COMBINE office

〒600-8033 京都市下京区寺町通仏光寺下る恵美須之町 521 番地

http://www.combine-art.com
COMBINE 担当上山 Tel 075-585-8660 Fax 075-585-6510

プレスリリース カテゴリー:展覧会
2011 年 12月発信

[展覧会案内]

報道関係者各位

展覧会のご案内
会期:12月21日(水)~12月30日(金)
場所:高松天満屋 5階 美術画廊(入場無料)午前10時~午後7時30分 ※最終日は午後4時閉場
<お問合せ> TEL 087-812-7548

現代美術のカッティングエッジ 京都・瀬戸内のゴンベッサたち(展示予定点数約30点(新作中心)
ゴンベッサとはシーラカンスの事です。シーラカンスとは、古生代に出現し、白亜紀に絶滅したと考えられていた全長約1.5メートルの魚のことで、原始的な形質を
有するので、生きた化石といわれています。 その存在を昔から知っていたコモロ諸島周辺の人々からは肉が不味くて「使えない魚」との語義をもつ「ゴンベッサ」の
名で呼ばれていました。その価値が明らかになり珍重されるようになった現在、「ゴンベッサ」は一転、「幸運を呼ぶ魚」との肯定的な語義に変わったのです。今展
企画は、このゴンベッサの語義変化をアートの世界における劇的なパラダイムシフト(変革)に擬え、今はまだその名も作品も世に知られず、価値も確立していない
京都と瀬戸内の若いアーティスト達9名をゴンベッサと位置付け、東京以外の現代美術のカッティングエッジ(刃先・最先端の意)の能力とその可能性を広く問いた
いと考えております。

現代美術のカッティングエッジ 京都・瀬戸内のゴンベッサたち

阿部瑞樹(あべ・みずき) 1987 年生 京都造形芸術大学出身

9 名の若きアーティストによるギャラリートーク開催

武者宏迪(むしゃ・ひろみち) 1989 年生 京都造形芸術大学4回

●12 月 24 日(土)午後 3 時~6 時
お客様の質疑を交え、各アーティストたちの作品にかける
情熱と今後の抱負等を語ってもらいます。
●12 月 25 日(日)午後 1 時~3 時
24 日同様にお客様の質疑を交え、各アーティストたちに熱い
思いを語ってもらうのと同時に、地元塩江美術館にて同時期
開催中の塩江アートプロジェクト【高松明日香 イメージの擬
態】2011 年 12 月 17 日(土)-2012 年 2 月 5 日(日)について
アーティスト高松明日香より展示内容の説明等紹介させても
らいます。

釜匠(かま・たくみ) 1985 年生 京都精華大学出身
松本央(まつもと・ひさし) 1983 年生 京都精華大学出身
佐野曉(さの・あきら) 1981 年生 京都市立芸術大学出身(博士号取
辻孝文(つじ・たかふみ) 1985 年生 岡山県倉敷市在住
小橋順明(こばし・まさあき) 1976 年生 香川大学出身 岡山県在住
高松明日香(たかまつ・あすか) 1984 年生 尾道大学出身 高松市在住
炭田紗季(すみだ・さき) 1985 年生 尾道大学出身 岡山県在住

<本件に企画内容詳細に関するお問い合わせ>
COMBINE 担当:上山潤(ウエヤマ・ジュン) TEL075-585-8660 携帯 080-3100-1605 FAX:075-585-6510
E-mail:office@combine-art.com