You are on page 1of 1

【TBSはこうして在日朝鮮人に乗っ取られた】

T豚S窓際放送局社員の独り言 “ウチの局がこんなになってしまった経緯” をお話しましょう。

(1)1960 年代~

テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題 (例えば「朝鮮民主人民共和

国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、

朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。抗議行動に対する「手打

ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設け

られる。総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。在日枠の密約を所

轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から

総連に 「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

(2)1970 年代~

政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。

在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積

極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別

があってはならない」などと理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い日

本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日社員

は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。異を唱えた日本人社員は徹底的にマーク

され、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。