の 類 は 、 散 文 に 属 す る も の で あ っ

一 概 に 述 べ る こ と は で き な い 。 ま ず 、 そ れ ら の 文 献 の 種 類 ご す べ て 和 語 を 用 い 、 漢 語 は 用 い な い の が 原 則 で あ っ た 。 和 歌

違 に 伴 な っ て 、 和 語 と 漢 語 の 使 用 さ れ た 状 況 も 様 々 で あ り 、

が あ り 、 そ れ ぞ れ 、 独 自 の 文 体 を 具 え て い た 。 そ の 文 体 の 相

一 口 に 中 古 語 と 言 っ て も 、 平 安 時 代 の 文 献 に は 多 く の 種 類

和 語 と 漢 語

主 と し て 、 相 当 数 の 漢 語 が 使 用 さ れ る の が 常 で あ る 。

教 歌 で あ っ て 、 仏 教 関 係 の 和 歌 で あ る 。 こ れ に は 、 仏 教 語 を

漢 語 が 重 ね ら れ て い る と い う 形 で あ る 。 第 二 は 、 い わ ゆ る 釈

み 込 ま れ た 漢 語 で あ り 、 表 面 的 に は 和 語 で あ る が 、 そ の 中 に

こ れ に は 大 き く 分 け て 二 種 類 あ る 。 第 一 は 、 物 名 歌 の 中 に 詠

ま ず 、 和 歌 に 用 い ら れ た 例 外 的 な 漢 語 か ら 考 察 し て 見 た い 。

和 歌 は 、 勅 撰 和 歌 集 は も と よ り 、 私 家 集 の 類 に 至 る ま で 、

― ― 13 -― ― ――

和語 と漢語

心 深 い 歌 ︵ 一 人 〇 で I あ じ っ 八 た 月 が 、 の 成 発 立 心 で 和 あ 歌 る 集 か と ら い 、 う 拾 私 遺 撰 和 集 歌 が 集 あ と る 大 。 体 寛 と は 比 較 に な ら ぬ ほ ど 、 多 量 で あ る 。 漢 語 の 内 容 は 、 物 語 な

弘 九 年

選 子 内 親 王 冗 ニ ハ 四 ︱ 一 Q 一 五 ︶ は 村 上 天 皇 の 第 十 皇 女 で 、 道

な 要 素 の 濃 密 化 の 一 つ の 現 れ と 見 て よ い の か も 知 れ な い 。

な ど 、 漢 語 を 詠 み 込 ん だ 例 が 増 加 し て 来 る 。 こ れ は 、 中 世 的

○ ま 極 れ 楽 ︵ へ 一 ま 九 だ 二 我 四 、 が 読 心 人 ゆ 不 き 記 ︶ つ か ず ひ つ じ の あ ゆ み し ば し と ゞ

○ 南 ︵ 無 一 九 阿 二 弥 五 、 陀 法 仏 月 の 上 御 人 ︶ 手 に か く る 糸 の 終 み だ れ ぬ 心 と も が な

○ ま 阿 へ 褥 多 ︵ 一 羅 九 三 二 〇 貌 、 三 伝 菩 教 提 大 師 の ︶ 仏 た ち 我 が 立 つ 柚 に 冥 加 あ ら せ た

新 古 今 和 歌 集 は 巻 第 二 十 全 体 が 釈 教 歌 で 、 こ の 中 に は 、

な ど が そ の 僅 な 例 で あ ろ う 。

○ 月 あ ︵ か 一 つ 二 き 三 二 を 、 高 寂 野 蓮 の 法 山 師 ︶ に ま つ ほ ど や こ け の し た に も 有 明 の

が 多 い が 、 歌 そ の も の に は そ れ ほ ど 見 え な い 。

次 に 釈 教 歌 は 、 千 載 和 歌 集 巻 第 十 九 に 見 え 、 詞 書 に は 漢 語

る 漢 語 も 、 花 や 虫 の 名 な ど 特 定 の 範 囲 の も の に 限 ら れ て い る 。

り 、 平 安 後 期 以 後 は 衰 退 す る 運 命 に あ る が 、 こ の 中 に 見 ら れ

既 に 言 わ れ て い る よ う に 、 物 名 歌 は 全 く 戯 作 的 な も の で あ

な ど の 例 が 見 え る 。

む し ︶ の な に て う ら み む 0 二 四 ︶

○ 秋 ぎ り に し つ ら ふ や ま の た ま な れ ば か せ う か む し 1 ﹁ か ︱︲︲︲ ︱ ︲ ´′, r   ︱ ︲ ′, イー,   沖 ゥ ぃ ︱︱ ル ■ ︱︱   = い 中 に ∴

○ ︵ は 百 な 和 ご 香 ︶ と じ に と あ か か は ず お ち も ら ふ し ︵ ヽ 古 今 風 四 な 六 れ 四 ば 、 読 い 人 く し そ ら ば ず ︶ く わ が う

○ つ う ゆ ち の つ そ け む に る こ 許 し を ︵ 牽 ︵ 牛 古 今 子 四 ︶ 四 と 四 や 、 は 矢 な 田 の 部 名 い 実 ろ ︶ を み む お く し ら

○ ば わ や が こ や ゝ ど に の し は も な く ふ る み ︵ し 古 だ 今 く 四 四 と 二 り 、 う 友 た 則 む ︶ ︵ 龍 槍 ︶ の は な け れ

○ ひ ふ ぞ り う か つ へ ろ て ひ い に ざ け ふ る る ︵ さ 古 と 今 四 の 四 は 一 な 、 み 読 む 入 と し ら こ ず し ︶ を に ︵ 紫 苑 ︶ ほ 語 を 詠 み 込 ん だ も の は 見 ら れ な い 。 や は り 右 と 同 趣 の よ う で あ る 。 又 、 千 載 集 の 物 名 歌 に は 、 漢

○ ば あ ヽ き い ち ろ か か う は ︵ り 桔 梗 ゆ ︶ く の ︵ は 古 な 今 り 四 四 に 〇 け 、 り 友 し 則 ら ︶ つ ゆ の お け る く さ 憎 声 点 記 入 が 無 く 、 不 明 で あ る が 、 中 世 以 降 の 伝 本 な ど で は 、 語 の 声 調 を 示 し て い る ら し い 。 古 今 集 の 定 家 本 な ど で は 、 生

○ も わ の れ と は い け ふ さ べ う か ひ り ︵ け 薔 薇 り ︶ ︵ に 古 ぞ 今 み 四 三 つ ハ る 、 は 貫 な ‘ の い ろ を あ だ な る も の は そ の 語 の 声 調 を 示 す が 、 和 歌 の 句 の 中 で は 、 表 向 き の 書 の 声 点 が 加 え ら れ て お り 、 そ の 声 点 は 、 標 題 に つ け ら れ た

高 野 切 に よ る ︶

○ ず ち も り ま ぬ ど れ ふ ば て の ふ ち か は な あ ︵ く 古 今 た 四 に 二 ︵ 五 吉 、 謄 僧 ︶ 正 な 遍 る 昭 は ︶ な ︵ を 古 今 お 集 も の ひ 本 文 し は ら に は 、 語 の 清 濁 の 相 違 を 無 視 し た も の も あ る 3 か に ひ ﹂ な ど そ 四 一 こ な ど の 、 漢 語 を 詠 み 込 ん だ 物 名 歌 が あ る 。 こ れ ら の 中

と 、 次 の よ う で あ る 。

漢 語 を 詠 み 込 ん だ も の も 、 相 当 数 見 出 さ れ る 。 そ の 例 を 示 す

こ れ ら の 物 名 歌 中 で 、 詠 み 込 ま れ た 語 に は 和 語 も 多 い が 、

含 ま れ て い る 。

藤 原 輔 相 冗 五 エ ハ 年 デ ﹂ ろ の 人 ︶ の ﹁ 藤 六 集 ﹂ に は 多 く の 物 名 歌 が

一 首 が 見 ら れ る 。 又 、 私 家 集 の 中 に も 若 千 例 が あ る が 、 殊 に

拾 遺 和 歌 集 の 巻 第 七 に 七 十 八 首 、 千 載 和 歌 集 の 巻 第 十 八 に 十

物 名 歌 は 、 古 今 和 歌 集 の 巻 第 十 に あ る 四 十 七 首 を 始 と し て 、

す な わ ち 、 漢 語 が 全 体 の 約 三 割 に も 及 ぶ わ け で 、 和 歌 の 類

嫁 口 語

一 砕 蝙 ″

八 脚 一 纂 ¨ 一二 ﹁ 一 六 一 四 一   ︸ 八 九 一 議 哭 二 九 ・ 八 % ︶

和 語   一 一 、   一 〇 二 語 C O ■ 2 ︶

見 訓 ら に よ で が 一 の よ う あ 、 モ 釈 る 読 な こ よ 合 る で る 院 ー 教 べ 特 る の う も 。 計 ︶ あ が 政 一 歌 き 有 ﹂ 歌 に あ 一 と   る 、 時 を ﹁ で の た 集 、 か 一 。 仏 代 一 一 あ 和 も の 仏 ぬ し 、 和 語 ね ︵ 教 末 御 脈 る 語 小 た 九 林 的 の 撰 相 。 も ん 歌 を み 九 多 中 の 芳 色 こ の 通 ﹂ の 三 規 彩 ろ 梁 ず く な 中 心 り 語 ・ が と 塵 る 見 ど に と を 神 ら 、 は し 作 濃 考 秘 性 ︵ 光 く え 抄 格 れ 和 た 四 ﹁ 、 文 た 漢 四 一 、 ら が を ︶ ・ そ れ 和 に ま 語 王 あ 持 朝 の る る つ 歌 は , が ノ 文 和 。 。 韻 と 一 < 多 、 L 学 語 本 成 文 数 し 般 研 集 立 に て に ﹁ 使 究 。 い 用 会 漢 は 年 、 は 用 、 い さ さ ﹁ 語 七 代 後 ぎ 梁 の 五 は 白 特 ら れ 塵 比 調 明 河 よ 異 れ て 秘 き な な ﹂ い 抄 率 の 確 法 も い 総 は 今 で 皇 る ﹁ 索 次 様 な 2 の 漢 ま 。 引 の 歌 い と 文 れ 一 ﹂
― ― 15 -― ― ――

○ い か に し て お ほ く の こ ふ ︵ 劫 ︶ を つ く し け ん か つ き て だ に

蔵 本 に よ る ︶

け に あ ひ み ざ ら め や 0 一 六 以 下 本 文 は 私 家 集 人 成 所 収 の 書 陸 部

○ ひ と た び の は な の か を り を し る べ に て ■ 1 無 数 の 日 ︱

業 ︶ ふ く 風 や し る ︵ 三 こ

○ め く り く る は る λ < 0 ﹂ と に さ く 花 は い く た び ち り き ︵ 墓

書 寮 本 に よ る ︶

○ し よ ︶ ひ な ふ ん れ と ば お か も ひ ひ な け か る り か け な る ︵ み 三 〇 を 、 も 本 た 文 ゞ は い 私 家 か 集 む 大 し 成 所 ■ 収 い の か 図 む

﹁ 藤 六 集 ﹂ の 物 名 歌 で 、 漢 語 を 詠 み 込 ん だ も の と し て は

の 一 例 ︶。 因 に 鎌 倉 時 代 末 期 の 写 と さ れ る 浄 弁 本 拾 遺 集 に は 、 朱

二 さ こ ︵ 蘇 、 芳 け 苔 、 に 三 ご 七 し 四 牽 ︶、 ︵ 牛 こ 子 、 に や 一 二 く ハ 五 ︵ ︶、 蒟 蒻 ら 、 に 二 九 ︵ 蘭 九 、 ︶、 一   二 へ ハ ニ う C 、 ︵ す 豹 の は 皮 う 、

ご け

拾 遺 集 に は こ の 他 、 り う た ん ︵ 龍 謄 、 一 三 全 し 、 き ち か う ︵ 桔 梗 、

ゆ る は あ ま の あ さ り か

○ わ た つ う み の お き な か ︵ に 一 ひ 一 五 八 ︵ 雁 、 皮 伊 ︶ 勢 の ︶ は な れ で ゝ も ゆ と み

文 は 浄 弁 本 に よ る ︶

で か う ま む と す ら む ︵ 拾 遺 一 一 五 四 、 よ み 人 し ら ず ︶ ︵ 拾 遺 集 の 本

○ う ぐ ひ す の す つ く る え だ を ゝ り つ れ ば こ を ば い ︵ 紅 梅 ︶ か

― ― 14 -― ― ――

和語 と漢 語

の ゑ つ か さ ︵ 近 衛 司 ︶   さ や う に て ︵ 然 様 ︶ だ い し き 貧 ロ

︹ 和 漢 複 合 語 ︺   い つ も じ 盆 文 字 ︶ え う な し ︵ 要 征 じ   こ

略 ︶

達 ︶ 五 丈 許   五 条 の 后   五 条 わ た り   ︵ 以 上 ア ー コ 、 以 下

き ︵ 気 色 ︶ 下 ら う ︵ 下 薦 ︶ が ﹂ ︵ 期 ︶ 後 凍 殿   が し た ち ︵ 御

宮 内 卿   願   げ ぎ や う す ︵ 現 形 ︶ け さ う す ︵ 懸 相 e   け し

一 示   行 幸 す   く ︵ 句 ︶ ぐ す ︵ 具 ︶ く ぜ ち 6 説 ︶ 九 条

ゑ い 花 I 栄 花 ︶   お む や う じ ︵ 陰 陽 師 ︶   賀   か う ︵ 請 ︶

︹ 漢 語 ︺ あ ん ︵ 案 ︶ 安 祥 寺   右 近   右 大 将   え 。 え に ︵ 縁 ︶

ス ロ 雲 旧

一 砕 疇 ″

和 語   一 八 二 九 七 語 ︵ 九 二 上 ハ % ︶

合 計   一 四 九 二 語 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶

○ 伊 勢 物 語 、 ︵ 学 習 院 大 学 所 蔵 三 条 西 家 本 、 筆 著 作 製 の 総 索 引 に よ る ︶。

  一 条 ¨ 一     ¨ 一 ﹁ 窃 一   ︸ 九 五 五 哭 六 ・ 四 % ︶

わ ゆ る 形 容 動 詞 の ナ リ 活 用 と な っ て い る こ と が 注 意 さ れ る 。

、 い ず れ も ﹁ に ﹂ ﹁ の ﹂ の 辞 を 伴 い 、 副 詞 、 ま た は い

の よ う に

又 か く や 姫 す へ ん に は れ い や う に は 見 に く し 含 ≡ ラ ︶ 曰 く る ゝ 程 れ い の あ つ ま り ぬ ︵ エ ハ こ い き を ひ ま う の も の に 成 に け り 0 ア ︶ せ ち に 物 思 へ る け し き な り 西 ○ こ い う に を は す 也 含 一 西 ι 、 副 詞 の 類 と し て は 、

こ の 種 の 複 合 用 法 が 増 加 し て い っ た の で あ え う 。

体 的 に ど の よ う な 漢 語 が 使 用 さ れ て い た か を 考 察 し た い 。 既

の 割 合 で 使 用 さ れ て い た か を 調 査 し 、 又 、 そ れ ら の 中 で 、 具

も あ る が 、 主 要 な 文 献 に つ い て 、 和 語 と 漢 語 と が 、 ど の 程 度

後 代 に 改 変 さ れ た 虞 も あ り 、 又 、 成 立 年 代 の 明 確 で な い 憾 み

た 一 等 資 料 が 少 い の で 、 勢 い 、 後 世 の 写 本 に 頼 ら ざ る を 得 ず 、

日 記 。 物 語 な ど の 平 仮 名 散 文 文 献 は 、 平 安 時 代 に 書 写 さ れ

た 濁 。 ︶ の 確 実 な 例 が 見 ら れ な い の で 、 ﹁ す ﹂ は 清 音 と し て 扱 う こ と と し

い 、 ﹁ し や う す ︵ 請 ご ﹁ ね ん す ︵ 念 と な ど は 、 平 安 時 代 末 ま で は 連

う に サ 変 動 詞 を 形 成 す る も の は 、 和 漢 複 合 語 で な く 、 漢 語 と し て 扱

ら れ る 漢 字 を 付 記 す る こ と と し た 。 な お 、 ﹁ 御 覧 す ﹂ ﹁ 対 面 す ﹂ の よ

で 、 又 は 仮 名 だ け で 書 か れ て い る 語 は ︵   ︶ の 中 に 該 当 す る と 考 え

に 漢 字 ・ 仮 名 両 様 の 例 が あ る と き は 、 漢 字 で 表 記 し 、 仮 名 と 漢 字 と

濁 点 は 確 認 で き る 語 に つ い て 加 え た 。 表 記 法 は 底 本 通 り と し 、 底 本

︵ 以 下 、 用 例 の 表 示 に 当 っ て は 、 用 言 は 終 止 形 に 改 め て 掲 出 し 、 又 、

日 記 物 語 の 類 と も 大 い に 性 格 を 異 に す る も の で あ る 。

な ど 、 仏 教 の 教 義 を 表 現 し た 語 の 類 も 多 く 、 和 歌 は も と よ り 、

弥 陀 経 ︶ 阿 難 尊 者   安 楽 寺   一 夏   一 乗 実 相

ど に 仙 あ 見 人 く え ︶ ま る 阿 ︵ も 悪 縦 魔 の 羅 ︶ も あ 王   あ る ︵ 阿 ご が 修 む 、 羅 王 経 ︶ ︵ 阿 あ 含 経 ひ ︶ ︵ 阿 鼻 あ ︶ し せ あ ん み に だ ん 経 ︵ 阿 ︵ 私 阿

0   和 語 の 数 が 九 〇 % を 越 え る こ と

た 結 果 で は 、

扱 と た の り 日 以 っ し 可 標 に ﹁ ﹂ 尚 ふ な 上 た て 能 出 け ね 、 ︹ 和 、 。 、 性 も り に ど 土 漢 の 左 複 九 ﹁ も ﹁ ﹂ の 表 サ 無 み 世 り 記 日 合 ム く か の 紀 記 語 よ し ニ は ﹂ う ひ が に ︺ 末 チ あ ﹁   か ﹂ な と な よ っ は ら 、 り あ ﹁ い を 十 ジ が か 日 け て ﹁ り 、 三 世 フ 、 あ 数 ふ 日 日 や 紀 ロ 漢 ま の ま 次 ﹂ う 初 ク 文 り 表 で ﹁ の 五 ︵ に ニ の む 記 に 標 日 有 様 チ 日 ゆ は 、 か け ﹂ 次 か 、 は 出 ﹂ ︶ ﹁ て の 記 ﹂ 平 つ の 十 際 よ の な 仮 ヽ の 六 う 体 ど 名 ■ に 日 三 等 使 作 に 裁 、 書 琴 用 ﹂ 品 、 を 和 な り ﹁ 漢 襲 語 の い さ 升 に れ 七 語 っ で で つ つ 日 と た 読 、 か て ﹂ い て し 表 ま 日 に い 見 て 記 れ 次 な る ﹁ 。 丹

以 下 略 ︶

○ 土 ︹ 漢 げ 罐 和 合 よ 左 蝙 語 計 る 日 ゆ 語 。     ︶ 記 ︵ ︺ 複 解 ︿   一 ︵ 由 講 [ 青 / 、 ︶ 師 箋 中 鉛 九 〇   書 御   ェ 屋 ハ 九 五 一   示 本 一 一 五 九 一 語 語   、 五 一 ¨ 願 日 色 一 ︵ ︵ 本     一     大   九 〇 一 ン 九 学 ﹂ ¨ 四 〇 ち 日 国 一 。 ・ 文 ハ   < け 一 九 〇 〇 学 協 % % 、 研 一 ︶ ︶ し し   究 ︸ ︵ き 室 骨 エ ハ ︵ ﹁ ‘ 気 土 四 色 佐 護   ︶ m 日 ︵ ︵ 上 記 以 げ ハ 総 。 下 〇 索 ア に % 引 ー ︵ 実 ︶ ﹂ コ ︶ に 、

ん ︵ 御 随 身 ︶   ま き ゑ ︵ 蒔 絵 ︶

¨   御 ︱︱ ︱ 、   ︱ー チ︲ ー 気 的     ・ 1 、 ﹁ ︱   仰 山 ︱ ︲︲     ,′′ ︲ ︱ ぃ ︱

ら れ る の と は 非 常 に 相 異 し て い る 。 恐 ら く 時 代 が 下 る と 共 に 、

し 入 る ﹂ の 一 語 が あ る の み で 、 源 氏 物 語 な ど に 多 く の 例 が 見

が 数 え ら れ る 。 サ 変 動 詞 と 和 語 動 詞 と の 複 合 語 と し て は 、 ﹁ 請

す   帯 す   対 面 す   念 す

変 動 按 詞 す と   し 要 て す は   、 害 す   具 す   御 覧 す   圭 鵡 し 入 る   制 す   奏

右 に 示 し た よ う に 、 和 漢 複 合 語 は 例 が 非 常 に 少 い 。 又 、 サ

︹ 和 ん 漢 じ 複 や 合 う 語 紺 ︺ ︵ 青 く ︶ も   ん ︵ 以 つ 上 か ア さ ー ︵ コ 公 、 文 以 司 下 ︶ 略 ︶ る り い ろ ︵ 瑠 璃 色 ︶

五 色   五 十   五 尺   五 人   五 百 日   五 百 人   御 覧 す   こ

に ︵ 験 、 異 説 ア リ ︶   ン し く し ︵ 国 司 ︶

け か さ う う し ︵ ︵ 格 化 粧 子 ・ ︶ 仮 粧 か ︶ ん   だ け う し き ︵ 勘 当 ︵ ︶ 気 色 ︶ ぐ 国   す 王 け ︵   そ 具 ︶ 五 う こ ︵ ぐ く 顕 わ 証 ︵ ︶ ん 五   ︵ 穀 願 ︶ げ ︶

︹ ん 漢 ぐ 語 ゑ ︺ ︵ 安 優 曇 す 華 ︶ ︵ 按 ︶ ゝ ‘ つ い す う ︵ ︵ 要 優 ︶ ︶   メ え ん 一 し ︵ や 縁 ︶ う ︵ が 一 い 生 ︶ す 笙 う こ ど

一 砕 由 ″ ス ] 〓 m   九 一 一 ¨ 一   ﹄ 一 勁 協 一   ︸ 九 八 笙 要 八 ・ 〇 % ︶
和 語   一 〓 〓 璽 中 冗 ・ 二 〇 % ︶

○ る 竹 合 計   一 三 二 〇 語 ■ 〇 〇 ・〇 % 同 引 四 四 四 頁 に よ る ︶。 る よ 引 ﹂ に 索 物 語 総 索 、 取 田 忠 雄 ﹁竹 本 山 版 十 行  、 活 字 物 語 ︵古 取

が 、 結 果 は 土 左 日 記 の 、 は 大 同 で あ る 他

い る T が 底 本 や 基 準 の 相 違 た 。 の 数 値 の 出 入 は あ の ︶ 、 氏 藤 佐

に 武 義 は ﹁古 典 対 照 語 い 表 ﹂ め 若 よ 千 て 統 計 を 示 さ れ て っ に

 、

︶。

― ― 17 -― ― ――

― ― ― 16 -― ― ―-

和語 と漢 語

取 合 源 せ 氏 本 物 で 語 あ の っ 本 て 文 、 と そ し の た 索 大 引 成 篇 本 の は 表 、 記 鎌 も 倉 、 ・ 編 室 者 町 の 時 意 代 図 の に 写 よ 本 っ の は 、 前 者 の 方 が 相 当 に 大 き い 。 こ れ は 、 索 引 の 語 彙 掲 出 の 基 く 持 つ 作 品 で あ る の に 、 右 に 見 る よ う に 、 漢 語 の 占 め る 比 重

し て 現 れ る よ う に 思 わ れ る 。

源 氏 物 語 の 時 期 か ら 以 後 、 和 漢 複 合 語 の 種 類 は 、 急 速 に 増 加

う げ な す 畳 し 語 ︵ の 下 形 衆 々 容 ‘ 詞 ﹂ も ﹁ 、 た 源 い 氏 だ 物 い 語 し 以 公 後 思 々 の こ よ う ﹁ び で び あ し り 、 ︵ 美 総 々 じ こ て の 、 よ

き ︵ 賃 一 こ ﹂ の よ う な 和 漢 複 合 名 詞 も 多 数 見 ら れ る 。 又 、 ﹁ げ

︵ 蘇 芳 襲 こ ﹁ せ う そ こ ふ み ︵ 消 息 文 こ ﹁ ぞ く ひ じ り ︵ 俗 聖 こ ﹁ び

﹁ か う い ば ら ︵ 更 衣 腹 こ ﹁ け さ う び と ︵ 懸 想 人 こ ﹁ す は う が さ ね

す ぐ

例 が 多 い こ と が 注 意 さ れ 、 ま た 第 二 に 、 ﹁ あ か つ き ︵ 閉 伽 杯 と

﹁ じ や う ず め く ︵ 上 衆 こ ﹁ せ う そ く が る ︵ 消 息 こ な ど の よ う な

ち ず ん し な す ︵ 打 誦 為 こ ﹁ え ん 涸 J

意 無 こ ﹁ あ い ぎ や う ﹁ 川 A 愛 敬 付 こ

﹁ に よ う ご ど の ︵ 女 御 殿 こ ﹁ や く な 測 〓 益 無 こ ﹁ よ う い な 訓 〓 用

︵ 故 大 宮 こ ﹁ こ れ み つ や う ︵ 惟 光 様 こ ﹁ に よ う ご 洲 刑 〓 女 御 方 と

︵ ﹁ 引 艶 割 二 L ﹁ ﹂ さ ﹁ う け ぞ し く き ︵ 劇 打 装 む︲ 束 ︵ こ 気 色 ﹁ 引 と ﹁

ず り や う ︵ 似 而 非 受 領 こ ﹁ な ま ず り や う ︵ 生 受 領 こ ﹁ こ お ほ み や

そ れ は 、 第 一 に 、 接 頭 語 ・ 接 尾 語 を 付 し た 例 、 例 え ば

も 、 多 く を 占 め 、 又 、 語 構 成 の 上 で も 、 非 常 に 特 徴 的 で ﹁ あ 川 ﹁ る 。

ほ ど 差 が な い よ う で あ る が 、 和 漢 複 合 語 の 類 が 、 数 量 の 上 で
○ 源 氏 物 語 絵 巻 詞 書 ︵ 田 島 硫 堂 ﹁ 源 氏 物 語 絵 巻 詞 書 総 索 引 ﹂ に よ る ︶。

げ た よ う な 純 粋 の 漢 語 だ け に つ い て 見 れ ば 、 他 の 文 献 と そ れ
で あ る か ら

面 で も 言 え る こ と で は な い か と 思 わ れ る 。 す な わ ち 、 右 に 掲

と れ が て 推 い 測 た さ 語 れ 彙 る の が 他 、 に こ 、 れ 作 は イ 和 の 語 創 ば 造 か に り よ で る な 社 く 合 、 語 漢 の 語 知 の か 関 多 係 い の , ︱
的 , 近 加 神 い ■ ﹁ 源 カ 氏 ル 物 山 語 か 絵 ム 巻 イー , 詞  ¨ 書 ´ ︲ ﹂ ね の ︲   例 を 沖 、 ● 次 物 に 語 示 ︲プ ︲ し 成 ︱ て お イー く 代 。 に 分 ︱︱ 量 ︲11 1

上 ア の み 、 以 下 略 ︶

し 全 扇 拍 子 ︶ あ ふ ご ︵ 逢 期 ︶ あ ふ み の ぞ う ︵ 近 江 株 ︶   ︵ 以

︹ あ 和 し 漢 だ 複 合 ︵ 語 足 駄 ︺ ︶ あ あ い ぜ ぎ ち や の う き づ み く ︵ 愛 按 ︵ 察 敬 使 付 君 ︶ ︶ あ あ う ふ よ ぎ る び ︵ や 奥 寄 う ︶

昧 く   ま あ こ を く ︵ 盆 襖 心 ︶ 魔   国 あ ︶ を あ し ざ ︵ 襖 子 ︶   り ︵ 阿 閣 梨 ︵ ︶ 以 上 ア 阿 の 修 み 羅 、   以 阿 下 弥 略 ︶ 陀 三

あ う む ︵ 鶏 鵡 ︶

あ く ど あ く ひ ぎ 盆 心 や 〓 う e   ︵ 愛 あ 敬 く ︶ ね ん あ 釜 い 心 し 念 ︶ ︵ 愛 こ あ

︹ 漢 語 ︺   あ ひ ︵ 愛 ︶

誤 写 と 認 め ら れ る も の が 多 い が 、 そ れ ら は す べ て 算 入 し な

一 砕 由 ″ 宋 口 語   ¨ 悧 一 ¨ 一     ] 一 悧 協 一   ︸ 一 八 九 護 興 八 。 た ‰ ︶
和 語   一 四 、 〇 七 九 語 ︵ 九 四 。 一 % ︶

和 語   一 、 九 四 六 語 ︵ 九 一 。 一 Z

合 計   一 一、   三 二 五 語 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶

総 索 引 ﹂ に よ る ︶。

○ 宇 津 保 物 語 ︵ ア 行 の み ︶ ︵ 一 削 国 家 本 、 宇 津 保 物 語 研 究 会 ﹁ 宇 津 保 物 語

な い か と 思 わ れ る 。

ど の よ う に 関 聯 す る か 、 今 後 の 検 討 課 題 の 一 つ と な る の で は

響 が 多 く 、 伊 勢 に は そ れ が 殆 ど 無 い と 考 え ら れ る が 、 そ れ と

な ど が 注 意 さ れ る 。 文 体 の 上 で は 、 竹 取 ・ 土 左 に は 漢 文 の 影

に 少 い こ と

0   漢 語 が 、 竹 取 物 語 に 比 較 的 多 く 、 伊 勢 物 語 ・ 土 左 日 記

0   和 漢 複 合 語 が 少 い こ と

源 氏 物 語 と 源 氏 物 詞 絵 巻 詞 書 と は 、 同 一 の 文 章 を 共 通 に 多

う ︵ 御 念 誦 堂 ︶   ︵ 以 上 ア ー コ 、 以 下 略 ︶

︵ 御 宿 世 々 々 ︶ 御 せ う そ く ︵ 御 消 息 ︶ 御 日 記   御 念 ず だ

ほ ん ざ う し ︵ 御 苗 日 司 ︶ 御 さ う ぞ く ︵ 御 装 束 ︶ 御 す く せ ′ ′ < 、

く ︵ 御 功 徳 ︶   お ほ む ご ︵ 御 碁 ︶ ・ 御 ご が た き ︵ 御 碁 敵 ︶   お

︹ 和 漢 複 合 語 ︺ あ い 行 づ く ︵ 愛 敬 付 ︶ 御 賀   お ほ む く ど

御 願   ン ﹂ ま 全 局 麗 ︶

け そ す ︵ 見 証 ︶ げ に ︵ 実 ︶

け ︵ 気 ︶ け う そ く ︵ 脇 息 ︶ け さ う す ︵ 懸 想 ︶ け そ ︵ 見 証 ︶

う   か う し ︵ 格 子 ︶   か う じ ︵ 勘 事 ︶   き 丁 ︵ 几 帳 ︶   一 示

御 覧 す   げ ︵ む 以 上 ︵ 験 ア ︶ ー コ が 、 ﹂ 以 か 下 ぢ 略 ︶ ︵ 御 加 持 ︶

大 弁   右 衛 門 督   月 の え ︵ 宴 ︶ ゝ え む ︵ 艶 ︶ あ る   お ほ そ

︹ 漢 語 ︺ あ い 行 ︵ 愛 敬 ︶ 右 近   う さ う ︵ ら さ つ 、 乱 士 戸 ι   右

  コ 動 一 ¨ 一     一 一 一 四 一 一   ︸ 一   一 七 筆 中 ︵ 九 ・ 一 一 一 % ︶

複 ︿ 口 薫 中

罐 蝙

和 語   一  、 三 二 八 語 ︵   九 〇 ・ 七 % ︶

合 計   一  、 二 五 五 語 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶

は 物 語 全 体 、 か あ ら る 見 面 れ で ば は 一 本 部 文 分 の に 面 過 で ぎ 信 な 憑 い 性 が の 、 高 十 い 二 も 世 の 紀 で あ の 写 る 本 。

現 は 性 、 源 の 他 氏 上 豊 の 物 ア か 文 語 の 部 な 献 は の こ か 、 み と ら 分 、 と 群 量 以 も を の 下 略 関 抜 多 ︶ 係 い い が て こ あ い と る る も よ 。 あ う こ る で れ が 、 は 、 当 、 語 時 作 彙 一 者 の 般 紫 豊 に 式 富 用 部 な い の こ ら 表 と

︵ 襖 子 ︶ あ な い す 。 あ ん な い す ︵ 案 内 ︶ あ ん ず ︵ 按 ︶ ︵ 以

︵ 阿 弥 陀 ︶ あ み だ き や う ︵ 阿 弥 陀 経 ︶ あ を ︵ 襖 ︶ あ を し

使 ︶ あ な い 。 あ ん な い ︵ 案 内 ︶ あ な ん ︵ 阿 難 ︶ あ み だ

伽 ︶ あ く り や う 盆 心 任 こ   あ ざ り ︵ 阿 闇 梨 ︶ あ ぜ ち ︵ 按 察

︹ 漢 語 ︺   あ い ぎ や う ︵ 愛 敬 ︶ あ い し ふ ︵ 愛 執 ︶ あ か ︵ 開

一 砕 由 スに ロ 箋 山  七 一一 諄 一 ¨ 一   一 四 一 車 郷 一   ︸八 糾 諏 嬬 が ︶

合 計   一 四

よ る 。 ︶

○ 源 氏 物 圭 中 ︵ 源 氏 物 語 大 成 本 文 篇 、 池 田 亀 鑑 ﹁ 源 氏 物 語 大 成 索 引 篇 ﹂ に

地 を 成 し た も の と 考 え ら れ る 。

が 生 じ 、 こ れ が 源 氏 物 語 の 豊 富 な 複 合 語 へ と 発 展 し て 行 く 素

目 さ れ る 。 恐 ら く 、 九 世 紀 後 半 に な る と 、 こ の 種 の 語 の 増 加

り 、 殊 に 、 和 漢 複 合 語 の 比 率 が 、 大 き く な っ て い る こ と が 注

比 重 が 、 そ れ 以 前 の 物 語 と 比 べ て 若 千 増 加 し て い る こ と で あ

て も 問 題 が あ る が 、 概 し て 言 い 得 る こ と は 、 漢 語 そ の も の の

写 本 に 乏 し く 、 誤 写 と 思 し き 部 分 が 多 く て 、 そ の 統 計 に つ い

宇 津 保 物 語 は 、 成 立 年 代 も 不 明 確 で あ り 、 又 、 本 文 の 良 い

― ― 19 -―― ――

― ―― ― 18 -― ―

和語 と漢語

︹ 漢 語 ︺   鳶 嘱 摩 羅   悪 事   阿 閣 世 王   阿 閣 梨   阿 褥 多 池

一 罐 由 に 漿 口 語三 悧 一 轟 ¨ 一   二 ↓ 一 章 協 一   ︸ 〓 一 け ﹁ 高 ロ 〓ロ ・ % ︶

和 語   一

合 計   一 六 四 八 語 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶

書 写 、

二 八 〇 語

︵   七 七 ・ 七 % ︶

東 辻 保 和 ﹁ 打 聞 集 の 研 究 と 総 索 引 ﹂ に よ る ︶。

○ 打 聞 集 全 思 都 国 立 博 物 館 蔵 本 、 長 承 三 年 ︿ 一 三 一 一 四 ﹀ 頃 成 立 、 同 じ 頃

︵ 間 七 月 ︶   御 功 徳   御 菩 提   ︵ 以 上 ア ー オ 以 下 略 ︶

︹ 和 漢 複 合 語 ︺ 阿 弥 陀 魚   阿 弥 陀 仏     阿 弥 仏   壬 七 月

み 、 以 下 略 ︶

阿 弥 陀 経   安 置 シ   安 楽 行 品   安 隠 ︵ 安 穏 ︶   ︵ 以 上 ア の

阿 難   阿 褥 タ ラ 三 貌 三 芋 ︵ 阿 編 多 暴 二 貌 一 垂 口 提 ︶ 阿 防 羅 刹

ヽ む   悪 道   悪 人   阿 宿 仏 ︵ 阿 閃 仏 ︶ 阿 ス ク 仏 土 ︵ 阿 閑 仏 土 ︶

︹ 漢 語 ︺

一 砕 蝙 海 人 [ 語

阿 育 八 王 一 九   [ 発 一 長 ¨ 慇 一 内   四 受 ´ ス 〇 ・ 一   ﹃ ア 協 一 ク   イ ︸ 九 釜 心 ︵喧 立 8 一 福   ロ ロ 悪 一  % 業 ︶   悪

和 語   一 、 二 五 七 語

合 計   一 一 、   一 七 〇 語

倒 的 に 多 い 。

︵ ︵ 一 五 〇 七 〇 ・ ・ 九 〇 % % ︶ ︶

本 書 は 漢 字 片 仮 名 交 り 文 と は い っ て も 、 片 仮 名 の 部 分 が 圧

○ 内 法 の 院 華 ア 政 修 行 時 法 の 代 書 一 語 写 百 に 、 座 つ 小 聞 い 林 書 て 芳 規 抄 の み ﹁ ︵ 、 法 法 華 隆 統 百 寺 計 座 蔵 聞 本 を 書 、 取 抄 天 ﹁ 総 仁 て 索 一 見 一 引 年 ︲ ﹂ ︿ ノ ︰ に 三 ¨ よ 〇 る 九 。 ︶ ﹀ 成 立 、

状 で あ ろ う 。

つ い て は 他 の 文 献 と さ ほ ど 大 き な 差 異 は 認 め ら れ な い の が 実 物 語 集 ﹂ 及 び ﹁ 方 丈 記 ﹂ に つ い て 、 和 語 と 漢 語 と の 関 聯 を 考

に 調 査 を 要 す る が 、 多 く は 複 合 語 で あ っ て 、 基 本 的 な 語 彙 に る 、 ﹁ 法 華 修 法 一 百 座 聞 書 抄 ﹂ ﹁ 打 聞 集 ﹂ 習 一 教 指 帰 注 ﹂ ズ フ 昔

は 、 相 当 に ヴ ァ ラ エ テ ィ が あ っ て 、 こ れ に つ い て は 、 尚 又 別 も 少 か ら ず 存 す る 。 今 、 そ れ ら の 中 で 、 総 索 引 の 作 ら れ て い

納 ま っ て い る 。 又 、 用 い ら れ た 語 彙 の 種 類 も 、 源 氏 物 語 な ど 紀 以 後 、 急 速 に 発 達 す る 表 記 形 式 で あ っ て 、 そ の 文 献 の 種 類

大 体 、 漢 語 と 和 漢 複 合 語 と を 合 計 し て 、 八 ︱ 一 二 % 位 の 間 に

と 、 文 献 相 立 の 間 に は 、 さ ほ ど 甚 だ し い 差 異 は 見 出 さ れ な い 。

以 上 の よ う な 代 表 的 な 平 仮 名 文 献 の 調 査 の 結 果 を 綜 合 す る

程 度 の よ う に 思 わ れ る 。

な も の を 除 き 、   一 般 に 固 定 し 、 そ の 比 率 は 大 体 一 割 弱 と い う

あ っ て 、 十 一 世 紀 以 降 の 物 語 の 中 に 使 用 さ れ る 漢 語 は 、 特 殊

こ の 物 語 の 漢 語 は 、 大 体 、 源 氏 物 語 の 範 囲 を 出 な い よ う で

一 砕 由 ″ 漿 ] 語 一 に は 一 ¨ 一     熱 一 一 郷 一   ︸ 二 〇 二 議 雷 九 ・ 〇 % ︶

○ 合 計   一 一、 よ る 二 五 四 語 ︵広 島 大 学 蔵 本 森 口 年 光 ﹁堤 納 言 物 語 総 索 引 ﹂ に 中 、 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶ 堤 中 ︶。 納 一言 物 語 に

互 対 応 す る 部 分

職 。 建 造 物 な ど の に つ い て 更 に 詳 細 に 比 め 較 検 は 討 す か べ き で ぁ ろ 相 う か 。 ろ な で た い 少 が 比 較 的 表 現

方 は 絵 中 心 の 場 面 が 多 く て 、 漢 語 の 差

準 異 も 一 原 因 か も 知 れ な い が の 多 そ い 儒 よ 者 僧 侶 の 詞 や 、 官 の 絵 巻 ろ 、 り も 寧 れ 、

和 語   一 一、 〇 五 二 語 ︵   九 一 ・ 〇 % ︶

た ハ は

o

え て 見 た い 。 ス フ 昔 物 語 集 ﹂ は 、 分 量 が 厖 大 で あ る た め 、 そ の

漢 字 片 仮 名 交 り 文 は 、 説 話 の 類 そ の 他 に わ た っ て 、 十 一 世

フ つ 。

同 記 中 際 の わ で の 形 け こ 類 し は 字 が で れ の た 多 m 音 じ あ ら 方 り る の 式 す 又 の は 発 と が 語 を る 、 m 音 表   の 持 よ ︲ の も 記 一 表 っ う 発 n さ 方 記 た に 音 の れ 、 は 表 、 が 音 る 訓 、 記 平 後 を こ 点 十 法 安 世 保 と 資 一 の 初 ま っ が 料 世 あ 期 で て 一 の 紀 る の 伝 い 般 世 以 こ 訓 え た 的 界 後 と 点 ら と に で も が 資 れ 思 な は 永 注 料 て わ っ 、 く 意 に 行 れ て n 伝 を 見 っ る 行 は 承 惹 出 た が き ン さ く さ よ 、 、 ︵ れ 。 れ 古 る う 和 又 く て の で 文 、は 行 と あ の 実 ﹀ く
― ― ― 20 -― ― ―-

の よ う に 、 字 音 の n を

と に に 。 と み に 。 と ﹁ み に の ﹂ 頓 ﹁ ︵ み ︶ ﹂   で え 表 に 記 縁 し ︵ た ︶   り 、 て ﹁ い い け ﹂ ︵ で 天 表 気 ︶

る の 不 こ こ 明 れ と 確 ら が な の 知 も 語 ら の の れ も 中 る あ に 。 る は が 、 、 漢 仮 字 名 で で 表 表 記 記 さ さ れ れ た て も い る の た に め つ に い 、 て 発 は 音 、

詞 が こ 圧 れ 倒 ら 的 か に ら 多 抜 い 出 の さ は れ 当 た 然 漢 で 語 あ を る 品 が 詞 、 別 副 に 詞 分 ・ 類 動 し 詞 て も 見 相 る 当 と 数 、 あ 名

- 21

和語 と漢語

︹ 漢 語 ︺ 箱 人 哀 口 憐 三 中   押 領 使   遊 宴   九 優 助   衣 食 五   ︵ 隠 居 〇   %   ︶ 鬱 ん ど 見 ら れ な い こ と は 、 注 目 す べ き 現 象 で あ ろ う 。 こ の 種 の

一 岬 蝙

動 中 楽 ¨ 一  

﹁﹂

↓ 一 一 協 一   ︸ 八 二 〓 毛 抑

和 三 中       七 六 一 誕 中 ︵   四 八 ・ 〇 % ︶

合 計   一 五 八 四 語 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶

高 山 寺 資 料 叢 書 第 二 冊 に よ る ︶。

○ 高 山 寺 本 古 往 来 ︵ 院 政 期 書 写 小 林 芳 規 コ 局 山 寺 本 古 往 来 索 引 篇 ﹂

和︹ 漢 複 合 語 ︺ 媚   薄 様   工 立 几 帳   夏 装 東   御 気 色

林   顔 曲 ︵ □     ︵ 以 上 ア ー カ の 全 付 読 例 ︶

効 験   庚 申   格 勤   学 稼   葛 供   級 練   感 悦   閑 下

雨 露   欝 結   ¨ 云 天   運   煙 浪   下 若 村   佳 辰 令 月

則   有 限   有 身   猷 豫   一 字   立 日 信   慇 懃   姻 姫

︹ 漢 語 ︺ 露 討   π 腐   嘉 燃 シ  テ 駆 鵬   庫 叫   露 意ィ 馬′ 、

判 明 す る こ と が で き る も の で あ る 。

慮 幹 力 ζ ;夷 イ

ロウ 両 ロン

に つ い て 、 各 漢 字 が 和 語 で 読 ま れ た か 、 字 音 で 読 ま れ た か を

な こ と に 、 仮 名 に よ っ て 訓 法 を 附 記 し た 部 分 が 多 く 、 大 部 分

す る 。 共 に 平 安 時 代 末 期 に 成 立 し た 書 簡 文 例 集 で あ る が 、 幸

で 、 ﹁ 和 泉 往 来 ﹂ 及 び 型 局 山 寺 本 古 往 来 ﹂ に つ い て 見 る こ と に こ の 種 の 文 献 に つ い て は 、 総 索 引 の 公 刊 さ れ た も の が 少 い の

︵ 0 方 丈 記 ︵ 大 幅 光 寺 本 、 院 政 時 代 写 、 青 木 伶 子 編 ﹁ 方 丈 記 総 索 引 ﹂ に よ

弥 陀 丸   撞 僚 屏 風   歩 極 ズ   荒 法 師   ︵ 以 上 ア の み 、 以 下 略 ︶ は 純 粋 の 漢 文 で は な く 、 日 本 的 な 要 素 を 含 ん だ も の で 、 本 来

念 仏   阿 弥 陀 聖   阿 弥 陀 法   阿 弥 陀 峯   阿 弥 陀 峯 越   阿

納 言   阿 倍 天 皇   阿 保 親 工   尼 天 狗   阿 弥 陀 魚   阿 弥 陀

議 ス   相 具 ス   相 激 ス   相 対 ス   相 住 ス   相 報 ス   仰 中

︹ 和 漢 複 合 語 ︺ 愛 敬 付 ク   愛 無 シ   閲 伽 棚   熱 田 明 神   相 さ れ る 。

悪 竜   悪 王   阿 含   阿 含 経   ︵ 以 卜 の ア の 一 部 、 以 下 略 ︶

悪 事   悪 趣   悪 所   悪 心   悪 道   悪 人   悪 比 丘   悪 報

悪 行   悪 逆   悪 口   悪 願   悪 業   菫 讐 口   悪 相   悪 麿

鵡 寺   鶏 鵡 鳥   開 伽   阿 場 陀 薬   重 心   悪 因   悪 縁   悪 鬼 竺 震 旦 部 と 本 朝 部 と で 、 前 者 の 方 が 相 当 高 い こ と が 推 測 さ れ

愛 別 離 苦   一 長 愁 ス   愛 欲   一 展 憐 ス   鳶 堀 魔 羅   鶏 鵡   鶏 相 当 の 幅 が あ る こ と を 知 る 。 今 昔 物 語 集 の 場 合 は 、 恐 ら く 天

執   愛 惜 ス   愛 心   愛 ス   愛 染   霰 難   愛 弟   愛 念 ス

︹ 漢 語 ︺ 愛   愛 敬   阿 育 大 王   阿 育 王   愛 楽 ス   愛 子   愛

あ り 、 概 括 的 な 見 通 し の 材 料 に は な る で あ ろ う 。

ま と め た 統 計 で あ る が 、 全 体 の 約 五 分 の 一 に 相 当 す る 分 量 で

右 は 第 一 音 節 が ア か ら オ ま で の 語 だ け に つ い て 取 り あ え ず

一 嘩 梅﹄ 人 口 三  中 ﹃ 計 岬 動 一 ¨ 一  一 回 一 ﹁ 協 一   ︸ハ 算ェ に ・一 一 ロロ % ︶
︹ 漢 語 ︺   阿 弥 陀   阿 弥 陀 仏   安 元   安 置 ス   優 ナ リ   衣

○ 今 和 語     一 一 、 七 九 二 語 ︵   八 一 ・ 八 % ︶ 合 計     一 二 、 四 本 馬 渕 和 夫 ﹁今 ︵ア 行 の ︶ 索 ﹂ に よ る ︶ 。 本 及 日 本 古 典 文 学 大 系 び 大 系 史 偏 国 ︵底 本 噺 み 集 、 物 語 昔

昔 一 物 三 語 語 総 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶ 引

接 尾 語 の つ い た も の 、 動 詞 ・ 形 容 詞 の 類 の 和 漢 複 合 語 が ほ と

名 な ど が 主 で あ っ て 、 源 氏 物 語 に 見 ら れ た よ う な 、 接 頭 語 。

よ さ そ う に 思 わ れ る が 、 現 実 に は 、 上 に 示 し た よ う に 、 物 の

本 邦 の 社 会 の 事 柄 を 記 し た も の で あ る か ら 、 も っ と あ っ て も

寸 意 外 な こ と は 、 和 漢 複 合 語 が 非 常 に 少 い と い う こ と で あ る 。

訓 読 文 と も 亦 、 差 の あ る 点 で あ る 。 又 、 こ の 種 の 文 と し て 一

れ は 、 和 文 の 類 と は 大 い に 異 な る 点 で あ り 、 次 に 述 べ る 漢 文

そ れ は 、 和 語 。 漢 語 が 大 体 相 半 ば し て い る こ と で あ る 。 こ

う な 諸 点 で 相 違 し て い る 。

述 べ る 漢 文 訓 読 文 の 場 合 と 近 い 。 し か し 、 そ れ と は 、 次 の よ

こ の 二 種 の 往 来 物 の 全 語 彙 を 比 較 し て 見 る と 、 共 に 次 節 に

啓     ︵ 以 上 全 例 ︶

殿   藤 鞭 等 被 二 捕 御 禁 弟 ・   子 被 御 二 馳 読 上 経 ・ 者 ¨  砥 馬 二 庭 召   勘 別 当 者 君 洩   別

当 殿   御 教 書

責 陵     損 失   大 弐 殿   太 郎 君   突 損   手 本   頭 中 将

菊 額   行 事 所   紅 梅 色   別 様   猿 楽   水 千 袴   進 参

︹ 和 漢 複 合 語 ︺ 御 曹 司   御 手 本   香 染   帰 参   紺 子 色

付 読 例 ︶

作   更 発     雅 旨   呵 噴   一 可 法   感 涙 ︵ 以 上 ア ー カ の 全

胡 三   容 山   厭 却   塩 梅   暇   駕   号 郷   厚 強     耕

は 日 本 語 を 漢 字 だ け の 形 で 表 記 し た 文 と い う こ と が で き る 。

記 録 体 は 、 本 来 、 全 文 が 漢 字 で 記 さ れ て は い る が 、 そ の 文

点 資 料 と 比 較 し て も 、 相 当 に 共 通 す る 語 彙 の 多 い こ と が 観 察

が 比 較 的 強 い こ と が 考 え ら れ る 。 又 、 今 昔 物 語 集 の 場 合 、 訓

る 。 何 れ に せ よ 、 方 丈 記 な ど は 三 割 強 で あ っ て 、 和 文 的 要 素

を 越 す も の か ら 、 今 昔 物 語 集 の よ う に 、 三 割 弱 の も の ま で 、

以 上 、 和 漢 混 清 文 の 類 を 見 る と 、 三 教 指 帰 注 の よ う に 五 割

愛   恩 顧   ︵ 以 上 ア ー オ 、 以 下 略 ︶

一 身   一 張   運   映 ズ   詠 ズ   安   疫 庸   縁   炎 上   恩

冠   衣 食   一   一 期   一 度   一 一 一   一 日   一 人   一 夜

和 語 穎   夭   曰 奎   中 二 九 三 一 七 中 纂 語 ¨ 一 ︵     二 七 ¨ 八 一 ・ 痺 八 協 % 一 ︶   ︸ 一 〓 炒 六 一一 コ ラ C

一 砕 蝙

合 計   一 、   工 全 一 一 語 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶

る 。 ︶ ︵ 3 ︶

― ― 23 -― ― ――

―― ― ― 22 -― ―

和語 と漢語

的 に 違 う と い う こ と で あ る 。 和 文 の 中 の 漢 語 は 、 ﹁ に よ う ば う

は 、 訓 読 文 の 漢 語 の 性 格 が 、 和 文 の 中 に 現 れ る も の と 、 根 本

語 に 対 し て 圧 倒 的 に 多 い 。 た だ こ の 場 合 、 忘 れ て な ら な い の

こ の よ う に 漢 文 訓 読 文 の 中 で は 、 漢 語

な ら ぬ 程 の 重 味 を 持 っ て い た こ と は 明 ら ︵ か 字 で 立 あ 日 ユ じ ろ の う 数 。 が 、 和 知 ら れ る 。 こ れ に つ い て は 、 次 の 節 で 触 れ た い 。 の で あ り な が ら 、 そ れ ぞ れ に 違 っ た 性 格 を 備 え て い る こ と が

く を 占 め て お り 、 漢 文 訓 読 文 の 中 の 漢 語 は 、 和 文 と は 比 較 に 葉 字 類 抄 に 出 て 来 る も の と 比 べ る と 、 共 に 漢 文 と 縁 が 深 い も

ケ ー ス が 多 か っ た の で あ ろ う 。 そ れ で も 、 漢 語 の 方 が 六 割 近

法 師 伝 の 方 が 、 仏 教 的 色 彩 の 濃 い の と 対 し て 、 和 語 で 訓 ず る 点 に あ る こ と が 考 え ら れ る の で あ る 。

白 氏 文 集 の 場 合 は 、 文 芸 的 要 素 の 強 い 内 容 で あ っ て 、 三 蔵 語 が 、 ﹁ 文 章 語 ﹂ 的 だ と い わ れ る 、   一 つ の 大 き な 要 素 が 、 こ の

駕       安 危   安 西   安 禄 山   ︵ 以 上 ア の 部 の み 、 以 下 略 ︶ 使 わ れ な い も の が 多 か っ た と 見 な け れ ば な ら な い 。 漢 文 訓 読

︹ 漢 語 ︺ 愛       一 暴 楽   一 長 吼 鵬 九   鵬 九 鋼 按   晏 む 場 合 に だ け 使 用 さ れ 、 実 際 の 日 常 会 話 な ど に は 、 ほ と ん ど

和 漢 複 合 語           ○ 語 ︵       〇 %

集 の 漢 和 合 研 究 語 語 計 ﹂       所       収       ︶ に       よ 二 一 一 一 り 、 、 、 九 三 二 、 〇 五 五 若 〇 一 一 千 語 語 語 私 意 ︵ ︵ ︵ を     一 五 四 〇 加 八 一 〇 え ・ 上 ・ て 四 ハ 〇 % % % 計 ︶ ︶ 算 し た 。

に 基 づ い て 、 営 山 日 出 夫 氏 の 作 製 さ れ た 総 索 引 ■ 神 日 本 白 氏 文

原 茂 明 の 加 点 に 成 る も の で あ る 。 小 林 芳 規 博 士 作 製 の 訓 読 文

文 集 巻 第 ︵ 一 三 一 、 〇 七 四 ︶ の の 二 書 巻 写 は に 、 係 故 り 神 、 田 天 喜 永 一 四 郎 年 博 士 ︵ 一 の 三 所 〓 蔵 こ 本 に で 藤 、

嘉 承 二 年

非 レ 不 二 愛 楽   ︵ 以 上 ア の 一 部 、 他 略 ︶

哀 号 一 艮 衿 一 尺 敬 愛 育 愛 水 愛 染 愛 養 物 命

哀 慟   愛 敬   愛 敬   愛 惜   愛 波   一 異 鰻       一 尺 慟   愛 波

■ 〇 九 九 ︶ に 、 興 福 寺 の 僧 済 賢 が 加 点 し た 訓 点 で あ る 。 前 半

点 で あ る 。 巻 第 七 の 巻 首 か ら 巻 第 十 の 巻 末 ま で は 、 承 徳 三 年

か ら 巻 第 六 の 巻 末 に か け て ま で は 、 永 久 四 年 ︵ 一 二 六 ︶ の 加

は 判 ら な い が 、 大 体 書 写 当 時 の 延 久 頃 で あ り 、 巻 第 一 の 後 半

加 え ら れ て お り 、 巻 第 一 の 巻 初 の 部 分 の 加 点 は 年 代 が 詳 し く

文 の 書 写 は 延 久 三 年 ︵ 一 〇 七 こ で あ り 、 全 文 に 詳 細 な 訓 点 が

で あ っ て 、 興 福 寺 の 所 蔵 で 重 要 文 化 財 に 指 定 さ れ て い る 。 本 ,

﹁ 大 慈 恩 寺 三 蔵 法 師 伝 ﹂ 十 巻 は 、 唐 の 高 僧 玄 失 三 蔵 の 伝 記

和 語 。 漢 語 の 分 布 と 内 容 と を 検 討 し て 見 る こ と と し た い 。

寺 伝 三 蔵 法 師 伝 承 徳 。 永 久 点 ﹂ と 、 ﹁ 文 集 天 永 点 ﹂ と に よ っ て 、 知 る 。 そ れ に し て も 、 漢 文 訓 読 語 の 中 で 占 め る 漢 語 の 比 重 が 、

と 認 め ら れ る 。 こ こ で は 、 従 来 総 索 引 の 作 製 さ れ た 、 ﹁ 大 慈 恩 で あ っ て 、 回 数 と し て は 和 語 の 方 が 若 千 上 廻 っ て い る こ と を

さ れ る の で あ り 、 原 漢 文 の 性 格 に よ っ て 、 大 き く 異 な る も の

用 い ら れ る 語 彙 は 、 当 然 の こ と な が ら 、 原 漢 文 の 内 容 に 左 右

が 知 ら れ る の が 、 こ の 漢 文 訓 読 文 で あ る 。 従 っ て 、 そ の 中 に

語 で あ る 漢 文 で あ り 、 そ れ を ど の よ う に 国 語 と し て 訓 じ た か い て 見 る と 、

そ れ を 直 接 に 表 現 し た 文 章 で は な い 。 本 来 存 在 し た の は 外 国

形 で 訓 読 し た か を 表 す 文 で あ る 。 こ れ は 、 国 語 が 先 ず あ っ て 、

入 し た 人 の 訓 法 を 復 元 し た も の で 、 当 時 の 漢 文 を ど の よ う な

漢 文 訓 読 文 は 、 漢 文 に 附 記 さ れ た 訓 点 に よ っ て 、 訓 点 を 記

を 持 っ て い る こ と の 一 つ の 現 れ か も 知 れ な い 。

文 体 が 、 全 体 と し て は 、 和 文 よ り も 漢 文 の 方 に 遥 に 近 い 性 格 の 加 点 者 は 未 詳 で あ る が 、 多 分 、 興 福 寺 の 僧 と 推 定 さ れ る も

和 名 類 衆 抄 は 、 源 順 の 撰 し た 辞 書 で 、 意 味 に よ っ て 単 語 を

そ し て 又 、 同 じ 漢 語 で も 、 辞 書 、 た と え ば 和 名 類 衆 抄 や 色

文 の 漢 語 は 、 漢 字 音 で 連 な っ て い る と い う だ け で 、 漢 文 を 訓

の よ う な 性 格 の 現 れ と い う こ と が で き る 。 し た が っ て 、 訓 読

和 訓 を 併 記 し て い る 例 が 、 し ば し ば 見 ら れ る が 、 こ れ は 、 右

の よ う 秋 キ猜 にイ ︲シ ラ  爺 L 、ナ 一 ウ     コ  反   字 ︲ 音 マ   ヘ阻 ロ タ を ︵ ツ  注 大 慈 大︵ 記 恩 日 し 寺 経 三 な 疏 蔵 巻 が 法 第 ら 師 六 、 伝   永 巻 保 一 方 第 二 年 で 六 、 永 ︿ 久 一 そ 四 〇 れ 年 八 ぞ ︿ 一0 れ 一 占 の 一 じ 漢 一 六 字 ﹀ に 点

合 が 少 く な い

場 一 字 の 独

な い 立 た し と に 漢 字 が た 字 、 二 字 か ま 二 つ 重 な の っ て い る と い た っ 一 字 は 合 な 場 る 漢 語 成 ら ま た 漢 こ

ら 。

。 と え ば 、

ど  、

一 ︵ 語 女 5 で 一 あ ﹂ る ﹁ き が ち 、 や 訓 う 読 文 ︵ 几 の 帳 場 こ 合 な は ど 、の 必 よ ず う し に も 、 そ そ う れ ば 自 か 体 り 独 と 立 は し 限 た

ス よ ィ ︹ つ っ 号 漢 。 て 構   語 成 藷 ︺ さ ス 阿 れ   疹 て 喚   い 喝 る 狭 拝 た 災 国 め     に 掩 一 尺 こ 映 慟 の   荒 よ う 愛 鰻   な   結 愛 埃 果 海 鰻 と な 愛     っ 好 埃 た   塵 の 一   暴 で 感 一 あ 異

印 度 に 関 す る 記 事 、 仏 教 的 内 容 、 四 六 群 個 体 の 上 奏 文 な ど に

漢 語 で 占 め ら れ て い る こ と が 判 明 す る 。 内 容 が 、 中 国 。 西 域 ・

つ 右 ノ。 に 示 す よ う に 、 異 な り 語 数 で い う と 、 実 に 八 五 % 余 が 、

如 何 に 大 き い も の で あ る か を 、 理 解 す る こ と が で き る で あ ろ

漢 語         一 一 〇 、 九 八 九 回 ︵   四 三 ・ 四 % ︶

和 語         一 一 七 、 四 〇 六 回 ︵   五 六 上 ハ % ︶

合 計         四 八 、 二 九 五 回 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 % ︶

右 は 、 同 文 献 に お け る 異 な り 語 数 で あ る が 、 使 用 回 数 に つ

和 漢 複 合 語             ○ 語 ︵       〇 % ︶

漢 語         一 〇 、 〇 三 七 語 ︵   八 五 ・ 八 % ︶

和 語           一 、 六 五 七 語 ︵   一 四 二 死 ︶

合 計         一 一 、 六 九 四 語 ︵ 一 〇 〇 ・ 〇 %

総 索 引 を 使 用 す る 。

の で あ る 。 筆 者 が 作 成 し て 、 先 年 刊 行 し た 訓 読 文 に 基 づ い た

― ― 25 -― ― ――

― ― 24 -― ― ――

ど を 中 心 に 、 若 千 の 考 察 を 試 み た 。 今 回 は 勿 忙 に か ま け て 、

以 上 平 安 時 代 の 諸 種 の 文 献 を 見 渡 し て 、 そ の 漢 語 の 比 率 な

の 中 に 溶 け 込 ん で い た 種 類 の 語 彙 で あ っ た も の と 思 わ れ る 。

一 字 一 字 に つ い て の 字 釈 の よ う な 漢 語 と は 異 な り 、 日 常 生 活

わ れ る 。 字 音 語 と い っ て も 、 漢 文 訓 読 の 中 で 使 わ れ る よ う な 、

そ れ ぞ れ 用 例 が あ り 、 当 時 一 般 的 に 使 用 さ れ て い た 名 詞 と 思

珀 ﹂ は 今 昔 物 語 集 に 、 ﹁ 馬 増 ﹂ は 宇 津 保 物 語 。 今 昔 物 語 集 に 、

巨 ﹂ は 栄 花 物 語 人 フ 昔 物 語 集 に 、 ﹁ 石 楠 草 ﹂ は 清 慎 公 集 に 、 ﹁ 琥

し て は 、 い わ ゅ る 呉 音 に 属 す る も の が 多 い よ う で あ る 。 T 一 衣

の よ う に 、 ﹁ 俗 云 ﹂ 又 は ﹁ 俗 音 ﹂ と あ る も の で 、 字 音 の 系 統 と

拘 杞 、 和 名 沼 美 久 須 利 、 俗 音 久 古 ︵ 一 一 〇 ピ 西 2

馬 脳 、 俗 音 女 奈 宇

︵ 一 一 二 九 ι ︵ 一 一 二 九 ι

琥 珀 、 虎 伯 音 、 俗 音 久 波 久

ノ 石 三 二 楠 衣 九 ウ 草 巨 ︶ 、 、 楠 俗 音 云 南 佐 、 無 和 江 名 乃 麟 波 距 古 良ラ 乃ノ ︵ 〓 村 一 ラ ヽ 五 俗 之 云 告 久ク 奈ナ 無 ぼ Ξ O 注 者 各 位 に 対 し て 、 深 い 謝 意 を 捧 げ る 次 第 で あ る 。

は 、 い わ ゆ る 漢 語 に 相 当 す る も の が あ る 。 そ れ は 、

豆 加 岐 ﹂ 2 三 ノ 八 2 と し た も の が あ る 。 こ の ﹁ 俗 云 ﹂ の 中 に 今 後 の 研 究 の 進 展 へ の 一 示 唆 と も な れ ば 、 幸 で あ る 。

よ う に 、 ﹁ 和 名 ﹂ と 冠 し た も の も あ る が 、 中 に ﹁ 瑞 籠 、 俗 云 美 遺 漏 も 少 く な い こ と と 思 わ れ る 。 た だ 、 こ の よ う な 観 点 が 、

に は 、 ﹁ 館 、 和 名 多 知 ﹂ ︵ 一 〇 ノ 五 ウ 、 二 十 巻 本 に よ る 、 以 下 同 ︶ の な か っ た 。 又 、 統 計 に つ い て も 、 勿 々 の 間 の 作 業 の た め に 、

に 万 葉 仮 名 に よ っ て 、 和 訓 を 添 記 し た も の で あ る 。 そ の 和 訓 体 の 相 違 に よ る 語 彙 の 比 較 な ど に つ い て も 、 及 ぶ こ と が で き

分 類 し 、 そ れ に 多 数 の 文 献 か ら 注 を 引 用 し て 漢 文 で 記 し 、 更 枕 草 子 ・ 栄 花 物 語 な ど に つ い て 触 れ る 余 裕 が 無 く 、 又 、 各 文

︵ つ き し ま ・ ひ ろ し   東 京 大 学 教 授 ︶

て 、 こ の 種 の 統 計 に 論 及 さ れ た 。

︵ 3 国 ︶ コ 中 遠 学 ︿ 藤 ム 公 好 開 英 講 演 氏 ︿ は こ ﹁ で 文 、 章 枕 史 草 へ 子 の ・ 一 方 視 丈 点 記 ﹂ ・ ︵ 徒 昭 然 和 六 草 十 に 年 つ 十 い 月 、

彙 ﹂ ︵ 注 T ︶ と 同 童 じ

計 六 〇 九 語 が あ る と 指 摘 さ れ て い る 。 ﹁ 宇 津 保 物 語 の 語

文 献 に 見 え な い 独 自 の 漢 語 四 五 一 語 、 混 種 語 一 五 八 語 、

︵ 2 ︶   佐 藤 武 義 氏 に よ れ ば 、 宇 津 保 物 語 全 体 の 中 で 、 他
― ―

︵ 1 昭 ︶ 和 五 佐 十 藤 七 年 武 五 義 月 ︶ ﹁ 古 代 語 彙 の 概 説 ﹂ ︵ ﹁ 講 座 日 本 語 の 箋 中 彙 3 ﹂

終 り に 、 本 稿 執 筆 に 際 し て 使 用 さ せ て 頂 い た 諸 索 引 類 の 編

- 26 -―

ISSN 0288-0822

11月 号
1985 vOL, 4
特集 中古語 ・ 中古語研究 の現状 と問題 点 … …………… 野 宗 明 森 ・ ・築 と漢語 … …………………………… ・ 島 和語 裕 ・ 女流文学 の こ とば ………………… ……… 一雄 関 R… ・清水婦久子 に い 一…… ・ 源氏物語 の こ とば― .顔 」 つ て ・ 枕草子 の こ とば …………………………… 原 邦 彦 榊 ヽ 形 襲可 中し 一 今昔物語集 の こ とば― 容 を ′に …… 藤 武 義 佐 ・ 中古語 の 中核 となることば ……… ……… 辻 保 和 東 〈古 雑 〉 中 語 感 「ひ や も Jに い … 詈中古語雑考― た ご り つ て ……… 田 穣 二 石

・ 三中古語の位相… ………………………… 倉 篤 義 阪 ・ … …………………………… 昌中古語漫言 佐藤喜代治 …… …………… 上 琢 弥 「 「 玉 昌 あさがほ」ゆふがほ」 ・ ・ ……………………………… 田 芳 起 原 言中古語雑感 「つし 合 … 言語義さぐりそぞろ言― う く Jの 場 ・ 松 尾 聰 ・ ……………………………… 辺 三中古語雑感 渡 実 《 連載》
蹴 文章講義0北 一ヌ … 陸 能 登 の オン 督 口 武 彦 『 ― 泉鏡花 河伯 令 女 沐

日 本語学者列伝 時枝誠記伝 (6)… ………… 木 一 彦 鈴 ことば 狂言の′声(2卜「 お 」臭 カ 音と ほ んは 声 ー… 山 口 仲 美 鳥 ………… ……… 上 慎 二 古典を 味わう 私 の枕草子・ 岸 誤用分析

明 治 書 院

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful