You are on page 1of 18

英語ディクテーションにおける日本人の誤

りのパターンの音声学的分析

A Phonetic Analysis of the Patterns of Errors Made by


Japanese Speakers in English Dictation Tasks

牧野武彦(中央大学)

MAKINO, Takehiko (Chuo University)


1.はじめに
英語音声学を学ぶことはリスニング力
の向上につながるか ?

リスニングは、ボトムアップ処理とトップダウン処
理の統合的なプロセスであり、基本的にボトムアッ
プ的にならざるを得ない音声学的知識では限界があ
る。
しかし、現状の英語音声学が、十分な知識
を提供しているかどうかは不明。

• どのような間違いが多いのか?

• どのような項目を学習すれば効果的なのか ?
2.データセット
• 松岡(2003)
– (株)アルクによるヒアリングマラソンプロ
グラムの一つディクテーションコンテストで
誤りの多かった項目を提示・解説している。
– 主として、文脈・語彙・文法的知識などの重
要性を強調。

音声学的には、どのような解釈・説明が可能か ?
3.手法
• 誤りとして提示されているもののうち、
コンマ、アポストロフィの有無、綴り字
の誤り、同音異義語の誤りなど、音声的
であるとは考えられないものを排除。合
計 127 項目。
• 127 項目中、半数以上の誤りがあった 42
項目を対象とする。
• 付属CDを Windows Media Player でP
Cに取り込み、それを再生したものを音
声表記。
4.誤答の具体例
words 誤答率 (%) 誤答例 words 誤答率 (%) 誤答例

at number six 99 is number six Just the usual 60 Just usual, Just as usual

launched a second 96 launched the second of the 60 (blank)

nightmare of 94 nightmare type it in again 60 type it again

nurses' station 94 nurse station sharp pain 59 short pain

On to 93 On the have the chance 59 have a chance

where it says 87 word(s) say(s) button that says 58 button it says

An upgrade 83 And upgrade and 57 in

An upgrade 82 And upgrade There's 57 It's

when in a 79 in a will 57 we'll

in the ones with stars 77 in ones with stars that they're 56 they're, (blank)

on the 75 in the terrorist 56 terrorists'

tuned for 73 tune for We'll have 55 We('d) have

and the Hokkaido 71 and Hokkaido up in both 55 up both

who've had 68 who had is America's busiest 53 the America's busiest

of about 67 about you'll 52 you

for the 65 of government's 51 government

of a forest 65 of the forest she'll 51 show

asked you 64 ask you pot of 51 part of

all 64 of in that blank 51 in a blank

considered a 63 considered the guessed 50 guess

and 61 in that they were 50 that day were


5.誤りの音声的特徴
/ð/ の鼻音化による聞き落とし
in the ɪn̪(ð̞)əw
in ones
ones ʌnzwɪ /ð/ の鼻
77 with
with ðstɑɚ 音化
stars
stars z
button
bʌʔn̪(ð̞) button it /ð/ の鼻
that 58
ətsɛz says 音化
says
ɪn̪(ð̞)əp
in that in a /ð/ の鼻
blæŋ 51
blank blank 音化
k
弱形への認識不足
where
wɚːəʔs word(s) 弱形知ら
it 87
ɛz say(s) ず
says
弱形知ら
on the ənðə 75 in the

弱形知ら
and ən 61 in

弱形知ら
and ən 57 in

弱形知ら
There's ðɚz 57 It's

強形への認識不足
An
ænʔʌpɡr And 強形知ら
upgrad 83
eɪd upgrade ず
e
An
ænʌpɡr And 強形知ら
upgrad 82
eɪd upgrade ず
e

強形と誤
all J- ɔɫdʒeɪ 64 of J-

暗いLに対する認識不足

暗いLを
you'll juɫ 52 you [u] と
取る

暗いLを
she'll ʃɪɫ 51 show [u] と
取る
子音連続によるもの(1)
子音連続の
asked you æstju 64 ask you
単純化
tɛrərəsʔts 子音連続の
terrorist 56 terrorists'
aɪts 単純化
nightmare naɪtmɛɚː nightmare /vb/ の連
94
of bu- vbju- bu- 続
of the /vð/ の連
of a forest əvəfɔːrəst 65
forest 続
have the have a /vð/ の連
hævðə 59
chance chance 続
子音連続によるもの(2)
tuned tjuːnd̚fɔ
73 tune for 無解放
for ɚ
guessed ɡɛsʔ 50 guess 無解放
at
ənʌmbɚ is number
numbe 99 脱落 (/t/)
sɪks six
r six
同化によ
up in ʌpm̩boʊ
55 up both る鼻腔
both θ
解放
who've
huːfhæd 68 who had 無声化
had
日本語の規則の介入(1)
<o>=
「オ」の
pot of pɑːɾəv 51 part of
思いこみ
?
日本語の
nurses' nɚːsəsteɪʃ nurse
94 CV によ
station ən station
る誤解?
and the 日本語の
ænðəhokː and
Hokkaid 71 CV によ
aɪdoʊ Hokkaido
o る誤解?
Just usual, 日本語の
Just the dʒʌsðəjuː
60 Just as CV によ
usual ʒuwəɫ
usual る誤解?
日本語の規則の介入(2)
日本語の母
considere kənsɪdɚd considered
63 音間の
da ə the
/d/=[ð]
日本語の母
that they that day
ðət̪ðeɪwɚ 50 音間の
were were
/d/=[ð]
有声の
On to ɔːndə 93 On the /t/=[ɾ]
による?
/l/= ラ行
We('d)
We'll have wələv 55 =[ɾ]=/d/
have
の誤解?
原因不明のもの
launched a 文法による過剰
lɑːntʃtəsɛkən 96 the second
second 矯正
when in a wənʔɪnə 79 in a 聞き落とし

of about əvəbaʊt 67 about 聞き落とし

of the əðə 60 (blank) 聞き落とし


type it in
taɪpɪɾɪnəɡɛn 60 type it again 聞き落とし
again
that they're ðəʔðɛɚ 56 they're, (blank) 聞き落とし
is America's ɪzəmɛrɪkəzbɪ the America's
53 聞き落とし
busiest ziəst busiest
government's ɡʌvɚnmənts 51 government 聞き落とし

for the fɚðə 65 of (原因不明)


誤りとするには酷なもの

どちらで
will wɪɫ 57 we'll も文意
は成立

<ar>=<o
sharp ʃɑɚpːeɪ short
59 r> の方
pain n pain 言?
6.まとめ
• 英語音声学の教科書には見られない種類
の聞き誤りが見られた。
– その種のものが他にもあると考えられるので
、さらなる調査が必要。

• 参照文献
– 松岡昇(2003)『日本人は英語のここが
聞き取れない― 3 週間でできる弱点克服トレ
ーニング』東京:アルク .

Related Interests