You are on page 1of 6

.8 僑

発 【 行】
11 平成1 5 年 1 月 5 日 市民大学たかおか学遊塾 (高 市 育 員 生 学 課 ) 岡教委会涯習内 TEL 0766-20-1456

t ′r /

、 コ 一

簿
Atto
KA

ヤ0 0
… 表紙 イラス ト 市民教授 西 田一彦

野遊らい'Xン鞭 鞭繋 鞠 灘 鞭 鞭縄髄 藤麟 繍 轟轟隷轟鶴麟ン 醍 瀬鞭 鶴 轟 綴繰轟 麟 靭 鶴 獣 寵隷麟麟轟縄 摩 熙
め ま し う ょ 。 記 録 で い い 思 う 。 さ 楽 ぁ し み な が ら 始 始 め は 日 記 と し て そ の 美 し い 本 日 豊 富 な 俳 句 で あ る 。 字 の 詩 、 そ れ が た た 十 七 文 っ で 表 現 す る 。 七 五 の ズ ム ・ リ 語 を 入 れ て 五 ・ を 肌 で 感 じ 、 季 四 季 の 移 ろ い 牧 長   幸 子 語 を 探 と し な が ら 、

麟劇利 楽をし む

繍畿 鶴ン 議鱗寵


餞 鶴ン た

り ま す
 オ     \

く 、 。 明 る く

で ト キ メ キ

操 、

が ら 指 と 頭 の 体

音 と た わ む れ な

思 っ て い す 。 ま

演 奏 発 、 、 表 に 共 ぎ に や 語 か り に 合 講 い 座 な を が 進 ら め 楽 て ま し

分 で あ り た い と

に 前 向

る の そ の

も 、

は 自 ら 求 め 感 じ

き な 自

﹃ 感 動 ﹄ そ れ

い キ ー ボ ー ド 川 端   正 夫

ン ヽ 検 熙 轟 ン ン ン ン
す る 思 い を 込 め ま し た 。 ま す 。 私 は こ の 講 座 に 郷 上 の 先 達 を 顕 彰

平 成 15 年 度
淫 甲

か お か

満 宝 型

畿 畿 畿 畿 畿 畿 畿

轡 鶴 鶴鶴餞 罐

律ガ 準

節 を 感 なじ が ら 遊 ん で いま す し 。

に 眠 生 っ か て し い 、る 季 着 を

を 感 じ て た ん す

昔 に な つ か し さ

る 和 小 、物 銘 達 仙 。 等 ち め ん

仕 事 で 出 来 上 が

針 を ち く ち く 手 着 物 を 使 て っ

から よ つる 碑和 翼
勢 麟 勢 製 戴
自 動 車 の 歴 大 渕   加 市

端 末 期 の 郷 土 史
昨 年 は 海 防 、

出 へ と つ な が り

躍 す る 人 士 の 輩

後 年 各 界 で 活

の 発 展 が あ り 、

育 の 普 及 と 文 化

防 の 根 底 に は 教

掘 し ま し た 。 海

い て 郷 土 史 を 発

今 年 は 教 育 に つ

明 神 巽

こ と が 必 要 で は な い で し ょ う か 。

身 近 か な も の だ け に ゆ つ く り と 見 直 す

、 生 す る 諸 問 題 、 活 、 そ こ か ら 発 車 使 う 生 う に を 前 の て 当 た り よ ま せ ん か 。 そ し 学 び 少 し こ と を を 考 え ﹁車 ﹂ の び 現 代 の 車 社 会 史 と あ ゆ み を 学

出 来 栄 え が 楽 し み で す 。

喜 ∼
-2-

し と も さ た 、 、く 性 変 し 、凧 作 能 え 骨 江 り も る 戸 の 良 な 配 に 錦 、く ど 列 絵 タ挑 ッ戦 し チ て の もみ ま の とす 。 し ま凧 絵 す 、の

方 は

供 用 に と 少 し 小

で 今 度 は

、 子

七 回 目 と な る の

も 回 を 重 ね K

江 戸 凧 作 り

麟軸 斌 技ので 戸凧江 ︵中 辞時謝 腰対

いふ畿 緋 昏讐絆熙 灘腿ン:鞭ンンンヽ 鱗 1騨 襲鎖鋒 靭 轡 ギ遊ら
文 芸 で す 。 進 す る も の で あ り 、 頓 智 を 生 か し 乍 ら の

の 通 い 合 い 促

は の で 答

も 、 え 句

わ い 深 い 心

て そ れ 答 に え る

て 出 題 語 が あ っ

違 い 前

と 、 も っ

作 り を す る の も

分 で 取 材 し 句 て

で 題 材 を 選 び 自

句 ﹂ 様 の に 自 分

諸圏ン餓鰹 畿 麟ン 戦 熙
と 目 が イ キ イ キ ⋮ ゲ ツ ッ ー
描 始 め る に き し て い た け ど 私 の う 通 り

錮 欝

﹁短 歌 ﹂ や 俳﹁

鵡 奔
体 験 し て ね 。 と 染 物 で す 。 ぜ ひ 最 新 現 代 版 の 早 り ま い 、す 。 奇 簡 麗 単 、 、 て も お 洒 落 に な

