韓国文化へのガイド

2009年版
著作権 ⓒ 1995
出版 大韓民国文化体育観光部海外文化弘報院
大韓民国ソウル市鐘路区孝子路15
電   話:82-2-398-1914 20
ファックス:82-2-398-1882
この本に対する著作権は文化体育観光部にあります。
印刷 ソウル
ISBN 978-89-7375-048-1 03910
發刊登錄番号 11-1371030-000020-14
大韓民国に関する詳しい情報をお知りになりたい方は、
下記のアドレスまでにアクセス願います。
www.korea.net

韓国文化へのガイド

海外文化弘報院
文化体育観光部

目次
1章 韓国のユネスコ世界文化遺産
2章 韓国の文化と習慣
()

_ ハングル(韓国固有の文字)

))

_ 印刷遺産

*)

_ 仏国寺と石窟庵

+)

_ 祭礼楽(宗廟祭礼儀式の音楽)

,+

_ 伝統楽器

--

_ タル(仮面) とタルチュム(仮面劇)

.-

_ キムチとブルコギ(韓国のヘルシーな代表料理)

&&%

_ 高麗人参

&'%

_ 韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)

&(%

_ 装身具

&)'

_ 刺繍

&*+

_ 庭園

&+-

_ 丹青(タンチョン、たんせい)

&-%

_ 伝統模様

&.%

_ 民画

'%'

_ 紙工芸

'&'

_ 韓国の歳時記

'')

_ 通過儀礼

'(%

_ 韓国のシャーマニズム

'(-

_ テコンドー

')-

_ シルム(韓国の伝統レスリング)

韓国の
ユネスコ
世界文化遺産

I

石窟庵(ソックルアム)
石窟庵は白い花崗岩で人工的に作られた石窟寺院の一つで、
壁には38体もの仏像が奉納されています。この寺院は8世紀
半ばの新羅時代に創建されたもので、宗教と芸術のほかに建
築学、数学、幾何学、物理の知識が絶妙に融合しています。

仏国寺の入口

仏国寺(ブルグクサ)
慶州(キョンジュ)の仏国寺は774年の新羅時代に立てられました。
仏国寺の建築構造は後に寺院建設の基準になりました。
寺院には釋迦塔(ソッカタプ)、多宝塔(タボタプ)をはじめ、多くの国宝があります。

多宝塔(左) と釋迦塔(右)

宗廟
宗廟は朝鮮建国3年後の1395年に建てられました。
ここには歴代の王と王妃の位牌が祭られています。

宗廟祭礼楽
宗廟祭礼楽は宗廟祭礼の儀式の際に奏でられる音楽と儀式のことです。
ユネスコの「人類の口承および無形遺産の傑作」に登録されました。
毎年5月の最初の日曜日に催されます。

海印寺(ヘインサ) 蔵経板殿
海印寺の大蔵経板殿には11世紀初めの高麗時代に制作された高麗大蔵経の木版
が収蔵されています。

高麗大蔵経
高麗大蔵経は現存する最古の仏教経典で、最も
広範囲に編纂されたものです。11世紀初めの高
麗時代に8万1258個の木版に作成されました。こ
の高麗大蔵経は印刷術と出版術の発展に大きく
貢献し、金属活字本は西洋より200年も先に開発
されました。

昌徳宮(チャンドックン)
ソウルの五つの古宮の一つ。対称形や直線的な建築配置ではなく、
周囲の地形に沿って設計されました。自然環境にしっくり溶け合う
ように配置された池や楼閣、約300年樹齢の古木で造成された庭園
は韓国の代表的な庭園です。

華城(ファソン)の城砦
華城城郭の要塞は1796年に水原
(スウォン、ソウルの南に位置
www)に34ヶ月間にわたって建て
られました。この要塞の建築に
は当時の最新建築技術と先進の
防衛軍術が取り入れられまし
た。城郭は山の多い地形に沿っ
て都を包むように平地を横切っ
て建てられ、四つの門と指揮
所、物見櫓、狭間、掩壕などが
あります。およそ5713メートル
の城砦が現在も残っています。

慶州の歴史遺跡地と高敞(コ
チャン)、和順(ファスン)、
江華(カンファ)のドルメン
新羅の千年古都だった慶州
は歴史的な遺跡が多いこと
から「壁のない博物館」と呼
ばれています。ドルメン
は、遺体を埋葬する石室や
墓石に使われた巨石の構造
物のことです。高敞、和
順、江華地域の支石墓は先
史時代の遺跡です。

済州(チェジュ)の火山島と溶岩洞窟群
済州島は火山島で、三つの溶岩洞窟群は約1万8846ヘクタールに及びます。目を見張るほど美
しい自然風景は、その成り立ちと特徴によって世界自然遺産リストに登載されました。

パンソリ
パンソリは太鼓のリズムに合わせて、一人の歌い手が物語を唄い語る韓国の
伝統音楽の一ジャンルです。表現力豊かな歌(チャン)、台詞(アニリ)、身振り
(ナルムセ)を特徴とします。パンソリは人々が集まる広場を意味する「パン」
と「歌」を意味する「ソリ」とを合わせた複合語です。公演は長くて8時間も続
くことがあります。また、歌い手は地方の方言に博学な文学表現を組み合わ
せて即席で公演を打つときもあります。パンソリの節や登場人物、背景など
は朝鮮時代に形作られました。

江陵(カンヌン)端午祭り
江原道(カンウォンド)江陵(カンヌン)の端午祭りは韓国で最も大規模な伝統祭
りで、陰暦5月の初めからほぼ4週間にわたって行われます。約1000年間受
け継がれてきた祭りで、一般庶民の生活や暮らしぶりがよく反映されていま
す。また、音楽や踊り、文学、仮面劇や手工芸の芸術的な価値は非常に高い
です。

訓民正音(フンミンジョンウム)

朝鮮王朝実録

訓民正音は朝鮮時代の第4代王の世宗大王(在
位1418∼1450)によって考案され、1446年に
公布された韓国固有の文字です。

朝鮮王朝実録は朝鮮時代の初代太宗の1413年
から王朝最後の1910年まで歴史的事実を編年
体で記録したものです。実録は写本を取り、
市政の記録を受け持つ春秋館や各地の史庫に
保管されてきました。

承政院(スンジョンウォン)日記

直指心体要節

承政院は朝鮮時代の国王の秘書室とも言うべ
き役割を果たしてきた機関で、「承政院日記」
は王室の毎日の出来事や公式行事などを詳細
に記録したものです。1623年3月から1894年6
月まで宮廷の重要な史実や多くの国家機密が
記録されており、現在では3243冊が残ってい
ます。朝鮮王朝の年代記編纂における基本資
料に使われたことから、年代記よりもその歴
史的な価値は高いと言えます。

直指心体要節は白雲和尚(1298∼1374)によっ
て1372年に編纂されたもので、禅の教えの
要点が書かれています。直指心体要節は「直
指人心見性成仏」という言葉から由来してお
り、禅道を通して人の心を正しく見極めた
時、その心は悟りを得るという意味です。本
の最後のページの奥付には1377年に興徳寺
(フンドクサ)で金属活字で印刷されたと記録
されています。これはドイツのグーテンベル
グ聖書が印刷されるより約70年前の、現存す
る世界最古の金属活字本とされています。

儀軌
500年王朝の朝鮮時代(1392∼1910)に国家の主要行事を文
章や絵画で記録したもので、後に参考するために作られま
した。ユネスコの世界記録遺産に登録されています。宮廷
儀式や重要行事について包括的で体系的な文書と絵画を通
じて説明しています。こうした特独なスタイルの記録文化
は類例がありません。

韓国の
文化と習慣
('T韓国文化へのガイド

II
ハングル(韓国固有の文字)
印刷遺産 / 仏国寺と石窟庵
祭礼楽(宗廟儀式の音楽)
伝統楽器 / タル(仮面)とタルチュム(仮面劇)
キムチとプルコギ(韓国のヘルシーな代表料理 )
高麗人参 / 韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)
装身具 / 刺繍
庭園 / 丹青(タンチョン、たんせい)
伝統模様 / 民画
紙工芸 / 韓国の歳時記
通過儀礼 / 韓国のシャーマニズム
テコンドー / シルム(韓国の伝統レスリング)
ハングルT((

()T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

ハングル

Ҷ

Ҷ
Ҷ

ハングル
(韓国固有の文字)
韓民族は「ハングル」というユニークな固有文字を使います。ハ
ングルは世界の言語学者から、文字を最も効率的に活用できる
ようにした科学的で体系的な文字と評され、多くの賞賛を得て
います。
朝鮮時代の第4代世宗大王(在位1418 1450)の下で創製
されたハングルは、1446年に「民を訓える正しい音」という

Ҷ ハングルは15世紀に世宗大
王によって創製された韓国固有
の文字です。
ҶҶLGエレクトロニクスはハン
グルの良さを宣伝するために、
ハングル文字を携帯電話の蓋に
書き込んだモデルを発表しまし
た。

意味の「訓民正音」という名で公布されました。
ハングルの創製を積極的に推し進めた世宗大王は韓国史の中
で最も偉大な統治者として評価されています。性格も善良で、
学問に熱心な勤勉家でした。また、才能のある人材を登用、抜
擢するなど名君の誉れが高い君主でした。
公務についていない時も読書を好み、瞑想を楽しんだそうで
す。正しいと思ったことについては決して後に引かない粘り強
さも持っていました。民衆を愛する気持ちは常に統治理念の要
となりました。民衆の暮らしに関心を見せ、より暮らしやすい
国造りのために民衆の福祉に力を注ぎました。
ハングルT(*

(+T韓国文化へのガイド

世宗大王は学問研究所にあたる「集賢殿」を設けました。有望
な儒学者を採用し活発に議論させ、様々な本を編纂させました。

「訓民正音」を創製した世宗大王
の肖像(左)

当時の民衆は学問を受けられず、読み書きができませんでし
た。まして、自分の考えや気持ちを十分に伝えるには、書き言
葉の漢字では不十分だということに世宗大王は気づき、不憫に
思いました。
識者たちの間では中国の漢字が使われていましたが、外国語
である以上自分の考えや話を完璧に表現することは困難でし
た。民衆は不満があってもそれを届け出ることもできないばか
りか、長年の経験で得た農業の知識や知恵を記録して後世に残
すこともままなりませんでした。
世宗大王はこうした民衆を憐れみました。国家のアイデンテ
ィティーと文化独立を目指す賢明な統治者として、世宗大王は
直ちに解決策を模索しました。だれもが簡単に習えて、使いや
すい韓民族固有の文字を作り出すことにしました。
こうした背景の下で、「訓民正音」が創製されました。その布
告文の序文には次のように述べられています。

世宗大王の治世に本の編集と研
究活動に取り組んだ「集賢殿」の
若い学者たち。

わが国の言葉は中国と違って漢字では互いの
疎通に不便である。こうした理由から愚かなわが
民は言いたいことがあっても書き表せずに終わっ
てしまうことが多い。予はこれを不憫に思い、新
しく28文字を制定した。人々が簡単に学習でき、
また日常使うのに便利になることを願ってのこと
である。」
このように、世宗大王は文化独立と国民福祉に
全身を傾けました。
「訓民正音」は最初の頒布の際には計28文字でし
た。現在ではそのうち24文字が使われています。
初期には、子音「ㄱ, ㄴ, ㅁ, ㅅ,ㅇ」に、母音は
「· ,ㅡ,ㅣ」の三つでした。このように子音と母音を
切り離した理由は子音と母音が結合して一つの音節
を構成するからです。子音と母音の分離はコンピュー
ターのキーボードと電話のタッチパッドにも生か
ハングルT(,

韓国固有の文字、ハングル

−ハングルは10の母音と14の子音から成り立っています。

−初声となる子音は人間の音声器官を象って作られました。

「ㄱ」(ギオク)。
舌根が喉を閉じる形。

「ㄴ」(ニウン)。
舌が上あごにつく形。

「ㅁ」(ミウム)。
唇の形。

それぞれの文字の名は初声、終
声に来たときの音を示します。

「ㅅ」(シオッ)。
歯の形。

(-T韓国文化へのガイド

「ㅇ」(イウン)。
喉の形。

「ㄱ」(ギオク)
구 (gu) 区 (グ)
북 (buk) 北 (ブク)
「ㅇ」(ieung) は初声にきたとき
は無音となります。

され、入力しやくなっています。
訓民正音は基本的に象形文字です。初声の子音は人間の音声
器官に似せて作られました。それぞれの子音は調音の在位置に
基づいて形作られたのです。
「ㄱ」(ギオク):この文字を発音するために舌の一部が奥歯に触
れて、口蓋垂の近くまで曲がります。字の形は、舌根がのどを
閉じる形から作られました。
「ㄴ」(ニウン):この文字を発音するために舌が上あごに付く形
になります。字はこの音を発音する時の舌の形を象っています。
「ㅁ」(ミウム):この文字を発音するために上下の唇を結びま
す。字はこうした唇の形を象っています。
「ㅅ」(シオッ):この文字を発音するために舌端を歯茎近くに
近づけて、その隙間を呼気が通らせるようにします。 字の形は
歯の形に象って作られました。
「ㅇ」(イウン): この文字を発音するために口蓋垂を刺激しま
す。字の形はこうした喉の形を象っています。
下記の9つの加画字は、発音の強さ(激音)に基づいて5つの基
本子音に筆画を加えて作られました。
ㄱ-ㅋ
ㄴ-ㄷ, ㅌ
ㅁ-ㅂ, ㅍ
ㅅ-ㅈ, ㅊ
ㅇ-ㆆ, ㅎ
今では「ㆆ」は使われていません。
一方、母音は天、地、人の形に似せて作られました。「•」は
丸い天を、「ㅡ」の平坦な字形は地を、「ㅣ」は直立した人を象りま
した。そのほかの母音「ㅏ,ㅑ,ㅓ,ㅕ,ㅗ,ㅛ,ㅜ,ㅠ」は、これら三つ
の基本母音字の変形です。
訓民正音の創製は注目に値する成果でした。人間の音声器官
と天・地・人を象って作られた子音と母音は斬新で類例があり
ません。世宗大王と集賢殿の学者らは人間の音声は単なる身体
的な現象以上のもので、万物現象の裏には目に見えない、より
強い絶大な力が働いているとみました。これは陰陽五行説に基
ハングルT(. 

龍飛御天歌
「龍飛御天歌」はハングルで初めて編纂され
た本。李朝鮮王朝の創業を賞賛する内容の
歌で、李王朝を地に深く根付けた木と枯れ
ることのない泉にたとえて歌いました。

洪吉童(ホンギルドン)伝
「洪吉童(ホンギルドン)伝」はハングルで発表さ
れた最初の小説。朝鮮時代の貴族階級であるヤ
ンバン社会の不条理などを辛らつに批判してい
ます。

独立新聞
韓国初の民間新聞である「独立新聞」の第一
版。1896年4月7日に発刊され、ハングルだ
けで書かれた新聞です。

)%T韓国文化へのガイド

)%T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ

づいた考えです。陰陽五行説とは、例えば明暗、天地、男女の
ように「陰」と「陽」の相反するもので存在するという思想と、万物
は「木火土金水」という五つの要素によって成り立っているとした
思想のことです。こうした思想を基に、人間の声音は概念を表

コンピュータのキーボードや電
話のタッチパッドでも、子音と
母音を分離配置し、韓国語の入
力を簡単なものにしています。
上の写真は、デジタル教科書を
試用している小学生たちです。

象する器のようなものだから、こうした陰陽五行説に合致する
ものでなければならないと考えました。
訓民正音では音節構造を三つの部分に分けました。音節初め
の頭子音を表す「初声」、音節の中心部分になる母音の「中声」、音
節末子音を表す「終声」がそれです。終声は別に字母が作られるこ
とはなく初声の子音が繰り返し使われます。これが訓民正音の
創製において世宗大王と集賢殿の学者らが固執した基本的な枠
組みです。前のページの図表でも明らかなように、ハングルは
14の子音と10の母音で多くの音を表記することができます。
こうした科学的な仕組みのために、ハングルは外国語の言葉
ハングルT)&

もほぼ正確に表記することができます。下
記の例のように、むしろその単純さと少な
い文字数のために、ハングルは子供たちや
外国人が学習するのにとても便利です。
ハングルの最大メリットである学習の容
易さは皮肉にも、かつて批判者らにハング
ルを使ってはならない理由に挙げられてい
ました。一部の識者は新しい文字に対して
熱心に反対意見を示しました。時には「アッ
チムグル」、「アムグル(女の文字)」と嘲笑し
ました。
中国語の複雑な表意文字である漢字の学
習に数年も費やしてきた学者たちにとっ
て、ハングルは学習する価値のないものの
ように思われました。一朝にして学習でき
る文字だとして
「アッチムグル」
と見下したの
です。また、勉学したこともなく、勉学し
なければならない理由も持たない女性でも
容易く読み書きできるとして
「アムグル」
とあ
書道で書かれた効率的で美麗な
ハングル文字。

ざ笑いました。朝鮮時代の特権階級は学問
研究の追及と読み書きは自分たちだけの固有の領域だと考えて
いました。
こうした誤解は単なる語学学習をより先進の学問研究だと錯
覚した結果でした。自国の言葉を表す文字を学習しないで、よ
り先進の学問研究はもちろん読み書きも不可能です。読み書き
ができなくては、自分の感情や考えを伝える間接的なコミュニ
ケーションをとることができません。世宗大王がハングルを導
入したのは民衆の暮らしが豊かになることを願ってのことであ
って、決して主体性のない学者を作ることではありませんでし
た。その後、ハングルは韓国文化の根幹となり、国家アイデン
ティティーと自主性維持の一助となりました。韓国では文盲は
実質的に存在しません。これはハングルの学習の容易さを証明
する一例です。1、2時間の強化学習の後、ハングルの実用的

)'T韓国文化へのガイド

な知識を身につけたということもまれではありません。さら
に、科学的な文字体系のために、ハングルは機械化が進みまし
た。多くの人々が自分たちの暮らしにコンピューターを難なく
受け入れられるのは、ハングルで書かれた膨大なプログラムの

国際的ファッションショーの
「プルミエール・クラス」と
「Who s Next」で賞賛されたイ・
サンボン(韓国のデザイナー)氏の
ハングル・プリントのドレ ス。

おかげです。

ハングルT)(

印刷遺産

))T<j^YZid@dgZVc
韓国文化へのガイド

Ҷ

ҶҶ

印刷遺産
世界の文化歴史において、韓民族は印刷の面ですばらしい伝
統を作り上げました。8世紀に木版印刷が行われ、金属活字本

復元された高麗時代
(918 1392)の金属活字

はドイツのグーテンベルグ聖書よりも200年も先に世界で初めて
開発されました。
文字の発明以降、人間はコミュニケーションをし、記録を残
すために様々なシンボルとサインを用いるようになりました。
蔚山(ウルサン)のチョンジョンリにある岩刻画のように、韓民族
の祖先たちは岩の表面にシンボルや絵を刻みました。文字の発
明によって筆記は間接コミュニケーションの効率化を高めまし
た。岩面や金属に彫られたものは数千年の侵食にも耐えること
ができ、次世代への教育のために拓本が刷られてきました。
古代三国時代の372年に韓半島に仏教が伝えられてからは、
岩刻や金属版の写本は仏教経典の教えを伝えるために広く使わ
れました。仏教伝道への熱意は韓紙と墨の生産増大につながり
ました。このように三国時代初期に、韓民族は日本に韓紙や墨
の製造など先進知識を伝えました。また、中国にもこれらの製
品を輸出し、後には韓国の王朝の流れにしたがって新羅紙、高
麗紙、韓紙の名で知られるようになりました。要するに、三国
印刷遺産T)*

時代には仏教伝道が刺激となって

慶州仏国寺の釈迦塔から発見さ
れた「無垢淨光大陀羅尼經」。
世界最古の印刷物。

必然的に韓紙、墨の発達を促し、それ
によって仏教は三国時代に根を下ろすようにな
ったのです。
歴史によると、木版印刷は8世紀の初めに行われました。慶
州(キョンジュ)の仏国寺(ブルグクサ)から木版印刷した経典が発
見されました。その経典が「無垢淨光大陀羅尼経」です。これは
704年ごろ弥陀山(ミダサン)という僧によって漢文に訳したもの
と推測されています。この経典は706年に新羅に伝えられ、皇福
寺(ファンボクサ)の石塔に奉安されたと記録されています。ま
た、この経典に刺激を受けて、日本に多くの塔が建てられるよ
うになりました。経典が発見された仏国寺(ブルグクサ)は751年

)+T韓国文化へのガイド

に建立されたので、すくなくとも経典はそれ以前に印刷された
ものと考えられています。その木版本は韓国の木版印刷初期の
特徴を現しており、当時の韓民族の文化的成果が非常に高い水
準に達していたことを証明しています。この木版本は世界最古
のものとされています。
一方、新羅の大学者崔致遠(チェ・チウォン、857 )は、新羅
の詩集が印刷されて中国唐に送られたと記録しています。この
ことから新羅時代には印刷本が広く普及されたことがわかりま
す。高麗時代(918 1392)にはさらに印刷術が発達しました。仏
教を国教にしてからは多くの仏教寺院が建立され、仏教の教え
を広める方法として印刷が多くなされました。高麗時代のもの
で最も古いものは1007年に摠持寺(チョンジサ)で印刷された「宝
篋印陀羅尼経」で、高麗の非常に洗練された木版印刷術を例証す
るものとされています。
高麗の第8代王顯宗(在位1009 1031)の治世に「初雕大蔵経」
が版刻されました。のちに経典の注書や研究を集大成した「続蔵
経」が編纂されました。両方とも1232年のモンゴル侵入の際に焼
失しました。長引く戦争による困難の中、国王はモンゴルの侵略
から仏力で国を守護しようと経典の再編纂を命じ、その結果、

Ҷ慶尚南道陜川(キョンサン
ナムド・ハプチョン)の伽倻
山(カヤサン)に位置する海
印寺(ヘインサ)。
Ҷ
Ҷ 海印寺の境内に続く入
り口。

Ҷ
Ҷ

Ҷ

印刷遺産T),

)-T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

1236年から1251年にかけて、現在慶南陜川(キョンナム・ハプ

世界で最も古い伝統印刷文化を

チョン)の海印寺(ヘインサ)に収蔵されている「高麗大蔵経」が編

有する韓国の高麗大蔵経。
1236年から1251年にかけて

纂されました。高麗大蔵経は現存する最古の大蔵経であり、数

作成され、海印寺の蔵経板殿に
収蔵されている。(左)

回にわたる校勘の過程を経て編纂された、最も正確で包括的な
経版と評されています。また、中国や日本で仏教研究の参照資
料として使われています。
高麗時代には経典、詩集、随筆などが濫造され、多くの寺院
で印刷されました。有名な学者が書いた儒学、医術書、史書、
詩集や随筆を印刷するために木版に版刻されました。
高麗時代の印刷術は金属活字で有名です。質の高い印刷材を
求める声が高まるにつれ、木版だけでは到底対応しきれなくな
りました。革新的な人物によって金属活字が発明され、こうし
た障害は克服されました。この金属活字がいつ発明されたかは
定かではありません。11世紀だと主張する学者もいれば、12世
紀だとする意見もあります。1239年に木版本について書いた書
物では、1232年以前に金属活字本があったことを指摘しまし
た。 さらに、高麗の文官李奎報(イ・ギュボ、1168 1241)は代
表作である「東国李相国集」で古今の礼法に関する文をまとめた
「詳定禮文」を金属活字で25部印刷したと記録しています。
高麗時代に刊行された金属活字本として唯一現存しているも
のは「白雲和尙抄綠佛祖直指心体要節」、短く「直指」と呼ばれる
本です。「直指」は1377年に清州興徳寺(チョンジュ・フンドクサ)

「東國李相國集」の中で著者は、高麗時代にすでに
金属活字の印刷が行われたと記しています。

高麗時代に金属活字で
印刷された「直指心経」

印刷遺産T). 

で刊行されたもので、世界最古の金属活字本として現在その一
部がフランスのパリ国立図書館に収蔵されています。これは地
方の寺院でも金属活字で印刷するほど当時の印刷術が高い水準
であったこと、非常に広く普及していたことを証明するもので
す。「高麗史」によると、1392年に高麗最後の王・恭讓王は「書籍
院」を設け、金属活字印刷を司るようにしたとしています。
朝鮮時代(1392 1910)に入って、金属版、木版、さらに陶磁
の活字版が印刷に使われました。金属版は銅、亜鉛、鉄などの
金属を混合し鋳造したもので、「鑄字」と呼ばれました。朝鮮王
朝の創設者・太祖は「書籍院」を維持させました。第3代太宗治
世の1403年には「鋳字所」を設けて「癸未字」と呼ばれる青銅活字
を鋳造し、印刷しました。主に政府に必要とされる書籍や文書
などが印刷され、中央や地方の官庁、儒学者や官吏に配布され
ました。金属活字の印刷はまだ限られており、木版印刷が盛ん
になされました。
「鑄字所」で鋳造された最初の金属活字は製造年に因んで名づ
けられた「癸未字」です。1420年にはさらに精錬された「庚子字」
が作られました。三番目に鋳造された「甲寅字」は1434年に製造
されました。朝鮮の第4代世宗大王が天文機器を製作した科学
技術者らに命じて作らせたものだけに以前と比べて一段と精巧
なものでした。一日に印刷できる印刷量も「庚子字」より2倍も
増えました。韓国の固有文字であるハングルの活字、通称「訓民
正音字」を作りました。印刷本で見られる漢字とハングルの調和
はこれまでの金属活字本の中でも格別でした。「甲寅字」は金属
活字の中でも長く使われ、多くの書籍を刊行しました。また、
鋳造されてから朝鮮時代末期まで6度も改造されました。1436
年に作られた「丙辰字」は世界初の鉛活字です。その後、多くの
活字が様々な書体に基づいて開発されました。しかし、16世紀
末の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際に破壊、略奪されました。日
本軍は多くの陶磁器職人と鋳造技術者を連れ去りました。これ
は後に、日本に印刷文化を開花させる種となりました。破壊的
な戦乱の中で、活字を鋳造する原料を確保することは困難でし
た。しかし、それでも訓錬都監(首都の守備と軍兵の養成にあた

*%T韓国文化へのガイド

朝鮮時代に使われた様々な金属活字本

1403年に製造された朝鮮王朝初

1420年に「癸未字」の欠陥を

の「癸未字」本。

補完して作られた「庚子字」。

1434年に鋳造された「甲寅字」。
韓国最高の金属活字の一つ(左)。
1516年の「丙子字」(右)。

った機関)では木版活字を使って印刷をし、それを売って、戦乱 

直後の混乱と物資不足による経費の足しに使いました。この木
版活字が「訓錬都監字」で、金属活字が再製造されるまで使用さ
れました。第15代光海君(在位1608 1623)時代には新たに金属
活字の鋳造印刷機関として鑄字都監を設置し、1618年に「戊午
字」を作り上げました。続いて、「顯宗実録」に使われた「顯宗実
録字」が開発されました。
要するに、朝鮮時代にはおよそ40の金属活字が中央政権によ
って作られました。それら活字は主に鋳造された年、製造機関
もしくは活字体の基本となった人物に因んで名付けられまし
た。言うまでもなく、地方官庁や寺院、郷校(ヒャンギョ、朝鮮
時代の地方教育機関)でも活発に印刷が行われました。地方では
主に木刻活字や木版が使用されました。
金属活字と印刷術は朝鮮時代に全盛期を迎えました。しか
し、高麗時代から受け継がれてきた木版印刷もまた引き続き行
われました。朝鮮時代初盤は反仏教政策にもかかわらず貴族階
級の間では仏教の経典が印刷し続けられました。第7代世祖(在
位1455 1468)の時代には仏教の経典を翻訳し刊行する「刊経都
監」(1461年)を設けました。王室の擁護を受けたおかげで版本に
は優美な彫刻が施されました。
しかし、朝鮮時代に最も多くの木版印刷を行ったのは地方官
印刷遺産T*&

金属活字の製造

5

1

2

3

4

1

活字体の選択

4

活字の完成

2

みつろう字の製造

5

3

溶いた金属を注ぐ

直指心経に使われた活字を再製造してい
るところ

*'T韓国文化へのガイド

庁、寺院、郷校でした。人的資源と物資を備えていた寺
院では経典の刊行が活発に行われました。つまり、寺院
の職工たちは当時の木版印刷の技術者だったのです。
木版印刷は朝鮮時代に入って広く普及されました。発
行部数の制限もなく、木版も維持するのに簡単でした。
しかし、歳月がたつにつれて、質は落ち、活字も粗悪な
ものになっていきました。
古代の書籍には誤植・脱字がほとんど見られないとい
う点は注目に値します。しかし、これはこうした間違い
を許さなかったシステムがあったためで、驚くに値しま
せん。経国大典(朝鮮時代の基本法典)とそのほかの歴史的
な記録に示されているように、関係職工への懲罰は厳し
いものでした。例えば、全冊の中でミスが一つあると最
高監督者から最下の職工まで誰であれ鞭打ち30回に処さ
れました。ミスが5つ以上あった場合は解雇されました。

経国大典(朝鮮時代の基本法典)

印刷文化において、朝鮮時代は独特で豊かな伝統を発展させ
ました。500年間にわたって、宮廷は金属活字の製造を率先して
きました。また地方官庁は木版印刷の伝統を維持してきまし
た。そして、当代の傑作が見事な活字本で印刷されました。世
界史を通して、これに相当する類例をさがすことは困難です。
しかし、世界初の金属活字使用を掲げた名声にもかかわらず、
今日では印刷出版に関するかぎり韓国は純輸入国となっていま
す。こうした現状を踏まえて、過去の栄光を復活させようとす
る認識が高まっています。

印刷遺産T*(

仏国寺と石窟庵

*)T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ
Ҷ

Ҷ

仏国寺と石窟庵
古代新羅王国の首都だった慶州(キョンジュ)の都心から東南方面

Ҷ仏国寺の秋の風景

へおよそ16キロメートル離れたところに仏国寺(ブルグクサ)があ

ҶҶ 多様な形と大きさの花崗岩

ります。仏国寺は韓国で最も美しい寺院の一つです。築台の上
に建てられた仏国寺は、吐含山(トハムサン)の森がうっそうと茂

の厚板で築造された石窟庵。半
球状の天井は蓮模様が刻まれた
丸い岩で仕上げをしています。

った山麓の、岩の多い丘にあります。築台で見られる自然と人
工の調和は人工的な構造物が押し付けがましく見えないよう
に、自然環境に溶け込めるようにしようとした、古代の「風水地
理」の哲学に従って建てられました。光と影が交差し、天気が変
わるたびに、仏国寺はその都度多様で美しい風景を見せてくれ
ます。
仏国寺は仏教を公認した新羅の第23代法興王(在位514 540)
の時代に、その王妃が王国の繁栄と平和を祈願するために建て
られた小さな寺院でした。現在のような規模になったのは751年
になってからです。熱心な仏教徒だった宰相の金大成(キム・デ
ソン)は大規模な「仏陀の国である寺」を建て始めました。金大成
はついにその完成を目にすることができませんでしたが、774年
に死亡するまで寺院建立の監督を勤めました。当初、80棟以上
仏国寺と石窟庵T**

の建物から成っていましたが、いまではその10倍の規模
となり、仏力で護国を祈願する新羅仏教の中心地となり
ました。石を積み重ねた築台、階段、境内、石塔などが
この時に建てられました。
寺院の正面には、モルタルを使わずに造られた二つ
の手すりつきの階段が堂々と構えています。寺の正面の
右側にある二段続き階段の下の段は清雲橋で、上の段は
白雲橋です。寺の左側にある階段は下の段が蓮花橋、上
の段が七宝橋と呼ばれています。階段に「橋」と名づけた
のは、現世の娑婆(しゃば)世界から仏陀の「仏の国」に導
仏国寺の全景(上)仏国寺の俯瞰
図(下)

く架け橋という象徴的な意味が込められています。
白雲橋を渡って紫霞門(チャハムン)をくぐり仏の国に入ると
大雄殿(本尊の仏像が祭ってある法堂)に続く中庭に出ます。七宝

*+T韓国文化へのガイド

橋からは安養門を通って極楽殿(極楽に導く阿弥陀仏を本尊とす
る法堂)に続きます。1765年に改築された大雄殿は華やかな丹青
(タンチョン、たんせい)で飾られています。この法堂は釈迦牟尼
(しゃかむに)の像が祭ってあるところで、寺院では最も重要な建
物です。釈迦像の両側には弥勒菩薩(みろくぼさつ)と提和竭羅
(だいわがつら)菩薩が侍っています。仏陀の弟子「摩訶迦葉(まか
かしょう)」と「阿難(あなん、釈迦のいとこ)」も一緒に祭ってあり
ます。弥勒菩薩は釈迦入滅から56億7000万年後の未来の世に仏
となってこの世に降り、衆生を救済するという菩薩のことで
す。提和竭羅菩薩とは釈迦の前世に、未来に悟りを得て釈迦仏
になると予言した仏様で、燃燈仏(ねんとうぶつ)とも呼ばれてい
ます。
建物を華やかに彩色している「丹青」は仏教の極楽を反映して

仏国寺の多宝塔

いるだけでなく、宇宙の調和と統一を現世に持ち込もうとする
人間の試みでもあるのです。角のある龍が大雄殿の屋根の軒か
ら見下ろしています。
韓国で最も美しい塔が、二つもこの大雄殿の中庭にそびえ立
っています。高さ8.2メートルの釈迦塔と高さ10.4メートルの多
宝塔は両方とも751年に建てられました。塔は木造建築の様式を
模倣して、基壇と柱を立て、出入りする門に屋根までのせてい
ます。記録によると、金大成が両親のために作らせたとしてあ
り、釈迦塔が男性的で多宝塔が女性的なのはこうした理由によ
るのかも知れません。多宝塔が非常に装飾的なのに対して、釈
迦塔からは単純さと壮大さを感じることができます。三
層石塔の釈迦塔と多宝塔を東西に並んで建てたのは、
「現世の仏」である釈迦如来が説法を説いてる時に「過去の仏」
である多宝仏が地から湧き出て説法が正しいことを証明したと
いう「法華経」の内容によるものでした。
大雄殿の左側にある極楽殿には阿弥陀仏が祭って
あります。この金銅阿弥陀如来座像は統一新羅時
代の代表的な仏像で、8世紀半ばに造
られたとされています。
 大雄殿の後ろに長さ34.13メー
仏国寺と石窟庵T*,

仏国寺の大雄殿(1765年建立)。
大雄殿の石の基壇は統一新羅時
代のもの。

トルの「無説殿」があります。この建物は寺院の中で最も大きな
建物で、経典を講義する一種の講堂です。言葉で講義をすると
ころを言葉がないという意味の「無説」と名づけたところがユニ
ークです。これは言葉とは真理を伝える手段であって、言葉そ
のものが真理ではないということを意味します。この講堂の左
後ろの「毘盧殿」には毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)が祭ってありま
す。この金銅毘盧遮那仏坐像は8世紀半ばに造られたもので、統
一新羅時代の三大金銅仏の一つです。仏像はそれぞれ異なった
手のジェスチャー(手印)をとっていて、その手印(しゅいん)を見
て仏像を区別するようになっています。手印とは釈迦が悟りを
得た真理や衆生(しゅじょう、命あるすべてのものという意味)の
ために行いたいと思う願いを手の形で表したものです。毘盧殿
の右側に「観音殿」があります。ここには慈悲を象徴する観世音

*-T韓国文化へのガイド

菩薩(かんぜおんぼさつ)が祭ってあります。
 仏国寺の後ろにある山の頂上に石窟庵(ソックルアム)があ

大雄殿に祭ってある釈迦牟尼像、
挟侍仏像と弟子像。

ります。人間が石を積み上げて造った洞穴状の岩屋の寺院はア
ジアで最もすばらしい石窟寺院の一つであるばかりか、韓国随
一の仏像が祭られています。石窟庵は技術力は言うまでもな
く、先進の科学原理、正確な数学計算、建築上の構想がいかに
うまく適用されているかを如実に見せています。これは仏教と
その伝統を直に学ぼうと命を賭して遠いインドへと巡礼した、
韓国初期の仏教僧侶の熱意、勇気と犠牲の証しでもあります。
この種の石窟寺院はインドから始まりました。インドには二
種類の仏教石窟があり、一つはヴィハーラ(僧院)窟という出家し
た僧侶の住む石窟と、もう一つチャイティヤ(祠堂)窟というスト
ゥーパ(卒塔婆)や壁岩の仏像などを礼拝する石窟があります。両
仏国寺と石窟庵T*.

+%T韓国文化へのガイド

方とも岩山にトンネルを掘って造られたり、天然岩に彫刻した

前室から見た主室の様子。

りして造られました。
石窟庵はこのチャイティヤ様式に従っていますが、トンネル
を掘って造られたわけではありません。それはおそらく、韓国
の硬い花崗岩はインドの洞穴寺院に見られるトンネル式や彫刻
式には向いていなかったためでしょう。その代わり、高さ750メ
ートルの山頂に花崗岩の厚板を使って人工的に造りました。金
大成は仏国寺を建設すると同時に石窟庵を造りました。石窟庵
は石仏寺(ソッブルサ)ともいわれ、誠実な仏教徒を仏陀の国に案
内すべく設計されました。石窟庵を訪れた人は誰であれ、涅槃
(ねはん、仏の悟りを得た境地)へ向かう精神的な旅をすることが
できます。
石窟庵は前方後円の形を取っており、長方形の前室と半球状
の天井を載せた円形の主室にわけることができます。長方形の
前室は現世のこの地を、円形の主室は極楽を意味します。主室
に祭られている本尊像は、東海(トンヘ)に昇る太陽の最初の光線

石窟庵本尊仏像(高さ3.5メート
ル)は見事な宗教彫刻の極致を
見せた世界文化遺産です。(左)
仏国寺と石窟庵T+&

石窟庵の前室の壁を飾っている
浮き彫りの神将像。

が眉間にはまっている宝石(白毫:びゃくごう)にあたるように安
置されています。この寺院にはこのほかに、38体の仏像が安置
されています。前室の仁王像や四天王像のように、現世で仏陀
の浄土を思い浮かべられるように、それぞれの仏像や菩薩像を
その機能や階級に合わせて配置しました。仏像の大半は浮き彫
りの彫刻です。
一枚岩の花崗岩に彫刻された、高さ3.5メートルの本尊仏は東
に向けて蓮の台座に足を組んで座っています。そして、すべて
を悟ったような穏やかな表情で目は静かな瞑想にふけっている
ように軽く閉じています。優しげな眉、貴族的な鼻、長い耳と
短い巻き毛の髪など見事に描写しています。手印は降魔(ごうま)
印を示しています。降魔とは釈迦が心の中の煩悩(ぼんのう)に打
ち勝ったことを表現したものです。力と安らかさのイメージは
悟りを得た瞬間の釈迦牟尼を表現しています。本尊に見られる

+'T韓国文化へのガイド

男性的な強さと女性的な美しさの組合せは、仏教彫刻において
古代リアリズムの頂点にあります。多くの美術史の学者たちは
世界で最も完全な仏像の一つと評しました。石窟庵と仏国寺は
1995年12月に海印寺蔵経板殿、宗廟と同じく、ユネスコの世界

石窟庵の主室にある10インチ
大の菩薩像。

文化遺産に登録されました。
ユネスコの世界文化遺産リストは、世界遺産条約締結国にお
いて人類にとってかけがえのない貴重な文化遺産と認められる
文化財を保護・維持する目的で、リストに指定する国際的なプ
ログラムです。世界文化遺産委員会は仏国寺と石窟庵を、人間
の創造的な才能の傑作品であり、文化、社会、科学、技術また
は産業の発展を代表する、最も特徴のある建築様式としてリス
トに登録することを認めました。

仏国寺と石窟庵T+(

+)T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

祭礼楽

Ҷ
Ҷ

Ҷ

祭礼楽
(宗廟祭礼儀式の音楽)
韓国の人々は儒学の教えに従って先祖を敬い、その業績に敬意
を表して祭祀を行ってきました。毎年5月の最初の日曜日に朝
鮮王朝の直系子孫が宗廟で祭祀を執り行っています。宗廟とは

Ҷ宗廟で演奏する韓国の伝統オ
ーケストラ(宗廟)

Ҷ
Ҷ太鼓を打つ楽士

1392年から1910年までの歴代国王と王妃の位牌が祭ってあると
ころです。宗廟祭礼とは宗廟で行われる伝統祭礼儀式のこと
で、宗廟祭礼楽はその宗廟の祭享に演奏される音楽を指しま
す。宗廟祭礼楽は器楽(保太平、定大業)、歌(楽章)、踊り(佾舞)で
構成されています。
礼装した文武百官が列なる中、祭礼服を身につけた初老の男
性が神位の前で祭礼酒をあげます。儀式が厳かに進められてい
る傍らで、音楽に合わせて八人ずつ正方形の形で八列に並んで
「八佾舞(パルイルム)」を踊ります。佾舞(イルム)とは宗廟祭礼の
際に踊る踊りのことで、「佾」は前後左右に並ぶ列を意味しま
す。佾舞には文徳を称える文舞と武徳を称える武舞の二種類が
あります。文舞は「保太平(ボテピョン)」の音楽に合わせて左手に

祭礼楽(宗廟祭礼儀式の音楽)T+*

宗廟祭礼の際に行われる踊りを
佾舞(イルム)と言います。

龠(ヤク。中国の古楽器の一つで3または6孔の竹笛)を、右手に
翟(チョク、木の棒に雉の羽が飾ってある舞具)を持って静かにゆ
ったりと方位を変えながら踊ります。武舞は「定大業(チョンデオ
プ)」の音楽に合わせて、前の四列は木剣を、後ろの四列は木槍を
持って力強く踊ります。
この宗廟祭礼の際に奏でられる音楽を祭礼楽と言います。祭
礼楽で奏でられる楽器は打楽器とメロディーを出す旋律楽器に
分けられます。また、楽器の大半が自然から得た材料で作られ
ました。自然が醸し出す柔らかで温かな音色で厳かに演奏され
ます。
こうした「祭祀」、「祭享」と呼ばれる祭礼儀式は1年に数回行

++T韓国文化へのガイド

われ、今とは違って壮大な行列に始まって一日中続いたそうで
す。伝統的な祭祀は早朝祭需(チェス、供え物のこと)として祭壇
に供えられる食べ物を選ぶことから始まります。全国各地から
取り寄せられた特級の牛、ヤギ、豚と新鮮な果物、穀物などが
供えられます。
今では儀式は朝10時に始まり、以前と比べてだいぶ省略され
た形で行われていますが、朝鮮時代ながらの華麗な祭儀儀式を
経験できるよい機会を提供しています。過去は、国王、文官、
武官、そのほかの貴族たちが、宮廷楽師と踊り子とともに儀式
を執り行いました。 宗廟祭礼には二つの楽団が演奏するように
なっています。正殿の前の階段の上の「上越台(サンウォルデ)」で
演奏する楽団を「登歌(トゥンガ)」といい、階段の下の庭「下越台
(ハウォルデ)」で演奏する楽団を「軒架(ホンガ)」と呼びます。朝鮮
時代には登歌は一人の歌手と36人の楽師で構成され、軒架は72
人で構成されていましたが、今日では両方合わせて計50人で
す。現在全州李氏の大同宗約院が儀式を執り行い、韓国国立国
楽院の楽師と国立国楽高等学校の踊りで儀式が進められていま

Ҷ編鐘(ピョンジョン)を打つ
楽士。

す。式典には中国の雅楽楽器とは違う編鐘(ピョンジョン)、編磬

Ҷ
Ҷ宗廟祭礼楽の登歌

Ҷ

ҶҶ

祭礼楽(宗廟祭礼儀式の音楽)T+,

宗廟で儀式の準備をする官吏たち。

(ピョンキョン)、大小の太鼓とその他の打楽器、絃楽器など韓国
の伝統楽器(国楽器)が使われます。
宗廟祭礼は新羅時代から行われていたと記録されています。
高麗時代の1116年に中国宋から大晟雅楽が伝えられ、宗廟祭礼
の時に演奏され始めました。この雅楽は朝鮮時代初期まで続け
られましたが、1395年に宗廟楽章(宗廟祭礼で唄う歌)を手直し
てからは、今では伝えられていません。
世宗大王は先祖に礼を行う時、生前よく耳にし楽しんだ郷楽
(韓国本来の音楽)を演奏した方が望ましいのではないかと考え、
唐楽(中国の音楽)の代わりに郷楽を演奏したいと思っていまし
た。国王は従来の音楽の編曲と新しい音楽の作曲を命じました
が、唐楽を使うべきだと主張する廷臣の反対にぶつかりまし
た。第7代世祖(在位1455 1468)は、世宗大王が作曲した「保太
平」と「定大業」を手直して、1465年に宗廟儀礼音楽に採択して以

+-T韓国文化へのガイド

降引き続き儀式に使われました。保太平は歴代王の文徳を称え
る音楽で、定大業は武功を称える音楽です。祭礼楽は楽章とい

先祖の魂を慰撫しその功績を記念
するために祭祀を執り行う祭官。

う漢文の歌と一緒に演奏されます。歌の内容は主に朝鮮王朝建
国の先祖と歴代王の政治功績や武勇を褒め称えるものでした。
厳かで、幾分重々しい音楽が流れる中、司祭者は真ちゅう製
の杯にお酒を注いで3回それぞれの神位(在位牌)にささげます。
祭文は最初のお酒を供える時に読まれます。神位の前には祭壇
が置かれ、その上にお酒と食べ物が供えられます。各神位の前
には二つずつ杯が置かれています。第27代王の純宗(在位
1907 1910)の神位の前の祭壇には国王、二人の王妃たちのため
の杯が二つずつ三組準備してあります。神位にお酒を供える
時、最初の杯は国王が、二番目の杯は皇太子が、三番目の杯は
首相が神位にささげました。儀式の終了後、国王は祖先との交
流の行為として王朝の創設者である太祖の祭壇に供えられた杯
祭礼楽(宗廟祭礼儀式の音楽)T+.

,%T韓国文化へのガイド

を飲みほします。宗廟は19の神室(在位牌が祭ってあるところ)を
持つ正殿と16の神室を持つ永寧殿(ヨンニョンジョン)と本館が二

宗廟祭礼は重要な王室行事の一
つでした。(左)

つあります。正殿は宗廟の中心となる建物で、「太廟」とも呼ば
れています。太祖李成桂(イ・ソンゲ)をはじめ、中でも功徳が厚
かった国王たちの神位が祭ってあります。
永寧殿には太祖の四代前の祖先の神位と、正殿に奉安されなか
った国王たちの神位が祭ってあります。一室に一人の国王と王妃の
位牌が祭られます。神室の上にその部屋の主人である国王の名札
がつけられており、位牌の前には小さな祭壇があります。そしてひ
ざを曲げて深くチョル(挨拶)をすることができるスペースがありま
す。神室には位牌のほかに、王の業績と個人の印章、愛読書など国
王に関する内容が書かれた文書もあります。
朝鮮王朝の創設者である太祖、韓国の固有文字ハングルを創
製した世宗、第26代高宗、最後の王の第27代純宗などが正殿に
祭られました。幼少王だった六代の端宗、最後の皇太子であっ
た英王(1970年に死亡)から太祖の父、祖父、曾祖父、高祖父の

宗廟は1995年にユネスコの世

位牌が永寧殿に祭ってあります。宗廟の造営は太祖が開城から

界文化遺産に登録されました。

漢陽に遷都した際に、中国の制度を見習って慶福宮(キョンボッ

宗廟祭礼は年に一度、李氏朝鮮

クン)の東側に宗廟(1395年に完工)を、西側に社稷壇を立てまし

系子孫によって行われます。

王朝(1392 1910)の皇族の直

祭礼楽(宗廟祭礼儀式の音楽)T,&

,'T韓国文化へのガイド

Ҷ
Ҷ

Ҷ

た。社稷壇とは、国王が民のために土神である「社」と穀神であ

Ҷ歴代王と王妃に供えられる酒。

る「稷」に祭祀を行った祭壇のことです。正殿は西側を上座とし

Ҷ
Ҷ儀式を終えた国王。

て第1室に太祖が奉安されており、祭る神位の数が増えるにつ
れて建物を横並びに増築したことから細長い単層の建物となり
ました。その後、第13代明宗治世の1546年まで増築されました
が、1592年の文禄・慶長の役の際に焼失し、光海君の即位年で
ある1608年に再建され今日に至っています。
永寧殿は世宗治世の1421年に建立されましたが、文禄・慶長
の役の際に正殿といっしょに焼失しましたが、1608年に立て直
されました。ここには34の神位が祭られました。建物の構造は
正殿と類似しており、中心棟が左右翼室より高く盛り上がった
形の屋根が特徴です。また、両建物とも伝統的な灰色の煉瓦で
覆われ、円柱型の柱に緩やかに傾斜した屋根と単純で簡素な様
式の建物です。建物の守護神を象った動物の形の陶磁瓦が屋根
の大棟に飾られています。
中庭をはさんで正殿の正面側に功臣堂があります。83人の宰
相と功臣たちの位牌が祭ってあります。そのほかに祭需(チェ
ス、祭祀に供えられる食べ物)の準備をする典祀廳(ジョンサチョ
ン)、王と皇太子が入浴し祭服に着替えて祭祀の準備をする斎宮
(ジェグン)、楽師らが休憩を取りリハーサルをする楽工庁(アッ

宗廟祭礼を行っている祭官たち
の列。(左)

祭礼楽(宗廟祭礼儀式の音楽)T,(

舎堂の前で地に額をつけてチョ
ル(お辞儀)をしている祭官たち。

コンチョン)などがあります。それぞれの建物をつなぐ歩道は中
央の部分がたかく盛り上がっています。王はこの中央の歩道を
歩き、そのほかの貴族は両端を歩くようになっていました。今
では主要司祭者が中央歩道を歩きます。
朝鮮時代には正殿では一年に5回、英王のための祭祀が年に
2回執り行われました。20世紀初めに日本の植民地となり一旦
廃止されていましたが、1969年に再開されました。1971年以
降、全州李氏大同宗約院では毎年5月の最初の日曜日に宗廟祭
礼を行ってきました。中国文化の影響を受けて、先王に敬意を
表するために宗廟を建てる伝統は韓国だけでなく、日本、ベト
ナム、そのほかの東南アジア諸国でも見られます。儒教は朝鮮

,)T韓国文化へのガイド

社会の根幹を成す基本イデオロギーでした。とりわけ、中国や 

韓国では王室の先祖を祭る儀式は重要国家行事の一つでした。
こうした中央集権の君主制は数世紀にわたって続けられました。
宗廟は現存する最も古い宗廟です。14世紀から続いた宗廟祭
儀は現在にいたるまでその原型を維持してきました。祭礼儀
式、音楽、踊りで構成された宗廟祭礼の伝統は今も続いていま
す。宗廟祭礼は重要無形文化財に指定されており、宗廟祭礼楽
とともに「人類口承および無形遺産傑作」としてユネスコ世界無
形遺産に登録されています。

祭礼楽(宗廟祭礼儀式の音楽)T,*

伝統楽器

,+T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ
Ҷ

Ҷ

伝統楽器
韓国固有の伝統楽器はおよそ60個あり、幾世代を経て伝えられ
てきました。楽器各々が豊かな歴史を誇っています。統一新羅
時代(676 935)には郷楽器(中国楽器に対する郷土楽器)のうち代

Ҷ伽耶琴(カヤグム、12絃琴)
を演奏する楽士。
Ҷ
Ҷ太鼓の公演

表的な三つの絃楽器と管楽器を三絃三竹と呼びました。伽耶琴
(カヤグム、12絃の琴)、コムンゴ(6絃の琴)、琵琶が三絃、そし
て大䊃(テグム)、中䊃(チュングム)、小䊃(ソグム)は三竹です。朝
鮮時代(1392 1910)の雅楽器は今でも演奏されています。
韓国音楽の発展史において、伝統楽器が出現する文明の曙か
ら統一新羅時代までは非常に重要な時代です。高句麗、百済、
新羅の三国が4世紀から7世紀半ばまで勢力を争っていた古代
三国時代に、中央アジアの楽器が初めて伝えられました。後の
高麗時代(918 1392)にも中国の宋、唐から多くの楽器が輸入さ
れました。1116年に宋から大晟雅楽が取り入れられました。当
時伝えられた雅楽器は編鍾(ピョンジョン)、編磬(ピョンキョ
ン)、琴(クム)、瑟(スル)、笛(ジョク)、簫(ソ)、和笙(ファセン)、
壎(フン)などで、これに伴って佾舞(イルム)に使われるヤク、翟
(チョク)、干(カン)、戈(カ)などの舞具や衣装などもありました。
こうした中国楽器の輸入で、いろいろな音楽的実験が試みら
伝統楽器T,,

韓国国楽演奏団の公演

れ、その結果、郷楽の発展につながりました。時が経つにつれ
て、中国楽器は徐々に韓国の伝統音楽に溶け込んでいきまし
た。そして、朝鮮時代に入ると、中国からの輸入楽器は韓国の
伝統音楽において肝要なその一部になりました。従来の郷楽器
は概して、絃楽器、管楽器、打楽器の三つに分類することがで
きます。これを基本にさらに郷楽器、唐楽器(中国楽器)、雅楽器
に分けることができます。

絃楽器
1. 郷楽器(中国伝来の楽器に対する韓国固有の楽器)
伽耶琴(12絃の琴):伽耶琴は韓国の代表的な国楽器の一つです。
その起源は6世紀の伽耶王国にまでさかのぼります。562年に伽
耶王国は新羅の第24代真興王によって統合されます。伽耶琴が
実際に作られたのはこれより以前だといわれています。伽耶琴
は桐で作られた長い共鳴筒の上に十二の糸を引いて指ではじく
ようにして弾きます。また、演奏する音楽によって大きく散調
伽耶琴と正楽伽耶琴に分けられます。散調伽耶琴は太鼓の伴奏
が入った独奏の伽耶琴散調を演奏する時に使われる幅の狭い伽
耶琴です。正楽伽耶琴は法琴(ボックム)とも呼ばれる新羅時代か
,-T韓国文化へのガイド

ら伝えられた原型の伽耶琴で、正楽つまり雅楽を演奏する時に
用いられる伽耶琴です。構造は二つとも同じですが、大きさ、
音域、音色や演奏法などが異なります。法琴は前の部分がやや
丸く膨らんでおり、後ろは平らで長さは約165センチメートル、
幅は約36センチメートルです。
コムンゴ(6絃の琴):伽耶琴と同じく韓国の代表的な国楽器の一
つです。高句麗の古墳壁画にコムンゴの原型と見られる楽器の
絵が発見されたことから、高句麗から新羅に伝えられ発展した
とされています。長方形の筒の上に六絃の糸を張り、スルテ(コ
ムンゴを弾く時に使われる竹で作られた撥)で糸を弾いて演奏し
ます。その音色は深く気品があるとして古くから「百楽之丈(すべ
ての楽器の中でも随一)」といわれ、ソンビ(学問する人を指す)の
間でよく弾かれていました。 
2. 唐楽器(中国伝来の楽器)
奚琴(ヘグム):中国の楽器で高麗時代に伝えられ、韓国固有の音楽
である郷楽に用いられます。今日では様々な音楽のジャンルで演奏
されています。胡弓(こきゅう)に似た二絃楽器で、木製の円筒状の
胴体に皮を張り弓で弾く楽器です。絃を抑える指の位置と絃を弾く
強さによって音調が変わります。三絃六角(国楽の典型的な楽器編
成)をはじめ宮廷音楽はもちろん郷楽、舞踊の伴奏楽にも必ず用いら
れます。最近は、独奏楽器としてもその真価を発揮しています。
牙箏(アジェン):牙箏は絃楽器の一つで、国楽器の中で最も音域
が低いです。正楽牙箏、散調牙箏の二種類があります。正楽牙
箏は7本の絃が張ってあり、「与民楽」や「寿斎天(井邑)」のような
国楽と同じく「洛陽春」、「歩虚子」のような唐楽にも用いられま
す。散調牙箏は絃が8本で、散調やシナウィ(巫俗音楽)のような
郷楽に演奏されます。松脂を塗ったレンギョウの木の棒や弓で
擦って音を出し、音色が荒く素朴で低いために合奏のベースパ
ートのような役割をします。
3. 雅楽器(宮廷儀式音楽である雅楽に用いられる楽器)
琴(グム):7本の絃楽器で、琴柱がなく「徽(フィ)」と呼ばれる13個
伝統楽器T,. 

絃楽器

コムンゴ(六絃琴)

牙箏(アジェン、七絃琴)の公演

奚琴(ヘグム、二絃のバイオリンのよう
な楽器)の公演

伽耶琴(カヤグム、12絃琴)の公演:韓国の代表的な楽器。

-%T韓国文化へのガイド

の大きさが違う螺鈿が一列にはめ込んであります。演奏の際に
は常に瑟(スル)という楽器と一緒に演奏されるため、「琴瑟相
和」という言葉もあります。朝鮮時代に祭礼楽に編成されて演奏
されましたが今では使われていません。
瑟(スル):中国古代の25絃の絃楽器の一つです。前の琴と同じく
今は使われていません。
4. その他の楽器
洋琴(ヤングム):西洋から取り入れられたことから「西洋琴」、ま
たは西洋から伝えられた鉄絃を張った絃楽器だとして「歐羅鐵絃
琴」とも呼ばれています。18世紀に中国の清から伝わりました。
竹の撥を弾いて演奏する楽器で、14本の絃でできています。

管楽器
1. 郷楽器
大䊃(テグム):大䊃は統一新羅時代の郷楽器である「三絃三竹」の
一つで、竹製の管楽器です。大䊃は13孔の横笛で、音域が広く
ほかの楽器の音程調律に使ったします。大䊃は演奏する音楽の
タイプによって正楽大䊃と散調大䊃に分けられます。昔から演
奏されてきたものは正楽大䊃で、宮廷音楽の雅楽などに用いら
れました。後に改良された散調大䊃は散調(太鼓の伴奏による独
奏)やシナウィ(巫俗音楽)、民謡や舞踊音楽の時に使われます。
正楽大䊃より大きさも長さも小さく、指孔の間隔は狭く、吹口
と清孔は大きくなっています。このため、全体的に音程が正楽
のそれと長2度から短3度ほど高くなっています。
小䊃(ソグム):統一新羅時代から伝わる三竹(大䊃、中䊃、小䊃)
の一つです。残念ながら、現在演奏される小䊃は資料を基に作
製されたもので、本来の小䊃は遺されておらずその原型がどう
だったかは明らかではありません。小䊃は6孔で、大䊃より一
オクターブ高く変奏して演奏されます。
郷笛(ヒャンピリ、韓国のオーボエ):オーボエのようにリードを
二枚持つ7孔の管楽器です。「霊山会相」や「寿斎天」のような正楽
を演奏する時に用いられます。また、散調や民謡、管楽器合奏
伝統楽器T-&

にも演奏されます。
草笛(チョジョク):木の葉や草などを口に当てて音を出し、一般
に広く人気があります。
2. 唐楽器
唐笛(タンピリ):郷ピリより長さは短くても太さがあるため重量
感のある音色を出します。郷ピリと同じくリードをつけて吹く8
孔の縦笛です。農楽(ノンアク、農村で農夫たちの間で演奏され
る韓国固有の音楽)の際に最も広く使われます。
洞簫(トンソ):洞簫は正楽洞簫と民族楽に用いられる、「トンエ」
と呼ばれる洞簫があります。正楽洞簫は6孔の縦笛で雅楽の演
奏の時に用いられましたが、現在ではあまり使われていませ
ん。「トンエ」は吹口と指孔の間に清孔という孔があり、後部に1
孔前面に4孔の笛です。シナウィや散調、北靑獅子ノリ(仮面劇)
に演奏されます。
太平簫(テピョンソ):太平簫は高麗末期または朝鮮時代初期の14世
紀後半に中国から伝来されました。木製の下部がラッパのように広
がった円錐型の長い管にリードをつけて吹く8孔の縦笛で、あでやか
で強烈な音色を出します。農楽(ノンアク)に最も広く使われます。
4. 雅楽器
笙簧(センファン):本来、管数によって和(ファ)、笙(セン)、䊂
(ウ)の名がつけられていましたが、今ではこの類の楽器を笙簧と
通称しています。和は13本、笙は17本、䊂は最も多く36本の管
を持っています。現在使用されているのは唐楽と国楽で演奏さ
れる笙だけです。
簫(ソ):パンパイブのような楽器で、12管、16管、24管のもの
があります。現在韓国で使われている簫は16管のもので、宮廷
儀式音楽の際に演奏されます。
フン(䆳とも書く):粘土を焼いて作られた古代中国の楽器です。
文銅の形をしており、前に三孔、裏に二孔が空いており、頂部
の吹口に息を吹いて音を出します。主に孔子に祭礼をあげる文
-'T韓国文化へのガイド 

管楽器

左から右に、細笛(セピリ、
細い形のオーボエ)、唐笛
(タンピリ、中国唐から伝え
られたオーボエ)、郷笛(ヒ
ャンピリ、韓国のオーボエ)

短簫(タンソ、縦笛の一種)の公演

大䊃(テグム、大きい横笛)の公演

太平簫(テピョンソ、ラッパの形をした
オーボエ)の公演

小䊃(ソグム、小さい横笛)
の公演

伝統楽器T-(

廟祭礼楽に使われます。
䞃(ジ):䞃は裏に1孔、前に4孔の計5孔の管楽器です。裏の一
番下に十字模様に孔をあけて指孔に使います。現在文廟祭礼楽
に使われています。
籥(ヤク):黃竹で作られた中国の古代楽器。雅楽に用いられ指孔
が三孔しかない縦笛です。
笛(ジョク):一つの吹口と指孔が6孔の縦笛の一種です。文廟祭
礼楽に用いられます。
4. その他の楽器
短簫(タンソ、縦笛の一種):韓国の管楽器の一つで朝鮮時代後半
に初めて演奏された、指孔が5孔の縦笛です。「霊山会相」などの
雅楽演奏や独奏に用いられます。
細笛(セピリ):郷ピリ(ヒャンピリ)と形や音域は同じですが、そ
れよりも多少か細くなっており、歌曲(カゴク)、歌辭(カサ)、時
調(シジョ)などの演奏用に使われます。比較的音量の小さいコム
ンゴや短簫のような楽器が中心の細楽(国楽で小規模の楽器編成
で演奏される音楽)に編成されます。歌曲とは管絃楽の伴奏に
合わせて時調詩を唄う韓国の伝統声楽曲です。歌辭は時調と同
じく朝鮮時代の代表的な国文詩歌で、時調は高麗末期から発達
してきた朝鮮時代の代表的な定型詩のことです。

打楽器
1. 郷楽器
鉦(ジン):丸くて大きな真鍮で造られたゴングに布で木槌を包ん
だ棒で打って音を出します。本来は太鼓と同じく軍隊で信号楽
器として使われましたが、今日では吹打(軍隊で管楽器と打楽器
を演奏すること)、仏教音楽、宗廟祭礼楽、シャーマニズム(巫
俗)音楽、農楽など幅広く用いられています。鉦は宗廟祭礼楽に
編成された場合は大金と呼びます。
クェンガリ:手に持つ小さなゴング。真鍮で造られたゴングを
棒で打つ、鉦より小さな打楽器の一つです。鉦に比べて軽快で
-)T韓国文化へのガイド

韓国の伝統音楽のビートを習お
うと文化講座を受講している海
外留学生。

音色が鋭く調子が高い音を出します。主に農楽やシャーマニズ
ム音楽に使われます。農楽では農楽隊を率いる指揮者(サンセェ)
が演奏します。
風物ブク(プンムルブク、太鼓):大抵農楽に使われる太鼓を指し
ます。中央部が細くくびれた「チャング」もしくは 「チャンゴ」の
ようなドラムと違って、両方のドラムヘッドに同じ材料が張ら
れます。硬い木の棒でドラムヘッドを叩いて演奏します。
ソリブク:風物ブクを改良した太鼓で、その形や作りは前者とほ
ぼ同じです。ソリブクにはドラムヘッドの縁に小さな金属のタッ
クがはめ込まれています。ソリ、つまりパンソリの伴奏に使われ
ます。パンソリとは語り部が太鼓伴奏に合わせて物語を歌やジェ
スチャー、話で口演する韓国固有の民族楽のことです。
風物チャンゴ(プンムルチャンゴ):風物チャンゴは中央部が細く
くびれた形の太鼓で民族楽の演奏に使われます。両手に棒を持っ
てドラムを叩いて演奏します。農楽や民謡、雑歌(ジャプカ、正
楽以外の平民たちが歌う歌)に編成されて演奏されます。
2. 唐楽器
拍(パク):六枚の薄長い板の一方端を糸で結んで、開いたり閉じ
たりして音を出します。音楽の初めと終わり、音節、テンポの
伝統楽器T-* 

速さを調節します。高麗時代に唐楽の演奏に使われ、朝鮮時代
に入っては宮廷儀式音楽の演奏に、中期には国楽にも使われる
ようになりました。今日では文廟祭礼楽、雅楽、踊りの伴奏音
楽に編成されて演奏されています。
チャンゴまたはチャング:中央部が細くくびれた太鼓で、史料
によると正楽チャンゴは高麗時代から使われ始めたとされてい
ます。唐楽や国楽に広く使われています。
3. 雅楽器
編磬(ピョンギョン)と特磬(トゥッキョン):磬石(けいせき)で作ら
れた打楽器の磬(けい)の一種。編磬は音程が異なる16の磬石(L
字状の石)を1列に8個ずつ横棒にかけて垂らした楽器で、特磬
は一つの磬石を垂らした楽器です。この楽器は高麗時代に伝わ
りましたが、朝鮮時代の第4代世宗大王(在 位 1418 1450)の治
世になって初めて独自で制作できるようになりました。編鐘(ピ
ョンジョン)もしかりです。L字状の石を一つ垂らしてある特磬
は雅楽を演奏する時に使われます。
編鐘(ピョンジョン)と特鐘(トックジョン):編鐘は二列の横木に
それぞれ八つの鐘をつけた楽器です。同じ大きさの鐘はそれぞ
れ厚さが異なっており、先が角のように尖がった槌を打って音
を出します。これらは12世紀初めの高麗時代に中国の宋から伝
えられました。朝鮮時代の世宗大王の治世になって始めて国内
でも作成できるようになりました。今日では国楽や雅楽の演奏
に用いられます。特鐘は横木に銅鐘が一つつけられた楽器で、
雅楽の演奏にのみ使われます。
䕵(チュク):空の木箱に棒を差し込んで打つ楽器で、12世紀初め
に中国の宋から取り入れられました。今日では文廟祭礼楽や宗廟
祭礼楽に使われる雅楽器で、演奏が始まることを知らせます。
䔸(オ):蹲ったトラの形をした木製の楽器です。トラの背中に鋸
状に27個の歯が立ててあり、この歯を竹製の槌で擦って音を出
します。この楽器は演奏の終わりを告げるときに使われまし
た。今では文廟祭礼楽、宗廟祭礼楽にのみ使われています。

-+T韓国文化へのガイド 

打楽器
拍(パク)

䕵(チュク):四角い木箱に棒を
挟み込んで音を出す打楽器

編磬(ピョンギョン)

鉦(ジン)

クェンガリ

編鐘(ピョンジョン)

プンムルチャンゴ

ソリブック(パン
ソリなどに使わ
れる太鼓)

伝統楽器T-,

タル(仮面)と
タルチュム
(仮面劇)

--T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

ҶҶ

タル(仮面)と
タルチュム(仮面劇)
「タル」は「仮面」という意味です。仮面という意味を持つ言葉に、「カ
ミョン」、「クァンデ」、「タルバク」、「タルバ ガジ」もあります。韓国
の仮面「タル」は、仮面の後ろに黒髪を装う黒布をつけて頭をすっ
ぽり隠すようになっています。「タルチュム」は文字通り「仮面踊

Ҷ鳳山(ボンサン)タルチュムの
獅子踊り
Ҷ
Ҷ安東河回(アンドン・ハフェ)
タルチュム。村の安寧と豊作を
祈願する内容の仮面劇。

り」を意味しますが、覆面「をしたダンサーが単に踊ってばかりい
るのではなく、仮面が表している人物、動物または超自然的な存
在を体現するドラマでもあります。
「タル」と「タルチュム」は先史時代の早い時期から発達しまし
た。タルは大きく「信仰仮面」と「芸能仮面」の二種類に分けること
ができます。「信仰仮面」とは仮面をシャーマンの祠など一定の場
所に安置して、その仮面に祈りをあげたり(告祀)、悪鬼を追い出
すのに使われたりしました。「方相氏(バンサンシ)タル」のような
信仰仮面は悪鬼を追い出すのに使われ、ごく最近まで悪鬼を防
ぐとして葬列の一番前に見られました。「芸能仮面」は仮面をかぶ
って踊ったり演劇をするときに使われます。
韓国のタルは大部分表情を動かすことができない造形物です

タル(仮面)とタルチュム(仮面劇)T-.

が、なかには動かせるように仕掛けをしたものもあります。例え
ば、「方相氏タル」の目玉や鳳山(ボンサン)の「獅子タル」の口、そ
して山台(サンデ)ノリ(仮面劇)の「ヌンクムチョギ」仮面の両目など
がそれです。とりわけ河回(ハフェ)地域で発展した河回タルチュ
ムは代表的な仕掛け仮面を使います。河回タルは口元で上下に二
つに分けられていて、糸で仮面の上部とあごの部分を結べるよう
になっています。このあごの部分を動かして表情を作ります。
タルはその仮面が持つ、それぞれの役割によって特徴づけら
れます。韓国のタルには韓国人の顔と骨格が表現されているの
です。タルの大半はグロテスクで彩色が濃くなっています。こ
れはタルチュム(仮面劇)が通常、夜に、たき火の明かりの中で行
われていたからです。こうした強烈な色で仮面の印象を強くし
なければ、仮面劇のテーマを観客に十分に伝えることができま
せんでした。信仰仮面や昼間に公演される仮面はそれほど色が
河回(ハフェ)タルに彫刻をして
いるところ。

.%T韓国文化へのガイド

強烈ではありません。

韓国のタル

厄払いの象徴とされる方相
氏(バンサンシ)タル

處容(チョヨン)タルー厄除け
の仮面

カックシ−河回別神クッのタルチ
ュムに登場する若い女性の仮面

紅白ヤンバンタル(ホンベクヤ
ンバンタル)−固城五廣大(コソ
ンオクァンデ)の非道徳的なヤ
ンバン階級を風刺したタル

チィバリ−鳳山(ボンサン)タ
ルチュムの年取った独身男

マルトゥギ−東萊野遊(トンネヤ
リュ)で下僕の仮面

小巫(ソム)−楊州別山台ノリ
(ヤンジュビョルサンデ遊び)に
登場するタル。主に妾や妓女
を演じる。

ヤンバンタル−安東河回(アン
ドン・ハフェ)タル。最も韓国
人の顔立ちと似ている仮面。

タル(仮面)とタルチュム(仮面劇)T.&

タルチュムは平民たちの間で楽
しまれた民族ノリ(遊び)の一つ。

タルは紙、木、ヒョウタンと毛皮で作られました。最も一般
的なのは紙とヒョウタンで作られたものです。これは材料が手
に入れやすいというだけでなく、作りやすくて軽いのでかぶっ
て踊るのに便利だったからです。
赤、黒、白やその他の原色はタルの特徴を効果的に描写しま
した。色はそのタルの性別や年齢まで特定します。老人の仮面
は黒く、若い女性の仮面は白いです。伝統的な哲学では色を方
位や季節に同一視しますが、これに従って黒は北と冬を表し、
赤は南と夏を表します。タルチュムの多くは青年が常に古いも

鳳山(ボンサン)タルチュム−チ
ィバリの踊り。チィバリは崩壊
した社会を批判する(右)

.'T韓国文化へのガイド

のに勝つようになっており、これは冬を抑え込んで夏が勝利す
ることを象徴的に表しています。この点で豊作祭りの名残をと
どめていることがわかります。

タル(仮面)とタルチュム(仮面劇)T.(

Ҷ

ҶҶ

Ҷ殷栗(ウンユル)タルチュム。
ヤンバン(朝鮮時代の支配階級)
や上流社会に対する嘲笑と侮蔑
を表す仮面劇。

象化したものもあります。また、動物のものも、仮想の動物の

ҶҶ康翎(カンニョン)タルチュ

特で、兎唇(いぐち)だったり、口や鼻が曲がっていたり、斜視だ

ムのマルトゥギ踊り。陰暦5月
5日の端午祭りに催される。

ったりして醜く表現されました。これは支配階級だったヤンバ

大部分のタルは人間の顔を表していますが、なかには神を形
ものもあります。ヤンバン(朝鮮時代の支配階級)タルは非常に独

ンに対する平民の反感が反映されたものと思われます。
タルチュムは基本的に朝鮮時代(1392 1910)に平民たちの間
で自然に発生した民族芸術です。地域によって多様ですが、基本
的な特徴はすべて共通しています。厳しい現実と批判精神が基調
になって、人間の弱さや社会悪、特権階級に対する批判と風刺な
どが盛り込まれています。また、儀式舞や厄払いの儀式などをテ
ーマにしたものもあります。当時の伝承文学が階級や社会の不条
理に対して批判精神を表していたように、主に破戒した僧、頽廃
的な貴族、ムダン(シャーマン)を嘲笑する内容でした。醜い正妻
と誘惑的な妾との対立は人気のあるテーマでした。
タルチュムで現代劇の「幕」にあたる言葉を「科場(カジャン)」、
「マダン」といいます。タルチュムは現代劇と違って一つのテーマ
が最初の幕から終わりまで一貫しておらず、オムニバス式にい
くつかの異なるエピソードを演じます。台詞も台本があるわけ
ではなく口伝で言い伝えられたものをふるので、臨機応変に即
.)T韓国文化へのガイド

席で対応しなければなりません。踊りもその時その状況に応じ
て時間を延ばすことも短くすることもできます。このため、全
科場を演じるのに夜明けまで一晩中続く場合もあります。
地域によって異なりますが、タルチュムは通常陰暦正月十五
日の最初の満月の夜、陰暦四月八日の釈迦誕生の日、陰暦五月
五日の端午祭り、陰暦八月十五日の秋夕(チュソク)の時に公演さ
れました。また、国家的な雨乞い祭りをする時やお祝いの時に
も演じられました。
伝統的にタルチュムは屋外で公演されます。高麗時代と朝鮮
時代にかけて、「山台(サンデ)ノリ(遊び)」というタルチュムが流行
りました。山台は仮設舞台のことで、舞台の左側は更衣室で、右
側は楽士らが演奏する場所です。近代に入って妓生(キーセン、

タルチュムはいまでも公演され
ており、マダン劇(屋外民俗劇)の
ような演劇様式に発展しました。

タル(仮面)とタルチュム(仮面劇)T.*

北青獅子ノリ(プクチョン・し
し遊び)。ダイナミックで巧み
な動きが特徴。

女性芸能人)がシャーマンや妾の役を演じるようになるまでは、
役者はみんな男性でした。
役者が大げさな振る舞いをしながら立ち止って合図を送る
と、三絃六角(三つの絃楽器と六つの管楽器)の活気ある伴奏にあ
わせて陽気に踊るシーンはタルチュムの見所です。役者たちは
パントマイムや定型化された大げさなジェスチャーで、劇の中
で振られたタルの性格を演技します。踊りはそれぞれの場面を
更に詳しく説明できるようにして、劇を活気づかせることもあ
りますが、筋書きの進行とはまったく関係なしに演じられるこ
ともあります。
タルチュムの特長として最も注目すべきものは、観衆の積極
的な参加です。公演が終幕に近づくにつれて、役者と観衆の間
の見えない垣根が取り払われ、観客は積極的に劇に飛び込んで
互いに入り混じって踊ります。観衆は滑稽な伝統戯劇を通じ

楊州別山台ノリ(ヤンジュビョ
ルサンデ遊び)。風刺とユーモ
アがきいた劇が特徴。(右)

.+T韓国文化へのガイド

て、自分たちの欲求不満を発散し昇華させることで、人生の活
気を取り戻すことができます。

タル(仮面)とタルチュム(仮面劇)T.,

.-T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

キムチと
ブルコギ

Ҷ

ҶҶ

キムチとブルコギ
(韓国のヘルシーな代表料理)
韓国の料理と言えば、すぐにキムチとブルコギが思い浮かびま
す。キムチは塩漬けした野菜を発酵させた食べ物で、ブルコギは
味付けした肉料理です。キムチは韓国人の食卓に欠かせない毎日

Ҷよい味加減に発酵した白菜キ
ムチ。
Ҷ
Ҷ醤油のソースに漬けてグリ
ルで焼くブルコギ。

食べる主要なおかずであるのに対して、ブルコギは家で特別な時
に食卓に上がる、例えばお客を招待した時や外食する時によく選
ばれるメニューです。韓国人はブルコギと言えば一般的に牛肉の
ブルコギを言い、最も人気のある牛肉料理の一つです。
ブルコギのブルは「火」を、コギは「肉」を意味します。文字通
り「火の肉」、韓国のバーベキューと一般に解釈されています。
ブルコギといえばすぐ牛肉と思いがちですが、ポーク、チキ
ン、ラム、イカやタコでさえ、ブルコギの料理法でブルコギ風
バーべキューとして料理することができます。
最も一般的な牛肉のブルコギは通常テンダーロイン(ヒレ肉)
を薄くスライスしたものに醤油、胡麻油、すりおろしのニンニ
ク、ゴマの種、砂糖、塩などで作られたたソースに漬けて味付
けします。食卓の上に備え付けられたグリルで焼きながら食べ

キムチとブルコギ(韓国のヘルシーな代表料理)T..

韓国で最も人気のあるブルコギ。

ます。即席で焼いたブルコギの上にニンニクとピーマンを載せ
て、サムジャン(味付けした味噌)をつけてチシャの大きな葉に包
んで食べると美味です。ニンニクには抗がん作用があることで
知られ、とてもヘルシーな料理です。
レストランでは店によって、ブルコギを炭火鉢またはガスレ
ンジの上に置かれたドーム形のパンの上で焼いて食べます。ド
ーム形のパンには肉汁をためておけるようにパンの端に溝があ
り、ご飯にこの肉汁を混ぜて食べるととてもおいしいです。ま
た、普通のフライパンや電気フライパンで料理することもでき
ます。しかし、グルメ好みの人たちは伝統的な料理法である炭
火を好みます。ポークや他の肉を使ったブルコギには、ピリッ

&%%T韓国文化へのガイド

とした味と香りを利かせるために赤いトウガラシ味噌を入れて
味付けします。
最近ではブルコギが単においしいだけでなく、体に健康なこ
とがわかりました。有名なピザ・レストランではブルコギをト
ッピングしたメニューを開発し、ファストフード店ではブルコ
ギ・バーガーをメニューに採択しました。ブルコギはまた、理
想的なピクニック料理でもあります。肉の厚さとサイズを若干
変化させるだけで、おいしいオードブル、または軽食アイテム
にすることができます。
キムチはニンニク、ネギ、塩辛、ショウガ、赤トウガラシ粉
を塩漬けにした白菜や大根に味付けして発酵させた塩辛いおか
ずです。低カロリー、低コレステロール、繊維質が豊富に含ま
れている、非常に栄養価の高い食べ物です。「1日1個のりんごで
医者要らず」といわれるリンゴよりもビタミンが豊富です。も
し、この言葉を韓国人に言わせたら、「1日数切れのキムチで医
者要らず」となったかも知れません。

12mg、ナイアシンが2.1mg含まれています。これは130グラム

Ҷカルビ
牛肉やポークの骨付きあばら肉
を一口サイズに切って、ソース
に味付けしてからじっくり煮込
んだもの。

の中サイズのリンゴ一個に含まれているビタミンAが50㎍、ビ

Ҷ
Ҷノビアニ

タミンB1とB2は微量、ビタミンCは3mg、ナイアシン微量に比

肉を薄く切り刻んでからソース
に漬け、パンで焼いたもの。

実際100グラムの白菜キムチにはビタミンAが492㎍ 、ビタ
ミンB1が0.03m g、ビタミンB2が0.06m g、ビタミンCが

Ҷ

Ҷ
Ҷ

キムチとブルコギ(韓国のヘルシーな代表料理)T&%&

キムチに入る材料。白菜、トウ
ガラシ粉、玉ねぎ、ニンニク、
ショウガやそのほかにたくさん
の薬味が入ります。

べるとどれだけ栄養が高いかわかります。
キムチは貯蔵する間に微生物が繁殖して発酵されますが、こ
の段階で発生した有機酸は消化器官の消化を助け、浄腸作用をし
食欲を増進させます。キムチの主要調味料に使われるカキ、イ
カ、エビ、アンチョビのような海産物にはタンパク質、カルシウ
ム、鉄分が多く含まれています。キムチはよい繊維質源で、材料
によって栄養価が高まり、口、のど、肺、胃、膀胱、結腸、子宮
頸管の抗がん作用をする科学物質が自然に発生します。
最も一般的に食される白菜キムチには他の野菜よりも高いタ
ンパク質が含まれており、ミネラルとビタミンCが豊富です。
また緑の葉にはビタミンAが多く含まれています。主な材料の
一つである大根にはビタミンだけでなく、炭水化物の消化を促
進する酵素ジアスターゼが多量含まれています。大根の茎と葉
にはまた、カルシウム、ビタミンC、カロチンが豊富です。カ
ルシウムとビタミンAが豊富なアブラナは豊かな味と香りのた

&%'T韓国文化へのガイド

白菜キムチの作り方

1

2

3

4

5

1

キムチの材料

2

白菜を切って、塩水に漬けておく。

3

しんなりしてきたら、きれいに手入れをします。

6

4

(具作り)千切りした大根にトウガラシ粉や塩辛、
ニンニクなどを入れます。

5

白菜の葉と葉の間に具を塗るようにはさみます。

6

具をつめた白菜は、一番外側の葉をぐるりと包む
ように回して、容器に入れます。

キムチとブルコギ(韓国のヘルシーな代表料理)T&%(

韓国のキムチ−世界の五大健康食品の一つ 

白菜キムチ
韓国を代表する、白菜で作られた伝統的なキムチです。世界の
食卓に上がる、国際的な食品になった最初のキムチです。

カクトゥギ
大根を大き目のさいの目切りにして作った大根のキムチで
す。辛くてちょっと甘くて酸っぱい味のキムチでどんな料理
にも合います。

チョンガクキムチ
チョンガク(別名アルタリ)とは、韓国でとれる大根の一種で、
その形が未婚の男性(チョンガク)の髪型に似ていることから名
づけられました。さくさくとした歯ごたえが一品のキムチ
で、世界に輸出されています。

オイソバギ
きゅうりのキムチ。香辛料のきいたすっぱいジュースに加え
て、キュウリの新鮮な歯ざわりを楽しめるキムチです。いま
では四季を通して食べられますが、夏に食べるととても美味
しいです。

ピョンヤン風のペクキムチ(白キムチ)
作り方は白菜キムチと同じですが、ペクキムチにはトウガラシ
粉が入りません。その代わり、リンゴや桃の果汁が入って、白
菜キムチより淡白ですっきりした味付けとなっています。辛い
キムチが苦手という方にお勧めのキムチです。

&%)T韓国文化へのガイド

&%)T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ

めに、ほとんどあらゆるキムチのレシピに入
れられます。香りのために広く使われるカラ
シナの葉にはミネラル、特にカルシウムと
鉄、ビタミンAとCが豊富です。心臓病予防
によいとされる海松(みる)は口をさわやかに
し、さくさくとした味感を出すのに使われ
ます。海松はとりわけカルシウムとヨウ素
が豊富で、独特の香りを出します。
生でも食するニンニクは最も重要なキム
チ材料の一つで、あらゆる韓国料理に入り
ます。ニンニクは建国神話にも出てくるほ
どです。檀君(ダングン)は天から降ってきた桓

1251年に刊行された「東国李相

雄(ファンウン)を父に、蓬と20粒のニンニクを食べながら21日
間洞籠りをして熊が女性になった人を母にして生まれました。

国集」。当時のキムチがどんな
ものだったのか推測できます。

最近の科学分析調査によると、ニンニクは胃がんを予防し、血
中コレステロールの濃度を減少させるのに役立つことがわかり
ました。
中国と日本の漬物「ザーサイ」と「お新香」に例えられる韓国の
「キムチ」を、単なる白菜や大根の塩漬けではなく、注目に値す
る健康食品にしたのは「トウガラシ粉」です。赤いトウガラシに
はピリッとした辛くて刺激的な味と食欲をそそられる辛味成分
の「カプサイシン」が含まれています。この成分は食品保存効果
のほかに、抗酸化成分があって野菜のサクサクした歯ごたえ感
を保ちます。もう一つ注目すべきなのは、体の脂肪を燃焼させ
ダイエット効果があることです。こうした特性といっしょにビ
タミンA、B、Cが豊富に含まれているトウガラシは注目に値
します。
しかし、トウガラシは初めからキムチの主な材料だったわけ
ではありません。1715年の「山林経済」に初めてトウガラシを入
れたきゅうりキムチが記録されています。それ以前の記録によ
ると、キムチは今と違って、野菜漬けのチャンアチ類、大根塩
漬けの汁物のトンチミ類、色をつけた汁物のナバクキムチ類で
した。高麗時代の大学者李奎報(イ・ギュボ、1168 1241)が著し
た「東国李相国集」の「家圃六詠」条に六つの野菜に対する歌が載
キムチとブルコギ(韓国のヘルシーな代表料理)T&%*

キムチを作る主婦の姿。

せてあります。そのうちカブのキムチに関する節から当時のキ
ムチの形態を推測することができます。現在のような白菜キム
チは、中が詰まった白菜が改良育成された19世紀末になってか
らのことでした。
いつからキムチにトウガラシが使われたのかに関係なく、ト
ウガラシの使用は韓国料理の歴史の中で画期的な事件でした。
辛味をきかせたおかげで塩加減を少なくしても美味しくなり、
さくさくとした歯ざわりに栄養も高く、病気予防にもきくヘル
シーなキムチとなりました。もちろん、長年にわたって、キム
チはますます多くの材料、例えばニンジン、西洋ナシ、クリ、
松の実、アワビと海草などを追加し、さらに栄養の高いものと
なりました。

&%+T韓国文化へのガイド

キムチには基本的に季節ごとに食べるキムチと冬越えのため 

に一度に多量に漬けるキムチの二種類に分けることができま
す。季節ごとに食べられる多様な種類のキムチは、短期間にし
か貯蔵できません。冬越えのために漬けるキムチは大抵、白菜
と大根のキムチが最も一般的です。これで厳しい冬の間にも野
菜を摂取できるようになりました。
白菜キムチは最も一般的なキムチです。白菜の手入れをした
後、根元に包丁で切り目を入れ、両手で広げるように二つに割
り裂きます。手入れが終わった白菜に塩をぶっ掛けておきま
す。白菜がしんなりしてきたら、水ですすぎ洗いをして水気を
切っておきます。一方、白菜の中に入れる具を作ります。大根
を千切りにし、これにトウガラシ粉、すりおろしのニンニク、
塩、薄切りにした玉ねぎのほかに地方の特産物やコックの予算
に合わせて様々な薬味を入れて混ぜておきます。白菜の葉と葉
の間に作っておいたキムチの具を丁寧に塗りつけます。具が出
ないように一番外側の葉をぐるっと巻いて包み、容器に入れま
す。段々に積み上げた白菜の一番上に塩漬けした白菜の葉で包
み、蓋を閉めて保存します。
冬越えのために漬けられるキムチをキムジャンキムチと言い
ます。このキムジャンキムチが発酵しすぎて酸っぱくならない
ように、一定の貯蔵温度を保たなければなりません。従来はキ
ムチを入れた壷を地面に埋めて貯蔵しました。今では、特注の
容器が用いられるようになりました。
キムジャンキムチは大抵11月末もしくは12月初めの寒風が吹
くごろに作ります。家族が寒い冬の間に食べるキムチを一度に
作るために、白菜や大根を山のように積んで近所の手を借りて
キムジャンをします。
しかし、今では以前ほどキムジャンをたくさん作らないよう
になりました。都会の五人家族を基準におよそ20から30個の白
菜でキムジャンをします。過去は70から100個の白菜でキムジ
ャンをしたものでした。これは家族数の低下など理由をいくつ
か挙げることができます。以前と違って、一年中野菜が手に入
るようになったこと。アパート暮らしが多く、一度に大量のキ
ムジャンをするには向いていないこと。キムジャンキムチを作
キムチとブルコギ(韓国のヘルシーな代表料理)T&%,

キムチ・フェスティバルに参加
してキムチを作っている外国人
たち。

る工場が多くできて、スーパーマーケットなどで手軽に買える
ばかりか輸出までするようになったことなどです。
毎日の食卓に欠かせないおかずとしてだけでなく、キムチを
入れた多彩な料理も作れます。最も一般的な料理はキムチチゲ
です。ポークとキムチを炒めてから水を入れて長く煮込んだも
のです。また、豚肉の三枚肉の薄切れとキムチを強火でさっと
炒めて、新鮮な豆腐といっしょに食べます。このほかに、お好
み焼きのように、細かく切ったキムチに小麦粉と水を混ぜて、
フライパンで焼いたキムチジョンもあります。
韓国人にとってキムチは、いくら贅沢であってもキムチのな
い食卓は不完全で考えられないことです。また、ダイエット食
品としても理想的な健康食品です。1998年のフランスのワール
ドカップで公式食品に指定されたほか、世界中のスーパーマー
ケットに陳列されており、国際的な食べ物になるのはそう遠い
未来のことではなさそうです。

&%-T韓国文化へのガイド

韓国の料理

ビビンバ プ
大どんぶりに炊き立てのご飯を盛り付け、その上に野菜の和え物や
新鮮な野菜、炒めた肉を載せます。食べる時にごま油を少々かけ、
辛いトウガラシ味噌を入れて混ぜて食べます。韓国で最も人気のあ
る料理で、大韓航空国際線の主要メニューでもあります。

サムゲタン(参鷄湯)
真夏に気力を補うために食する高麗人参入りの鶏肉汁です。
材料さえあれば、作り方は非常に簡単です。高麗人参とナツ
メを入れて、サムゲタン独特の味と香りを出します。

シンソルロ(神仙爐)
宮廷料理の一つで、一人用の鍋料理と言えます。韓国料理では最も
多くの材料が入ります。牛肉、肉団子、キノコ、センソンジョン(魚
身に小麦粉の生地をつけて焼いたもの)、ニラ、銀杏、栗、ナマコな
どをきれいにポットに並べて、ポットの下に炭火を入れて即席で煮
て食べます。多様な食材を淡白な風味で楽しむことができます。

ジャプチェ
芋の天ぷんで作られた麺に醤油ソースをかけて炒めて作った料
理で、お祝いの食卓に必ず上がる料理の一つです。野菜、牛
肉、キノコなどを麺と一緒に混ぜて食べます。野菜の鮮やかな
色と麺は見るだけでも食欲をそそられます。

クジョルパン(九折坂)
口と目を楽しませる宮廷料理の一つです。クジョルパンは本来、九
つに仕切られた八角形の木製の容器です。この中にニラ、きゅう
り、卵料理、車えび、キノコ、ハーブ、鶏肉などの料理をきれいに
盛り付けて、中央に置かれた小麦粉を薄く焼いたミルチョンビョン
に包んで食べます。

キムチとブルコギ(韓国のヘルシーな代表料理) 
T&%.
&%.
@^bX]^VcY7ja\d\^T

&%.T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ

高麗人参

&&%T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

ҶҶ

高麗人参
高麗人参は強壮剤として用いられる、不思議な薬効のある薬用

Ҷ高麗人参の実

植物です。ほかの国でも育ちますが、韓国の気候と土で生産さ

Ҷ
Ҷ世界最高の品質と効能で知

れた高麗人参が最も薬効があり、韓国では広く栽培されていま

られる高麗人参

す。高麗人参はウコギ科の多年草のハーブです。学名ではPanax

schinseng Nees (オタネニンジン)と知られています。
人参は通常、およそ60センチメートルの高さに育ちます。茎
は毎年1本だけ直立または斜めに生じ、その根は桔梗のそれと似
ています。茎の頂に3 4個の葉が輪生し、4月に淡緑色の花が咲
き、花が散ると丸くて赤い実がなります。
世界の他の地域で生産された人参と区別するために、韓国で
生産された人参は韓国の英語名で引き合いに出される「高麗」の名
をつけて、「高麗人参」と名づけられました。高麗人参の「人」はニン
ジンの根が人の形に似ていることからつけられたもので、人の形を
取らない別種の「参」とは区別されます。
奥深い山で育つ人参を山参(サンサム)と言います。しかし、
この山参は極めてまれにしか見つからないため、標本をとって
栽培されるようになり、今日では山参を求める消費者のニーズ
を満足させられるようになりました。高麗人参の高い評価は山
高麗人参T&&&

高麗人参の図鑑

花と実
花は5月半ばか末に咲き始め、実は3、4年後に
実ります。種は4年生の人参からとります。実
は初めは緑色ですが、徐々に赤くなります。実
の果肉の下に硬い種があります。

葉柄



根茎


掌状複葉(しょうじょうふくは)。その名の通
り、手のひら状の葉。
葉柄
通常、新しい葉柄は毎年できるので、6年を経
た人参(6年根)は六つの葉柄を持ちます。豊か
な気候の中では根が大きく育ち、時々さらにも
う一つの葉柄できたりします。

主根


通常、一つの根に一本の茎ができます。
支根

毛状根

&&'T韓国文化へのガイド


人参の大きな根は根茎、主根、支根と毛状根から
成ります。6年ほどで根茎、主根、支根は適当に
バランスの取れた、人体に似た形になります。

参から始まりました。昔は、山奥に住む人たちでさえこの山参
を探すのは非常に大変で、根気が要りました。今でも「シンマニ」
と呼ばれる人たちが、神秘の霊薬を求めて山奥の深い谷間をさ

山参(サンサム、野生の人参)は
不思議な万能薬と知れており、
サンシンリョン(山の精霊)の姿
で表現されたりします。

まよっています。「シンマニ」とは「野生の人参を集める人」という
意味 です。
アメリカ、日本、中国、ロシアなどの地域にも人参と類似し
たものがありますが、高麗人参とはその系統や形態、そして成
分上に違いがあります。高麗人参は五加皮科 (Araliaceae) のパ
ナックス属の人参の種と分類されており、Panax ginseng C.A.
Meyerという学名を持っています。米国およびカナダ地域で生
産される人参は西洋サム、クァンドンサム、洋サム、ポサム(泡
参 )、 中 国 南部の雲南省、江西省で 生 産 さ れ る 人 参 は 田 七 参
(Panax notoginseng F. H. Chen)と呼ばれます。日本の人参は

Panax japonicum C.A.マイヤーの学名を持ち、竹節参といいま
す。最近、ヨーロッパやアメリカで売られているシベリア人参
高麗人参T&&(

Ҷ

ҶҶ

ҶҶҶ

Ҷ高麗人参の花

(Siberian ginseng) は刺五加皮 (Eleutherococcus senticosus)

ҶҶ高麗人参の実

で、パナックス属の植物ではありません。人参の生物学的な特
性は栽培地に関する選択性が強く、気候や土質など自然環境が

ҶҶ
Ҷ栽培した高麗人参を手に
とって見せる農夫

相応しないところで人参を生育させることは大変困難です。人
参の生育に最適な韓国で生産される人参を「高麗人参」と呼び、世
界から高い評価を得ています。
人参の栽培が始められたのは16世紀からだと一般的に考えら
れています。中国明の李時珍が著した「本草綱目」(1590年刊行)に
人参の耕作や売買について記述しています。この本は動物、植
物、鉱物などについて、その産地、形態、薬用などを記述したも
のです。古代三国時代の734年に新羅の第33代聖徳王が羅参(ラ
サム)を唐に贈り物として送った記録があります(「三国史記」)。高
麗時代末期になると人参の貿易量増加と無分別な採取で山参の希
少価値はさらに高まりました。一部では山参の種子や苗を密かに
山奥に植えて栽培する「山養参栽培」が行われました。これが人工
栽培の初めと思われます。文献上いつから栽培が始められたのか
は正確な年代は明らかではありません。ただ言い伝えによると、
高麗時代に全羅南道和順郡同福面(チョンラナムド・ファスング

&&)T韓国文化へのガイド

ン・ドンブクミョン)の崔氏の姓を持つ者が重病に罹り、その妻

人参畑

が山の神に病気治癒の祈願をして山参を手に入れた。その種子を
栽培したのが人参栽培の初めだと言われています。この同福参
(トンボクサム)が開城(ケソン)商人によって知られるようになり
ました。最近発表された資料によると、この同福参の始まりの地
が全羅南道和順郡同福面母後山(モフサン)周辺であることが明ら
かになりました。
人参に最適の気候と土質に関する韓国の専門知識は、高麗人
参を世界市場で最も貴重なものにしました。次は最適の人参栽
培法に関してです。

高麗人参T&&*

きつい労働と献身によって育てら
れた人参は市場で売買されます。

1. 温度:年間平均9 13.8度。夏季は20 25度。生理的欠陥は
約35度で現れる。
2. 降水量:毎年700 2000mm(1100 1300mmが最適条件)。
比較的降雪量は少ない方が望ましい。
3. 日照:1/8 1/13の強さの自然光。直射日光は人参に有害。
4. 土:カリウム含有量の多い砂壌土。
5. 場所:北または北東方面に5 15度傾斜しているところ。
(排水がよい地域であること)
6. 野生の人参が育つような環境、例えば腐葉が堆積するよう
な環境を作る。化学肥料の使用は禁止。
本来、韓半島の気候と土は、上記の条件にすべて適合します。
このように、ほとんど韓国の全地域で育てることができます。
人参の効能は、多くの文献で広く論じられています。中国最
古の薬草書である「神農本草経」には上・中・下の薬草の分類で、

&&+T韓国文化へのガイド

6年根の人参に蒸気を当てて、乾
燥させて作った紅参(ホンサム)

人体の形をした高麗人参

高麗人参を「上品」の薬草に位置付けています。人参が消化器系を
保護し、神経を静め、視力をはっきりさせ、長期間服用すれば
心身を軽くし機敏にすると記しています。
高麗人参は特定の病気に対する治療剤というより、むしろ健
康増進剤または強壮剤として用いられます。伝統的な漢方学で
は、高麗人参の効能を公式に下記のように記しています。身体
器官の働きをよくさせる、精神や神経を安らかにする、胃腸の
調子を整えて強くする、心がおおらかになるなどとしていま
す。このように消化不良や新陳代謝の不良などに薬能がありま
す。また、胃もたれ、慢性消化不良、胸やけ、嘔吐や食欲のな
い人にも服用を勧めています。
数世紀にわたって神秘のベールに包まれていた高麗人参を科
学的に明らかにしようとする動きが1950年代から始まりまし
た。製薬と臨床研究面での高麗人参の効能ばかりでなく、栽培
法、取り扱い方や加工法など、あらゆる側面で高麗人参を研究

高麗人参T&&,

人参の特性と効能に関する科学
研究は今も続けられています。

し、人参の本場としてその評判を高めました。
人参の主要構成成分はサポニンです。このサポニンは、疲労
を癒すのによく、身体の働きを強化し、新陳代謝や血行にもよ
く、血糖値を下げる働きをします。最近の理論的な分析法で
は、人参の基本的な効能は滋養強壮にあることが明らかになり
ました。体の抵抗力を高め、体の調子を整えるのによいとされ
ています。より詳しくは、ストレスに対処する副腎皮質の能力
を強化して、グルココルチコイド(副腎皮質ホルモン)の生成を容
易にします。大脳皮質とコリンを刺激することによって、人参
は血圧を下げ、呼吸増進、血糖値を下げ、インシュリンの働き
を助け、赤血球とヘモグロビンを増やし、消化器官を強化しま
す。また、人参に対する研究に、バイオタンパク質とDNAの形
成を容易にしてがん抑制の働きがあることを証明するための研

&&-T韓国文化へのガイド

究が活発に進められています。
高麗人参が不老不死の霊薬という長年の確信が科学的に実証

錦山(クムサン)人参祭りに参加
した参加者たちが誇らしげに人
参を手に持って見せています。

されるようになりました。高麗人参は古くから伝統医学で多く
用いられた中心薬剤です。現代科学が胎動する前から、その不
思議な効能に対する真実性を受け入れ、日頃から高麗人参をお
茶や 酒にして服用してきました。

高麗人参T&&.

韓服
(ハンボク)

&'%T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

ҶҶ

韓服
(ハンボク、韓国の伝統衣装)
韓国の通りを歩いていると、ジーンズやスーツ、シックなデザイ
ナー・ブランドものなどを身につけた人たちを目にすることがで
きます。しかし、このなかで目を見張るほど印象に残るのは疑い

Ҷ結婚式の伝統衣装を身に着け
た花嫁花婿姿の紙人形。
Ҷ
Ҷチョゴリのコルム

もなく韓服です。韓服は韓国の伝統衣装ですが、今では主にお正
月などの伝統休日や結婚式、家族バーティーの時に礼服として着
るようになりました。
韓服の特徴は単純なラインとポケットがないことです。女性
の韓服は裾が広いスカートとボレロのようなジャケットで構成さ
れており、チマ・ジョゴリともいいます。チマはスカートの韓国
語で、チョゴリは上着という意味です。男性の韓服は短いチョゴ
リとバジ(ズボン)から成っています。幅広いパンツを足首のとこ
ろで畳んできつく締めます。このパジ・チョゴリやチマ・チョゴ
リの上にトゥルマギというロング・コートを羽織り、この三つが
一つのアンサンブルになっています。
今日着用される韓服は儒教を崇めていた朝鮮時代(1392 1910)
に出来上がったものです。当時の支配階級だったヤンバン(両班)
韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)T&'&

&''T韓国文化へのガイド

は経済的に豊かだったことはもちろん、学問を尊み、特権を世襲
する貴族でした。ヤンバンは寒い冬は明るい色の単純で模様入り
の絹の韓服を、暑い夏には高価で軽い素材のカラムシで作られた
韓服を着用しました。身分社会だったために法によって着用でき

直線と曲線との絶妙な組み合わ
せである韓服。韓服を着た女性
は身丈の短いチョゴリ(上着)と
たっぷり膨らませたチマ(スカ
ート)の組み合わせで上品に見
えます。(左)

る素材や色が決められていました。平民は麻と綿の素材に、白、
時には淡い桃色、淡い緑、灰色、濃灰色を身に着けました。
結婚前の女性は赤いチマに黄色のチョゴリを着て、結婚した
女性は赤いチマに緑のチョゴリを着ました。現在は、婚約式の時
に女性はピンクの韓服を着、結婚式の時には西洋スタイルにウェ
ディングドレスで式を挙げます。また、式を挙げた後、嫁ぎ先の
家族や親族に挨拶をする時、ハネムーンから帰ってきてご両親に

伝統韓服の美しさとモダンなデザ

挨拶する時は赤いチマに緑のチョゴリを着ます。そのほかの行事

ションショー。

インの韓服の良さを見せるファッ

韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)T&'(

韓服を着た家族

にはどんな色の韓服でも構いません。
朝鮮時代には平民は刺繍、手書きの絵、金箔を押した絹物を
はじめ、スカートの幅が10幅もしくは11幅以上のものは着用が
禁止されていました。また、ヤンバンと区別するためにスカート
は右巻きと決められていました。これに対して、ヤンバンは幅が
12幅の広いスカートをはき、スカートを左巻きにしました。韓服
の下には現代の女性もそうですが、ハイ・ウェストの長いスリッ
プのような下着に短めのズボンとチョゴリより小さめの肌着を着
けました。スカートをたっぷり膨らませるために下着をいくつも
重ねて着たりしました。これは厳しい寒さを凌ぐのにも大いに役
立ちました。
今日では幅が2幅半のスカートが一般的です。また、着やす
いように肩紐付きのスカートとなっています。韓服のラインを生

花が刺繍されている上流社会の
女性の靴

かすために、スカートの巻き紐をきつく締めて胸元を押さえつけ
ます。歩く時にスカートがパタパタして下着が見えないように、
スカートの左端を手で押さえつけます。老婦人の中にはしばしば
右の胸元にスカートの端を差し込んでスカートが開かないように
する人もいます。

&')T韓国文化へのガイド

Ҷ
Ҷ

Ҷ着付けを終えた韓服の女性
Ҷ
Ҷチマチョゴリの作り方が図に載っている。
(1827年刊行)

Ҷ
ҶҶ女性が外出する時は上半身をすっぽりかぶる
コートのようなショール、チャンオッ。
Ҷ
ҶҶ
Ҷ春の遠足にでる妓生(キーセン、朝鮮時代の芸人)

ҶҶ

ҶҶ
Ҷ

ҶҶ
ҶҶ

韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)T&'*

&'*T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ

大部分のチョゴリはスナップ付きか内側
に紐をつけて結んだりします。チョゴリの両
縁についている長いリボン状のオッコルムを
結びます。オッコルムは韓服の美しさを審査
する三つの重要な基準のひとつです。残りの
二つは、チョゴリの袖とキッ(襟)です。キッ
の上にトンジョンと呼ばれる取り外し可能な
白い襟を仮縫いします。
韓服にはポケットがないので、女性も男
性も財布またはチュモニを手に持ちます。
チュモニは基本的に四角い台形状のものと
丸いもの、二種類あります。両方とも締め
紐で結びます。これらのチュモニは持ち主
の地位と性別によって精緻な結び目と房で
飾られます。
韓服の基本的な要素と装身具は、もっと前
の時代に作られました。今日のツー・ピース
の韓服は以前からこうした衣装だったわけで
はありません。古代の三国時代(前57 後668)

韓服を身に着けた外国人たち

には高句麗、百済、新羅の衣装はそれぞれ異なりました。4 6世
紀の高句麗の壁画を見ると明らかです。壁画にはズボンとブーツ
のような履物に、袖幅が狭いチョゴリを着ている男女の姿が描か
れています。これは北部の厳しい気候の影響を受けたものと見ら
れます。また、地形などの自然環境と乗馬を常とする遊牧民の生
活様式によるものと思われます。百済と新羅の衣装は類似してい
ます。
隣国の中国唐から伝えられたマンダリン・ローブは648年に新
羅の王族や官吏服に取り入れられ、固有の衣服の上に羽織りまし
た。高貴な女性は床まで届くスカートやズボンをはき始め、袖口
が広い腰丈のベルト付きのチョゴリを着ました。貴族の男性は広
いズボンを足首で締め、腰に帯を締めるチュニック・スタイルの
優雅な韓服を身に着けた若いカ
ップル(右)

&'+T韓国文化へのガイド

チョゴリを着ました。
935年に高麗が新羅にとって替わり新しい王朝を開きました。

韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)T&',

伝統衣装の韓服と装身具

高麗は韓国の英語名と成った国名です。高麗は仏教を国教に定め
たことから仏教文化、印刷文化、陶磁器が全盛期を迎えました。
この時代にはスカートを腰より上に引っぱりあげて広い帯を胸の
上で結びつけました。この衣装はずっと高麗時代の間続きまし
た。チョゴリも短くなり、袖も直線からわずかに曲線を描くよう
になりました。それと同時に女性は長い髪を三つ編みにして頭上
に載せました。
1392年に朝鮮王朝が高麗に取って代わりました。朝鮮王朝は
高麗の李成桂(イ・ソンゲ)将軍によって開かれました。その子孫
は500年以上もこの国を統治しました。朝鮮時代の初めは形式と
礼儀を強調する儒教を基本イデオロギーとし、貴族や平民の生活
様式、結婚式や葬式の儀式にまで基準を提示しました。男性の高
潔さ、女性の貞節さを最高の社会価値とし、そうした価値観は人
々の衣装にまで影響を与えました。男性の韓服はほとんど変化が
見られないのに対して、女性は数世紀を経て多くの変化を遂げま
した。

&'-T韓国文化へのガイド

15世紀には、女性は身丈が長いチョゴリとプリーツがたっぷり

モダンな韓服を着たモデルたち。

ある長いスカートで体型を完全に隠しました。時間の流れととも
にチョゴリはちょうど胸元を隠すほどまでに短くなり、チマは脇の
下から広がるようにして、今日のような韓服になりました。
今日では韓国固有の韓服からインスピレーションを得ようと
するデザイナーが増えました。トレンディーなライフスタイルに
合わせて、多様な伝統衣装を参考にして韓国の
「粋」
を表現したユ
ニークなファッションを作ろうしています。韓服をはじめ、その
他の伝統衣装や装身具、伝統衣装の裁断の仕方を受け入れて、今
風に改良した韓服を披露しています。こうした改良韓服を専門に
扱う店があちこちに見られ、実際に多くのデパートに店舗を出し
ています。
長い歴史を持つ韓服はこれからも受け継がれ、韓服の影響を受
けた衣服が未来の韓国の通りを優雅に飾ることでしょう。

韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)T&'.

&(%T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

装身具

Ҷ

ҶҶ

装身具
「装身具」という用語は装飾する目的で身につけるものを指します。
韓国ではこれらの装身具は単に美しいものをさらに美しく飾る
ためではなく、幸運を招き、厄払いのために身につけるもので

Ҷノリゲ、韓国の伝統衣装韓服
の装身具

Ҷ
Ҷ韓服を飾る装身具

した。また、装身具はそれを身につけた人の社会的地位を表す
ものでもありました。こうした装身具の歴史は古代にまでさか
のぼります。
装身具の歴史は勾玉(まがたま)状の翡翠、動物の骨の首飾り
が発見された新石器時代にさかのぼります。動物の骨で作られ
た原始的なヘアピンとくしは、先史時代からありました。
高句麗、百済、新羅の三国が角逐していた古代三国時代に
は、金、銀、青銅の見事な細工が施された装身具がありまし
た。この時代の最も代表的な装身具は髪飾り、首飾り、耳飾、
胸飾り、腕飾り、王冠と冠、指輪などです。3、4世紀の髪装飾
品にはより繊細な細工が施された櫛、かんざし、髪を留めるヘ
アピンと留め金などがあります。新羅の古墳から発見された櫛
は漆塗りのもので、くしの歯がか細くなっていました。百済の
第25代武寧王(在位501 523)の陵(みささぎ)から発見された金の
ディコジ(王冠などが外れないように髪に留めていた装飾品)は金
装身具T&(&

金と翡翠のはめ込
み細工で飾られた
統一新羅時代の櫛

英親王妃の大三作(三つの
ノリゲを一つの作品に仕立
てたもの)−トゥルマギ(チ
マチョゴリの上に羽織った
コートのようなもの)やチ
マ(スカート)の上に胸元に
つけていた。(朝鮮時代)

武寧王陵から出土された金製の髪刺し(百済、国宝159号)

高句麗の鳳凰の形の装身具。服を着飾るときに使われた。

&('T韓国文化へのガイド

板の三角形の部分と三つの枝の部分で構成されています。三角 

形には鳥が羽を広げた姿で、三つの枝の部分が長い鳥の尻尾の
ようになって全体的に飛ぶ鳥の形を現しています。高麗時代に
はさらに繊細で見事な鳳凰が細工された髪飾りなどが発見され
ました。
高麗時代の装身具に男性のまげをとめるのに使うヘアピンが
あります。こうした実際的な目的に使われたものにも装飾的な
飾りが施されました。すばらしい金のかみ止めは形も大きさも
多様です。
朝鮮時代(1392 1910)には、豪奢な装身具の使用は国法に
よって禁じられました。金銀の使用制限も厳しく取り締めたた
めに、この時代に作られた装飾品の芸術的な価値は下がり、劣
化しました。しかし、こうした制約のおかげで金銀以外の材料
を使った装飾品が盛んに作られ、広く愛用されるようになりま
した。
身分社会だった朝鮮時代には、社会的な身分によって身につ
けるビニョ(韓国のかんざし)の材料や形などが制限されました。
身分が低い人は木材、角、ニッケル、真鍮などが使われまし
た。王室や上流社会の女性は金、銀、真珠、翡翠と珊瑚ででき
ているビニョを髪に飾りました。
ビニョの先頭の形は社会的地位によっても異なりました。王
妃や王室の女性、上流社会の女性は龍や中国の鳳凰などがデザ
インされたビニョを使いました。一方、平民は質素なキノコの
形のビニョを使いました。ビニョの先頭の形や材料も、季節に
よって違います。
このほかに、礼装する時に使われた髪飾りにチョプチとトル
チャム、テンギなどがこの時代に現れました。チョプチ(疊地)は
宮中では階級を明らかにするために平常でもチョプチを飾りま
したが、上流社会の女性たちは礼装の時だけつけました。王室
の女性は鳳凰の形のものを、一般人はカエルの形をしたものを
しました。トルチャムは上流社会の女性が礼装する時につけた
髪飾りです。形は丸いもの、四角いもの、蝶状のものなど様々
です。台の部分に七宝細工や真珠、ほかの貴金属が惜しみなく
装身具T&((

