JD・シュラム 自殺未遂者の沈黙を破る

About this talk
外見上は問題のない人生のように見えても、静かなる精神的な苦痛を抱えて、自らの人生を終わらせ
ようと決断してしまう人々がいます。TEDYou では、JD・シュラムが自殺や自殺未遂における沈黙
を破ることを求めると共に、死から逃れて人生を取り戻そうとしている人々が大いに必要としている
支援体制の設立を提案します。 支援体制へのリンク:http://t.co/wsNrY9C
Translated into Japanese by Yuki Okada
Reviewed by Natsuhiko Mizutani
Comments? Please email the translators above.
More talks translated into Japanese »
About JD Schramm
JD Schramm teaches future business leaders both the theoretical and practical aspects of
communication.

From all outward appearances, John had everything going for him. He had just
signed the contract to sell his New York apartment at a six-figure profit, and he'd
only owned it for five years. The school where he graduated from with his master's
had just offered him a teaching appointment, which meant, not only a salary, but
benefits for the first time in ages. And yet, despite everything going really well for
John, he was struggling, fighting addiction and a gripping depression.
On the night of June 11th, 2003, he climbed up to the edge of the fence on the
Manhattan Bridge and he leaped to the treacherous waters below. Remarkably -- no,
miraculously -- he lived. The fall shattered his right arm, broke every rib that he
had, punctured his lung, and he drifted in and out of consciousness as he drifted
down the East River, under the Brooklyn Bridge and out into the pathway of the
Staten Island Ferry, where passengers on the ferry heard his cries of pain,
contacted the boat's captain who contacted the Coast Guard who fished him out of
the East River and took him to Bellevue Hospital.
And that's actually where our story begins. Because once John committed himself
to putting his life back together -- first physically, then emotionally, and then
spiritually -- he found that there were very few resources available to someone who
has attempted to end their life in the way that he did.
Research shows that 19 out of 20 people who attempt suicide will fail. But the
people who fail are 37 times more likely to succeed the second time. This truly is an
at-risk population with very few resources to support them. And what happens
when people try to assemble themselves back into life, because of our taboos around

suicide, we're not sure what to say, and so quite often we say nothing. And that
furthers the isolation that people like John found themselves in.
I know John's story very well because I'm John. And this is, today, the first time in
any sort of public setting I've ever acknowledged the journey that I have been on.
But after having lost a beloved teacher in 2006 and a good friend last year to suicide,
and sitting last year at TEDActive, I knew that I needed to step out of my silence
and past my taboos to talk about an idea worth spreading -- and that is that people
who have made the difficult choice to come back to life need more resources and
need our help.
As the the Trevor Project says, it gets better. It gets way better. And I'm choosing to
come out of a totally different kind of closet today to encourage you, to urge you,
that if you are someone who has contemplated or attempted suicide, or you know
somebody who has, talk about it, get help. It's a conversation worth having and an
idea worth spreading.
Thank you.
(Applause)

どこをどう見ても ジョンは万事順調でした 彼はちょうど たった5年間のみ所有し
ていた ニューヨークのアパートを 10 万ドル以上で売却する契約にサインした所でし
た 修士を卒業した大学院からは 教職の申し出があり 給料のみならず 福利厚生も含
まれていました それでも ジョンにとって全てが順調に見えたにも関わらず 彼は苦
しんでいました 麻薬中毒と鬱病に苛まれていました
2003 年 6月 11 日の夜に 彼はマンハッタン橋の フェンスの端までよじ登り 危険な
水面に身を投げました 驚くべき事に— いや 奇跡的に— 彼は生きていました 落下に
よって右腕を損傷し 肋骨が全て折れ 肺が破裂し もうろうとした意識の中 イースト
川の下流を漂流し ブルックリン橋の下から スタテン島のフェリー航路まで流された
後 フェリーの乗客が 苦痛でうめく声を聞いて 船長に報せ 通報を受けた沿岸警備隊
が 彼を イースト川から救出し ベレビュー病院に搬送しました
そしてここから実際の物語が始まります なぜならジョンが自らの人生を 再スタート
する決心をすると— はじめは肉体的に 次に感情的に そして精神的に— 自分と同じよ
うに 自らの人生を終えようとした人々に対する 支援体制が非常に少ないことに気づ
きました
ある調査では 自殺を試みようとする人のうち 20 人中 19 人は 失敗します しかし 失
敗した人達は 二回目に成功させてしまう確率は 37 倍も高いのです 彼らを支援する
支援体制が足りない中で これは本当に危うい集団です ではそのような人々が 日常
に戻ろうとした時に何が起こるでしょう? 自殺に関するタブーによって 私たちは何
を言っていいか分からず 大抵 声をかける事ができません それが ジョンのような
人々を より孤立させることになります
私はジョンのことを良く知っています なぜなら私がジョンだからです そして今日
何らかの公の場で ここまでの私の歩みについて 発表するのは 初めてのことです
2006 年に最愛の恩師を亡くし 昨年 親友を自殺で亡くし 昨年の TEDActive に参加す
る中で 私は沈黙を破り 自分のタブーを乗り越え 広める価値があるアイデアについ
て話すべきだと思いました そしてそれは 日常に戻るという困難な 選択をした人々
には 支援体制の充実と私たちの助けが必要だということです
トレバープロジェクト風に言えば「きっと良くなる」のです 「ずっと良くなる」ので
す そして私は今日 今までとは全く違う自分として 発表することを選びました 皆さ
んを勇気づけ 呼びかけるためです もし皆さんのどなたかが 自殺を考えたり未遂の
経験があるなら あるいはそんな人を知っているなら そのことを語り 助けを求めま
しょう 話し合う価値はあります そして広める価値があるアイデアです
ありがとうございました
(拍手)

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful