You are on page 1of 2

■ 社名

合名会社 高砂屋商店 (英文名 Takasagoya Syouten Company)
■ 代表者
代表社員 社長 桑原 勇
代表社員 会長 桑原 勇蔵
■ 本社所在地
〒969-6539 福島県河沼郡会津坂下町字古市乙 141
TEL 0242-83-2032 FAX 0242-83-0424
■ 創業

明治 45 年(1912 年) 創業 99 年【*平成 23 年現在】

■ 設立

昭和 23 年(1948 年) 9 月

■ 資本金

500万円

■ 従業員数

11人

■ 主な事業内容

味噌・しょうゆ・漬物製造販売業

■ 主要株主

桑原 勇蔵

■ 取引銀行

東邦銀行坂下支店

■ 沿革

明治 45 年

味噌醤油製造業として創業

昭和 23 年

合名会社 高砂屋商店として法人創立

昭和 46 年

味噌漬け・しょうゆ漬けの製造販売と開始

平成 20 年

福島県経営革新計画認定

平成 21 年

味噌・漬物工場を新設
県ふくしま産業応援ファンド事業計画認定
国地域資源活用事業計画認定

平成 22 年

福島県農商工連携ファンド事業計画認定

■ 主な製品・ブランド
会津のブランド「キンタカサゴ」、「鶴ヶ城味噌」の醸造元です。
「キンタカサゴ醤油」
会津の食文化を支える醤油として親しまれております。特級醤油はそのまろやかな風味
が、蕎麦との相性が認められ、会津の主要な手打ち蕎麦店だけでなく東京から、遠くは
福岡までの手打ち蕎麦店の名店にご愛用いただいております。淡口醤油も会津の汁物
文化をささえるしょうゆとして、『こづゆ』、『ラーメンスープ』との相性が広く認められてい
ます。

「鶴ヶ城みそ ・ 特選 鶴ヶ城みそ」
会津の名城『鶴ヶ城』を冠した味噌は、その名前に恥じることなく、米麹をたっぷり使った
会津味噌の伝統を受け継ぐものとして親しまれています。特に国産原料にこだわった
『特選鶴ヶ城味噌』は、全国の鑑評会で多数入選するなど、その品質が広く認められて
います。

「会津みそ御膳 ・ 特撰 会津みそ御膳」
お客様の利便性、調理適性に注目した高含水みそシリーズは、溶けやすさと扱いやすさ
のコンセプトが県の経営革新計画、中小企業庁の地域資源活用事業に認定されるなど、
次世代を担う味噌として注力している商品です。

「にしん山椒漬け」
会津の郷土料理として親しまれているにしんの山椒漬をいち早く商品化。観光地会津の
定番土産品としても、非常に評価の高い商品です。

「まるごと国産 会津生七味」
全て国産原料、無添加の生七味。神出雲産の唐辛子の刺激的な辛さ、実山椒、しその
実のアクセント、ゆず陳皮の上質な香りが、食材の持つ美味しさを一層引き立ててくれ
ます。素材の食感を残した加工法は、他社がまねできない逸品です。