You are on page 1of 2

公立大学法人会計通信 - 第8号

2015年 10月

公 立 大 学 法人 会 計通信
公立大学法人の会計基準

地方独立行政法人会計基準の解説(1)
今回から、隔月で地方独立行政法人会計基準の解説を行っていきます。
第1回目は、一般の企業会計とは異なり地方独立行政法人会計基準独特の会計処理である固定資産の会
計基準の概要について解説を行います。

SIDE STORY
固定資産の耐用年数
固定資産(償却資産)が使用可能な期間
のことを耐用年数といいます。
耐用年数は、本来、当該固定資産の使用

固定資産の会計処理の概要
公立大学法人の固定資産の会計処理の特徴は、固定資産の取得や減価償却に係る会計処理と合わ
せて、固定資産の財源別の会計処理を行うことにあります。
固定資産の財源別の会計処理方法は多数ありますが、今回は、固定資産の会計処理方法の概要を
把握するため、補助金を財源として取得した固定資産の会計処理を解説します。

条件等を加味して、個々の資産ごとに決
定する必要があります。しかし、公立大
学法人が個々の資産について使用可能な

設例

期間を見積り、耐用年数を決めることに

補助金を財源として、平成27年4月1日に工具器具備品を購入し、普通預金から100万円を支

は困難を伴うことが多い(実質的に不可

出した。耐用年数を5年、残存価額を1円とする。

能である)ため、多くの大学では通常、
固定資産の種類ごとに法人税法で定めら
れた耐用年数を利用しています。

取得時の会計処理
(A)平成27年4月1日(補助金に関する債権計上時)

企業会計においても固定資産の耐用年数
を決定する必要がありますが、上記と同
様の理由から、多くの企業で法人税法で

(借)その他未収入金

100 (貸)預り補助金等

100

100 (貸)普通預金

100

100 (貸)資産見返補助金等

100

定められた耐用年数を利用しています。

しかしながら、この税法上の耐用年数が
実態と大きくかけ離れている場合には、

(B)平成27年4月1日(取得時)
① 固定資産の取得に係る会計処理

本来的な観点に立ち返って、当該固定資
産の使用可能期間にもとづいて耐用年数

(借)工具器具備品

を定める必要があります。
あるいは、当該固定資産の使用期間があ

② 固定資産の取得財源別の会計処理

らかじめ決まっている場合には、当該使
用期間を耐用年数とします。

(借)預り補助金等

例えば、受託研究費を財源として購入し

固定資産を購入した場合は、企業会計と同様に取得に係る会計処理を行います(①)。これに加

た固定資産については、当該受託研究の

えて、公立大学法人では、固定資産の取得財源別の会計処理(②)が行われます。この設例では、

ために使用することが予定されているた

「工具器具備品(100)」の取得財源である補助金について、「預り補助金等(100)」を「資産見

め、固定資産を購入し、使用を開始して

返補助金等(100)」に振り替える会計処理を行っています。

から、その使用対象である受託研究が終
了するまでの期間を耐用年数とすること
が適当です。

2015 Proactive Co., Ltd. All rights reserved.

このように取得財源別の会計処理を行うことにより、公立大学法人における多様な財源の中のど
の財源から固定資産を購入したかを明らかにすることができます。

Mail. info@be-proactive.jp

公立大学法人会計通信 - 第8号

2015年 10月

公 立 大 学 法人 会 計通信
決算時の会計処理

弊社は、公認会計士が中心に大阪で
業務を行っておりますが、西は九州

(C)平成28年3月31日(決算時)

から東は東北までの公立大学法人に
③ 固定資産の減価償却に係る会計処理
(借)減価償却費(費用)

おいて決算業務マニュアル作成の実
20 (貸)減価償却累計額

20

績があります。
決算業務マニュアルの内容に関する
ご質問、サンプル提示、業務報酬等

④ 固定資産の取得財源別の会計処理

のご相談がありましたらメールアド
(借)資産見返補助金等

20

(貸)資産見返補助金等戻入(収益)

20

レス

info@be-proactive.jp まで
固定資産のうち償却資産については、企業会計と同様に減価償却を行います(③)。これに加え

貴校名、部署、氏名、電話番号を記

て、公立大学法人では、固定資産の取得財源別の会計処理(④)が行われます。この設例では、固

載していただきご連絡いただければ

定資産の「減価償却費(20)」に対応して、「資産見返補助金等」として振り替えた(②)取得財

弊社担当者よりご連絡させていただ

源である補助金を「資産見返補助金等戻入(20)」として収益化する会計処理を行っています。

きます。

このように費用と同額を収益に振り替えることにより、損益がゼロになるように会計処理が行わ
れます。これは、地方独立行政法人会計基準ではその制度設計の基本的な考え方として「損益均衡
の原理」があり、業務が計画通りに実施された場合には損益が均衡する(損益がゼロになる)こと
が予定されているからです。決算時のこのような処理は、当該固定資産の耐用年数が終了するまで
毎年行われます。

購読のお申し込み
固定資産の財源別の会計処理方法は多数あり、財源ごとに様々な会計処理の工夫がなされていま
すので、次回はこのうち、減価償却の損益外処理、自己財源による購入の場合について解説を行い

貴校名・部署・氏名を記載の上、

info@be-proactive.jp まで
メールでご連絡ください。

ます。

公立大学法人様向け会計支援サービス
会計処理に関するお問い合わせ

公立大学法人の会計処理に精通した公認会計士が、電子メールやお電話
により地方独立行政法人会計に関する問い合わせに回答いたします。

公立大学法人会計通信 第8号
2015年10月 発行

決算書作成支援

貴校に直接お伺いし、決算書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・
フロー計算書、利益の処分又は損失の処理に関する書類、行政サービス
実施コスト計算書および附属明細書)の作成を支援いたします。

編集・発行:
株式会社プロアクティブ

決算業務マニュアル作成

決算業務を効率化し、組織的な業務として実施するための決算業務マニ

〒541-0042

ュアルを作成いたします。

大阪市中央区今橋1丁目8番14号
北浜山口ビル6階

地方独立行政法人会計に関する研修

会計入門者への初級研修から、複雑な新会計基準のアップデート研修ま

Tel. 06-6228-7553(転送)

で実務担当者のご要望に応じた研修を行います。

Fax. 06-6228-7583
Mail. info@be-proactive.jp

決算・経理業務アウトソーシング

伝票処理から決算書作成まで決算・経理業務のアウトソーシングサービ

URL. http://be-proactive.jp

スを提供いたします。

2015 Proactive Co., Ltd. All rights reserved.

Mail. info@be-proactive.jp