You are on page 1of 5

沖縄市サッカー場内における土壌等調査について

・句■日日0

沖縄市サッカー場内

(1)日時/平成25年7月2日(火)

午前8時50分頃~午後6時30分頃(途中雨のため中断)

(2)概要

l)ドラム缶

①ドラム缶数→開始前16缶としていたが、破片等の組み合わせや専門家の

指摘により19缶、さらに当日の検体採取時に新たに3本/二三真Z~肌さ

らにその下から4本/票員r響ノが見つかり計26缶確認。

②検体採取数→22検体(19缶十3缶。後の4本は埋設養生)

③留意点→(a)内容物採取の際、飛散防止のためテント内での作業となったが、

透明性を高めるため透明シートで囲み、作業風景が外からも確認できる

ようにした/写真5.肌

(b)新たに見つかった3缶のうち、初めて白いラインの入った缶が見つかった。

(新聞記事には枯葉剤の可能性は高くないとの専門家コメントあり/5Fノ)

(c)掘削範囲内に新たに7本のドラム缶の存在が確認され、うち3本は回収し

検体採取した。しかし、残る4本は位置が既存スタンド及び舗装等に影響

を与える可能性があること、内容物が特定できていないため仮に有害物質

であった場合、汚染の拡散が懸念されるため埋設養生とした。

2)土壌

ドラム缶発見場所から1検体/二三頁肌ドラム缶発見時に掘削された残士か

ら1検体/票真以サッカー場内からl検体の計3検体採取

3)水質

新たに発見されたドラム缶周辺に液体(水等)の溜まりが発見/享真〃さ

れたことから、ただちに水質の追加検査を行なう必要があると判断し、l検体

採取/写真I肌

2.北谷町桑江地区

(1)日時/平成25年7月4日(木)

午前8時30分頃~午後5時30分頃(撤収7時30分)

(2)概要

本市サッカー場の表土部分、約2,000㎡、約2,800tを北谷町桑江伊平地区の

造成地に搬出している土壌の調査/票真〃人

当初は5ポイントから土壌を採取し混合して1検体を予定していたが、北谷町

の要請により、搬入範囲(約3,000㎡)を2か所に分け、各5ポイントから土壌

を採取し混合して2検体採取した。

3.その他

ダイオキシン類の分析は県内で出来ないため、元請会社「南西環境研究所」から

広島県の「中外テクノス」へ送付。7月5日(金)サンプル到着を確認/写真Z〃

西

爵§

写真1(新たに見つかった3本のドラム缶掘り出し)

写真3(残る2缶の取り出し)

写真4(3缶取り出し後、さらに4缶発見)

蔚需〆

′;;

1唱】3苓房■439:‐塾》》酎噛い●恥

811狽〆

空二一二

一命

且、

△卓今生

写真5(透明シートで覆ったテント内でドラム缶の内容物採取)

Pjg

ロ[

 

r一

-…=‘…蕊;

E‐

Tすき

。D杏む

辱陣翁

= 口

F ー

■■

写真7(ドラム缶発見場所からの検体採取)

写真6(透明シートで覆ったテント内でドラム缶の内容物採取)

写真8(残土からの検体採取)

嘩遣

華i皇

亀.

、P.”熱

写真9(1本取り出し後、溜まり水見つかる)

= =

率←一一一

.字

一一

rー

マ レ

鱈-.

i毒笥

マア宗■

塞馬電雰

『。

==Q

累四一

写真11(北谷町伊平地区での土壌調査のための検体採取)

写真10(水質検査のため溜まり水の検休採取)

鉦j:…圃厚r,瞳隠睡旧I旬

写真12(中外テクリスヘ検体到着)

第3種郵便物認可

王涛E

新たに発見されと白い帯模様カヤ入ったドラム

f蚕。右側にはたまった液体が見られる=2

日、沖縄市諸厚包里

防謹マスクや防謹月艮に身を包み、ドラム任テカ、

ら検体を採取する土壌調査専門業害の閏1系者

ら=2日、沖縄市諸勇,里

査躯蝶削鱈脆弱肺調一難瀧伽吹刷順盤鴻一紐舗駈漂誌睦祁錨

調

は同日、土壌調査に着手。新たなドラム缶の発見を受け、国と市は「徹底した調

色の帯模様や雨ダウ社の社名のある計7本の新たなドラム缶を発見した。国と市

発見された問題で、沖縄防衛局と沖握巾は2日、同サッカー場の敷地内から、白

【沖縄】ベトナム戦時の枯れ葉剤製造最大手企業の1ダウ・ケミカル社」の社

防衛局と市全面調査検討も

戸畑回附心邪『#r|超Z、駒鞭

勝フム釦へまた

ユヘ

A胆

内 罫

山田

守、印、.イ9rP

咽q宮口邪曲Ⅱ

01

沖縄市サッカー場

還対策課長は「県、市と調

沖縄防衛局の三沢大輔返

掛かる見通し。

調査結果判明に1カ月程度

も回収して分析調査する。

新たな現場の地面から液体

ら、それぞれ検体を確保。

せ、計〃本のドラム缶か

たに回収した3本と合わ

は四本と判明。国と市は新

に発見されたドラム缶の数

2日の調査で、1日まで

危険があることから埋め直

本はアスファルトで整備さ

国と市は、発見した7本

い」と指摘する。

家は「現段階で特定は難し

る。枯れ葉剤に詳しい専門

白帯があるという特徴があ

ント。ホワイト』は容器に

枯れ葉剤の一種で、発が

れる。特に異臭を発してな

訓署(約114脚)とみら

状態で見つかった。容量は

び、一部腐食してつぶれた

れ葉剤は缶の亘冗中にオレ

枯れ葉剤と特定できない

を求めた。

跡地全域での徹底した調査

能性に言及し、米軍の返還

ドラム缶が埋まっている可

た。一方、有害物質を含む

階で枯れ葉剤であるのか判

学物質と思われるが、現段

さんは2日、「何らかの化

ジャーナリストの中村梧郎

・環境被害を報道している

米軍の枯れ葉剤による人体

中から発見された問題で、

缶が沖握巾サッカー場の地

ト」の特徴を有するドラム

「エージェント・ホワイ

【沖縄》枯れ葉剤の一種

ジャーナリストの中村さん

断定できない

枯れ葉剤とは

が見られた。

を身にまとって作業する姿

らが、防護マスクや防護服

が見守る中、調査専門業者

沖縄市、市議会の関係者ら

調査では、沖縄防衛局や

に取り組む考えを示した。

い」と述べ、徹底した調査

籾2蝿uW7A畑(うW

弦岬頚奪

えた。

調

た調査をするべきだ」と述

存施設を壊してでも徹底し

ため、観客席や駐車場の既

「市民の生命、財産を守る

性はかなり高い」と指摘。

容器や中身を這棄した可能

害な化学物質を入れていた

缶の発見により「米軍が有

だが、米軍嘉手納基地の

くないとした。

ら、枯れ葉剤の可能性は高

回発見されたドラム缶は缶

を帯状に塗る」と説明。今