Start Listening

生物に学ぶ<知識と知恵>の統合

Written by
Narrated by
Ratings:
1 hour

Summary

\\\この講演で中村氏は、20世紀を「火と機械」の世紀だったと振り返る一方、21世紀は「水と生命」の世紀にしたい、といっています。つまり20世紀の火は石油を意味し、機械は科学技術を指す。これらの恩恵を踏まえた上で、21世紀には自然界の生き物の知恵から学び、その知恵と科学技術による知識がうまく統合して新しい社会を形成していくべき、と強調します。生命の起源、DNA、機械と生き物の違い、環境問題、農業の役割など興味をそそる話が次から次と続き、最後に「生き物感覚」の大切さを説いています。\\\""

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.