You are on page 1of 18

学習用英和辞典にイギリス発

音の表記は必要か?
牧野武彦(中央大学助教授)
mackinaw@tamacc.chuo-
u.ac.jp
1.背景
英和辞典への /ɪ, U/ の導入
• 日本では『新英和大辞典』第 5 版( 1980
年、研究社)が最初に導入。
• 学習用英和辞典としては、『プロシード
英和辞典』( 1988 年、福武書店)が最初
に導入、『ライトハウス英和辞典』第 2
版( 1990 年、研究社)がこれに続く。
• 近年では多くの学習用英和辞典がこれを
採用しつつある。
/ɪ, U/ の導入が範としたもの
• English Pronouncing Dictionary 第14版
(1977) における Gimson による変革
– それまでの Jones 式
beat /biːt/ - bit /bit/; root /ruːt/ - foot /fut/
(長音符号のみによる区別)

長音符号に加えて、記号を変えることにより
音質の違いも表わすようになった。
beat /biːt/ - bit /bɪt/; root /ruːt/ - foot /fʊt/
取り残されたもの
Jones→Gimson の変革には、もう1箇所の
変更があったが、何故か『新英和大辞典
』第5版には取り入れられなかった。
Jones 式  fog /fɔg/ - caught /kɔːt/

Gimson 式  fog /fɒg/ - caught /kɔːt/


やはり長さに加えて音質の違いを記号で示し
ている。
2.問題点
いびつな扱い
• 音質・長さともに異なる /iː/ vs /ɪ/, /uː/ vs
/ʊ/ については記号の区別をしているのに
、同様に音質・長さともに異なる /ɔː/ vs
/ɒ/ は、長さの違いのみを表記した /ɔː/
vs /ɔ/ のまま、放置されている。扱いがち
ぐはぐである。
•/ɪ, U/ を採用している英和辞典は全てこ
の状態にあり、欠陥表記と呼ばざるを得な
い。従来の Jones 式の方がまだ一貫性が
あった。
3.解決法
解決法(1)
• 単純にEPDに追随して /ɔː/ vs /ɒ/ とする。
– 利点1:IPAが定める記号と音質の関係に合致しているため
、グローバルスタンダードと言える。
– 利点2:イギリスで出版されている EFL/ESL 辞典がこの方式を
採っているため、英英辞典に移行する際の抵抗が少ない。
注意:アメリカ発音の表記への影響
‒ アメリカ発音で /ɔː/ と表記されている母音はイギ
リス発音の /ɒ/ とほぼ同じ音質なので、 /ɒː/ と
変更する必要が生じる。 (cf. LDOCE)
結果的に、次のような表記になる。
/ɚ/ を用いる場合: cot /kɑt|kɒt/, caught /kɒːt|kɔːt/, cord
/kɔɚd|kɔːd/
/r / を用いる場合: cot /kɑt|kɒt/, caught /kɒːt|kɔːt/, cord /kɔːr
解決法(1)の問題点
• 新たな記号 [ɒ] を取り入れることにな
る。大辞典クラスでは特に問題になるこ
とはなさそうだが、学習用英和辞典への
導入となると、教育現場(殊に教員)が
受け入れるかが問題となる。 hooked
schwa [ɚ] でさえなかなか浸透していな
い現状を見ると、この点について悲観的
にならざるを得ない。
解決法(2)
• /ɔ/ を /ɒ/ とするのではなく、 /ɔː/ を /oː/ に
変える。(イギリス音のみ。つまり all は /ɔ ːl
| o ːl/ と書き分ける。)
※ これには全く根拠がないわけではない。イギリス発
音の caught の母音は日本語の「オー」とほぼ同じ
であるため、わざわざ [ɔ] を使って特殊な音である
かのような印象を与える必要はない。
• もし /oː/ と /oʊ/ が紛らわしい印象を与える
なら /oʊ/ を /əʊ/ として米音と書き分けると
いう方法もあるだろう。
解決法(2)の米音表記への影

• caught の母音には postvocalic r が発音されない sort
のようなものも含まれるため、イタリックrを使用する
表記体系では cord を /koːr d/ と表記することになる

• hooked schwa を使う表記体系では sort のような語は
米英別々に表記するので影響はないが、それでも /oɚ/
とするメリットはある。それは、 /ɔː/ と /ɔɚ/ の出だ
しの母音は、前者の方がはるかに低く、同じ記号で表わ
すのには無理があるからである。

結果的に、次のような表記になる。
/ɚ/ を用いる場合: cot /kɑt|kɔt/, caught /kɔːt|koːt/, cord /koɚd|
koːd/
/r / を用いる場合: cot /kɑt|kɔt/, caught /kɔːt|koːt/, cord /koːr d/
解決法(2)の利点と問題点
• 利点:新しい記号を導入していないこ
と。

• 問題点1:IPAが定める記号と音質の
関係を逸脱する部分( /ɔ/ )があること。
• 問題点2:イギリスで出版されている
EFL/ESL 辞典でこの方式を採っているも
のがなく、移行上のメリットがないこ
と。
• 問題点3:記号の使い方を変えるだけで
教育現場には受け入れられなくなるかも
ジレンマ
• /ɪ, U/ を採用している英和辞典の現状は欠
陥表記である。これを放置しておくわけ
には行かない。
• だからと言って、従来の Jones 式に戻る
のは時代錯誤である。
• 解決案(2)は教育現場の抵抗を少なく
するための苦肉の策だが、それでも受け
入れられる保証はない。音声学的に健全
な解決案(1)が好ましいが、果たして
受容されうるか?
4.問題提起
イギリス発音の是非
• 日本の英語教育では、暗黙のうちにアメ
リカ英語が教えられている。その段階
で、イギリス発音を表記した学習辞書が
一体必要なのだろうか?
アメリカ発音とイギリス発音を併記ないし折
りたたんで表記していることにより、発音表
記はいたずらに読みにくいものになっている
と思われる。教育効果上も、両方を表記する
のは得策ではないのではないか?
参考
• カナ表記を採用している辞書の表す場合
、ほぼ例外なくアメリカ発音のみを表記
している。
– 例外:『ヴィスタ英和辞典』=米英両方の要
素を取り入れた”日本式”
要するに・・・
• 学習用英和辞典にイギリス発音を表記す
ることが必要なのかどうか、真剣に考え
直してみる必要がある。単なる惰性な
ら、捨ててしまう勇気が必要である。
•イギリス発音が必要であるという結論が
出るのであれば、それを正当に扱うために
表記体系を改める必要がある。これを受け
入れることができるのか、教育現場には問
い直してもらいたい。必要であると結論づ
けるのなら受け入れる義務があると考え