プログラミング担当

寺門 峻
ナスルディン

プレゼンテーション担当
川合 康太
矢内 亮馬
グループ10

一般に,流れの中に置かれた物体の後方には, カルマン渦ができることが知られている. 本講義では,C言語を用いて物体回りの渦度の 解析を行い,カルマン渦がどのように発生するか を確かめる. グループ10 .

  解析対象は平板とした.これは昨年度の実験 において平板周りの流れを観察したため,比 較を行いやすいためである. 0 グループ10 .

基礎方程式 Navier-Stokes方程式 Burgers方程式 Poisson方程式 SMAC法により離散化して整理 グループ10 .

離散化方程式 グループ10 .

境界条件 流れ場 管内 計算対象 平板 レイノルズ数 200 meshサイズ 縦64横128 meshの取り方 直交 物体形状 0 物体中心座標 (32,32) 格子点の取り方 スタッガード格子 グループ10 .

グループ10 .

グループ10 .

グループ10 .

渦 平板 グループ10 .

速度分布 逆流 境界層 平板 グループ10 .

    グループ10 .

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful