You are on page 1of 4

<資料1:チベットの NGO5 組織の共同声明>

Five Major Tibetan NGOs Condemn China’s Attacks on Kirti Monastery

Chinese Troops Turn Monastery into Virtual Prison; Cut off


Critical Food Supplies to Monks

Since the self-immolation of a 20-year old monk Phuntsok at Kirti Monastery on March
16, 2011 the situation in Ngaba, eastern Tibet (Ch: Aba, Qinghai Province) has been
extremely tense. The Chinese authorities have now imposed a severe lockdown on the
monastery, armed guards are patrolling the entrance, and the back of the monastery
has been enclosed within cement walls built to imprison the monks inside. Food
supplies have been cut off, prompting widespread fears that the monastery will face a
food crisis in the coming days. There are approximately 2,500 monks trapped inside the
monastery.

In recent weeks, the Chinese government has violently restricted religious activities at
Kirti Monastery and has launched a vigorous ‘Patriotic Re-Education Campaign’.
The Monastery – a sanctuary for the practice of Buddhism and teachings of peace – has
been effectively converted into an enormous prison. Dozens of monks have been
arrested and taken from the monastery and their whereabouts remain unknown.

“As a former political prisoner, I have personally experienced the kind of torture
inflicted on Tibetans in Chinese prison. The Kirti monks are innocent and are under
attack for simply expressing their internationally recognized right to freedom of
religion,” said Lukar Jam, Vice President of GuChuSum (former Political Prisoner’s
Movement of Tibet). “We are gravely concerned about the situation in Ngaba and call for
the immediate release of all those arbitrarily detained in recent weeks.”

According to reliable sources in Ngaba, residents learned on the evening of April 11th
2011 that Chinese authorities were planning to forcibly remove all monks between the
ages of 18 and 40 from the monastery. The monks were to be transferred to local prisons
where they would be subjected to China's repressive political "reeducation".

Local Tibetans immediately gathered at the monastery to block the entrance. The
armed police and soldiers tried to break through the crowd by beating the Tibetans and
setting police dogs on them. In spite of the violent attacks, the Tibetans stood their
ground and the troops failed to enter the monastery's inner gates.
<資料1:チベットの NGO5 組織の共同声明>

“The United Nations and world governments must intervene in the name of human
rights and pressure the Chinese government to put an end to its violent attacks and
intimidation tactics in Ngaba,” said Tsewang Rigzin, President of Tibetan Youth
Congress on behalf of the 5 Tibetan NGOs. “We urge the global community to express
outrage and to take immediate action to protect the lives of innocent Tibetans.”

The barbaric acts being carried out by Chinese authorities in Ngaba are reminiscent of
the destruction and severe repression inflicted on Tibetans by Chinese troops after the
invasion of Tibet in 1949 and during the Cultural Revolution.

Since 1959, the Chinese government has continued to destroy Tibetan monasteries.
brutalizing and torturing Tibetan monks and nuns. 50 years of Chinese rule, however,
has not destroyed the Tibetan people’s spirit but instead has served to further fuel the
resistance movement throughout Tibet.

On March 16th, 2008, during the peaceful uprising in Ngaba, protestors were brutally
suppressed by Chinese troops and at least 10 Tibetans were killed. It was on the 3rd
anniversary of this incident that Phuntsok self-immolated himself in protest against
Chinese rule in Tibet.

In recent weeks, two other Tibetans – 59-year old Bulug and a 37-year old monk named
Jamyang, died as a result of injuries sustained in police detention following their
involvement in peaceful protests in 2008.

2011.4.14

Tibetan Youth Congress


Tibetan Women’s Association
National Democratic Party of Tibet
GuChuSum movement of Tibet
Students for a Free Tibet-India

This is an English translation of the original Tibetan version. In case of any discrepancy, the binding

version is the Tibetan original.


<資料1:チベットの NGO5 組織の共同声明>

<日本語訳>

中国当局のキルティ寺院弾圧に対するチベット NGO 共同声明

軍と警察による寺院の封鎖と兵糧攻めの非人道行為を強く非難する
2011 年 4 月 14 日

東チベットアムド地方ンガバ(中国名:四川省阿壩蔵族羌族自治州)のキルティ僧院は、2011
年 3 月 16 日に僧侶プンツォ(20 歳)が抗議の焼身自殺をして以来、非常に緊張した状況が続い
ている。中国当局は現在、キルティ僧院を厳重な封鎖状態に置いている。僧院の出入り口は武装
警察に包囲され、僧院の周囲は高いセメントの壁で取り囲まれ、僧侶たちは監禁状態となっている。
食糧の供給が断ち切られ、僧院内には飢えと栄養失調の怖れが広がっている。僧院内には約
2500 人の僧侶が閉じこめられている。

この数週間、キルティ僧院の宗教活動は中国当局により暴力的に制限され、「再教育キャンペ
ーン」が強力に推し進められてきた。仏教の修行と慈悲を説くための聖域であるべき僧院は、実質
的には牢獄と化した。多数の僧侶が僧院から拘束、連行され、行方は分かっていない。

グチュスムの会(チベット良心の囚人の会)副会長ルカル・ジャンは「私自身、ほかの政治囚と
同様に、中国の獄中でチベット人が受けるさまざまな拷問を受けた。キルティ僧院の僧侶は無実で
あり、国際的に認められた権利である宗教の自由が脅かされている」と述べた。「私たちはンガバの
状況を深刻に憂慮すると同時に、この数週間に恣意的に拘束された人々全員をただちに釈放す
るよう要求する」
現地情報筋によると、2011 年 4 月 11 日夕方、住民は、中国当局が僧院内の 18~40 歳の僧
侶全員を拘束しようとする動きを察知した。拘束された僧侶たちは地方の刑務所に移送され、政治
的「再教育」を受けさせられるものと思われた。
地域住民はすぐに僧院入り口に集まり、(僧侶を拘束連行から守るため)座り込みを開始した。
武装警察と軍は、集まったチベット人を殴打し、警察犬をけしかけて突破を試みたが、チベット人た
ちは暴力的攻撃にも一歩も引かず、警察と軍は境内への侵入に失敗した。

チベット NGO5 組織を代表し、TYC(チベット青年会議)会長ツェワン・リンジンは「国連および世


界各国の政府は、基本的人権の保護の立場に立って調停を行ってほしい。また、ンガバで行われ
ている暴力的攻撃や脅迫的圧政を速やかにやめるよう、中国政府に圧力をかけてほしい」と訴える。
「我々は全世界に対し、非人道的行為に対する怒りを示すこと、罪のないチベット人の生活をまもる
ため即座に行動を取ることを求める」
<資料1:チベットの NGO5 組織の共同声明>

中国当局がンガバで行っている野蛮な行動は、1949 年のチベット侵略直後や文化大革命中
に共産党軍などによりチベットに与えられた大規模な破壊と抑圧を想起させるものだ。中国政府は
1959 年以降、チベットの僧院を破壊し続け、僧侶や尼僧に残忍な仕打ちや拷問を与え続けてきた。
しかし中国は 50 年間にわたる支配によっても、チベットの人々の精神を破壊することはできなかっ
た。それどころか、むしろチベット各地での抵抗運動を燃え上がらせたのだ。

2008 年 3 月 16 日のンガバでの平和的蜂起のなか、抗議者たちは中国当局に動物のように
残酷に鎮圧され、少なくとも 10 人のチベット人が殺された。それから 3 年目の節目に、自分自身の
命を犠牲にする形で、プンツォが中国のチベット支配に対し抗議の声を上げた。
この数週間に、プンツォのほか 2 人のチベット人――2008 年の平和的抗議活動に関与したと
いう理由で収監されていたブルク(59 歳)とジャミヤン・ジンパ(37 歳)――が、拘束中の拷問が原
因で死亡している。

Tibetan Youth Congress(チベット青年会議)


Tibetan Women’s Association(チベット女性協会)
National Democratic Party of Tibet(チベット国民民主党)
GuChuSum movement of Tibet(グチュスムの会)
Students for a Free Tibet-India(スチューデント・フォー・フリー・チベット・インディア)

(これはチベット語原文を英訳したものである。仮に食い違いがあった場合は、オリジナルバージョンのチベット語版

が優先される。)

(訳注:この日本語訳は、英語訳を基にしており、チベット語原文は参照していない。)