You are on page 1of 2

5-401

土木学会第59回年次学術講演会(平成16年9月)

セメントミルク硬化体と鋼材の付着強度について
首都高速道路公団

東京建設局建設第一部

新宿工事事務所

正会員

○和田

三井住友・JFE 工建・若築 SJ22(1-2)富ヶ谷出入口トンネル特定建設工事共同企業体

正会員

川副

三井住友建設(株) 土木設計部
三井住友建設(株)


洋一

吉岡 健一

技術研究所

正会員

篠崎 裕生

1.はじめに
抜け出し測定位置

硬化体

中間杭をアース-オーガーで施工する場合、閉塞の不具

試験体種類

合をなくすため、根固め材として流動性の優れたセメント
ミルクを使用する場合が多い。しかしながら、杭の設計に
必要なセメントミルク硬化体と鋼材の付着強度を規定した
基準類あるいは実験データなどは少ない。また、モルタル

硬化体
CON
MOR
CM
CON
MOR
CM

付着区間
(60mm)
非付着区間
(40mm)

についても、マトリクス成分はコンクリートと同じである

100m

平鋼

丸鋼

試験体数
3
3
3
3
3
3

CON:コンクリート
MOR:1:3 モルタル
CM:セメントミルク
平鋼:4.5mm×19mm
丸鋼:φ10mm

という理由から、実験で確認した例があまり見られない。
本文では、土木学会規準(JSCE-G 503-1999)に準じた方

鋼材

鋼材

法で、鋼材とコンクリート、モルタル、セメントミルクそ
れぞれとの付着試験を行い、その付着強度を確認した。ま
図-1 試験概要

た、用いる鋼材を丸鋼と平鋼とすることで、H 型鋼の設計
時に準用されることが多いコンクリートと丸鋼の付着強度

表-1 各硬化体の配合

とH型鋼に近い付着性状と考えられる平鋼の付着強度の比

配合(kg/m3)

較を行うことで、設計時に丸鋼の付着強度を H 型鋼の付着
強度に準用することの妥当性の確認も行った。
2.試験の概要
図-1に,試験体の形状寸法と試験体の種類を示す。硬

硬化体
CON
MOR
CM

化体は一辺が 10cm の立方体で、鋼材としてφ10mm の丸

セメ
ント
368
437
1020

細骨材

粗骨材

混和剤

182
275
666

743
1398

999

1.1
1.1

60
51.7

鋼と 4.5×19mm の平鋼を用いた。硬化体 3 種類、鋼材 2 種
2

圧縮強度(N/mm )

50

類をそれぞれ 3 体、計 18 体の試験を行った。
各硬化体は、普通セメントによる表-1の配合とした。
図-2に各硬化体の材齢と圧縮強度の関係を示す。コンク
リートの配合は、根固め材として多くの実績がある配合を
用いた。モルタルは、一般的な1:3モルタルとした。セ

験を実施した材齢 28 日における各硬化体の圧縮強度は
31.0~53.9N/mm2 まで大きなばらつきが生じたため、付着
試験結果については、
強度補正を行い検討することとした。

53.9
43.6

40
30.9

31.0

30
20

25.6
16.1

10

メントミルクは、根固め材として施工する場合に必要とな
る高い流動性を確保するため、W/C を 65%とした。付着試

43.0

42.3

W/C
(%)
49.5
62.9
65

付着試験実施(材齢28日)
0
0

10

コンクリート
モルタル
セメントミルク

20
材齢(日)

30

図-2 圧縮強度試験結果
図-3に、セメントミルクの場合の抜け出し量と荷重

付着試験時には、荷重と鋼材抜出し量(図-1参照)を測

の関係の例を示す。図には,JSCE-G 503-1999 に従い、

定した。

鋼材の抜出し量が鋼材直径の 0.002 倍時の値も示した。

3.試験結果

平鋼については,矩形断面を円に換算した場合の直径

キーワード:付着強度,セメントミルク,モルタル,杭,根固め
連絡先:〒169‐0073 東京都新宿区百人町 1‐23‐6 TEL 03‐3363‐7171、FAX 03‐3363‐7294

-799-

48 τ1 1.40 1.002 倍とした。 平鋼の場合、荷重の増加にともなう鋼材抜出し量が比 5.4 0.0 3.0 0.2 0.3 0.0 補正したτ1 は、丸鋼、平鋼ともに最も圧縮強度の小さ CON 丸鋼 2 τ1=τ×30/f’ck ・・・式① τ2=τ×(30/f’ck) 3.3 0.02 抜出し量( mm) τは、鋼材抜出し 0.5 CON M OR CM ' CON 2/3 M OR CM ' 丸鋼 τ2=τ*(30/fck) 2 付着強度τ2 N/mm 結果となった。一方、式②で補正したτ2 はいずれの硬 CM 2.0 荷重(kN) が見られた。抜出し 0.28 τ2 2.0 ルタルと同等の付着強度を用いた設計が可能であるこ CON M OR とが分かった。ただし、セメントミルクの配合実績は少 CM CON 硬化体の種類 M OR CM 図-4 付着強度 ないため、確実に圧縮強度が得られるよう、配合設計に 表-2 付着強度一覧(単位:N/mm2) は十分な配慮が必要と考えられる。 また、図-4、表-2に示す通り、平鋼の付着強度は 鋼材 どの硬化体でも丸鋼に比べ 1.0 1.3 丸鋼 4.00 1.0 (10.47 2.4 0.5 0.0 3.95 2.5 る場合でも、圧縮強度が同じであればコンクリートやモ 1.0 2.43 .23 1.0 セメントミルク  No.5 2.24 1.4mm)の 0.98 2.2 0.91 2.64 1.32 2.66 1.1 0.0 丸鋼 付着強度τ N/mm 2 って、圧縮強度 30N/mm2 における付着強度に補正した値 である。τ2 はコンクリート標準示方書において、異形 鉄筋の付着強度が圧縮強度の 2/3 乗に比例するという知 見に基づいて、JSCE-G 503-1999 における係数を 2/3 乗し て補正した値である。式①、②にτ1、τ2 の付着強度の算 平鋼 4.35kN 2.0 3.02mm 時の荷重から最大荷重まで 荷重(kN) 較的大きく、上記規定の 0.0 ○ 試験結果 - 平均値を結んだ線 出式を示す。 2/3 ・・・式② 付着強度τ1 N/mm ここに、f’ck は 28 日圧縮強度である。図-4は、各ケ ースの試験結果を○で、平均値を実線で表示したもので ある。τは強度補正をしていないため、圧縮強度が大き い硬化体が付着強度も大きい結果となった。式①で強度 化体でも同じ鋼材であれば付着強度がほぼ同じ値とな った。 以上から、セメントミルクを杭の根固め材として用い CON ' M OR CM ' τ1=τ*30/fck 平鋼 τ1=τ*30/fck 1.0 0.0 1.0 3.0 2.42 1.02mm に達するまでに付着切れ にともなう荷重の低下が生じた。これらは、コンクリー 9.02 抜出し量( mm) 図-3 鋼材抜出し量と荷重の関係例 積で除したものである。τ1 は JSCE-G 503-1999 にしたが 5.0 かったセメントミルク硬化体の付着強度が大きくなる M OR 2.04 2.2 倍程度大きくなる傾向が 丸鋼 見られた。したがって、コンクリートと丸鋼の設計付着 強度を用い、中間杭を設計することは、硬化材の種類によ 平鋼 らず、妥当な設計と評価できることが分かった。 参考文献 平鋼/丸鋼 1)土木学会:コンクリート標準示方書(設計編) 、2002 -800- 硬化体 CON MOR CM CON MOR CM CON MOR CM τ 2.77kN 6.5-401 土木学会第59回年次学術講演会(平成16年9月) 15.0 2/3 平鋼 τ2=τ*(30/fck) 2.02mm 時の試験荷重を単純に付着面 0 0.88 2.02mm を超えても荷重の増加 6.0 セメントミルク  No.5 1.1 平鋼 12.0 ト、モルタルでも同様の傾向にあった。 図-4に各硬化体と付着強度の関係を示す。付着強度 0 0.89 1.05 2.0 の荷重の増加は、いずれも 20~30%程度であった。一方、 丸鋼の場合は抜出しが 0.1 0.66 2.95 3.5 0.