You are on page 1of 16

命じながら腰を軽く回し、異物を押し出そうとみっちり狭まる膣肉をこじ開けていく。

 ところどころがきつく締まる緩急のついた圧迫感は、今まで味わってきた他の三人の肉穴とは違う、また新
鮮な心地よさだ。

「ひっぐぅうっ! ひぃい、う、動かないでっ、おっごぉ、広げられてっ……あああ、こんな、こんなのっ…
…ふぐぅ! せめてっ、これをどかしてっ、臭いのっ、これぇ、精液……んぶうぅ!」

「よっぽど精液の臭いが好きなんだな? マンコの奥がビクビクして止まらないぞ?」

 必死に懇願してくるフリージアを無視し、ゆっくり肉棒を前後させる。

「動くっ!? ちょ、ちょっと待ちなさいっ……今、動かれたらっ、おかしくなる! 痛いだけのはずなのにっ、
頭の奥が変にっ……はぁ、はぁっ!!」

 そんな切羽詰まった声をあげるフリージアを見下ろした俺は──。

「ならもっと変になってもらわなきゃなぁ!」 容赦なく宣言するや否や、さっきまで処女だった相手にする
にはあまりにも大人げない勢いで抽送を開始した。

 グリュゥウ、グチュ、ジュル、ブジュグ!

「んおぉおおおおおっ!? やめっ、動かないでって、言ったっ……言ったのにぃ!」

 硬く張った雁首を膣壁に深く食い込ませ、ミチミチと肉を自分好みの形に変えていく抉るようなピストン。

 自分でもままならない刺激の連続に、呼吸も忘れて夢中で腰を振る。

「動いてるぅ、広がってるぅう、奥がっ、奥が変に変えられていくぅっ、やめっ……ひぃいいいいっ! 痛い
だけのはずなのにっ、こんなに激しいと、身体がおかしくなってくからっ、止めて、動かないでぇえっ!」

「激しいのがいいんだな? 期待に応えてもっと激しくしてやるよっ!」

 息も絶え絶えのフリージアを追い込もうと、腰使いをさらに速めて奥を穿つ。

「おごぉおおおおっ、違うっ、激しくしないでぇっ! 変にっ、ひいい、摩擦されて、身体がおかしくなって
いくぅ!?」

「馴染んでいってるんだよ、俺のチンポにっ!」

 俺の言葉が事実だと裏付けるように、ピストンのたびに膣奥が反応して揺れ動く。

 突き潰される子宮も悩ましく震え、茹だるように熱くなってきていた。

「ひっぐぅう、馴染んでなんてないぃい、こんなものぉ、早く忘れるのっ、こんな最低な体験っ、忘れたいの
にぃ! とめてっ! せ、せめて、もっとゆっくりっ……」

「なにを止めて欲しいのか言わないとわからないぞ!」

 必死の訴えを冷たく切り捨てると、もう恥も外聞も気にする余裕がなくなったフリージアが素直に叫び返し
てきた。

「決まってるでしょ!! チンポぉお! チンポ止めてっ、チンポ止めてよぉお、おかしくなるの、オマンコ熱
くてぇ、おかひっ、ひぐううっ!!」

「いいじゃないか、気持ちいいならっ! ほら、もっと感じろっ!!」

 ズッチュッ、ヌチュルッ、ズップズップッ!

 家畜小屋に響く淫らな言葉に背を押され、腰使いに力が入る。

「ひぐぐぅっ!? チンポのぉお、速度あがってるぅっ、嘘っ、どうしてっ、止まらないのおぉっ!? オマンコ
の奥がゴリゴリされて広がっちゃうぅっ!!」

「チンポだ、マンコだと、そんなドスケベな言葉で俺を挑発してくるんだ。本当は止めて欲しくなんてないん
だろう? この淫乱マンコっ!!」

 ピストンで揺さぶられ、散々突き上げられて、受け入れるように開いた子宮の入り口。

 乱暴に怒鳴ると同時に、俺はそこを突き崩そうと勢いよく怒張を沈めた。

 ヌプウウウウウウウウウウウウウウウッ!

「ひっぐぅう!? 当たるっ、そこっ、子宮までっ届いてるのっ、ダメっ、入るのぉ、ダ、ダメぇええっ! も
うオマンコがビクビクして、変になってくのぉお!」

 高く跳ね上がる嬌声に合わせて段々に締まる膣奥の壁が、ちょうどそこにはまっていた亀頭を弾くように刺
激してきた。

「おおっ! 欲しがってるなっ、ここにっ!! そんなに出して欲しいのか? 口からだけじゃなくて、マンコ
でもザー汁飲みたいんだなっ!」

 ズブン! と、子宮口に肉棒の存在をアピールするように打ち込み、そこを拡張するように大きく腰を回し
ながら問い詰める。

「んおぉおおおおぉぉおっ! いやぁああっ! 違うっ、欲しくないぃ、今、あんなドロドロそこに入れられ
たらぁあっ! お、覚えちゃうっ、身体がっ──オマンコがっ、覚えちゃうでしょぉお! やめっ、許してっ
……ひぃいいいっ!」

 フリージアは逃げようと必死にもがくが、もう力が抜けてしまっているのか弱々しく、俺の手を振り払うこ
となどできない。

 むしろその動きが、膣内を出入りする肉棒に程よい振動を与えてくれた。

 ギンギンに勃起した幹胴が力強い脈動を繰り返し、その動きでも射精がいよいよ間近なのだとフリージアの
秘穴へアピールしていく。

「しっかり覚えてもらうぞぉっ!! もうすぐだっ、もうすぐ中に出してやるっ!」

「嘘っ……!? ダメ、あ、赤ちゃんできるじゃないっ! あなたの子供なんてっ、絶対に嫌よ! 中に出さな
いでっ──いやぁああっ!」

 フリージアは突きつけられた妊娠への恐怖にヒクンと尻穴を痙攣させる。

「孕むんだよっ! 本当はそうして欲しいんだろう? そらっ、食らえっ!!」

 宣言しながら腰を軽く引き、とどめとばかりにすべての力を込めて突き込む。

 ヌチュルッ、ズッチュゥッ、ズブリュゥッ、ヌップウウウウッ!

「んおぉおうっ!? オチンポ入ってっ……るぅう!? 逃げられないぃ、オマンコががっち
りぃ、奥でオチンポ握ってるぅ!? 自分の身体なのにぃっ、言うこときかない……逃げられないのぉ! でき
ちゃうっ、こんな奴の子供ぉっ、いやぁ、欲しくない!」

「いいから孕めっ! おおっ、出る……こっちの口にもザー汁の味をたっぷりと教え込んでやるからなっ、く
ぅっ、出るっ、おおおっ!!」

「いやぁあっ、ダメッ出さないでぇえっ、チンポ止めてぇえっ! あんなふうになりたくないぃ、妊娠したく
ないのにぃ、オマンコが反応しちゃうっ!? 嘘、嘘、勝手にチンポに吸いついてぇ……媚びてっイグぅうっ!?
んぐううううううっ!!」

 ビュッグウゥビュグビュグゥウ! プッシャァアアア!

「ふっぎぃいいいっ! おぉおおおおっ♪ 熱いのぉっ、き、きひぇるぅううっ! オマンコが止まらないぃ
いっ♪」

 俺が腰砕けになるほどの快感に浸りつつ精液を打ち込むのに合わせ、フリージアはこちらの射精の勢いを越
える派手さで潮を吹いて絶頂した。

 幹竿が脈打って白濁が迸(ほとばし)るたびに、それを歓喜するように肉穴が入り口から奥へ向かって波打つ
ように締まる。

 その動きが、この肉壺も俺の肉棒にすっかり媚び堕ちたのだと実感させてくれ、射精の勢いも否応なしに増
していく。

「いひぃいっ、イッてるっ!? 私のオマンコおぉっ、あぁああ、精液受けてっ……中出しされてぇえ、イッて
る♪ 知らないっ、こんなぁあ、熱いのっ、精液っ、熱いぃいっ、子宮が、や、灼けてっ……イッグぅうっ、
んほぉおおお♪」

 プシャ! と、追加の潮を撒き散らしながら派手な喘ぎを漏らしたフリージアは、耐えきれずにまだ淫液が
残るエサ皿に顔を突っ伏し、ビクビクと背すじを痙攣させる。

「あぁああっ、止まらないぃ、オマンコがどんどんっ、屈服してくぅうっ♪ こんな、ダメなのにっ、イカひ
ゃれてぇえっ! とまっ、らないぃ♪ オマンコ痙攣してとまらないいぃっ、イクっ、イッくぅう!」

 俺の射精が終わっても尚、まだ潮を吹き、絶頂の叫びをあげるフリージア。

 ギュッ、ギュッと断続的に締まる膣内をゆっくり楽しみつつ、ずっと震え続けていた彼女の腰が止まるのを
待った。

「あっ……ひっ♪ あへっ……あっ、あ、あ、あ、無理っ……こ、これっ……無理ぃ

……逆らえないぃ……んひぅ♪」

 潰れたカエルのように上半身をだらしなく前に預けたまま、ビクビクと下半身だけを痙攣させて悶える。 
その表情はあれだけ抵抗していた女と同一人物と思えないほど、浅ましく蕩けていた。

「あぐっ、ずっしりっ、子宮にずっしりきてるぅっ、あの臭い精液っ、たっぷりでっ……悦んでるのぉ……」

「ふぅうううっ……おいおい、あれだけ抵抗してたのに一発で堕ちたのか? もっと抵抗して楽しませてく
れ」

 軽く動くだけでジュブジュブと水音を鳴らす秘穴を突き混ぜつつ、もう少し気合いを入れろと叱(しっ)咤
(た)する。

「ひぃうっ♪ ああ、あぁ、動かないっ……でぇえ♪ もうぅ、敵わないってわかったっ

……からぁ、んひぃっ♪ ごめんなさいぃ、お母様っ、こっ……これぇ、助ける前にっ、オチンポっ、オチンポ
に負けてますぅっ……」
 口から飛び出すのは、うっとりと甘く媚びた言葉のみ。

 まあ、だとしても──やることは同じだ。

「堕ちたなら、今までの無礼を詫びる代わりに、俺が満足するまで穴を使わせろ! エサ皿を空にするのも忘
れるなっ!!」

 そう宣言しつつ、尻を掴む手に改めて力を入れ──腰を振り出す。

「ふぎっ? お、終わり、チンポ終わり──ぬ、抜いてっ……オマンコ……動いてっ

……終わりじゃぁあ!? いひぃっ♪ あぁああああっ♪」

 弱々しく懇願するフリージアの声を無視し、好き放題ハメ倒して数時間。

「お! 全部食べ終えたか、偉いぞ! そらご褒美のマンコゆすりだ、精液でいっぱいになった腹を揺さぶっ
てやる」

「ふひいぃっ♪ ひいぃいぃい、あ、ありがとぅ、ございますぅ、ご主人様ぁ♪」

 最後の仕上げとばかりに軽く腰を揺さぶると、フリージアは淫液をすべて残さず舐め終えたエサ皿を、まだ
名残惜しげに嘗め回す。

「どうだ? 俺の予告どおり喜んで啜るようになっただろ?」

「ふはいぃ、オチンポの力も知らない処女の癖に、生意気言って申し訳ございませんでしたぁ……ザー汁ぅ、
美味しいれふっ……ちゅぱぁ♪」

 フリージアは改めて謝罪の言葉を口にし、媚びるように腰をヘコヘコと振り動かす。

「なら、お前はもう俺の奴隷でいいよな? チンポ穴で構わないよなぁ? 誓うならそれなりの格好にしてや
るぞ?」

「はいぃ、私はご主人様のチンポ奴隷ぃっ、おっふぅ、あの格好になれるならっ、喜んでチンポ穴になります
ぅ! わ、私も孕みたいですぅっ♪」

 ちょっと前までの嫌がっていた態度などすべて幻に思えるほど、媚びた態度で俺をご主人様と呼ぶ。

 俺は四つ目の魔法少女オナホを手に入れたのだと、心の底から実感できた。

「まあ、種付けの前に面倒を片付けないとなぁ。ほら、気合い入れろ! お前の母親を助けにいくぞっ……魔
法少女フェアリー・フリージア!」

「ふぁっ、ふぁいっ……ご主人様のためにぃ、頑張りますぅっ♪」

 その後の戦いについてだが……元々チートじみた力を得ていたアイビーたちに、フリージアまで加わったの
だ、ここに記すまでもない。

 病魔の巣窟となっていた新堂家に乗り込んだ俺たちは、正面から病魔たちを蹂躙……そのすべてを叩き潰し
て琴音の母親を解放するまで、ほんの三十分。

 こうして第四のフェアリーフラワーが加入するきっかけとなった事件は、実にあっけなく幕を下ろしたのだ
った──。
 戦いの後、あれやこれやと後始末を終えて落ち着いた数日後──。

 俺はボテ腹を隠した三人と、まだキュッと引き締まったお腹の美女一人を引き連れて、悠々と学園の廊下を
歩いていた。

 堂々と四人を引き連れて歩く俺を、すれ違う生徒たちはみんな唖然とした顔で見ているが、文句を言ってく
る連中は一人もいない。

 と言っても、結界でそうしているわけではないのだ。

「ご主人様、不埒な連中も昨日で粗方片付いたようで、なによりですっ♪」

 学園内で俺に対して無礼な態度を取っていた連中は、響の激しい指導により一人残らずいなくなったのだ。

 さらに──。

「昨日、集会を開いて正解でしたね。薫(くん)陶(とう)が行き届いてなによりです」

 学生会長である沙也香が集会の席で俺を称える演説を行い、ダメ押しをした。

「ご主人様はこの国の未来を背負うんですから、当然のことです」

 そう俺を称える琴音の言葉も嘘ではない。

 救ってやった琴音の母親に俺はやたらと気に入られ、政治家である彼女の後継者として基盤のすべてを譲り
渡されたのだ。

 その代わりに必ず一夫多妻制の法案を通し、琴音を嫁の一人として娶(めと)ってくれとお願いされている。

「ふふふ、この世界はご主人様を中心に回っているんですわっ! ああ、私の魔法がお役に立てて光栄ですの
♪」

 それらすべてをベアトリクスの魔法が後押しし、俺の生活は今までにも増してやりたい放題、なにもかもが
理想どおりとなったわけだ。

(くくっ、この調子なら、もう孕んでる姿を隠す必要もないんじゃねぇか?) 美少女を引き連れ、羨望の眼
差しを一身に集める。

 なんともいえない気分のよさを噛み締めつつ、俺はいつもの空き教室へ向かう。

「さて、それでなにをするつもりだ?」

 教室内に用意された、玉座のごとく豪華な椅子に腰を下ろした俺は、前にずらっと並んだ四人を眺めて問い
かける。

 授業が終わるや否や、是非来て欲しいと四人にせがまれて連れてこられたのだ。

「朝もたっぷりハメてやったってのに、まだまだ物足りないのか?」

 俺の問いかけに四人は揃って淫蕩な笑みを浮かべて、ポーズを取る。

「それはもちろん、大仕事を終えたご主人様に喜んでもらうため!」
「ご主人様にわたくしたちの痴態を、楽しんでいただくためですっ!」

「私たちの淫らでドン引きするようなドスケベ姿を、さぁ、ご覧あそばせ、ご主人様!」「お気に召したらい
つでもハメハメ参加OKです、ご主人様ぁ♪」

 響が、沙也香が、ベアトリクスが、そして琴音が。口上とともにそれぞれの武器をどこからともなく取り出
し、高々と掲げる。

「花々の力よっ、わたしたちに力をっ! ブルーミング!」

 四人が声を揃えて叫ぶと、目映い光が部屋中に広がっていく。

 それが鎮まると、俺の前にはフェアリーフラワーに変身した四人が並んでいた。

「ご主人様に対しては、お母様を救ってくれた感謝の気持ちでいっぱいです。そしてなによりも、早く先輩た
ちと同じボテ腹にして欲しくてたまりませんっ♪」

 まず一歩前に歩み出た琴音──フリージアが、横に並ぶ三人のボテ腹を羨ましそうに一瞥し、熱っぽい眼差
しを俺へ向けてきた。

 出会ったときの反抗的な態度はどこへやら、俺に対する感謝とそれ以上の妊娠への憧れが見て取れる。

「病魔に操られていた私を救っていただいた恩……それ以上にオチンポの素晴らしさを教えてくださったこと
に多大なる感謝を捧げますわ!」

 女王らしい振る舞いで一礼したカトレアも、フリージアの隣で深く頭を下げる。

 ボテ腹を誇らしげに見せつけ、淫蕩さを全面に押し出す下品な姿だというのに、どこか品のある姿がそそる。

「ご主人様がおられなければ、フェアリーフラワーの真なる力など知ることはありませんでした! なにより、
オチンポの悦びも、妊娠する悦びも、牝豚になる悦びも知らないままでしたブヒィ♪」

 続いて歩み出たビオラは、ドスケベなことしか考えていない牝豚顔で鼻を鳴らす。

 学生会長としての凛々しい顔を捨て、でっかいボテ腹が本当の豚の腹のように見える見事な牝豚っぷりを見
ているだけで、肉棒に疼きが走る。

「みんなの夢を守るため戦うフェアリーフラワー……ご主人様と出会えなえれ

ば……それもできなかった。私、今ならはっきりわかります! 私はご主人様に出

会うために、ボテ腹にしてもらうために、フェアリーフラワーになったんだって♪」

 最後に歩み出たアイビーが、正義の味方としては最低の言葉を笑顔で言い放った。

 自らの台詞で昂ぶっているのか、踊るように腰をくねらせて熱く息を切らす。

「くくっ、それで俺にお礼をしてくれるって言うのか、お前ら?」

 意図は伝わってきたが、一体どんな趣向を凝らしてくれるのか。

 期待に胸をふくらませながら問いかけると、アイビーが恍惚と欲情した笑みを浮かべ、大きく手を上げた。
「はいっ! ここにいるみんな揃って、ご主人様に感謝するために特別なドスケベ媚び媚びダンスを踊らせて
いただきますっ♪ ミュージック、スタート!!」

 アイビーの宣言と同時に、どこからともなく軽快なミュージックが流れ出し──ずらっと並んだ魔法少女た
ちは、ピシッと上半身だけは変身のポーズを決めたまま、大きくがに股気味に足を開き、蜜液を溢れさせる秘
所を惜しげなく見せつけてきた。

「あはぁっ♪ こんな格好っ、ご主人様に見てもらうためじゃなければ絶対できない

♪」

「存分に見て欲しいです、ご主人様♪ ドスケベ牝豚のヌレヌレボテ腹オマンコ、たっぷり見てくださいぶひ
ぃ♪」

 アイビーとビオラ。最初にフェアリーフラワーとなった二人が羞恥に顔を歪ませつつ、大きなお腹と乳房を
ゆっさゆさと揺らしながら腰を前後に振りまくる。

「ご主人様に見ていただけるなら、どんなドスケベ姿にもなれますわ♪ 牝の本性丸だしのボテ腹マンコ、い
つでもハメハメOKですの!」

 カトレアは負けじと腰を突き出し、声に合わせてまるで呼吸するみたいにパクパクと開閉する膣口を俺へ見
せつけてきた。

「経験も覚悟も足りない新人マンコですが、すぐに立派なボテ腹マンコになって追いついてみせます! だか
ら……種付け、よろしくお願いします♪」

 新人のフリージアはまだ照れが残っていて、腰の振りがぎこちない。

 だが、俺を楽しませようという気概と、早く孕みたいという匂い立つ欲望を剥き出しにしながら踊り続けて
いる。

 それぞれに魅力の違うダンスに、俺の股間がギンギンに反り返るほど勃起するまで、さほど時間を要しなか
った。

「ボテ腹三人にちょっと前まで処女だった女が、なんてみっともないドスケベ姿だ! 恥ずかしくないのか?
この変態魔法少女ども!」

 俺の言葉に、四人は揃って羞恥の悦びに背すじをくねらせ、股間から滝のような勢いで蜜液を滴らせる。

 ふとももを伝って床にポタポタと汁が垂れていく音を響かせながら、まずはフリージアが我慢できないと言
わんばかりに口を開いた。

「は、恥ずかしいですっ、けどっ、ご主人様に見られると思うだけでっ、オマンコがトロトロになるんです
っ!」

 その言葉どおりだと、先輩三人も大きくうなずき、動きを加速していく。

「本当にっ、こんなはしたない大きなボテ腹を揺らしてマン汁を垂れ流すなん

てぇっ、元女王としてあまりにも無様っ、恥の極みですわっ♪ ですがっ、ご主人様に喜んでもらえるのなら
ぁっ、その恥が気持ちいいっ、オマンコに響きますのっ!」

「はぁあ、恥ずかしいのが気持いいの、ご主人様! もっともっとご主人様の前でドスケベになって悦ばせた
いぃ♪」

「ブヒィっ♪ 本物の牝豚と同じボッテリボテ腹オマンコで悦んでいただけるならぁ、本望ですブヒィッ♪」

 カトレアもアイビーもビオラも、獣のように荒く息を切らしながら腰振りを加速していき、滑稽なダンスを
続ける。
 振りまかれる愛液や汗の淫臭が部屋中に広がり、俺もいよいよ我慢できなくなる。

「こんなエロ臭を俺に嗅がせて……そこまでハメて欲しいか?」

「はいっ! 早く孕ませて欲しくてっ、もうたくさん排卵しちゃってますっ!!」

「濃厚な牝豚マンコ臭を嗅がれてるなんてっ、恥ずかしすぎて死にそうなのに! ハ、ハメて欲しくてたまら
ないブヒィ!」

「ご主人様への感謝をボテ腹オマンコで返したくて、先走った淫乱マンコが勝手に火(ほ)照(て)り上がってい
ますのぉ♪」

「ふはぁ、ドスケベな臭いだけじゃなくて、オマンコの味までオチンポでしっかり味わってください、ご主人
様ぁっ♪」

 俺の言葉を否定することなく、誘うように踊り続ける魔法少女たち。

 並ぶ秘部が物欲しげに開閉を繰り返し、まるで拍手のようにプチュプチュと無様な音が鳴り響く中、俺は満
を持して彼女たちのステージに上がった。

「お望みどおり、片っ端から使っていってやるよっ!」

 宣言とともに狙いを定めたのは──俺がこの地位を手に入れるきっかけを与えてくれた女王だった。

 ジュブジブゥウッ!

「んぶほぉおおおっ♪ ふっひぃっ、チンポ、ありがとうございますぅぅっ! オチンポでズコズコされてぇ、
エロエロダンスっ、開始しますわぁっ♪」

 肉棒を受け入れたカトレアは、腹が邪魔にならないように腰を思いきり前に突き出す。

 淫肉の締め付けの奥で震える子宮が、天然のローターになって亀頭を責めてくる。

「んんぉごぉおっ! ひいいいぃ、ボテ腹の奥までジンジンきますのぉっ、もっともっと使ってやってくださ
いませぇ♪」

 声に合わせて淫肉がミチミチと左右から押し寄せて怒張を搾り上げてくる。

「おぉおおっ、いかがでしょうかっ、ご主人様ぁあ!? 変身マンコでっ、ボテ腹の癖に、種付けおねだりのマ
ン肉プレスぅう♪ ふっひっ、ふひぃっ!」

「いいぞ、亀頭にローターでも押し付けられてるみたいだぞ! そら、ご褒美だっ!!」

 宣言しながら行き止まりを突くと、子宮の痙攣は激しさを増す一方。

 亀頭がジン痺れるその刺激が楽しく、自然と腰使いが荒々しくなっていく。

「ふっぐっ!? チンポ、激しすぎひぇっ……しゅごぃい、オマンコ削ってぐるぅっ♪ イイッ、イグっ♪ ご
主人様っ、どうぞ、この穴にっ、あひぃ、わぁ、私がイク前に、ぴゅっぴゅして欲しいですのぉっ、おおお
っ!!」

 もう限界とばかりに白目を剥いたカトレアが、がに股の膝をグッと曲げてより深々と腰を落としてくる。
 ずっしりとした孕み子宮の重さが竿の根元まで伝わってきて心地よいが、ここで早々に射精しては面白くな
い。

「なんだ? もっとチンポが楽しませろって言ってるだろ? 仕方ないなっ!」

「お待ちくださ──ひっぐっ!?」

 俺は引き留めようとするカトレアの声を振り払って肉棒を引き抜き、ドスケベダンスのパートナーを変える
ことにした。

 次の獲物は──隣でブヒブヒと鳴きわめく、躾(しつけ)不足の牝豚だ。

 ズブリュゥッ、ズッポォォッ、ヌチュルウウウウッ!!

「おっふぅっ、うううう!? お待ちしてましたぶひぃいいっ! んごぉおおっ! め、牝豚ご奉仕のぉハメハ
メダンス致しますぶひぃいっ♪」

 綻ぶ肉厚の膣粘膜を押し分けながら怒張を突入させた途端、それがスイッチになったかのようにビオラの腰
使いが激しさを増す。

 結合部から獣が餌を咀嚼するかのようなクチャクチャと下品な音と愛液が零れ、肉棒全体が蕩(とろ)けきっ
た膣壁にしゃぶりつくされる。

「ふうぐっ、オチンポ様最高ぶひっ、牝豚の癖にご主人様と向き合ってぇ、立ちマンしていただけて嬉しいぶ
ひっ♪」

 ビオラは俺が腰を突き出すたびに、学生会長の清楚可憐な面影など欠片(かけら)もない、間抜けな牝豚顔で
幸せそうに叫ぶ。

「おっへぇえっ♪ カリ太チンポの先っぽが肉厚子宮に引っかかってっ、かき混ぜられてますぶひぃいいいっ
♪ ご主人様ぁ、そのままどうぞぉ、ボテ腹の癖に我慢できない牝豚子宮に、追加の孕ませ汁ぅっ、ザー汁仕
込んでくださいブヒィッ! 四六時

中ぅ、いつでもどこでもご主人様を悦ばせるためだけに何人でもっ孕みます、繁殖するぶぅっ!」

 ビオラはゆさゆさとリズミカルにボテ腹を揺らし、腰を捻って自身の膣奥の柔らかい部分を亀頭に絡みつか
せてくる。

 先っぽが子宮口へねじ込まれていくような締めつけに、俺は思わず腰を震わせてしまうほどの快感に襲われ
た。

「くくっ、そんな無様な牝豚っぷりをご主人様に見せつけながら、おねだりか? この恥知らずの牝豚が
っ!」

 ペースを握られては面白くないと、俺はビオラの腰をがっちりと押さえる。

 そのまま一突きずつ力を込めて腰を押し出し、ビオラの母乳がたっぷりと詰まったデカパイがぷるんっと派
手に揺れる勢いで抽送を繰り返す。

 ズリュブゥッ、ヌッポォッ、グッポオオッ!!

「ふっぎいぃいっ! 申し訳ございまひぇんっ、ぶひぃ♪ チンポ一発でドスケベに夢中の牝豚顔になってし
まうブヒィ!! 嬉しすぎひぇっ、オマンコ沸騰してっ、イグ、イギそうぶひぃっ、ご主人様ザー汁っ、ほ、欲
しいブヒィイイイ!」

 濃い愛液と混じり合った柔らかい膣肉が、肉厚の子宮に挟み込まれて押し潰れる。
 そのたびにビオラの声が甲高く跳ね上がり、子宮の痙攣が激しさを増す。

「おふぐっ! チンポ凄すぎブヒィっ!! ひっぎっ、イグっ、これっ、チンポ汁ぅっ、欲しいっ、ぶひっ、ぶ
ひぃっ、おほおぉおっ!」

「この浅ましい牝豚、勝手にイキかけてるんじゃねぇっ! お預けだっ」

「んひぉおっ!? そ、そんらぁ~!!」

 呂律の回らない声で引き留めようとするビオラを無視して、腰を引く。

 次に選んだお相手は彼女の相棒──そして俺が童貞を捨ててやった穴でもある、フェアリー・アイビーだ。

 ヌチュウウウウッ、グッポォッ、ズブリュウウウッ!

「んっぐぅうううっ♪ はぁあ、オマンコで大歓迎しまひゅぅっ!! い、いっぱい楽しんでもらいます、ご主
人様ぁあっ♪」

 待ち構えていたように綻ぶ肉穴へ一気に怒張を沈めると、初めてのときからほぼ変わらない強い締め付けと
熱さで歓迎してくれた。

「オチンポにもっと悦んでもらうのぉおっ♪ オマンコの奥でっ、オチンポがビクビク弾けてぇっ、しゅごい
っ、止まらないぃいっ!」

 アイビーは全身をまるでシェイカーのごとく揺さぶる、今までの誰よりも激しいダンスを踊り始めた。

 狭い肉道全体でゴリゴリと振動が芯まで響くほど扱かれ、強引に射精まで導かれてしまいそうな強い快感が
息つく間もなく襲ってくる。

「くぅっ、さすが体育会系マンコ! 凄い勢いだなぁっ」

「ふっぐうっ♪ 褒められたぁ、ご主人様に褒められたっ……あぁ、嬉しくてっ、腰が、オマンコが止まらな
いぃっ♪ 好き、好きなのぉ、ご主人様も、ご主人様のチンポも大好きっ、しゅきっ、しゅきぃっ!! イッて
ぇ、何度でも出して欲しいですぅっ!」

 俺がちょっと声を震わせると、アイビーは大げさなくらい歓喜の声をあげた。

 夢中で腰をカクカクと上下に揺さぶりまくる。

 動きとしては単調かもしれないが、純粋な好意が溢れる激しい腰使いはなによりも貪欲に快感を作り上げる。

「んほぉお、ボテ腹マンコが止まらないぃ、チンポ汁が欲しくてぇ、もっと孕みたいって動くのおぉっ! き
てぇ、ご主人様っ、んほぉっ、おおおっ♪」

 ガクガクの膝がそれでも強い快感を求め、俺の突き上げに合わせて揺れ動く。

「ひっぎぃっ♪ 開くっ子宮がご主人様のために開いてっぐぅうっ、もっとチンポで串刺しにしてぇ、な、中
出しぃっ! イグっ……ダメぇっ、ご主人様のぉお、オチンポにっ満足してもらうろぉ、たっぷり使ってもら
いたいのにぃ!」

「欲しいなら踏ん張れっ! ほら、スパートいくぞっ!!」 宣言とともに抽送を加速し、降りてきた肉室をゆ
っさゆさとあやすように突く。

「チンポが奥でバチバチ当たるぅっ、ご主人様しか触れない場所にっ、いっぱい当たって……もうっ、イグっ
……イグっ、ご主人様チンポでっ、おほぉぉ♪」

 限界を告げるようにアイビーの身体がキュンと反り返った瞬間、緩んでしまった秘穴から、俺は素早く肉棒
を引き抜いた。
「はっ、アウトだっ! 次は俺がイクまで耐えれるようにしておけっ! さて……待たせたなぁ、新入りマン
コっ!! 種付けの時間だっ!」

 そう宣言するなり、最後までお預けを食らっていた新人──フリージアの膣壺へ狙いを定めて、一気に挿し
貫いた。

 グッポォッ、ヌチュゥッ、ズブブブッ、ズップウウウウッ!!

「ひっぐぅうっ!? イグっ……こ、これっ、チンポぉおっ、激しっ……ひぃいっ♪」

 まだあまり経験のない肉壺の締まりは、三人のどれとも違う独特のものだ。

 ところどころがきつく狭まっていて、締めつけに緩急がある。

「よし、具合は合格だっ! 後は俺がイキたくなるまでしっかり耐えろっ!!」

「んふぐっ、だ、出してっ、出してもらいますぅっ! ボテ腹にして欲しいですっ、私も早くご主人様の子供、
はぁ、孕むぅっ、んふっ、ふぁああっ♪」

 俺が発破をかけてやると、早くも達しそうなくらい膣壁を波打たせていたフリージアはグッと歯を食い縛っ
て叫んだ。

 ガクガクと今にも崩れ落ちそうなくらい震えていた膝を軽く叩いて気合いを入れ、その姿勢を維持したまま
腰を左右へ振り始める。

「ふはぁーふはぁー、イッてもらうぅっ!! ぜったいに欲しいっ、ドロドロのザー汁ぅ、ご主人様のチンポ汁
でボテ腹になりゅぅ♪ んくっ、ふぁあああ!」

「さすが新人、マンコの気合と貪欲さが違うな! 期待に応えてみせろよぉっ!!」

 動きに合わせて肉竿の側面が膣壁と不規則に擦れる快感を楽しみつつ、行き止まりの硬く窄(すぼ)んだ子宮
口を容赦なく突き、追い込んでいく。

「おっほぉおっ、当たるぅうっ、オチンポぉ!! そ、そこですぅ、そこにドピュドピュ出していただければ妊
娠しますうぅっ♪」

「妊娠させてやるかわりになにをしてくれるんだ? 精液が欲しいならそれなりの態度があるよなぁ!」

「ふっぐっ、チンポ穴としてぇっ、もっともっと精進しますぅっ、もっとオチンポ悦ばせるドスケベになりま
すからぁっ! この前までチンポのことも知らなかったくせに、ザー汁欲しくて仕方ないドスケベ穴にっ、種
付けお願いしますぅっ!!」

 他の三人に負けないよう淫らな言葉で俺を煽り、必死に踏みとどまるフリージア。

 そんな彼女を、俺は手抜きなしの突き上げでさらに追い込んでいく。

 ズブリュゥッ、ヌッポォッ、グッポグッポォッ、ズッポォっ!

「ふぎぃっ、ひぃっ、くうううっ! そんなぁ、お、奥ぅっ、いっぱいズボズボされりゅ

とぉっ、おぉっ、んおおおおおっ!? ダメっ、ダメぇえ、もう少しぃ、オマンコ持ってぇえ♪ ひぃい、イグ
っ、イガひゃれるっ♪ 待っひぇっ、チンポ待ってぇっ!」

「どうしたぁ? 出して欲しけりゃもっと気合い入れて堪えろっ!!」

 俺の突き上げをどうにか受け止めるフリージアだったが、その我慢もすぐ限界を迎えて腰が情けなく揺れ始
めた。
 膣壁の痙攣も激しさを増し、もう絶頂間近だと肉棒に伝わってくる。

「らめぇ、ご主人様っ、も、もうっ、無理れすぅっ、精液……ひぐぅ、ううっ!」

「まだだっ! ほら、他の穴を楽しんでる間に呼吸整えろっ!!」

 すがりつくフリージアの声を振り払って怒張を引き抜き、目についたアイビーの膣内へ再び突き入れていく。

 ヌッポォッ、ズリュゥッ、ジュップウウウッ!

「ふおぉおっ♪ オチンポぉ、戻ってきてるぅううっ♪ イッてもらうのぉ、この穴っ、オナホ穴にぃっ! 
しゅごひぃいっ、これっ頭っ、おかしくなるっ、出して欲しくて仕方なくなるのぉおっ!!」

 いきなりスパートをかけてガンガンと奥を突くと、アイビーの声はもう甲高く跳ね上がり、膣内がペニスを
押しつぶさんばかりに収縮する。

「もうマンコが痙攣してるなっ、イキかけマンコ、一秒も持たないのかよっ!」

「ご、ごめんなさいっ、んふっ、でも止まらない、オマンコ奉仕しなきゃいけないのに、マン汁溢れて痙攣し
まくるのぉおおっ! ガン突きチンポきひゃらっ、ボテ腹っ、マンコイグっ……精液もらう前にイッちゃぅう
♪」

「まだまだ、早すぎるだろっ! 次の穴だっ!」

 もう失神寸前の肉壺から愛液の糸を引きつつ怒張を抜き、次に移動するのは

──。

「牝豚、お前だっ!」

 ズボオッ、ヌチュウウウウウウッ!

「ふおぉっ♪ だらしない牝豚穴を再度ご利用ぅ、ありがとうございますブヒィっ♪ チン

ポ奥にハマっひぇますぶひぃっ♪ 嘘ぉお、ハマりすぎひぇっ、動けなひぃっ♪」

 まだ力が戻らずに脱力していたビオラの肉壺は、ヌルッと容易く怒張を受け入れた。

 むっちりとした尻が小さく震えるだけで、腰を振る余裕すらない有様だ。

「そらっ、動かないと物足りないだろうがっ! 欲しいんだろう? 精液がっ!」

「欲しいぃいブヒィイイッ! 牝豚オマンコでぇっ、物の豚みたいにぃい、双子でも、三つ子でも孕んでみせ
りゅブヒィっ、ひぐっ、あぁっ、でもぉっ、こっ、腰……もう、気持ちよすぎてぇ、無理っ、んぶぅっ、ぶっ
ふぅっ!!」

 無様に鳴きわめいて訴えるビオラだが、どうしても動くことはできない。 膣壁がすがりつくように小刻み
な痙攣を繰り返しているが、俺はそれを無視して容赦なく肉竿を抜いていく。

「奉仕できない穴に出すほど、俺も暇じゃないんだよ! 次だ、次っ!!」

 必死に懇願してくる牝豚を無視し、最初のぶち込んだ穴へ戻る。

 ヌリュウウウウッ、ズップッ、ズブブブッ!

「んふぅうっ♪ お待ちしておりましたわぁっ、おぉおお、いきなりっ、これはっ、カウパー塗れの先っぽぉ
っ、子宮に……ひぐうううっ♪」
 俺の盛り上がる射精感を感じ取ったカトレアの秘肉は、早く射精させようといきなり強烈な搾り上げをみせ
た。

「ご主人様のザー汁便器オマンコはこちらですのぉ♪ おっふうぅっ、出してっ、いただきますわぁあっ♪」

「挑戦的だなっ! ならぁ、しっかり楽しませろよぉ!」

「いつでもぉ、そのつもりでっオマンコしてますわぁっ! おほぉおおっ、ぐるぅう、ボテ腹持ち上げられる
ぅっ♪ 子宮が中と外のオチンポでぇサンドイッチされてますわっ、ひぃいいっ、感じるなって言うほうが無
理ですのぉ!」

 生意気な口を叩いていたカトレアだが、俺が少し抽送しただけで声が上(うわ)擦(ず)り、秘穴が怒張を奥へ
と誘う収縮を繰り返し始めた。

「このぉお、オマンコが、子宮がオチンポに屈服していく感覚ぅうっ、最高ですのぉお、また孕みたくなって
いきますわぁあっ! このボテ腹マンコに無駄ザー汁ぅうっ、たっぷり捨ててくださいまひぇっ、そのための
オマンコ穴でしゅのぉっ!」

 引き締まった穴が声に合わせてブルルと震え、四人の穴を好き放題楽しんできた肉棒もいよいよ限界が近づ
いてきた。

「くくっ、無駄汁か……でもなぁ、空いてる子宮があるのに無駄打ちしてられないかっ。そうだろう、フリー
ジア! まずは──お前だっ!!」 宣言と同時にカトレアから引き抜いた肉棒を、ずっと尻を振って俺を誘い
続けていたフリージアの肉壺へ突き戻す。

 ズブゥッ、ヌチュゥッ、ズップップゥッ!!

「んふぃひぃっ!? おおぉお、私っ、私にいただけるんですかぁっ!? 孕めるぅう、ご主

人様の子供おぉっ! お願いしますっ、未熟マンコですけどぉお、一生使ってオチンポ好みになりますからっ、
ここにぃ!!」

 入れた途端、フリージアは息を切らして必死に懇願してきた。

 その思いが肉壺を一回り小さく収縮させ、もう限界まで高まっていた肉竿に耐え難い圧迫感を与えてくれる。

「いい締まりだっ! イクぞぉっ! 一発で孕める精液を注ぎ込んでやる!」

 宣言と同時に腰を今一度突き出し、フリージアの身体が軽く浮き上がるほどの勢いで行き止まりを突く。

「はいぃいっ、どうぞぉお♪ ここですっ、ご主人様ぁっ! 卵子が、待ちきれずに奥から溢れてますぅうっ!
 ぐるっ、すごいのぉおおっ! おへぇっ、マンコがっ、マンコぉおっ、イグっ、いひぃい、孕みイぎしゅる
うぅうっ!」

 ビュッグゥウウ! プシプシィイイ!

「ふっぎひぃいいっ、イッひぇっ……ひいぃいいっ♪ オマンコぉおおっ、イグぅうっ、あぁああっ! 当た
ってるぅうっ、ご主人様の精子っ、んひい、卵子に当たってっるぅううっ

♪ 孕んだぁあ、孕んでるのおぉっ!」

 俺も腰の震えが止まらなくなるほどの快感を噛み締めつつ射精を始めると、フリージアの秘裂からは受精を
知らせる花火のように潮が噴き出てきた。

「あひぃ、孕んでるのにドスケベマンコがっ、止まらないんです、ご主人様っ! もっとイキたがって……あ
ぁああああっ!」

「ふぅう、仕方ないな? そら受精祝いだ、しっかりと受け取れよぉ!」
 ジョロロロロ──。

「ふっひぃっ!? おひっこぉついっぱいぃ、いっぱいぃい、キテっるうぅう♪」

 仕上げとばかりに小便もぶちまけてやると、フリージアは完全に人前に出せない蕩け顔になり、乱れきった
歓喜の声をあげた。

「ふぅうう、これからもしっかり便器として使ってやるからなぁ~」

「ふおぉおおっ、あ、ありがとうございますぅっ、あひぃい、チ、チンポから出るっ、全部ぅ、マンコでっ受
けましゅぅ♪」

 そんな誓いの言葉を聞きながら腰を引き、羨ましそうにこちらを見ている他の三人に微笑みかける。

「焦るな、まだダンスは始まったばかりだろ? ちゃんと続けてやるよっ!」

 そう宣言してから数時間……あるいは十数時間だろうか?

 俺は貪欲なオナホ魔法少女たちへ肉棒が気怠く萎えるまで精を放ち続け──。

「それじゃ、締めだ! お前たちの芸を見せてくれ!」

 ゆっくりと玉座に腰を下ろし、並ぶ四人を促した瞬間。

 ブッシィイイイイッ! ブッビビビビブビュゥウ!

 凄まじい音と淫臭を振りまきながら、俺が注ぎ込んでやった大量の精液と尿の混合物が四人の秘部から噴き
出てきた。

「んひぃいいいっ! 出ますわぁあ、見てくださいませっ、ご主人様ぁああっ!」

「射精ぃいい、してるぅうっ♪ ドスケベザー汁ぅぅ、たっぷり出てるのおぉっ!」

「出る出るぅうっ! ボテ腹凹んじゃうのにぃい、出てしまうのぉおおっ♪」

「ぶひいいぃぶひぃっ、ご主人様っ、あぁあ、楽しんでいただけますかぁ♪」

 誇らしげに腰を振るカトレア、恍惚と頬を染めるアイビー、出された過ぎた精液のせいでぼっこりとふくら
んだ腹を愛しげに撫でるフリージアに、無様な鳴き声を漏らしながらも優等生らしく俺を気づかうビオラ。

 なんとも下品で凄まじいフィナーレに、俺は笑いながら手を叩いて喜ぶ。

「ははは、いいぞ! さすが俺のフェアリーフラワー! もっと下品になってこれからも俺を楽しませてくれ
よ!」

「もちろんですうぅ、ご主人様ぁあっ! だってぇ、私たちはご主人様専用のオナホ魔法少女っ、フェアリー
フラワーですから♪」

 ブビビビ! ブビィイイ!

 代表して挨拶したアイビーの声の直後、改めて変身の決めポーズを取る四人の蜜穴から残りの淫液が無様に
噴き出た。
「よくわかってるじゃないか、お前たち、これからもたっぷり使ってやる。楽しませてやるからなぁ!」

 世の中では正義の味方であり、救世主として敬愛を集める魔法少女たち。

 その四人がこんな下品な音楽を奏でるとびきりスケベなオナホとして、俺だけに忠誠を誓ってくれている。

 この夢見心地な幸せが、これからも永遠に続くのだと思うと笑いが止まらない。

「期待しているぞ、オナホ魔法少女ども! くくっ、あはははっ!!」

 俺はその幸せを噛み締めつつ、彼女たちの卑猥なダンスショーのフィナーレを楽しむのだった──。 

あとがき 遊真一希

 ぷちぱら文庫の読者の皆様、Miel様のファンの皆様、今回は魔法少女! 魔法少女ものですよっ!!

 と言うわけで、本作『魔法少女フェアリーフラワー』ノベライズ版の執筆を担当させていただきました、遊
真一希です。

 正義の魔法少女たちのエロ墜ち、お楽しみいただけたでしょうか。

 悪の女王様が改心して仲間に、さらに後半でも新メンバー加入という、戦うヒロインもののお約束的展開も
ふんだんに取り入れられた本作。

 どのキャラも魅力的で、非常に楽しく書かせていただきました。

 私は墜ちる前の高慢さと、墜ちた後の可愛らしい媚びっぷりの落差が魅力的な女王、ベアトリクスさまが一
押し。

 読者の皆様はいかがでしょうか?

 本作も編集部の皆様、Miel様、原画の石井影様、そして読者の皆様のご協力があって無事完成させるこ
とができました、ありがとうございます。

 それでは、また次の作品でお会いできれば幸いです。

2018年 遊真一希

ぷちぱら文庫

魔(ま)法少女(ほうしょうじょ)フェアリーフラワー

~正(せい)義(ぎ)の心(こころ)を巨(きょ)根(こん)で挫(くじ)け! 最強(さいきょう)ヒロイン達(たち)の
絶対忠誠(ぜったいちゅうせい)ハーレム♪~

2018 年3月 30 日 EPUB版発行

■著  者 遊真一希

■イラスト 石井彰

■原  作 Miel
発行者 久保田裕

発行所 株式会社パラダイム

〒166-0011

東京都杉並区梅里 2-40-19 ワールドビル 202

TEL 03-5306-6921

©IKKI YUMA ©Miel

この本は縦書きでレイアウトされています。

また、ご覧になる機種により、表示の差が認められることがあります。 

●著作権に関して

本作品の全部または一部を複製、編集、修正、変更、頒布、貸与、公衆送信、翻案、配布する等の著作権及び
著作者人格権侵害となる行為、および有償・無償に関わらず、本データを第三者に譲渡することは禁止いたし
ます。

●お断り

本作品を電子書籍にて発行するにあたり、簡体字・繁体字などの電子書籍として表現できない文字、ルビ、記
号、表組み等、または電子書籍として表現がむずかしい部分等は、印刷出版と異なる表記になっている場合が
あります。

また本作品で紹介したwebサイトのURLは印刷出版した時点の情報となります。リンク切れや情報が異な
る場合があります。