You are on page 1of 21

もともとは"Web 2.

0"を英語、スペイン語、偽ラテン語言語、ドイツ語、イ
タリア語、フランス語、ポルトガル語のように、公開され、ギリシャ語

Originally published as “The Web 2.0” in English, Spanish, Fake Latin Language, German,
Italian, French, Portuguese, and Greek

Originally published as “The Web 2.0” in English, Español, Reproba Latina Lingua, Deutsch,
Italiano, Français, Português, and Ελληνικά

〜で: at:

http://www.scribd.com/doc/26186344/The-Web-2-0

そこに必要とされ、より民主的な Web 2.0 の。人々は、格納するために分類


すると、データ、情報のデータベースを取得し、新しいアプローチが必要と
Web 2.0 時代の知識。
There is a need for a more democratic Web 2.0. The people need new approaches to store, classify, and
retrieve, databases, data, information, and knowledge in the Web 2.0 era.

はありますが必要とされ、より民主的な Web 2.0 の?

場合、"弊社"、または他の誰かが擬似革命や Web 2.0 の革命を醸造することが私たちを見てみましょう。

私は一部の人々を取ることができる多くの措置のうち 7 つの提案:

1。

は、完全に開いているデータベースソフトウェアを作成し、完全にオープンし、無料の建物のデータベース。

そこで私は実際には、共有可能な、オープン、複数の無料のデータベースを表示することができますが、実際
のデータベースのすべての人に、隠して表示されるウェブサイトに表示される特別なデータベースソフトウェア
が必要である/非表示だと思う。

また、これらのデータベースにする必要があるだろう:オープンソース、コラボレーション、
reorganizable、rearrangeable、コピー可能、柔軟性、適応性、変更、修正、アドホック、、interrelatable、交
換可能な液晶をオフにできるよう参照してくださいスルー、見ることのできるでリアルタイム-時間、更新、開
いているデータベースで、順序を得る外部コントローラと大規模なインターネット企業の圧制を取り除く。

人々は、これらのデータベースを、またそれらの分野でのデータベースでは、インチの初期段階後、興味のあ
る、これらの共同データベースの人々が、Web 2.0 のユーザーによって、copycatting によって変更される可能
性がいっぱいになる可能性をチェックする読む見ることができる Wikipedia モデルは、Wikipedia -賢明。

また、データベースソフトウェア、無料、フリー、プログラマー、ソフトウェア開発者により変更、開いてい
ると、すべてを見ることのできる。

の順序は、ラテンアルファベットの配列、B、C の、d、e に、f によれば、多くの言語の単語数百万のデータベ


ースのウェブサイトを開設、"配置..."と、ラテン文字を使用している可能性が外観を次の

(これは非常に簡素化し、生の"セクション"、ちょうど"例えば"です):

Colums 右:Word には、左から、IP アドレス、複数の列に関するその他の件名、例えば、URL を↓←

Pächtern 198.121.222.01 www.prussia21.com


国を 199.201.05.231 www.blablablabcd.com
張り子 201.98.178.21 www.univgrammar.org
に参加 200.048.157.089 www.anywebsiteur.net
に参加 198.73.232.182 www.anywhoss.org(?)
に参加 176.38.244.239 www.imemymine.info
partición 182.73.039.184 www.fatfiles.com.za?
participio 201.98.178.21 www.univgrammar.org
パーティション 174.63.046.227 abcdklm.blog.com
パーティション 194.83.189.189 www.smartguys.edu
先月 212.53.077.189 www.barourke.com /フィード
先月 087.38.178.189 kauyiuy.wordpress.com
パサール 198.45.187.118 squidoo.com / bhlekk。
パサール 189.172.187.218 etcetera.edu.us
パサール 253.255.198.34 www.education3.com。
パドドゥ 234.087.11.199 www.francais94.fr
パソドブレ 181.183.229.83 www.herbolaria.mx
パソドブレ 219.038.219.00 www.remolinos3.es
pasodoble 124.117.321.13 www.coahuilenses2.com
パスキャッチャー 187.198.122.201 www.horseracefm.net
時代遅れ 128.000.001.12 www.floreteur.fr
時代遅れ 131.216.254.17 www.france201.info
時代遅れ 100.83.111.223 www.l_francais.fr
passenden 201.457.255.001 www.deutschemiga.de
渡されるなどなど
通行人
通行人
過去の
過去 192.39.218.221
牧草地
牧草地
しまりのない
パット
パット
パタゴニア
patache
パッチ
パッチ
パッチ
繕う 123.124.141.242
不安定度 213.87.154.255
パチョリ
パッチワーク
斑状
斑状
パテ
パテ
パテ
膝蓋骨
金属製の円盤
金属製の円盤
patena
patena
特許
特許
特許
特許
特許
patentado
patentado
patente
patente
特許権者
特許を認可する
パテル
パテル
パテラ
父方の
父方の
パス 201.187.169.98


パターソン
パットン
パットン
パッアーノルド
パットンジョージ
パットンジョージ
五芒星
五芒星
pentagrama
pentagrama
1泊
1泊
1泊
1泊
年率
istam 1 泊
istam 1 泊
istam サンクタム unctionem 1 泊
1 チャンネル
1 チャンネル
パイ
パイ
パイ
π
π
π
ピウモッソ
ピウモッソ
ピウモッソ


ポアソン
ポアソン
ポルト
ポルト
ポルトガル
ポルトガル
ポルトガル
ポルトゥガレテ
poteva
potranno
potrebbe
注ぐ
延期
幹部会
プレスリー
プレスリー
プレスリー
スリーアル
プレスリーエルヴィス
プレスリーエルヴィス
プレスリーエルヴィス
プレスリーエルヴィス
プレスリーエルヴィス
キーを押します 201.158.253.255
プレス等
キーを押します
キーを押します
板紙
押さえ
を押す
を押す
pression
pression
いんさつこう
いんさつこう
pressmark
圧力
圧力
prevedibili
prevedibili
プロフォーマ
プロフォーマインボイス

もちろん、演算子/マネージャまたは任意の男はアルファベット順に、データベースの順序を並べ替えることが
できたが、2 番目の列に基づいて(IP アドレスの数によれば)、または 3 番目の列(日付順)、または上の 4
番目の列...と cetera。彼/彼女はいくつかの注文の優先順位と、多くの組み合わせを 検討すること;一列、二列、
と cetera を設定します。

1 ある。 ”1-A”

画面を 2 つの部分に分かれて検索エンジン:

"我々は"占領上部セクションがあるといくつかの 検索エンジン "が"それぞれの画面が、私たち、20%の 20 パー


セントは、画面の一番高い部分は、下のセクションには、残りは、ID を東側、私たち、80 言わせて言わせて画
面の%80 パーセント。

上部のセクションでは、今で internaut になるタイプの白い四角形(内部の Web サーファー以外の)彼/彼女が


追求されている単語(秒)の 検索エンジンは、既存の。

後、彼/彼女は、"検索"の上部のセクションでは、データベースが表示されると、下のセクションでをクリックし
ます。

例えば:

検索エンジン"Acme"を:特許
--------
特許 198.121.222.01 www.prussia21.com
特許 199.201.05.231 www.blablablabcd.com
特許 201.98.178.21 www.univgrammar.org
特許 200.048.157.089 www.anywebsiteur.net
特許 198.73.232.182 www.anywhosst.org
特許 176.38.244.239 www.imemymine.info
特許 182.73.039.184 www.filesallocat.com.za
特許 201.98.178.21 www.univgrammar.org
特許 174.63.046.227 abcdklm.blog.com
特許 194.83.189.189 www.smartguys.edu

2。

インスタント自動、自動データベース生成される。

私は、人々は、ソフトウェアが自動的に任意の XML テキスト、HTML、Word テキストまたは Open Office ライ


ターのテキスト、または本のデータベースを構築することができるの"必要"になるかを検討、電子書籍、学術
論文、資料、Web ページ、 、、と cetera のウェブサイト。このようなデータベースが表示されるし、操作可
能な人々のあらゆる種類の。

表示方法ができ、以下のとおりです:

データベースの元の全体のテキストの下に表示される電子書籍、学術論文、ウェブサイト、と cetera。

たとえば、テキストの読み取りと仮定します:

怠惰な犬を簡単に茶色のキツネにジャンプします。 ? * /。 2 つ私の好きな数字です。

茶色


お気に入り
キツネ
なる
ジャンプ
怠惰な
わたしの

1
〜を超えて
速い


/

*

それが"私たち"が必要です。

このソフトウェアは、開放されるソースで、共有、変更可能です。

ここで問題が生じる可能性:男の番号、または DELETE の可能性""いくつかの行を編集し、いくつかの列、あ


るいはデータベース全体。しかし、そこを防ぐために、または、これらの災害の救済方法はいくつかする必要
があります:

可能性を入力することができますし、情報を追加することにより、ではなく、消去する/削除";プリエディティ
ング"は、発電機やデータベースの開発者たちによって、ソフトウェア南京錠の設定は、いくつかの障壁の創出、
ミラーサイトへの即時自動化されたコピー、および他の方法は、この時点で私の心に来てください。

しかし、私は誰でも検索すると、有効にする必要の整理や再編成、配置または再配置し、もっとオープンな方
法でデータの取得を検討します。

3。

送信ボタンをクリック、または送信側アプリケーションや送信者アプレット。

でデータベースを送信するこれらのボタンの作成に使用される"2 という。 2 つの"が開催される可能性がいくつ


かのデータベースプールに/クラウドで、1 つは、新しい領域/概念は、仮想世界のために作成されたのを yes に
割り当てられる。

クリエイター/データベースのユーザーは、"送信ボタンとクリックして"の順序は、これらのデータベースが組
み込まれてなる興味を持っているデータベース/自分の研究の作品を作成、送信する電子書籍、学術論文、コメ
ント、レビュー、エッセイ、学位論文、販売やマーケティングシステムを、小説、童話、物語、方向性、方法、
マニュアルには、OpenOffice.org の Calc のスプレッドシートまたは Excel スプレッドシート掲載!、トーラー、
聖書、コーラン、ラーマーヤナ、と cetera。

また、これらのボタンの使用率がアップグレードすると/タスクの 4 番目の段落で説明を自動化する"1。ワン"。

4。

常に公共のアルゴリズムを変更します。

我々は、そのたびに、誰かによって、今では非既存の検索エンジンは、アルゴリズム aleatorically インテリジェ


ント組み合わせ方では、知的と同様の方法で、ほとんどの変更希望で何かを検索する検索エンジンのソフトウ
ェアを絶え間なく変化するアルゴリズムが必要コード(intellicodes)、または他のメカニズム/プログラム
Genie を、職人、チェンバレン、Liftmaster、ウェインの桁の適切なシーケンスダルトンへと cetera、ガレージ
ドア開閉装置の番号変更は、これらのものは実際にはガレージのドアを開くために、それぞれ、すべての時間
は、住宅の所有者やテナント/居住者/居住者が家の中にアクティブになります。

このアルゴリズムは、オープンソース、無料、フリー、共有およびパブリック 1 になります。

このアイデアです:
"人為的"とは、個々人の検索エンジンで何かを求めているの順序を変更するには、"探索空間"や彼/彼女の画面
モニタの"検索の四角形"の単語を入力します。
たとえば、彼/彼女のタイプには、次の発生:
グローバルな通信サミットフランクフルトアムマインのとき?、アルゴリズムを変更する/これらの 12 の単語
の順序を並べ替えるデータベースへの注文情報は、特定の個人が必要と取得するためにそれらを送信する前に
Mein 午前開催されます。だから、私たちは、例の単語に番号を割り当てることを聞かせ:5、6、1、2、3、通
信、4 首脳は、グローバルになります 7、8、9、フランクフルト、10 開催午前 11 Mein、12 時?

変更されたために、例えば、かもしれない:8、3、9、12、4、5、10、6、2、11、1、7、またはその他の。
マシンは、この新しい順序で単語を読むこと:
通信フランクフルトいつ?首脳会談午前 Mein 開かれた世界になります。

もちろん、このときだけ単語が引用符の間に囲まれていないを入力する作業です。

この目的は、傾向の順序を覆すに起動する(または反対)は Google、Yahoo、と cetera の検索システムを競う


ものです。

民主主義は、Web 2.0 の...そして一般の人々の実力。


5。

人々は、多目的必要がある""は、右上隅または右下隅またはコンピュータの画面の左下隅に表示される可能性
がファントム/モニタ仮想。この幻のウィジェットに、より高度な似ているだろう、それより効果的に、Web サ
イトのリンクに情報や画像を交換する契機になる(今はビデオ)は、ウェブサイトの中で。この"panthom"1 つ
または 2 つの手順を実行前にトラックバックは、本当に簡単にシンジケーション(RSS)とアトムと組み合わ
せて、これらの関数になります。
また、""幻のほとんどを自動的にウェブサイトの ping を実行するために使用される。
また、""幻のより効果的と確認して高速化する方法として使用される/を参照して/より速く、より良い方法で、
無料のオープンと実際のデータベースと対話します。
もちろん、他のウェブサイトの所有者/オペレータ/ウェブマスターを手動でインストールする必要がある/物理
的に自分のコンピュータで、これらの"ファントム"で私たちと情報を交換する。
で論文"ファントムをインストールするにはたぶんそれは必要なのはウィザードを作成する"になるだろう。

ソース、無料、フリー、共有可能なものを開いているとこれらの"亡霊"。

6。

Web 2.0 のビジネス広告のティッカー。

たぶん私たちの広告、商業/ビジネス Web のティッカーが必要です。 2.0。

ニュースティッカー、時には"クローラ用"として、ニュース、テレビネットワークの見出しやニュースのマイ
ナー作品を提出する専用の小さな画面のスペースが呼ばれます。

一般的に、ニュースのティッカーが表示されます/テレビの画面の下のセクションで実行されます。

そして... ...彼らは、異なる速度で実行することができます。彼らは、右サイドから画面の左側に実行して示さ
れています/モニタ、または長方形の箱/スペース()内の下方に行く。

私たち""は、テレビとインターネットの今後の合併をすることを予想したことで、我々は最終的には/うまくい
けばすぐに開始されると、広告のティッカー必要がある。

中の人々が Web サーフィンをしている、将来、個人のテロップを便利になるのかメッセージを書いて、直接の


ピアと通信するために/(お友達とチャットする)は、広く知られてメッセンジャーのシステムを使用すること
なく、送信する(同時に)。

s)はティッカーボックスを介して送信される彼/彼女の"メッセージ(でまた、これらのティッカーので、送信
者を収集することができますインタラクティブになる/グラブのフィードバック"。

商業ティッカーより効率的に Web 2.0 を介して製品/サービス/システム、および事業を推進するのに便利になり


ます。

場合は、所有者またはプロモーターそのように考え、個人のティッカー商業ティッカー、なるかもしれない。

人々を生成する(直接には、キーボード、または文字を介して発電装置/ソフトウェア)に入力するとそのメッ
セージを送信する別/広告のティッカーを介してできるようになる。彼らは、いくつかの/多くの人に一個または
一度には、Web 2.0 を介して、誰でも自分のメッセージを読むことができますが表示さを送信することは/、実
行中のテロップに示すように...

個人的な商用 Web - 2.0 ティッカーニュースティッカーテレビに示すようになります。

私たちは、暗黙の可能性と Web サーファーの相互作用の潜在的可能性のためにパラマウント社の重要性を考慮


する...には、Web 2.0 を豊かにする。
これらの対話的な商業用のソフトウェア/ビジネスティッカーをオープンソースで、無料、フリー、共有可能な
ソフトウェアになります。

今、2 つ、さらにこれまでのアイデアをフェッチ:

7。

/"を取得キャッチオンザフライ"、会話、フレーズや単語を、ショートメッセージサービス(SMS)を介して送
信されるとメッセンジャーのチャットやチャットルームの場合にのみユーザーがこれを行うにしたり、"チャッ
トは非常にオープン、"パラレル作成することによって承認するメッセンジャーサービスは、数秒後に、これら
の会話、フレーズを保存すると言葉は、元のシーケンス内のデータベースには、元のシーケンスのうち建設が
続き、および/または 4 番目の方法:サードパーティでのミキシング/すべてのデータベースの関係日中/週/月、
クラウド内のデータベースをリポジトリに送信されます。

しかし、どうなのかは、ユーティリティとなり、この(もしあれば)?

私がこれを説明する"9 試行されます。ナイン"。

8。

"上に乗ることができます特定のソフトウェア/魚/キャプチャの作成"、および...アイデアフレーズ、言葉が飛ぶ
のかビデオに示す。

Exempli 恩恵:
女優の地下鉄の場合フィルム/ビデオが撃たれて実行中の貨車が表示されます。彼女かどうか広告をアタッチす
ると、接着の文言を読んでいるか、ワゴンに描かれたかどうか、私は""これらの広告の読み取りは話している"
特殊な"ソフトウェアだけでなく、ホテルでの標識、バー、ビジネス街で、交通標識、と cetera、このソフトウ
ェアを回復し、単純なテキストとして元の順序でのフレーズは、doc セーブ/ワード/ライト(OpenOffice の)、
または HTML は XML でも、目に見えると公共データベースの形式と同様です。

9。

うーん、何の一部またはすべての上記のポイントのユーティリティのだろうか?

たぶん、外挿と開発と精緻化が、これらの点のうちに役に立つことができる:

(A)"は私たちの脳内(1)でいくつかの光を当てることと環境を見る私たちの"自分の人間のリンを使用しな
がら、他の内容のため、危険性は、危険な Web サイト(一部、これらのウイルスのため、)危険であるは、賛
否両論、と cetera のは、確かにスピーキング、リーディング、新しい方法で、新しい道路を作成すると、アメ
リカの未来学者と"預言者"アルビントフラー(1928 - )として、"継続的に意見、新しいアイデア、新しい思考、
生成することによって、移動、追加、減算、結合、数字、記号、言葉、イメージを再配置し、記憶、感情と新
しい思考を形成するそれらを組み合わせる。"。

(B)と入力して/または、アップロード、掲示して、より大きな、より民主的な大きいの Web 作成/またはコピ


ー&データ、ブログやデータベース内の情報を貼り付け... ...いつ wordcaster と同じように/ Web サーファー/ウ
ェブダイバータイプの単語を表現することができます彼/彼女のアイデアやコンセプトのウェブサイトには任意
のテーマについて。

そして、ウェブ 2.0 は、FTP を超えて()フィールドファイル転送プロトコルは、クラウドコンピューティン


グとその膨張力、そして何よりは、人間の明日を発明され、来年以降、今後 10 年間...
トフラー我々の知識を再結合すべきだと言います。
彼は本を彼と彼の妻のハイジトフラー、革命的な富(アルフレッド A.クノップ、Inc。、ニューヨーク、
2006)は、いくつかの富の深さの基本です:仕事、時間、空間、そして知識によって書かれた状態(幸せかお
かしなことに、彼がお金は触れていない、プラチナ、金、銀、ダイヤモンド、石油...されて深さの基礎とし
て)。

だけでは、ASK の拡大"我々はされていません[集計供給知識]、しかし、それが達成構成されている方法を変更、
および配布されます。 Web の検索エンジンは、より多くの直接聞かせ、洗練された質問は、組み合わせて内容
を操作するとより多くの方法が..."

以前の本では、第三の波(ウィリアムモローアンドカンパニー、Inc。、ニューヨーク、1980)、トフラーは、
世界では、知識を悪化腕や富よりも配布されて書いている。

また、知識、トフラーさんの意見:
"私たちひとりひとりの存在では混雑し、目に見えない倉庫の知識とその前駆物質は、データや情報がいっぱい
です。しかし、倉庫とは異なり、また私たちが、あるいは、もっと正確には、電気私たちの脳の中の化学物質、
継続的に移行するにはワークショップ、追加、減算、結合、数字、記号、文字、画像を並べ替えるとの思い出、
それらを組み合わせてと感情を新しい思考を形成する。"

--

しかし、私は明らかに技術革新は、この 1 つだけのツールです技術について、話すことを意味れないようにす
る必要があります。

その代わりに、一般の人々は良いアイデアと設定メソッドおよびその変換を生成することができる手続きの構
造化の可能性がある必要があります。

もちろん、いくつかは、上記のアイデアは、悪いかもしれないかな、あなたに。それはあなたの簡単な決断で
す。

意識と技術革新のエキサイティングな航海に 1 つは、宇宙の中で最も神秘的な場所:人間の脳に向けて導いで
したいくつかの上記の点?

上記の並置のアイデア、悪い、とんでもない話だ、非現実的な、狂気、あいまいなので、- so、または良いもの
は、人間の思考の"果実"だけです。してください私に何かストレスを解消する:だけで何のブレーンストーミ
ングセッションを発生する可能性/会議は技術者、オタク、オタク、プログラマー、ソフトウェア開発者の頭脳
は、エンジニア、と cetera 想像すると、"禁煙"8400"で 1 分間に"回転された!

エンジニアとは、ソフトウェアのソフトウェア開発者を讃え、アシュトンテート当社は、トーランス、カリフ
ォルニア州(1985-1987)によって考案された dBase の 3 プラスと呼ばれる。プログラマは、ソフトウェアと
それに沿って利用するために使用クリッパーと呼ばれる。

ためのよりよい、より速く、安く(またはほとんど)Web 2.0 は、無料で

アレハンドロオチョア G.、a.k.a."mexicanprowler。
グアダラハラ、州 Jalisco、メキシコです。
2010 年 2 月 5 日(金曜日)。

Is there is a need for a more democratic Web 2.0?


I think that there is a need for a more democratic Web 2.0. The people need new approaches to store,
classify, and retrieve, databases, data, information, and knowledge in the Web 2.0 era

Let us see if “we” or someone else can brew a pseudo-revolution or a revolution for the Web
2.0.

I suggest seven out of many measures some people can take:

1. One.

Creating a totally open database software, and building totally open and free databases.

I think there is a need for a special database software which actually can show multiple,
shareable, open and free databases, to be displayed in websites where the ACTUAL databases would
be visible to everyone, not concealed / hidden.

Also these databases would have to be: open-source, collaborative, reorganizable,


rearrangeable, copyable, flexible, adaptable, changeable, modifiable, ad-hoc-able, interchangeable,
interrelatable, crystal clear, see-thru, seeable-in-real-time, updateable, open databases, in order to get
rid of outside controllers and of the tyrannies of large internet corporations.

People could be seeing, reading checking these databases and also they could be filling in the
fields at the databases they are interested in. After the initial stages, these collaborative databases could
be modified by the people, by the Web 2.0 users, by copycatting the Wikipedia model, Wikipedia-
wise.

Also the database software would be open, free, modifiable by programmers and software
developers, and seeable for all.

Once opened, a database website, with millions of words in many languages, “put in order
according to the sequence of the Latin alphabet —a, b, c, d, e, f…”, and using Latin characters, could
have the following appearance

(this is a very simplified and raw “section”, just an “example”):

Colums from left to right: Word, IP Address, Other headings for more columns, e.g.; URLs ↓←

Pächtern 198.121.222.01 www.prussia21.com


país 199.201.05.231 www.blablablabcd.com
papier 201.98.178.21 www.univgrammar.org
participe 200.048.157.089 www.anywebsiteur.net
participe 198.73.232.182 www.anywhoss.org (?)
partícipe 176.38.244.239 www.imemymine.info
partición 182.73.039.184 www.fatfiles.com.za ?
participio 201.98.178.21 www.univgrammar.org
partition 174.63.046.227 abcdklm.blog.com
partition 194.83.189.189 www.smartguys.edu
pasado 212.53.077.189 www.barourke.com/feed
pasado 087.38.178.189 kauyiuy.wordpress.com
pasar 198.45.187.118 squidoo.com/bhlekk.
pasar 189.172.187.218 etcetera.edu.us
pasar 253.255.198.34 www.education3.com.
pas de deux 234.087.11.199 www.francais94.fr
paso 181.183.229.83 www.herbolaria.mx
paso 219.038.219.00 www.remolinos3.es
pasodoble 124.117.321.13 www.coahuilenses2.com
Pass Catcher 187.198.122.201 www.horseracefm.net
passé 128.000.001.12 www.floreteur.fr
passé 131.216.254.17 www.france201.info
passé 100.83.111.223 www.l_francais.fr
passenden 201.457.255.001 www.deutschemiga.de
passed etc. etc.
passer
passer
past
past 192.39.218.221
pasture
pasture
pasty
pat
pat
Patagonia
patache
patch
patch
patch
patcher 123.124.141.242
patchiness 213.87.154.255
patchouli
patchwork
patchy
patchy
pate
pate
pâte
patella
paten
paten
patena
patena
patent
patent
patent
patent
patentable
patentado
patentado
patente
patente
patentee
patentor
pater
pater
patera
paternal
paternal
path 201.187.169.98
path
path
Patterson
Patton
Patton
Patton Arnold
Patton George
Patton George
pentagram
pentagram
pentagrama
pentagrama
per
per
per
per
per annum
per istam
per istam
per istam sanctam unctionem
per se
per se
pi
pi
pi
π
π
π
più
più
più
poison
poison
poisson
poisson
Porto
Porto
Portugal
Portugal
Portugal
Portugalete
poteva
potranno
potrebbe
pour
postpone
presidium
Presley
Presley
Presley
Presley Al
Presley Elvis
Presley Elvis
Presley Elvis
Presley Elvis
Presley Elvis
press 201.158.253.255
press etc.
press
press
pressboard
presser
pressing
pressing
pression
pression
pressman
pressman
pressmark
pressure
pressure
prevedibili
prevedibili
pro forma
pro forma invoice

Of course, the operator / manager or any guy could rearrange the order of the database not
alphabetically, but based on the second column (according to the number of the IP address), or on the
third column (a chronological order), or on the fourth column… et cetera. He/she could consider
several order priorities and many combinations; set a primary column, a secondary column, et cetera.

1-A. “One A”.

Search engines with the screens divided into two parts:

“We” need some search engines “whose” respective screens would have an upper section,
occupying, let us say, 20% twenty percent highest part of the screen, and a lower section, the rest, id
est, let us say, 80% eighty percent of the screen.

In the upper section, the web surfer of internaut would type in (inside the white rectangle of the
by now non-existing search engine) the word(s) he / she is seeking.

After he / she clicks in “Search” in the upper section, in the LOWER section a database would
be displayed.

For example:

Search Engine “Acme”: patent


— — — — — —
patent 198.121.222.01 www.prussia21.com
patent 199.201.05.231 www.blablablabcd.com
patent 201.98.178.21 www.univgrammar.org
patent 200.048.157.089 www.anywebsiteur.net
patent 198.73.232.182 www.anywhosst.org
patent 176.38.244.239 www.imemymine.info
patent 182.73.039.184 www.filesallocat.com.za
patent 201.98.178.21 www.univgrammar.org
patent 174.63.046.227 abcdklm.blog.com
patent 194.83.189.189 www.smartguys.edu

2. Two.

Instant, auto-generated, automatic databases.

I consider that the people will be in the “need” of a software that automatically can build databases out of any
XML text, HTML, Word text or Open Office Writer text, or book, e-book, scientific paper, article, web page, website, et
cetera. Such databases would be visible and manipulatable by all kinds of people.

The display method could be as follows:

The database would be displayed below the original entire text of the e-book, scientific paper, website, et cetera.
For example, suppose that the text reads:

The quick brown fox jumps over the lazy dog. ? * /. 2 is one of my favorite digits.

brown
digits
dog
favorite
fox
is
jumps
lazy
my
of
one
over
quick
the
The

.
/
?
*

That is what “we” need.

This software would be open-source, shareable, modifiable.

A problem could arise here: a number of guys could DELETE or “edit” some lines, several
columns, or even ENTIRE databases. But there should be several ways to prevent or remedy these
calamities:

By allowing the possibility to type and add information, but not to erase/delete it; “pre-editing”
by the generators or creators of databases; setting of software padlocks; creation of some barriers;
instant automated copying toward mirror websites, and other ways that at this time do not come to my
mind.

But, I consider anyone should be enabled to search, organize or reorganize, arrange or


rearrange, and retrieve data in a more open way.

3. Three.
A sender button or sender application or sender applet.

These buttons would be used in order to send the databases created according to “2. TWO”, to several database
pools that could be hosted / allocated in the cloud, yes in one of the new realms / concepts created for the virtual world.

The creators / users of databases would click in the “sender button” in order to send the databases they are
interested in. These databases would be built / created out of their research works, e-books, scientific papers, comments,
reviews, essays, theses, sales or marketing systems, novels, tales, stories, directions, how-to manuals, OpenOffice.org’s
Calc Spreadsheets or Excel Spreadsheets!, Torah, Bible, Quran, Ramayana, et cetera.

Also, the utilization of these buttons would upgrade / automate the tasks described in the fourth paragraph of “1.
ONE”.

4. Four.

An ever-changing PUBLIC algorithm.

We need an ever-changing algorithm for search engine software, so every time someone looks
for something in a by-now-non-existing search engine, the algorithm would change in an aleatorically-
intelligent combination way, almost in a similar way as intelligent codes (intellicodes) or other
mechanisms / programs change the numbers to the appropriate sequences of digits of Genie,
Craftsman, Chamberlain, Liftmaster, Wayne-Dalton, et cetera, garage door openers, in order these ones
actually open the garage door each and every time they are activated by house owners or
tenants/occupant/dwellers in a house.

This algorithm would be an open source, free, shareable AND PUBLIC one.

The idea is this:


To change “artificially” the order in which an individual who is seeking something in a search
engine enters the words in the “search space” or “search rectangle” of his/her screen monitor.
For example, if he/she happens to type the following:
the global communications summit will be held in Frankfurt am Mein when?, the algorithm
would change / rearrange the order of those twelve words before sending them to the databases in
order to retrieve the information required by that particular individual. So, let us assign numbers to the
words of the example: 1 the, 2 global, 3 communications, 4 summit, 5 will, 6 be, 7 held, 8 in, 9
Frankfurt, 10 am, 11 Mein, 12 when?

The modified order could be any, e.g.: 8, 3, 9, 12, 4, 5, 10, 6, 2, 11, 1, 7, or any other.
The machine would read the words in this new order:
in communications Frankfurt when? summit will am be global Mein the held.

Of course, this would work only when entering words not enclosed between quotation marks.

The purpose of this is to start a trend in order to overturn (or compete against) the search
systems of Google, Yahoo, et cetera.

Democracy for the Web 2.0… and meritocracy for the common people.
5. Five.

People might need a multi-purpose virtual “phantom” which could be displayed in the upper
right corner or lower right corner or lower left corner of computer screens/monitors. This phantom
would be similar to a widget, but more advanced, and it would serve to link websites more effectively
and to exchange information and images (but by now not videos) among websites. This “panthom”
would be one or two steps ahead of trackbacks, Really Simply Syndication (RSS) and Atom, and
combine the functions of these.
Also, the “phantom” would be used to almost automatically ping websites.
Also, the “phantom” would be used as a more effectively and faster way to check / see / interact
with free open and real databases in a faster, better, easier, way.
Of course, other website owners / operators / webmasters would have to install
manually/physically these “phantoms” in their computers, in order to exchange information with us.
Maybe it would be a need to create a Wizard in order to install theses “phantoms”.

These “phantoms” would be open source, free, shareable ones.

6. Six.

A business advertising ticker for the Web 2.0.

Maybe we need an advertising commercial/business ticker for the Web. 2.0.

A news ticker, sometimes referred to as a “crawler”, is a small screen space on news television networks
dedicated to presenting headlines or minor pieces of news.

Generally, news tickers are shown / run in the lower section of television screens.

And… they can run at different speeds. They are shown running from the right side to the left
side of screens / monitors, or going downwards (inside a rectangular box / space).

As we are “foreseeing” that the television and the internet may merge in the years ahead, we
need advertising tickers, which would eventually / hopefully be launched soon.

In the future, personal tickers would be useful to send written messages or to communicate
directly with peers / friends without having to use the widely known messenger systems (chat), while
people are surfing the web (simultaneously).

Also, these tickers would be interactive, so the sender can collect / grab feedback in his/her
“message(s) sent thru the ticker box”.

Commercial tickers would be useful to promote more efficiently products / services / systems,
and businesses through the Web 2.0.
The personal tickers could become commercial tickers, if the owner or promoter wants it that
way.

People would be able to generate (by typing directly in their keyboards, or via character-
generator devices / software) and send their messages/advertisements thru the tickers. They would be
sending them to one individual or to several / many persons at a time, via the Web 2.0, so anyone can
read their messages displayed / shown in the running tickers…

Personal and commercial Web-2.0 tickers would be similar to news tickers shown in television.

We consider this of PARAMOUNT importance, due to the implied possibilities and


potentialities of web surfers interacting... to enrich the Web 2.0.

The software for these interactive COMMERCIAL/business tickers would be an open source,
free, shareable software.

NOW, two even more far-fetched ideas:

7. Seven.

Catching / retrieving “on-the-fly”, conversations, phrases, and words sent through Short
Messaging Service (SMS) and chat messengers or chat rooms —only when the users authorize to do
so, or by creating very open “parallel” chat messenger services—, and a few seconds after, saving
those conversations, phrases, and words in their original sequence followed by a database built out of
the original sequence, and in a third and / or fourth ways: mixing / relating all of the databases sent
during the day / week / month, to a database repository in the cloud.

But, what would be the utility of this (if any)?

I will try to explain this in “9. NINE”.

8. Eight.

Creating certain software that can catch/fish/capture “on-the-fly” phrases, words, and… ideas?
shown in videos.

Exempli gratia:
An actress appears by the wagons of a subway running when a film/video is being shot.
Whether she is reading or not the wording of the advertisements attached, glued or painted in the
wagons, the “special” software I am speaking of does “read” those ads, as well as the signs at hotels,
bars and businesses in the street, traffic signs, et cetera, and this software recovers and saves the
phrases in their original order as simple text, doc/Word/Write (OpenOffice), xml, html or whatever, as
well as in a visible and public database format.
9. Nine.

Well, what would be the utility of some or all of the abovementioned points?

Maybe the extrapolation and the development and elaboration out of some of those points could
be useful to:

(A) Use our “own human phosphorus” (the one inside our brains) in order to shed some light
and watch the environment, the dangerous websites (some of these are dangerous because of virus,
while others are dangerous because of the contents), the pros and cons, et cetera, certainly by speaking
and by reading and CREATING new ways, new roads, by generating new ideas, new thoughts, and, as
American futurologist and “prophet” Alvin Toffler (1928- ) says, “continually shift, add, subtract,
combine and rearrange numbers, symbols, words, images, and memories, combining them with
emotions to form new thoughts.”.

(B) Make a bigger, greater and more democratic Web by typing and/or uploading, posting
and/or copying & pasting data and information in blogs and databases… just like any wordcaster /
web surfer / web diver can type words, express his/her ideas and concepts about just any subject in the
websites.

And beyond the Web 2.0, the FTP (file transfer protocol) field, the cloud computing and its
expansive force, and something more that the human being will be inventing tomorrow, the next year
or the next decade…

Toffler says we should recombine knowledge.


He states in a book written by him and his wife Heidi Toffler, Revolutionary Wealth (Alfred A.
Knopf, Inc., New York, 2006), that some of the deep fundamentals of wealth are: work, time, space,
and knowledge (happily or strangely, he does not mention money, platinum, gold, silver, diamonds,
oil… as being deep fundamentals).

“We are not merely expanding the ASK [Aggregate Supply of Knowledge], but altering the
way in which it is organized, achieved, and distributed. Search engines in the Web let more and more
immediate and sophisticated questions, and more and more ways of combining and manipulating
contents…”

In a previous book, The Third Wave (William Morrow and Company, Inc., New York, 1980),
Toffler wrote that in the world, knowledge was worse distributed than arms and riches.

Also, about knowledge, Toffler says:


“In each of us there is a crowded, invisible warehouse full of knowledge and its precursors, data
and information. But unlike a warehouse, it is also a workshop in which we —or, more accurately, the
electro-chemicals in our brains— continually shift, add, subtract, combine and rearrange numbers,
symbols, words, images, and memories, combining them with emotions to form new thoughts.”

— —
However, I must make clear that innovation does not mean to speak about technology, as this
one is only a tool.

Instead, we common people do need to have good ideas and the possibility of setting and
structuring methods and procedures that can generate transformations.

Of course, some of the above ideas may seem bad, or good, to you. It is a simple decision of
yours.

Could some of the abovementioned points lead us to exciting


voyages of awareness and innovation
toward one of the most mysterious places of the universe: the human brain?

The abovementioned juxtaposed ideas, bad, ridiculous, unreal, crazy, ambiguous, so-so, or
good ones, are the “fruit” of a man’s thoughts only. Please let me stress something: just imagine what
could arise out of a brainstorming session / meeting where the brains of techies, geeks, nerds,
programmers, software developers, engineers, et cetera, were “smoking” at “8,400” revolutions per
minute!

Praise to the engineers and software developers of the software called dBase III Plus, devised
by the Ashton-Tate Company, of Torrance, California (1985-1987). Programmers used to exploit it
along with a software called Clipper.

For a better, faster, easier and cheaper (or almost free) Web 2.0,

Alejandro Ochoa G., a.k.a.“mexicanprowler.


Guadalajara, State of Jalisco, Mexico.
Friday, February 5, 2010