You are on page 1of 2

整理番号 営業統括部 2006 年度 / 027 号 部 長 担当者

法 務 等 相 談 記 録 票

相談日時 2007 年 2 月 2 7日(金曜) 14:23 電話 ・ 事務所訪問 ・ メール(○で囲む)

先方 片岡総合法律事務所・右崎弁護士

当社 営業統括部・中村

テ ー マ PHALANX社の『Session Call』について考えられるリスク

結果概要 今回のスキームでは、御社名義の広告をみて、同広告記載の電話番号に架電してきた

顧客に係る電話番号及びその他の情報をPHALANX社(以下「PH社」)が蓄積、保
有します。そこで、PL社が御社の個人データを P L社が取り扱っていると判断され、
御社がPL社に対して委託先の監督責任を負うリスクがあります。
(そこで、PL社が情報漏えい事故を生じさせると、御社の責任となる可能性があり
ま す 。 )
ただし、上記のリスクは、御社において御社が保有している情報と、PL社の保有してい
る情報とを容易に照合することで個人を特定できる場合であることを前提とします。
なぜなら、PL社の保有している情報は、単なる電話番号でありそれだけでは、個人を特
定できない内容といえるからです。(すなわち、固定電話の場合には、家族等複数の利用
者が考えられ、電話帳による調査を行っても、個人の特定は困難である場合が多いと考え
ます。また、携帯電話の場合には、電話番号からの調査は一般的には困難です。)
相談内容 PHALANX社が運営する『Session Call』システムを活用し、紙、電話アフィリエイトを
実施する

にあたり、モビット側に考えられるリスクについての確認。

1/2
原本 :部内チェックをうけたものを各部保管簿へ収納もしくは、決裁書に添付
コピー:リスク統括室に回付
[リスク統括室使用欄] 検 査 部

2/2