You are on page 1of 15

田井

いま むかし
史跡めぐり

絵:葛原進・平山公香

かじわら

おさかちく

1 梶原・尾坂地区
さくら

さくら

ろくじぞうそん

はじ

かじわらほうめん ひがしがわいりぐち

そん

よこ

や ね

じぞうそん

じぞう そん

ろくじぞう

よこ

じゅれい

ねん

さくら

この地蔵尊の横には樹齢 60 年の桜の木があります。

初めに行ったところは、
梶原方面の東 側入口にある六地蔵

田井

② 桜の木のそばの地蔵尊

① 桜の木のそばの六地蔵尊
じ ぞ う そん

すぐ横には屋根つきの地蔵尊があります。
尊です。

まえがき
た い れきし けんきゅうかい

ほんけんきゅうかい ぜんかいちょう

みやたくにぞう

しゅみ

た い

しせき ちょうさ かんめい うけ

田井歴史 研 究 会 は、本 研 究 会 の前 会 長 でもある宮田邦蔵さんが趣味でおこなっていた、田井の史跡調査に感銘を受けた
た い じゅうみん ゆ う し

ほっそく

田井の住 民有志により発足しました。
けんきゅうかいさんかしゃ

た い ち く

ながねん す

ぶんか れきし

しせき

とお

さぐ

研 究 会 参加者は、長年住んでいる田井地区には、どのような文化・歴史があったのかを、史跡を通して探ることにしました。
れきし う ぉ ー き ん ぐ

しょう

ひごろ

すた

げんち

ある

ちょうさ

「歴史ウォーキング」と称し、日頃から目にするものから、廃れてしまったものまで、現地を歩きながら調査をしました。
ほんしょ

たまのし

ほじょ きん

ちょうさけっか

ほんしょ

らん

みな

た い ち く

れきし

かん

本書は、玉野市の補助金を受け、調査結果をまとめたものです。本書をご覧になった皆さまに、田井地区の歴史を感じると
きかい

おとず

しせき

こ じん

いぶき

かん

さいわ

ともに、機会があれば訪れていただき、ひっそりとたたずむ史跡から、古人の息吹を感じていただければ幸いです。

たいれきしけんきゅうかい

田井歴史研究会 
さだおかいけ

した

ろくじぞうそん

③ 定岡池の下にある六地蔵尊
むっ

もくじ

ろくじぞう

お さ か ち く

1:梶原・尾坂地区

しょうのかみ

まつ

ぶっきょう

せかい

たい

じぞう

六 地蔵といって仏 教の世 界で6体 のお地 蔵さまがみん
くる

かじわら

じぞう

ここには六 つのお地 蔵さまが祀 られています。これは

すく

なの苦しみを救ってくれるという。

てらぐろちく

2:正之上から寺畔地区
じぞうそん

さきちょうば

き の さ き ち く

3:先丁場から木之崎地区

④ 地蔵尊
みちしるべ

じぞう さま

どいのうちちょうない

じぞう

ちいき

たいせつ

道 標のあるところにまつられていたお地 蔵様 です。土 居 ノ 内 町 内 の お 地 蔵 さ ま と し て 地 域 の 人 た ち が 大 切 に お
よこ
たににし

の の は ま ち く

4:谷西から野乃浜地区

みちしるべ

ひがしほうめん

こぐし

さいだいじ

にしほうめん

しゅう

てん

あじ の

「 こ こ か ら 東 方 面 は小 串 ・ 西 大寺、西 方面は 秀 天 ・味 野 、
ま つ り し て い ま す 。そ の 横 に 、道 標 が あ り 、そ こ に は 、
きたほうめん

はちはま

おかやま みなみほうめん

ひびこう

北 方 面 は八 浜 ・ 岡 山 、南 方 面 は日 比 港 」と し る さ れ て い ま す 。
たまのしし
じゅうぜんじ

かじわらちく

5:十禅寺から梶原地区

めいじ にじゅうきゅうねん

かじわら

みちしるべ

みなみ

のどう

しる

はちはまこう

やくわり

にょ じつ

ものがた

野 道 」と 記 さ れ て お り 八 浜 港 の役 割 を 如 実 に 物 語 っ て い ま す 。
た い

じんぶつ

6:田井の人物

7:あとがき

ひびこう

きたはちはま

おかやま どう ひがし こぐし

さいだいじ どう

にしあじ

【 玉 野 市 史 】よ り 明 治 二 十 九 年 に 建 て ら れ た 梶 原 の 道 標 は「 南 日 比 港 、北 八 浜 、岡 山 道 、東 小 串、西 大 寺 道 、西 味

するがいけ

ひがし

じぞうそん

れんげあん

⑤ 駿河池の東にある地蔵尊
するが いけ

ひがしがわ

⑩ 蓮華庵

じぞう

じぞう

あか

こじま れいじょう

まえだ

はちじゅうはっかしょ

だいじゅうよんばん ふだしょ

駿河池の東側にあるお地蔵さまです。
お地蔵さまには赤い前垂れ

児 島 霊 場 八 十 八 ヶ 所 第 十 四 番 札 所 で す 。こ

がかけられています。
これにはいろいろないわれがあるそうです。

こ に は 、十 一 面 観 音 様 が ま つ ら れ て い ま す 。こ

じゅういちめん かんのん さま

むかし

はしか

みずぼうそう

かんのん さま

たくさん

わる

びょうき

えき

あか

いろ

きら

かみ

じぞう

まえ

ちか

えきがみ

あかいろ

すき

まえだ

ちか

つぎ

しあわせ

ひと

じぞう

あい

1 .人 に 愛 さ れ る こ と

「疫神は赤色が好きなのでお地蔵さ
かないようにした。

とか、
逆に
あか

りやく

 

もの守り神であるお地蔵さまに前だれをかけて子どもたちに近づ
ぎゃく

じゅっ しゅるい

で 四 つ の 幸 せ を く だ さ る と い わ れ て い ま す。

赤い色が嫌いだったので子ど
です。
「悪い病気をもってくる疫は、
まも

の観音様はこの世で十種類のご利益と次の世

麻疹や水疱瘡などで沢山なくなっていたそう
昔 は子どもたちが、

ひと

みが

2 .人 に ほ め ら れ る こ と

まに赤い前垂れをかけて、子どもたちに近づかないようにと身代

ひと

やく

3 .人 の 役 に 立 つ こ と

わりになってもらった。

とも言われているそうです。

ひと

4 .人 に ひ つ よ う と さ れ る こ と
するがいけ

にし

するがいけ

こうじんじゃ

かじわら

ちく

ひと

あんぜん

そば

ゆたか

せいかつ

「 安 全 で 豊 か な 生 活 が、お く れ
梶 原 地 区 の 人 た ち が、

ぎゅうば

ずしがたせきとう

とりい

こんぴらぐう

たてもの

あんぜん

とりい

たまのしし

のこ

よこ

さんり じゅうはっちょう

みやま

みず

きさい

しゃしん

おさか

とんねる

おお

せきとう

ごりんとう

いま

の 左 側 に、多 く の 石 塔 や 五 輪 塔 が あ り ま す。今 も
へい

すいろ

⑫ 地蔵尊

玉 野市史に記 載されている写 真です。尾 坂ト ンネル
ひだりがわ

いけ

います。この横には三里 十 八 丁 といって深山の池から

しゅご しん

かまどや牛馬の安全をつかさどる守護神です。
荒神社とは、

のこ

じぞうそん

⑪ 厨子型石塔

金毘羅宮の建物は残っていませんが、鳥居だけは残って

ねが

ま す よ う に。
」と 願 っ て お ま つ り し て い た そ う で す。
こうじんじゃ

こんぴらぐう

⑦ 駿河池の側にある金毘羅宮の鳥居

⑥ 駿河池の西にある荒神社

した

よし

なか

ずしがた

せきとう

かじわら

お さかひがし

ちく

じぞう

梶 原・尾 坂 東 地 区にあるお地 蔵さまです。これらも
じもと

ひと

たいせつ

地元の人たちに大切におまつりされています。

さんとう

塀 の 下 の 葦 の 中 に 厨 子 型 石 塔 が 三 塔 あ り ま す。

ここまで水を引いてきた水路があります。

たまのし

めずら

じゅうよう

ぶんか ざい

ぜんこう

玉 野 市 で は 珍 し く、重 要 な 文 化 財 で す。全 高 157
やね

はば

せんち

とびら いちまい

せんち

セ ン チ、屋 根 の 幅 111 セ ン チ、扉 一 枚 70 セ ン チ、
よこ

せんち

せんち

せんち

あつ

にだん

横 38 セ ン チ、6 セ ン チ と 7 セ ン チ の 厚 さ の 二 段
だい

うえ

みぎがわ

もじ

かんえい

の 台 の 上 に 乗 っ て い ま す。右 側 の 文 字 は 「 寛 永
じゅう

うし どし ひだりがわ

さんがつ

いつか

しる

十 ■ 丑 歳 」 左 側 に「 三 月 ■ 五 日 」と 記 さ れ て い
しょうめん

かいみょう

みぎがわ

ま す。正 面 に 書 か れ た 戒 名 は、右 側 に「 岳 月 妙 慶
ひだりがわ

しる

逆 修 」左 側 に「 心 覚 常 慶 逆 修 」と 記 さ れ て い ま す。
せきひ

ふる

もじ

※■は、
石碑が古くて文字が読み取れませんでした。

おさかにしちく

じぞうそん

⑬ 尾坂西地区にある地蔵尊
するがやまじょうし

ながみやだいとく

⑧ 駿河山城址
むかし かじわら し

ごうぞく

しろ

かま

昔、梶 原氏 という豪 族がここにお城 を構 えていました。
げんざい

とりい

ほこら

はか

げんざい

⑨ 長宮大徳のお墓
のこ

現在は鳥居と祠が3つ残っています。

するが いけ

どて

した

みんか

けん

いえ

よこ

駿 河池 の土 手の下 に民 家が 1 軒 あります。その家 の横
とお

うらて

まわ

ながみや だいとく

はか

を 通 っ て 裏 手 に 回 る と 長 宮 大 徳 の お 墓 が あ り ま す。
ながみやだいとく

いえ

へい

した

現在は、
このように家の塀の下におまつりされています。

かいうんぎょう

ざい

ひと

長 宮大徳という人は海運業で財をなした人だそうです。

ろくたい じぞう

ろくじぞう

ぶっきょう

おし

ろくどう

ここも六 体地 蔵です。六 地蔵とは、仏 教の教 えで六 道
りんね

しそう

せいめいたい

しゅるい

輪廻の思想(すべての生命体は6種類のに生まれ変わり

かえ

もと

じ ごくどう

がき どうちくしょう どう

しゅら どう

を繰り返す)に基 づき、地獄道、餓鬼道、畜 生道、修羅道、
じんどう てんどう

じゅん

こんごう がん じぞう

こんごう ほう じぞう

こんごうひ じぞう

人道、天道の順に金剛願 地蔵、金剛宝 地蔵、金剛悲地蔵、
こんごうどう じぞう

ほうこうおう じぞう

よ てん が じ ぞう

預 天 賀地蔵といいます。
金 剛憧地蔵、放光王 地蔵、

しょうのかみ

おさかにしちく

しゅうかいじょ

ふどうそん

おさかかねまつちく

⑭ 尾坂西地区の集会所にある不動尊
ふ ど う

ぶ らく

ちんじゅ

あた

した

しゅうかいじょ

ちい

しゅうらく

じぞう

しょうのかみ

ろくじぞうそん

この辺りでは、小さな集落ごとにお地蔵さまをおまつり

① 正ノ上の六地蔵尊

しています。

由 来 不 詳 で す が、正 ノ 上 の

かみさま

地 区 の 鎮 守 の 神 様 と し て ま つ ら れ て い ま す。
ち く

2 正ノ上から寺畔地区

じぞうそん

⑮ 尾坂金松地区にある地蔵尊

ひと

「 お 不 動 さ ん 」と 呼 ば れ 部 落 の 人 に 親 し ま れ、

てらぐろちく

ゆらい ふしょう

うらて

ひと

地区の集会所の裏手にあります。

しょうのかみ

だいじ

人たちが大事におまつりし
ています。

しょうのかみちく

てんまんぐう

② 正ノ上地区の天満宮
かんじょう

ねんがっぴ

ふしょう

しょうのかみ まるやま

勧 請 年 月 日 は 不 詳。正 ノ 上 丸 山
にしさこだ
かじわらいちぞく

はか

⑯ 梶原一族のお墓
みなもとのよしつね

こうえい

つい ほう

かじわら

ねむ

みね

ねん

がつげんざい

いち

うつ

べんがく

かみ

6 月現在の位置に移し、勉学の神として

かじわらけ

す る が やまじょう

まつっています。

じょうしゅ

さいじん すがわらのみちざねこう

は 、駿 河 山 に あ っ た 駿 河 山 城 の 城 主 だ っ た そ う で
むかし げん た

げん た ざ か

さいじつ

きゅうれき がつ

祭神は菅 原道真公で祭日は旧暦 8 月 24

ちめい

にち

す 。こ の あ た り には昔 、源 太 ・源 太 坂の地 名が あ り 、
ごりんとう

こだか

かん ぽう

三 郎 の 後 裔 が 眠 っ て い る と い わ れ て い ま す。梶 原 家
するがやま

あいだ

まつってありましたが寛保3年(1743)

こ こ に は 、源 義 経 を 追 放 し た と い わ れ て い る 梶 原
さぶろう

やぶ ね だに

(西佐古田と薮根谷の間で小高い峰)に

にち

日・25 日です。

じぬし

ま た 、こ の 五 輪 塔 を 地 主 さ ま と し て ま つ っ て い る こ
かじわら いちぞく

かんが

と か ら 、こ こ に 梶 原 一 族 が ま つ ら れ て い る と 考 え ら
れるのです。
てんまんぐう

いぜん


うら

たていしじんじゃ

たていしじんじゃ

③ 天満宮の裏にある建石神社
べつ

げんざい

てんまんぐう

うら

以前は別のところにありましたが、現在は天満宮の裏に
ちんざ

まいとし たい はちまんぐう

ねん

ねん

はいでん

こんりゅう

いま

り勧請、安政 7 年(1860)に 拝殿を建立していました。今
たいせつ

でも大切にまつられています。

梶原鉄工所●

藤板工務店●

●谷口印刷所

第一釣具●


美容室●

●サークル K

●鴨生建設

せ き ひ

のうぎょう かんけいぶか

ぢかみ さま

がっけい

めん

しる

農 業に関係深い5つの地神様が5角形の面に記されて
まつられています。
(詳細は不明)

じょうどうぐん さわだ たていし じんじゃ

をしています。天明 4 年(1784)、上 道郡澤田建 石神社よ
かんじょう あんせい

ごかっけい

ぐうじ

鎮座しています。毎年田井八幡宮の宮司によるおまつり
てんめい

ひだりうえ

④ 建石神社の左上にある五角形の石碑

※巻末 34 ページ地神様の説明を記載しています。

まござちく

あきばやまだいごんげん

まござこふん

⑧ 孫座地区にある孫座古墳

⑤ 秋葉山大権現
ばくまつ

めいじ

しょうのかみ

ぶらく

幕 末 か ら 明 治 に か け て、正 ノ 上 の 部 落
かさい

おお

「田井の火事
で は、な ぜ か 火 災 が 多 く、
しょうのかみ

め い じ

ねん

がつ

ぶ ら く

で し た。そ こ で、明 治 41 年 11 月 、部 落
みやけさだしろう

ふじわら まん きち

の 代 表 と し て 三 宅 定 四 郎、藤 原 万 吉
とおとう み

くに

しずおかけん

ら が、は る ば る 遠 江 の 国( 静 岡 県 )ま

あ き ば だいごんげん

しんぶつ

てつ ご う し

れい

こふん

まいそう

よこあなしき せきしつ

どうくつ けもの

まも

せきしつ

た ま の し そうごう ぶ ん か せ ん た ー

しりょうしつ

けいしき

えんぷん

形式:円墳
き ぼ ちょっけい

めーとる はば

規模直 径:17 m
たか

めーとる

幅:2.7 m

めーとる

高さ:1.8 m
ちゅうき い こ う

築造:[ 中期以降 ]

ぶらく

つ る こ と )し て 部 落 に ま つ り ま し た。
いらい

ひんぱつ

不 思議なことにそれ以 来、あれほど頻 発

ぶらく

し て い た 火 事 が ぴ た り と 止 ま り、部 落
ひとびと

あんしん

あ き ば さま

れいけん

しん

そんすう

あ き ば じんじゃ

しずおかけん

の人 々は安 心するとともに秋 葉様 の霊 験を信 じ、尊 崇しておまつりしています。この秋 葉神 社というのは静 岡県
しゅうちぐん はるのちょう

てんりゅうがわ

とうがん

あきばさん

もと

けんしゃ

さいじん

ほ の か ぶ ち の かみ

むかし

ひ ぶ

かみ

周 智郡春 野町にあり天 竜川の東 岸、秋 葉山にある元 の県 社で、祭 神はホ ノ カ ブ チ ノ 神 です。昔 から火 伏 せの神 とし
ぜんこくてき

しんこう

あつ

いっぱん

はね

てんぐ

すがた

あ き ば だいごんげん

かくち

あきば

て全 国的な信 仰を集 め、一 般には羽 の生 えた天 狗の姿 を秋 葉大 権現とよんで各 地にまつられています。ここの秋 葉
さま

けい

とりい

こんごうじ

じゅうしょく

ほうし

ぶっしき

さいてん

おこな

しんぶつこんこう

すがた

のこ

めずら

れい

たいしんざえもん

はか

⑨ 田井新左衛門の墓
いぜん

なかはら ち く

以 前 は 中 原 地 区 に あ っ た そ う で す が、
くかくせいり

ふくはら ち く じ ぞ う ど う

けいだい

区画整理により、福原地区地蔵堂の境内
うつ

様 も系 で鳥 居はありますが、そのおまつりには金 剛寺の住 職が奉 仕し、仏 式による祭 典が行 われています。

に移されています。

た ま の し し ぞくへん

【 玉 野市史続 編より】
このことは神 仏混 淆の姿 を残 している珍 しい例 です。

こいけ

じぞうそん

⑥ 小池の地蔵尊
た い えきまえ

JR 田井 駅 前にまつられています。
むかし

いちねん

いちど

まえ

とし

昔 は、一年に一度この前でその年に亡くな
ふくはらちく

せきひ

⑩ 福原地区の3つの石碑

れい とむら

った霊を弔 っていたそうです。

ひだり

た い しん ざ え もん

ちゅうおう

じ がみさま

みぎ

左 は、田井 新 左衛門、中央は地 神 様、右
わたなべけ

せ ん ぞ ばか

は渡辺家の先祖墓です。

こいけ

やくしどう

⑦ 小池の薬師堂
や く し にょらい

だいじょうぶっきょう

びょうき へ い ゆ など

げんせい り や く

こうけん

ほとけさま

しんこう

あ じ あ

ぶっきょうけん なか

とく

アジアの仏教圏の中でも特に
薬師如来は、大 乗仏 教では病気平癒等の現世利益に貢献のある仏様として信仰されています。
にほん

ひろ

しんこう

あつ

しなじな

てんじ

ょう=神仏の霊を分けてもらってま

ふ し ぎ

なか

は、
玉野市総 合文化センターの資料室に展示されています。

かんじょう

で 出 か け、秋 葉 大 権 現 を 勧 請( か ん じ

さんちょう

石室の中の品々
鉄 格子で古墳の洞窟が獣から守られています。

と い う と 正 ノ 上 だ。」と 言 わ れ る ほ ど

だいひょう

た い ま ご ざ

埋葬のしかたは横穴式石室です。
田井孫座の山頂にあります。

ほとけさま

日本で広く信仰を集めている仏様です。
ふくはらちく

ろくじぞうそん

⑪ 福原地区の六地蔵尊
ろ く じ ぞ う そん

すこ

ふる

ぶらく

ひとびと

ここの六地蔵尊は少し古く、部落の人々
たいせつ

に大切にまつられています。

ふくはらちく

われいじんじゃ

だいせんじんじゃ

⑫ 福原地区の和霊神社
わ れ い さま

⑮ 大山神社

かみさま

ふね

なんぱ

すく

ぎょぎょう

せいさん

こくどう

さか

和 霊 様 と い う 神 様 は、こ れ を お ま つ り し て い れ ば、船 を 難 破 か ら 救 う、あ る い は、漁 業 や 生 産 を 盛 ん に す る も
しんこう

とく

かいじょう せいかつしゃ

おお

せ と な い か い えんがん ち ほ う

ひろ

せん い

だいせんじんじゃ

かみさま

た い

つち が はら

さい

とうげ

ば い ぱ す いりぐち

さんさ ろ

きたがわ

こ だか

やま

ちい

やしろ

国 道 30 号線 を 田 井から槌 ケ 原 へ越 す賽 の峠 、ちょうどバ イパス入 口の三 叉路 、北 側の小 高い山 にある小 さな社 が
じんじゃ

のうぎょう

かみさま

ひじょう

ふ る

ふきん

のうみん

しんこう

あつ

いっぱん

うし

の と し て 信 仰 さ れ て い ま す。特 に 海 上 生 活 者 の 多 い 瀬 戸 内 海 沿 岸 地 方 で は 広 く ま つ ら れ て い る 神 様 で す。

大 山神 社です。この神 社は農 業の神 様として非 常に古 くからこの付 近の農 民の信 仰を集 め、一 般には牛 をまつった

しない

かみさま

かくち

た い

ふくはら

わ れ い じんじゃ

ちい

しゃでん

かま

れいさい

おこな

田井の福原にある和霊神社は、
小さいながらも社殿を構えて例祭(決まった日に行われ
市内でも各地にまつられていますが、
まつ

おこな

きんごう

もっと

おお

ゆうめい

わ れ い さま

めいじ

ねん ふくはら

ふじ わらいし た ろ う

い し だ よね じ ろう

い よ

この近郷では最も大きく有名な和霊様です。
明治35年、
福原の藤 原 石太郎、
石田米 ニ郎などが伊予
る祭り)も行われていて、
かんじょう

むかいやま しゃでん

い ら い れいさい

きんごうきんざい

ひと

さんけい

えんどう

しゃち

ろてんしょう

かたて

ゆかた

ろうにゃくなんにょ

やま

うえ

つづ

ぶらく

いえいえ

ま つ り ちょうちん

しんせき ち じ ん

まね

また、
部落では家々に祭り提 灯をつるして親戚知人を招き、
わ片手に浴衣がけという老 若男女が山の上まで続いていました。
いちや

しゅうかん

ひ び むら

めいじ

なかごろ

うわじま

わ れ い じんじゃ

ほう

しゃでん

ち い さ な ほこら

しん ち

いろまち

なか

まつ

おこな

みなと

のぼ

くだ

ふねひと

おおやまづみのみこと

みやま ち く

じょうたい

やよい じだい

のうこう みんぞく

さいしゅ

しゅりょう

せいかつ

とお

とお

きゅうれき がつ

にち

よる こうとう

よどお

おこ

まつり

おもしろ しゅうかん

こふん じだい

のうこう ぎじゅつ

すす

わ れ い じんじゃ

い よ

うわじま

やんべきんより

とく

した

ひと

へいち

ひろ

めん せき

すいでん

い よ うわじまはん

かろう

しゅくん だ て け

あんたい

はってん

ぶ び

はんめん そ ぜ い

ほうしん

せっきょくてき はん ざいせい

せつやく

ひつよう

かしん

ほうろく

うらむはんし

おお

げんな

ねん

がつ

にち

しんこう し ん や

か や

なか

ふか

きんより

くら

きんより

うでまえ

しかく

か や

か や

きんより かたな

つか

か や

なんねん

のち う わ じ ま は ん ひゃくしょうちょうにん

なか

きんより

した

こんりゅう

わ れ い じんじゃ

めいにち

がつ

にち

よる う わ じ ま

ひとばん じゅうかや

ふる

はちまんぐう

しゅうらく

もっと

ふる

しょうのかみ

ち く

ひと

とお

つづ

ねん

ぐうじ

み たま あ

でんしょう

ばん

か や

まつ

かん じょう

とっとりけん

だいせん じんじゃ

み たま

ただき、勧 請 した鳥 取県の大 山神 社へ御 霊 をめ
はいしゃ

て、廃社にしています。

まつ

しゅうぞく

この晩、
蚊帳を吊らないのがこのお祭りの習俗となっています。
いたのです。
各地の和霊祭りもこれを伝承して、
てらぐろ

きたむきじぞう

⑬ 寺畔の北向地蔵
くかくせいり

いてん

げんざい

い ち

じぞう

区 画整 理で移 転して現 在の位 置になりました。お地 蔵
さま

ぼさつ

いっしゅ

かみさま

みなみ む

様 は 菩 薩 の 一 種 で す。神 様 は 南 向 き に 立 て ら れ て い
おが

ひと

きたむ

ほんらい

じ ぞ う さま

ます。拝 む人 は北 向きになります。本 来お地 蔵様 はお
し ゃ か さま しゅぎょう じ だ い

すがた

にょらいさま

釈 迦様 の修 行時 代の姿 をされています。如 来様 になっ

みんしゅう

おな

みんしゅう

いっしょ

じ ぞ う さま

で、民 衆と一 緒にいるのが、お地 蔵様 です。したがって
ほんらい き た む

にほん

お 地蔵様 は本 来北 向きでなければなりませんが、日 本
ぜんこく

やく

たい

きたむ

めずら

全 国では約 400 体 しかないようです。北 向きが珍 しい
たいへん

●三井生協

お じ ぞ う さま

りやく

ということで、大 変ご利 益があるとか。

てらぐろ

●高橋耳鼻
 咽喉科

こうじんじゃ

⑭ 寺畔の荒神社
てらぐろ ぶ ら く

たいせつ

備前田井駅●
やしろ

うら

きょだい

寺 畔 部落で大切にまつられています。社の裏には巨大な
いわ

市立田井
小学校

●大西病院

●コンビニ

きた

ていない状 態です。北 を向 くということは民 衆と同 じ

中国銀行●

じょうたい

たい

おこな

その命日である6月 23日の夜、
宇和島では、
一晩中蚊帳を吊らないでお祭りをして
霊をまつって建立したのが和霊神社であり、
わ れ い まつ

じんじゃ

八 幡宮の宮 司さんにより、御 霊 上 げを行 ってい

こえ

はっしょう

へいせい

それから何年かたった後、
宇和島藩の 百 姓 町 人たちの中から公頼の徳を慕う声がおこり、
その
んで非業の死をとげたのです。
れい

ぶらく

ることができなくなったので平成 16 年に、田井

うら

とく

たに

ましたが、神 社があまり遠 くておまつりを続 け

蚊帳にからまれた公頼は刀を使うこともできず、
「この蚊帳さえなければ」
と、
恨みをの
手を切り落として蚊帳をかぶせたので、
ひごう

す   つ  

い ぜん

おそ

か や

いね

す。以 前は正 ノ上 地 区の人 でおまつりしてい

暗がりではあり、
しかも公頼の腕前を知る刺客が、
まず蚊帳の吊り
たのでした。
武芸のたしなみも深い公頼ではありましたが、

かじわら しょうのかみ

た い ち く

けいげん みんりょく

とつぜん し か く

いね

じんじゃ

きんより

ばしょ

であるといわれ、田 井地 区では最 も古 い神 社で

元和6年
(1620)6月 23日の深更
(深夜)

蚊帳の中で寝ていた公頼は突然刺客に襲われ
公頼を恨む藩士も多かったのでしょう、
ぶげい

わら やね

にんげん

みや

へいたん

のお宮 は、その古 い 集 落 のあとに建 てたもの

そのためには積極的な藩財政の節約が必要であるとして家臣の俸禄を減らしたのです。
このため
休 養をはかる方針を立て、
きんより

たにま

の辺 りであると言 われています。したがってこ

頼は伊予宇和島藩の家老で、
主君伊達家の安泰と発展をはかるため、
まず武備の充実をはかり、
その反面、
租税の軽減と民力の
きゅうよう

あた

おお

やん べ きん

じゅうじつ

あな

げんざい

この和霊神社は、
伊予の宇和島で山家公頼の徳を慕い、
この人を神様としてまつったものです。
山家 公
たく行われていません。
より

そせん

かいこん

いま

かみさま

いの湿 田からしだいに平 地に広 い面 積 の水 田が開 墾されていきましたが、現 在の梶 原、正 ノ上という部 落の発 祥はこ

旧暦6月 23日の夜、
紅灯のなかで夜通し行われるこの祭は、
面白い習慣となっていましたが、
今はもうまっ
土地柄でもあって、
おこな

と こ ろ と い う こ と が で き ま す。古 墳時 代になって農 耕技 術も進 み人 間もおおくなるにしたがって、稲 づくりは谷 あ

小さな祠にまつり新地と云われる色街の中でお祭りが行われていました。
港であり上り下りの船人も多い
の方は社殿もなく、
とちがら

を 作 り 、採 取 と 狩 猟 の 生 活 を し て い ま し た 。わ れ わ れ の 遠 い 遠 い 祖 先 が 穴 を 掘 っ て 藁 屋 根 を 掛 け、住 み 着 い た

しつでん

ぶんれい かんじょう

また日比村でも明治の中頃に宇和島から和霊神社の分霊を勧請してまつっていましたが、

一夜を明かす習慣もありました。

さいじん

も と も と こ の り は 、深 山 地 区 と 同 じ よ う な 状 態 で 、弥 生 時 代 の 農 耕 民 族 が 住 み 、僅 か な 谷 間 の 平 坦 な 場 所 で 稲
つく

なら

向山に社殿をして以来、
例祭には近郷近在の人たちが参詣するようになり、
沿道から社地まで露天商が並び、
うち
から勧請し、

神 様だと言 われているが祭 神は大 山祇 命 です。

ほこら

岩があり祠がまつられています。
コンビニ●




ちょうば

きのさきちく

3 丁場から木之崎地区
さきちょうば

やま

いなりぐうほんぞん

さきちょうば

⑥ 先丁場の山の手にある稲荷宮本尊
まえちょうば

たてべじんじゃ

さき ちょう ば

① 前丁場の建部神社
たて べ じんじゃ

まえ ちょう ば ぶ らく

ふ どう みょう おう こう ぼう だい し

じょう

ちんじゅ

かん じょう ねん がっ ぴ

みやた ぜん すけしょゆう

いしき   ばやま

がんせき ちょう じょう

さんちょう

さきちょうば ぶらく

ふ しょう ぶ らく

かん

ほんぞん

ちんじゅ

ち く

いま

たいせつ

たてもの

うらがわ

げんざい

ご本 尊はこの建 物の裏 側にまつられています。現 在は
ぶらく

ひなんじょ

部落の避難所にもなっています。

とりい

でも、地 区で大 切におまつりされています。鳥 居などの

が が

も じ

「岩石を重 畳 して峨々たる
中 央にある宮田善 助所有の
いわお やま

ねんだい

請 したものであり、先 丁場部 落を鎮 守するものです。今

をまつり部 落 の鎮 守です。勧 請 年 月 日 は不 詳 。部 落 の
ちゅう おう

かんえい ねんかん

先 丁 場 にある稲 荷 神 社 は寛 永年 間(1600 年 代)より勧

建 部 神 社は前 丁 場 部 落 にあり、不 動 明 王、弘 法 大 師
ぶ らく

い なり じん じゃ

いなりぐう

⑦ 先丁場にある稲荷宮

文字は読取れとれません。

ふどうみょうおう ちゅうだん

(石切り場山)
」と い う 山 頂 に 不 動 明 王、中 段 に
巌 山
た て べ じんじゃ

か ぶ

こうぼうだいし

めいじ

建 部神 社、下 部に弘 法大師をまつっていましたが、明 治
      ね ん ごろいま

せんざ

20年頃 今の地に遷座しました。

たてべじんじゃけいだい

いなりぐう

たてべじんじゃ

② 建部神社境内にある稲荷宮
けいだい ちゅうおうみぎ

ぶらく

ひとびと

おく

いん

ふどうそん

③ 建部神社の奥の院にある不動尊
たいせつ

境内の中 央右にあります。部落の人々が大切におまつり

た て べ じんじゃ

たか

しています。

けいだい

うらて

やまみち

すこ

のぼ

建部神社の境内の裏手から山道を少し登ると小
せま

どう そん

高 い 狭 い と こ ろ に 不 動 尊 が ま つ ら れ て い ま す。
ちょうば

いちぼう

なが

ここから丁場が一望できる眺めのよいところです。
さきちょうば

みんか

しきちない

じぞうそん

きのさき

こんぴらぐう

⑧ 先丁場の民家の敷地内にある地蔵尊

⑨ 木之崎にある金毘羅宮

ちいき

こんぴ

ひと

たいせつ

地域の人たちに大切におまつりされています。

らぐう

かみさま

ちく

むかし かいうんぎょう

ひと

金 比 羅 宮 は の 神 様 で、こ の 地 区 に は 昔 、海 運 業 の 人
ふね

かみさま

こんぴ

らぐう

かんじょう

た ち が い て、船 の 神 様 で あ る 金 比 羅 宮 を 勧 請 し た と
つた

伝 えられています。

みちいちじぞうそん

ろくどういなり

④ 道一地蔵尊
むかし しんじゅ

ようしょく

ひと

たいふう

いかだ

なが

昔 、真 珠を養 殖していた人 が、台 風でその筏 を流 され、
せきにん

せきとう

にん

⑤ 六道稲荷と石塔 177 人
やま

うえ

いのち

責任をとってこの山の上で命を断ち、それをまつったの
はじ

が始まりだそうです。

みちいちじぞう そん

ひだり

せき ひ

道 一地蔵尊のすぐ左に「177 人」と記されている石碑があ
たいふう

ぎせいしゃ

ります。
台風の犠牲者をまつったもののようです。
たまいぐう

いどんどう

⑩ 玉井宮(井頓堂)
おか ばな ぶ ら く

ちんじゅ さま

かんじょう ねんげつ

ふめい

き の さき やま

ふもと

岡 鼻 部 落の鎮 守様 です。勸 請年 月は不 明。木 之 崎 山 の麓 に
おかやまけん じんじゃちょう

ほんしゃ

もとこじまぐん こ ぐ し

「 本 社は元 児島郡小 串
あります。岡 山県 神 社 庁 によると、
こうめいざき

いま

よねざき

ちんざ

おう とく   ねん

光 明 崎 ( 今 は 米 崎 ) に 鎮 座 し て い た が、応 徳 2 年 (1085)
お か や ま し ひがしやま

せんざ

たまいぐう

しょう

    ご

しょうほう

岡 山市東 山に遷 座して玉 井宮と称 せられる。そ の後、正 保
  ねん

はんしゅ いけだ みつまさ

めい

とうしょうぐう

かん

2 年 (1645) 藩 主池 田光 政の命 によりこの地 に東 照宮を勸
じょう

たまいぐう

した

ひろば

せんざ

こく ない べっ かく ご

請 するにあたり玉 井宮は下 の広 場に遷 座され国 内 別 格 五
しゃ

いっ しゃ

れっ

めいじ

ねん た ま い ぐ う

とうしょうぐう

ごうし

社 の一 社 に列 された。明 治14年 玉 井宮と東 照宮は合 祀さ
たまいぐう とうしょうぐう

けんしゃ

れつかく

あんざん

かみさま

れ玉 井宮東 照 宮として県 社に列 格した。安 産の神 様として
すうけい

あつ

しる

も崇敬を集めてきた。」と記されています。

べんざいてん

しおがまじんじゃ

しおがまじんじゃ

しきち

とりい

かじわら

しる

てんぽう

ねん

ばしょ

きたがわ

にしはま

ば しょ

べんてん

たいはちまんぐう

「 弁 天」と言 われていま
公 園にありました。その場 所 は、
と し けい かく

かんじょう

こうえん

げんざい

い ち

したが、都 市 計 画 により公 園になったため、現 在の位置

あたりは前 潟塩 田でした。天 保6年(1835)に勧 請され
もと

ちん ざ

こうえん

むかし

の南 側に鳥 居があり「梶 原」と記 されています。昔 この
まえがたえんでん

よこ

塩 釜神社の横に鎮座しています。もともとは北側の西浜

西 浜公 園前に弁 財天と塩 釜神 社があります。その敷 地
みなみがわ

ののはまちく

4 谷西から野之浜地区

⑫ 弁財天

⑪ 塩竈神社
にしはまこうえんまえ

たににし

べんざいてん

しおがまじんじゃ

せん ざ

きゅうえんでん

に遷座しました。

ています。元の場所は旧 塩 田にあったそうです。

じょうやとう

たににしぶらく

① 田井八幡宮参道にある常夜灯
た い はちまんぐう おおとり い

のぼ

ちゅうふくあた

みぎがわ

田井八幡宮の大鳥居を登ると、中 腹辺りの右側にあります。
せ と ないかい

おうらい

ふね

とうだい

こんぴらぐう

② 谷西部落にある金毘羅宮
はち まん ぐう さん どう

すこ

ひだり はい

こん ぴ ら ぐう

八 幡 宮 参 道より少し左 に入ったところに金比羅宮がま

やくめ

瀬戸内海を往来する船の 灯台の役目をしていました。

つられています。


●コンビニ
●三井生協

⑫ ⑪

ささきひさのぶ

はか

③ 佐々木久信の墓
さい ご

ぺ ー じ

た い

じんぶつ

くわ

けいさい


最 後のページに田井の人物を詳しく掲載していますが、
い はちまんぐう

むなふだ

な まえ さ さ き ひさのぶ

 はか

井八 幡宮の棟札にかれている名前、
佐々木久 信のお墓です。
保育園●

たにひがしぶらく

わたなべ生鮮館


しょうとくたいし

⑨⑧

  どう

聖徳太子をまつっているお堂です。


⑦⑥

たいしどう

④ 谷東部落にある太子堂

田井みなと公園

たいはちまんぐう

⑤ 田井八幡宮
みちがみ

じぞうそん

⑥ 道上にある地蔵尊
こうぼうだいし

みちがみ

み のう ち く

なか

弘法大師をおまつりしています。道上は見 能 地区の中に
みちがみぶ らく

ひと

たいせつ

あり、道上部落の人が大切におまつりしています。

やえがきじんじゃ

さんげんや

⑦ 八重垣神社
た い

じゅう ぜん じ やま

ごう め

ぎ おん ぐち うえ

ちい

  みや

田 井 の 十 禅 寺 山 2合 目 の祇 園 口 上 にある小 さなお 宮
やしろ

みややま とうたん

じぞうどう

はげ

てん ぽう

さんげんや

みち かみ

みちした

あいだ

ち いき

かた

たいせつ

三 軒屋と道 上・道 下の間 にあり地 域 の方 が大 切におま

さん ちょう

です。もともとこの社 は宮 山東 端の山 頂 にあったが、
ふうがい

おかばな

⑧ 三軒家・岡鼻にある地蔵尊

ねん

げんざいち

つりしています。

せん ざ

(1836)現 在地に遷 座
風 害が激 しいところから天 保 7 年
とき

むな ふだ

しておまつりしたものです。その時 の棟 札 によると、名
ぬし

みや た しゃ ひょう え

にん ぐみ がしら

いのうえよしろう

ばんとう

みやた

主・宮 田 社 兵 衛、5 人 組 頭 ・井 上与四郎、判 頭・宮 田
た い はちまんぐう

たま の し た い おの うえ じゅう ぜん じ やまなん ろく

ないかい

がんか

みわた

せいじゃく ところ

ちんざ

た い

ちっ こう ち く いち えん

うじこ

田井八幡宮は、玉野市田井 尾 上 十 禅 寺 山 南麓の内海を眼下に見渡せる静 寂な処に鎮座し田井・築 港 地区 一 円を氏子
た い ち く

はや

ひら

と ち

ふる

じんじゃ

こうひ

そうけん ねんだい

ふ しょう

としている。もともと、田井地区は早くから開けた土地で、古くから神社があったと口碑されているが、創建年代は不 詳。
ご し ん とく

やくよ

むろまち じだい

ごうぞく

た い しん ざ え もん のぶ たか なんぼく ちょう じだい

ひと

こうえい さ さ き ちくぜんの かみ ひさ のぶ

「厄 除け」とされている。室 町時 代の豪 族、田 井 新 左 衛 門 信 高
(南 北 朝 時 代の人 )の後 裔佐 々木 筑 前 守 久 信
御 神徳 は
さんど

ゆめ

はちまん さま

  つ

うけ

う さ はちまんぐう

かんじょう

じんじゃ

さいけん

しんぞう

つく

ほうのう

が三 度も夢 で2八 幡様 のお 告げを受 け、この地 に宇 佐八 幡宮
(注1)より勧 請し神 社を再 建し、神 像を作 り奉 納した。
しん たい

たいない

ぶん せいがんねん

ひのえ いぬ

がつ

にち がんしゅ

さ さ き ちくぜんの かみ みなもと ひさ のぶ

すみ しょ めい

しん ぞう

あんち

いちぞく

き さぶろう

ほつがん

し かん こん どう

喜 三郎の発 願で祠 官 近 藤 豊前の名 が見えている。この
や え がき じん じゃ

めいしょう

な ぜ つ

あき

八重 垣 神 社という名称が何故付けられたのか明らかで
み のう

ぶらく

ひと

はないが、見 能 という部 落の人 たちによってまつられ
つう しょう

かみさま

さいじん

ており通 称「ぎおんさま」とれる神 様で、祭 神はいうま
す さの おの みこと

とりい

ぶんせい

ねん

がつ

(1466)丙 戌 11月 15日 願 主:佐 々木 筑 前 守 源 久 信 の墨 署 銘 のある神 像 を安 置し、一 族の
ご神 体 の胎 内に、文 正 元年

でもなく素 盞 嗚 命 です。鳥 居には文 政6年(1823)4 月

はん えい

きちじつ

ち いき

はっ てん

き がん

つた

    ご

むな ふだ

かん ぶん がん ねん

ほん でん

かいちく

つづ

げんろく

(1661)に本 殿 が改 築され、続 いて元 禄12年
繁 栄 と地 域 の発 展 を祈 願 したと伝 えられる。そ の後、棟 札 によると寛 文 元 年
へい でん はいでん つり でん

かいちく

ほん でん

まんえん がんねん

いり も や づく

ひ わだ ぶ

かいちく

しょうわ

ねん

(1860)に入 母 屋 造 り檜 皮 葺 きに改 築され、さらに昭 和61年
(1986)
(1699)幣 殿、拝 殿、釣 殿 が改 築された。本 殿 は万 延元 年
どうばん

かいちく

げんざい

いた

はいでん

めい じ

ねん

銅 版 葺 き に 改 築 さ れ、現 在 に 至 っ て い る。拝 殿 は 明 治 32年
こん りゅう

ご ない ぶ

ほ しゅう

ずい しん もん

めい じ

ねん

こん りゅう

とう じ

じょうたい

へい でん はいでん

まわ

だい しょう さま ざま

ただよ

はい でん ひがし

ね まわ

やく

き ぎ

め ー と る

かこ

そうごん

ふん

じゅ れい

ねん

すいてい

囲 気 が漂 い、拝 殿 東 には根 回 り約 6 メ ートル、樹 齢 700 年 と推 定
くすのき

ご しん ぎ

てんねん き ねんぶつ

あたい

される樟樹がそびえ立ち、御 神 木とされ、天 然 記 念 物に価すると

言われている。

げんざい

はいでん

まえ

しゃむしょ

けんちく

しょう がつ

せつぶん

現 在、拝 殿 な な め 前 に 社 務 所 を 建 築 し て い る。正 月・ 節 分・

たいさい

しち ご さん とう

さいれい

さん ぱい しゃ

おお

にぎ

輪くぐり・大祭・七五 三 等の祭礼には参 拝 者も多く賑やかで、
こ ども

だんたい

まい

せつぶん さい

しちごさん

「節 分祭・七 五三」は、
とりわけ子 供 たちが団 体でお詣 りする
た い ち く

ふうぶつし

きゅう

さか

る のぼ

しゃでん

いしだん

うえ

さ ゆう

たか

め ー と る

おお

とう ろう

す。石 段の上 の左 右 に高 さ 2.7 メ ー ト ル の大 きな灯 籠
こう か

ねん

か きち じつ

お わか れん ちゅう

2基 が弘 化 2年(1845)李 花 吉 日 に美 野 尾 若 連 中 によ
わかもの

ほうのう

おお

って奉 納されています。若 者の奉 納によるものが多 い
すく

のはなぜでしょうか。このような例 は少 ないのです。

本 殿や幣殿、拝殿の回りは大 小 様 々な木々に囲まれ、荘厳な雰
い き

とりい

れい

たも

ものの、
当時のままの状態が保たれている。
ほん でん

びゃく め

ほうのう

や ね がわら ほしゅう おこな

(1885)
の建 立 で、
屋根 瓦 の補修が行われている
随 神 門は明治 18年

き しん

を 2・3 百 メ ー ト ル 上 り詰 めたところに社 殿がありま

おこな

(1899)に 建 立 さ れ、そ の 後 内 部 の 補 修 が 行 わ れ て い る。

み の お わか れん ちゅう

吉日とあり、美野尾 若 連 中 の寄進です。鳥居から急な坂

たま の し し ぞくへん

【玉野市史 続 編より】
田井地区の風物詩にもなっている。

注 1: 宇佐神宮は全国に 4 万社あまりある八幡様の総本宮です。八幡大神(応神天皇)
・比売大神・神功皇后をご祭神にお祀りし、725 年に創建されました。
皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟 ( そうびょう ) として御崇敬になり、一般の人々にも鎮守の神として古来より広く親しまれてきました。

たま の し し ぞくへん

【玉野市史 続 編より】

じゅうぜんじじどうしゃいりぐち

じぞうそん

⑨ 十禅寺自動車道入口にある地蔵尊
さんげんや

みち かみ

みちした

あいだ

ち いき

かた

たいせつ

三 軒屋と道 上・道 下の間 にあり地 域 の方 が大 切におま
つりしています。

ののはまかいかん

えんめい

えびすぐう

じぞうそん

⑩ 野乃浜会館にある恵比寿宮

⑪ 延命なで地蔵尊

もとぎょぎょうあい

えんめい

しき ち

ない

うみ

元 漁 業 合の敷地 内に海に向かってまつってあります。
え び す さま

じ ぞう

じ しょう いん いりぐち

ちんざ

延 命 な で 地 蔵 は、慈 照 院 入 口 に 鎮 座 し て い ま す。そ
よこ

かいじょう ぎょぎょう かみさま

せき ひ

じゅうよんばん ふだしょ

こ じ ま れいじょう

の横 にある石 碑 に 十 四 番 札 所とあるのは児 島 霊 場

恵比寿様は、海 上 ・漁 業 の神様です。

はちじゅうはっかしょ

だい じゅう よん ばん ふだ しょ

れんげ あん

八 十八ヶ所のうちの第 十 四 番 札 所 のことで蓮 華庵 を
さん おう きゅう

ご かん

じ しょういん

けいだい

いけ ばたけ

かいたくしゃ

とり い

まつ

やしろ

い そん し

ぎ さぶろう

こうぞう し

之 進 を 祀 る 社 で す 。田 井 村 誌 に よ る と 長 谷 井 義 三 郎 、幸 蔵 氏
かんじょう

し みず

ひがし

慈 照 院 の 境 内 の す ぐ 東 に あ り ま す 。池 畑 の 開 拓 者 、鳥 井 彌 太
の しん

ひ よし じん じゃ

さしています。山 王 宮 とあるのは日 吉 神 社のことです。
じゅうにばん

やたのしんやしろ

⑬ 彌太之進社

しる

たま の

とり い

が 勧 請 し た と 記 さ れ て い ま す 。玉 野 市 史 に よ る と 、鳥 井 彌 太

十二番は後閑の清水です。

の しん

おかやま は ん し

てい きょう がんねん

がつ

にち

い そん

うつ

之 進 は 岡 山 藩 士 で 、貞 享 元 年( 1 6 8 4 ) 2 月 2 4 日 、田 井 村 に 移

い そん

ひがし はし

かいがん

さんろく

かいこん

り 住 ん で 、田 井 村 の 東 端 の 海 岸 を 埋 め 立 て て 山 麓 を 開 墾 し
のうこう

たの

げんろく

ねん

た はた

農 耕 を 楽 し み ま し た 。そ の 後 、元 禄 2 年( 1 6 8 9 )に そ の 田 畑 を
にゅうさつ

い しょうのすけ

らくさつ

とり い

の しん

れい

入 札 に よ り 、長 谷 井 庄 之 助 が 落 札 し 鳥 井 彌 太 之 進 の 霊 を 慈
しょういん

ぶ らく

じ がみ

照 院 の そ ば に ま つ り 、部 落 の 地 神 と し ま し た 。

ぎょぎょうぐみあいよこ

じしょういん

⑫ 慈尚院
えん めい

じ ぞう さま

きゅうぎょぎょう くみあい
よこ

みち

のぼ

こ じま はち じゅう はっ か しょ じゅう さん ばん れい じょう

じ しょう いん

てら

そうりつしゃ

ひら た ち せい に

のこ

ゆ らい き

きよ

ひと たいらのりつね

こうえい ひら た じょう う え もん

むすめ

せんぞ

「お清という人は平 教 経の後裔、平田 常 右衛門の娘で、その先祖に当たる
れた平田智 清 尼の書き残した由 来 記によると、
ほろ

とき

たいしんざえもんいのぶたか

たよ

じょう う え もん

ひと

こうぼうだいし

ふか

しんこう

まいにち か

かんのんきょう

かん

まいとし

しょうわ

ねん

がつ

た い ち く

しょうがく ねんせい いじょう

じどう

ち く

おお

じゅず

。また、毎年 7 月になると 田井地区の小学 4 年生以上の児童が地区ごとに大きな数珠
慈 照 庵を見能山慈 照 院と改めた」

あつ

むしふう

ふだ

かくいえ

まわ

ふだ

いちまい

くば

ふだ

むし

虫封じのお札を受け、
各家を回りお札を一枚づつ配り田にそのお札を立て田の虫を追いだしていた。
を持って集まり、
たま の し し ぞくへん

【玉野市史 続 編より】

ともな

び すぐう

しんせつ

ふく し せ ん た ー

やまだ ほうめん

つう

どう ろ

ひだりがわ

福 祉センターから山田方面に通ずる道路の左側にあります。

れました。

もともと童崎にあったものを現在の位置に遷座しています。

わろうざき

むかし

げんざい

み のうがたえんでん

いち

せん ざ

じんじゃ

ず し がたほこら

昔 、このあたりは見 能 潟 塩 田でした。神 社と厨 子 型 祠 が
あります。

どくしょう

この常 右衛門という人は弘法大師を深く信仰して毎日欠かさず観音経3巻を読 誦 するというぶりであった。昭和 17 年に
み の う や ま じ しょういん あら

じ む し ょ いてん

しおがまじんじゃ

旧 漁 業 組 合の事 務所移 転に伴 い、恵 比寿宮が新 設さ

田井新左衛門尉信高を頼ってここに住みついたという。
平家一門が滅びた時、

じ しょう あん

わろうざき

⑮ 童崎にある塩竃神社

きよ たい し

延 命なで地 蔵 様の横の道を登ると児 島 八 十 八 カ 所 十 三 番 霊 場 の慈 照 院がある。この寺の創立者でお清 大 師といわ

へ い け いちもん

えびすぐう

⑭ 漁業組合横にある恵比寿宮

じゅうぜんじ

かじわらちく

5 十禅寺から梶原地区
みちがみ

じぞうそん

うしがみさま

⑯ 道上にある地蔵尊
み のうみちがみ

じぞう そん

① 牛神様
ちいき

かたがた

たいせつ

まも

じゅうぜん じ

見 能 道上にある地蔵尊で、地域の方々が大切にお守りして

のぼ

あかさか ぐち

いちごうめ

と ちゅう ひだりがわ つつみ

ほこら

た い れきし

十 禅 寺 に登 る赤 坂口(一 合目)の途 中 の左 側の堤 のにある祠 を田 井 歴 史
う ぉ ー き ん ぐ

います。

め ん ば ー

とざんちゅう

はっけん

ウ ォ ー キ ン グ のメ ン バ ー が登 山中に発 見しました。
た い そん し

しら

けいさい

むかし

うし

はな

田 井 村 誌 を調 べましたが掲 載されていませんでした。昔 は牛 の鼻 ぐりを
のうこう

うし

  れい

ほうさく

いの

おまつりしていたようです。農 耕をする牛 へのお 礼や豊 作を祈 っておま
つりしています。

みんか

なや

ちくりん

② 民家の納屋
げんざい

だれ

現 在 こ の エ リ ア に は 誰 も 住 ん で い ま せ ん。
いえ

妙法寺●

⑬ ⑫

そ せき

みちしるべ

③ 竹林と道標
おお や ね

しゅうい

じゅう ぜ ん じ

しげ

家 の礎 石、ずり落 ちた大 屋 根、それらの周 囲には生 い茂
たけ

じゃ

さんどう

うっそう

ちくりん

なか

とお

と し た 竹 林 の 中 を 通 ら な け れ ば な り ま せ ん。
ひと り

った竹やぶばかりがあります。

ひ よし じん

田 井・ 十 禅 寺 か ら 日 吉 神 社 へ の 参 道 は、鬱 蒼

すこ

さみ

さんどう

一 人で行くには少し淋しい参道です。



原米穀店●

●戸川酒店

ヤマト宅急便●

●見能公民館

はちはまがわ

ひよしじんじゃ

おおとりい

じょうやとう

⑤ 八浜側の日吉神社の大鳥居
じゅう ぜ ん じ

ごうめ

さんどう

⑥ 常夜灯

とりい

はちはま

ち く

はやしま ほうめん

十 禅 寺9合 目からの参 道に鳥 居があります。八 浜地 区の

早 島 方 面からもこの明 かりが見 えたといわれており

もとかわ

た い ち く

たか

とり い

まえ

す る が いけ や ま だ ち く

おおやぶ

つう

とり い

よん め ー と る ちか

さい じょう だん ひょう たん

くみ

あわ

本 川、田 井地 区の駿 河池、山 田地 区の大 藪に通 ずる鳥 居です。 高 さは四 メ ー ト ル 近 く、最 上 段 が瓢 箪 の組 み合 せにな
せきちゅう

おおやぶむら

しる

鳥居の前の石柱には大藪村と記されています。

めずら

めい じ しちねん

けんせつ

った珍しいもので明治 七 年の建設です。

こんごうほう

ひよしじんじゃ

⑦ 金剛峰

④ 日吉神社
ぞくへん しょう わ

ねんはっこう

た い じゅうぜんじやま

【玉野市史続編・昭 和 48 年 発 行】
によると、
「田井 十 禅寺山
ちょうじょう すこ ひがし

くだ

あざふかだ

ひ え い ざ ん えんりゃくじ

まつでら

げんざい

へいあん じ だ い

ち めい

ぼう

てらでら

ちんじゅ

まつ

残 している。その寺 々の鎮 守として祀 られたのがこの日
よし じん じゃ

でんせつ

もと

じん じゃ

さん ちょう

じんじゃ

ところ

しんばつ

こうかい

なんせん

うみ

いてん

つづ

ひがしこ じまれん ぽう いったい

へいあん じ だ い

ひら

おおひらやま

ちゅうかん

あ た

なんぼく

み おろ

い ち

こ こ

しゃ ち

ひ よ し じんじゃ

こうかい

がい

およ

り ゆう

ゆ が だいごんげん

かいがん

うみ

おに

おそ

ちい

めん

やま

ちゅうふく

うみ

せいさく

じょう きょう よ ね ん

ふる

のぼ

こくりつ こうえん

し てい

たい へん ふう こう めい び

ば しょ

す。十 禅 寺山は国立公園に 指定され、大 変 風 光 明 媚な場所で
ほ あ ん りん

お  しげ

げんざい

なが

いけ

があり、貞 享 のものには備 中成羽新 町油屋藤利右衛門、池
うちむら じ ゅ う べ い

がんしゅ

かいちく きょうほう

ほん でん

ぶん きゅう さんねん

しゅご じんじゅうぜんし ごんげん

へいあん じ だ い

ゆ らい

いったい

さんじょう

じ いん

いちじ

かず じゅう ぼう

つた

が開 かれ、一 時はその数 が 十 坊 あったと伝 えられています。
こんごう ほう ふ ろ う ほう さいこう ほうちゅうじょう ほう

みねみね

金 剛峰、不老峰、西光峰、中 将 峰などの峰々の名は、これらの
さんじょう がらん

ふき か

の内村重兵衛が願主で改築、享保のものは葺替えであった
げんざい

てんだいしゅう

のと考えられています。平安時代には、ここ一帯の山上に寺院
ひら

びっちゅう な り わ しんまちあぶらや

ち めい

天台宗の守護神 十 禅師権現に由来するも
十 禅寺山の地名は、
かんが

むなふだ

きょうほうじゅうきゅうねん

ゆらい

山 上 伽藍の呼び名に由来しているそうです。

へい でん はいでん

らしい。現在の本殿は文 久 三年 (1863) のもの、幣殿、拝殿
め い じ じゅうにねん

けんちく

げんざい

ほん でん

いっけんやしろながれづくり

は明 治十 二年の建 築である。現 在の本 殿 は 一 間 社 流 造、
やしろ うら

おおとう ろう

ひ ぶくろ

おお

はや しま ほうめん

桧 皮葺である。社 裏 の大 灯籠 は火 袋 も大 きく、早 島 方 面
あか

つねやま

うえ

こんどうぞう

は貞 享 四 年 (1687) のものと享 保 十 九 年 (1734) のもの

かみ

理 由 はわからないが、由 加大 権現の鬼 の面 が常 山の中 腹

いっきふめい

る。ご神体は小さい金銅像であり、その製作も古い、棟札に

ひわだぶき

ずける。しかし、日 吉神 社が航 海に害 を及 ぼす神 になった

くさ

じゅうぜんじやま

うみ

見 下 す位 置 にあるから、此 所に社 地 があったことはうな

ふ だん

かもたまよりひこの かみ わけ いかづちのかみれいぞう な な き なに じ だ い

さん じょう ぶっ きょう

が開 けたとすれば、大 平山はその中 間に当 る、南 北の海 を

くく り ひめ のかみかもたまよりひめ

鴨 玉 依 彦 神、別 雷 神 、霊 像七 基何 時 代か一 基不 明とあ

じゅう ぜ ん じ や ま おおひらやまだいじょう

権 現山と続く東 児 島 連 峯 一帯に、平安時代の山 上 仏 教

しゃしん

普段は草がぼうぼうでなかなか登れないようで
の写真ですが、
じゅう ぜん じ やま

た い そん し

め ー と る ちょう ど くさ

したが、保安林が生い茂り現在では眺めはよくないようです。

じょうきょう

い現 在 地 に移 転したといわれる。十 禅 寺山、大 平山、大 乗
ごん げんざん

た い そん ご にん ぐみ がしら ぜん ざ え もん

さんちょう さんかくてんひょうこう

十 禅寺の山 頂三 角点標 高は 236.5 メートル。丁 度草をばかり

祭 神 大 山 咋 命 、大 己 貴 命 、恩姫命、菊 理 姫 命 、鴨 玉依姫、

る船のすべてが神罰をうけて難船するので、海から見えな
げん ざい ち

た じ ろう

しんたい

大 平山の山 頂 にあったが、この神 社の見 える所 を航 海す
ふね

おお やぶ むら な ぬし

多 次 郎、田 井 村 五 人 組 頭 善 左 衛 門 とある。田 井 村 誌 には

げん ざい ち

吉 神 杜 である。伝 説によると元 この神 杜 は現 在 地 よりの
おおひらやま

た い そん ふじ た

さいじん おおやまくい みこと お お な むちの みこと

に山 上 伽 藍 が建 てられ、現 在も地 名 にあまたの坊 の名 を
のこ

じゅう ぜ ん じ

もとかわ いけ

内 三 ケ 所、田 井 村 藤 田 掃部、神子同人妻篠女、大 藪 村 名 主

もともと十 禅 寺は比 叡山延 暦寺の末 寺として、平 安時 代
さん じょう が らん

う じ こ じゅうぜんじ

務 申 侯 、神子私妻相勤居申侯、氏子十禅寺・元川、池の
うち さん か しょ

の頂 上を少し東に下った字 深田というところにある。
じゅう ぜ ん じ

つとめ もうし そうろう

たか

よん め

よりもこの明 りが見 えたといわれており高 さは四 メ ー

る ちか

さいじょうだん

ひょう

あわ

め い じ しちねん

けんせつ

いち

と り い よこ

ろくしゃくじぞうそん

す る が いけ

ひ よし じんじゃ

しんぼく

じゅれい

のぼ

じ ぞう たわ

りっぱ

み かげ いしぞう

駿河池から日 吉 神社に登るところに地 蔵 嵶があります。そこには、立派な御 影 石像があり
ぶ ん か じゅういちねん

めず

ト ル 近 く、最 上 段 が 瓢 の 組 み 合 せ に な っ た 珍 ら し い も

じぞうたわ

⑧ 地蔵嵶にある六尺地蔵尊
しちがつ

かんじょう

しんぶつ

ぶんれい

ばしょ

うつ

せ わ に ん

ます。文化十 一年(1814) 七月に勸請( 神仏の分霊を他の場所に移しまつること)で世話人
み や た で ん きちほかじゅうめい

ちか

ほこら

ちい

じ ぞう そん

た い そん し

である海 岸では海 が恐 ろしいから、山 の上 の海 の見 えぬ

の で 明 治 七 年 の 建 設 で あ る。一 の 鳥 居 横 の 神 木 は 樹 齢

【田井 村 誌より】
は宮田傅吉 他 十 名です。近くに祠と小さな地蔵尊があります。

ところ

すうひゃくねん

たか

い てん

でんせつ

所 へ移 転 したという伝 説があるところをみると、いつの
ころ

かいじょう

じんじゃ

おそろ

じ だい

頃か、海上から見える神社を恐しがる時代があったのでは
ひ よし じん じゃ

え ど じ だい

ちゅう よ

かみ

はんじょう

のうみん

た うえ

虫 除 けの神 として繁 昌するようになった。農 民は田 植 が

いちばん

とう しゃ

さんけい

むし ふう

 ふだ

けいだい

すな

かえ

いちまい

ふだ

すな

むし

じんじゃ

いちだんひく

じんじゃ

うら

たかだい

とう ろう

とう ろう

はん い

のうみん

ひと

じん じゃ

さんどう はちはま ほうめん

こうじょ

なださき しょう ない ほう めん

おおさき

つく

ちぶさ

こ ども

かた

まも

ん ち め ー と る

巾:一 尺八寸 (54.54 センチメートル )
そうこう いちじょういちしゃく に す ん

め ー と る

総高:一 丈 一 尺 二寸
(3.39 メートル)

かみさま

しんこう

ちち

ふ じ ゆ う

「おかげで乳 にも不 自由はな
としての信 仰であり、それは
そだ

すこ

せいちょう

まも

くだ

くこの子は育ちました。健やかな成 長 をお守り下さい。」と
つぎ

げん き

「次の子どもも元気で生まれますように、
いう意味であり、
げん き

せいちょう

ちち

⑦ ⑥

そしてこの子供も元気で成長しますように、それまでお乳

  まい

のこ

ほうのう

おお ぜ

こ ども

い み

さんどう せの お

め ー とる

も大勢いるでしょう。これは子供たちを守ってくれる神様

あか

ので、後 閑、大 藪からの参 道、八 浜方 面からの参 道、妹 尾・
はやしま

ふう

い み

見 える範 囲 の農 民はすべての人 がこの神 社 にお 参りした
ご かん おおやぶ

すこ

ぬいぐるみ風 に作 って奉 納されているのを知 っている方

くぼ ち

あるが、神 社の裏 の高 台に灯 籠 を建 て、この灯 籠 の明 りの

ろくしゃく

はば いっしゃくはっすん

なか

その砂で田の虫を追いだしていた。神社は一 段 低い窪地に

いた

  どう

境 内の砂 をいただいて帰 り、一 枚の田 にそのお札 を立 て、

らくらい

お 堂の中 にはいまでも少 し残 っていますが 2 つの乳 房を

じんじゃ

終 わると一 番に当 社 に参 詣し、虫 封 じのお 札を受 け、神 社

おおすぎ

高さ:六尺
(1.818 メートル)

がい

あるまいか。それはともかく、日 吉 神 社 は江 戸 時 代 から害

し な い いち

数 百 年の市内一の大杉であるが、落雷のため傷んでいる。

いの

をおあずけします。
」というような意 味 のお祈 りを込 めて
ほうのう

奉納したものである。

いけ

早島・興除・灘崎・荘 内 方 面から大崎を経て池のよりの
さんどう

た い

う の

た ま の ほうめん

かじわら

とお

さんどう など

参 道、田 井・宇 野・玉 野方 面から梶 原を通 る参 道等 があ
いま

みち

おお

のこ

ばくまつ

めいじ

たいしょう

り、今 に道 しるべも多 く残 っている。幕 末から明 治・大 正
まつねん

いちばん さか

し だい

妙法寺●

いま

の末 年までが一 番盛 んであったが、次 第 にさびれて、今 で
おう じ

ちゃみせ りょう り や

しき ち

はい おく

のこ

は往 時 の茶 店・料 理 屋 の敷 地、廃 屋 を残 すのみとなった。
うじ こ

じゅう ぜ ん じ

もとかわ

いけ

うち さん ぶ らく すう じゅっ こ

氏 子 は十 禅 寺・元 川・池 の内 三 部 落 数 十 戸 にすぎなか
いま

のこ

たまがき

とうろう

おう じ

おもかげ

ほうれき

ねん

田井八幡宮●


●戸川酒店

ったが、今に残る玉垣や灯籠のたたずまいに往時の面影を
じん じゃ しょ じょう ちょう

(1760)の神 社 書 上 帳 に
しのぶことができる。宝 暦 10 年
た い そん

うち じゅうぜんじ いっ しゃ ご しゃく し ほう かわら ぶき さい れい ろく

よると、田 井 村 の内 十 禅寺、一 社 五 尺 四 方 瓦 葺、祭 礼 六
がつ じゅう よっ か

おん しょう いん に じゅう いち ざ

おん かん じょう ねん れき おぼ

もう

もの

月 十 四 日、御 正 印 二 十 一 座、御 勧 請 年 暦 覚 え申 す者
ご ざ な

そうろうおん しゃ ち いっ たん おん ばやし ご ざ な

そうろううじ こ さん じゅう ご

御 座 無 く侯 、御 社 地 一 反、御 林 御 座 無 く候 、氏 子 三 十 五
けん みぎ さんのう しんしょく こん ど さ すけ

あい しんじょ

せんねん

つとめ き

軒、右 山 王 神 職 近 土 佐介 と相 神 助にて、先 年より 務 来
もうし そうろう どころ

うじ こ

ご ざ そうろう ゆえに きんねんいっ か ねんがわ

あい

候 処 小 氏 子 にて御 座 侯 故 近 年 一 ケ 年 替り相

ヤマト宅急便●

●見能公民館

6 田 井 の 人 物( 江 戸 時 代 以 前 )【 玉 野 史 誌 続 編 よ り 抜 粋 】
たいしんざえもんのぶたか

田井新左衛門信高
びぜん さ さ き

いちぞく

う た てんのう

だい

こうえいびっちゅうのかみもちうじ

備前佐々木の一族で、
宇多天皇 14 代の後裔、備 中 守 持 氏の子であるといわれる。
たいへいき

けんむ

ねん

がつ

にちあく ら のぶたね

など

とも

びっちゅうふくやまじょう

ほそかわじょうぜん

もと

ぞく

なん

(1335)11 月 26 日 飽 浦 信 胤
(注 1)等と共に、備 中福 山 城に拠り、細川定禅
(注 2)の下に属して南
太平記によると、建武2年
ちょう てきたい

こじま

ごうぞく こ じ ま たかのり

のち あしかがたかうじ きゅうしゅう

とき

あく

ま つ だ ないとうなどいちぞく

朝 に敵対し、児島の豪族児島高徳に攻められたこともある。
後、
足利尊 氏が九 州にのがれた時は飽 浦、
松田、
内藤等 一族と
とも

みついしじょう

かんぐん

さいか

ふせ

い ご

しょうそく

ふ めい

た い そん

ごうぞく

じ じつ

こう

共に三石城 に拠り、官軍の西下を防いだ。それ以後の消息は不明であるが、田井村の豪族であったことは事実のようで、後
せい

た い そん

ひとびと

しんざえもん

ふ つう

ひと

なまえ

しゅうかん

さき

さんちょう とりで

もう

ほんじょうみの お さんげん や かみ

げん

てんしゅ

ふ きん

しろ

いちぞく

かんけい

ごうぞく

ふじと

かっせん

こじま

りょうゆう

さ さ き いちぞく

きげん

ほそかわじょうぜん

かまくらじだいまっき

なんぼくちょう じだい

ほそかわよりさだ

ほそかわあきうじ

注2:細川定禅は、鎌倉時代末期から南 北朝 時代にかけての武将。細川頼貞の子で、細川顕 氏の弟に当たる。

   先駆けとも考えられる。

本 城 見 尾 三 軒 屋上の、
現に天守といわれた付近に城を持っていた一族であろう。
城の崎の山頂に塁を設け、
こじまみやけ

     摩 と も 呼 ば れ る 。

注 3:屯倉(みやけ)とは、ヤマト政権の支配制度の一つ。全国に設置した直轄地を表す語でもあり、のちの地方行政組織の

世までも田井村の人々は新左衛門の名をはばかって、これを普通の人の名前につけない習慣になっている。

あくらのぶたね

注1:飽 浦 信 胤( 生 没 年 不 詳 )は 、南 北 朝 時 代 の 武 将 。本 姓 は 佐 々 木 で 、佐 々 木 信 胤 、佐 々 木 三 郎 左 衛 門、佐 々 木 薩

あき

児島屯倉(注 4)関係の豪族か、あるいは藤戸の合戦によって児島を領有した佐々木一族か、その起源は明らかではないが、

注 4:
『太平記』
(たいへいき)
は日本の古典文学の一つである。

ぶんせいねんかん た い はちまんぐう

   全 40 巻で、南北朝時代を舞台に、後醍醐天皇の即位から、鎌倉幕府の滅亡、建武の新政とその崩壊後の南北朝分裂、

しんぞう

めい がんしゅ さ さ き ちくぜんのかみみなもとひさのぶ

さ さ き し

「願主佐々木 筑 前 守 源 久 信」とあることからも佐々木氏が濃いようである。
文 政年 間田井八幡宮のご神像の銘

   観応の擾乱、2 代将軍足利義詮の死去と細川頼之の管領就任まで
(1318 年
(文保 2 年)- 1368 年(貞治 6 年)頃までの

たいくろうどだいすけ

田井蔵人大輔
た い そん

   約 50 年間)を書く軍記物語。今川家本、古活字本、西源院本などの諸種がある。
「太平」とは平和を祈願する意味で付
た い し ん ざ え も ん のぶたか

あに

たいへいき

せ つ ど し げこう

にんずう

に っ た よしさだ

したが

かんとう

田井村のひとで田井新左衛門信 高の兄である。
太平記
(注 5)に節度使下向の人数にて、
新田義 貞に従い関東へ出る。
その後も
よしさだ

したが

れきせん

えちぜん

せんし

注 5:摂 津国は、かつて日本に設けられた地方行政区分の令制国の一つである。別称は摂州(せっしゅう)。畿内の一国。

義 貞に従い歴戦したが越前で戦死したと言われている。
きょうだい

あに

なんちょう おとうと ほくちょう

とう じ

はんえい

じ せき

いっさいつた

その他の 事跡が一切伝わっていないのは
兄 弟でありながら兄は南朝に、弟は北朝についているのは当時を反映している。
ざんねん

た い し

み やけ し

   けられていると考えられており、
怨霊鎮魂的な意義も指摘されている。
せっつのくに

し ない

ひと

おお

のこ

ちが

きょう ど

わす

い じん

   『延喜式』での格は上国。領域は、現在の大阪府北中部の大半と兵庫県南東部にあたる。摂津・河内・和泉の三国の
   国境は、現在の堺市の方違神社
(三国山・三国丘)にあったが、明治 4 年
(1871 年)に和泉国との国境は堺大小路から

田井氏、
三宅氏と市内にその血をひく人が多く残っているに違いあるまい。郷土の忘れられた偉人である。
残念であるが、

   大和川に改められ、
一部が和泉国に編入された。
かじわらさぶろう

かじわらかげとき

梶原三郎

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。
鎌倉幕府の御家人。
注 6:梶原景時は、

げんぺいせいすい き

がつ

にち へ い け

ぐんぴょう

ふね

せっつのくに

ふくはら

こきょう

おそ

よし

び ぜ ん のくに

ひきゃく

もっ

もう

(注 5)福原の故郷に襲い来る由、備前国 より飛脚を以て申し上げ
源 平 盛 衰 記に「6 月 17 日平家の軍 兵 など船に乗り摂津国
みやこ

なな

とある。
たりければ都のざわめき斜めならず云々」
とう じ

こ じま

なんちょうがた

こ じまたかのり

ちゅうしん

   首にも選出されている。
頼朝の信任厚く、
都の貴族からは
「一ノ郎党」
「鎌倉ノ本体ノ武士」と称されていた。
いちぞく

のぶたか

た い し

ころ

り ゆう

当 時、児島における南朝方は児 島 高 徳を中心とした一族で、信高や田井氏は北朝方であったが、いつの頃、どういう理由で
なん

ふ めい

たいへい き

ぶん

あ くらのぶたね かじわらさぶろう

なんちょう

てんこう

しょう

た い

かじわら

きょじゅう

   を振るったが頼朝の死後に追放され、
一族とともに滅ぼされた

する が やまじょうしゅ

田井の梶原に居住していたと見るべきで、
駿河 山 城 主であったものであろう。
梶原と称するからには、
かじわら ぶ らく

げん た

げん た ざか

ち めい

じ かみ

おお

ご りんとう

のこ

かじわら ぶ らく

ひと

梶 原 部落に源太・源太坂という地名があるし、地神さまのところに大きな五 輪 塔が残り、梶原部落の人たちでまつってい
かじわら さぶろう

じんぶつ

こうえい

はか

かじわらかげ とき

いちじびぜん

こと

たい へい き

しる

たことをえると、梶原三郎なる人物の後裔の墓であろうか。梶原景時(注 6)が一時備前にいた事は太 平 記にも記されてい
かげとき

す る が のかみ

かんが

いちじ

かげとき

しろ

す る が じょう しょう

こうえい

るが、景時が駿河守 であったことなどから考えると、一時この地に景時もおり、城を 駿河城 と称したもので、その後裔が
だいだい

ごうぞく

のこ

おも

代々この地に、豪族として残ったものであろう思われる。
さ さ き ひ さ の ぶ

佐々木久信
た い はちまんぐう

しんたい

ぶん しょうがんねん

ねんひのえつちのえ がつ

にち がんしゅ

さ さ き ちくぜんの ひさ のぶ

ぼく しょ めい

しる

でんせつ

「文 正 元年(1466 年)丙 戊 1 月 15 日、
願主、
佐々木 筑 前 久 信」
という、
墨 署 銘が記されている。
伝説に
田井八幡宮のご神体に
た い しんざえもん

こうえい

ゆめ

はちまんさま まくらもと

うじがみさま

ひじょう

さいけん

夢に八幡様が枕元に立たれ、
「氏神様が非常に荒れている、
やかに再建するように」
とのお告げ
よると田井新左衛門の後裔が、

さっそくしゃでん

さいけん

しんたい

あたら

ちょうこくし

い らい

しんれい

早速社殿を再建し、
ご神体も古くなっていたから、
新しく彫刻師に依頼し、
ご神霊を入れておまつりしたため、
を受けたので、
ふたた

た い し

さか

こ じ ま こじょうき つねやまじょう み と

なか

ひがしいち り

た い そん さ

さ き

はか

しる

児島古城記、
常 山 城 見取り図の中に
「これより東 一 里、
田井 村 佐 々木の墓あり」
と記
再 び田井氏は栄えたといわれている。
こ ぼ

げんざい

た い み のう ぶ らく

たに

み やけ

お し

たく ち

いちぐう

むろまち じ だい

されている。
この古墓といわれるものらしいものが現在、
田井見 能 部落の谷、
三 宅 寿夫氏の宅地の一隅にある。
室 町 時代の五
りん とう

ざん けつ

かさ

かず

さだ

すう き

そう い

じ だい てき

むろまち し ょ き

おも

輪 塔の残欠が、
積み重ねられており、
その数も定かではないが数基のものであることに相違なく、
時 代 的にも室町初期と思
ふく

でんしょう

もと

みちばた

こ だか

おか

うえ

め い じ ねんかんげんざい

い てん

われるものが含まれている。
伝承によると元は道端の小高い丘の上にあったが、
明治年 間現在のところに移転したものだと
めい じ なかごろ

ご りん

むらびと

ひ じょう

おそ

みち

しもごえ

かつ

とお

ようじん

すこ

この道を下肥を担いで通るときなど用心しないと、
少し
いわれ、
明治中頃まではこの五輪は村人に非 常 に 恐れられており、
しもごえ

はかいし

たいりょう ふんにょう

はね

かえ

せい ち

はい

すぐさま大量の糞尿がその身に跳ね返るといわれたそうだ。
子どもたちもこの聖 地 には入 らず、
でも下肥が墓石にかかれば、
けいえん

ちか

こ ろう

はな

た い

ひと

はか

   一方で、源義経と対立し頼朝に讒言して死に追いやった「大悪人」と古くから評せられている。鎌倉幕府では権勢 

じ じつ

太 平 記の文から見ると飽 浦 信 胤、
梶原三郎は、
南朝に転向したことは事実であろう。
南についたかは不明である。
かじわら

   石橋山の戦いで源頼朝を救ったことから重用され侍所所司、厩別当となる。教養があり、和歌を好み、武家百人一 

うんぬん

そんけい

しの

敬 遠して近 づかなかったと古 老 は話 していた。田 井 の人 たちが、この墓 をどれほど尊 敬していたかが偲 ばれる

あとがき
くるま はい

ほそ

みち

ある

ふる

てら

じんじゃ

じ ぞう さま

で あ

なに

ふる

車 が入 れない細 い道 を歩 きながら、古 くからまつられているお寺 や神 社、そしてお地 蔵 様 などに出 会ったとき、何 か古
じ だい

ひとびと たましい

き時代の人々の魂 に 触れたような気さえしました。
なが あいだ た い

ところ

さんか

ひとたち

かんどう

「長い間 田井に住んでおりましたが、このような所があるなんて知らなかった。」と参加した人達は感動しきりでした。
し に あ

あつ

おな

もくてき

て さぐ

すす

ち いき

みなさま

きょう りょく

さっ し

ないよう

シ ニ ア が集 まり、同 じ目 的をもち手 探 りで進 み、地 域 の皆 様のご協 力 により、冊 子 ができました。内 容につきましては、
さんかしゃ

どく じ

しら

しんぴょうせい

ほ しょう

れきし う ぉ ー き ん ぐ

し りょう

参 加者が独 自 に調 べたものであり、信 憑性を保 証 するものではありません。なお、歴 史ウ ォ ー キ ン グ についての資 料 や
ち ず

い ん た ー ね っ と

けいさい

か ひつ

しゅうせい

ね っ と じょう

ず い じ へんこう

地図などをインターネットに掲載していますので、加筆・修正がありましたら、ネット 上 で随時変更していただければ
さいわ

わか

せ だい

みな

っ と じょう

へんこう

き たい

幸 いです。若い世代の皆さんにネ ット 上 での変更も期待しています。
しゅっぱんへんしゅう

さんか

た い し みん

しょくいん

みなさま

た い れ き し けんきゅうかい みなさま いんさつ

きょうりょく

出 版 編 集にご参加いただきました田井市民センターの職員の皆様、田井歴史研 究会の皆様、印刷にご協 力いただいた
えぬぴーおー

す ま い る ね っ と たまじょうきょう みなさま

かんしゃ

けい い

ひょう

N P O スマイルネット玉 情 協 の皆様に感謝と敬意を表します。
さっし

う ぉ ー き ん ぐ ち ず

いんさつ

た い し みん せ ん た ー

り よう

この冊子とウォーキング地図は印刷して田井市 民 センターに保しています。どうぞご利用ください。
さい ご

かつどう

たずさ

ほっきにん

かい ちょう みや た くに ぞう

へいせい

ねん

がつ

にち びょう き

最 後に、この活動に携わり発起人でもある会 長 の宮田邦 蔵さんが、平成 23 年 11 月 22 日ご病 気のため亡くなられました。
ほんにん

さっ し

かんせい

なに

たの

ほんとう

ざんねん

こ じん

おも

ち いき

なか

ご本 人はこの冊子の完成を何よりの楽しみにされていました。本当に残念でなりませんが、故人の思いが地域の中での
あら

きずな

せい き

かた  つ

ねが

新たな絆となって、世紀を越えて語り継がれますことを願ってやみません。

【 参 考 文 献 】 玉野市史、玉野市史続編、田井村誌
【助言・指導】
 三宅重孝

田井歴史研究会
(会 長)宮田泰子・
(前会長)故 宮田邦蔵
(副会長)岡部成行・伊藤誠子
(会 計)橋本貴美子
(監 査)宮崎興一
(順不同)
谷井宏光・中谷昭子・平山公香・原美智子・村上元子・吉井幸子・竹下幸男
竹下智恵子・白井福美・葛原進・荻野昭彦・四宮美江・木村義浩・藤原さとみ三宅みい子・井上貞女・藤井初子・
岡部恵子

編集発行:平成 24 年 3 月吉日

田井地区ネットコミュニティ「@たいよう」
http://taitaiyo.com
田井歴史研究会ブログ
http://tairekisi.blogspot.com