You are on page 1of 4

l.

6 伍
発 【 行】
平成14年11月8日 市民大学たかおか学遊塾 (高 市 育 員 生 学 課 ) 岡教委会涯習内 TEL 0766-20-1456

繊 一一 簿 森

野遊らいふ
室 で よ か っ た き れ い と 皆 。さ ん 目 を ク リ ク リ 楽 し い 教 ︱膜
が は っ た 時 に は の つ い た 液 に く ぐ 、ら ワせ 受 講 初 生 めの て皆 。さ ん に 、 と 色 っ 針 金 で 花 を 作 り て は メ リ カ ン フ ラ ワ ー え 、ガ 花 ラ ・ス ブ の ロ ーよ う チ に ・ ブ見 ケ 等 簡 単 に 作 ーれ はる 、ア

米 花   幸 子

暇耳 顕 狂洲照 文瑚乃 屹る 花
麟 膨 ︺ 胴 肋 を 的 ” 強

事 を 願

P R

り 今 後 高 岡 の 観 光

に っつ てな いが まっ すて 。い く

の 、再 発 見 、 と な っ て お

﹁ わ が ま ち 高 岡 の よ さ ﹂

な ど 現 地 で の 勉 強 は

毎 、回 名熱 所心 やな 文塾 化生 財の 、

方 々 と

と 。す る 六 回 の 現 地 学

国 宝 端 龍 寺 を は じ め

が 深 ま る パ

か 大 好
ト ー﹂

か き る こ と

藤 賀   玲 子

″々 ヽヽ 夕

化 の た め マ ジ ク に 努 力 し ま す ッ

共 、に 市手 を の 活取 性 り

あ い な が ら

皆 さ ん と 笑 い の あ る 教 室 で

脳 の 閃 き に 、よ 楽 り し心

身 を 鍛 え な が ら

き と

の か と 不 思 。議 指な 先現 の象 動が

あ り ま す ね

ぜ 、マ どジ う ッ しク てを そ見 うて な 、 るな

了 し ま し た 発 表 会 に 。又 会 え る 事 を 約 束 し て 無 事 終

し 。 感 謝 て は

と し

家 囲 気 作 り に は

生 徒 さ

し き り で

ん 達 の 、教 講 室 師 の

員 作 品 が 完 成 し た

動 く が 日 も 動 く 中 。で 全 手

あ い あ い の 中 で 、 も

い を 求 め て 終 始 和 気

新 し 仲 間 、の 出 合 い と

轡で 強 作る 菓子 皿
松 原 合 子 百

藤 巻   敏 男

一 に

受 。講 そ生 れの ゆ皆 えさ 内ん 漂 は ﹂ 教 瓦 養 世深 、く 近 、 ・読 現書 代量 のも

豊 富

ぽ 刊

錮 末 期 郷 土 史 ぃ

る こ と で し よ う

ー を か も し 出 し 。て く れ

ば す ば ら し い ハ ー モ ニ

た い 男 性 の 声 が あ れ

し く 。歌 い つ づ け て い き

老 い 、も 心若 も き も か ら一 、だ 堂 楽 もに

リ フ レ ッ シ ュ し て

っ ど い

嬰 室
楽 み た い 品 作

り し

獣 菱
思 い ま す

、楽 最 し 後い 、に 研 立は究 派 、も なみ大 作な切

さ ん と 共 に

に し

戸 、文 化 感 覚 も 取 り 入 れ

。塾 喜生 んさ でん 、ば も 江 か 2︲

り で は す ま さ れ ず

名 と 最 高

六 回 目

凧 作 、り も 回 を 重 ね て


高 橋 健 次 郎

ン 釜 む 富︵

神 博 幸

前 号 に 引 き 続 き 開 講 順 に 紹 介 し ま す 。

ピ 遊 塾 市 民 教 授 紹 介 抑

た か お か

と う ご ざ い ま し た

民 、教 協 理 授力 事 、し の運 て 皆 下 営 様 さ ス あ っ タた oり が ツ市 フ

本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た ﹂ o

品 を ﹁ 大 真 事 夏 そ の う あ に つ 持 い ち 中 、帰 ご っ 参 て 行 加 か い れ た だ ま き し 。

り ま で 多 く の 市 、民 出 の 来 皆 上 さ が ん っが 楽 た 作 し

そ う に 講 座 を 体 験 さ れ

お 年 寄

5 ・ 6 両 、日 日 七″ の 天 2 夕 侯 日 き に 間 ら も き学 恵 ら遊 ま 塾 講 れ の 、座 活 子〃 動 供 を 紹 か行 らい 介

ま し た

を 兼 ね 。て

り で に ぎ わ う オ タ ヤ ア ー ケ ー ド に て

昨 年 に ひ き つ づ き 今 年 も 高 岡 七 夕 、ま 8つ

亀 夕 寵 国 韻 機

野遊らいふ
ま し た 貴 方 も ホ ー ム ベ 上 ー教 ジ材 。 切 丁 寧 ︵笑 ︶ な ネ 野 ゴ い 基 轟 旺 ベ ー ゴ 一 マ↓ ミ ンゃ 作 で き る よ う ホ 学 で ホ ー 塾 生 況 等 を 踏 ま え な が ら 、 塾 生 さ ん か ら の 質 問 状 さ ん ム以 ベ外 ーの ージ方 ムをも ベ制独 ー ジ 制 作 の 基 礎 の 講 義 す る だ け で な く 、 ム ベ ジ の 制 作 方 法 を 今 年 ー は 塾 生 さ ん に ホ ー 岡 情 報 等 の 発 信 開 始 r 塾 生 さ ん 続 々 高 、 と

単 c く こ E ・ョ ッョ トに 手 取 ッ し 足 取 親 り り

制 作 に 挑 戦

を ア プ

、十 命 0 ﹁里 う 0 一b F 0一 ヽ 心 に 賑 や か に 取

〓 電 三

嶋     三ヨ 男

議 ︵踏 ム 稲 基梼
と 工 夫 で 私﹃ ら し い ﹄ し て ほ ん の 少 し の 知 識 の で は ? こ の 講 座 を 通 面 で の 悩 み は 案 外 多 い 富 山 県 で す が ソ フ

り 出

い 体 しに な ま り す 。ま す

で 驚 べ

と正 し 、で 小横い 、腸 隔 呼 吸 風 、 邪肝膜法 、を を臓 。引 ま胃す ョ 、る かで ガ なも大こ く し

た い と 思 っ て お り ま す

な 生 き 方 を 知 っ て 頂 き

で 楽 し く 過 ご せ る 大 切


市 民 の 皆 さ ま に 健 康

き 体 力 を 作

業 努
分 を で 思 う 存 分 に の 生 活 が 欲

範でヽ理 なく

っ て お り ま す

継 続 な さ い ま 。す よ う 願

た 今 後 も 更 に 学 習 を

で 。楽 し い 六 日 間 で し

に日 ま本 でそ 、発 し と展て し世 て も 、界 刺私の 激に国 的 と々 っ て も

ズ に す す み ま

業 思 は っ

た よ しリ たス 。ム

り 、く ん ー作

で い た だ い た の で

塾 生 の み な さ ん が 熱

緊 張 す る も の で す 、が 、

や は り 一 回 目 は 少 し

市 田 美 智 子

を 表 業 し て み よ う

め て い ま す

す 。

さ 身 っ 近 た な ら 。テ ー嬉 し マ ない の で
で 和 気 あ い あ い と 進

イ ン テ リ ア を 見 つ け て

持 ち 家 率 全 、国 位 トの 1

三 谷   妙 子

し を 楽 し む イ ン テ リ ア

け ら れ ま す こ と を 望 ん で 止 み ま せ ん

の 感 ら性 、の 美深 、を ま り 弾求 力めを 性続求 のけめ あ る 日 常 生 活 。 を 続

ら れ る こ と

な が

観 た り

をな 表 もに 現 、ち か 語た表 し た しりい現 。の 、い 合 い あ 。今 。っ絵 自の和た画る 己自紙 りを日

碑イ 歯 パー クラ フト
∼ 和

ん か ′

て 草 の   ︶局 岡 情 報 発 信

し 、

を し

和 国   一宰 光

紙 ち ぎ り 絵 ∼

て み

ま せ

ま す

な 市 。 民 お 。教 楽 次 授 し号 と み と で に は も ⋮受 に ⋮講 楽 。感 し 想 い 文 学 を遊 ご塾 と 紹 介 な り し

ま し た

今 年 も 多 く の 塾 生 の 皆 さ ん と ユ ニ ク

介 が お わ り ま し た

有 以 上 で 本 年 度 に 。開 講 さ れ た 30 講 座 の 紹 し た い と 思 い ま す

リ サ イ ク ル を 楽 し む 。仲 間 と 作 る 喜 び を 共

小 物 入 れ に な り ま す

て み た く な る か わ い 。い

で 牛 乳 パ ク も 使 っ ッ

手 、間 と 素 材 を 選 ぶ 事

が 始 ま り ま し た

塾 生 の 声 で 初 回 。の ひ講 と座

作 て み た い ﹂ そ ん な っ ﹁ わ ぁ ︱ か わ い い

小 物 入 れ と お ひ な 様 作 ﹂ り

横 山 智 恵 子

ン脚ン 和岬 州つ ” 炉卜 お崎 ・ ﹁ 斑 継
い ま す 。 加 し く れ た 受 講 生 の 皆 さ ん に 感 謝 し て て が い ろ 、い イろ レあ ギ っ ュて ラ何 ーと なな 行 く 事得 にを もし 快 た く気 参分 よ H と

加 し て み ま せ ん か

始 め る 前 の ス テ
。プ

が 入 り ま す

に 、売 て い な い も の を っ

で き

ッ と し

サ ン プ 。ル 作 習 り い 事 に を力

前 に 、は オ誰 シに ャで レも で簡 お単 店 に

年 目 に な り ま す

エ ッ ト 講 座

は 今 。年 開 で 講 三

学 遊 塾 で の ス テ チ ッ

て 、 学 遊 塾 参 に

碑で 圏 いあ みも の ステ 卵市 革や 神

楽 し み で す 作 品 が 出 。来 あ が ア が一 今 か ら と て も ヽ

度 の 学 遊 塾 朗﹁ 読 を 楽 し む ﹂ は お ま け

き た こ と を う れ し く 思 っ て い ま 、す

中 川 加 津 代

学 遊 塾 ﹁朗 読 楽 ﹂

を む し

て い る 、人 ー も が年 い 一齢 致 もれ 団様 ば 結々今 ⋮回 し 。が て 、そ 始 。参 んめ 今加 な て 年でデ と

コ ボ コ メ ン バ

い う 人 も い て

参 加 し ﹂

し む の メ ン バ ー で 参 加 し ま し た 毎 回

た 感 の あ る 万 葉 朗 唱 の 会 に 朗﹁ 。読 を 楽

に葉 ン バ﹁ 去みで あ るんす ー︱ 。の 10 な 、 月のこひ とな 4緊の りん 日張〓 がか 0が百 、緊 、ほ が 本張 高 ぐ場 し 岡れの番 て 直 ま笑 の き 風 しい前 た 物 を に た わ 発 詩 。誘 し ﹂︱ と い 。 、た も 逆 言 な メ

ンン 斉朗 帽の 会に 加参し て⋮

い ギ遊ら ふ

│か おかギ遊塾
今年度 も学遊塾全講座が二同に集 い それぞれの講座の学習成果や活動 を紹 介 します。 市民教授 ・ 塾生によるミニ講座や体 験講座 、実演 ・ 作品展示 など、ユニー クでバ ラエティに富 んだ企画 になって います。 皆様 のご来場 を心 か らお待 ち してお ります。

◆日

15:00 1寺 /12月 1日 lB)10:00∼
所/高 岡市立成美公民

◆場

昨年の交流会のステージ 「 発表」

°・・°・°・・・●
0 ● 0 2 8 日、運 営 ス 歩 ッフ と理 事 の 皆 さん で昼 食 会 を しま し ● ついて の反 の まし おい ● た

むゴ

:

6月

● た。昨年

省や 今年 活動などに

話をし

言書子を採客 旨 督:骨 昆 名 運営スタッフ o あ なたも ● の仲間になりませんか ! ● 0● 0● 0● 0● ●0●
会 で 会 い ま し ︵ ︶
小 間 刷 株 式 社 会 印

市民の皆さんが、 に学び合い、 共 伝え合う

カ ゼ な ど ⋮ひ ょ 。か う 交れ 。 流 ま

せ ん よ う に

。き 寒 く な

っ り

木 々 が 色 づ き 、 め

り ま し た

び に 来 て 下 さ い

ふ わ れ

で る ま

ま 。す 皆 様 ぞ て あ そ こ っ

交 流 会 。に 当な 日る はよ 、う 。あ さ っま たざ ま 、か いな 豚準 汁備 がを 無 し 料 て い ま す

交 流 会 実 行 委 員 会 で は 今 年 楽 も し い 、

免許や資格は問いません あなたも市民教授になってみませんか
たかおか学遊塾」 の最 も大 きな特徴は、市民教 「 授 (講師)を 公募 す ることです。個人が これ まで学 習 してきたテ Tマ (ふる さと高 岡 ・ 芸術 と文化 ・ 健康 や生 活 に 関す るこ とな ど幅広 い 分野 )に つ い て人 に伝 える場が この塾です。 きっと人に伝 える喜 び 、教 える素晴 らしさ を実感 で きるはず で す。 ※応募方法等 は市民 と市政 1月 号 に記載 されます。