You are on page 1of 1

海のない会津では、昔より塩蔵または乾物として持ち込まれた海産物を郷土料理に用いてき

ました。貝柱をふんだんに使った「こづゆ」や、「棒たら」の甘露煮など、今にその味を伝えて
いるものも少なくありません。その中で「にしんの山椒漬」は、今なお多くの家庭で作られ、会
津の人々に親しまれています。
身欠きにしんが会津へ持ち込まれたのは、江戸時代寛政年間ごろだといわれています。四方
を山々に囲まれた会津では、北前船で日本海の荒海を経て新潟に持ち込まれた海産物が、阿賀川、
陸路を経て運ばれてきたようです。会津の人々は、海運、河川運、陸運を経て運ばれた貴重な蛋
白源を、保存のきく「にしんの山椒漬」として加工し、食してきたのです。会津では「にしんの
山椒漬」を作るため、地元会津本郷焼きの窯元で専用の「にしん鉢」が作られ、その鉢も各家庭
に常備されていたほどです。
当社の「にしんの山椒漬」は、会津の伝統的な味を再現するために、素材に徹底的にこだわ
っております。原料の「身欠きにしん」は、北海道でしっかりと乾燥加工された「身欠きにしん」
を使用。歯ごたえは若干残りますが、やわらかく加工した「身欠きにしん」を使用すると、にし
んに残る脂分が多く、食味・食感ともに格段に落ちてしまうからです。また、漬け込みに使うた
れも、蕎麦処会津の銘店で広く愛用されている地元醸造元の本醸造しょうゆをベースに、たっぷ
りの本みりんとまろやかな酸味の醸造酢から作られています。「にしんの山椒漬」に欠かせない
山椒の葉は、会津の山々で初夏に取れたやわらかい新芽を、一年を通して使用しています。
このように、厳選した素材を使用した極上の「にしんの山椒漬」のお召し上がり方は、その
まま“はす”に切ってお召し上がるのが一番。噛めば噛むほど豊かな風味があふれ出し、その味
わいに会津の風土を感じていただける逸品であると、自信を持ってお勧めいたします。
「にしんの山椒漬」は、会津の歴史に刻まれた流通、陶芸、季節、生活が一緒に漬け込まれ
た伝統の郷土料理です。

福島県河沼郡会津坂下町字古市乙141

TEL 0242 (83) 2032
FAX 0242 (83) 0424
URL http://kintakasago.com
Mail kintakasago@nifty.com