You are on page 1of 3

(財)福武教育文化振興財団助成事業 (1/3)

2011 年1月8日
玉野みなと芸術フェスタ 2011 実行委員会

「玉野みなと芸術フェスタ20
玉野みなと芸術フェスタ201
2011」基本計画
基本計画(案)
計画(案)
1. 「玉野みなと芸術フェスタ 2011」
2011」の方向性と活動
方向性と活動方針
活動方針
(1) これまでの活動の
これまでの活動の経緯
活動の経緯と今後の方向性
経緯と今後の方向性
2003 年に始まった「玉野みなと芸術フェスタ」(以下「フェスタ」という)は、宇野港をアートな港として全国
に情報発信することを目的に、当初4年間宇野港域を中心に活動してきました。
その後、フェスタは山田・東児地区の塩田労働者が歌っていた「浜子唄」にスポットを当て、塩作りに始ま
った玉野の近代歴史と製塩文化が凝縮された東部地区に舞台を移し、地区の歴史・文化とアートの融合を
図ることを新たな目的として、歴史遺構とアート散策を楽しめる「たまの東街道展」を開催しました。
宇野港竣工 100 年を迎えた 2009 年、宇野港域で立上った宇野・築港まちづくり講座生とともに、同じコン
セプトに基づいた歴史展「宇野港 100 年ものがたり」を開催するとともに、閉じて久しいシャッター街の商店
を開けて行う、たった3日のアートイベント「ウノイッチョウダイ」を開催しました。短期イベントの限界を感じた
フェスタメンバーは、昨年から長期のまちなかアート展「軒先計画」を開催しました。又、2009 年から東部地
区を中心に始まった狂言講座の活動に対しても、新作狂言「野﨑武左衛門」の宇野公演をきっかけにして、
玉野市における古典芸能を愛でる新たな文化活動の定着を望む声が聞かれるようになりました。
玉野市は、明治期に開通した宇野港と大正期に生まれた造船の力により、「船と港のまち」として栄えて
きました。戦後の経済一辺倒の時代を経て 21世紀に入った現在、物の豊かさから心の豊かさへと価値観が
大きく変化、文化や芸術が尊ばれる時代となりました。正にこれからの玉野市の進むべき方向性は、アート
が溢れる魅力あるまちとして「船と港とアートのまち」と呼ばれるようになることではないかと考えます。
「フェスタ 2011」は、この方向性に沿った地道で着実な活動を、市民の熱意と英知を結集しながら継続し
てゆくべきであろうと考えています。
(2) 2011 年の活動方針
年の活動方針
これまでの活動経緯にもある通り、地域の歴史や文化とアートを融合し地域の個性と魅力を引き出すこと
により、地域住民との Communication(交流と共感)、Common(文化の共有)、Comfortable(寛ぎと楽しみ)
を得ることを、フェスタの目標に据えながら活動してきました。
フェスタは、一昨年から福武教育文化振興財団の3ヶ年継続助成事業に推薦されたことを受け、当初か
らの念願であった「アートシティ玉野」の実現に一歩でも近づけるため、山田・東児地区(東街道域)~宇
野・築港地区(宇野港域)~日比・渋川地区(西街道域)と広域での活動を計画しました。3ヶ年計画では、
「アートシティ玉野への道」と題して、玉野における芸術文化活動の面的拡がりを目指すこととしました。今
年は、その3ヶ年計画の最終年を迎え、いよいよ西街道域でも新たな文化的活動を起こすこととします。
東街道域の活動は今年5年目を迎え、まちづくり講座生が研究してきた歴史の集大成を後押しする形で、
地域の歴史・文化を楽しく学べるイベントを開催し、地域への愛着を深めてもらいます。
宇野港域はフェスタの原点であり、長期的なアート展開を継続するとともに、玉野でしかできない玉野な
らではのアートイベントを展開し、地域におけるコミュニティの輪の拡がりに繋げることを目指します。
今年は、初めて西部の日比・渋川地区に進出することを目指しますが、先ずは地区住民を中心にしたま
ちづくり講座を立ち上げ、地域の歴史や文化遺産などを調査します。その調査活動を元に歴史散策マップ
を作り、関連するイベントを計画・開催します。
「アートシティ玉野」の実現にはまだまだ遠い道のりではありますが、活動の基本は地域の歴史や文化と
融合し地域の個性と魅力を引き出すことであり、今後とも地域住民とともに歩む姿勢を貫いてゆきます。

「玉野みなと芸術フェスタ2011」基本計画
(財)福武教育文化振興財団助成事業 (2/3)

