ジョン・

ジョン・フランシスはひたすら
フランシスはひたすら地球
はひたすら地球を
地球を歩いてきました
About this talk
30 年近くに渡り、ジョン・フランシスは地球を歩いてきました。環境に敬意を払い、そして責任を持
つよう伝えるため、地球を徒歩と船で旅してきたのです(そのうち 17 年間は、ひと言も言葉を発し
ませんでした)。バンジョーの音色も織り交ぜられた、楽しくて思索に満ちた講演です。
Translated into Japanese by Wataru Narita
Reviewed by Masahiro Kyushima
Comments? Please email the translators above.
More talks translated into Japanese »
About John Francis
John Francis walks the Earth, carrying a message of careful, truly sustainable development and
respect for our planet.

(Music)
(Applause)
Thank you for being here. And I say thank you for being here, because I was silent
for 17 years. And the first words that I spoke were in Washington, DC, on the 20th
anniversary of Earth Day. And my family and friends had gathered there to hear
me speak. And I said, "Thank you for being here." My mother, out in the audience,
she jumped up, "Hallelujah, Johnny’s talking!"
(Laughter)
Imagine if you were quiet for 17 years and your mother was out in the audience, say.
My dad said to me, "That’s one" -- I’ll explain that. But I turned around because I
didn’t recognize where my voice was coming from. I hadn’t heard my voice in 17
years, so I turned around and I looked and I said, "God, who's saying what I’m
thinking?" And then I realized it was me, you know, and I kind of laughed. And I
could see my father -- "Yeah, he really is crazy." Well, I want to take you on this
journey. And the journey, I believe, is a metaphor for all of our journeys. And so,
even though this one is kind of unusual, I want you to think about your own
journey.
My journey began in 1971 when I witnessed two oil tankers collide beneath the
Golden Gate, and a half a million gallons of oil spilled into the bay. It disturbed me
so much that I decided that I was going to give up riding and driving in motorized
vehicles. That’s a big thing in California. And it was a big thing in my little
community of Point Reyes Station in Inverness, California, because there was only
about maybe 350 people there in the winter – this was back in '71 now. And so when

I came in and I started walking around, people -- they just knew what was going on.
And people would drive up next to me and say, "John, what are you doing?" And I’d
say, "Well, I’m walking for the environment." And they said, "No, you’re walking to
make us look bad, right? You’re walking to make us feel bad." And maybe there was
some truth to that, because I thought that if I started walking everyone would, you
know, follow. Because of the oil, everybody talked about the polllution. And so I
argued with people about that, I argued and I argued. I called my parents up. I said,
"I’ve given up riding and driving in cars." My dad said, "Why didn’t you do that
when you were 16?"
(Laughter)
I didn’t know about the environment then. They’re back in Philadelphia. And so I
told my mother, "I’m happy though, I’m really happy." She said, "If you were happy,
son, you wouldn’t have to say it." Mothers are like that.
And so, on my 27th birthday I decided, because I argued so much and I talk so
much, you see, that I was going to stop speaking for just one day -- one day -- to give
it a rest. And so I did. I got up in the morning and I didn’t say a word. And I have to
tell you, it was a very moving experience, because for the first time, I began
listening -- in a long time. And what I heard, it kind of disturbed me. Because what
I used to do, when I thought I was listening, was I would listen just enough to hear
what people had to say and think that I could -- I knew what they were going to say,
and so I stopped listening. And in my mind, I just kind of raced ahead and thought
of what I was going to say back, while they were still finishing up. And then I would
launch in. Well, that just ended communication.
So on this first day I actually listened. And it was very sad for me, because I
realized that for those many years I had not been learning. I was 27. I thought I
knew everything. I didn’t. And so I decided I’d better do this for another day, and
another day, and another day until finally, I promised myself for a year I would
keep quiet because I started learning more and more and I needed to learn more. So
for a year I said I would keep quiet, and then on my birthday I would reassess what
I had learned and maybe I would talk again. Well, that lasted 17 years.
Now during that time – that 17 years – I walked and I played the banjo and I
painted and I wrote my journal and I tried to study the environment by reading
books. And I decided that I was going to go to school. So I did. I walked up to
Ashland, Oregon, where they were offering an environmental studies degree. It’s
only 500 miles. And I went into the Registrar’s office and ... What, what, what? I
had a newspaper clipping. Oh, so you really want to go to school here? You don’t …?
We have a special program for you. They did. And in those two years, I graduated

with my first degree -- a bachelor’s degree. And my father came out, he was so
proud. He said, "Listen, we’re really proud of you son, but what are you going to do
with a bachelor’s degree? You don’t ride in cars, you don’t talk, you’re going to have
to do those things."
(Laughter)
I hunched my shoulder, I picked my backpack up again and I started walking. I
walked all the way up to Port Townsend, Washington, where I built a wooden boat,
rode it across Puget Sound. Idaho -- walked across Washington, Idaho and down to
Missoula, Montana. I had written the University of Montana two years earlier and
said I'd like to go to school there. I said I'd be there in about two years.
(Laughter)
And I was there. I showed up in two years and they -- I tell this story because they
really helped me. There are two stories in Montana. The first story is I didn’t have
any money -- that’s a sign I used a lot. And they said,"Don't worry about that." The
director of the program said, "Come back tomorrow." He gave me 150 dollars, and
he said, "Register for one credit. You’re going to go to South America, aren’t you?"
And I said -- Rivers and lakes, the hydrological systems, South America. So I did
that. He came back, he said to me, he said, "OK John, now that you've registered for
that one credit, you can have a key to an office, you can matriculate -- you’re
matriculating so you can use the library. And what we’re going to do is we’re going
to have all of the professors allow you to go to class, they’re going to save your grade
and when we figure out how to get you the rest of the money, then you can register
for that class and they’ll give you the grade." Wow, they don’t do that in graduate
schools, I don’t think. But I use that story because they really wanted to help me.
They saw that I was really interested in the environment, and they really wanted to
help me along the way.
And during that time, I actually taught classes without speaking. And I had 13
students when I first walked into the class, and I explained with a friend, who could
interpret my sign language, that I was John Francis, I was walking around the
world, I didn’t talk and this was the last time this person’s going to be here
interpreting for me. All the students sat around and they went…
(Laughter)
I could see they were looking for the schedule to see when they could get out. They
had to take that class with me. Two weeks later, everyone was trying to get into our
class.

And I learned in that class -- because I would do things like this ... and they were all
gathered around, going, what's he trying to say? I don't know, I think he's talking
about clear cutting. Yeah, clear cutting. No, no, no, that's not clear cutting, that’s -he's using a handsaw. Well, you can’t clear cut with a ... Yes, you can clear cut ... No,
I think he’s talking about selective forestry. Now this was a discussion class and we
were having a discussion. I just backed out of that, you know, and I just kind of kept
the fists from flying. But what I learned was that sometimes I would make a sign
and they said things that I absolutely did not mean, but I should have. And so what
came to me is if you were a teacher and you were teaching, if you weren’t learning
you probably weren’t teaching very well. And so I went on.
My dad came out to see me graduate and, you know, I did the deal, and my father
said, "We’re really proud of you son, but ... " You know what went on, he said,
"You’ve got to start riding and driving and start talking. What are you going to do
with a master’s degree?" I hunched my shoulder, I got my backpack and I went on
to the University of Wisconsin.
I spent two years there writing on oil spills. No one was interested in oil spills. But
something happened -- Exxon Valdez. And I was the only one in the United States
writing on oil spills. My dad came out again. He said, "I don't know how you do this,
son, I mean, you don't ride in cars, you don’t talk. My sister said maybe I should
leave you alone, because you seem to be doing a lot better when you’re not saying
anything."
(Laughter)
Well, I put on my backpack again. I put my banjo and I walked all the way to the
East Coast, put my foot in the Atlantic Ocean – it was seven years and one day it
took me to walk across the United States.
And on Earth Day, 1990, the 20th anniversary of Earth Day, that’s when I began to
speak. And that’s why I said, "Thank you for being here." Because it's sort of like
that tree in the forest falling, and if there's no one there to hear -- does it really
make a sound? And I’m thanking you, and I'm thanking my family, because they
had come to hear me speak. And that’s communication. And they also taught me
about listening -- that they listened to me. And it’s one of those things that came out
of the silence, the listening to each other. Really, very important -- we need to listen
to each other. Well, my journey kept going on. My dad said, "That’s one," and I still
didn’t let that go.
I worked for the Coastguard, was made a U.N. Goodwill Ambassador. I wrote

regulations for the United States -- I mean, I wrote oil spill regulations. I mean, 20
years ago if someone had said to me, "John, do you really want to make a
difference?" "Yeah, I want to make a difference." He said, "You just start walking
east, get out of your car and just start walking east." And as I walked off a little bit,
and they'd say, "Yeah, and shut up, too.
(Laughter)
You’re going to make a difference, buddy." How could that be, how could that be?
How could doing such a simple thing like walking and not talking make a
difference?
Well, my time at the Coast Guard was a really good time. And after that -- I only
worked one year -- I said, "That's enough, one year's enough for me to do that." I got
on a sailboat and I sailed down to the Caribbean, and walked through all of the
islands and to Venezuela. And you know, I forgot the most important thing, which is
why I started talking, which I have to tell you. I started talking because I had
studied environment, I’d studied environment at this level, this formal level, but
there was this informal level. And the informal level -- I learned about people, and
what we do and how we are. And environment changed from just being about trees
and birds and endangered species to being about how we treated each other.
Because if we are the environment, then all we need to do is look around us and see
how we treat ourselves and how we treat each other. And so that’s the message that
I had. And I said, "Well, I'm going to have to spread that message." And I got in my
sailboat, sailed all the way through the Caribbean -- it wasn't really my sailboat, I
kind of worked on that boat -- got to Venezuela and I started walking.
This is the last part of this story, because it’s how I got here, because I still didn't
ride in motorized vehicles. I was walking through El Dorado -- it's a prison town,
famous prison, or infamous prison -- in Venezuela, and I don’t know what possessed
me, because this was not like me. There I am, walking past the guard gate and the
guard stops and says, "Pasaporte, pasaporte," and with an M16 pointed at me. And
I looked at him and I said, "Passport, huh, I don't need to show you my passport, it’s
in the back of my pack. '’I'm Dr. Francis, I'm a U.N. Ambassador and I'm walking
around the world. And I started walking off. What possessed me to say this thing?
The road turned into the jungle. I didn’t get shot. And I got to -- I start saying, free
at last, thank God Almighty, I’m free at last. What was that about, I’m saying, what
was that about?
I took me 100 miles to figure out that in my heart, in me, I had become a prisoner. I
was a prisoner and I needed to escape. The prison that I was in was the fact that I
did not drive or use motorized vehicles. Now how could that be? Because when I

started, it seemed very appropriate to me not to use motorized vehicles. But the
thing that was different was that every birthday, I asked myself about silence, but I
never asked myself about my decision to just use my feet. I had no idea I was going
to become a U.N. Ambassador. I had no idea I would have a Ph.D.
And so I realized that I had a responsibility to more than just me, and that I was
going to have to change. You know, we can do it. I was going to have to change. And
I was afraid to change, because I was so used to the guy who only just walked. I was
so used to that person that I didn’t want to stop. I didn’t know who I would be if I
changed. But I know I needed to. I know I needed to change, because it would be the
only way that I could be here today. And I know that a lot of times we find ourselves
in this wonderful place where we’ve gotten to, but there’s another place for us to go.
And we kind of have to leave behind the security of who we’ve become, and go to the
place of who we are becoming. And so, I want to encourage you to go to that next
place, to let yourself out of any prison that you might find yourself in, as
comfortable as it may be, because we have to do something now. We have to change
now. As our former Vice President said, we have to become activists. So if my voice
can touch you, if my actions can touch you, if my being here can touch you, please
let it be. And I know that all of you have touched me while I’ve been here.
So, let’s go out into the world and take this caring, this love, this respect that we’ve
shown each other right here at TED, and take this out into the world. Because we
are the environment, and how we treat each other is really how we’re going to treat
the environment. So I want to thank you for being here and I want to end this in
five seconds of silence.
Thank you.
(Applause)

(音楽)
(拍手)
来てくれてありがとう というのも、私は 17 年にわたって無言で過ごしたからです そ
の後初めて言葉を発したのはワシントン DC で アースデーの 20 年目の記念祭があっ
た時でした 私の家族や友人たちが皆、私の話を聴きにきました そして私は「来てく
れてありがとう」と言ったのです 観客の中にいた母は飛び上がって言いました 「あ
らまあ、ジョニーが話してる!」
(笑い)
もしあなたが 17 年間何も話さなくて 母親が観客席にいたらどうなるか、想像してみ
てください 父はこう言いました 「それはひとつの-」 後ほど説明しましょう でも
私は別のところを見ました 自分の声がどこから来ているのかわからなかったのです
私は 17 年間自分の声を聞いていませんでした それで振り返って言ったのです 「誰が
私の考えを声に出しているんだ?」 そしてそれは自分だとわかりました それでちょ
っと可笑しかったのです それから父の姿が目に入りました-「あいつは本当におかし
くなってる」と言ってました 私の旅のことをお話ししましょう 私がしてきた旅は、
他のどんな旅にも例えられるものだと思います だから、私のしてきたことは確かに普
通でないことだけれど あなた方には自らの旅のことを考えてほしいのです
私の旅は 1971 年に始まりました 2隻のタンカーがゴールデン・ゲート・ブリッジの
下で衝突して 50 万ガロンの石油が湾に流れ出すのを見て 私はとても混乱しました
それで車やバスなどに乗るのを一切やめることにしました それはカリフォルニアで
は大変なことです 私が住んでいたカリフォルニア州インヴァネスのポイント・レイ
ズ・ステーションという小さなコミュニティの中では 一大事だったのです 冬になる
と 350 人ぐらいしかいないような場所だったからです-1971 年当時のことです だか
ら、私がやってきて歩き回り始めると、人々は 何が起きているのかを察知して 私の
そばに車でやって来て言うのです 「ジョン、何をしてるんだい?」 私は答えました
「環境を守るために歩いているんだ」 すると彼らは言いました 「いや、俺たちが格
好悪く見えるようにするためだろう、 俺たちを困らせるために歩いてるんだろう」
と おそらく、それはある意味で当たっていました 自分が歩き始めれば皆もついてく
るだろうと思っていたからです 石油の流出が起きたので、皆が環境汚染のことを話し
ていました そして私はそのことについて人々と議論に議論を重ねました 両親に電話
して 「車に乗ったり運転したりするのをやめたんだ」と言いました 父は言いました
「なんで 16 の時にそうしなかったんだ」
(笑い)
その時は環境のことを知らなかったのです 両親はフィラデルフィアにいました 私は
母に言いました 「でも僕は本当に幸せだよ」 母は 「もし幸せならそれを口に出さ

なくてもいいのよ」と答えました 母親というのはそういうものです
その後、27 歳の誕生日に、私は決断しました たくさん議論をしてきたし たくさん話
もしてきたから、しゃべるのをやめよう 1日だけ、休みを取ろう それを実行しまし
た 朝起きて、何も言いませんでした それはすごく感動的な体験だったと言わねばな
りません 長い年月の中で初めて私は聴くことを始めたのです 聞こえてきたことは、
私を混乱させました それまで私が聴いていると思っていた時にしていたことは 他の
人が何を言っていることが聞こえる程度に耳を傾け 自分はもう彼らの言わんとする
ことがわかったと思えば 聴くのをやめていたのです そして心の中で先回りをして
私は自分が返す言葉を考えていました 人がまだ話しているというのに それから私は
まくし立てていたのです それではコミュニケーションが終わってしまうだけでした
だからこの初めての日に私は本当に耳を傾けました そして悲しくなりました それま
での長い年月、私は学んでいなかったことを理解したからです 私は 27 歳で、何でも
知っていると思っていました 大違いでした だから私はもう 1 日聴くのを続けてみよ
うと思いました そしてもう1日、もう1日と ついには 1年間無言でいようと心に
決めました 聴くことでより多くを学ぶようになり、さらに多くを学ばねばならなかっ
たからです 1年の間何も話さないでいよう そして来年の誕生日に自分が何を学んだ
のかを見直そう それからまた話し始めればいいと思っていました それが 17 年間続い
たのです
その 17 年の間、私は歩き、バンジョーを弾きました 絵を描いたり日記を記したり 本
を読んで環境のことを学ぼうとしたりもしました 学校に行こうと思い立ち、実行しま
した 歩いてオレゴンのアッシュランドに行きました 環境学の学位コースを持つ学校
があったからです たったの 500 マイルでした 学生課に行って- 何だ、何だ、何だ?
私は新聞の切り抜きを持っていました 本当に君はこの学校に通いたいの? もしかし
て…? 君のために特別のプログラムを用意しよう それからの2年で 私は最初の学位
-学士号を得て卒業しました 父がやって来ました とても喜んでいました 父は言い
ました 「お前のことを本当に誇りに思う でもその学位で何をしようとしてるんだ?
お前は車にも乗らないししゃべりもしない そういうことをしていかなくちゃならな
いんだ」
(笑い)
私は肩をすくめて、再びリュックを背負い 歩き始めました ワシントン州のポート・
タウンゼントまでずっと歩いて行きました そこで木造の船を造り ピュゼット湾を
巡りました ワシントン州を横断して、アイダホを通り、モンタナ州のミズーラに行き
ました その2年前、モンタナ大学に手紙を書いて 大学に通いたいと伝えていました
大体2年後ぐらいに行きますと言っておいたのです
(笑い)

2年後、私はそこにいました そして大学の人たちは- この話をしているのは、彼ら
が本当に私を手助けしてくれたからです モンタナでのことは2つ話さなくてはいけ
ません まず、私は全くお金を持っていませんでした-この仕草を私は幾度も使いまし
た 大学の人たちは言ってくれました 「その点は心配しなくていい」 学科のディレ
クターは「明日また来なさい」と言いました 彼は私に 150 ドルくれて、 「1単位分
だけ登録しなさい 南アメリカに行くつもりなんだろう?」と言ったのです 私は答え
ました- 川や湖、水理学のシステム、南アメリカ それで私は登録したのです ディレ
クターが戻って来て言いました 「ジョン、OK だ 君は1単位分登録したから、 オフ
ィスの鍵も持てるし、大学への入学資格もある- 入学資格もあるから図書館が使える
私たちは 全ての教授に君の授業参加を認めてもらうつもりだ 彼らは君の成績を取っ
ておいてくれるだろう 残りの授業料を調達する方法を見つけたら 君はそのクラスに
登録できる そして成績がつく」 普通大学院ではそんなことはしてくれません この
話をしたのは、彼らが本当に私のことを助けたがっていたからです 彼らは私が本当に
環境に興味を持っているのを知りました そして私の手助けをしようとしてくれたの
です
その頃、私は話すことなしにクラスで教えていました 初めて教室に入って行った時、
13 人の学生がいました 私の身振りを通訳してくれる友人の助けを借りて 私は自分の
名前がジョン・フランシスで、世界を歩き回っていて、 自分は言葉を話さず、友人が
ここで通訳してくれるのは これが最後だと説明しました 学生たちは皆座っていまし
たが茫然としてしまいました-
(笑い)
彼らが時間割を探して いつになれば外に出られるのかを見ているのがわかりました
彼らはそのクラスを私と一緒に取らなければなりませんでした 2週間後、皆が私たち
のクラスに入ろうとしました
私はそのクラスでいろいろ学びました-私がこんなことをすると、 学生たちは皆で集
まって、先生は何を言おうとしてるんだ? わからないよ 彼は森の皆伐のことを話し
てるんじゃないの そうだ、皆伐だ いや、ちがうよ あれは皆伐じゃないよ 先生は
手引きのこぎりを使ってる そうだ それじゃ皆伐はできないな いや、できるさ そう
じゃなくて、先生は森林の選択管理について話してるんだと思うよ それはディスカッ
ションのクラスで、私たちは議論をしていました 私は議論からは身を引き、乱闘にな
らないようにだけは気を配っていました 私が学んだのは、時折私が身振りをすると
学生たちは私が全く意図していなかったけれどそうすべきだったことに ついて話を
するということでした もし教師をしている人が教えている時に 自らが学んでいない
のなら 多分あまり上手に教えていないのです 私はそうやって過ごしました
父がやってきて私の卒業を見届けました もちろん、私はもてなしました 父は言いま
した 「お前のことを本当に誇りに思う でも-」 何が起きたかはご存知ですね 父
は「車に乗ったり運転したり話をしたりしなくちゃいけないよ 修士号を持って何をす

るつもりなんだい?」と言いました 私は肩をすくめ、リュックを持って ウィスコン
シン大学に行きました
そこで2年間過ごし、石油の流出についての論文を書きました 誰もそんなことには興
味を持っていませんでした でもあの事件が起きたのです- エクソン・バルデス号の
石油流出事故です アメリカで石油の流出を研究していたのは私だけでした また父が
やってきました 「息子よ お前がどうやっていくのかわからない お前は車に乗らな
いし、話もしない 姉は、お前を放っておくようと言っている お前は何も言わない時
の方が ずっと良くやっているようだから」
(笑い)
私はまたリュックを背負い、 バンジョーを持って東海岸までずっと歩き、 足を大西
洋に入れました- 7年と1日かかって、私はアメリカを歩いて横断したのです
そして 1990 年のアースデイで、 アースデイの 20 年目の記念祭で、私は話し始めまし
た 「来てくれてありがとう」と言ったのです なぜなら、森で木が倒れるように、 も
し誰も聞く人がいなければ本当に音を立てたかどうかわからないからです 私はあな
た方や私の家族に感謝しています 私の話を聴きに来てくれたのですから それがコミ
ュニケーションです 彼らはまた私に聴くことについて教えてくれました-彼らが私
のことを聴いてくれたからです 沈黙から生まれてきたのはそういうものでした お互
いに耳を傾けることです 本当に、とても重要です- 私たちはお互いに聴かねばなり
ません 私の旅は続きました 父は言いました 「それは、ひとつの」 でも私はまだそ
の先は言わせませんでした
私は沿岸警備隊で働き、国連の親善大使になりました 私はアメリカの規制を書きまし
た 石油の流出についての規制です 20 年前、もし誰かが私に 「ジョン、君は本当に変
化を起こしたいのかい?」と聞いたなら 「その通り 変化を起こしたいよ」と答えた
でしょう 彼は言うのです 「ただ東に歩き始めるんだ 車から降りてただ東に歩くん
だ」 そして私が少し歩いたところで、また言うのです 「そうだ、話すのもやめるん
だ」
(笑い)
「君は変化を生み出せるだろう」 どうしてでしょう、何故なのでしょう? どうして
歩くことや話さないことといった単純なことが 変化を生み出したのでしょう?
沿岸警備隊での日々は本当に良いものでした そしてその後-私は1年しか働きませ
んでした- 私は思いました 「もう十分だ これをするのは1年で十分だ」 私はヨ
ットに乗り、カリブ海に下って すべての島々を歩き回り、ベネズエラに行きました そ
うだ、一番大切なことを忘れていました なぜ私が話を始めたのかということです そ
のことを言わなければなりません 私が話を始めたのは環境について学んだからです

私は環境を公式なレベルで学びました でも非公式なレベルもあったのです そしてそ
の非公式なレベルで- 私は人々のことや自分たちが何をどのようにしているのかを
学びました そして環境はただ木や鳥や絶滅危惧種についてのことから 私たちがお互
いをどのように扱うのかということに変わったのです もし私たちが環境であるなら
ば 私たちがすべきことはあたりを見回し 自分たちやお互いをどのように扱っている
のかを知ることだけです それが私からのメッセージです 私はそのメッセージを伝え
なければならなかったのです それで私はヨットに乗り、カリブ海をずっと帆走し-
それは自分のヨットではありませんでした 私はそこで働いていたのです- ベネズ
エラについて歩き始めました
私の話の最後の部分に入ります どうやってここに来たのかという話です 今でも私
は車に乗らないので ベネズエラのエルドラドを歩き抜けてきました-有名な刑務所
の町で 悪名高くもあるところです-何が私をそうさせたのか、わかりません まるで
自分ではないかのようでした 私はそこにいて、門を歩き抜けたときに門番が私を止め
て言いました 「パスポート、パスポート」 M16 ライフルが私に向けられています 私
は彼を見て言いました「パスポートだって、ふん、 あんたにパスポートを見せる必要
はない リュックに入ってる 私はフランシス博士で、国連の大使をしていて、世界中
を歩いているんだ」 そして私は歩き去りました 何が私にそんなことを言わせたので
しょうか? 道はジャングルに変わりました 私は撃たれませんでした そして私は言
いました-ようやく自由になった 全能の神よ感謝します、私はついに自由になったの
だ、と あれは何だったのだろうかと私は自問しました
自分の中で理解するのに 100 マイルかかりました 私は囚人になっていたのです 私は
囚われの身で、逃げなければならなかったのです 私が入っていた刑務所とは、自分が
運転もしなければ 自動車にも乗らないという事実でした どうしてそうなったのでし
ょうか? 私がそれを始めた時、自動車を使わないというのは とても自分に合ってい
るように思えました でも、違っていたのは 毎年誕生日に私は沈黙について自問しま
したが 自分の足だけを使うという決断については自らに問いかけていなかったので
す 私は自分が国連大使になるとは思ってもいませんでした 私は博士号を持つように
なるとは思ってもいませんでした
私は、自分が抱える責任は私個人に関わることよりも広いもので 自分は変わらなくて
はいけないと理解しました それは可能なのです 私は変わらなくてはなりませんでし
た でも変わることを恐れていました ただ歩くだけの人間でいることに慣れていたか
らです その人間であることに慣れ切っていたので、やめたくありませんでした もし
変わったなら自分がどんな人間になるのかわかりませんでした でもそうしなければ
ならないということはわかっていました 変わらなければならないのはわかっていま
した それが今日この場に 来られる唯一の方法だったからです ようやく素晴らしい
場所にたどり着いたのに また別の場所に行かなければならないということが 私たち
には何度も起こります すでに到達した安心できる領域を後に残して 自分がなろうと
しているところまで進まなければならないのです あなた方がそうした次の場所に行
く応援をしたいのです あなた方が囚われているかもしれない檻の中から抜け出すた

めに それは心地よいことなのかもしれません 私たちは今何かをしなくてはいけな
いのだから 私たちは今変わらなくてはなりません 元副大統領は言いました 私たち
は活動家にならなければならないと もしわたしの言葉があなた方の心に響くのなら
もし私の行動や私がここにいることがあなた方の心に響くのなら それを止めないで
下さい ここに来て、あなた方の全てが 私の心を動かしています
だから、世界に出て行きましょう TED で見せあった 思いやりや愛、敬意を連れて行
くのです それらを連れて世界に出ましょう 私たちこそが環境なのです 私たちがお
互いをどう扱うかということは 環境をどう扱うかということなのです だから、あな
た方に来てくれてありがとうと言いたいのです 5秒間の沈黙で私の話を終えたいと
思います
ありがとう
(拍手)