飾られました。
ディコジは、チョクモリ(既婚女性は髪を一つにまとめて後頭
部に丸くのせた、シニョンのような髪形のこと)につけたビニョ
以外のすべての装飾品のことを言います。先が尖がった単純な
ディコジのほかに、実用性も兼ねた耳掻きのディコジやビッチ
ゲ・ディコジがあります。ビッチゲとは髪を真ん中に分ける時
や櫛の歯についたごみを取る時に使われる道具です。菊、蓮、
杏の花や蝶の形などが人気があり、材料も珊瑚、翡翠、貴金
属、七宝、真珠が使われました。テンギは未婚の女性がする、
三つ編みをした髪につけたリボン状の髪飾りです。テンギには
金印を押したものなどいろいろありました。
こうした髪飾りのほかに、韓民族は伝統的に耳飾を好んでつ
けました。耳飾の使用は先史時代にまでさかのぼります。そし
て、時が経つにつれて、贅沢で繊細なものになりました。先史
時代の耳飾は動物の骨や勾玉状の翡翠などで作られました。古
代の遺物から、耳飾は早くから様々な形のものがあったことが
判っています。
とりわけ、特記すべきことに三国時代には男女ともに耳飾を
よくつけていたということです。この時代の耳飾は形によって
三種類に分けられます。一つは環が一つだけある素環式、次に
金製細環に中間飾の環がつけられたもの、残りの一つは中間飾
に垂れ下げの装飾がついているものです。耳飾に使われた素材
は金、銀、金銅などで中で最も人気があったのは金の耳飾でし
た。高麗時代には純金の耳飾が多く使われ、三つの環をつけた
だけのシンプルなデザインの耳飾から丸いビーズが装飾された
耳飾など多様です。朝鮮時代には耳飾のつけ方に大きな変化が
ありました。それまでの耳飾はピアスをしていましたが、ただ
耳につけることができるようになりました。時々、五色のふさ
飾りは装飾のない耳飾を補うのに用いられました。この種の耳
飾は儀式用のもので、常用していたわけではありません。
韓国の首飾りの使用は、先史時代にさかのぼります。この時
代には動物の歯、骨、管状の翡翠と翡翠石など多様な材料で造
られました。3世紀から7世紀にかけて首飾りはさらに人気を集
&()T韓国文化へのガイド 

三つ編みした女性の髪を結ぶ
のに使われた金箔入りのテン
ギ(朝鮮時代のもの)

上げ髪を飾った髪刺し(朝鮮時代のもの)

豪華なビニョ(韓国の簪)

七宝、真珠、ほかの貴金石で飾られた豪華なトルチャム(朝鮮時代のもの)

装身具T&(*

首飾り(新羅時代のもの)

白い宝石の指輪
(朝鮮時代のもの)

金銀の腕飾り

金製の指ぬき(新羅時代、5、6世紀のものと推定)

&(+T韓国文化へのガイド

金製の太環式の耳飾(新羅時代のもの)

めるようになりました。形もより多様になりました。首飾りは
一本鎖または2、3、4または6本の複数の鎖のものをつけまし
た。人気のある素材は金と翡翠でした。
胸飾りは装飾的な目的のために胸につけられた物で、その長
さで首飾りと区別します。先史時代に見られる初期の胸飾り
は、貝に孔をあけて糸などでつないだものでした。新羅の胸飾
りはさらに贅沢で、見事な細工で飾られました。とりわけ、金
鈴塚で発見された胸飾りは細工も素晴らしく、152のビーズが惜
しみなく飾ってあります。皇南大塚で発見されたもう一つの胸
飾りも金、銀、ガラスと翡翠で見事に細工されたものでした。
韓国史を通して広く人気を集めた装身具の一つは、腕飾りで
す。初期の腕飾りは原始的で、貝で作られました。時間が経つ
につれて青銅、翡翠、ガラスのような多様な材料を使った豪華
なものになりました。三国時代には腕飾りは耳飾や指輪といっ
しょに最も人気のある装身具でした。この時代の遺物から多数
の腕飾りが発見されたこともこの事実を証明しています。そし
て、これらのほとんどは翡翠、ガラスと金属で作られました。
指輪も大変人気のある装身具の一つでした。先史時代の早く
から、韓民族は装飾の目的で指輪を使いました。青銅製の金属
板で作られた指輪が先史時代の跡地から発見されたことは、早
くから指輪を使っていたことを証明しています。
新羅の遺跡から多数の銀の指輪が発見されました。贅沢で洗
練された細工が施された指輪からその当時どれだけ高い技術を
持っていたのかを如実に見せています。
高麗時代の代表的な指輪は、緑の宝石用原石のメノウと一緒
に飾られた金の指輪です。その他にアラベスク模様が浮彫りさ
れた純金の指輪、ギザギザのデザインの銀の指輪、見事な彫刻
細工が施された銀の指輪となんの装飾的なデザインもない質素
な銅の指輪もあります。
朝鮮時代は指輪はノリゲと一緒に最も人気のある装身具でし
た。材料も多様で、金、銀、七宝、翡翠、メノウ、琥珀、緑の
翡翠、真珠と青銅などがあります。
冠帽(かんぼう)は、王や官吏たちが頭にかぶるものを指しま
装身具T&(,

Ҷ

ҶҶ

Ҷ金冠(新羅時代のもの)

す。これらは装飾的な目的に加えて着用者の社会的地位を表し

ҶҶ金冠の装飾に使われた金製

ました。地位が高ければ高いほど、冠帽はより贅沢になりまし

の冠飾

た。三国時代には各国がそれぞれ異なる社会構造を持っていた
ため、各国の冠帽も独特のスタイルを開発しました。高句麗の
冠でよく知られたものは、平壌(ピョンヤン)の淸巖洞土城址で発
見された透刻火焰文金銅冠です。この金銅冠は広い金銅冠の台
に透かし彫りした炎の形をした立体式の飾り(火焰文立飾)を九つ
立てて、両側に一つずつ装飾を垂れ下げました。また、大同郡
ファソンリの古墳から出土した透かし彫りの半月模様の立体式
装飾がつけられています。
羅州潘南(ナジュ・バンナム)地域の百済古墳から出土された
金冠は、幅広いバンドの前面と左右両側にそれぞれ一つずつ豪
華な装飾を立てました。百済の印象的な冠の一つである武寧王
陵から出土された金製前後冠飾には、薄い金板に透かし彫りの
仏像の後光を表す炎の模様がついています。
これまで知られている新羅の金冠は、幅狭い冠の帯に五つの

&(-T韓国文化へのガイド

Ҷ

Ҷ
Ҷ

立飾を立てたもので、前面の左右両側に三つの立飾は小さい枝

Ҷチョクトゥリを髪に載せた新婦。

を伸ばして連続して山字形を作っており、後面の左右両側に二

Ҷ
Ҷ花冠−礼装の時に使われる
公式の女性冠帽(朝鮮時代のもの)

つの波状の立飾がつけてあります。
高麗時代の冠帽は中国の影響を強く受けました。冕旒冠(ミョ
ンリュウカン)は大儀の際に着用した冠で、長方形の板状の帽子
の前後に珠玉を連ねた糸状の飾りを垂らしたものです。遠遊冠
(ウォンユカン)は黒絹で作られたもので、九つの梁の前後に18個
の五色の玉がつけてあります。䇔頭(ボクド)は科挙試験に合格し
た人が合格証書(紅牌)をもらうときにかぶった冠のことです。紗
帽(サモ)は官吏たちが官服を着用したときにかぶる黒紗の帽子で
す。今では伝統結婚式に新郎がかぶります。朝鮮時代にもうこ
うした中国式の冠は引き続き着用されました。ゴン(巾)は成人の
男性がまげをしていた髪が乱れないように額から後頭部にかぶ
るものです。このマンゴンが出てきたのは朝鮮時代半ばになっ
てからです。額のところに翡翠のボタンやシラサギの羽毛と紐
が装飾を目的につけられました。

装身具T&(.

女性の冠帽もより贅沢になって、花冠
と「チョクトゥリ」と呼ばれる伝統結婚式の
新婦がかぶる帽子がありました。主に儀式の
礼装の時に着用されました。
朝鮮時代の代表的な装身具は「ノリゲ」です。ノリゲは女性の
カッ(朝鮮時代の男性の被り物)

チョゴリ(上着)のコルム(結びリボン)やチマ(スカート)につけてい

を作っている工人

た装身具です。ノリゲの材料には金、銀、銅の他に、例えば白
の翡翠、緑の翡翠、メノウ、赤翡翠、青石、未加工のダイヤモ
ンドと孔雀石のような貴金石を使いました。琥珀、珊瑚、真珠
と七宝、螺鈿細工もよく使用されました
ノリゲはコウモリ、カメ、蝶、カモ、金魚、セミとスッポン
のような動物のデザインなど多様です。また、トウガラシ、ナ
ス、ブドウの房、ドングリ、くるみのような植物の形を取った
ものもあります。ノリゲの形は日常生活に使われるもの、例え
ばビン、ポーチ、鈴、ヒョウタン、太鼓、チャンゴ(中間部がく

&)%T韓国文化へのガイド

びれた太鼓)、めがねケースなどから取ったものもあります。
女性が持っていた装身具に「ウンジャンド」という短剣があり

装身具の一つである結びを作っ
ている外国人たち

ます。これは自衛の目的の他に装飾的な目的で使われました。
形態は円筒形の短剣や「Z」字型のもの、正方形と八角形のものが
この時代の典型的なものでした。

装身具T&)&

刺繍

&)'T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

刺繍
刺繍は人類が初めて服を作り始めた先史時代から始まったと思
われます。人々は、魚や動物の骨で作った針で動物の皮、樹皮

刺繡四季盆景図(宝物第653号)。
高麗時代のもの。

や木の葉を縫ったり編んだりしました。後に、文明が徐々に発
達するにつれて、金属製の針で衣服を作るようになり、刺繍も
するようになりました。
それ以降、刺繍は織物を飾る一つの芸術として発展するよう
になり、ほかの文化がそうであったように、その国の生活環境
や習慣、宗教の影響を受けて発達するようになりました。
韓国の刺繍には長い歴史があります。時間が経つにつれて、
刺繍は韓国の理想的な美を現すようになりました。機織や縫い
物をする中、刺繍はすべての日用品に美を刻みつける方法の一
つでした。刺繍はすべてのステッチにデリケートな手の動きと
根気強さが求められます。刺繍には「韓国らしさ」を最大限に表現
できるすべてが盛り込まれています。
先史時代の遺跡から粘土や石の紡錘車(ぼうすいしゃ、繊維に
撚りをかけて糸を紡ぐ時に使う弾み車のこと)、骨製の針、針のポ
ーチが発見されました。青銅器と鉄器時代を経て、金属製の道具
は農業を発展させ、農産業は目覚しく発達していきました。
刺繍T&)(

衣装に刺繍をしている女性

韓国では麻と桑を栽培して綿と麻を生産してきました。織物
の発達は、刺繍の発達を招く結果となりました。刺繍は持ち主
の社会階級と身分を示すものとして、衣装、旗、乗り物などを
飾るようになりました。
三国時代に全般的な生産技術が大いに発達しました。織機が
開発され、織物技術は進歩しました。様々な織物が生産された
ばかりでなく、その品質も改善されました。当然ながら刺繍も
広まりました。金糸で刺繍されたものが慶州(キョンジュ)の天馬
塚から発見されたことは、この時代の刺繍文化を窺い知るのに
十分です。
統一新羅の時代には、衣服はいうまでもなく馬の鞍や馬具な

&))T韓国文化へのガイド

どあらゆる日常用品に刺繍が施されました。また、仏教刺繍も
ありました。834年の第42代興徳王(在位826 836)治世に特定の
衣装に対する禁止令(服色制度)が発表されました。これは骨品
(ゴルプム)制度(新羅の身分制度)に従って厳しく織物の使用を管
理するためのものでした。この時代には寺院の建設や寺院の装
飾のために多くの信者が熱心に寄付しました。この傾向が広ま
るにつれて、第40代の哀莊王(在位800 809)は木材の浪費を防ぐ
ために新しい寺院の建設を禁止し、既存の寺院の修理のみ許し
ました。仏教用具に使われる金糸の使用も禁止されました。こ

芬皇寺(ブンファンサ)の跡から
発見された金銀の針。韓国最古
のもの。

れは寺院の正殿である法堂に飾られた刺繍のことです。
織物、染色、裁縫を担当する工房があり、中国に絹を輸出し
ました。また、この時代に染色技術が大変発達しました。こう
した染色技術の発展は、織物と色糸の多様化を招きました。
高麗時代の刺繍は極端に豪華になりました。この時代の刺繍
は服飾刺繍、機用刺繍(生活刺繍)、鑑賞刺繍、仏教刺繍に分類さ
れます。
服飾刺繍は衣類を飾るために刺繍されたものを言います。衣
類は着る人の社会的地位や身分によって厳しく管理されまし
た。例えば、1034年の第9代徳宗(在位1034 1034)時代に子供た

Ҷ装身具に施された花の刺繍

ちや女性に金製装飾が施されたヘアピンと絹服の刺繍を禁じま

Ҷ
Ҷ袖の裾に美しく施された刺繍

Ҷ

Ҷ
Ҷ

刺繍T&)* 

した。1043年の第10代靖宗(在位1035 1046)の時代には平民の
男女は絹に金糸で龍や鳳凰柄を刺繍したものを禁止しました。
また、1144年の第17代仁宗(在位1122 1146)の時代には衣類
の金糸と鉢の翡翠装飾を禁止しました。このことから服飾刺繍
がどれだけ繊細で優雅だったのか推測するのに事欠きません。
この時代の王妃や貴族の女性は刺繍のある赤い衣装を楽しみ
ました。王に付き添う近衛兵は主に五色の花と鳥の模様が入っ
た絹服にしばしば五色の花が刺繍された帯を締めました。
機用刺繍は宮殿で使われる様々な道具に刺繍で装飾したもの
です。鑑賞刺繍は、一種の芸術作品として発達した刺繍です。
刺繍は様々な装身具に施されただけでなく、居間や寝室の仕切
りに使われた屏風にも広く刺繍が使われました。
仏教刺繍というのは仏教に関連した刺繍のことです。高麗
時代では仏教を国教とし、仏力で国を守護し繁栄すると信じて
いました。その結果、いつどの時代よりも仏教に関する用具が
繁栄し、仏像や寺院のいたるところを刺繍で飾るようになりま
した。
朝鮮時代には、政治的、経済的、社会的、文化的に多くの側
面で著しく変化しました。この時代は農業第一主義を基本原則
に、商業・産業抑制政策を基本枠組みとして提示したために産
業工芸は発達しませんでした。その結果、農民は主要活動であ
る穀物の生産に集中し、美術品の手工芸は二の次の問題になり
ました。こうした状況にもかかわらず、衣類の生産は盛んに行
われました。
衣類の生産や機織、染色にかかわる繊維産業は女性で補充さ
れるようになりました。女性労働者は、生産性増進のためにこ
うした仕事に携わることを奨励されました。また、あらゆる女
性の美徳の一つとして強調されました。
朝鮮時代初期の「胸背(ヒュンベ)」制度は注目に値します。刺繍
の発展とかかわりのあるこうした制度は官吏体制のシステム化に
よって作られました。官庁組織のマニュアル化は三国時代から高
麗時代にかけて発展してきました。15世紀もの間、こうした政府
組織のマニュアル化は朝鮮時代初期に頂点に達しました。

&)+T韓国文化へのガイド 

トルティ−生まれて最初の誕生日を
迎えた子供に長生きを願って締めさ
せた帯。

筆囊 (ピルナン)−筆を入れ
るポーチのこと。

チュモニ お金や個人の所持品を入れる

香囊(ヒャンナン)−香を入れるポーチ。

ポーチ。

鶴と鹿の刺繍、
朝鮮時代のもの。

スジョジプ−お箸セットを入れ
るポーチ。幸運と長寿を願うシ
ンボルが刺繍してある。

刺繍T&),

韓国の伝統衣装韓服に施された
刺繍

胸背は文官と武官の階級を刺繍入りのエンブレムで表したも
ので、1453年に始めて施行されました。その後、数度の修正を
経て改善された胸背は徐々に豪華になっていきました。
一種の公的な使い古しの刺繍として、胸背の刺繍はこの時代
の刺繍の発展ぶりを理解するのによい資料となりました。胸背
のような刺繍や織物の生産に動員された職人は国で最も熟練し
た職工でした。職工たちは中央官庁と地方官庁に配置され、王
室や高級官吏が使う衣類と他の織物製品の生産、刺繍などに携
わりました。
これらの組織以外に、王室で使われる衣類の刺繍を手がける
「繡房(刺繍室)」がありました。教養や専門技術があるレベルに達
した女性は宮廷の繍房で働くために試験を受けて宮殿に入り、
宮廷で必要に応じて刺繍をしました。朝鮮時代には職人組織と
繍房の相互関係は宮殿刺繍の基礎を造り、こうした宮女が刺繍
したものを宮繍(クンス)と呼びました。宮繍の伝統は朝鮮王朝の

&)-T韓国文化へのガイド

胸背(ヒュンベ)−官服の胸と背
に職階を現す刺繍入りの標章。
王妃のための刺繍入り座布
団、朝鮮時代のもの。

王や王妃には龍もしくは鳳凰の
刺繍が施された。

胸元に胸背をつけた朝鮮時代の
官吏の姿。

職階を表す刺繍入り標章である胸背の研究は、朝鮮時代の刺繍の発展を理解するのに役立ちます。

刺繍T&).

最後まで続きました。
宮繍に相対するものとして、一般人によって行われた「民繍(
ミンス)」がありました。非常に特殊化された宮繍と違って、民繍
は家族やその地方に伝わる手工業で、主婦である女性はこうし
た手工業の遂行に携わってきました。その結果、標準化された
宮繍に比べて民繍はそれをつくった個人の特徴をよく映し出し
ました。韓国の伝統刺繍を機能別に分類すると、それは屏風刺
繍、服飾刺繍、仏教刺繍に分けられます。
刺繍された屏風は人生における主な通過儀礼で重要な役割を
演じました。たとえば、記念日や六十歳の誕生日を祝う祝宴会
や葬式、式典などで広く使用されました。刺繍された屏風は、
寺院、舎堂、宮殿、客室、講義室だけでなく、家のいろいろな
部屋に使われました。
そのため、刺繍入りの屏風は非常に多様です。屏風には大抵

&*%T韓国文化へのガイド

花と鳥、十長生(長寿する10のシンボル)、「寿福」という漢字が刺
繍されました。花鳥屏風、シャクヤク、キク、スイレン、スモ
モの木と桐はキジのカップルやオシドリ、鳳凰またはカモとの
組み合わせで、幸せな家族を象徴しています。十長生は長寿を
象徴する、不死の太陽、雲、山、水、松、竹、鶴、鹿、カメと
キノコの十の自然物を指します。
ほかに、幸運を呼ぶものとして、教育と関連して多くの刺繍
デザインがありました。教育としての刺繍は、最初の教育的意
図から大きく外れて、単純なテーマに固執しました。そのた
め、刺繍は教育よりも美の創造を強調するようになりました。
飾られた屏風の大半は八つの板を結びつけて作られ、12板、10
板、4板と2板、20板のものもありました。
服飾刺繍は服と装身具に施される刺繍のことです。朝鮮時代
は非常に厳しい身分社会でした。刺繍もその区別をつけるよう

十長生図の八幅屏風(朝鮮時代
のもの)。十長生は長 寿を象徴
する十の自然物のこと。太陽、
雲、山、水、松、竹、鶴、鹿、
亀、不老草(マンネンタケの霊
芝(れいし)のこと)を指す。

刺繍T&*&

になっていました。高い社会的地位
と権威を示すために、官服は通常金
糸の刺繍や色糸を使いました。刺繍
は二つの方法で行われました。一つ
は直接衣服の表面に刺繍する方法、
もう一つは刺繍のアップリケを服に
つける方法です。前者は儀典の時に着用される王
や王室家族の礼装に使われました。後者は、雑多
な服装刺繍、例えば官服の胸と背の部分につけ
られる胸背などがこれに含まれます。
伝統結婚式の時に着る闊衣(ファルオッ)は
本来王女の大礼服でした。この闊衣にはシャ
儀典の時に着用される王妃の刺
繍入りの衣類。高い身分と権威

クヤク、キク、マンネンタケとハーブ模様の刺繍は、幸運を招

を表している。

き長寿すると思われ、豪奢に飾られました。男性の王族や官僚
の衣類は、布の表面に直接刺繍しないで、鶴やトラを刺繍した
標章の胸背をつけました。他方、王や王妃の衣装につけられる
エンブレムは胸背と区別して、「補(ボ)」と呼ばれ、龍や鳳凰が刺
繍されました。

枕の両側に刺繍を入れたあて布。

&*'T韓国文化へのガイド

平民は結婚式に着用する
ファルオッまたは礼装を除いて、
刺繍のある服を着用すること
が禁じられていました。子供
たちの帽子、ベストや帯にも
刺繍が施されました。子供た

王室の女性の大礼服である

ちのための刺繍にはいろいろな色が使われ、子供たち

闊衣(ファルオッ)。花と幸

の純粋さを表現するパターンを使いました。

に刺繍されている。

運と長寿のシンボルが豪奢

刺繍はまた、多くの日用品にも飾られました。枕
シート、メガネケース、座布団、タバコやお箸セッ
ト、歯ブラシを入れるポーチなど、列挙するのに暇
がありません。
装飾目的のための刺繍とは異なり、寺院や仏教像を飾る仏教
刺繍は宗教的な献身から作られました。驚くべき専門知識を持
つ職人によって最大の気配りをして遂行されました。そのた
め、今日でもこの時代の多くの傑作品を寺院や博物館で目にす
ることができます。

伝統屏風を賞賛する展示会の人
たち。

刺繍T&*(

ポチャギ
(風呂敷) 

多くの布切れをパッチワーク技法で作ったポチャギ。

ポチャギは実用的なだけでなく、非常に芸術的です。

「ポチャギ」または略して「ボ」という韓国の風

ました。朝鮮時代にはその図柄とデザインが

呂敷は、様々な色とデザインが施された四角

さらにカラフルになりました。簡単に折り畳

い縁取りのある布のことです。韓民族はこれ

めてほとんどスペースを取らないので、ポチ

を使って物を包み、保存し、運んだのです。

ャギは日常品をカラフルに彩るようになりま

ポチャギは日常生活で大いに実用的で用途が

した。

多いだけでなく、芸術品でもありました。こ

韓国文化の中で見たポチャギから古代民

のポは、ありふれた日常生活からも美を求め

間宗教の一面を見ることができます。何かを

る韓国人の芸術性を証明しています。

包んで保管することは、幸運を保護すること

韓国のポチャギの使用は太古にさかのぼ

と同じことでした。その典型的な例が結婚祝

ります。文献ではポチャギがどのように使わ

いの時に使われるポチャギです。新しい人生

れたのか、その使用法を示しています。日常

をはじめる花嫁と花婿に多くの幸運があれば

に使われていたポチャギにセンスとスタイル

いいと願い、丹誠にパッチワークしたポチャ

を手加えて式典や儀式にも使えるようになり

ギにこの願いを包んだのです。

&*)T韓国文化へのガイド

縫い物をする時に使われる
指抜きと針クッション。

ポチャギを利用した贈り物の包み方。

韓国人は、今でも日常生活に使われるポチャギを造ります。

パッチワークのポチャギは特に芸術的な
韓国の「粋」を反映しています。韓国の主婦た
ちは使い古しの布切れでパッチワークをして
見事なポチャギに仕上げました。このように
立派な包装紙に生まれ変わったのは、小さい
ものでも粗末にしない韓国主婦の習慣から生
まれました。時間が経つにつれて、パッチワ
ークは非常に創造的で芸術的な手工芸品とな
りました。多様な図柄と個性的な刺繍がポチ
ャギの美しさに一層花を添えました。刺繍さ
れたポチャギを「スポ」といいます。接頭辞
の「ス」は「刺繍」を意味します。
−婚礼の結納品を包む時に使われたポチャギ

刺繍T&**

庭園

&*+T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

庭園
韓国の庭園は丘、小川、野原と自然の風景画を再現しようとし
ました。庭園は普通規模は小さいですが、自然と人間の理想的
な調和を目指しています。韓国庭園の理想は自然に最小限の手

韓国はその長い歴史の中で独特
の庭園文化を発展させました。
ソウル昌德宮(チャンドックン)
にある芙蓉亭(プヨンチョン)。

を加えて、自然に構造物を融和させることです。なぜなら、韓
国の心情には、自然はそれだけですでに完全で絶対であり、こ
の自然の中で人間は生命を維持することができると考えたから
です。
造園の長い伝統によると、まったく人の手がついていない純
粋な自然空間に人工的に何かをすることは暴力だと考え、最大
の関心を払って保護すべきだと考えました。こうした造園に関
する基本的な考えは、自然そのものよりも、もっと自然らしく
見える空間を作ることでした。自然でないものを自然に見える
ようにするためには、より綿密な観察と意識を必要とします。
韓国庭園の特徴は美と機能性を確保するために自然に服従した
ことです。
韓国庭園は長い歴史を有しています。最も古い記録は三国時代
のもので、この時代の建築の発展ぶりは注目すべきものがありま

庭園T&*,

扶餘(プヨ、百済の首都)にある
宮南池(クンナムジ)

した。「三国史記」には、高句麗、百済、新羅の三国の庭園に関す
る記録が多くありました。
文献によると、高句麗(前37 後668)の始祖東明王6年に不思
議な孔雀が王宮の中庭に群がったとあります。また、第20代長
寿王2年(414年)に、好奇心の強い鳥が王宮の庭に群がったと記
録されました。そして、こうした鳥をひきつけるために庭を持
っていたと暗示するくだりがあります。
百済に関しては美の基準が高い庭園について言及していま
す。王宮の南側に8キロメートルも離れた水源地から水を引い
て池を作った。四角い形の池の土手にそってヤナギが植えら
れ、池の真ん中には中国の伝説的な、道教で神仙が住むといわ
れる山の名がつけられた小さな島があったと記録されていま
す。池の跡地が扶餘(プヨ、百済の古都)で見つかりました。宮南

&*-T韓国文化へのガイド

池(クンナムジ)と呼ばれています。
また、655年に百済最後の王である義慈王が大々的に皇太子

新羅の古都、慶州(キョンジュ)
にある雁鴨池(アンアプチ)

宮を立て直し、望海殿という楼閣を皇太子宮の南に建てたと記
録にあります。ここで海とは宮殿の南側に位置するヤナギに取
り囲まれた宮南池を意味していると思われています。
新羅の始祖朴赫居世(パクヒョッコセ)は紀元前32年金城(クム
ソン)、今の慶州(キョンジュ)に都を立てました。第12代沾解泥
師今(チョムヘイサグム、在位247 261)治世に龍が王宮の東にあ
る池から現れたとあります。また、ヤナギの木が地からひとり
でに突如現れたと記されてあります。
古代の宮廷庭園で最も保存の良いものは慶州の雁鴨池(アンア
プチ)です。雁鴨池は最近発掘され、復元されました。第30代文
武王(在位661 681)の時代に、皇太子のための宮殿に人工の池が
庭園T&*.

&+%T韓国文化へのガイド

作られ、池の全景を見渡せるように水辺に沿って五つの楼閣を
建てました。このうち3軒の楼閣は復元されました。

楼閣の周りに点在する奇岩怪石
は庭園に優雅さを加えていま
す。(左)

雁鴨池は北と東側に曲線の築堤を造らせて、川縁に似せてあ
ります。南側は完全に直線で、西側は角ばっています。池の四面
は平たい石でラインを整えました。池の中央には道教の聖域に因
んで名づけられた小島が三つあります。「三国史記」の674年の日
付で、「池は山、島で構成されており、珍しい植物があり、珍し
い鳥と貴重な動物がそこで育てられました」と記録してありま
す。珍しい植物とはラン、シャクヤク、ハス、ツツジと思われま
す。そして、白鳥、クジャク、鹿のような動物が宮廷で育てられ
ました。岸辺や島の周辺は海辺の岩のように作られました。
雁鴨池は1975年に発見され発掘した結果、統一新羅時代のも
のと思われる多くの遺物が出土しました。この中には池に植え
られたハスが制限された区域内で育つように木の枠で区切った

鮑石亭(ポソクジョン)。

跡がありました。池の床には水をきれいに維持できるように小

の一つ。

統一新羅時代の最も有名な庭園

庭園T&+&

江原道江陵(カンウォンド・カ
ンヌン)の船橋莊(ソンギョチャ

石が敷かれていました。概して、道教の神仙が住む場所を象徴

ン)の入口にある活来亭(ファ

するために、雁鴨池とその周囲の庭を小宇宙にみせるように設

ルレジョン)。周りのハスと調

計されました。全領域は、風景画のような効果を作り出せるよ

和を見せ、朝鮮時代の典型的な
貴族屋敷の美しさがさらに目立
ちます。

うに配置されました。
慶州にあるもう一つの重要な新羅庭園は、南山(ナムサン)の
南に位置する離宮にあります。8世紀に造成されたと見られる
鮑石亭(ポソクジョン)は王室の饗宴で、お酒が入った杯を浮かび
流して遊んだとされる水溝です。水溝はアワビの形をしていま
す。深く茂った竹やぶ、美しい小川、松やケヤキの林、庭園は
昔はさぞ素敵な眺めだったに違いありません。
高麗時代には享楽にふけった高麗王朝最後の第31代義慈王は
1157年に神仙の国らしきものを作る計画の一環として、王室の
別荘に美しい楼閣を築きました。この楼閣のうち一つは陶磁の

&+'T韓国文化へのガイド

屋根瓦が載せられるなど、贅沢極まりないと批判されました。
朝鮮時代の造園は、ソウル昌德宮(チャンドックン)の後苑(別

景福宮の香遠亭(ヒャンウォン
ジョン)の春の風景。

名秘苑)によって例証されました。延べ面積40万5636平方メート
ルのうち30万平方メートルを占めるこの庭園は、鬱蒼と茂った
林の中に絵に描いたような楼閣、広場、蓮の池、奇岩怪石、石
橋、階段、小川と泉があちこちに点在しています。伝統的な韓
国庭園の基本様式をよく見せています。
景福宮(キョンボックン)の交泰殿(寝殿)の後ろにある峨嵋山
(アミサン)後苑は、朝鮮時代の宮廷庭園の魅力を存分に見せてい
ます。きれいなパターンで飾られた四本のレンガ煙突、鑑賞用
の水石、段々畑のようになっている花壇で飾られています。
峨嵋山後苑からそれほど遠くない、宮殿の北側区域に香遠亭
(ヒャンウォンジョン)と名づけられた二階建ての六角形の楼閣が
庭園T&+(

&+)T韓国文化へのガイド

昌德宮(チャンドックン)の後苑(別名秘苑)にある宙合樓(チュハプヌ)。岩の土手に囲まれた池にはハスが
植えてあります。
後苑にある伝統的なつり池の一つ。(上)
芙蓉亭の内部から見た外の風景。(下)

庭園T&+*

京畿道華城(キョンギド・ファ
ソン)にある訪花隨柳亭(バンフ
ァスリュジョン)。朝鮮時代後
半に作られた角楼。龍淵という
池が見下ろせる高い岩の上に立
てられた楼閣。

ハスの池の中央に立っています。池には楼閣に通じる美しい木
造の橋がかけてあります。
韓国の南西部に位置する全羅南道潭陽郡(タムヤングン)に16
世紀に作られた瀟灑園(ソセウォン)という庭園があります。この
庭園は孔子の理想主義と道教の自然主義が結合した、朝鮮時代
の代表的な庭園です。密集した竹やぶが長く続くアーチ型の出
入口、庭園には楼閣、ハスの池、岩間を縫って音を立てながら
早く流れる小川と水車があります。桐、プラム、松、カエデ、
プランチーノ(熱帯性バショウ)、イチョウ、ラン、キク、ハスな
どあらゆる種類の樹木と潅木で飾られています。これらの植物
は象徴的な意味を持つ、古代から韓民族に親しまれてきたもの
です。こうした牧歌的な雰囲気は多くの作家や詩人にインスピ
レーションを与えました。

&++T韓国文化へのガイド

江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)の東海の近くに船橋莊
(ソンギョチャン)という朝鮮時代の古い家屋があります。この屋
敷は19世紀初めの朝鮮時代の上流社会の家庭庭園の粋な姿をと
どめています。屋敷は男性のための空間であるサランチェ、女

全羅南道潭陽郡(チョンラナム
ド・タムヤングン)にある瀟灑
園(ソセウォン)。韓国の庭園は
そのままの自然を楽しめるよう
になっています。

性や子供が生活するアンチェ、下僕らの空間であるヘンランチ
ェがそれぞれ低い石垣で区切られており、各建物には造園がほ
とんどできていません。その代わり、玄関先の近くに四角いハ
スの池があります。水辺に足を休められるように突き出ている
楼閣、中央の山もどきの島といった、ソウルの後苑で見られた
池の様式と似ています。

庭園T&+,

&+-T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

丹青

Ҷ

ҶҶ

丹青
(タンチョン、たんせい)
丹青 の使用は数世紀にまでさかのぼります。ずいぶん昔に開発
されたこの精巧な技術は今日でもそのまま保存されています。
丹青は建物などに美しさと荘厳さを与えるために装飾的な彩色
を施したもので、様々なパターンと絵が描かれました。基本的
に赤、青、黄色、白、黒の五色が使われました。

Ҷ昌徳宮(チャンドクグ ン)
逍遙亭(ソヨジョン)の丹青。
ҶҶ忠清南道公州(チュンチョン
ナムド・コンジュ)の麻谷寺大
光寶殿(マコクサ・テクァンボ
ジョン)の天井。

こうした装飾的 な機能に加えて、実用的な理由もありまし
た。それは建物の寿命を長くし、使われた材料の品質の粗末さ
を隠すのに用いられました。また、建物または物が備える特
徴、等級や階級を強調しました。丹青はこれら伝統の中で伝統
との統一性と多様性を見せてきました。
通常、丹青は木製建築物に描かれた絵を指していました。建
物のほかに、石造建築物、像、工芸品にも丹青が使われまし
た。これは彩色を加えただけでもそのものに荘厳を与えている
ということに気づいたのかも知れません。
古代の建築物が残っていないため、丹青の歴史は三国時代の
古墳壁画を通じてしか垣間見ることができます。とりわけ、高
丹青(タンチョン、たんせい)T&+.

高句麗の古墳壁画。多彩な色の
初期段階の丹青。

句麗の古墳からその時代の建築物の特徴と丹青とみられる様々
な色に彩色された模様が発見されました。これらの壁画に加え
て、古墳から丹青の要素を示す、彩色した絵と漆器類が発掘さ
れました。
三国時代の歴史によると、新羅では聖骨(ソンゴル、新羅特有
の階級制度で第一級にあたる両親が王族の人)の王族だけが五色
を使うことができました。残念なことに、丹青で飾られたこの
時代の建物は残されていません。新羅の首都であった慶州(キョ
ンジュ)から発掘された建築物の一部に残っているだけで、この
時代の丹青がどれだけ繊細で美しかったのか推測するしかあり
ません。
12世紀に中国宋の徐兢が高麗の首都松都(ソンド)で見聞した
ことを絵図などをつけて書いた「高麗図経」によると、高麗の人々
は王宮を建てながら楽しんだと記録されています。この本によ
ると、王がいた宮殿の構造は、丸い柱と四角い屋根で造られま

&,%T韓国文化へのガイド

した。屋根の隆起はあたかも空に上ろうとするかのように聳え
多彩に飾られました。この説明は、高麗王朝の宮殿の規模と威
厳さを暗示しています。また、豪華な丹青作業に関する説明も
付け出しています。「手摺りは赤に塗られ、花蔓で飾られた。色
使いは非常に強いながらも豪華だった。そして、このように飾
られた宮殿は他の王宮よりも際立っていた。」
今でも遺っている高麗時代の建物は明るくて柔らかい色彩を
しています。そして、高麗時代の丹青が三国時代のそれよりさ
らに発展したものであることを示しています。
朝鮮時代には、丹青はさらに発展し多様化されました。この
時代の丹青の主な特徴はより豪華な色彩、より表現力豊かなス
タイル、複雑なパターンと装飾的な構成といえます。
丹青には様々な種類がありました。一棟の建物であれその建
物の部材、部位によって丹青の模様は異なりました。丹青の模
様は一貫した規則で体系化されていました。模様はその建物の

松広寺(ソングァンサ)の丹青
鮮やかな色が絡み合った多彩な
丹青。

丹青(タンチョン、たんせい)T&,&

&,'T韓国文化へのガイド

特徴と部位、装飾的な構成によって四種類に分類されました。
それは「モリチョ(頭草)」、「ビタンムニィ(錦紋)」、「タンドクムニ

伝灯寺(チョンドンサ)の軒の庇
の丹青。(左)

ィ(単独紋)」、「ビョルファ(別画)」です。
モリチョ(頭草)はまたモルチョとも呼ばれ、支柱、大梁、垂
木などの部材の両端に描かれる模様です。モリチョの模様はそ
の時代や建物によって違いますが、緑の花、スイレン、ザクロ
などの模様が描かれました。また、モリチョの次にフィといわ
れる波模様の五色の帯が列なります。このフィが高麗時代の丹
青には見られなかったということは留意すべきです。全ての建
物の同じ部位に決められた基本模様のモリチョが繰り返し使わ
れました。丹青の中でも自然に最も大きなスペースを占め、一
段と際立ちました。したがって、モリチョはあらゆる種類の建
物に見られる基本的な丹青模様です。18、19世紀にモリチョは
非常に多様な模様を開発し、韓国の丹青技術の大きな特徴とな

法住寺(ボップチュサ)の鶴模様

りました。

の丹青。丹青で装飾された別枝

別画、または別枝画(ビョルチファ)は絵画的な手法で描いた

画は主に仏教建築物の中で使わ
れました。

丹青(タンチョン、たんせい)
T&,(
&,(
9VcX]Zdc\T

絵または装飾画を指します。モリチョの中間部や空きの面のと
ころなどに描かれました。主に寺院の建物に用いられ、宮殿の
建物には使われませんでしたが、済州島(チェジュド)の観徳亭
(クァンドクチョン、兵士の訓練場)のように、政府関連の建物に
しばしば使用されたりしました。
別画の内容は、例えば龍、馬、獅子、鶴などの幸運をもたら
す動物、四君子の梅、竹、蘭(らん)、菊または仏教の経典に関す
る逸話でした。寺院の別画には経典とは関係なしに、当時の社
会情勢などがしばしば取り入れられたものもありました。
ビタンムニィ(錦紋)は珍貴で美麗なものを図案化したり、幾
何学的な模様を多彩に彩色したものです。とりわけ、寺院の丹
青に多く見られます。一方、タンドクムニィ(単独紋)は花草また
は動物を単独模様にして図案化したり幾何学的な模様を一つの
区画の中に単独で取り入れたもので、天井などの装飾に多く使
われました。
丹青の色はその時代の特徴を反映しています。高麗時代には
明暗のコントラストを強くするために、日光に晒されない軒ま
たは天井には緑がかった青に塗られ、外側の陽に当たる部分に
は赤に塗られました。これは「上緑下丹」といわれる丹青の基本色
を適用したものです。上緑下丹とは上部には空色に近いもの
に、下部は土色に近いものに塗り、自然に順応し天地の一部に
なろうとする考えによるものです。
朝鮮時代には赤(長丹)、橙色(朱紅)、黄色、緑(洋緑)、青(洋
青)、石間䉮(ソクカンジュ、朱土)の色がたっぷり使われまし
た。石間䉮または朱土は主に丹青や陶磁器に使われる赤褐色の
顔料を意味します。この酸化鉄や硫酸鉄で作られた顔料は日
光、空気、水と熱に対して強い抵抗力があります。こうした基
本色に白粉や墨色などの色を混ぜて、様々な色を作り出しまし
た。一つの色の系列とほかの色の系列の間に墨線、白線や墨線
と白線を重ね連ねて描くことで二色のコントラストを和らげる
一方、それぞれの色を強調させました。通常、顔料の配色の順
は建物の性格、規模、外観で取り決められました。彩色の順は

&,)T韓国文化へのガイド

赤、青、黄色、緑、肌色(肉色)、石間䉮とし、初めの色は赤を、

海印寺(ヘインサ)の丹青

最後の色は普通石間䉮を使いました。主に二色から六色が使わ
れますが、一定の規則によって配色の数が減ったり増えたりし
ます。六色の配色列から色を減らしていく時は最後の石間䉮の
前の色から順番に一つずつ減らしていきます。
丹青の配色は一般的に暖色と寒色の順に、補色の順に配列さ
れます。こうした暖色と寒色の対比、補色の対比は互いの色を
さらに際立たせました。伝統的に使われてきた顔料は、銅鉱石
系統の扁青石から暗紺色と群青を、孔雀石からは暗緑青を作っ
て使いました。これらは発色が鮮明で、耐久性があり、変色が
丹青(タンチョン、たんせい)T&,*

熟練した丹青の職人、タンチョ
ンジャン。

ないため好まれました。また、丹青の基本色の一つである朱色
の顔料は粘土から取ったものした。これらは主に中国からの輸
入品であるため、非常に貴重なものでした。
丹青の絵は熟練した職人によって行われました。この丹青職
人を画師、画工、仮漆匠(カチィルジャン)と呼ばれました。ま
た、僧侶として丹青の作業をした者を金魚(クムオ)、画僧(ファ
スン)と言っていました。
丹青の画工には宮殿建築の丹青をする職人と寺院の丹青を担
当した職人に分けることができます。宮殿建築の丹青は、土木
と建築修理などを司る繕工監で行われ、客舎、官庁などの丹青

&,+T韓国文化へのガイド

を担当しました。一方、寺院の丹青は各寺院が召抱えた画工集
団があり、寺院の建設はもちろん、仏像や仏画などを製作した

内蔵寺(ネジャンサ)の丹青。色
あせた丹青で木目が露になって
いる。

りしました。
このように宮殿丹青と寺院丹青は二つの画工グループによっ
て別々に行われてきましたが、丹青を施工する技術的な工程は
同一で、丹青の模様や配色システムも共通していました。
丹青の施工はまず、画工の中からピョンス(職工頭)を決めま
す。ピョンスは建物の丹青の形式を選定し、模様、配色などを
決めるほか、その施工過程を指導し、完成するまでのすべてに
対して責任を持ちます。
丹青(タンチョン、たんせい)T&,,

都会の高層ビルと丹青の調和。

選定した模様を該当する部材に移すために、模様別にそれぞ
れ一つずつ図本を作ります。これを「出草(チュルチョ)」といいま
す。次に全体の部材面に青緑色を塗り、模様の図本を部材に当
てて粉袋を叩くと図本の孔を通じて粉が部材面につきます。こ
の作業を「打草(タチョ)」といいます。
上記の手順の後、彩色の作業に入ります。画工はそれぞれ色
を一つずつ担当し彩色を行います。この彩色作業の人数は出草

景福宮(キョンボックン)の丹
青。色あせながらも、落ち着い
た美しさを見せている。(右)

&,-T韓国文化へのガイド

した図本の色の数と同じです。こうした作業の手順によって、
丹青作業は賞賛に値するほど効率的に行われます。

丹青(タンチョン、たんせい)
T&,.
&,.
9VcX]Zdc\T

伝統文樣

&-%T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

ҶҶ

伝統文樣
伝統的に服装、家具、様々な工芸品が家を装飾するために工夫
されたように、文樣も同じく装飾するために考案された図案で
す。文樣は単に装飾の目的だけでなく、文樣を考案した人の考

Ҷ求禮郡(クレグン)の華嚴寺(ファ
オムサ)のドアを飾っている文樣
Ҷ
Ҷ韓国の伝統衣装韓服の袖に
刺繍された美しい文樣。

え方や哲学、美的センスを象徴します。
文樣の中にはしばしば初期の表意文字にその起源を置くもの
もあります。これは人々を取り巻く自然環境に対して、基本的
な要求と感情を表現する手段として使われ、装飾的な芸術の総
合体として発展しました。文樣は主に植物、動物、その他の自
然物の文樣、これらをモチーフにした幾何学的な文樣と、主に
四種類に分けることができます。
幾何学的な文樣の大半は対称形を作る点と線で構成されま
す。これには三角形、四角形、菱形、ジグザグ、格子、雷、螺
旋、鋸の歯、円、楕円形と同心円などがあります。大部分の幾
何学文樣が原始的な宗教的教理にその根を発するということは
非常に興味深いことです。
一例として、雷文樣をあげることができます。原始社会では
雨を意味していた稲妻文樣は人々の雨を乞う気持ちが盛り込ま
れています。三角形は再生と女性の性器を象徴しており、これ
伝統文樣T&-&

高靈(コリョン)にある岩刻画。
韓国の原始美術のモチーフを伺
うことができる。

は出産願望が含まれています。渦文樣は旋風またはシダのやぶ
に似せて、宇宙の終わりと無限を象徴しました。
人気のある食物のモチーフは木、花、果物と草でした。石ま
たは骨製道具に刻まれた動物のデザインは、狩猟と釣りといっ
た原始人の狩猟採集生活の活動と関連がありました。石器時代
の岩彫刻は、魚、鯨、トラ、枝角と人間のような動物デザイン
を特徴とします。自然物には景色、岩、波、雲があります。次
に、青銅器時代からの儀式道具、武器、装飾品は、さらに進歩
した技術によって多様な文樣が見られるようになりました。
韓半島の旧石器時代の遺跡から初期文樣の跡がいくつか発掘
されました。しかし、文樣が日常的なものに初めて使われたの
は新石器時代と考えられています。新石器時代のビッサルムニ
ィは最も初期の文樣です。抽象的な描写は時間とともにますま

&-'T韓国文化へのガイド

高句麗古墳の双龍塚の天井。中
央の褐色のハスの花文樣。

す人気を集めるようになり、青銅器時代の鏡の大半は三角形、
円、同心円、放射状、星の形などを線を引いて彫られました。
より自然主義的な文樣は三国時代に使われ、アニミズムの影
響を受けたモチーフが高句麗の古墳壁画から発見されました。
西の青竜、東の白虎、南の朱雀、北の玄武の四つの守護神がそ
の典型的な例です。これら道教のシンボルは縁起と権力を表す
もので、韓国の美術史の中で幾度も現れます。
新羅の装飾品の中から、想像の動物である鳳凰と龍を対照的
にアレンジしたデザインが多くありました。木、枝角と鳥の翼
はシベリアのシャーマニズム的な伝統の証拠であり、これらを
主なモチーフにしたものが新羅の冠や陶器類で発見されまし
た。中国に起源を置く渦巻く雲や炎のモチーフは、しばしば新
羅の貴族たちの装飾品や宝石を飾りました。ニンドウ(忍冬、
伝統文樣T&-(

様々な文樣入りのスマクセ(軒丸瓦のこと)。屋根の軒先にはめ込んだ丸い形の装飾瓦の文樣。(新羅、統一新
羅時代のもの)

蓮の文樣を刻んだレンガ(蓮花文塼)。
百済時代の粘土レンガ。

山水文塼(風景画が刻まれているレン
ガ。宝物343号)−百済時代のもの。

厄払いのために掛けられたとされる鬼瓦。
(新羅、統一新羅時代のもの)

人面文樣の軒丸瓦。(統一新羅時代)

&-)T韓国文化へのガイド

スイカズラ)とハスの花は百済の王冠を引き立てました。
シャーマニズムと仏教との組み合わせ、道教と儒教との組み
合わせはすべての時代の美術品から見ることができます。ハス
の花、雲、雷文、卍文樣は単独もしくは様々な構成の中で取り
入れられ、ほとんどすべての仏教構造物や絵画で見ることがで
きます。
唐との同盟で韓半島統一に成功した新羅は7世紀には、中国
と中央アジアの影響でよりカラフルで豪華な文樣を考案しまし
た。唐草に架空の5弁花の植物を組み合わせた空想的な花文であ
る宝相華(ほうそうげ)は、伝統的なニンドウやハスの文樣よ
りさらに豪華なものとなりました。
青磁、金属工芸品、螺鈿細工に見られる繊細な文樣は、仏教
文化が盛んだった高麗の装飾芸術品の、この上ない業績のひと
つといえます。象嵌細工とは釉や漆を表面につける前に青磁や
金属細工に描きたい文樣を彫り、その窪みに粘土や金銀をはめ

Ҷ高麗時代の象嵌青磁の花瓶。

込んだものです。とりわけ、高麗の職工は青銅器の銀の象嵌細

Ҷ
Ҷ粉青沙器の牡丹文樣。

Ҷ

Ҷ
Ҷ

伝統文樣T&-*

韓民族は古代から物を飾るため
に様々な文樣を使ってきまし
た。朝鮮時代後半から壁に十長
生(シプチャンセン)を飾るよう
になりました。景福宮(キョン
ボッグン)の長慶殿にある煙突
に描かれた十長生。

工で器用な腕前を見せました。そしてこれは後に、螺鈿細工や
象嵌青磁として広く賞賛される基盤となりました。
理想の生活とされる悠々自適の自然主義的なテーマは多くの
高麗青磁と漆器類を美しいものにしました。水鳥、ヤナギ、
葦、キク、鶴と雲の水墨画は高麗貴族の洗練された詩的な趣味
を如実に見せています。他に人気のあるモチーフは四君子とい
われる梅、蘭、竹、菊で、これらは品行方正な識者の美徳を象
徴しています。
多くの高麗青磁の花瓶、香炉、酒瓶にヤナギが立ち並んだ小
川に浮かんでいる水鳥、ハスの葉の間で陽気に騒ぐのんきな子
供たち、秋晴れの澄んだ空を飛んでいくガンの絵が巧みに描か
れました。
朝鮮時代は儒教を国家経営と公共倫理の基本綱領としていた
時代で、仏教の影響を受けた繊細で趣のある高麗様式の装飾美
術は、儒教社会の質素な生活様式を反映する比較的単純なスタ

&-+T韓国文化へのガイド

イルに取って代わりました。単純かつ単色な嗜好はこの時代の
芸術の特徴です。
単純ながらも器用な筆先で特徴づけられる朝鮮時代の識者た
ちの絵画は、下地にコバルト色で装飾を施した青華白磁から心地
よい共鳴を感じることができます。この二つのジャンルでは風景
画、花鳥、四君子で知られる図柄がよく取り入れられました。
きめが粗いながらも魅力的な粉靑沙器(ブンチョンサギ)は優
雅な高麗青磁からシンプルで実用的な朝鮮白磁へと移行する過
渡期的なものとして注目に値します。白いひび割れと釉で覆わ
れた実用的な陶磁器は、よく使われたモチーフの中でも牡丹と
渦巻き文樣、ユーモラスに表現した魚や小さな菊の花印などを
用いました。
単色かつ単純さに対して明らかに偏愛を見せているにもかか
わらず、宮殿や寺院の柱、梁などの木造建築物以外に、考えう
るすべてのモチーフの文樣に赤、青、黄色、白、黒の基本色で
伝統文樣T&-,

花文樣の格子。リズミカルな対
称形をなし、非常に調和の取れ
た感じを作っている。格子張り
のドアはしばしば寺院で見かけ
られる。

まぶしく装飾させました。王の最高権威を象徴する龍と鳳凰の
モチーフが正殿の天井に飾られました。
十長生(シプチャンセン)は正統絵画を模倣した民画の主要テ
ーマでした。また、すべての社会階級の人々に使われた工芸品
の装飾的なモチーフでもありました。十長生とは岩、山、水、
雲、松、カメ、鹿、鶴、マンネンタケと太陽を指し、屏風、箪
笥、陶磁器、衣服の刺繍や日常使う風呂敷などによく使われま
した。
道教の世界観と同じ重さで、寿命、福、多男、富貴を表す漢
字は様式化されたり絵の形で広く使われました。これらの字は
毎日使う枕カバー、箸、箪笥など様々なものを飾りました。
韓国人に深く根ざしている道教的儒教の伝統によって、太極
文樣と八卦が頻繁に使われます。八卦とは易で、陰と陽の爻(こ
う)の組み合わせで得られる8種の形で、この中の二種を組み合わ
せてできたものが六十四卦です。
太極文樣は陰陽の二つの要素が渦巻きの形で構成されたもの

&--T韓国文化へのガイド

で、「偉大な絶対者」の天と現実の原始的な根源を象徴します。陰
陽の渦巻きで、静けさと活力の宇宙要素、弱さと強さ、明るさ

新羅時代の文樣を入れたUSBメ
モリーチップ。

と暗さ、女性の宇宙要素を表します。
朱子学を創立した中国の哲学者朱熹(しゅき)は、偉大な神は
月のようであるといいました。月は一つの物体だが、その光は
川や湖に振りまかれます。つまり、偉大な絶対者はすべての原
則の総体であり、その一致した原則です。
韓国の国旗に見られるように、太極紋は下が陰で青く、上は
陽で赤く塗られています。これはそれぞれ、天と地を象徴して
います。こうした二元性を表す文樣は主に寺院や舎堂の門、扇
やスプーンのような日常品や家具などにつけられました。

伝統文樣T&-.

&.%T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

民画

Ҷ

ҶҶ

民画
民画(民間の絵)は古くから一般庶民の間で広く描かれた「実用画」
を指します。これらは生活空間を装飾するために、もしくは末
永く幸せに暮らせるようにと自分たちの願いをこめて描かれま

Ҷ朝鮮時代の酒場のシーンを描
いた絵。
Ҷ
Ҷ陰暦五月五日の端午にクネ
(ブランコ)に乗る女の子たち。

した。通常民画には落款がなく、風景画、花鳥などいわゆる「正
統絵画」のモチーフを真似て描かれました。しかし、その中には
人生と世界に対するユーモアと単純な考えが多く盛り込まれて
います。
民画は、韓国の長年の習慣を表しています。こうしたテーマ
の繰り返しは、韓民族のユニークなライフスタイルと夢、願
望、そして芸術的な想像力を象徴しています。モチーフのシン
プルな様式化による定型化、明るい原色の色使いを見せる民画
は通常、芸術上では下位と思われがちです。このジャンルのす
べての絵が正統絵画に分類されたそれよりも技術的に劣ってい
るわけではありません。
実際に民画には多種多様な絵が含まれています。これらの絵
は王室お抱えの高いレベルのプロの画家から修道中の僧侶、名
の無いアマチュア画家によって描かれました。芸術的に素晴ら
しい腕前のほどを示すものもあれば、技術や洗練さの面で落ち
民画T&.&

高句麗の古墳「舞踊塚」の壁に描
かれた絵。

ると見られるものもあります。
韓国民画の初期のものは先史時代から始まります。新石器時
代の岩刻画、青銅時代初期の什器、高句麗の古墳壁画やレン
ガ、高麗と朝鮮時代の工芸品など、すべての時代にわたる什器
から民画の絵や模様を探すことができます。これは、岩刻画の
動物文、古墳壁画の方位神、十長生(シプチャンセン)、風景画、
狩猟の場面が彫刻されたレンガなどが民画の根源だといえるの
かも知れません。
民画は明らかに伝統的な韓国社会で比較的低い階級に属し
ていた芸術家らによって作られました。しかし、僻村の農民か
ら王家や寺院にいたるまで、この芸術家たちによって描かれた
絵がすべての社会階級の人々に使われました。絵は、シャーマ
ニズムをはじめ、道教、仏教、儒教のような多様な宗教儀式に
使われました。また、公共施設と家の装飾のために必要とされ
ました。これらの民画は主に厄払いをし、幸運を招くためのも
ので、一般庶民の願いを聞き入れて描かれたものが多いです。
さらに、毎日の習慣と道徳的な概念を表したものだったりしま
した。
民画は主に宗教画と非宗教画の二つに分類することができま

&.'T韓国文化へのガイド

す。宗教画は祖先崇拝と道徳的規律のための儒教の教えと同様
に、シャーマニズム、道教、仏教のテーマを表しています。非

朝鮮時代後半の作品。機織と糊
をつけている家族。

宗教画にはジャンル別の絵画、肖像画、古代逸話のイラスト
画、記録画、地図と天体図が含まれます。
民画はテーマ別に下記のように分類します。
1. 道教、シャーマニズムの絵画
長寿のシンボル:十長生(シプチャンセン )の絵はこの類の民画
の中で最も頻繁に現れます。不死の太陽、雲、山、水、竹、
松、鶴、鹿、カメとマンネンタケの十長生はしばしば一つの絵
民画T&.(

王座の背に描かれた絵。五つの
峰を持つ山の向こうに出た太陽
と月は長寿を象徴している。

に全部描かれます。また、長寿に対する強い願望は松と鶴の
絵、鶴と鹿の大群れ、海の波といっしょに描かれた鶴と桃の絵
で表現されました。王座にはよく太陽と月が五つの峰を持つ山
の向こうに出ている絵が描かれています。
方位神と十二支のシンボル:古代の民画はしばしば、悪鬼を追
い払って幸せを呼び寄せたいという願望の表現として十二支や
方位神を象徴する神獣の絵を描きました。十二支とは中国暦法
による日の数え方の名称で、これに12の動物を当てはめてつけ

&.)T韓国文化へのガイド

カササギと虎―虎は最も人気の
あるモチーフの一つ。

たものです。ね(鼠)・うし(牛)・とら(虎)・う(兎)・たつ(竜)・み
(蛇)・うま(馬)・ひつじ(羊)・さる(猿)・とり(鶏)・いぬ(犬)・い
(猪)といいます。また、方位神は東の青龍、西の白虎、南の朱
雀、北の玄武と中央の黄龍(皇帝)です。その後、朱雀は鳳凰に、
黄龍は麒麟に取って代わられました。
虎:虎は民画で最も人気のあるモチーフの一つです。おそらく
方位神の一つである西の「白虎」の神話から発したと思われます
が、虎は韓国の民間伝承においてよく登場する動物です。民間

民画T&.*

草蟲図−こざっぱりとした感じ
を漂わせていることから女性の
作品と思われている。(右)

伝承で見られる虎は猛獣の姿よりも、滑稽でおかしみのある、
親しみを持てる動物として描写されています。多くの民画の中
で虎は山神の従順な連れであり、メッセンジャーとして描かれ
ました。また、松の木の枝にとまったカササギ、雄鶏または獅
子と一緒に描かれることもありました。民話に登場するカササ
ギは吉報を知らせる鳥として幸運を招くと信じられています。
仙人(神仙):自然との調和を理想とする道教では永遠に生きる仙
人が究極的な目標のシンボルとなっています。仙人、神仙は民
俗伝統の重要なモチーフでした。仙人はしばしば山の隠者のよ
うに描写されたりしますが、人間が健康で食べるに事欠くこと
もなく多くの子供たちに囲まれて幸福に生きることを手助けし
てくれると思われています。

Ҷ花鳥図−花嫁や内室の部屋
に飾られた。

サンシンリョン(山の精霊)と竜王:人気のあるサンシンリョンと

ҶҶ民画−仏教とシャーマニズ

竜王のモチーフの起源は歴史の中の檀君(ダングン)神話と新羅の

ムの融合を示している絵。

第30代文武王(在位661 681)にあります。檀君は後に山の精霊に

Ҷ

&.+T韓国文化へのガイド

ҶҶ

民画T&.,

なったと言い伝えられる、伝説上の創始者です。文武王は龍と
なって国を守るとしたその遺言に従い東海(トンヘ)に安葬された
新羅の王です。サンシンリョンは白いあごひげをはやした慈悲
深い老人で、伝令の虎を連れている姿で描写されます。龍王は
通常、高い海波の上、雲の中を飛んでいる強い聖獣として描か
れました。これらの絵は国の繁栄と守護をつかさどる神の絵と
して聖地に奉納されました。このほかに、有名な国王、将軍、
大臣やその妻の絵ばかりでなく、様々な道教の人物とシャーマ
ニズムの神が登場するものもあります。
2. 仏教絵画
寺院と庵は民画の豊かな宝庫といえます。儀式に使われる大き
な肖像画から経典や有名な僧侶にまつわる逸話を盛り込んだイ
ラストにいたるまで多岐にわたります。これらの仏教絵画はシ
孝悌文字図屏−漢字の文字とその
意味を絵に描いた儒教的な民画。

&.-T韓国文化へのガイド

ンプルな構図と明るい色使いで有名です。

3. 儒教絵画 

孔子と他の賢人の教えに基づいた儒教は知的かつ道徳的な信念
システムとして、韓国で発達しました。さらに、祖先崇拝と自
然に対する尊敬を持つ道教と韓国固有のユニークなシャーマニ
ズムとを結び付けました。こういった部類の民画は有名な学者
の体験談を表しているもの、鯉が川から飛び跳ねて龍になろう
とする絵が多く、これらは優れた学歴と成功したキャリアに対
する抱負を象徴していました。
4. 装飾的な絵画
大多数の古代の民画は装飾の目的で使われました。これらは普
通、比較的腕前は落ちても人気のあるモチーフを繰り返し描か
れましたが、これはいろいろな信仰、例えばシャーマニズム、
道教、仏教と儒教を取り入れた韓国の宗教的な伝統を証明する
ものでした。民画には次のような特徴があります。まず、幸せ
になりたいという切望を明確に示しています。悪鬼を追い払い、

民画T&..

若鶏に飛び掛ろうとする猫を追
い払う夫婦の絵。

健康、富と社会的成功に恵まれながら長生きしたいという一般
的な願望を表しています。
第二に、民画は韓国の人々の正直さと単純さを証明していま
す。絵は洗練されたものではなく、時には子供っぽくさえあり
粗略なものです。しかし、この中から単純で気取らない性向を
見て取ることができます。
第三に、自然、人類と絶対者に対する深い愛情を読み取るこ
とができます。民画には正統絵画には見当たらない人間味があ
ふれ、心の平和と温かさに満ちています。
第四に、太字の文章、ダイナミックなタッチと激しい色から
は、上流階級や侵略者による圧迫に対して、農耕社会の不屈の

'%%T韓国文化へのガイド

意志と勇気を示していると考えられます。

扇に民画を描いている子供たち。

第五に、絵にはユーモアと風刺がたくさん盛り込まれていま
す。これは困難を賢明に乗り越えられる人間の精神的な強さを
表します。豊かなユーモアと風刺を通じて、苦痛と不幸を喜び
と幸せに昇華させます。
第六に、民画には韓民族固有の芸術的な才能に由来する、独
特のスタイルがあります。

民画T'%&

紙工芸

'%'T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

ҶҶ

紙工芸
韓国は数世紀にわたる製紙の歴史があり、固有の高品質の紙を

Ҷハスの花の造花

使ってきました。

ҶҶ 押し花模様の韓紙に装飾さ

韓国最古の紙は、麻から作られた「麻紙(マジ)」と呼ばれるも
のでした。麻紙は次の工程で生産されました。まず、麻または

れた箱。この模様は自然から集
めて乾かし押した花や葉で作ら
れました。

カラムシ布の切れ端をしばらく水につけた後小さく細かくちぎ
ります。ぬるぬるした繊維を生産するために、細かくちぎった
ものを石臼で粉々にします。それからこの繊維を蒸して、水洗
いし、漉き槽に寝かせて漂白します。それから、この液の中に
簾をはめ込んだ漉桁(すきげた)を入れて、水切りをして、簾に付
着している薄い繊維を日干しします。この製紙法は、三国時代
に最も普及した方法です。
4世紀後半、三国の一つである百済はこうして作られた紙
を、歴史的な事件を記録する主要な媒体として使用しました。
特記すべきことは高句麗の僧侶であり画家でもあった曇徵(タム
ジン)は610年に日本に渡って製紙法を伝えたことです。これは
7世紀初めにすでに進んだ技術を持つ製紙先進国であったこと
を証拠づけるものでした。

紙工芸T'%(

Ҷ

Ҷ工芸品を作るときに使われる
韓紙の紙縒。
ҶҶ韓国固有の紙である韓紙は
腰があって丈夫ながらも柔ら
かい。

ҶҶ

高麗時代には楮(こうぞ)の皮で紙を作り始めました。この楮
を原料にして紙を大量生産することが可能になり、11世紀には
中国に輸出しはじめました。第17代の仁宗23年(1145年)に王命
で楮の植樹を奨励し、第19代明宗18年(1188年)にはこれを法制
化し、韓半島のいたるところで楮を植えるとともに、私営の紙
製造業が盛んになりました。また、紙所という官営の製紙工場
を設けて、紙の製造を促進させました。
ついに高麗は厚くて丈夫な、表裏ともに滑らかで光沢のある
な紙を生産することに成功しました。その後、製紙技術はさら
に進み、韓紙(ハンジ、伝統的な韓国産の紙)を生産するようにな
りました。
韓国固有の工夫に富んだ製紙法が発達するにつれて、紙を使
用してものを作る紙工芸が生まれました。伝統紙工芸で作られ
たものには、箪笥、戸棚、胸、ひつ、箱、文机、筆入れ、燭
台、敷物、座布団、櫛笥と化粧箱、お盆、蓋付きの小箱、鉢、
壺と食卓カバーといった家財道具などが数多くありました。他
に人気のある紙工芸品は造花、提灯、凧はもちろん、煙草入
れ、メガネケース、ひしゃく、矢筒、兵士の兜、扇、傘、衣

'%)T韓国文化へのガイド

韓紙の工芸品

櫛笥と化粧箱
刺繍糸のための箱

宝石箱

階段式の引き出しがついている整理ダンス

韓紙で作られた人形

紙工芸T'%*

Ҷ

Ҷ
Ҷ

Ҷ伝統韓紙を製造していると
ころ。

類、はきものと帽子などがあります。

ҶҶ湿紙から竹の漉き桁をはず

作り始めたのかは正確にはわかりません。しかし、歴史による

しているところ。

いつからこのように多くの家財道具を紙をふんだんに使って
と、紙工芸品が人気を集めたのは三国時代までずっとさかのぼり
ます。この時代は重要な歴史的事件やほかのデータを記録した多
くの本を残しています。また、日本に製紙法を伝え、中国には名
産として輸出しました。興味深いことに、三国時代の歴史を記録
した「三国遺事」に韓民族は紙で凧を作り飛ばすことを楽しんだと
記録していることです。これはつまり、この書物が書かれた時代
に韓国ではすでに紙工芸が発展していたということを明確に示し
ているのです。
朝鮮王朝の創始者である太祖(在位1392 1398)は質素な日常
生活を強調する王命を下しました。紙の造花が王室や個人の宴
会で飾られたこれまでの造花に取って代わるとともに、ほかの
機能を持つようになりました。朝鮮時代以前の造花は絹で作ら
れたか漆塗りがされたものでした。朝鮮時代の第4代世宗(在位
1418 1450)治世になると、ほかの種類の造花の変わりに紙造花
が仏教儀式や祭祀にまで広く使われるようになりました。

'%+T韓国文化へのガイド

韓紙で作られた箪笥。

紙の需要が速いスピードで増大したことで、第7代世祖(在位
1455 1468)は製紙を司る造紙署を設置し、紙の大量生産に当た
りました。朝鮮時代初期、朝廷は遠い北の辺境を守る兵隊に紙
で作った紙甲(チガプ)を供給しました。この紙甲は水を通さない
だけでなく、冬には厳しい寒さから身を守ってくれました。さ
らに、重要なことは、矢、槍、剣または他の武器に対しても身
を守れるほど丈夫な兜で、十二分に役立ちました。第16代仁祖
(在位1623 1649)時代になると、紙甲は着実に改善を重ね、素材
には紙と紙きれのくずが使われました。紙甲は加工した紙で一
般人の服装を発明するにいたりました。
時間が経つにつれて、紙の使用はより広く使われるようにな
りました。例えば、貴族の間で使われていた絹の扇子の代わり
に、紙の扇子がその場を取って代わりました。朝鮮時代半ばに
タバコが輸入されると、紙の煙草入れが流行りました。日常生
紙工芸T'%,

モダンな韓紙のランプカバー

活で倹約が美徳とされていたため、古い本や使い古しの紙を戻
して作られた再生紙の紙製品が多く登場しました。紙くずなど
を再活用する方法も多く開発されました。紙の耐久性を利用し
て、再生紙を部屋の壁紙の下張りとして使ったり、ドアのノブ
や物干しの綱を作って使ったりしました。
18世紀初めには、紙縒(こより)に色を染めてクッションやマ
ットを編んで作り始めました。その後、しわ紙で作られた様々
な家財道具や個人の所持品が登場するようになりました。
韓国の民間伝承によると、櫛で髪をとかす時に抜け落ちた髪
の毛を取っておいて陰暦十二月三十一日の夕方にそれを燃やす
と、病気や悪鬼を追い払うと信じられていました。この慣わし
のために、落ちた髪の毛を取っておける、油を塗った櫛箱が流
行りました。また、同じ理由で櫛を保管するビッジョプ(櫛笥)も
人気がありました。

'%-T韓国文化へのガイド

伝統的な紙工芸には大部分、楮の
皮で作られた紙が使われました。よ
り正確には再生紙で、書道の練習
紙、製本の切れ端、壁紙や古本の紙
などで作られました。様々な色に染
められ、油塗りした伝統韓紙もま
た、再生紙でした。
韓国の伝統的な紙工芸は、紙の扱
い方と作られた形によって剪紙(ソン
ジ、せんし)工芸、紙繩(ジスン、紙
縒)工芸、紙糊(ジホ)工芸の三つに分
類することができます。
剪紙工芸は、韓紙を何重にも重ね
て形を作った後、下張りを張りその
上に色紙をきれいに貼り付ける技法
です。煙草入れ、裁縫道具を入れる
箱や櫛笥にいたるまで多くの生活用
品が作られました。また、器物の骨
格を木材や竹材で作り、その内部と
外部に韓紙を何度も重ねて貼り付け
たものもありました。この技法で箪
笥やトランクなどの家財道具が作られました。
女性が使う箪笥やトランクなどの家財道具には主に色紙が使
われました。最も広く使われたのは青、赤、黄色、緑、紫でし
た。この色はすべて自宅で製造される天然染料から得たもので
した。この色紙を蝶、コウモリ、鴛鴦、幸福を意味する漢字を
二つ折りにした模様、仏教の卍模様などに切って、紙工芸品に
貼り付けたりしました。
紙糊工芸は 「紙粘土」 のような技法です。韓紙を水に浸して戻

韓紙で扇子を作っているとこ
ろ。(上)
太極の模様が入った扇。(下)

した後、これに糊などの接着剤を入れて捏ねてから器物の表面に
薄く何度も貼り付けます。適当な厚さになると中身の器物を取り
出し、固まった韓紙に色紙などを張って飾り付けをしたり、漆な
紙工芸T'%.

お釈迦様の誕生の日に韓紙のハ
スの提灯を作っている。

どを縫ったりして仕上げます。
紙繩工芸は紙縒(こより)を使って編んだ籠、肩下げの物入
れ、瓶とお盆などの家財道具が幅広く作られました。文房具ケ
ース、敷物、座布団などにもこの技法が使われました。このほ
かに、矢筒、ひしゃく、火薬筒、はきもの、洗面器と寝室用便
器もあります。
小さな文机、お盆などのように物を載せる紙工芸品には木の
芯を入れて重さに耐えられるように補強されました。朝鮮時代
に入って発展した紙縄工芸は、要らなくなった使い古しの紙を
再活用した、ユニークな技法です。
これら紙工芸品の大多数は形と耐久性を強化するためにニス
を塗り、防水加工しました。朝鮮時代には漆の使用が規制され
ていたため、熟していない柿を水と混ぜて作った「シチル」、米

'&%T韓国文化へのガイド

糊、ぺリラオイルを変わりに使いました。色のついた紙工芸品
は液化された寒天とぺリラオイルで煮つめたミツダソウ、タル

韓紙工芸を習っている外国人
たち。

カムパウダーとミョウバンの混合物が使われました。
韓民族の創造的で多才多芸な面の中で、手の器用さを十分に
発揮させた分野が紙工芸でした。

紙工芸T'&&

韓国の歳時記

'&'T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

Ҷ
Ҷ

韓国の歳時記
韓国は四季折々に定期的に慣わしとして繰り返される年間行事
があります。その毎月の行事や風習について述べることを「歳時
記」と言います。こうした歳時によって人生は刺激を受け、年間
のライフサイクルに弾みがつき、次のサイクルへ向かうのに手
助けをします。

Ҷきれいな韓国伝統衣装の韓服
を着てチェギチャギをしている
子供たち。チェギチャギは羽根
突きの一種です。

Ҷ
Ҷ新年の願いを込めて空に飛
ばす凧揚げ。

韓国の年中行事は陰暦に基づいて行われます。陰暦、正確に
は太陰太陽暦で、月の満ち欠けする周期の朔望(さくぼう)月で日
を数え、太陽の運行による周期太陽年(回帰年)をもって季節を調
節してゆく暦法に頼って作られました。
しかし、農業は一年を二十四等分し、その分点に節気と中気
を交互に配列し、それぞれに季節の名称を与えた二十四節気に
基づいて畑を耕しました。
韓国の歳時風俗は神官や呪術、占い、民族ノリ(民族遊び)と深
い係わり合いがありました。韓国の神には日月星辰(太陽、月、
星の神)、山川神、竜王神と家神があります。これらの神は人の
運命と運勢を操ることができると考えられていました。祭祀を行
う日は華やいで、人々は神のご加護と厄払いを祈願しました。

韓国の歳時記T'&(

ノルティギ(長板のシーソー)。
高い塀の向こう側の世界を覗こ
うとして始められたといわれる
女の子の遊び。

村や人々の安寧と幸運を願う行事には、陰暦一月十五日の朝
に相手の名前を呼んで暑さを売るとその年は夏負けしないと信
じられている「トウィパルギ(暑さ売り)」、松の実、生栗、胡桃、
銀杏、ピーナッツのような硬い実を食べるとその年は吹出物が
できないといわれる「ブロム」、陰暦1月15日の前日に田畑の草原
に火をつけて虫追いをする「チィブルノリ」、陰暦一月十五日の
夜、月を見ながら橋を多く渡ると足が強くなって病気にならな
いと信じられていた「タリバルキ(橋踏み)」、また幸運を掬い取れ
るように「ボクチョリコルギ(福を招く柄のついた笊)」などがあり
ます。
韓国は本来農業社会であるため、占いはその年の収穫が良い
かどうかを予測するために行われました。こうした予言に従っ
て豊作になることを祈りました。したがって、陰暦の最初の
十五夜に動物の立てる音や天候の移り変わりを研究して、その

'&)T韓国文化へのガイド

年の吉凶が占われました。
陰暦正月の夜、正月十五日の夜に月が明るいとその
年は豊作になると信じられていました。太陽が赤いと日照りに
なると思われました。北風は悪い年を意味し、南風は収穫が多
い年になると思われていました。民俗ノリ(民俗遊び)の「ユンノ
リ」は4本の木棒を使ったゲームで、ゲームの勝ち負けでその年
の運を占いました。また、綱引きもこうした理由から行われま

お正月には家族親戚がみんな集
まってユンノリをしながら親睦
を図ります。
ユンノリの道具。ユッと駒

した。
その結果、韓国の歳時風俗は国の方針に直接影響を与える同
時に、韓国人の性格や意識構造にも重要な決定要因となりまし
た。今日では、西洋の影響でライフスタイルが西洋化しつつあ
り、韓国の歳時風俗は徐々に社会的関連が薄れていきました。
正月は一年の中で最も大きな祭日で、正月十五日もお祝いを
しました。お正月の元旦には、韓国人は祖先の位牌を祭って料
韓国の歳時記T'&*

元旦に年上や目上の人に新年の
挨拶として「セベ」をします。

理と酒を供えて「チャレ(茶礼)」を行いました。チャレとは陰暦毎
月初日と十五日、祝祭日、祖先の誕生日などに簡略に行う祭
祀、祖先追悼式のことです。
チャレは通常四世代前までの祖先のために行われ、年に一回お
墓参りをします。元旦の朝、目上の人に新年の挨拶をする「セベ」
が行われました。セベは跪いて礼儀正しくお辞儀をすることで
す。その後、お墓参りをします。祖先のお墓の前で新年の挨拶
をするのです。これは生きる人も死んだ人も平等に扱った韓国
の祖先に対する慣わしで、欠かすことのできない礼儀です。元
日と正月十五日には、一年の幸運を占い祈願する様々な行事が
あります。また、米を研ぐのに使われるチョリ(網じゃくし)の
ように、幸運を掬い取れるようにと願いを込めて「ボクチョリ」
といい、元旦の朝早く一番先にボクチョリを買って壁にかけま
した。
陰暦正月十五日の前夜には「チェウン」と呼ばれるわら人形を

'&+T韓国文化へのガイド

作って、河に放り込みました。人形を捨てることで不運を捨て
幸運な年を迎えますようにという意味で行われました。十五日
の朝、耳が明るくなるといわれる「耳明酒」を飲みながら胡桃や

陰暦正月十五日には胡桃やナッ
ツのような硬いもの、「ブロム」
を噛んで食べるとその年は吹出
物が出ないと言われています。

ナッツを食べる「ブロム」を行う慣わしでした。殻の堅いナッ
ツ、例えば栗、胡桃、松の実または銀杏を割って食べると、吹
出物ができないと考えられていました。「耳明酒」を飲むと耳が
明るくなると信じられました。耳が明るいというのは言い換え
れば、一年中よい知らせを聞くという意味でもあるのです。
最も有名な韓国の歳時風俗の一つに正月十五夜の橋渡りがあ
ります。夜、自分の歳の数だけ橋を渡るとその一年を健康に過
ごし、足の病気で苦しまないと信じられていました。
韓国の歳時風俗を話すときに必ず言及されることの一つに、
「易」があります。一年の収穫の良し悪しや個人の運勢などを占
う慣わしがありました。中でも「土亭祕訣(トジョンビギョル)」は
その年の吉凶を占い、月々の運がどうなのかを説明書きしたも

韓国の歳時記T'&,

Ҷ

ҶҶ

Ҷ主な祝祭日には韓国では多く
の家ではご先祖さまの位牌を祭
って祭祀を行います。

ҶҶ 取りたての穀物や新鮮な果
物を供えて祭祀を行った後、お
墓参りをします。

ので、結構当たるとして庶民たちの間で最もはやっている占い
です。
陰暦の正月には、各村では「洞祭(トンジェ)」を行いました。
洞祭は村全体の規模で行われる儀式です。山の神様を祭る祭祀
の「山神祭(サンシンジェ)」、村長の代わりにムダン(巫女)が祭官
となって村の守護神に祭祀をあげる「別神祭(ビョルシンジェ)」、
出棺の時に故人の縁故の地の路上で行う「路祭(ノジェ)」、船主が
祭主となって船乗りたちが行う祭祀の「竜王祭(ヨンワンジェ)」な
どが洞祭の一種です。
立春は通常2月の初めにあります。二十四節気の一つで、暦
の上で春がはじまる日です。この日は各家庭で立春に関する詩
を書き、それを柱や玄関の上に張りました。陰暦二月一日は「ヨ
ンドンナル」と言って、ヨンドンハルモニが天から下る日です。
この日雨が降るとヨンドンハルモニが嫁を連れてきたとして豊
作、風が吹くと娘を連れてきたとして凶作と信じられていまし
た。ヨンドンハルモニ(ヨンドン婆)は農村の実情を調査し二月
二十日には天に帰っていくといわれ、風をつかさどる神と思わ
れています。
陰暦三月三日の「サムジッナル」は江南に行っていたツバメが
帰ってくる日といわれるほど、天気も温かくなって春めいてき

'&-T韓国文化へのガイド

ます。人々は野原に出かけて、「ファジョン」というヤマツツジ
の花を載せたもちを食べる慣わしがあります。また、この日に
醤油や味噌などを作ると味がおいしくなるといわれています。
また、慶北(キョンブク)地方ではこの日蛇をみると運がよくなる
し、黄色い蝶を見ると吉、白い蝶を見るとその年に喪服を着る
と言われました。
陰暦四月八日は釈迦誕生の日です。お釈迦様が生まれた時仏
教の守護神の一人である帝釋天(ていしゃくてん)が天から降りて
きて、香水で沐浴させたという言い伝えから浴佛日ともいいま
す。この日になると、人々は寺を訪れて、ランタンに火を灯
し、死者の冥福を祈ります。

端午(陰暦五月五日)にはクネ(ブ
ランコ乗り)やシルム(韓国の相
撲)などを楽しみながら、その
季節の旬の料理を食べます。

韓国の歳時記T'&.

陰暦五月五日は端午です。男性は韓国の伝統レスリングであ
るシルムをします。女性はショウブの水で髪を洗い、クネ(韓国
式のブランコ)に乗りました。
陰暦六月十五日は「流頭」です。悪いことなどを取り払うため
に東に流れる川で髪を洗う風習があります。また、安寧と豊作
を祈願して取れたての果物と餅で祖先を祭る祭祀を行いました。
陰暦の六月と七月の間に夏で最も暑い時期の三伏(さんぷく)
があります。この時期には人々は山の谷間の渓谷で釣りをした
り、薬水(山の泉で取れるミネラルウォーター)を飲んだり、冷た
い水に足を入れて暑さを凌ぎました。また、栄養の高い、例え
ばサムゲタン、高麗人参を鶏肉に入れて煮込んだ料理などを食
べて気力を補いました。
陰暦七月七日は七夕です。牽牛(けんぎゅう)と織姫(おりひめ)
が天の川を挟んで年に一度烏鵲橋で会う日となっています。ち
ょうど梅雨が終わったごろで、日向に服や本などを出して虫干
しをしたりしました。七日の早朝に女子供たちは瓜、キュウリ
などを供えて機織が上手になることを祈願しました。また、北
斗七星に繁栄を祈願する祭祀をしたりしました。
陰暦七月十五日は百中、中元と呼ばれています。百中という
言葉は百種、あらゆる果物と野菜が出る、百種の穀物の種を備
えたということから由来します。農村では働きぶりのよい下僕
にこの日一日休日を与えて、酒や料理を振舞って楽しませたと
いわれます。
陰暦八月十五日は秋夕(チュソク)です。西洋の感謝祭に当た
るもので、元日といっしょに韓国では最も大きな祝祭日です。
取れたての穀物と果物と果物で祭祀をあげます。そしてお墓参
りをします。この日忘れてはいけない特別な料理は、ソンピョ
ンとよばれる三日月模様の餅です。取れたてのゴマ、豆、小
豆、栗などを中に詰めた三日月模様の餅で、松の葉を乗せて蒸
します。
伝統的に秋夕の前夜は、家族みんなが取り囲んでソンピョン
を作りながら、満月を楽しみます。ソンピョンをきれいに作る
とよい配偶者にめぐり合うと言われ、まだ結婚していない独身
''%T韓国文化へのガイド

の男女はソンピョンをきれいにつくろうとがんばります。秋夕
の間、人々はソノリ、コブクノリ、カンカンスウォレ、シルム
などで雰囲気を盛り上げながら、互いに食べ物と酒を交わしな
がらいろいろなゲームをして楽しく過ごします。ソノリ(牛遊び)
やコブクノリ(亀遊び)はカマスや韓紙などで牛とカメをかたどっ

秋夕(チュソク、陰暦八月十五
日)には三日月模様のソンピョ
ンを作って食べます。

た被り物を作って牛やカメのふりをします。これら牛やカメを
率いる人が村のあちこちを引っ張って歩きながら、行く先々で
酒やご馳走などをいただく遊びです。
陰暦九月九日は重陽節または重九といいます。ツバメが江南へ
飛んでいく日といわれ、この時節になるとツバメを見かけることが
できません。蛇やカエルなどは冬眠に入ります。この日はユズを細
切りにしてザクロの実、松の実といっしょに蜂蜜に漬けた「花菜(フ

韓国の歳時記T''&

カンカンスウォルレ。陰暦八月
の十五夜の満月に踊る円舞。

ァチェ)」を飲み、菊花酒を造ったりします。また、郊外に出て杯を
交わしながら詩を読んだり絵を描いたりしてカエデや菊を楽しみま
す。家庭では菊をのせた餅をつくります。
陰暦十月は「サンタル」と呼ばれます。この時期は一年の田
畑の仕事がほぼ終わり、取れたての新鮮な穀物と果物を供えて
神と祖先に感謝の礼をあげる期間です。十月は豊かな実りと神
と人間がともに楽しむ月で、一年のうち最も実のある月として
一番だとして上の意味を持つ「サンタル(上月)」といわれていま
す。各家庭では、豊かな暮らしと家族の安寧を守る家の神様に
祭祀をあげます。供え物はシルトクといわれる蒸した餅で、新
しく収穫した穀物などといっしょに供えます。
陰暦の11月は冬至(とうじ)と呼ばれました。小豆の粥の中に
もち米の団子を自分の歳の数だけ入れて食べる慣わしがありま
す。小豆の粥を作るとまず、ご先祖さまの位牌の前に供えてチ
ャレを行った後、部屋、醤油や味噌のかめを置くチャンドク
テ、納屋などに一杯ずつ粥を供えておき、玄関のドアや壁に粥
を吹っかけておきます。これは小豆の粥の赤い色が厄払いする
と信じているからです。

'''T韓国文化へのガイド

冬至に食する小豆の粥。赤い小
豆の粥が厄払いすると信じられ
ています。

最後月の最終日を除夕または除夜といいます。除夜はその年
のすべての負債を清算する日でもあります。また、元旦に新年
の挨拶としてセベをするように、暮れ行く年を惜しみながら親
しい間柄で交わす「ムクンセベ(旧セベ)」をします。除夜の翌日は
元旦で、主婦は元旦のチャレに供えるいろいろな料理、歲饌(セ
チャン)を作るのに忙しく、男性たちは新年をきれいな心構えで
迎えられるように大掃除をします。この日は「守歳(スセ)」といっ
て、家中の明かりをつけて徹夜をする慣わしがあります。この
日寝ると眉が白くなると言われ、寝てしまった子供の眉に白い
粉をつけてからかったりします。
韓国の歳時風俗は、伝統として長い間韓民族の生活に深く根
を下ろしてきたものです。こうした歳時風俗には、祖先たちの
豊かな知恵が盛り込まれています。

