治療(Therapy)/害(Harm)についての論文に関するワークシート(岡田@KFCT

)
まず項目1を評価,次いで0,2,3と進む
0: 論文が答えようとしている疑問の定式化

P: Patient, Population, or Problem

I: Intervention, Prognostic Factor, or Exposure

C: Comparison


O: Outcome
この疑問を答えるのに最善の研究デザインは何か?
情報の有益性(usefulness) = {関連性(relevance) X 妥当性(validity)} / 労力(work)
1: 結果は自分の、そして自分の患者の役に立つか:関連性(relevance)
a. 自分の診療で良く診る疾患が取り扱われているか           -> Yes / No
b. 自分の診療で良く診る患者が取り扱われているか(自分の患者は対象患者に含まれそう
か)
          -> Yes / No
c. 全ての重要な転帰が検討されているか(患者にとって、家族にとって、あなたにとって、
社会にとって) (DOEでなく,POEMが考慮されているか)
-> Yes / No
d. その治療による益は、害やコストに見合ったものか
-> Yes / No
e. この論文の結果が本当なら自分の診療を変えるに値するか
-> Yes / No

 現実的にはa-e に一つでもNoがあれば論文を読むのをここでやめて良い
2: 結果は信頼できるか:妥当性(validity)
a. 研究の最初の患者背景は両群で同じか(年齢、性別、危険因子などをチェック)
(similarity between groups)
-> Yes / No
b. 対象患者は治療群と対照群にランダムに(無作為に)割り付けられているか
(randomization)
-> Yes / No
c.
患者、医師、研究者がいずれも患者の治療内容を目隠しされているか(盲検化:
blinding)
-> 盲検化なし/ 1重(single blinded) / 2重(double blinded) / 3重(triple
blinded)
d. 研究対象の治療以外の扱いは両群で同じか(治療の標準化や、併用療法の制限、他の治
療の記録・比較、フォローアップの頻度などから判断する)(treated equally?)
                          -> Yes / No
e. 研究対象患者の全てが結果に反映されているか
1. フォローアップ中の脱落症例は少ないか (Follow­up)
­>各グループ   %
2. 最初の割付のまま評価されているか(Intention to treat analysis) -> Yes / No
f.
この論文のLOE (Level of Evidence)
->(      )
*a,e-1のみResultの部分に含まれる。それ以外(b,c,e-2) はMethodに書かれている。
3:結果はどのようなものか
a. 結果はどれほど大きなものか(これは、効果の差を見る)/臨床的に有意か
—> 次のページ
b. 結果からの予測はどれほど正確か(これは、信頼区間: CI の狭さを見る)/統計的に有
意か
c. 「差のない論文」の場合—>「それは本当か?」—>sample calculationが計画の段
階でなされているか、そこで必要とされた人数分被験者が得られたか
4:自分の診療にどのように折り込むか。患者にはどのように説明するか。
ここまで考えておかなければ実際に患者さんに恩恵はない。

治療のワークシート

Page 1 of 2

Kameda Dept of Family Med

2.9.08

結果の定量化
Outcome:
CER

EER

RR (or OR)
EER / CER

RRR
CER-EER /
CER*

ARR
CER-EER

NNT
1/AER

Outcome:
CER

EER

RR (or OR)
EER / CER

RRR
CER-EER /
CER*

ARR
CER-EER

NNT
1/AER

Outcome:
CER

EER

RR (or OR)
EER / CER

RRR
CER-EER /
CER*

ARR
CER-EER

NNT
1/AER




危険率 治療群EER、対照群CER
CER (Control Event Rate:コントロール群イベント発生率)
EER (Experimental Event Rate:介入群イベント発生率)
相対危険度 リスク比(relative risk, risk ratio: RR) /オッズ比 (Odds ratio: OR):全く同じものではな

相対危険度減少(relative risk reduction: RRR) :特に明記のない場合はこの値のことが多い

*RRR=1-RR でも表せる

絶対危険度減少/寄与危険度(absolute risk reduction: ARR)
治療必要人数(number needed to treat: NNT)

補足説明
死亡率20%の疾患が治療によって死亡率10%になった場合 RRは1/2、RRRは50%、ARRは10%、NNTは10人と
なる。
死亡率4%の疾患が治療によって死亡率2%になった場合 RRは1/2、RRRは50%と先ほどと同じ。ただし、ARRは
2%、NNTは50人となる。
NNTとは、望ましい治療効果の患者を1人得るために治療の必要な人数を指す。治療によっては、時間の要因を考慮
する。たとえば3年間の治療継続が必要な場合には /3年とする。
害の論文の場合は RRI (Relative Risk Increase), ARI(Absolute Risk Increase), NNH(Number Needed to
Harm)とそれぞれ読み替える

治療のワークシート

Page 2 of 2

Kameda Dept of Family Med

2.9.08

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful