You are on page 1of 1

Subdominant Minor & Borrowed Chords

Example 1

Dm7 Db7(9) Cmaj7 Fmaj7           
Dm7
Db7(9)
Cmaj7
Fmaj7
 
 

  
 
   
 
   
 
 
 
   
 
Abmaj7
G7(b13)
Cmaj7
A7
 
3
 
 
 

bVImaj7(Abmaj7)は、Modal Interchangeのひとつである、Subdominant Minor(SDM)だが、 これはどこからきたのだろうか?

C Major Diatonic

VIIm7(b5)

Subdominant Minor Chords in C

bVII7

 

 

 

 

 

 

 

 

IIm7

IVmaj7

VIm7

IIm7(b5)

IVm7

bVIm7(b5)

Key=Cにおいて、b3(Eb)とb6(Ab)の音が含まれるもっとも基本的なスケールはナチュラルマイナーなので、

bVImaj7は、同主短調のダイアトニックから、一時的に借りてきたコード(Borrowed Chord)だと解釈する。 つまり、同主短調から"Borrowed"してきたコードのうち「Subdominantに聞こえるようなもの」を、Subdominant Minorと呼ぶ。

Example 2 from Stefan Kostka's "Tonal Harmony"

F Edim/3 F/3 Gm7(b5)/3 C7 F         
F Edim/3
F/3
Gm7(b5)/3
C7
F
 
 
 
 
 
 
 

J. S. バッハの "BWV.1112" には、同主短調からの借用(Borrowed Chords)である、IIm7(b5)が使われている。 しかし、もしこの進行が、FではなくFmに終止したならば、これは一時的に借りてきたのではなく、「転調」とみなされる。 参考: もし反対に、この曲の調性がFマイナーであり、最後に同主長調に由来する、Fメジャーに終止したならば、 その終止和音のMajor 3rdは、16-18世紀の技法である"Picardy Third"と呼ばれる。