You are on page 1of 12

正蓮寺だより26号

ら 礼 い は 拝 い せ 生 い か 活 つ の ガ イ ド
26
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
写 お 夏 新 境 お 報 夜 の
佛 発
歴 行
2 人
真 て の 墓 内 稚 恩 寺 の
思 地 の 児 講 で
ニ い は 蓮 さ
ゆ ま
ム ュ 出
っ 写
6 蓮
す 華 ん
の 写 大
さ 真 募
と 館 集
年 寺
9 住

1

正蓮寺だより26号

 

動 も

 

の う

日 す

々 ぐ

を 正

省 蓮

み 寺

、 報

一 恩

座 講

の 。

法 た

要 ま

で た

一 ま

生 生

懸 ま

命 れ

現 い

 

 

 

真 「

11

に 、

こ れ

そ ま

 

泣 た 職 弱 き お が

ん 偶 た の

の ま 性 ち う

。 ま

 

わ 授 っ 9

い な じ 今 い だ 私

。 医 で 療 、

た 平 に か た 月

 

や 死 ま

均 か っ

。 △

が い 頃

さ っ の

く た い

科 ん た 的 そ た

   

し は こ 大 い ち

ら さ 抱 話 ん っ

と の

や い 不 寿 信 の

発 偶 遇 怒 で ツ

学 で

な う

さ 終 れ の を た

く 式 て だ を く

こ 、

と 「

う が

経 く 運 命 じ ち 済 の に を 込 は が は 遭 喜 ん ト

っ え て

、 ま

達 然

し た た い の ち た

し だ て 楽 産 ト

。 後 る

ち い ま

て と

死 と ま

 

「 「 。

は さ 生

、 思 ん 共 れ カ

僕 お 最

、 な ま

豊 っ で に る 後

て も 寺 初 阿 い れ

か て い 過 の 、

ほ そ が に 弥 の て

に し

ご が

あ ご

な ま

し 当

い 思 っ 来 様 は か

る っ い て 然

と い

て 寺 の 教

生 て

、 だ

願 ま

よ さ お

ま 崩 代

の 寿 と 産

っ す

か れ 浄

ま 命 思 ま

た 」

っ た 土

に で っ れ

た 時 に

ん い 退

か な て て

」 に い

で 過 化

そ い し

と 泣 る

い ご す

 

く し る 」 て 感

じ た て い

う と ま 信 し っ

 

た れ 住

い し 受

込 ら い つ

夜の法要はともし火の中で 蓮華に記す、大切な方の名 日曜なのでご家族で参詣

夜の法要はともし火の中で 蓮華に記す、大切な方の名

夜の法要はともし火の中で 蓮華に記す、大切な方の名 日曜なのでご家族で参詣

日曜なのでご家族で参詣

みんなで一緒に盆参り
みんなで一緒に盆参り

みんなで一緒に盆参り

さ い

の 様

2

正蓮寺だより26号

「 お 掌 は ご 間 「 み し ま 礼 、 楽 本 芸 を
お 掌 は
間 「
ま 礼 、 楽 本 芸 を 秋 お
い 拝 正 生 尊 術 「 分 彼
り し 蓮 保 阿 の 仏 の 岸
ラ こ
い て 寺 育 弥 秋 法 日 は
フ ろ
た い 本 園 陀 彼 聴 」 春
ル 癒
だ た 堂 寿 如 岸 聞 を と
け だ で 光 来 。 週 中 秋
ま け 開 幼 さ 純 間 心 の
す れ 催 稚 ま 真 」 に 年
。 ば
園 を 無 と 1 2
の 写 垢 呼 週 回
ほ 佛 な ぶ 間 。
20
と し 園 こ あ 春
け て 児 と る は
の く た も こ 「
ち ㈯
こ れ ち あ と 春
。 、
ど ま が り か 分
27
も し
ま ら の
退
写 た 正 す 、 日
仏 。 蓮
。 こ 」 、
け く 合 で 蓮 陸
す 寺 を 昨
だ 芸 音 が で 巡 年
加 込
さ 術 楽 歌 演 る の
26
く み
い の で 以 奏 音 花
だ 不
。 秋 す 上 し 楽 祭
さ 要
金 寺 を 援
に お 送 す
な や る る
り つ プ 貧
ま ク ロ 困
す ラ ジ 家
。 ブ ェ 庭
」 ク に
の ト お
支 「 菓
援 お 子
入 後 料
れ 、 金
て 受 :
く 付 お
だ で ひ
さ 渡 ね
い さ り
。 れ 制
お た 。
ひ 包 終
ね に 了
彼 。 に て 家 り
岸 座 響 く 、 で
。 椅 く だ 中 も
9:00
17:00
ど 子 メ さ 嶋 演
う と ロ い 恵 奏
ぞ 座 デ ま 樹 し
ご 布 ィ す さ て
家 団
。 ん
族 で と 歌 が れ
で ゆ ハ は 全 た
楽 っ
ー な 国
し た モ く ツ ユ
み り
、 ア
に 音
演 ー
お 楽 が 奏 中 シ
出 を 響 の に ア
か 聴 き み 正 大

3

正蓮寺だより26号

報 正 ※ 四 三 二 一 一 日 平 恩 月 成 参 時 未
報 正
二 一
恩 月
時 時
講 に
26
参 お
詣 配
念 景
者 り
法 は 報 帰
話 す 恩 敬
に し
品 品
の て
10
み い
の 講 式
と お 法
開 つ 名
紹 明
26
ん 圭
会 師
1979
だいおんじょう
近隣寺院ご住職も大勢みえ、大音声 にておつとめをいたします。
(higan.net)
か 『
フ し 元 る す
財 ア 白 仕 ス 彼
派 ェ 員 の 宗
ら お
ォ 、 気 意 る
団 に く 事 』 』
仏 ロ 。 未 本
TokyoSource
の 寺
ー 学 に 識 「
国 取 す 術 を や
教 ー 米
31
お の
ラ び す の 未
際 り る 」 運 、
徒 。 日 代 寺
2010
寺 教
ム を る 高 来
親 上 ク
営 お
の 東 財
の 科
( 深 」 い の
善 げ リ
。 寺
ウ 京 団 理 光
志 若 住
奨 ら エ
ブ カ
ェ 大 リ 事 明
Indian School of Business
MBA
ボ て の 手 職
学 れ イ
ル フ
ブ 学
2012
ス い
僧 塾
生 る タ
サ 文 ダ
200
会 る と 侶 」
タ 『
イ 学 ー 花 侶
』 の
議 。 に が を
、 「
ト 部 シ 寺 。
各 「 開
東 「 谷
『 哲 ッ 佛 一
宗 お 講
京 真 町
彼 学
プ 教 般
年 人
2013
派 寺 。
発 似 オ
岸 科 プ
、 」
Young Global
か か
、 の
寺 卒 ロ 究 団
Leader
ら ら
未 で プ 』 業 グ
。 く
集 日
来 き ン
。 ラ 研 人
-
結 本
を な テ
超 ム 究 お
100
-
面 い ラ
宗 フ
4

正蓮寺だより26号

 

内 当 ※

り 手

お 前

直 に ●

 

に 日 拝

ご 尊 受 全 全 全

前 し 檀 世 総

に た 家 話 代

奉 ご 様 人 様

奠 懇

し 志

、 は 金 金 金

す 弐 五 壱

べ て 千 千 萬

円 円 円

名 報

を 恩

っ 報 報

恩 恩

講 講

は ご

お 懇

檀 志

家 の

が 伝 区 願 日 鳥 報

と い 域 い イ 打 恩

う い

ざ だ

い い

ま て

。 誠

、 有

ス 区 講

並 、 当

・ 資 綴 料 の 区 台

じ 谷 、

等 戸

よ 区

接 、 各 報

お 、

 

堂 講

儀式は荘厳な本堂にて行われます 剃刀の儀 おかみそり 法名授与から新たな人生が始まります 9 月 末 日 名 め 昨 詳 こ 。 ら 年

儀式は荘厳な本堂にて行われます

儀式は荘厳な本堂にて行われます 剃刀の儀 おかみそり 法名授与から新たな人生が始まります 9 月 末 日 名 め 昨 詳 こ 。 ら 年

剃刀の儀 おかみそり

儀式は荘厳な本堂にて行われます 剃刀の儀 おかみそり 法名授与から新たな人生が始まります 9 月 末 日 名 め 昨 詳 こ 。 ら 年

法名授与から新たな人生が始まります

名 め 昨

詳 こ 。 ら 年

し の

れ は

ま 9

た の

、 現

10

26

ま は

だ に

さ 添

い え

。 た

れ 修

、 に

本 、

黄 ょ

   
内 当 ※ よ ● り 手 お 前 ● 直 に ● に 日 拝
 
 

5

正蓮寺だより26号

遊 キ ご ( 参 募 配 し ん 衣 布 お 、 を 報 京
遊 キ ご
し ん
を 報
京 あ 巡
び ャ 本
さ 檀 本 募 恩
都 行
れ 家 堂 集 講
て の 内 い を
い 皆 で た 厳
か 路
金 ④ ➂ ② ① :
: 同 寿 檀
ま さ の
し 修
五 卒 光 家
す ま
ま す
の に
す る
千 園 ・ 親
あ 寺
で は
。 に
円 児 楽 戚
か 公
ご ご
園 あ
。 生 宅
覧 案
舎 た
ほ 式
の の
く 内
で り
・ 本
在 お
だ の
着 、
く ス
さ チ
園 子
付 お
い ラ
け 稚
児 様
。 シ
を 児
が ト

6

正蓮寺だより26号 撮影:渡邉仁さん 7
正蓮寺だより26号
撮影:渡邉仁さん
7

正蓮寺だより26号

はすのさと「桜」の区画は縦横180㎝の区画 他に、120㎝、90㎝、70㎝がございます。 る 花 が 季 鯛 耳 こ を 生 折 釣 蓮 を と

はすのさと「桜」の区画は縦横180㎝の区画

他に、120㎝、90㎝、70㎝がございます。

る 花 が 季 鯛

耳 こ を 生 折 釣

を と 家 ま 々 草

澄 が 族 れ の 、

ま で

が た 花

愛 季 を

で 節 植

、 の え

お 花 ま

墓 や す

り ま あ

を ち な

河 に

原 も

撫 菖

子 蒲

、 、

竜 藪

胆 椿

す の た 四 ガ

し 得 る 大 変 お 待 た せ を て お り ま す じ
、 蓮 蓮
た は の は 号
す 化 さ 種 蓮
浄 誇 お
ま の の
さ 花 花
に が が
極 咲 咲
楽 き く
土 る 寺
場 」 を は 。
所 具 す 数
前 い
名 つ

で 現 の 十 正

を 独 は 地

 

し の

体 の

く 涼

む ジ

を ペ

囲 ー

数 に

蓮 に

十 あ

類 よ

種 る

の う

花 墓

芳 特 、 全 右 。 し と 類 寺 寺

で た で ち の

し を も の 音

ょ 偲 あ 佛 を

う ぶ な 教 伴

人 た 讃 奏

た の 歌 に

ち 場 の 、

の 所 歌 か

安 に 声 わ

ら 届 が い

ぎ い 、 い

を て い 園

生 あ つ 児

む な ま た

はすのさと「桜」の区画は縦横180㎝の区画 他に、120㎝、90㎝、70㎝がございます。 る 花 が 季 鯛 耳 こ を 生 折 釣 蓮 を と

駐車場からすぐの位置なので、お墓参りもらくらく。

バリアフリーなので車いすでもお参りできます。

8

正蓮寺だより26号

園児たちが収穫した初物野菜はお供物になり、 お墓がこどもたちの礼拝生活の場となります。 丁 ③ ② ① 寧 正 確 宗 二 亡 な 蓮 か 教

園児たちが収穫した初物野菜はお供物になり、

お墓がこどもたちの礼拝生活の場となります。

丁 ③

寧 正 確 宗

な 蓮 か 教

宗 寺 な 法

教 檀 も 人

的 家 の 正

価 の に 蓮

値 家 す 寺

を 族 る の

提 全 こ 基

供 員 と 盤

す に に を

よ よ

っ り

平 平 今 成 12 11 11 10 10 成 後 ※ 27 月 月 月
12
11
11
10
10
27
月 月
月 月
26
25
23
26
1
日 日
報 造
申 、
は 恩 成
講 工
に 事
て 着
後 込
と 開
パ 眼
個 、
ッ ト
制作中のパンフレット表紙、
9

正蓮寺だより26号

蓮の花の上で、たくさんの仏様のようなお檀家様

蓮の花の上で、たくさんの仏様のようなお檀家様

を と

 

お 平

暑 盆 成

い 前 2

ざ 中

の 6

ご 夏 年

仕 6

季 7

奉 月

お 。

、 誠

 

重 飲

ご 仏

供 提

機 み

提 物

小 小

協 具

が 草

力 磨

あ き

り 、

道 博

沢 林

水 貞

と 刈

う り

簿

様 様

様 様

治 屋

組 忍

正 土

ざ ど

ご な

 

様 様

平 成 2 6 年 7 月 6 日 ㈰ 8 時 ~ 1 1 時

長 小 星 関 遠 尾 土 平 芹 杉 塩 植 谷 小 相 鴨 室 小 土 谷 澤 合 野 藤 崎 屋 田 澤 山 谷 松 田 野 磯 下 伏 澤 屋 川 進 良 一 宏 昭 正 浩 弘 正 隆 清 朝 和 信 昌 純 貞 啓 は 様 子 成 之 仁 枝 一 子 幸 一 一 子 子 子 弘 夫 彦 治

様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様

久 杉 小 七 遠 植 鈴 小 相 萩 本 相 加 清 室 小 大 関 保 本 澤 戸 藤 松 木 林 磯 原 田 磯 藤 水 伏 沢 谷 野 田 尚 信 椊 俊 政 秀 雪 昌 敏 賢 和 礼 隆 一 恒 清 光

義 美 様 子 夫 人 知 枝 邦 男 司 子 子 之 伸 夫 和 宏

郎 様

様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様

加 鈴 室 金 谷 落 小 相 遠 加 野 加 若 井 加 高 鴨 藤 木 伏 子 中 合 澤 良 藤 藤 極 藤 林 上 藤 橋 下 淳 隆 博 哲 幸 和 茂 清 富 敏 洋 君 桃 清 信 正 佳 様 様 様 夫 子 子 子 文 美 男 男 子 子 夫 幸 道 浩 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様

八 郎 小 芹 谷 及 関 佐 小 鴨 渡 小 遠 正 植 小 土 庄 庄 様 沢 沢 川 川 野 藤 澤 下 邉 沢 藤 治 松 沢 屋 司 司

等 亨 誠 勝 春 常 重 春 毅 貢 誠 恵 登 重 保 祐 定 様 様 様 則 江 義 雄 久 様 様 様 様 様 信 様 子 道

様 様 様 様 様

識 だ ち に た

ん 鳥 す ま の 向 ち ラ 一 今 あ 打 る だ た き は ジ 緒 年 り 子 取 深 め 合 静 オ に の が 供 組 め に っ か 体 ラ 夏 と 会 み て お て な 操 ジ 休

う の で い 寺 い 本 の オ み

役 し

が ま 堂

後 体 も

員 た 価 何 し で

は 操 、

値 を た 真

宿 を 鳥

ま ん

が 提 。 剣 題 楽 打

し は

あ 供 地 に の し 区

た じ

る で 域 ド 時 み の

。 め

き や リ る こ ル

間 ま こ 。

 

を か ど や

こ た も

認 ま た 文 も

今 年 も ラ ジ オ 体 操

眠い目をこすりながらも一生懸命な江間っ子たち

10

正蓮寺だより26号

よ 陽 ト せ ま だ ▼ お 輝 の の 今 て し い 住
陽 ト
せ ま だ
輝 の の 今 て し い 住 新
く 光 作
た た 職 し
こ や 品
、 一
。 正 友 い
と ラ を 屋 体 本 蓮 人 寺
に イ 吊 根 感 堂 寺 の 号
ト る
の を と 寺 書 塔
ア し
四 持 同 号
そ ッ て 隅 っ じ が 家 、 板
う プ ア
に て 瑠
、 阪 が
ガ い 璃
野 で
す れ ト
ラ ま 色 門
前 鑑 き
る 性
ス す の の 氏 ま
光 を
看 に し
で 高
根 板 揮 た
い め テ
を な い
い 太 ス
乗 り た
● ▼
● 寺
書 家
住 職
回 1
1 1 茶 に
1 1 茶 に
心 な
0 8 話 よ
0 4 話 よ
5 :
月 : 会 る 月 : 会 る
0 0
1 3 付 書 1 0 付 書
0 0
5 0
6 0
㈬ 円 ~
日 ~ 単 道 教 日 ~ 単 教
0 恩
㈬ 2
室 ㈭ 1
0 回
5 回
月 講
1 : 加 月
: 加 月
2 は
5 2 謝
0 3 謝
月 0 5 無
0 0 無
0 し
0 し
ま 院 な も あ あ 今 ▼ た い て 好 分 賑
し 様 り り け る 回
仏 だ た お き で や 正 編
た へ 、 で ま か は
教 け だ 檀 な や か 蓮 集
歩 す し と お
て き
よ っ な
い 。 た 思 休
て ▼
う て 紙
。 い み
近 娘 綴
で い 面
ま し
く は じ
す ま に
す ま
の 秋 や
が し
。 す な
農 彼 す
、 た
が り
協 岸 い 穴
、 ま
ま で よ あ ▼
で 1 う け お
yoga
ジ か
行 歳 に パ 気
内 い
き 1 工 ン づ
数 っ
容 う 編
、 0 夫 チ き
ん 助 に 作 集 わ
投 近 か し で の 関
で 言 つ 業 は ら
函 隣 月 た 穴 方 係
し 寺 に つ を も で
い を い は 自 ず

11

正蓮寺だより26号 釈 ま 次 だ し ー ベ サ 迦 す 仏 第 ん 夜 ず
正蓮寺だより26号
釈 ま
次 だ
ー ベ サ
迦 す 仏 第 ん 夜
の で
マ 8
様 。 教 に
つ の 夏
ュ ー
笑 る 本
ま 思
は 顔
の い
万 「 に
お 出
楽 。
ン ジ
な て っ み
灯 を
で 生
が は
を に
、 ま (
け み
れ 行 わ イ 、 ス
カ 寿
最 、
え 的
え 様
) 」 で
、 み
に た
プ 使
っ て
ァ た
だ 、
イ バ
お り
ヤ ー 育
らくせい
じゅこう
楽生 保育園 寿光 幼稚園
しょう
れん
開山 1603 年
410-2221静岡県伊豆の国市南江間 930
正蓮寺住職
渡邉元浄
住職携帯 090-7306-0220
寺電話 055-948-1366
Facebook
✉hotokenoko@gmail.com ブログ 「ほとけのこども日記」
ホームページが間もなく開設されます。お楽しみに。
できました

12