アクティベート ・ リーフ No.

69

一人一人が 演じる役割
松岡 昭雄

 「お前が来てくれるとわかっていたよ。」
 ベッドに横たわりながら、私の手を握っているお
ばあちゃんの手に力が入りました。
 私たちは毎年クリスマスの頃になると、子どもた
ちと一緒に老人施設や児童施設を訪問させて頂きま
す。児童施設では、施設の子どもたちと私の子ども
たちが一緒にゲームをして遊び、寸劇をしたり、音
楽を演奏したり、お互いのパフォーマンスを披露し
合ったりしてきました。老人施設でもパフォーマン
スを披露するのですが、子どもたちがそばに行くだ
けでも、「かわいい!!」と言って抱きしめてくれた
りして喜ばれました。
 様々な施設で、いろいろな思い出があります。でも、
決して忘れることができないのは、ある大きな老人
施設を訪問した時のことです。
 一人のご老人が、私のことを自分の息子と思い違
いをして、涙を流して喜んだのです。この女性はも
う体が動かず、ベッドに寝たきりでしたが、私の手
を握って離さず、何度も「お前が来てくれるとわかっ
ていたよ」と言って嬉しそうに涙を流すのです。
 私は子どもたちの演技の間中、おばあちゃんの手
を握っていました。そして息子さんになりきって「会
いに来たよ!」とおばあちゃんに言いました。それ
は正直なことではありませんでしたが、こんなに喜
んでいるおばあちゃんに、とても「いいえ、私はあ
なたの息子さんではありませんよ」と言って、がっ
かりさせることはできませんでした。
 私にとっては、このおばあちゃんは見ず知らずの

人ですが、おばあちゃんにとって私は、ずっ
と来てくれると信じて待っていた愛する息
子さんであったのです。「愛は正しさにも
勝る」という言葉を聞いたことがあります
が、私はその言葉を思い出し、息子さんを
演じきったのでした。
 そばにいた介護師さんは、私がそのよう
に振舞ったことを喜んでくれました。そし
て、そのままおばあちゃんのそばにいて、
手を握っていてあげてほしいと合図を送っ
ていました。
 もしかしたら、息子さんはもう亡くなっ
ていたのかも知れません。あるいは老いた
母親を訪問できないくらい忙しいか、何か
の理由で来ることができなかったのかもし
れません。いずれにせよ、おばあちゃんは、
息子さんに「忘れられてはいない、愛され
ている」と感じる必要があったのでしょう。
 主は、
このおばあちゃんに愛を示すために、
息子さんに代わって私を使われました。
「あ
なたを決して忘れていませんよ。愛してい
ますよ」と伝えるために。私は思いました。
私たちは、このおばあちゃんだけではなく、
多くの人々に対して、このように主の愛の
役割を果たすよう召されているにちがいな
いと。
 主は、世界中の一人一人を深く愛してお
られます。そしてその愛は、一人の人間に
よってだけでは、とても表しきれません。
私たちはもっと主が自由に使える道具と
なって、他の人の心が癒され、潤され、愛
を感じられるように、主の器としていただ
く必要があります。

クリスマスは、
一人一人に演じる役割を与える
あなたはマリヤになれる。
何であれ、神が望まれる者に喜んでなりなさい。
あなたはヨセフになれる。
たとえ理解できなくても神の言葉を受け入れ、
神の計画に全身全霊を注ぎ入れなさい。
あなたは羊飼いになれる。
良き知らせに胸躍らせ、
できる限り多くの人にそれを知らせなさい。
あなたは賢者になれる。
イエスを拝み、最も貴い贈り物を捧げなさい。
あなたは星になれる。
神の光を輝かせ、
イエスに至る道を示しなさい。
あなたは赤ん坊のイエスになれる。
他の人たちが生きられるよう、
自分の命を捧げなさい。
わたしはクリスマスに生まれた。
あなたも、
クリスマスに新しく生まれることができる。
        -- イエスより愛をこめて

 ですから主よ、あなたが私たちを呼ばれ
る時、私たちがあなたの愛の器としての役
割を演じることができるよう助けて下さ
い。人々が待ち焦がれ、慕い求めているの
は、天からの神聖なあなたの愛です。そし
て、あなたの愛に少しでも触れられるなら、
心は癒されます。主よ、私たちをどうかそ
のための道具として用いて下さい。

http://www.activate.jp
© 2011 Aurora Production, Ltd. All Rights Reserved

「アクティベート・リーフ」の他の記事は、ホームページでご覧頂けます。

http://www.activated.org

Related Interests