韓国の歳時記T''(

通過儀礼

'')T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ
Ҷ

Ҷ

通過儀礼
各個人はその人生において多くの局面に遭遇します。子供は大
人になって、結婚し、家族を作り、年をとって晩年を迎えて最
後には後に残した子供たちに看取られて死にます。韓国では、

Ҷ花婿は花嫁の家族に木製のガ
ン一双を送ります。
Ҷ
Ҷ伝統の結婚衣裳を身につけ
た花嫁が輿に乗っている。

こうした人生において個人が経験する各局面と、それに伴って
変化するその人の社会的地位は重要な意味を持つと考えまし
た。こうした一連の変化が引き起こす混乱を、「冠婚葬祭」という
通過儀礼を通して冷静に切り抜けられるようにしました。
韓国は伝統的に儒教社会であり、成人式(冠)は個人が公式に
その社会の信頼できる構成員になったことを示しています。結
婚(婚)は社会の基本単位として、家族の重要性を再確認するもの
でした。家族の構成員の死を悼む葬儀(葬)は家族生活の結果生じ
た家族構成員の死に対する衝撃を解決するものとして厳粛で複
雑です。家族の先祖に対して敬意を払う祭祀(祭)は、家族と親族
間の団結と調和を強めることを目的としました。
子供が大人になる儒教の成人式は、簡素なものです。男子は
これまで伸ばして三つ編みしていた髪を髷にして頭上に上げ、
カッ(馬毛で作られた円形の伝統帽子)をかぶります。この儀式は

通過儀礼T''*

Ҷ

ҶҶ

Ҷ伝統的な成人式では、男子は
髪を一つに纏め上げて髷を作り
カッ(馬毛で作られた男性の被
り物)をかぶります。

ҶҶ 成人式で女子は髪を一つに
まとめて後頭に小さく丸めて纏
め上げた後、ビニョと言われる
かんざしを挿します。

15歳から20歳の誕生日に行われました。女子は15歳の誕生日に
髪を一つにまとめあげてかんざしをさしました。
一般庶民たちは村の共同体である「トレ」によって、成人式を
迎えた男子は指定された岩を持ち上げて、自分の体力を証明し
ました。もし、自分の力を証明できれば、その気概を示したも
のとし、大人として迎えられました。
伝統的な韓国の結婚は両家の家長によって決定され、結婚式
は定められた手順にしたがって行われました。いったん仲人は
両家の結婚意思を確認します。新郎の家から新婦の家に新郎の
四柱単子(サジュタンジャ)、新郎の生まれた日時(四柱)を書いた
ものを送ります。四柱とは生年月日と生まれた時を表す四つの
干支のことで、これでその人の運勢を占います。花嫁の家族は
その四柱単子を見て、花嫁の四柱(生まれた日時)との相性を占っ
て結婚式の日付を決めて新郎側に通知します。すると、新郎は
結婚式に着る韓服と贈り物を新婦の家に送ります。
中国と違って、韓国では伝統的に花嫁の家で結婚式が行われ
ます。それは、木製のガンを花嫁の家に手渡したときから始ま
ります。それから花嫁と新郎は互いにお辞儀をした後、杯を交
わします。式の後、新婚夫婦は通常、花嫁の家で2、3日、時に

''+T韓国文化へのガイド

は一年も一緒に過ごします。花婿の家に
到着すると同時に、花嫁は花婿の両親と
親類に挨拶をし贈り物をします。これは
婚家に嫁いだ花嫁に新しい人生が始まっ
たことを象徴しています。
伝統的な韓国の結婚式は、先祖の誉
れであり、血族の継続性が確認されたこ
とを公的に示すものです。結婚によって
作られた家族は社会生活の基礎と考えら

韓国の伝統的な結婚式。(上)

れました。そして、多産と豊かな暮らしをすることが夫婦の社
会的な義務でした。
一方、愛する人の亡き後を悲しむ韓国の伝統的な葬儀は複雑
な手続きと手順で行われます。朝鮮時代に儒教は韓国社会の道

結婚式の後、花婿の両親が新婚
夫婦にナツメなどを投げかけてい
ます。これはナツメの数だけ子宝
に恵まれ、健康で末永く暮らすこ
とを願ってのことです。(下)

徳と倫理システムとして根付き、葬式は肉親だけの儀式ではな
く、一族すべてにかかわる非常に綿密な儀式となりました。こ
うした伝統の多くは今日でもいまだに実行されています。
通過儀礼T'',

伝統的な葬式

葬式の目的は、遺族は故人に対する喪失感と不安を克服し
て、穏やかに日常生活へ戻れるようにすることです。両親の死
は特に常に悲しいものです。葬式では故人の家族に送る香典、
葬式で振り当てられた任務と役割を含むすべてがその家族との
絆を最大限に表したものであり、その家族と縁があることを意
味します。
伝統的に哀悼期間は3年続きました。この期間に行われる一連
の祭祀は厳格な儀礼によって行われました。埋葬されるまでの葬
儀儀式、決められた期間に行われた故人への祭祀は長ければ3年
間続けられ、哀悼期間が終わった後、会葬者は喪服と哀悼の印と
してしていたものを脱ぎ、通常の日常生活に戻りました。
韓国人は祖先の魂を称え、今を生きる子孫を祝福するために
数多くの儀式を通じて、祖先を記念する祭祀の伝統を受け継い
できました。 儀式は死者と生きている者とのつながりを見せて
います。西洋と異なり、昔の韓民族は死後の世界が現在の世界
とまったく別にあるわけではなく、同じ連続線上にあると考え

''-T韓国文化へのガイド

ました。祖先を崇めることはその後裔として基本的な義務と考
える子孫を通じて、死は人生の連続線上にあります。今日では

時祭(シゼ)。時を決めて家廟で
行われる祭儀。

儒教を強く信望する人は両親、祖父母、曾祖父母と功のある曾
祖父母に対してその命日に祭祀をあげます。そのほかに元旦の
ような民族的な祝祭日の朝、チャレ(昼間に行われる祭祀)を行い
ます。また、家墓で時享(シヒャン、陰暦二月、五月、八月、
十一月に家墓で行われる祭儀)を行います。これらの儀式は党派
的で排他的にさせるとも言われました。その一方では、世代間
の結束と誇りを育ててきたとも考えられています。

通過儀礼T''.

韓国の
シャーマニズム

'(%T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

Ҷ
Ҷ

韓国のシャーマニズム
シャーマニズムは原始的な宗教の一つで、呪術師であるシャー

Ҷ悪魔を防ぐシャーマニズムの旗

マンは神の世界や悪霊、祖先神といった超自然的な存在と直接

ҶҶ シャーマニズムの儀式では

的な交流をし、この交流によって占い、予言、病の治療などを

踊り通じて神がかりの状態に入
ります。シャーマニズムは韓国
のモダンダンスにも影響を与え
ました。

すると信じられている宗教的な現象です。シャーマンは神など
超自然的な存在と疎通する儀式を行うプロの精神的な調停者で
す。韓国では女性のシャーマンを「ムダン」、男性のシャーマンを
「パクス・ムダン」と呼びます。
ムダンが踊るとき催眠状態に入りますが、これは霊の領域に
近づくために彼らの魂が体から離れます。神がかりの状態に落
ちたムダンは直接霊と通信し、その超自然的な存在の送話口と
して力と知識を誇示します。ムダンは人間と超自然的な存在の
間を取り持つ仲介者の役割をし、人間の代弁者として願い事を
伝えたり霊の意思を人間に伝えたりします。
ムダンの驚くべき才能は社会の中でほかの人とは自然に区別
されます。超自然的な存在と疎通できるという確信は、ムダン
に伝統的にある種の特権を与えるようになりました。古代社会
では、おそらく部族国家の時代からシャーマンの神通力がコミ

韓国のシャーマニズムT'(&

朝鮮時代の画家、申潤福(シン
・ユンボク)作の「巫女神舞」

ュニティの共通の利害に貢献していたために、シャーマンがそ
の部族のリーダーの役割をしました。
ムダンはサンシンリョン(山の精霊)、七元星君(北斗七星)、地
神、龍王神など数多くの神を祭り、ムダンの祠で崇拝します。
こうした自然神のほかに、国王、将軍、宰相など歴史的に有名
な人物をも崇めています。
主にムダンになったきっかけによって、ムダンは二種類に分
けることができます。一つは霊に選ばれてムダンになった人(降
神巫)で、もう一つは祖先からの職業を受け継いでムダンになっ
た人(世襲巫)です。霊によって選択を受けたムダンは病の治療や

'('T韓国文化へのガイド

ユネスコの世界文化遺産に指定
されている江陵(カンヌン)端午祭
の大關嶺国師城隍を祭る儀式。

予言の神通力を授けられたと思われています。彼らは霊と疎通
して、儀式で霊の意思を代弁します。ムダンのコスチューム(巫
服)は非常に幅広く約12から20種類あり、憑依した霊の正体によ
って異なります。早いテンポで刺激的なリズムで演奏される打
楽器にあわせて、ムダンは踊りを通じて神がかりの状態に陥り
ます。
このタイプのムダンは必ず、所謂「シンビョン(神の病)」にか
かります。このシンビョンはムダンになるためには避けられな
いプロセスの一つで、ムダンに選んだ神の呼び出しに抵抗した
ときに起こります。ムダン候補は通常、錯乱状態に陥ってある
韓国のシャーマニズムT'((

'()T韓国文化へのガイド

ビジョンを見るかそれと似たような徴候が現れます。そのビジ
ョンまたは夢の中で、霊(神)が現れてムダンに選択したことを告
げます。この呼び出しは神通力を得るためには必要なプロセス

ムダンは特定の霊の送信口とし
て奉仕します。自然に宿ってい
る霊もあれば、歴史的に有名な
人物の霊だったりします。将軍
神に供えられた祭壇。

です。
将来のムダンにふりかかったシンビョンは時には何ヶ月、何
年も続きます。統計では平均しておよそ8年間続くとしていま
す。場合によっては30年間続く時もあります。正気を失いほと
んど錯乱状態に陥った精神で、食べることも寝ることもでき
ず、時には野原や山を歩き回ります。このシンビョンは医薬で
は直せず、最終的にムダンになることを受け入れた瞬間突然な
くなります。
ネリムクッ(降神儀式)は名づけ親または名づけ親の役割を引
き受けた上級ムダンの案内で行われます。初心者のムダンが一
人前になってクッ(シャーマニズムの儀式)をする前に、プロのム
ダンから必要なすべての技術を学び練習しなければなりませ
ん。各々の才能によって違いますが、見習い期間は大抵およそ

沿岸地域では、クッ(シャーマ
ニズムの儀式)は船の安全な帰
還と豊漁などを祈願するものな
ど様々なケースで行われます。
(左)

韓国のシャーマニズムT'(*

世襲巫は家業を継いでシャーマン
(ムダン)になった人のことです。

3年かかります。
親の後を継いでムダンになった人は並外れた神通力を備えて
いるわけではありません。また、世襲巫(せしゅうふ)は管轄の領
域(タンゴルパン)が決められており、その領域内で儀式を行って
生計をたてます。そのクッも超自然的な存在と交わる、神がか
りの過程はなく、当然特定の霊を崇めているわけでも祭壇があ
るわけでもありません。その代わり各々のクッを行う時に神が
降る神聖な道を作ります。儀式は儀礼的に祭儀が行われます。
世襲巫は2、3種類の単純な巫服を着ます。また、打楽器だけ
でなく、絃楽器、管楽器も含まれたカラフルな音楽を用いま
す。降神巫の儀礼の時よりも音楽や踊りのテンポは非常に遅い
です。
シャーマンの儀式は、ムダンのスタイルに基づいて三種類に
分類されます。最も単純な儀式は手をすりあわせながら祈りを

'(+T韓国文化へのガイド

あげるやり方です。降神巫の儀式は一時的に神がかりになっ
て、神を体現するのが特徴です。世襲巫の儀式も超自然的な存
在との交信が含まれますが、ムダンと霊は別々のアイデンティ

シッキムクッ−全羅南道(チョ
ンラナムド)地方で行われる死
者儀礼。死者の霊魂を冥土へ導
くための儀礼。

ティを保ちます。
シャーマニズム的な世界観では人間の体には魂があり、世の
中には複数の霊がいると信じています。肉体に生命力を与える
魂は、決してなくなりません。肉体が死んでも魂は「あの世」で生
きつづけ、新しい肉体に生まれ変わります。
シャーマニズムは、生きている人に入り込んだ魂と死者のそ
れとを分けて考えます。また、死者の魂は人格を持っており、
魂は形がなくて見えなくても全能で、時間や空間の境界を自由
に行き来できると信じられています。

韓国のシャーマニズムT'(,

テコンドー

'(-T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

Ҷ

ҶҶ

テコンドー
テコンドーは韓国で端を発し、現在世界中で行われているスポ
ーツです。テコンドーは全身を動かす、特に手と足をよく使い
ます。体を強くするだけでなく、トレーニングを通じて肉体や
精神を鍛えます。自制する技術とあいまって、テコンドーは自

Ҷ技術を練磨するためにキョルギ
(組手)を練習している子供たち。

Ҷ
Ҷテコンドーの攻撃技術の一
つであるスピョン・イルジャ・
チャギ

分を守る格闘技です。
テコンドーが体の本能的な反射作用を使って防ぎの構えに入
るという根拠を歴史の中から見つけることができます。古代の
部族国家の時代に、迎鼓(ヨンコ)、東盟(トンミョン)、舞天(ムチ
ョン)などの宗教的な儀式の最中に身体鍛錬のための独特な運動
を行いました。この運動がテコンドーの起源です。
こうした歴史を背景に、テコンドー(またはテッキョンという
古い名称で知られる)は韓国の伝統的な格闘技として位置づけら
れました。三国時代にテッキョンは必須の武芸でした。国防と
戦闘能力を強化するために武芸が強調され、国防を任された武
士団の間で訓練されました。
前記の伝統は高麗時代にも引き続き行われました。国の繁栄
と守護に必要な武芸として、テッキョンの価値は認められまし
テコンドーT'(.

高句麗の古墳壁画で見られる
テッキョン(テコンドーの古名)
の試合。

た。その結果、テッキョンはさらに組織化され、人気を集める
ようになり、武芸の水準はさらに高まりました。
高麗時代末期に爆薬と新兵器が登場しました。しかし、高麗
時代の初期や半ばまで国家レベルで強く支持されていたテコン
ドーは徐々に傾いていきました。武芸として機能が低下した結
果、民間ゲームとして様代わりするようになりしました。「高
麗史」の記録によると、テッキョンに金品を賭けて賭け事をし
た人は100回の鞭打ちに罰したとしています。賭けの場所を提供
したり賭けた金をギャンブラーに渡した家主もやはり同罪に問
われました。こうした記録から、テッキョンが多くの人々に民
間ゲームとして楽しまれ、韓民族の暮らしの中に深く根付いて
いたことがわかります。
後の朝鮮時代には建国初盤には政治環境や国防の必要のため

')%T韓国文化へのガイド

に、テッキョンに対する重要性が再認識されました。テッキョ
ンに熟練していた者は望ましい待遇を受け、テッキョンは武芸

朝鮮時代の「武藝圖譜通志」 に描
かれたテコンドーの基本動作。

として認識られるようになりました。記録によると、太宗10年
(1410年)に兵曹義興府にテッキョンの試合で三人を負かした人
が防牌軍(王や高官を護衛する兵士)に選ばれました。翌年にはテ
ッキョンは兵士選抜の主な基準に採択されました。これで、武
芸に精通している多くの官奴(官庁に属していた奴隷)を兵役につ
かせることになりました。
一旦国の組織体系が固まってからは、格闘技の重要性は文人
の力が強まるにつれて、再び重用されなくなりました。しか
し、国が艱難に瀕した、1592年の壬辰倭乱(イムジンウェラン、
文禄・慶長の役)と1636年の丙子胡乱(中国清の侵略)の際にこ
うした傾向は覆されました。国家レベルで武芸を奨励する訓錬

テコンドーT')&

国会議事堂の前でテコンドーを
演舞する団員。

都監(兵士の養成機関)が設けられました。
近代に入って国家防衛の方法が変わるにつれて、人々の武芸
に対する認識も変わり、テッキョンは武芸というよりは主に民
間ゲームになりました。韓国を侵略しようとする日本の公然の
意図にもかかわらず、テッキョンは国民的な娯楽となりまし
た。日本に対して単一民族だという連帯意識とあいまって、民
族の情熱は伝統武芸であるテッキョンに傾き、民間ゲームとし
て歓迎されました。
日本による植民地時代には、テッキョンは抑圧されました。
にもかかわらず、テッキョンは師匠の間でひそかに受け継がれ
てきました。
1945年に、韓国が日本の植民地から解放されて、個人の自由
が取り戻されると、テッキョンはルネッサンスの時代を迎えま
した。この時に「テッコン」という新語が作られ、広く使用され始

')'T韓国文化へのガイド

めました。これと並行してテコンドーの達人との師弟関係は、
格闘技というよりも一層スポーツとしての、テコンドーの特徴

キョッパ(撃破)のデモンストレ
ーションをしている兵士。

を強調するようになりました。1961年9月に大韓テコンドー協
会が創立され、テコンドーは公式にスポーツとして認められま
した。1962年に大韓体育会に競技団体として加盟し、翌年全国
体育大会で正式競技種目になりました。
1971年に大韓テコンドー協会は、道場を開いている人たちの
ために規範を確立しました。この規範は、日常生活や道場で誰
かと話をする時、訪問した時のエチケット、態度、服装や容姿
まで含まれました。1972年にテコンドーを管掌し普及させる目
的で国技院が設立されました。ここでは昇級審査をはじめ競技
大会を開催します。
1973年ソウルで最初の世界テコンドー選手権大会を開催し、
同年世界テコンドー連盟を創立しました。世界テコンドー同盟
テコンドーT')(

テコンドーの主な技術

アレマッキ
(下段受け)

ソンナルチギ
(手刀打ち)

ヨプチルギ
(横突き)

ヨプチャギ(横蹴り)

'))T韓国文化へのガイド

バンタルチャギ
(半月蹴り)

はついに国際競技連盟総連合会(G A I S F)のメンバーとなり、
1976年には国際軍人選手権大会(CISM)で正式種目として採択さ

2008年の第29回北京五輪で金
メダルを獲得した黃敬善(ファ
ン・キョンソン)の攻撃。

れるにいたりました。現在、世界テコンドー連盟は184の加盟国
を保有し、3000人の師匠が世界中でおよそ6000万人の人にテコ
ンドーを教えています。
安定した発展と成長に力負い、テコンドーは1980年7月15
日にIOC(国際五輪委員会)総会で88年の24回ソウル五輪で公開競
技に採択される快挙を成し遂げました。1981年には86年の10回
アジア大会でテコンドーを正式種目として採択しました。テコ
ンドーは国際的なスポーツ競技としてしっかりとその存在を確
立しました。
テコンドーT')*

1983年12月にソウルで最初の国際テコンドー学術会議を開
催し、スポーツ発展に大いに貢献しました。この会議によって
テコンドーに対する世界の関心が高まり、シドニーで開かれて
いたIOC委員会は2000年第27回シドニー五輪でテコンドーを正
式競技と決定しました。アテネ五輪の金メダリストである文大
成(ムン・デソン)が2008年の北京五輪の開催中にIOC選手委員会
委員に選ばれました。IOC選手委員会は選手の声をオリンピック
に反映させるために設けられたものです。
テコンドーの修練方法はキボントンジャク(基本動作)からプ
ムセ(型)、キョルギ(組手)、キョクパ、そして護身術などに区別
されます。キボントンジャクはダイナミックに手と足を使った
技術で、テコンドーの基礎といえます。これには拳と掌を立て
て刀のように振り落とすチギ(打ち)の技などがあります。プムセ
は仮想の相手を想定して一人で行う修練法で、防御技術と攻撃
技術の組み合わせで構成されています。ここでは技の読み、技
の速さやキレ、キメ、力の強弱、柔軟性、中心移動、呼吸調節
を熟練するようにしています。各級ごとに演じる型が決まって
おり、有級者のプムセにはテグク(太極)1 8ジャン、パルクェ(八
卦)1 8ジャン、有段者のプムセにはコリョ(高麗)、クムガン(金
剛)、テペク(太白)、ピョンウォン(平原)、シプジン(十進) 、チテ
(地跆)、チョンクォン(天拳)、ハンス(漢水)、イルヨ(一如)などが
あります。
キョルギ(組手)はプムセを通じて覚えた攻撃技術と防御技術
を応用して実際に相手と対決する技術です。二人が約束で決め
られた動作にあわせて練習するマチュオキョルギと、技術の制
限なしに自由に応用して練習するキョルギがあります。
キョッパ(撃破、板割り)は各種の補助器具を通じて手足の力
を強め、鍛錬することで破壊力を大きくするための修練法で
す。プムセ、キョルギといっしょにテコンドーの三つの基本構
成の一つです。護身術は接近戦で相手の攻撃を制圧し、逆攻撃
を練磨する技術です。あらゆるテコンドー技術を総合、応用し
たものです。
')+T韓国文化へのガイド

試合は男女とも8階級(フイン、フライ、バンタム、フェザ
ー、ライト、ウェルター、ミドル、ヘビー)に分けられ、体重別

テコンドークラスで騎馬姿勢で
号令する子供たち。

で行われます。1ラウンド3分を3ラウンドで戦い、1ラウンドが
終わるごとに1分間の休憩が置かれます。
テコンドー競技は12㎡のマットの上で行われます。選手は胴
体など特定の部分を保護するためにプロテクタ−とヘッドギアを
着けて戦います。審判員は主審1名、副審4名となっています。

テコンドーT'),

')-T<j^YZid@dgZVc8jaijgZ
韓国文化へのガイド

シルム

Ҷ

Ҷ
Ҷ

シルム
(韓国の伝統レスリング)
韓国の伝統レスリングであるシルムは二人の選手がお互いに相
手のサッパ(腰と右大腿部に巻きつけた、まわしに当たる布のサ
ッシュ)をつかんで、相手の膝から上を先に地につけた人が勝利

Ҷ韓国の伝統レスリング、シル
ム。大会に参加した選手は互い
に技を競い合います。

Ҷ
Ҷ勝利者の勝利セレモニー

とする、力強さとあらゆる技術を駆使して競い合う、一種の民
俗競技です。
人類の発生と同時にシルムの歴史は始まりました。原始社会
では自衛のためだけでなく、食べ物を得るために動物と戦わざ
るを得ませんでした。また、異なる種族間の対立は避けられ
ず、その結果人々は自分の身を守るために異なる形で戦いに挑
むことになりました。この時代には、掴み取りをすることが主
な戦い方であったため、ここから多様なレスリング技術が生ま
れました。
人間の知識が進歩し、政治・経済が発展するにつれて、シル
ムは古代三国時代には武芸として発展しました。自衛手段や生
存本能の表れだったシルムが武芸として認められたことは、社
会発展にともなう自然な結果だっといえます。
シルム(韓国の伝統レスリング)T').

朝鮮時代にシルムは幅広い人気
を得ました。朝鮮時代後半の画
家金弘道(キム・ホンド)の民俗
画「シルム」。

シルムは高句麗の建国ごろにはすでに武芸として確立されて
いました。4世紀のものと推測される高句麗の古墳「角觝塚(カク
ジョチョン)」の壁画からも、その事実を伺うことができます。塚
の玄室(棺を納める部屋)の壁にはシルムの一場面が生々しく描か
れていました。二人の男性がシルムをしているところをもう一
人の人が審判でも見るかのように見守っている場面でした。図
面の位置からして、シルムがすでに韓民族の暮らしの中に主要
な部分を占めていたことを意味します。
武芸としてのシルムは高麗時代にも歓迎されました。「高麗史」
の記録では、14世紀半ばに第28代の忠恵王が兵士にシルムを命
'*%T韓国文化へのガイド

じ、晩餐会でその試合を見て楽しんだと記録しました。シルム 

がさらに幅広く人気を集めるようになったのは朝鮮時代に入っ
てからでした。
それは金弘道(キム・ホンド)の風俗画「シルム」から当時の人
気ぶりを伺うことができます。つまり、この時代にはシルムは
武芸であると同時に民間遊戯として人気を博していたことがわ
かります。
世界のあらゆる国で、その国独特の特徴を持つ季節ごとの民
俗遊戯が発見されます。韓国もこれに関して例外ではありませ
ん。シルム大会はいつでもどこでも催すことができ、年を通し
て頻繁に開かれました。陰暦五月五日の端午祭以外に、他の祝
祭日にもよく開催されました。例えば、陰暦の三月三日、四月
八日の釈迦誕生の日、七月十五日の百中、八月十五日の秋夕(チ
ュソク)などに、春から秋まで続くきつい田畑仕事から離れて精
神的に肉体的に緊張をほぐし、喜びを分かち合える方法として
シルムは大いに歓迎されました。
シルム大会が始まると周囲はにぎやかになります。シルム大
会が開かれた日には、通常禁止されていた賭け事、ユンノリ(民
俗遊戯の一つ)やカードゲームなどが許されました。シルムのす
ばらしい技と勝者の発表に人々は喜びの声を上げ、プンムルノ
リ(農楽の音楽と踊り)が高調した雰囲気を盛り上げます。
決勝戦で優勝した者には景品として雄牛が贈与されました。
雄牛は力を象徴するだけでなく、農業社会では価値の高い財産
でした。農業のきつい力仕事を雄牛に頼っていた時代であった
ため、この景品は非常に気前のいい、誰もが喜ぶものでした。
今日ではシルム大会は団体戦と個人戦があります。団体戦で
は勝負は勝者数で決定されるか、試合の3ラウンド中、2ラウン
ドを先取したチームが勝つことになります。競技日程は個々の
チーム代表の前で図面で明らかにします。大会委員会で意見を
集めた後、執行委員によって執り行われます。
勝負の制限時間は、小・中・高校部と大学および一般部に分
けられます。小学生部と中学部は制限時間を2分とし、勝負が決
まらなかった場合は1分の休憩を置き2分の延長戦に持ち越され
シルム(韓国の伝統レスリング)T'*&

シルムには様々な技術が使われます。
そのいくつかを写真で紹介します。

アプムルプチギ(前膝
打ち)

アプダリトルギ(前
足払い)

ジャバンディジプギ
(中段裏倒し)
アッムルプディジプギ
(前膝掛けて裏倒し)

アプタリコルギ
(前足掛け)

'*'T韓国文化へのガイド

技を決めたシルムの選手。

ます。高校部とそれ以上の部では、3分の制限時間がおかれま
す。勝負が決まらなければ休憩時間を置いて延長戦となります。
3ラウンド中、2ラウンド先取した方が勝ちとなります。3ラ
ウンドのうち先に1勝し、2ラウンドで時間経過となれば先取し
た選手が勝利となります。1ラウンドで無勝負になると、2ラウ
ンドの勝利者が勝利となります。そして、1対1の同点で3ラウン
ドで時間経過もしくは無勝利になると、注意や警告を受けた選
手が負けとなり、それもなければ体重が軽いほうが勝者となり
ます。
試合中に膝以上の体の一部が先に地に付いた者が負けとなりま
す。もし、試合の途中、故意に相手をリングの外に押したり、自
シルム(韓国の伝統レスリング)T'*(

分のミスでリングの外に出た場合
は警告を受けます。しかし、試合
進行中に技術が成立し、自然な流
れとしてリングの外で勝負が決定
されたときは有効と判定します。
また、次のような行為に対しては
反則と認められます。首を絞めた
り、頭で攻撃したり、腕を捻じ曲
げたり、拳でぶったり、足で蹴っ
たり、目隠しをしたり、その他試
合の進行を妨害する行為。
審判は1名の主審レフェリーと
3名の副審レフェリーで構成され
ます。主審は試合の競技進行と勝
負の判定を宣言し、副審は主審を
補佐します。主審はまた、競技場
の内外を流動的に動いて正確な判
断を下すようにし、副審は競技場
の外の左右に構えて、間違った判
砂の上でシルムの試合をする子
供たち。

定のないように試合を最後まで見
守ります。
競技場で起きた諸事件のうち、主審が単独では決定しがたい
とした場合は副審と相談して決定します。例えば、試合の途
中、選手が怪我をする恐れがあると判断された場合は直ちに試
合を中止させることもできるし、副審もこうした状況を主審に
建議することができます。また、不公平な判断が発表された
り、試合終了後にも勝者を決定することができなければ、審判
は決定結果や再試合の取り消しを要請することができます。
一貫したルールやガイドラインによって、伝統スポーツとし
てシルムはさらに発展していきました。自己防衛というよりは
民間競技として、韓国人の生活の一部となってスポーツ愛好家
間で人気を集めています。

'*)T韓国文化へのガイド

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful