地球の内部:地下4000キロで変化 東工大チーム確認

 地球内部の「外核」という部分が均一な構造ではなく、地下4000キロ付近で状態が
変わることを、東京工業大と海洋研究開発機構のチームが実験で確認した。この深さを境
に、外核の主成分である酸化鉄の結晶構造が変わるとしている。11日付の米科学誌サイ
エンス(電子版)に論文が掲載される。
 地球は▽地殻▽深さ約2900キロまでの「マントル」▽同約5150キロまでの「外
核」▽中心までの「内核」--に分かれている。外核では、高温高圧でどろどろに溶けた
酸化鉄が対流し、地磁気が生まれる。方位磁石の「N極」が常に北を向くのはそのためだ。
 東工大の広瀬敬教授らは、酸化鉄を地球内部同様の高温高圧状態にし、温度や圧力を変
えながら結晶構造の変化を大型放射光施設「スプリング8」(兵庫県佐用町)で調べた。
その結果、圧力が約240万気圧(約3700度)を上回ると、規則正しく原子が並んだ
構造が崩れることが分かった。この気圧は深さ約4000キロ付近、外核のちょうど真ん
中あたりに相当する。
 地球では約70万年に一度、N極とS極がひっくり返る「地磁気反転」という現象が起
きてきた。今回の結果を踏まえると、2層に分かれた外核の地表側と中心側で酸化鉄が別々
に対流し、両者のバランスが崩れた時に反転が起きると説明できるという。【野田武】
毎日新聞 2011 年 11 月 11 日 4 時 00 分

Radioactive cesium spread as far as GunmaNagano border

Previous ArticleFukushima's No. 3 reactor likely triggered hydrogen blast

November 12, 2011
Object 1

Object 2

Object 3

The science ministry released maps on Nov. 11 showing aerially measured accumulations of
radioactive cesium from the Fukushima No. 1 nuclear plant in 18 prefectures.
Measurements were taken for the first time in six prefectures--Iwate, Toyama, Yamanashi, Nagano,
Gifu and Shizuoka--in addition to the previously available contamination maps of 12 prefectures,
providing an almost complete picture of eastern Japan.
Radioactive cesium has contaminated areas as far west as the border between Gunma and Nagano
prefectures, and as far north as the southern part of Iwate Prefecture, according to officials.
The combined concentration of cesium-134 and cesium-137 exceeded 30,000 becquerels per square
meter in certain areas of four municipalities in southern Iwate Prefecture--Oshu, Hiraizumi,
Ichinoseki and Fujisawa--and parts of four municipalities in eastern Nagano Prefecture--Karuizawa,
Miyota, Saku and Sakuho.
A concentration exceeding 60,000 becquerels per square meter was found near the border of Oshu
and Ichinoseki cities and near the border of Saku city and Sakuho town.
The high cesium concentration levels in southern Iwate Prefecture and northern Miyagi Prefecture
are said to have formed due to rainfall after a radioactive plume spread from the plant following the
nuclear accident. Eastern areas of Nagano Prefecture may have been contaminated by a plume that
moved southward from Gunma Prefecture.
In the latest round of measurements, the science ministry fine-tuned its methods by subtracting
levels of naturally existing background radiation. The adjustments have led to considerably reduced
areas in Niigata Prefecture, where the concentrations exceeded 10,000 becquerels per square meter,
but high concentrations were still found in parts of Uonoma city and neighboring areas close to the
border with Fukushima Prefecture.
The science ministry defines places with a concentration of more than 10,000 becquerels per square
meter as "areas affected by the nuclear accident." No contamination was detected to the west of
areas near the Gunma-Nagano border.
"It is possible the plume did not reach the other side of the mountains," a ministry official said.

東電 原発事故の現場を初公開
11 月 12 日 18 時 43 分
東京電力福島第一原子力発電所の事故現場が、事故から8か月たって、
12日、初めて報道関係者に公開されました。

福 島第一原発の事故現場の公開は細野原発事故担当大臣の視察への同行取材の形で、事
故から8か月たって初めて実現しました。同行取材には東京と地元福島のほ か、海外メ
ディアの記者やカメラマン合わせて36人が参加し、防護服に着替え、顔を覆う全面マス
クを装着して、午前11時前からおよそ1時間にわたって事 故現場を見て回りました。
今回の撮影では、被ばく量を抑えるためバスから降りることは認められませんでしたが、
事故から8か月たった現場は、今も水素爆発 で大きく壊れた原子炉建屋が無残な姿をさ
らし、津波で流された車が放置されるなど津波の爪痕が至る所に残っていました。敷地内
は汚染水の処理施設や、処理 後の水をためるタンクも数多く設置され、道路のがれきが
取り除かれるなど復旧作業が進みつつありますが、バスの窓越しに見る光景は、水素爆発
のすさまじさ や、地上のものを根こそぎ破壊する津波の威力を見せつけていました。1
2日は、現地の対策本部がある免震重要棟も公開され、細野原発事故担当大臣が、復旧
作業に当たっている東京電力などの関係者に「皆さんの努力でここまできました。年内に
は、『ステップ2』を実現させましょう」と激励しました。このあと事 故発生以来、陣
頭指揮を執っている福島第一原発の吉田昌郎所長がインタビューに応じ、「事故直後の1
週間は死ぬだろうと思ったことが数度あった。1号機や 3号機が水素爆発したときや、
2号機に注水ができないときは、終わりかなと思った」と当時の思いを語りました。その
うえで、今の収束作業について「作業現 場は放射線量が高くまだ危険な場所もあるが、
現場の実感としては原子炉は安定しているので住民の方は安心してもらいたい。年内には
冷温停止を達成したい」 と述べました。現場の公開は報道機関が事故発生後から政府や
東京電力に求めていましたが、復旧作業への影響や、放射線量が高いことなどを理由に認
められ ず、事故から8か月がたち、原子炉の冷却が安定してきたなどとして、今回、初
めて公開されました。

事故から8か月がたった東京電力福島第 一原子力発電所では、原子炉への注水を維持し
て原子炉の温度が安定して100度を下回る「冷温停止」を年内に実現させるとともに、
注水で発生する汚染水を いかに減らすかが大きな課題になっています。福島第一原発で
は、3月の事故直後1号機から3号機の原子炉で燃料が溶け落ちる「メルトダウン」が起
き、1号 機では一時、原子炉の温度が400度まで上がりました。その後、原子炉への
注水が続けられ、9月下旬からは、原子炉の温度はいずれも100度を下回ってい ます。
原子炉の冷却は事故直後に比べて安定してきていますが、溶け落ちた燃料の状態が分から

ないことが大きな問題になっています。今月初めには、溶け落ち た燃料の量や形、それ
に散らばり方が把握できないことから、2号機の格納容器から放射性物質のキセノンが検
出された際、核分裂が連続する「臨界」か、別の 放射性物質が自然に核分裂する「自発
核分裂」か、当初、判断がつきませんでした。最終的に臨界は起きていなかったと判断し
ましたが、東京電力は、今後も一 時的に局所的な臨界が起きる可能性は否定できないと
しています。このため、キセノンなどを常に測定するなどの対策を強化することにしてい
ますが、温度など のデータを充実させて原子炉の状態を正確に把握し、原子炉の温度が
安定的に100度を下回る冷温停止を年内に実現できるかが課題になっています。もう1
つ の課題は汚染水の処理です。福島第一原発では原子炉に注水した水が高濃度の放射性
物質を含む汚染水になって施設にたまり、6月中旬には12万トンに上りま した。その
後、汚染水を浄化処理して原子炉の冷却に使い始め、今月上旬には汚染水はおよそ9万ト
ンに減り、外部に漏れ出すおそれは低くなったとしていま す。この間、浄化処理した汚
染水は15万8000トンに上っていますが、東京電力は、地下水が流入しているため、
当初の想定より汚染水が減っていないとし ています。このため、今後、地下水の流入を
防いで、いかに汚染水を減らすかが大きな課題です。また、浄化処理したあと、低濃度に
なった汚染水や処理の過程 で発生する放射性廃棄物をどのように処分するかも課題になっ
てきます。

News
Fukushima plant workers' base of operations opened to media

Bags holding used protective clothing, mask filters and other waste are seen piled up on a practice
field at the J Village soccer training facility in Naraha, Fukushima Prefecture, on Nov. 11. (Pool
photo)

FUKUSHIMA -- The "J Village" soccer training facility, once where the Japanese national team
went to practice and now the base of operations for Fukushima No. 1 nuclear crisis workers, was
opened to the media on Nov. 11 for the first time since the nuclear disaster.
The sprawling campus, located about 20 kilometers south of the plant, straddles the border of the
no-entry zone and has been completely morphed into a headquarters for plant workers. There is a
dorm for workers in a stadium, and practice fields are being used for vehicle decontamination,
parking, and storage. On weekdays there are around 3,000 people there.
When workers returned from the plant during the reporters' visit, they took off their protective gear
and stepped into a radiation scanner. The scan takes about 10 seconds, and any workers who exceed
normal radiation levels have to undergo decontamination. There are also 12 devices that measure
internal radiation exposure, with which the plant workers are checked once a month.
In a corner of a practice field, bags of used protective clothing and other radioactive waste were
piled up. There were also around 4,000 one-cubic-meter metal containers full of such bags. It was
said there was room for around 2,000 more containers there, but it has not yet been decided how the
containers will be disposed of.
Click here for the original Japanese story
(Mainichi Japan) November 12, 2011

福島第1原発:練習場隅に防護服山積み…J
ヴィレッジ公開
2011 年 11 月 11 日 21 時 21 分 更新:11 月 12 日 0 時 44 分

防護服や全面マスクにつけるフィルターなどの廃棄物が、Jヴィレッジの中にあるサッカー
練習場に集められていた=福島県楢葉町で2011年11月11日午後1時53分、代表
撮影
 東京電力福島第1原発事故の対応拠点「Jヴィレッジ」(福島県広野、楢葉両町)が1
1日、事故後初めて報道陣に公開された。日本代表も合宿する サッカーのトレーニング
施設は現在、事故収束の前線基地に一変。スタジアムを作業員の寮に、11面あったフィー
ルドを車の除染場、資材置き場、駐車場など に活用している。12日には、細野豪志原
発事故担当相への同行取材の形で、同原発が報道陣に初公開される。

 同原発の南約20キロにあるJヴィレッジの敷地は、「警戒区域」の南端をまたいでい
る。寮など作業員の生活空間を区域外に配置する一方、除染場などは区域内に設置。平日
は約3000人が利用する。
 午後1時50分ごろ、同原発から作業員が戻ってきた。防護服を脱いだ体を、ゲートモ
ニターという機械に入れ、放射線量を測定する。約10秒で判定 されるが、正常値を超
えた場合は除染を受けることになる。内部被ばく量の測定機は計12台整備され、作業員
は月1回検査を受ける。記者も椅子型のカウン ターに座り検査を受けると1分後、モニ
ターに「正常値」と表示された。
 雨天練習場の隅には、使用済みの防護服など、放射性廃棄物を入れたポリ袋が積まれ、
それらを詰めた1立方メートルの鉄製コンテナ約4000個がハーフコートの一部を埋め
ていた。あと2000個は置けるというが、処分方法は決まっていない。【笈田直樹】

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful