You are on page 1of 4

岳1 d口

発 【 行】
平成1 3 年3 月2 0 日 市民大学たかおか学遊塾 言市育員生字誤 同教委会涯習内 TEL 0766-20-1456

ま す 。

い の 講 座 が 生 ま れ る こ と を 念 じ て い

て 発 展 し 、 楽 し く 学 べ る 魅 力 い っ は

こ れ か ら も 、 多 く の 人 に 支 え ら れ

の ひ と つ な の で す 。

運 営 さ れ て お り 、 そ れ も 大 き な 魅 力

授 と 塾 生 が 一 体 と な っ て 自 主 的 に 、

れ て は な ら な い の が 学 遊 塾 は 市 民 教

生 の 参 加 が 期 待 で き ま す 。 た だ 、 忘

あ る ﹁ テ ー マ ﹂ で あ れ ば 、 多 く の 塾

恵   知 識   経 験 が あ て 講 座 が 魅 力 っ

市 民 教 授 に 資 格 は い り ま せ ん 。 知

を 作 り だ し た の が ﹁ 学 遊 塾 ﹂ で す 。

楽 し さ を 知 っ て い ま す 。 そ ん な 機 会

運 営 さ 、れ も る と ま も で と に 教 成 え 長 る し 喜 ま び し や た 学 。 ぶ 人 は

の 講 座 と 延 囲 ○ ○ 人 を 超 え る 塾 生 で

皆 様 に 支 え ら れ 、 十 二 年 に は 二 十 八

し て 以 来

平 成 九 、年 多 に 学 く 遊 の 市 塾 民 で 教 の 授 講 と 座 塾 を 生 開 講 の

塾 長 折 本   和 洋

市 民 大 学 た か お か 学 遊 塾

発 刊 に 寄 せ て

学遊 らいな 韓
会 杵 の 機 は で 嗣 権 さ れ ま し た   作 品 展 時 間 オ ー バ も ー , il 高 ん だ 発 表 が あ り 、 ﹂ バ ラ エ テ に ィ れ ﹂ 可 前 山 ﹂ ﹁ 行 笑 演 コ ナ ダ ン ス と ー で は 、 ﹁ ヨ ガ ー し て 行 き ま し た 深 め る な ど か ら 表 会 ニ 耐 ﹂ で 、庄 が 市 ﹁ 始 の コ 民 ワ 学 ーま教 イ 辞 ナ り授 ン 、前 ーま と ﹁た で し塾 座 は た ﹂ か 。生 、 か お L トに ら か 耐 ーよ は 大 る 座 ク ワ 好 に イの ﹁講 き 発 よ ン 講 表 る座 の 座 色 が ミ発 ﹂ や 呑 り あ り の 漱 励 の 声 柴 に 続 い て 析 本 挫 長 の 検 拶 、


は 高 岡 、の 終 燎 始 史 和 文 化 や か に 触 な 雰 れ 阿 郷 気 i 愛 で 進 を

﹂ ﹁t i す だ

小 、風 山 生 涯 口 さ学 召 ん 課 の 司 長

ー 軽妙 な ト クによるミニ講座


を い た し ま し た . テ ー に こ や か に 作 品 紹 介 に 作 成 者 が 立 ち 、 そ れ ぞ れ の 作 品 の 前 示 コ ナ ー で も 、

◆ 時 間   午 場 所   県 高 ∼ 化 ホ ー ル 側 岡 文

◆ 時   平 十 計 二 二 十 五 日 月 日

さあ、みな さんもご―結 にヨガで健康づ くり

ん っ た に 感 ス し 、謝 タ 今 て し ッ 幕 後 、フ を 広 と の 開 活 報 参 紙 じ動 加 まへ 者 ﹁学 しの 一 た 遊 三 一 。層 ら二 名 の い 支 ふ の 援 ﹂ 皆 を さ の

お 願 い

発 行 と

を 参 と 加 て もの 過 楽 皆 ご さ し く し ん ま振 は り し 、 返 今 た ,り年 協 、度 力 行 の 学 し意 共 習 て 下 成 な さひ 果 と と き を

盛 り 上 が り ま し た

方 々 か ら の 作 品 提 。供 に

凧 名 人 作 の 凧 や そ の 他 、 の 会 市 場 民 は 教 大 授 い に の

止 し て お 楽 し み 抽 選 会 が 始 ま り

後 二 時

成 年

ブ ル 交 流 、を 尚一 小 橋 休

平 遊 塾 交 流 会 開 催

拘 側

日巴 巴
Q二

学遊らいふ ● ,
夫 し な が ら 短 時 間 で 仕 上 げ ま し た 。
皮 の コサ ー ジュってそうや って作 るんだ一 !?


て 華 や か さ を 出 し 、 青 色 で 立 体 感 を 工 し 皮 全 体 を 金 色 に 染 色 し 、 金 粉 を つ け た 。 流 行 し て い る 皮 製 の 大 き な バ ラ の 花 で え て 頂 い た 手 作 り の コ サ ー ジ は △ 7 ュ 、 、 教 体 験 コ ー ナ ー で 、 穴 井 市 民 教 授 に

た の は

サ ジ ュ ︱を 。つ け て 若 返 た 気 分 に な っ ー

何 年 振 り で し 、 う か 胸 に 大 き な コ ょ 。 塾 生 辻   郁 子

心 お ど る コ サ ジ 作 ュ り

験 コ

一 時 ナ 間 と ー も い 大 う 盛 短 況 い で 時 し 間 た に 。 、い どく のつ 体 か ー
みんな真剣 に ト ライ中 !! ハーブナチュラルクラフ ト だ れかにあげるのかなぁ??

は し ご さ れ る 方 も お ら れ て

交 流 会 前 午 後 一 時 に

か 開 催

ら し ま た し

意 見 も あ り ま し た 。

講 座 に つ い て は

で あ り 嬉 し い 結 果 、を 示 日 数 し ま が 短 し た い 。 と い う

全 体 と し て 学 遊 塾 交 流 会 は 大 変 好 評

カ ラ イ 意 見 も あ り ま し た 。

同 っ窓 会 た な の ど よ 、う 参 で 加 楽 者 し か の 態 っ 度 た が に 雑 か 談 か が る

多 か

の 意 見 が あ り ま し た 。

が 前 に で て い な い の が よ か た な ど っ 。

楽 し か た 継 続 し て 欲 し い 行 政 。 っ 。
た っ 。 千 円 で 大 文 夫 か な と い う 意 見 も あ

よ い   弱 %

車報 尋 定 津 い

忍 ”︼ ≡一 ≡ 一

f 春

会 場 に つ い て は 好 評

ほ ぼ よ い   ︲3 %

よ     い   伊 %

か い 時 期 が よ い

︼≡

当 日 雪 模 様 だ っ 。た の で も う 少 し 暖

よ い   釣 %

重 醸 寵 簿 還 館 鞭 辞一 畿 F

11す しJ

フ 運 スタッ 長 立浪 幸 一 営

「 による」「 のための」「 の塾」どこかで 市民 市民 市民 聞いたような言葉だが、昨年初 めて市民教授 に応募 し、 せていただき 月二回塾生 と に講座 を開き、無事終了さ 共 ました。 ー その後 「 の手 による自主的運営」をよリ 層効率 市民 よく 塾運営 スタッフ」 に再び応募 し 「 するために 「 交流 の企画運営 に携わらさ せていただき、教授 ・ 会」 塾生 と せてい 多くの参加者の皆 さんのおかげで、楽 しく 終えさ ただきました。
スタ ッフ会 議 の様 子

学遊らいな 安
一十 了 〓 ・ 口


⑮ 越 中 お わ 踊 ① マ ジ ク の 魅 力 を 一 緒 に 体 験 し ッ ○ 俳 旬 楽 を む し ⑫ 陶 芸   土 と の ふ れ あ い ① 朗 読 楽 を む し
① E N G L i s H F o R

⑥ 新 し
ス テ ッ チ エ ッ ト

々 策

ま せ ん か

市 民 大 学 ﹁ 電 話   ① ︵高 岡 市 教 ∼育 バ委 六員 十 会 二生 〇涯 十 学 一習 四課 五内 六︶
す                                 ︵K ︶ そ 。う な 雰 囲 気 が か も し だ せ れ は よ い と 思 い ま は 言 い 表 せ な い が ス タ フ の 端 に 連 な ッ

た か お か 学 遊 塾 ﹂ 事 務 局

◆ 申 込 み 問 い 合 わ せ 元

◆ 募 集 期 間   四 月 二 日 働 ∼ 四 月 二 十 七 働 日

気 軽 に 英 会 話 を !

氏 名 を マ ス タ よ し う ー

③ ﹁筆 ベ ﹂ 分 の 住 所 ン で 自

い あ み も の

② 江 戸 凧 錦 絵 作 で

⑥ ス ト リ ー に 表 装 し て み よ 自 分 で 書 い た も の を タ ベ 楽 し む

⑤ ワ イ ン と 日 本 酒 の 世 界 を
て 開 運 っ

④ 押 花

③ 楽 し で お で 文 通 、 い エ ペ ス ラ ン し

② ヨ ガ で な く 康 づ く り
作 ろ う

① 押 し 花 を 使 い き も の 柄 の 作 品 を

無 理 健 ト

洒 落 簡 単 風 水 飾

Y O u

入 門

④ 撮 方 り 、 ま と め 、 ホ ム デ オ ー ビ

② ︵ M 入 門 ︶ L H T ホ ー ム ベ ジ 制 作 の 基 礎 の 基 礎 ー
贈 り 物

の︵ ハ ② ラ ピ グ 心 の こ も た っ で ン ッ
く 歌 い ま し う ょ ④ 心 さ わ や か に み ん な で 楽 し 康 づ く り ② 生 涯 ス ポ ー ツ で 楽 し く 健 曲 が 弾 け る ② 大 正 琴 ︱ そ の 日 か ら 練 習 で 良 さ が 深 ま る パ   Ⅳ ゐ ︼ ② 雛 人 形 作 り と 貼 絵 人 形 心 を こ め て 夢 しウ め て ″ ″
づ く り

ー ト

た か お か 大 好 き ﹂ 語 る こ と

し て 万 葉 の 高 岡 ふ る さ と

② 越﹁ 中 万 葉 玉 す だ れ ﹂ を 通

① 郷 ー上 フ、 の ・歴 史 ナ 探 チ ュ訪 ラ 2 ル ク ラ フ ト

⑬ 簡 単 キ レ イ リ

② ﹁ 平 家 物 語 ﹂ と 謡 曲 の 世 界   工

⑥ 楽 作 し く

サ イ ク ル ベ イ ン

る 車 の 花

事 終 え て み る と 違 っ た 見 方 を し て い た

学 遊 塾 運 営 ス 、タ フ を 引 き 受 け ツ

う 気 持 ち で い は い で す っ

し て 学 遊 塾 を も

て 面 白

交 流 。会 何 を と無

っ と 盛 り 。  上 げ   て  行  き  た  い   ︵日 と ︶い

塾 の 一 員 と し て 少 し で も 何 か 役 に 立 ち た 、い

フ 会 議 らに れ参 る加 姿 し 。を て 同見 い じてる 、学 、う そ遊私 ち て お っ

も 負 け て は い ら れ な い と 思 い ま し た

に 皆 さ ん の が ん ば 、何 度 が 運 営 ス タ ツ


i木 版 川 │││“ ‐ コ ││ 卜 五 イ │'い J I,史 │ ) ! 彼末 牧 孝 洋 ■ ′i 範 古 雄 │ ) 1 ‐ l

a 一 た か お 学 遊 塾 運 営 ス タ フ コ ロ ッ か

まなぴあ∼とインフォメーション

『 に 街角 にぎわ い プラザ 』 て
0 寺 ● 日口 0

学遊塾活動紹介を行 います !
4   5

│││[早 州 ilt 14: ツ H j上 │ ││ と ル │ │ 111 サ 11予 ひ き 志 i : 1 1 何; 政 と 秒 み ん 保 F″tr'イ r

月 月

2 3

日 日

側” 側”

5   5

月 月

2   8

日 日

側 側

0   5

00    00

(● 示品、 体験コーナーの内容が変 0展
わ ります 。 )

学 遊 人 は 楽 優 人 ︱   あ り が と う 叫

が な ぁ ⋮ ⋮ 。

︵山 □ ︶

に と 楽 し い 会 を 重 ね る こ と が で き た こ と

フ の 皆 さ ん と 交 流 会 の 準 備 に 広 報 紙 作 り

た の は 明 る く 元 気 い は い の ス タ

い や ら 、 け で も 、 ほ ん と う に う れ し か ⋮ ⋮

す る こ と が で き ホ と す る や ら う れ し ツ

◆場所 街 角にぎわいプラザ
な ん と か 広 報 、紙 号 目 を 三 月 中 に 発 行 (オタヤ通 り入 口角 )

内容】 【
市民教授や塾生 の作 品展示、学遊塾の活動 紹介、楽 しい講座体験 コーナ ーもあります。 ぜひ、遊びに来てみ てください。
街角にぎわいプラザ
通 り

え ん じ ゅ

高 岡駅