You are on page 1of 4

IM-T-113q 2015.

PG−U Pressure Transducers INSTRUCTION MANUAL


Thank you for purchasing the KYOWA product. Before using it,
read this instruction manual carefully. Also, keep the manual within 4. Mounting
easy reach so that you can refer to whenever necessary. 4.1 Using a gasket, mount the transducer. Apply your spanner to
1. Calling the operator’s attention the spanner rest on the connecting screw section (Flat-to-flat
14mm) or the transducer may be damaged. Also, turn the
The following cautionary symbols and headlines are used to invite cable together to protect the cable from damage due to
the operator’s attention. Be sure to observe the accompanying twisting.
precautions in order to safeguard the operator and preserve the
・Recommended tightening torque is 30 N-m.
performance of the instrument.
・Allowable maximum tightening torque is 60N-m.
Improper handling can cause serious injury to
Warning the operator. To avoid it, be sure to observe the
accompanying instructions.
Improper handling can cause deleterious
Caution effects to the operator’s body. To avoid it, be
sure to observe the accompanying instructions.
In order to avoid the instrument’s failure and
Caution malfunction, be sure to observe the
accompanying instructions.

2. Safety precautions

Warning
 Avoid pressure in excess of the allowable overload rating, or the
instrument can explode.
 Avoid contact of a projecting object with the sensing surface, or
the latter may crack to result in the transducer’s explosion.
 Use the specified tightening torque. Improper tightening torque
may cause the transducer’s explosion.
 If excessive pressure could possibly occur, provide protective
casing around the transducer installation, in order to safeguard
the operator.
 Select sufficiently strong material for mounting screw hole.

Caution
 Dismount the transducer only after the applied pressure has
been completely removed.
 SUS630 (JIS G4303) is used where the transducer contacts a 4.2 Use a new gasket.
liquid. Avoid application of the transducer to a corrosive liquid or 4.3 A seal tape may be tied around the screw for sealing.
gas. 4.4 If the measurement object fluid is a liquid, allow the liquid to
 Do not use PG-200KU, 300KU, 500KU for endurance / fatigue enter into the pressure chamber by loosening the needle screw
tests. provided on the transducer, thereby letting contained air go
 Avoid using for long-term measurement of gas pressure if much out.
importance is attached to stability of output in a minute range. ・Tightening torque for the needle screw is 0.5 N-m.
4.5 When conduit is used, install a cock or valve between the
3. Handling precautions conduit and connection portion to easily mount and demount
the wire conduit.
Caution
 Do not disassemble the transducer.
 Take care to keep the liquid-contacting part and mount screw
from damages.
 Protection code is IP54. It should not be used underwater.
 No condensing. If it formed condensation, immediately dry.
 Do not bend the cable at its outlet.
Make sure that the bending radius of cable is longer than 6 times
of a diameter of the cable.
 In vibration environment, fix the cable at its outlet and required
portions.
 Mount the transducer possibly closest to the pressure source.
 If the rising time of the dynamic phenomenon to be measured is
short, the total response including the transducer and measuring
instrument in use may be problem.
Before measurement, check their specifications.
5. Connection 7. Storage and inspection
5.1 Connect the transducer to strain amplifier, using the accessory 7.1 Avoid water, oil, dust, etc. on the connector.
cable. 7.2 If suspicious outputs have occurred, check the input
5.2 The connector is wired as illustrated. resistance, output resistance and insulation resistance.
Note that Pin E denotes shield wire of the cable, and it is Provided that the connector operates properly and that the
connected to the mainframe. insulation resistance between the mainframe and conductors
is below 100M , the cause may be failure.
In this case, contact your KYOWA representative.
.
Caution
 To measure insulation resistance, apply a voltage lower than
50V to the insulation resistance tester.

8. Specifications
5.3 Heat run for approximately 5 minutes before starting the Natural frequency.
measurement. Model name. Rated capacity.
(Approx.)
5.4 Measuring Method of Data Logger setting CH mode (ex. PG-2KU 200kPa 2kHz
UCAM-60B and UCAM-500) is "4-gage method (Strain gage PG-5KU 500kPa 4kHz
transducer) ".
PG-10KU 1MPa 7kHz
Select the CH mode from "4-Gage (Constant voltage)"
PG-20KU 2MPa 13kHz
6. Conversion PG-50KU 5MPa 21kHz
PG-100KU 10MPa 29kHz
6.1 To convert readings into pressure values, use the calibration
PG-200KU 20MPa 40kHz
constant stated in the test data sheet.
6.2 When using a strain amplifier, outputs will read in m/m PG-300KU 30MPa 45kHz
equivalent strain ( x10-6 strain). The pressure value PG-500KU 50MPa 50kHz
corresponding to m/m is stated in the test data sheet. The
pressure value is then found through multiplication. Safe overload rating : 150%
Rated output : 2mV/V (4000 m/m) ±0.5%
[ Pressure(Pa) ] = [ Strain amplifier’s output ( m/m)] (2,5,10KU: ±1%)
x [ Calibration constant (Pa/1 m/m)] Non-linearity : Within±0.2%RO
6.3 If an amplifier of other type or a recorder is in use, it is (2,5,10KU: ±0.3%RO)
Hysteresis : Within±0.2%RO
necessary to measure the applied bridge excitation voltage
(2,5,10KU: ±0.3%RO)
accurately. The test data sheet states the pressure value which Repeatability : 0.1%RO or less
corresponds to 1( V) output caused by a bridge excitation Recommended excitation voltage : 1 to 10V AC or DC
voltage of 1(V). The pressure is then found through Safe excitation voltage : 15V AC or DC
multiplication using the following equation. Input resistance : 350 ±1%
Output resistance : 350 ±1%
Bridge output voltage( V)
Pressure (Pa)= ×Calibration constant Compensated temperature range : -10 to 60℃
Bridge excitation voltage(V) Safe temperature range : -20 to 70℃
(Pa/1 V/V)
Thermal effect on zero balance : Within ±0.02%RO/℃
Sensitivity decrease due to Cable Extension Thermal effect on output : Within±0.02%/℃
If the cable between the transducer and amplifier/conditioner is Mass : 300g (2,5KU: 500g) (excluding
extended, the resistance is add in series to the bridge lowering cable)
the sensitivity. Correct the value measured with the lowered Protection code IP54
sensitivity through the following equation. Cable : 4-conductor (0.3mm2) chloroprene
rl shielded cable, 7.6mm diameter by
True value = ( 1 + ) i 3m long, terminated with
Rg
Where, i:Measured value connector plug
(PRC03-12A10-7M)
R g:Bridge resistance(Ω)
(shield wire is connected to the
r l :Extended cable reciprocating resistance(Ω) mainframe)

Accessories : Gasket (mild copper) 3


Cable 1
Instruction manual 1
Test Data Sheet 1
Warranty 1

URL http://www.kyowa-ei.com/
IM-T-113q 2015.2

PG−U型 圧力変換器−取扱説明書
このたびは本製品をお買い上げいただきまして、ありがとうご  振動環境下で圧力変換器を使用する場合は、圧力変換器のケ
ざいます。ご使用の前には、本書を必ずお読みください。 ーブル引き出し口付近でケーブルを固定し、振動止めを施し
また、お読みになったあとはいつでも見られるところに必ず保 てください。
管してください。
 動的現象での立ち上がり時間が短い場合は、変換器と測定器
1. 取扱説明書中のマークについて を含めた応答性が問題になります。各々の応答性を確認の上
ご使用ください。
ご使用される方の安全確保に関する重要な事項や機能確保に
関する事項にはマークをつけて記載していますので、必ずお読 4. 取り付け
みください。
4.1 付属のガスケットを使用し、本体のスパナかけ部を利用
取扱を誤った場合,人体に重大な悪影響を及ぼ して取り付けます。他の部分にスパナを掛けると変換器
警告 す恐れがあります。必ずお読みください。 を破損させる恐れがあります。ケーブルがねじれて断線
取扱を誤った場合,人体に悪影響を及ぼす恐れ しないよう、ケーブルも一緒に回してください。
注意 があります。必ずお読みください。 ・推奨締め付けトルク:30 N・m
・最大締め付けトルク:60 N・m
故障しないようにするための注意や正しく動作
注意 させるための注意を記載しています。必ずお読
みください。

2. 安全上のご注意

警告
 許容過負荷を超える圧力をかけないでください。破裂する恐
れがあります。
 受感部に突起物をあてないでください。傷がつき破裂する恐
れがあります。
 指定された締め付けトルクで使用してください。締め付けト
ルクが適正でないと破裂する恐れがあります。
 予測できない過大圧力が負荷される可能性がある場合は、周
囲に保護ケースを設置し、安全を確保してください。
 取付ねじ穴部の材質には十分な強度のあるものを選定して
ください。

注意
 取り外しは圧力が完全に解放されていることを確認してか
φ2∼φ6
ら行ってください。
φ5.5∼φ6
 接液部の材質は SUS630(JIS G4303)を使用しています。本
材質が腐食する恐れのある液体、気体には使用しないでくだ
4.2 ガスケットは新しいものを使用してください。
さい。
4.3 シールテープをねじ部に巻き付けてねじ込んでもシール
 PG-200KU、300KU、500KU は耐久試験、疲労試験でのご使用は
できます。
できません。
4.4 被測定流体が液体の場合は、空気抜きねじをゆるめて被
 ガス圧測定で長期的に、微小範囲での出力の安定性を重視す
測定流体を変換器圧力室内に入れ、空気を追い出してく
る計測での使用には適しません。
ださい。
・空気抜きねじの締め付けトルク:0.5 N・m
3. 使用上のご注意
4.5 導管がある場合は導管との接続部にコックかバルブを設
注意 けて取り外しが簡単に出来るようにすると便利です。

 変換器を分解しないでください。
 受圧面、ねじ部等に傷を付けないようにしてください。
 保護等級は IP54 です。水没させて使用は出来ません。
 変換器を結露させないでください。
結露してしまった場合は速やかに乾燥させてください。
 ケーブルを引き出し口付近で強引に曲げないでください。ケ
ーブルの曲げ半径は、ケーブル直径の6倍以上としてくださ
い。
 振動環境下で圧力変換器を使用する場合は、圧力変換器のケ
ーブル引き出し口付近でケーブルを固定し、振動止めを施し
てください。
5. 接続・測定 7. 保管上の注意および点検
5.1 変換器をひずみ測定器に接続します。 7.1 コネクタプラグには水、ゴミ、油などがつかないようにし
5.2 変換器、コネクタの配線は以下の通りです。 てください。
シールドは変換器本体に接続されています。 7.2 初期値、指示値が異常と思われる場合は、入力抵抗、出
力抵抗、回路(コネクタプラグのピンA∼Dのいずれ
か)と本体間の絶縁抵抗(100MΩ以上)を測定してくだ
さい。
異常があれば本器の故障と考えられます。弊社の営業ま
でご連絡ください。

注意
絶縁抵抗を測定する場合の絶縁抵抗計の印加電圧は
50V 以下でご使用ください。

5.3 約 5 分、ヒートランを行ってから測定を開始してくださ 8. 仕様
い。
5.4 UCAM-60B、UCAM-500 等で測定モードを選択する場合、 型式名 定格容量 固有振動数
測定法は「4ゲージ法(ひずみゲージ式変換器) 」です。 PG-2KU 200kPa 約 2kHz
CHモードは「4ゲージ(定電圧)」から選択してく PG-5KU 500kPa 約 4kHz
ださい。 PG-10KU 1MPa 約 7kHz
PG-20KU 2MPa 約 13kHz
6. 換算 PG-50KU 5MPa 約 21kHz
6.1 換算には検査成績書の校正係数を使用します。 PG-100KU 10MPa 約 29kHz
6.2 ひずみ測定器を使用した場合は、出力がε(×10-6 ひず PG-200KU 20MPa 約 40kHz
み)で表示されます。1(×10-6 ひずみ)に相当する圧力 PG-300KU 30MPa 約 45kHz
が検査成績書に記入されていますので乗算により圧力 PG-500KU 50MPa 約 50kHz
が求められます。
許容過負荷 150%
定格出力 2mV/V(4000×10-6 ひずみ)±0.5%
[求める圧力(Pa)]
(2∼10KU:は±1%)
=[ひずみ測定器の出力ε(×10-6 ひずみ)]
非直線性 ±0.2%RO 以内(2∼10KU:±0.3%以内)
× [校正係数(Pa/1×10-6)]
ヒステリシス ±0.2%RO 以内(2∼10KU:±0.3%以内)
6.3 その他の増幅器、記録器を使用する場合はブリッジ印 繰り返し性 0.1%RO 以下
加電圧を正確に計ることが必要になります。検査成績 推奨印加電圧 1∼10V AC または DC
書にはブリッジ印加電圧1(V)を加えたときの出力電 許容印加電圧 15V AC または DC
圧 1(μV)に相当する圧力が記入されていますので乗算 入力抵抗 350±1%
により圧力が求められます。 出力抵抗 350±1%
温度補償範囲 -10 ∼ 60℃
[求める圧力(Pa)] = [ブリッジ出力電圧(μV)] 許容温度範囲 -20 ∼ 70℃
÷[ブリッジ印加電圧(V) ] 零点の温度影響 ±0.02%RO/℃以内
× [ 校正係数 (Pa/1μV/V) ] 出力の温度影響 ±0.02%/℃以内
質量 約 300g(2、5KU は約 500g)
変換器のケーブル延長による感度低下 (ケーブルを含まず)
ひずみゲージ式変換器とシグナルコンディショナ、変換器 保護等級 IP54
用デジタル表示器、ひずみ測定器などを接続して使用する 付属ケーブル 0.3mm2、4 心シールドクロロプレン 3m、
測定で、ケーブルを延長する場合、延長するケーブルの持 外径 7.6mm、
つ抵抗値により生ずる感度低下は無視できなくなります。 先端コネクタプラグ(PRC03-12A10-7M)
これは、ケーブル抵抗値により変換器に加わる電圧(印加電 (シールドと本体は接続されています)
圧)が低下するためです。感度低下する定格出力は
■付属品 ガスケット(軟銅)3個
[ ε0 ]=[R]×[ εi ]÷[ R+( r×L) ] ケーブル 1本
取扱説明書 1部
R:変換器の入力抵抗値(Ω) 検査成績書 1部
r:延長するケーブル 1m あたりの往復の抵抗値(Ω/m) 保証書 1部
L:延長するケーブル長さ(m)
εi:検査成績書に記載されている定格出力

により求まります。

ホームページアドレス http://www.kyowa-ei.com/