︵腎 箸

そ の 調 子 だ ぜ

最 初 は ポ カ ン と

あ り ま せ ∼ ん ﹂

そ っ く り 絵 で は

番 ﹁ 似 顔 絵 は

ち を 前 に 開 口 一

言 う 塾 生 さ ん た

る か し ら ? ﹂ と

似 顔 絵 が 描 け

く ﹁本 当 に う ま

西 田   一 彦

す よ 。 楽 い で て

つ も し

芸 大 好 な 方 、 ワ ン ポ イ ン

染 が 得 意 パ チ ワ ク や 和 小 物 の 方 手 ッ ー

一 枚 目 か ら プ ロ 並 の 染 め 上 が 、部 分

ト プ ラ ス で と っ

り 、

穴 井   純 子

ン勢鋼 卿や︺ 村走 す彬ほ 争初 使る
押業 製 背 む
今 年 度 市 民

ま す 。

し そ の 上 遊 び

っ 、ぶ り お 伝 え

の ノ ウ ハ ウ も た

テ リ ア に つ い て

楽 し み 方 。 イ ン ム パ

ー ー テ ィ の

り 込 む 。事 そ は 暮 の た ら め し 、を 知 ム っチ 恵 て ャ ム 、絶 対 チ 情 お ャ 報 得 豊 。な か 智 ホ に し ま す

ワ イ ン や 日 本 酒 を 日 常 生 活 に 上 手 く 取

中 山   安 治

に 楽 し め ま す 。

ン ダ ー を 充 分

の ハ

力 ら も ー ブ リ 、ラ 、 季 ラ ッ 節 ク ベ ス で き

作 品 を 作 り な

で す 。 素 敵 な

を 楽 し む 講 座

ド ラ イ の ラ ベ ン ダ ー を 使 っ て ク ラ フ ト

作 用 が あ る と さ れ て い ま す 。 そ の 生 や

ラ ベ ン ダ ー の 香 り は 、 神 経 を 鎮 め る


挑 戦 て み せ か

ひ し ま ん 。

仕 上 が の ス テ チ エ

ッ ッ ト

横 山 智 恵 子

を こ の 機 会 に

の ラ イ ン に 裁 断 す る 事 が で き ま す 軽 、い 。

欝旺観 “帥媒 馳い ん剛 ﹁ 顔絵 ﹂ 盟甑斉 社測” 際岬 ”抑 る 豊か な 観離 姐 いあ みも の
ス テ よ り く

て も 、ほ 思 つ れ い 通 な りい の で

又 布 を カ ッ ト し

と 自 由 に 刺 し 、

を 従 横 斜 め ・ ・

に 色 々 な 毛 糸

さ れ た ベ ー ス

エ ッ ト 。 方 眼 編

ト ラ イ で き る

早 気 軽

塚 西 百 合 子

ツ チ エ ツ ト

に 活 用 さ れ 楽 し ん で い た だ け れ ば 幸 で す 。

れ を マ ス タ

し た 。

﹁高 岡 の ー万 葉 し ふ て る  、 さ 一 と 人 ﹂ で 造 も り 多 に く 玉 の す 方 だ 々

せ て い た だ き ま

の 出 席 で 開 講 さ

名 の 塾 生 全 員

月 二

回 目 の 日 講 、座 十 を 三 六

ー マ に 今 回 で 五

を 楽 し も う を テ

万 葉 玉 す だ れ ﹂

学 遊 塾 ﹁ 越 中

鸞翻神

黎的経 ↓男 も
-3-

菜万玉 すだ ﹂れ

ま す 。 作

し い 品 が 作 れ

て い る 方 も 楽 、

無 器 用 だ と 思 っ

い と 思 い ま す 。 て い た だ

し 喜

と つ び を 楽

に け る し み

ク セ サ リ ー を 身

け の 手 作 り の ア

供 に 楽 し み な が ら 作 品 を 作 り 自 分 だ 、

数盟 鞠吐 掟町 いに 時 陥
岡 田   和 美

き た

体 験

磁一を 使っ た

野遊らいふ
人 の 世 の 想 い を 共 に 体 感 し ま し う ょ 。 て 血 湧 き 肉 踊 る 戦 い や 哀 切 極 ま り な い 、

ン! 挙 善
ま 気 。 参 加 さ れ よ く 幅 広 い 層 で 元 も 女 性 の 方 々 し 、 す 者 の 方 が 漸 増 た 。 男 性 の 受 講 年 目 を 迎 え ま し こ の 講 座 も 五

り 気 持 も 明 る な
と 思 い す 。 ま 学 ん で い た い 方 な ど 、 き 楽 し く 育 て 方 、 植 物 植

、家 ま わ り を 花 で 飾 る と 、 。 を 華 や か に な

く り

謡 曲 を 鑑 賞

し 平 家 を 朗 読

曙 ギ

多 く の 方 に し ん で 作 て ほ い っ し 。


の え 一 緒 に 、 と 塾 生 の 皆 さ ん も あ る と か 。 今 回 も 、 良 い 効 果 が 心 に 体 に も て 、 事 に よ っ て る

す ね 植 物 育

蓬 業

ン. テナ 至

に な れ ば 曳 と 思 い ま す 、

認 識 と エ コ ロ ジ ー を 考 え て み る き っ か け

認 定

の 花 ﹁ カ タ カ ゴ 。

成 さ せ た 高 岡 市

さ れ た 。 ﹂

研 究 を 重 ね て 完

膜 が 張 る 特 に

作 り 液 を か け

か ら 、花 び ら を 形 針 金 一 本

ー 。

メ リ カ ン フ ラ ワ

を 魅 了 さ せ る ア

な 色 彩 で 見 る 人

輝 き と 鮮 や か

す 。 和 文 化 の 再

作 り 挑 戦 に し ま マ バ

グ と イ ク ッ

素 敵 な ラ ピ ン ッ

包 で 結 ん で ん

え て み ま し 、 た 。

し い と し

呂 敷 を 一 枚 の 美

世 界 に 誇 、れ 風 る

日 本 の 鞄

石 永   峯 子

を し ま せ ん か ?

平 成 13 年 ふ る さ と 名

米 花   幸 子

麹盟 苅町 猟万 装ル充

勢 い る ん だ な と 実 嘩 まン し た O

来 て 下 さ っ て ヨ サ コ イ

さ ん の 受 講 者 、が で す

よ う 。 た く

子 が 見 目 に え る

踊 て い

に っ

て た の そ う

見 も 皆 し ん な と て も

来 踊 る り 。 い つ

る 様

を 問 わ ず 参 加 出

年 齢 、 性 別

轡つ劇

ィコ

、 フ ア ン が 、 大

大 浜   清 美

て 行 き た い と 思 っ て い ま す 。

し く 学 び 合 い さ ら に く の 人 々 に 伝 え
を 再 発 見 し た の わ が ま ち の よ さ に 現 地 を 訪 ね 、 メ ン バ ー と 一 緒 ﹂ の 風 す 。 ﹁あ い の あ り ま さ ん 財 や 歴 史 が た く 化 文 い め 素 晴 ら し は じ 宝 国 瑞 龍 寺 を は 高 岡 に 藤 賀   玲 子

が 深 ま る パ

か か 大 好
ー ト

お き 語 る こ と で

て い す

深 ま 。 思 っ い め た と 情 理 解 愛

の と

だ 偉 大 な 先 達 を ヘ 郷 土 が 生

び 、

真 実 を 楽 し く → ← 外 意

藤 子 不 二 雄 さ

か 。 知 ら れ ざ る

る の で し ょ う

ン ガ な ぜ こ ん な に も 多 く の 人 に 愛 さ れ

。本 そ

日 、 し 室 谷   芳 隆 & 野 沢   昌 弘

て 海 外 で も 大 人 気 の 藤 子 マ

麗 罫 攣 作富口
高 同 の 魅 力 ∼ る

く 学 ん で い き た い と 思 い ま す 。

ン テ リ ア を 実 現 す る た め に  、 一 緒 に 楽 し い 素 敵 な イ

ら し

れ た 方 が 、 自 分

の で す 。 受 講 さ

見 方 が 出 来 る も

と 、 ま た 違 っ た

ル ー ル を 知 る

る こ と も 、 基 本

な く 目 に し て い 日 頃 、 何 気

華 騨

聾. を楽し 3イし

-4-

野遊らいふ
ー ト フ ラ ワ を 使 っ た ア レ ン ジ と 毎 回 花 生 花 の ア レ ン ジ だ け で な く 押 花 や ア 、

轡 んな 中化おで 繋 中化 ギ

報 を 発 信 さ れ る の で う か ?

︵笑 ︶。 さ て 今 年 の 塾 生 さ ん は ど ん な

信 始 め 、

も ま た 名 づ け て 14 し 。

し て い す 。 動 画 で の 高 岡 観 光 情 報 等 発 ま

ジ を 中 心 に 発 信

り 富 山 弁 ベ

の り銭 、湯 温 泉 ・

名 水 巡

は 富 山 & 石 川

ぎ る ︵笑 ︶ 私 。

報 発 信 は 楽 過 し

ン 、 ネ ッ ト で 情

よ リ オ ン リ ー ワ ナ ン バ ー ワ ン

し ょ

し み ま し う ょ 。 楽 い

ら っ に が し ょ 学

こ と も び な

ま す 。 基 本 的 な 思 い え る

も ら と

な が ら 受 講 し て

″ と ワ ク ワ ク し の か

に な る な ?

次″ は ど ん な 風

材 が 変 わ る の で

ろ 豊 か に な る よ う に 。

し な が ら 学 べ ま す 。 あ す の 暮 ら し が こ こ 体 験

て い る の か ゲ

し が つ
、 ー

か 、 環 境 暮 と ら 然 大 事 が

ど う な

い の で

近 感 は な ? れ な に ら じ つ 今 ひ 身

も 、

危 な い と 聞 い て と 地 球 環 境 が

な の

ム 感 覚 で 楽


し く

  恭 子

誰 戴誓 螺 笙詐

簿4

秒 一 本 勝 負

嶋     三自 男

轡鞭押 牌肝 伊卸コ 作の 基礎 基礎の

し み の 一 つ で す 。

を 選 ぶ こ と も 楽

自 由 な 感 性 で 色

が ス テ キ で す 。

オ ン リ ー ワ ン ・

う の で は な く 、

す 出 来 ば え を 競 。

作 品 の 完 成 で

け の オ リ ジ ナ ル

に 下 絵 を 使 っ て 絵 を 描 く 。 世 界 に 一 つ だ

木 、 ガ ラ ス 金 属 布 な ど 身 近 な 素 材

、 、 山 田 ひ と み

静 紹 諺

と 、幼 皆 い さお ん子 心 さ を ん 込 や め お て 孫 つ す で くさ 。 、 ん っ 少 い の て 人 た つ お も 数 らめ な れ に ワ ま イ ⋮ の

熙 唯 弊

窪 本毒

百 様 楽 で し い で す よ 。

お 主 の 人

れ ま す 。 時 に は

公 に な て み せ か 百 人 ん ? っ ま

に 立 体 感 が 生 ま

す 。 ス リ ー ト ー

が 動 き だ し ま

ネ た り ⋮ 。 言 葉

か ? 跳 ん だ リ ハ

さ い ど う で す

て 読 ん で み て 下

ょ 。

声 に 出 し

に し た と し ま し

一 冊 の 本 を 手

盟! 蕃 番 拘
中 川 加 津 代

し て い ま す 。

り に チ ャ レ ン ジ

ろ ん な 絵 本 づ く

交 換 し な が ら い

ワ イ 楽 し く 情 報

手 崎   信 子

秋 は 来 に け り 〃

公の 園帯 は撮 蝉可 穴F あ・ ま た

参 加 者 り 感 想 を 短 歌 に 投 稿 て し よ

方 々 が 参 加 し ま し た

学 遊 塾 か ら も 9 講 。座 の

万 葉 集 全 20 巻 朗 帽 の 会 に

り≡

-5-

事遊らいふ ン

!車

たかおかピ遊塾
15:30 ◆日時/11月 30日 lB)10:00∼ ◆場所/高 岡 おとぎの森公国内 おとぎの森館 ・ 森のふれあい館

今 年度 も学遊塾全 講座 が 一 同 に集 い それ ぞれ の 講座 の 学 習成 果 や活動 を紹介 し ます。 塾 市 民教授 ・ 生 に よ る ミ ニ講座 や体 験 講座 、実演 ・ 作 品展示 な ど、ユ ニ ー クで バ ラ エ テ ィに富 ん だ企 画 に なって い ます 。 皆様 の ご来場 を心 か らお 待 ち してお ります 。

会 │たかおか学速塾交流


ご 意 見 ご 感 想 を お 寄 せ 下 さ い

昨年の交流会のステージ 「 発表」

ま っ て ま ′   。

広 報 ・誌 学″ 遊 ら い ふ ″ に つ 。い て

鷲 北 由 美 子

牧 長   幸 子 向 山     登

中 山   安 治 西 田   一 彦

大 測   加 市 高 橋   明 子

編 集 長   山 口 ひ と み

広一 輔 線 繰 部 ■ 賃 ■ , 一

︵五 十 音 順 ︶

酵 理 事   荒 谷   祐 子     一島 橋 健 次 郎

理 事   川 端   正 夫     膝一 賀   玲 子

山 口 ひ と み     山 本   典 子

牧 長   幸 子     明 神   博 幸

副 塾 長   穴 井   純 子

塾 長   折 本   和 洋

= 魁 憲 ■ 々 が お 学 盤 描 様 ■ ■ 一 辞 か
着 々 と建設が進 め られて い る高 岡駅前再 開発 ビルは、平成1 6 年 月の完成 オー プンを目指 して 4 い ます。 生涯 学習 セ 再 開発 ビルは、市 の 中央 図書館 ・ ンター ・ セ ンター、県 の生 涯学習 男女平等推進 サ 校 などの公共施設やホテル、飲食 ・ ー ビス ・ 業 で構成 されます。 務施設

0 0 0 0 0 0 0

刷   小 印 刷 株 式 社

0 0 0

ち し て お り ま す 。

す の で 、 市 民 の 方 々 の 参 加 を お 待

と 遊 び 心 で 、 学 習 し 続 け て い き ま

た め に 、 ギ ブ ア ン テ イ ク の 精 神

0 0 0 0 0

0 0 0

生 涯 豊 か に い き い き 輝 く て い く

に 誇 れ る も の と 思 っ て い ま す 。

お か 学 遊 塾 ﹂ の 存 在 は 、 名 実 と も

そ う い う 意 味 か ら も 、 わ が た か ﹁

生 涯 学 習 を 提 唱 さ れ て 久 し い が 、

-6-