You are on page 1of 23

Web2.

0 と 日 本 語 教 育
村 上 吉 文

0 . 「 web2.0 」 と は

  web2.0 と い う 言 葉 は 2006 年 に 大 流 行 し た キ

ー ワ ー ド で あ る 。 ウ ェ ブ の 現 状 に つ い て 、
出 版 の 一 形 態 に す ぎ な か っ た 時 代 か ら 、
次 の 段 階 へ 到 達 し つ つ あ る と す る 主 張 で 、
が 提 唱 し た 。 web2.0 の 概 念 を 構
1
ティム ・ オライリー
成 す る 要 素 は い く つ も あ り 、 オ ラ イ リ ー
の 『 Web 2.0 : 次 世 代 ソ フ ト ウ ェ ア の デ ザ イ
ン パ タ ー ン と ビ ジ ネ ス モ デ ル 』 に 詳 し い
が 、 こ こ で は 暫 定 的 に web2.0 を 「 新 し い 技
術 的 な 環 境 が 形 成 さ れ 、 大 量 の ユ ー ザ ー
2
参 加 が 実 現 し た こ と に よ り 、 自 生 的 秩 序
が ウ ェ ブ 上 に 出 現 し 、 そ の 果 実 が 一 般 ユ
ー ザ ー に 還 元 さ れ て い る 状 況 」 と す る 。
本 稿 で は 、 wiki 、 ブ ロ グ の 二 つ の み を 取 り
上 げ 、 Web2.0 的 な ツ ー ル の 日 本 語 教 育 へ の
応 用 に つ い て 考 察 す る 。

1.Wiki

  Wiki と は 、 多 数 の 参 加 者 に よ っ て 一 つ の

成 果 物 を 作 成 す る と き に 有 効 な ツ ー ル で
あ る 。 日 本 で 初 め て wiki を 商 用 サ ー ビ ス と

1
Tim O'Reilly,オライリーメディアの創立者
2
フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエクなどの経済学上の主張

1
し て 開 放 し た ラ イ ブ ド ア で は 、 wiki を 「 寄

せ 書 き 型 ウ ェ ブ サ イ ト 」 と 端 的 に 説 明 し
て い る 。 livedoor Wiki を 開 発 し た ラ イ ブ ド ア 社
は 、 IT メ
3
の 谷 口 正 人 サ ー ビ ス エ ン ジ ニ ア
デ ィ ア の 「 な ぜ 今 、 Wiki な の か ― ― livedoor
Wiki ス タ ー ト 」 4 の 中 で 、 wiki を 「 一 過 性 で 、
同 じ 話 が 繰 り 返 さ れ が ち な ブ ロ グ や 掲 示
板 と は 異 な り 、 知 識 が 蓄 積 ・ 整 理 さ れ る
サ ー ビ ス 」 と 位 置 付 け て い る 。

1.1   ウ ィ キ ペ デ ィ ア と そ の 応 用

  wiki の 中 で も っ と も 有 名 な 例 は お そ ら く
5
オ ン ラ イ ン 百 科 事 典 の ウ ィ キ ぺ デ ィ ア で 、
誰 も が こ の サ イ ト を 無 料 で 参 照 す る こ と
が で き る だ け で な く 、 そ の 著 者 の 一 人 に
も な れ る 。 筆 者 自 身 も 日 本 語 教 育 関 連 の
い く つ も の 項 目 に 加 筆 し て い る し 、 授 業
の 一 環 と し て も 利 用 す る こ と が あ る 。

  web1.0 的 な 発 想 で は 、 誰 で も 書 け る と な

る と 間 違 い が 多 い の で は な い か と い う 危
惧 が ぬ ぐ い き れ な い が 、 科 学 誌 ネ イ チ ャ
ー 誌 の 調 査 に よ る と 、 ウ ィ キ ペ デ ィ ア に
間 違 い は 確 か に 存 在 す る も の の 、 そ れ は
ブ リ タ ニ カ な ど の 従 来 の 百 科 事 典 に 比 べ
て も 遜 色 が な い と い う 調 査 結 果 に な っ て

3
同社ネットメディア事業部サーチグループウィキチーム
4
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/07/news055.html
5
ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/

2
6
い る 。
  日 本 語 教 育 の 現 場 に お け る ウ ィ キ ペ デ
ィ ア の 最 も 簡 単 な 利 用 方 法 は 、 日 本 語 学
習 者 に 母 国 に つ い て 日 本 語 で 書 か れ た 項
目 を 読 ん で も ら い 、 間 違 い が あ っ た ら 直
す と い う タ ス ク で あ る 。 筆 者 が 国 際 交 流
基 金 日 本 語 国 際 セ ン タ ー で 行 っ た 授 業 で
も 、 イ ル ク ー ツ ク の 出 身 者 が バ イ カ ル 湖
の 深 さ の 数 字 が 100 メ ー ト ル 足 り な か っ た
の を 修 正 し た り 、 キ ル ギ ス 出 身 者 が 現 地
語 の ス ペ ル ミ ス を 修 正 し た り す る な ど の
例 が 見 ら れ た 。 ウ ィ キ ペ デ ィ ア は か な り
細 か い 項 目 ま で あ る た め 、 現 地 人 の 目 か
ら 見 て 補 足 や 修 正 が 必 要 な 例 を 見 つ け る
の は 、 そ れ ほ ど 難 し い こ と で は な い 。
  こ こ で 特 筆 し て お き た い こ と は 、 修 正
さ れ た 結 果 が す ぐ に ウ ェ ブ 上 に 反 映 さ れ
る こ と で あ る 。 つ ま り 、 教 室 内 の 閉 じ た
活 動 で な く 、 教 室 活 動 の 結 果 が 直 接 全 世
界 に 発 信 さ れ る と い う 点 で 、 2 0 世 紀 の
授 業 と は 一 線 を 画 し て い る と 言 え る 。
  次 に 、 ウ ィ キ ペ デ ィ ア に 新 し い 項 目 を
立 て た り 、 既 存 の 項 目 に 新 た な 小 見 出 し
を 立 て て 、 自 分 で 書 い た 文 章 を 公 開 す る
と い う 活 動 も で き る 。 ブ ロ グ な ど と 違 っ
て 百 科 事 典 の 場 合 は 多 く の 利 用 者 が 初 め
か ら 想 定 さ れ て い る の で 、 情 報 発 信 と い
う 意 味 で は ウ ィ キ ペ デ ィ ア に 加 筆 す る の
が も っ と も 多 く の 人 に 読 ん で も ら う こ と
が で き る と 思 わ れ る 。 筆 者 の 授 業 の 例 で
6
“Internet encyclopaedias go head to head”
http://www.nature.com/nature/journal/v438/n7070/full/438900a.html

3
は 、 ロ シ ア 人 受 講 生 が 「 国 際 女 性 デ ー 」
と い う 項 目 内 に 「 ロ シ ア に お け る 国 際 女
性 デ ー 」 と い う 小 見 出 し を 追 加 し た が 、
一 週 間 も た た ず に そ の ロ シ ア 人 を ま っ た
く 知 ら な い 別 の 日 本 人 が 自 分 の 公 開 日 記
で そ の 記 事 を 引 用 し て い た と い う 事 例 が
あ る 。 必 要 と し て い る 人 に 確 実 に 情 報 が
届 い て い る こ と が 確 か め ら れ た 一 つ の 例
7
で あ る 。

7
この公開日記は SNS 内にあり、アクセスできる人は限定されている。

4
  ま た 、 こ の 形 式 で 興 味 深 い 点 は 、 日 本
語 の 間 違 い な ど を す ぐ に 他 の 利 用 者 が 修
正 し て く れ る 点 で あ る 。 た と え ば 以 下 の
画 像 は 「 じ ゃ が い も 健 康 法 」 と い う ウ ィ
キ ペ デ ィ ア の 項 目 の 「 履 歴 」 と い う 部 分
で あ る が、 「 た っ た 今 煮 た と こ ろ の じ ゃ
が い も 」 が 「 煮 て す ぐ の じ ゃ が い も 」 に
な り、 「 ず っ と 立 っ て い る 」 も 「 立 ち 続
け る 」 と 訂 正 さ れ て い る の が 分 か る 。 こ
れ ら は 日 本 語 教 師 で あ る 筆 者 が 訂 正 し た
も の で は な く 、 善 意 の 第 三 者 に よ る も の
で あ る 。 ま た 、 ど の 部 分 が ど の よ う に 添
削 さ れ た の か が 一 目 で 分 か る よ う に な っ
8
て い る た め 、 作 文 の 授 業 を ネ ッ ト 上 で 行
う と き の 添 削 と し て も 視 覚 的 な 認 識 性 が
高 い 。

図 1

1.2.   wiki に よ る オ ン ラ イ ン 辞 書

  た だ し ウ ィ キ ペ デ ィ ア は Wiki と い う シ ス

テ ム を 使 っ た 一 例 に 過 ぎ ず 、 Wiki の 利 用 方
法 は そ れ だ け で な い 。
  ま ず 、 ウ ィ キ ペ デ ィ ア と 同 じ よ う な 大
規 模 な Wiki と し て は 、 言 う ま で も な く オ ン

8
削除された部分と加筆された部分が赤い文字で表示されるため。

5
ラ イ ン 辞 書 が あ げ ら れ る 。 日 本 人 に と っ
て 英 語 や 韓 国 語 、 中 国 語 な ど は オ ン ラ イ
ン で 簡 単 に 辞 書 が 引 け る よ う に な っ て い
る し 、 そ の 中 の い く つ か は 無 料 で 使 え る
の に そ れ な り に 質 が 高 い が 、 た と え ば モ
ン ゴ ル 語 が 実 際 の 学 習 に 利 用 で き る レ ベ
ル で 調 べ ら れ る か と い う と 、 筆 者 の 知 る
限 り は ま だ 実 現 さ れ て い な い 。 つ ま り 、
マ イ ナ ー な 言 語 の 話 者 が 日 本 語 を 学 習 す
る と き 、 他 の メ ジ ャ ー 言 語 の 話 者 に 比 べ
て は る か に 不 利 な 状 況 に 置 か れ て い る と
言 え る 。 し か し 、 Wiki と い う シ ス テ ム を 利
用 す る こ と に よ っ て 、 こ の 問 題 が 解 決 で
き る 可 能 性 が あ る 。

  と い う の も 、 Wiki を 作 る の は 完 全 に 無 料

で で き る の で 、 採 算 ベ ー ス を 考 え る 必 要
が な い か ら で あ る 。 商 業 ベ ー ス の オ ン ラ
イ ン 辞 書 は 専 門 家 が 有 償 で 作 る た め に 、
そ の コ ス ト を 負 担 す る 人 間 に と っ て は 、
コ ス ト に 見 合 う 数 の ユ ー ザ ー が 見 込 め な
い と 充 分 な 広 告 収 入 な ど か ら コ ス ト が 回
収 で き な い の で 実 施 に 踏 み 切 る こ と が で
き な い 。 し か し 、 商 業 ベ ー ス で な い Wiki の
シ ス テ ム を 利 用 す れ ば 、 有 償 の 専 門 家 が
作 成 す る 代 わ り に 多 く の 人 が 少 し ず つ 無
償 で 知 識 を 持 ち 寄 る の で 、 大 量 の 利 用 者
が 見 込 ま れ な い 言 語 で も 、 Wiki は 少 し ず つ
9
進 化 す る こ と が で き る の で あ る 。
  上 述 し た ウ ィ キ ペ デ ィ ア の 姉 妹 プ ロ ジ

9
もちろん、参加者が多い方が進化のスピードは速い。

6
ェ ク ト で あ る 「 ウ ィ ク シ ョ ナ リ ー 」 は 、
同 じ シ ス テ ム を 使 っ た 辞 書 で あ り 、 現 在 、
171 言 語 の オ ン ラ イ ン 辞 書 が 進 化 中 で あ る 。
日 本 語 は 22,822 語 、 モ ン ゴ ル 語 は 1,723 語 、
英 語 は 344,510 語 ( 2007.3/22 現 在 ) が 登 録 さ れ
て お り 、 今 な お そ の 数 は 増 え 続 け て い る 。
モ ン ゴ ル 語 の ウ ィ ク シ ョ ナ リ ー に は 、 英
語 、 フ ラ ン ス 語 、 ス ペ イ ン 語 の カ テ ゴ リ
ー が あ り 、 こ れ ら の 言 語 に 関 し て は モ ン
ゴ ル 語 で 辞 書 が 引 け る よ う に な っ て い る
が 、 日 本 語 カ テ ゴ リ ー は ま だ な い た め 、
モ ン ゴ ル 語 で 日 本 語 を 調 べ る こ と は で き
な い 。 た だ し 、 モ ン ゴ ル 語 の 見 出 し 語 の
多 く に は 日 本 語 の 訳 が つ い て い る た め 、
現 状 で も 多 少 は モ ン ゴ ル 人 の 日 本 語 学 習
者 に も 役 立 て る こ と は で き る 。

1.3.   wiki の 小 規 模 利 用 、 も し く は 個 人 利 用

  以 上 は 汎 用 の 大 規 模 な Wiki の 応 用 例 だ が 、

今 で は 個 人 が 無 料 で Wiki を 開 設 す る こ と が
で き る の で 、 も っ と 小 さ な 目 的 に も Wiki は
利 用 で き る 。 前 述 の ウ ィ キ ぺ デ ィ ア に 書
き 込 ん だ 筆 者 の 授 業 例 も 、 も と も と は 授
業 の た め に の み 立 ち 上 げ た 小 さ な Wiki で あ
る 。 学 習 者 の 一 人 一 人 が 作 成 し た 原 稿 を
ク ラ ス 内 で 参 照 し あ い 、 修 正 し た 後 に 、
オ ン ラ イ ン 百 科 事 典 の ウ ィ キ ペ デ ィ ア に
転 送 し 、 公 開 し た の で あ る 。
  別 の 例 で は 、 筆 者 が 東 洋 大 学 で 行 っ て
い る 授 業 だ が 、 日 本 語 学 習 者 が 映 画 『 有

7
頂 天 ホ テ ル 』 を 日 本 語 で 鑑 賞 す る た め の
手 引 き の Wiki も あ る 。 こ の Wiki で は 、 難 易
10

度 の 高 い 語 彙 に 映 画 の シ ナ リ オ に 出 て く
る 例 文 を つ け て い る が 、 そ の 各 国 語 訳 は
学 生 の 作 成 し た も の で あ る 。 ま た 、 こ の
映 画 に は 大 量 の 登 場 人 物 が 出 て く る た め
に 、 一 度 見 た だ け で は 理 解 に し に く い 部
分 も あ る 。 そ の た め 登 場 人 物 の 名 前 で も
項 目 を 立 て て あ り 、 学 習 者 は 自 分 に 割 り
振 ら れ た 登 場 人 物 に つ い て 、 分 か り や す
く 説 明 す る こ と を 義 務 付 け ら れ て い る 。
毎 週 少 し ず つ 視 聴 し て い き 、 視 聴 し た チ
ャ プ タ ー ご と に 、 各 登 場 人 物 の 説 明 が 追
加 さ れ て い く 仕 組 み で あ る 。 こ の 授 業 で
利 用 し て い る ラ イ ブ ド ア の wiki で は 、 語 彙
や 登 場 人 物 な ど の 項 目 が 五 十 音 順 に 自 動
的 に 並 べ 替 え ら れ る 索 引 も あ る の で 、 ま
さ に 辞 書 の よ う に 使 う こ と が で き る 。

  Wiki は 、 こ の よ う に ク ラ ス 全 体 で 一 つ の

成 果 物 を 作 成 す る プ ロ ジ ェ ク ト ワ ー ク な
ど に は 、 非 常 に 有 効 で あ る 。 た と え ば ア
ナ ロ グ な 壁 新 聞 な ど を 作 る 場 合 に も 、 紙
に 書 い て し ま う 前 に ク ラ ス の Wiki を 立 ち 上
げ て 全 員 で 検 討 し あ う こ と が で き れ ば 、
よ り 質 の 高 い も の が で き る の は 間 違 い な
い 。 な ぜ な ら 、 壁 新 聞 や 文 集 な ど の 場 合 、
学 生 が 書 い た も の の 集 合 物 と し て の 成 果
物 で は 、 個 別 の 記 事 は 担 当 者 以 外 が 目 に
す る 機 会 を 経 ず に 公 開 さ れ て し ま う が 、

10
http://wiki.livedoor.jp/uchouten_hotel/

8
Wiki を 使 え ば 、 全 員 が そ れ に 対 す る 編 集 権
( 修 正 権 ) を 持 つ こ と が で き る か ら で あ
る 。

1.4.   教 員 に よ る wiki の 利 用

  以 上 は 学 生 に よ る 成 果 物 の 例 だ が 、 教
員 同 士 の 利 用 で も 、 も ち ろ ん wiki は 非 常 に
強 力 な ツ ー ル と な る 。 い ち ば ん 考 え や す
い の は 、 や は り 複 数 の 教 員 で 一 つ の 教 材
を 作 成 す る と き の 利 用 で あ る 。 wiki が 登 場
す る ま で は 、 メ ー ル ベ ー ス で フ ァ イ ル を
や り と り し な が ら 編 集 し て い く か 、 あ る
い は 最 初 か ら 担 当 を 決 め て し ま っ て 、 そ
れ 以 外 の と こ ろ に は 口 も 手 も 出 さ な い と
い う 暗 黙 の ル ー ル を 決 め る 必 要 が あ っ た 。
そ う す る こ と に よ る メ リ ッ ト の 一 つ は 、
バ ー ジ ョ ン 管 理 上 の 混 乱 が 避 け ら れ る こ
と だ っ た が 、 wiki な ら 一 箇 所 に 情 報 が 蓄 積
さ れ る の で 、 こ う い た 混 乱 が 起 き る 必 要
が な い 。 ま た 担 当 を 完 全 に 分 け る 場 合 で
も 、 他 の 教 員 が ど ん な 教 材 を 作 成 中 か が
見 え る の で 、 お 互 い を 参 考 し つ つ 重 複 を
避 け る こ と も で き る 。
  教 材 の 作 成 以 外 で は 、 授 業 の 引 継 ぎ な
ど で も wiki は 重 宝 す る 。 た と え ば 学 生 個 人
の 名 前 別 に ペ ー ジ を 作 り 、 ど ん な 支 援 が
必 要 か 、 ど ん な 支 援 を 実 行 し た か な ど を
記 録 し て い く こ と が で き る 。 職 員 室 に ノ
ー ト な ど を 置 い て 情 報 共 有 し て い る 機 関
も 少 な く な い と 思 わ れ る が 、 週 に 一 度 か
二 度 し か 出 勤 し な い 非 常 勤 教 員 は ア ッ プ

9
デ ー ト さ れ た 情 報 を 入 手 す る の に 時 間 が
か か り す ぎ る し 、 メ ー ル ベ ー ス の や り 取
り で は 一 覧 性 に と ぼ し い 。 そ の 点 、 wiki で
は 常 に リ ア ル タ イ ム で 全 員 が 情 報 を ア ッ
プ デ ー ト で き る し 、 ペ ー ジ 内 に ま と め ら
れ た 情 報 を 把 握 す る だ け で 事 足 り る 。 言
う ま で も な く 、 こ う い っ た 個 人 情 報 を 含
む 内 容 は パ ス ワ ー ド を か け て 保 護 す る こ
11
と も で き る 。

  wiki は も ち ろ ん 教 師 だ け で な く 学 習 者 が

使 う こ と も で き る 。 個 人 的 に 作 っ た 学 習
記 録 で も 、 wiki の 形 で 残 し て お け ば 次 の 年
度 の 学 習 者 に は 非 常 に 役 立 つ し 、 実 際 に
そ の た め に 公 開 さ れ て い る wiki も あ る 。
12

  し か し 、 教 員 に と っ て も っ と も 有 効 な
の は 、 授 業 評 価 を wiki で 行 っ て も ら う こ と
で あ ろ う 。 こ こ で は 東 京 大 学 大 学 院 の 院
生 た ち が 作 っ て い る wiki 『 東 京 大 学 法 科 大
を 紹 介 す る 。 こ の wiki で
13
学 院 授 業 短 評 』
は 、 そ の 目 的 を 「 後 輩 の 授 業 選 択 を 誤 ら
な い よ う に す る た め」 「 反 映 さ れ る 気 配
の な い 授 業 評 価 を 対 外 に 独 自 に や っ て し
ま う 」 と し て い て 、 学 生 側 か ら 授 業 の 改
善 の た め に 働 き か け る 姿 勢 を 鮮 明 に し て
い る が 、 こ う い っ た wiki は 学 生 の 利 益 に か
な う の は も ち ろ ん 、 質 の 高 い 授 業 を 行 い

11
セキュリティの面から補足するなら、メールと違って教員個人のパソコンには
データは保存されないので、パソコンをなくしても個人情報が漏洩する心配もな
い。
12
鈴木雅之『ひきだし wiki』http://wiki.livedoor.jp/g440463/
13
『東京大学法科大学院授業短評』http://wiki.livedoor.jp/gp009/

10
た い と 考 え る あ ら ゆ る 教 員 に も 有 益 な は
ず だ 。 ま た 、 授 業 の 改 善 に 消 極 的 な 教 員
で も 、 対 外 的 に 公 開 さ れ る こ と に よ っ て 、
教 員 は よ り 強 く 授 業 改 善 の 圧 力 を う け る
こ と に な る 。 長 期 的 な 目 で 見 れ ば 、 こ う
し た こ と が 学 生 の み な ら ず 教 員 本 人 に と
っ て も 大 き な メ リ ッ ト が あ る こ と は 言 う
ま で も な い 。

2.   ブ ロ グ

  ブ ロ グ は wiki に 比 べ て か な り 普 及 し て お

り 、 教 員 に 限 ら ず 学 生 で も 自 分 の ブ ロ グ
を 持 っ て い る 場 合 も 最 近 で は 少 な く な い 。
複 数 の 発 信 者 に よ る 情 報 の 蓄 積 と い う 面
で は wiki に 劣 る が 、 日 記 や 作 文 な ど 、 個 人
で 発 信 し そ れ を 時 系 列 で 整 理 す る 成 果 物
を 目 的 と す る な ら 、 ブ ロ グ が 最 適 で あ る 。
  日 本 語 教 育 で 応 用 で き る い ち ば ん 簡 単
な ブ ロ グ の 利 用 方 法 は 、 他 人 の ブ ロ グ に
コ メ ン ト す る こ と で あ る 。 著 名 な ブ ロ ガ
ー で 何 百 も の コ メ ン ト が 付 い て し ま う 場
合 を 除 い て 、 ほ と ん ど 場 合 、 数 日 で ブ ロ
グ の 書 き 手 か ら お 礼 や 返 事 な ど の コ メ ン
ト が 帰 っ て く る と 考 え て よ い 。 現 在 ブ ロ
グ は 玉 石 混 交 の 状 態 に な っ て い る が 、 ブ
ロ グ ラ ン キ ン グ な ど の サ イ ト や 、 ソ ー シ
ャル ・ ブックマーク( SBM ) を 見 る と 質 の 高 い ブ ロ グ
14
を 簡 単 に 見 つ け る こ と が で き る 。

14
こうして質の高いものが選別される現象を梅田望夫は「自動秩序形成システム」
と呼び、ハイエクは「自生的秩序」と呼んだ。

11
  ブ ロ グ は 教 師 支 援 の 方 法 の 一 つ と し て
も 有 効 で あ る 。 数 多 く 開 設 さ れ て い る 日
本 語 教 師 の ブ ロ グ を 読 む だ け で も 経 験 の
浅 い 日 本 語 教 師 は 参 考 に な る だ ろ う し 、
筆 者 も 含 め 、 自 分 の 抱 え て い る 問 題 に つ
い て 自 分 の 開 設 し て い る ブ ロ グ に 書 き 込
む と 、 コ メ ン ト や メ ー ル 、 ト ラ ッ ク バ ッ
ク な ど で 解 決 策 を 提 示 さ れ る こ と も あ る 。

2.1.   経 済 的 支 援 策 と し て の ブ ロ グ
  教 師 支 援 の 方 法 と し て は 、 上 記 の よ う
な 情 報 交 換 だ け で な く 、 実 は ブ ロ グ は 経
済 的 な 支 援 の 手 法 と し て も 有 効 で あ る 。
な ぜ な ら 、 ブ ロ グ に 広 告 を 載 せ る こ と で 、
15
そ こ か ら 収 入 が 得 ら れ る か ら で あ る 。

  web1.0 の 時 代 に は 、 ま ず 第 一 に 自 分 で サ

イ ト を 開 設 す る こ と 自 体 に ハ ー ド ル が あ
り 、 そ の サ イ ト に 合 っ た 広 告 を 張 る の は
さ ら に 高 い ハ ー ド ル が 待 っ て い た 。 し か
し web2.0 時 代 に は 、 ま ず ブ ロ グ の よ う な 簡
便 な サ イ ト 開 設 手 法 が 登 場 し た だ け で な
く 、 グ ー グ ル の ア ド セ ン ス に 代 表 さ れ る
コ ン テ ン ツ 連 動 型 の 広 告 が 登 場 し た こ と
に よ っ て 、 誰 で も 自 分 の サ イ ト に 最 適 化
さ れ た 広 告 を 張 る こ と が で き る よ う に な
っ た 。 ア ド セ ン ス の 広 告 コ ー ド を 一 度 ブ
ロ グ に 貼 り 付 け て し ま え ば 、 そ の 後 は グ
ー グ ル が ペ ー ジ の 内 容 を 検 索 し て 、 最 適
な 広 告 を 自 動 的 に 表 示 し て く れ る の で あ

15
この点は wiki でも同じである。

12
る 。 た と え ば 筆 者 の ブ ロ グ で も 日 本 語 教
育 関 連 の 記 事 に は 日 本 語 教 師 養 成 講 座 な
ど の 広 告 が 表 示 さ れ 、 育 児 関 連 の 記 事 に
は 育 児 雑 誌 な ど の 広 告 が 表 示 さ れ て い る 。
  残 念 な が ら こ う し た 広 告 収 入 の レ ベ ル
は 、 日 本 で 生 活 す る 分 に は ま っ た く 不 十
分 で あ る 。 筆 者 の 場 合 、 最 初 の 月 は 4.87 ド
ル に 過 ぎ ず 、 そ れ か ら 5 ヵ 月 後 の 二 月 で も
26.91 ド ル に 過 ぎ な か っ た 。 た だ 、 こ の よ
う に 収 入 が 上 昇 し て い る 理 由 は 、 コ ン テ
ン ツ が 蓄 積 さ れ て い く こ と に よ っ て 検 索
さ れ や す く な る と い う 事 情 に よ る の で 、
筆 者 の ブ ロ グ も 、 こ の ペ ー ス で 上 昇 が 続
け ば 月 に 100 ド ル 程 度 は そ れ ほ ど 難 し く な
い と 思 わ れ る 。

  月 に 100 ド ル 程 度 で は 日 本 で 暮 ら す に は

あ ま り 助 け に は な ら な い が 、 し か し モ ン
ゴ ル の よ う な 途 上 国 で は 大 き な 意 味 の あ
る 額 に な る 。 た と え ば モ ン ゴ ル の 公 立 中
学 校 の 日 本 語 教 員 の 場 合 、 月 に 50-60 ド ル
程 度 の 給 与 し か え ら れ な い 場 合 も 珍 し く
な い 。 こ う い っ た 教 員 に と っ て は 、 日 本
語 で 発 信 し な が ら 月 給 の 二 倍 程 度 の 収 入
が 得 ら れ る こ と は 大 き な 支 援 に な る だ ろ
う 。
  こ う い っ た 途 上 国 へ の 富 の 移 動 を 、 著
書 『 ウ ェ ブ 進 化 論 』 に お い て 梅 田 望 夫 は
「 グ ー グ ル に よ る 経 済 的 格 差 是 正」 「 新
し い 富 の 分 配 メ カ ニ ズ ム 」 と 呼 ん で い て 、
web2.0 の 時 代 に な っ て 初 め て 実 現 す る こ と
に な っ た 技 術 の 進 歩 の 恩 恵 だ と し て い る 。

13
16

  た だ 、 こ れ に 対 し て は 批 判 も あ り 、 例
え ば ラ イ ブ ド ア CTO だ っ た 小 飼 弾 氏 は 、 技
術 評 論 社 の 『 web2.0 ツ ー ル の つ か い か た 』
に お い て 、 コ ン テ ン ツ を 作 る た め に は
「 知 の 再 投 資 」 と し て か な り の 金 額 や 読
書 量 が 必 要 で 、 途 上 国 で そ の よ う な 環 境
が で き あ が っ て い る の か 、 と 疑 問 を 呈 し
て い る 。 そ し て 、 こ の 問 い に 対 し て 梅 田
望 夫 自 身 も 「 ま だ で き あ が っ て い な い 」
17
と 認 め て い る 。 筆 者 も 実 感 と し て 、 ア ク
セ ス を 集 め ら れ る コ ン テ ン ツ を ゼ ロ か ら
書 き 続 け る に は 、 あ る 程 度 の 能 力 投 資 が
必 要 だ と 認 識 し て い る 。
  し か し 、 海 外 の 日 本 語 学 習 者 に 限 定 す
れ ば 、 そ れ は 実 は そ れ ほ ど 大 き な 問 題 で
は な い 可 能 性 が あ る 。 と い う の も 、 彼 ら
の 身 の 周 り に は 、 ま だ 日 本 語 に な っ て い
な い コ ン テ ン ツ が た く さ ん 転 が っ て い る
か ら で あ る 。 日 本 語 の 広 告 の 場 合 、 収 入
が 高 い の は 美 容 、 不 動 産 、 金 融 な ど の 分
野 だ が 、 そ れ ら の 関 連 記 事 が 現 地 で 新 聞
に 載 っ た ら 、 そ れ を 要 約 し た 上 で 自 分 の
コ メ ン ト を つ け れ ば 、 著 作 権 的 に も ク リ
ア な コ ン テ ン ツ が 簡 単 に 作 れ る 。 例 え ば
女 性 教 員 な ら 「 モ ン ゴ ル の 新 聞 に 載 っ た
美 容 法 」 に 日 本 語 で コ メ ン ト し 続 け る の
は そ れ ほ ど 困 難 を 伴 わ な い だ ろ う 。 経 済
ニ ュ ー ス な ら 金 融 関 連 の 広 告 が 表 示 さ れ

16
 梅田の言葉を借りれば「途上国の人にとっては天恵とも言うべき仕組み」 。
17
 同書「web2.0 をめぐる往復書簡」より。

14
や す い し 、 日 本 の 不 動 産 会 社 が 開 発 中 の
プ ロ ジ ェ ク ト な ど に 関 し て も 広 告 単 価 の
高 い 記 事 が 書 け る だ ろ う 。 そ し て 、 金 銭
的 な 利 益 が 目 的 だ っ た と し て も 、 こ う し
た 記 事 を 書 い て い く こ と に よ っ て 、 言 う
ま で も な く ブ ロ グ の 書 き 手 は 日 本 語 が 上
達 す る と い う メ リ ッ ト を 享 受 す る こ と が
で き る 。

2.2. 言 語 別 市 場 に お け る 日 本 語 の 地 位
  こ こ で 念 頭 に 置 か な け れ ば な ら な い 点
は 、 日 本 語 は 言 語 別 に 見 れ ば お そ ら く 世
界 で 一 番 購 買 力 の 高 い 言 語 市 場 だ と い う
こ と で あ る 。 国 別 に み れ ば ア メ リ カ の 方
18
が 平 均 収 入 は 高 い が 、 英 語 の 場 合 は 貧 困
層 の 多 い 途 上 国 な ど で も 話 さ れ て い る た
め に 、 言 語 別 市 場 と い う 視 点 で は 、 平 均
す る と 日 本 語 よ り 低 く な る の は 間 違 い な
い 。 そ し て 、 国 境 の な い ネ ッ ト の 世 界 で
は 、 国 別 市 場 は 意 味 が な い 。 英 語 が 読 め
れ ば ア メ リ カ 人 が 書 い た ブ ロ グ で も イ ン
ド 人 が 書 い た ブ ロ グ で も 同 じ よ う に ア ク
セ ス で き る し 、 そ の ブ ロ グ が 東 京 や 大 阪
で 書 か れ て い て も 関 係 が な い 。 同 じ よ う
に 、 モ ン ゴ ル 人 が モ ン ゴ ル で 書 い て い て
も 、 日 本 語 で 書 い て あ れ ば 日 本 人 は 読 む
こ と が で き る し 、 日 本 人 が 日 本 で 書 い て
い て も 、 モ ン ゴ ル 語 し か 使 わ な け れ ば 普
通 の 日 本 人 に は 読 む こ と が で き な い 。
  そ し て 日 本 語 と い う の は 、 世 界 で 一 番

 一人当たりの GNI による比較


18

15
購 買 力 が あ る だ け で な く 、 最 も ラ イ バ ル
の 少 な い 市 場 で も あ る 。 と い う の も 、 日
本 語 市 場 の 競 争 相 手 の 多 く は 日 本 国 内 に
住 ん で い る が 、 日 本 国 内 で は 前 述 し た よ
う に ブ ロ グ の 広 告 収 入 だ け で 暮 ら す の は
難 し い か ら で あ る 。 そ れ に 比 べ て 英 語 や
中 国 語 の 場 合 は 、 同 じ 言 語 市 場 内 で 物 価
が 違 い が 非 常 に 大 き い 。 た と え ば 、 英 語
圏 で 物 価 の 安 い イ ン ド の よ う な 国 で は 、
月 に 100 ド ル で も 平 均 月 収 の 1.7 倍 に 上 る
19

つ ま り 、 自 国 語 で ブ ロ グ を 書 く だ け で 暮
ら せ る た め 、 こ う い っ た 環 境 で は 多 く の
ブ ロ ガ ー が 大 量 に プ ロ の 競 争 相 手 と し て
参 入 し て く る の は 想 像 に 難 く な い 。
  ま た 、 規 模 の 面 で も 日 本 語 市 場 は 注 目
に 値 す る 。 と い う の も 、 Technorati 社 が 2006 年
第 4 四 半 期 の 投 稿 ブ ロ グ を 言 語 別 に 計 数 し
た 結 果 , 日 本 語 ブ ロ グ が 世 界 ト ッ プ に な
20
っ た と い う 調 査 結 果 が あ り 、 日 本 語 ブ ロ
グ は 英 語 ブ ロ グ よ り も 多 い の で あ る 。 ブ
ロ グ の 読 み 手 の 数 が 書 き 手 の 数 に 比 例 す
る と し た ら 、 質 だ け で な く 市 場 規 模 で も
日 本 語 ブ ロ グ は 世 界 一 と 言 う こ と に な る 。
  言 い 換 え る と 、 ネ ッ ト の 広 告 収 入 を 考
え る と き に 、 日 本 語 市 場 は 世 界 で も っ と
も 購 買 力 が あ り 、 か つ 競 争 相 手 が 少 な い
上 に 、 市 場 規 模 も 世 界 最 大 と い う 、 非 常
に 恵 ま れ た 市 場 だ と 言 う こ と が で き る 。
こ れ は ブ ロ グ に よ っ て 途 上 国 の 日 本 語 教
19
 2005 年の世銀の調査ではインドの一人当たりの GNI は 720 米ドルで、一
月 60 ドルに過ぎない。
20
 同調査では世界のブログの 37%が日本語で書かれており、英語は 36%。

16
師 の 生 活 を 支 援 す る と き だ け で な く 、 日
本 語 学 習 者 に 対 す る 動 機 づ け と し て も 有
効 な 考 え で は な い だ ろ う か 。

2.3   ブ ロ グ の 授 業 で の 応 用
  さ て 、 言 う ま で も な く ブ ロ グ は こ う し
た 交 流 や 支 援 の 軸 と し て 使 う の が 、 も っ
と も 本 来 的 な 使 い 方 で あ る 。 が 、 教 室 型
の 授 業 の 代 用 と し て も 利 用 す る 方 法 が い
く つ も あ る 。 そ の 一 つ が 書 き 込 み 回 覧 作
文 を ネ ッ ト 上 で や る こ と で あ る 。
  ま ず 書 き 込 み 回 覧 作 文 と は 、 作 文 を 教
師 に 提 出 す る だ け で は な く 、 教 室 内 で 回
覧 し 、 さ ら に そ の 作 文 を 読 ん だ 学 習 者 が
原 稿 に 感 想 な ど の 書 き 込 み を 行 う こ と で 、
教 師 以 外 か ら も 多 く の フ ィ ー ド バ ッ ク を
得 る 方 法 の こ と で あ る 。 こ の 手 法 は 池 田
21
修 氏 が 国 語 教 育 の 分 野 で 提 唱 し た も の で 、
現 在 は 筆 者 の 授 業 を は じ め 日 本 語 教 育 界
で も 応 用 さ れ て い る 。 筆 者 の 経 験 で は 、
同 級 生 に 読 ま れ る こ と で 取 り 組 み 方 が
「 お お や け に モ ノ を 書 く 」 と い う 態 度 に
な り 、 コ メ ン ト が 寄 せ ら れ る こ と で モ テ
ィ ベ ー シ ョ ン も 上 が る 効 果 が あ る よ う だ 。
22
最 近 で は 阿 部 隆 幸 氏 に よ る 「 書 き 込 み 回
覧 作 文 I T 版 」 も 提 唱 さ れ て い て 、 こ れ
は 授 業 中 に L A N を 使 っ て メ ー ル で 書 き
込 み 回 覧 作 文 を 行 う 形 式 の 授 業 で あ る 。
  た だ し 、 こ れ ら の 方 法 を 日 本 語 教 育 の

21
 京都橘大学文学部日本語日本文学科児童教育学科準備委員
22
 福島県小学校教員で授業づくりネットワーク所属

17
現 場 で 応 用 す る と 、 メ ー ル で も 紙 で も 、
他 の 人 の 作 文 を 読 む 時 間 が 充 分 に 得 ら れ
な い こ と が 問 題 に な る 。 筆 者 が 書 き 込 み
回 覧 作 文 を 実 施 し て い た 国 際 交 流 基 金 日
本 語 国 際 セ ン タ ー の 教 師 研 修 で は 、 一 人
の 研 修 生 が 一 つ の 作 文 を 読 ん で コ メ ン ト
を つ け る の に 6 分 を 取 っ て い た が 、 こ れ
で は 60 分 の 授 業 で は 7,8 人 の 作 文 し か 読 む
23
こ と が で き な い 。 少 人 数 な ら 問 題 が な い
か も し れ な い が 、 教 師 研 修 で す ら こ の ス
ピ ー ド な の で 、 も っ と 進 度 の 遅 く 人 数 の
多 い ク ラ ス の 場 合 は 、 実 質 的 な 活 動 と し
て 成 立 し な く な っ て し ま う 可 能 性 が あ る 。
も っ と 大 き な 問 題 は 、 き ち ん と コ メ ン ト
し た い 作 文 と 流 し 読 み で 済 ま せ た い 作 文
が あ っ て も 、 ク ラ ス で 回 覧 す る 場 合 は 次
が つ か え て し ま う の で 一 律 の 時 間 で 回 さ
な け れ ば な ら な い こ と で あ る 。
  ブ ロ グ を 使 え ば 、 こ う い っ た 問 題 は 簡
単 に 回 避 で き る 。 な ぜ な ら 、 読 む 時 間 を
ク ラ ス の 時 間 に 合 わ せ る 必 要 が な い し 、
一 つ の 作 品 を 同 時 に 複 数 の 人 間 が 参 照 す
る こ と が で き る か ら で あ る 。 読 み 流 し た
い 作 文 は 短 め に コ メ ン ト が つ く か 、 コ メ
ン ト 自 体 の 数 が 少 な く な り 、 逆 に 質 の 高
い 作 文 は 自 然 に コ メ ン ト も 多 く な る 。 こ
れ は 書 き 手 に と っ て は 非 常 に 大 き な フ ィ
ー ド バ ッ ク で あ る 。 ま た 、 ブ ロ グ を 使 え
ば 他 の 同 級 生 が ど ん な コ メ ン ト を も ら っ

23
 作文を書いた学習者が他の学生からのフィードバックを読む時間なども必
要なため。

18
て い る か も 、 い つ で も 参 照 す る こ と が で
24
き る 。
  な お 、 ブ ロ グ の 開 設 は 一 度 や っ て し ま
え ば ま っ た く 難 し い も の で は な い が 、 開
設 は 授 業 で 扱 う ほ ど 価 値 の あ る 経 験 で も
な い の で 、 教 員 側 が 代 行 し て や っ て し ま
う の が 現 実 的 で あ る 。 一 度 開 設 す れ ば 、
ほ と ん ど の ブ ロ グ サ ー ビ ス で メ ー ル 投 稿
が 使 え る の で 、 学 生 は 特 定 の メ ー ル ア ド
レ ス に ブ ロ グ の 内 容 を 送 信 す る だ け で 、
自 分 の ブ ロ グ に 投 稿 で き る 。 メ ー ル 送 信
だ け な ら 2007 年 の 時 点 で は 学 生 の 全 員 が 身
に つ け て い る リ テ ラ シ ー と い う 前 提 で 授
業 を 行 っ て も 、 問 題 と は な ら な い だ ろ う 。

2.4. 自 己 成 長 ツ ー ル と し て の ブ ロ グ
  質 の 高 い 授 業 を 目 指 す 日 本 語 教 師 に と
っ て 、 ブ ロ グ と は も っ と 深 い 意 味 を 持 つ 。
と い う の も 「 知 的 生 産 性 の ツ ー ル と し て
の ブ ロ グ 」 と い う ネ ッ ト 上 の 文 章 に も あ
る と お り、 「 ブ ロ グ を 書 く と い う 行 為 は
恐 ろ し い 勢 い で 本 人 を 成 長 さ せ る 」 の で
25
あ る 。 筆 者 自 身 の 経 験 で も 、 ア ク セ ス の
集 め ら れ る 情 報 を 発 信 し 続 け る こ と は 、
生 活 の 中 の 意 味 の あ る 情 報 に 対 し て 感 度
を 上 げ る こ と に な る と 言 え る 。 ま た 、 そ
れ ら の 情 報 に 対 し て 簡 単 な が ら も 考 察 を
与 え る よ う に な る 。 た と え ば 、 何 ら か の
新 し い 製 品 が 新 発 売 さ れ た と き に 「 こ れ
24
 従来の書き込み回覧作文では、自分より先に書かれたコメントしか読むこと
ができない。
25
http://www.fladdict.net/blog-jp/archives/2005/04/post_48.php

19
は 日 本 語 教 育 で ど の よ う に 応 用 で き る か 」
と 反 射 的 に 考 え る よ う に な り 、 そ れ ら を
ま と め て 記 事 に す る と き に 、 そ の 実 現 可
能 性 、 メ リ ッ ト 、 デ メ リ ッ ト な ど に つ い
て 考 察 を 迫 ら れ る こ と に な る 。 ま た 前 述
し た よ う に 、 読 者 か ら 有 意 義 な フ ィ ー ド
バ ッ ク を 得 る こ と も あ る し 、 質 問 さ れ る
こ と に よ っ て よ り 深 く 考 察 す る 機 会 に も
な る 。 こ う し た こ と は ブ ロ グ 以 外 で は 論
文 を 発 表 し 続 け る こ と に よ っ て も 得 ら れ
る だ ろ う が 、 ブ ロ グ で は そ れ が 日 常 的 に
可 能 な の で あ る 。 ま た 、 情 報 の 発 信 量 も
既 存 の メ デ ィ ア と は 比 較 に な ら な い 。 た
と え ば 筆 者 の よ う な ブ ロ グ で も 開 設 半 年
も 立 た ず に 1 か 月 に 一 万 以 上 の ペ ー ジ ビ ュ
ー を 得 る 結 果 に な っ た が 、 年 間 12 万 部 も
発 行 さ れ る 論 文 集 に 掲 載 し て も ら う こ と
は そ れ ほ ど 簡 単 で は な い 。 た と え ば 日 本
語 教 育 学 会 の 会 員 数 が 2001 年 で 4246 人 で あ
26
る こ と を 考 え る と 、 有 意 義 な フ ィ ー ド バ
ッ ク に よ っ て 自 己 成 長 を 遂 げ る に は ブ ロ
グ に よ る 情 報 開 示 の ほ う が 有 益 で あ る と
い え よ う 。
  こ う い っ た ブ ロ グ を 書 き 続 け る こ と は 、
労 働 力 の 流 動 的 な 日 本 語 教 育 界 で は 自 己
に 対 す る 信 頼 を 高 め る 上 で も 有 効 だ と 考
え る 。 例 え ば 前 述 の 小 飼 弾 氏 に よ れ ば 、
日 本 語 教 師 と 同 じ よ う に 流 動 的 な 労 働 市
場 で あ る プ ロ グ ラ マ ー の 世 界 で は 、 履 歴
書 で 読 ま れ る の は た だ 一 つ 、 ブ ロ グ の URL

26
 それ以降は公表されていない。

20
27
だ け で あ る と の こ と で あ る 。 つ ま り 、 履
歴 書 に 書 い て あ る 職 歴 な ど よ り も 、 ど の
よ う に 情 報 発 信 で き て い る か の 方 が 重 要
な の で あ る 。 こ れ は 採 用 側 だ け で な く 、
労 働 力 の 売 り 手 側 に も 大 き な メ リ ッ ト で 、
前 述 の fladdict.net の 「 知 的 生 産 性 の ツ ー ル と
し て の ブ ロ グ 」 で は 以 下 の よ う に 述 べ て
い る 。
「 ( ブ ロ グ と は ) ポ ー ト フ ォ リ オ で
あ り 、 面 接 で あ り 、 己 の 能 力 と 生 き
様 が そ の ま ま プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン の
装 置 と し て 機 能 す る 。 ( 中 略 ) そ れ
だ け の も の を 、 金 も 人 脈 も 後 ろ 盾 の
な い 人 間 が 手 に 入 れ る 唯 一 の 手 段 が
情 報 開 示 な の だ 」
  筆 者 自 身 も 、 最 近 は 海 外 か ら 来 た 初 対
面 の 日 本 語 教 師 に も 「 ブ ロ グ 読 ん で い ま
す よ 」 と 言 わ れ る こ と が あ る 。 逆 に 、 筆
者 が 読 ん で い る 日 本 語 関 連 の ブ ロ グ の 書
き 手 の 中 に も 、 会 っ た こ と は な い が 一 緒
28
に 仕 事 を し て み た い と 思 う こ と も あ る 。

27
小飼弾「今やプロ^2 グラマーをリクルートする側は、ちゃんと応募者の blog
を見ている。blog か、少なくとも作品としての Web サイトがないと、相手にすら
してもらえない。極論してしまえば、履歴書でまともに目を通すのは blog の
URL だ け だ っ た り す る 。 そ ん な 時 代 に 、 す で に な っ て い る の で あ る。 」
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50767723.html
28
たとえば「もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習」
http://nihon.at.webry.info/のヒロシさんなど

21
3.0   展 望

  本 稿 で は wiki と ブ ロ グ の 二 つ の み を 扱 っ

た が 、 web2.0 と は も っ と 広 い 概 念 を 意 味 す
る キ ー ワ ー ド で あ る 。 次 号 に 寄 稿 す る 機
会 が あ れ ば 、 マ ッ シ ュ ア ッ プ や ロ ン グ テ
ー ル 、 フ ォ ー ク ソ ノ ミ ー な ど と い っ た キ
ー ワ ー ド が 日 本 語 教 育 と ど の よ う に 関 わ
っ て く る の か 論 じ て み た い 。
  な お 、 こ の よ う な 論 文 誌 を 読 ま れ る 方
に は、 「 こ れ な ら 自 分 は 他 の 人 よ り 物 知
り か も し れ な い 」 と い う 分 野 が 一 つ や 二
つ は あ る の で は な い だ ろ う か 。 筆 者 も 、
た と え ば モ ン ゴ ル の 日 本 語 教 育 に 関 し て
は ほ と ん ど の 日 本 人 よ り 多 く の 知 識 を も
っ て い る と 自 負 し て い る 。 し か し 、 そ う
い っ た 知 識 が ま だ ま だ 人 類 全 体 で 共 有 で
き て い る と は 思 え な い 。 Wiki で も ブ ロ グ で
も 何 で も い い の で 、 と に か く そ の 専 門 知
識 を 人 類 に 向 か っ て 発 信 し て ほ し い と 筆
者 は 願 っ て い る 。 梅 田 望 夫 が 言 っ て い る
よ う に 、 Web2.0 の 時 代 に お い て は、 「 あ な
た が 発 信 し た 情 報 は そ れ を 必 要 と し て い
る 誰 か に き っ と 届 く は ず 」 な の だ か ら 。
( 国 際 交 流 基 金 日 本 語 国 際 セ ン タ ー 客 員
講 師 )

参 考 文 献

梅 田 望 夫 (2006) 『 ウ ェ ブ 進 化 論 本 当 の 大

変 化 は こ れ か ら 始 ま る 』 ち く ま 書 房

22
FPN(2005) 『アルファブロガー 11 人 の 人 気 ブ ロ ガ ー が

語 る 成 功 す る ウ ェ ブ ロ グ の 秘 訣 と イ ン タ
ー ネ ッ ト の こ れ か ら 』 翔 泳 社

橋 本 大 也 ・ 編 著 (2006) 『 Web 2.0 ツ ー ル の つ か

い か た   ま だ 、 Google だ け で す か ? 』 技 術
評 論 社

ト ー マ ス ・ フ リ ー ド マ ン (2006) 『 フ ラ ッ ト

化 す る 世 界 』 日 本 経 済 新 聞 社

テ ィ ム ・ オ ラ イ リ ー 『 Web 2.0 : 次 世 代 ソ フ

ト ウ ェ ア の デ ザ イ ン パ タ ー ン と ビ ジ ネ ス
モ デ ル 』 http://japan.cnet.com/column/web20/

David Sifry 『 The State of the Live Web, April

2007 』 http://www.sifry.com/alerts/archives/000493.html

23