2. 各イベントの
イベントの企画概要
企画概要(
概要(案)
(1) 宇野港域イベント
a. まちなかアート展「軒先計画‐Ⅱ」の開催
昨年、宇野・築港地区に人々の視線を集中させる展開を行うために、長期的なアート作品を商店街
の軒先に設置する「軒先計画」を展開しました。観て楽しく人を導くような作品を宇野港~商店街に続く
軒先や店舗に展示し、訪れる観光客や地域住民とのコミュニケーションを図る交流空間とすることを目
指し、美術家/清水直人氏の作品「Migratory bird→LIFE」を築港商店街に展示しました。
今年から長期的視点で、若手クリエータ(アーティストなど)を築港商店街に呼込む計画を進めること
としていますが、彼らが移り住んだ家の軒先に彼ら自身の作品を展示することを、今後の「軒先計画」と
して進めることとします。商店街の再活性化策としての若手クリエータ移住計画とともに、宇野港域での
パブリックアートを鑑賞しながらまち歩きを楽しめるまちなかアート展「軒先計画‐Ⅱ」を開催します。
b. 「宇高交流アート展(仮称)」の開催
宇野港と高松港を結ぶ宇高航路の開通以来既に 100 年を過ぎましたが、両港間の相互交流につい
ては、連絡船やフェリー等交通以外の分野において活発に行われた形跡は殆んど見受けられません。
海を隔てて隣り合ったまちのアーティスト同士が同じ目的を持って交流することは、お互いの異文化を
知り理解することにより、芸術的感性を高めるとともに自分たちのまちを芸術・文化的観点から見直して
行こうという意欲にも繋がります。
そのような効果を期待して、フェスタとして初めて取り組む玉野でしか出来ない玉野ならではのアート
イベント「宇高交流アート展(仮称)」を、宇野港商店街にあって玉野の芸術拠点の一つでもある玉野市
文化会館 BAUHAUS を会場として開催します。開催期間中、相互のアーティストによるワークショップや
シンポジウム等も企画、開催します。
(2) 東街道域イベント「たまの東街道 2011」
過去4年間進めてきた山田・東児地区での活動を、今年はその集大成の年として、アートに特化した
形で山田まちづくり講座生及び地区住民の方たちと連携しながら、下記アートイベントを実施します。
a. 東街道記念碑・遺構探訪ラリー
山田・東児の広域で活躍してきた歴史人物の記念碑や遺構を訪ね、より深く東街道域の歴史を学
ぶための東街道歴史探訪マップを作り、東街道記念碑・遺構探訪ラリーを開催します。
b. 「浜子径」散策ルート作り
昨年、塩の道散策ルートとして旧味野専売支局山田出張所から塩竈神社につながるルートマップと
各拠点を示す看板を制作設置し、大変好評を博しました。しかし、ルートの東突端に位置する三五の
灯台へのアクセスが出来ず、地域住民から何とかして欲しいとの強い要望がありました。
そこで今年は、塩竃神社から三五の灯台までの安全なアクセスルート「浜子径」を、地権者であるナ
イカイ塩業㈱と協力して作り、製塩の歴史をより身近に感じられるようにすることを計画します。
c. 狂言を楽しむ!Vol.4
昨年 11 月、玉野市民が参加した狂言講座は、狂言師/田賀屋夙生氏の指導の下、新作狂言「野﨑
武左衛門」を東野﨑会館と宇野中学校の2ヶ所で公演、好評を博しました。この新作狂言は、入浜式
塩田での作業や生活、塩田王・野﨑武左衛門が遺した多大な功績を、明るい笑いと形式美を重んじる
「狂言」と言う演劇手法で伝えようとするものです。今年は、野﨑武左衛門の生まれ故郷であり彼の塩
田開墾の原点でもある児島で、彼の子孫が遺した迨暇堂を舞台として公演することを計画します。
又、この狂言は、玉野の新たな地域文化として育つことを願って演じられました。そこで今年は、「野
﨑武左衛門」に代わる新たな創作狂言にも挑戦することとします。

「玉野みなと芸術フェスタ2011」基本計画
(財)福武教育文化振興財団助成事業 (3/3)

(3) 西街道域イベント
a. 日比・渋川まちづくり講座(仮称)の立上げ
これまでフェスタは、宇野港域、東街道域の歴史や文化と触れ合う形で活動してきましたが、未だ手付
かずの日比・渋川を中心とする西街道域についても、古い街並みや歴史を有することから、日比市民セ
ンター管内の有志を中心としたまちづくり講座立上げの実現を図ろうと考えています。
講座の立上げ及び運営は、日比市民センター管内有志の方々が主役となって頂くこととし、当委員会
は西部地区での新たな展開の足掛かりとして、講座運営を後方から支援する形をとることとします。
b. タマノクルーズ「たまの西海道 2010」
宇野港~瀬戸大橋~日比・渋川港を結び、海から観る玉野の景観や竪場島でのみかん狩を楽しみ、
日比・渋川地区の名所旧跡を訪ね、日比・渋川地区有力企業の工場見学など、「学び」と「遊び」をテー
マとしたクルーズを計画します。

「玉野みなと芸術フェスタ 2011」
」各イベントの概要
イベントの概要:
の概要:
№ イベント名 出演・担当 概 要 時期&場所

(1) 宇野港域
宇野港域
宇野港商店街に作品展示、宇野
① 軒先計画
軒先計画 移住クリエータ 築港商店街
港域の町なかアートを楽しむ
玉野市と高松市で活動するアーテ
② 宇高交流アート展 参加アーティスト 玉野市文化会館
ィストの交流アート展

(2) 東街道域
東街道域
東街道記念碑・ 遺構 山田まちづくり講座 東街道域の記念碑や遺構を訪ね 後閑・山田・胸上散策

探訪ラリー 生 るラリー ルート
「浜子径」散策ルート ナイカイ塩業㈱ 塩竃神社から三五の灯台までの安
② 塩の道散策ルート
作り まちづくり講座生 全な散策ルート「浜子径」を作る
塩田王・野﨑武左衛門の業績を称
狂言を楽しむ! 狂言講座生 5/22(日)、迨暇堂
③ えた狂言「野﨑武左衛門」の公演
Vol.4
Vol.4 田賀屋夙生師 11 月、文化センター
新たな創作狂言の公演

(3) 西街道域

日比・渋川 日比・渋川 日比・渋川地区の歴史・文化を調


① 日比・渋川地区
まちづくり講座 まちづくり講座生 査研究
「学びと遊び」をテーマに宇野港か
タマノクルーズ
タマノクルーズ タマノクルーズ 11/6(日)9:00~16:30
② ら日比港に向けて、海上から玉野
2010 実行委員会 宇野港~日比港
を満喫するクルーズ

4. 実行委員会規約、組織、
実行委員会規約、組織、予算など
組織、予算など(別紙参照)
予算など
以上

「玉野みなと芸術フェスタ2011」基本計画

Related Interests