You are on page 1of 1

謝罪という名の「ゆすり、たかり」に屈する日本人。恩を仇で返す朝鮮人。

戦後の自虐的な反日義務教育と、マスコミによる左翼思想的偏向報道に騙されてませんか?

「強制連行」という神話

1.そもそも「強制連行」という言葉も政策もなく、戦後に模造されたプロパガンダである

ことを知ってますか?

2.在日コリアンは強制的に連行されたのではなく、職業の募集にあるいは教育を受け

るなどの為に、自らの意志で日本に渡航又は密航したということを知っていますか?

3.日本内地では、戦前(昭和 14 年)~終戦直前(昭和20年)までに約100万人の朝

鮮人が増加したとされ、その100万人のうち70万人は自らの意思で日本に職を求

めてきた者と、その間の出生によるもので、残りの30万人はほとんどが工鉱業、土

木事業の募集に応じてきた者であるとされることを知ってますか?

4.日韓併合により日本は朝鮮半島への莫大な資金を投入し、朝鮮半島の農業の生産

性を上げ、教育制度を充実させ、工業施設を建設し、道路・鉄道・港湾・電力などイン

フラを整備し朝鮮半島の近代化の基礎を築いたことを知ってますか?

5.一部の左翼者が主張する「強制連行」とはいわゆる「徴用」のことであり、国民徴用

令という法律適用に基づいた当時の「日本国民の義務」であり、当時の朝鮮人は日

本の国民であったから当然の義務であることを知ってますか?

6.また、「徴用」された数も日本の配慮により純日本人徴用者に比べごくごく少数である

ことを知ってますか?

7.仮に「徴用 」を「強制連行」とするならば、純日本人徴用者も全て国に強制連行され

たことになり全く馬鹿げた論理であることを知ってますか?

8.終戦直後日本にいた 200 万人の朝鮮人のうち終戦後、昭和20年8月から翌年3月

まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万が帰還するなどして、終戦時

までに在日していたもののうち約75%が帰還していることを知ってますか?

9.また後の昭和25年(1950年)からの朝鮮戦争を逃れるため日本に流入した難民は

何十万人ともいわれることを知ってますか?

 つづきは「ビラのHP」「パクリ大国 南朝鮮」にて