おおみそか

ほうえい

じ ど う

 毎年大晦日になると、テレビのニュースでナマハゲの映像が放映され、決まって「児童
ぎゃくたい

虐 待だ!」と批判する人が出てきます。しかし、これは決して児童虐待などではなく、むしろ
でんとう

教育的な効果のある行事です。私はこの 伝統に対する多くの誤解を解きたいと思っていま
す。
 もっとも大きな誤解は、
「ナマハゲは勝手に家に入ってくる」というものです。しかし本 当
は、行くか行かないかをそれぞれの家に前もって質問しておいて、来てほしいという家にだ
しか

け行っているのです。その家の子供のどんな点を叱ってほしいかも質問しています。
 また、父親がナマハゲから子供を守る行事なのだということも理解されていません。テレ
さけ

ビでは子供が連れて行かれそうになって泣き 叫ぶところだけ放映されることが多いですが、

本当はその後、子供の父親がナマハゲを引き留めて子供を返してもらうのです。つまり、ナ
マハゲは児童虐待の正反対で、家族の大切さを教える行事なのです。
こわ

ぼうりょく

 子供を怖がらせるのがよくないという批判もありますが、ナマハゲは 暴 力をふるうこと
たいばつ

かか

はありません。体罰ではないのです。大きな声を出したり、子供を抱えて外に出ようしたり
しつけ

はしますが、一年に一度だけこの程度の 躾 をするのは、今の荒れた社会には必要なのではな
いでしょうか。同じように子供を怖がらせる例は、英語圏のブギーマン(boogeyman)やス
ペイン語圏のエルクコ(El Cuco)などがあり、どれも伝統的に子供の躾に役立ってきまし
た。 
しょうこ

けいじばん

 この行事が虐待ではない証拠に、インターネットの掲示板などで「児童虐待だ」と言われ
しょうげん

ても、現地の人から「自分はナマハゲがトラウマになった」という 証 言が出たことなどない
ではありませんか。ナマハゲに泣かされた子供たちは、成長してナマハゲを卒業していき、
あいちゃく

ほこ

この伝統行事に 愛 着や誇りを持つようになるのです。外部の人がよく知らないままに批判
するべきではありません。
 いろいろ誤解の多いナマハゲですが、これからもずっと伝統として大切にしてほしいと
思っています。
正誤判定

○=正しい(書いてある) ×=正しくない(そうではないと書いてある) △=書かれ
ていない
ナマハゲは児童虐待である。
実際にナマハゲでトラウマになったという証言がある。
ナマハゲは体罰を与える。
ナマハゲは勝手に家に入ってくる。
家族はナマハゲから子供を守る。
小さい子供は本当に怖がるが、少し大きくなると怖がらなくなる。
ナマハゲは政治的にも問題がある。
ナマハゲに似た伝統は外国にもある。
http://blog.nikkansports.com/general/yoshida/2007/01/post_240.html
http://peque.exblog.jp/5057204
http://plaza.rakuten.co.jp/alpaca/diary/200701060000/

おおみそか

えいぞう

ほうえい

 毎年大晦日になると、テレビのニュースでナマハゲの映像が放映されます。これは秋田県

が はんとう

でんとう ぎょうじ

おに

ほうちょう

男鹿半島の伝統行事で、鬼の面をかぶり、ミノを着て、包 丁を持ったナマハゲが、勝手に家に
おそ

入ってきて、大きな声を出して子供たちを襲うのです。ナマハゲは「泣く子はいないか」
「 親
めんどう

よめ

の面倒を見ない嫁はいないか」などと言うそうです。私はこんな恐ろしい行事がなぜ今でも
行われているのか、理解できません。
ぎゃくたい

じんけん しんがい

 まず第一に、これは 虐 待で、人権侵害です。八歳ぐらいの子供たちは、
「また来た!」と楽 し
さけ

みながら逃げていますが、三歳や四歳ぐらいの子供は本当におびえて泣き叫んでいます。夜
中に怖い夢を見たり引きつけをおこしたりしてしまうのではないでしょうか。いくら親で

も、子供をこんな目に遭わせる権利はありません。
 また、大人になった後にもトラウマになってしまう可能性もあります。一度トラウマがで
えいきょう

きてしまうと、その 影 響はその後もずっと長く続きますから、小さい子供だからと言って泣
かせていいはずがありません。
しょうげん

 「ナマハゲがトラウマになったという人の 証 言がない」と批判する人もいますが、これは
しんこく

何のトラウマも持っていない人の間違った考えです。深刻なトラウマを持っている人は、そ
じはつてき

の原因になった経験について見たり聞いたりするのもイヤなのです。ましてや、 自発的に
「トラウマになりました」なんて証言する人がいなくても、何の不思議もありません。伝統を
こうげき

守りたい人から攻撃されて、さらに傷ついてしまうからです。
ねら

 第三に、政治的な問題もあります。ナマハゲは子供や嫁などの弱い立場の者だけを狙うの
り ふ じ ん

けんりょく

です。どんな理不尽でも 権 力には従うということを教える側面がここにあることに、私たち
は注意しなければなりません。言うまでもなく、これは自由で民主的な社会を建設するには
適切ではありません。
かか

 このように多くの問題を抱えているのですから、たとえ伝統的な行事であっても、ナマハ

かんこう し せ つ

ゲを見せる場所は観光施設や神社などに限るべきだと私は思います。

正誤判定
○=正しい(書いてある) ×=正しくない(そうではないと書いてある) 
△=書かれていない
ナマハゲは児童虐待である。
実際にナマハゲでトラウマになったという証言がある。
ナマハゲは体罰を与える。
ナマハゲは勝手に家に入ってくる。
家族はナマハゲから子供を守る。
小さい子供は本当に怖がるが、少し大きくなると怖がらなくなる。
ナマハゲは政治的にも問題がある。
ナマハゲに似た伝統は外国にもある。
参考
http://blog.nikkansports.com/general/yoshida/2007/01/post_240.html
http://peque.exblog.jp/5057204
http://plaza.rakuten.co.jp/alpaca/diary/200701060000/