リカバリー全国フォーラム 2010 Web 開催レポート http://www.comhbo.

net/

9/11(土)

【分科会 19】デイケアとリカバリー
福智寿彦(医療法人福智会 すずかけクリニック 院長)
中山ちはる(医療法人福智会 すずかけクリニック 看護師)
原ますみ(医療法人福智会 すずかけクリニック)
永田仁(NPO法人福心 カフェギャラリー寸心)
内容 ①デイケアはリカバリーの選択肢の一つ
リカバリーとは自分自身で人生を選択するという概念である。リカバリーは押し付
けられるものではなく、誰かに指示されるものでもない。デイケアの利用も一つの選択肢である。
自分自身でどう生きていきたいのか是非考え人生を楽しんで頂きたい。
また現在 ACT の取り組みが行われているが、既存の施設・システムにて充分な治
療・生活支援が行えると考えられ、新たに ACT といったシステムを導入しなくてもいいのではない
か?
②デイケアでリカバリーを体験した当事者スタッフの発表
以前は朝も起きれずデイケアに来るのも難しかった⇒デイケアに通えるようになり
仲間も出来、毎日デイケアに来るのが楽しくなった⇒主治医に仕事を勧められたが仕事への一歩が
踏み出せなかった⇒朝の弱い自分に朝から働く事を勧められ、また安住の地であるデイケア利用の
禁止令も出され恨んだ⇒しかし朝から働く事が出来るようになり現在は作業所の店長として責任あ
る仕事を任され充実した日々を送っている。
③デイケアをそれ程利用しなくてもリカバリーを体験した人の事例報告
これまでの治療の流れ、主治医との関係、現在に至るまでの経緯について
④デイケアにおける就労支援・一人暮らしの実践
デイケアだけで抱え込むのではなく、当院の複合的なシステムの活用についての紹介
と就労と一人暮らしの重要性の説明。就労も一人暮らしも治療である。
⑤ピア・サポートプログラムの紹介
ピア・サポートとは「仲間支援」という意味であり、ピア・サポートは今後の精神医
療の一つの答えである。当院での現在取り組んでいるピア・サポートプログラムの紹介と取り組み前
後でのデイケア、メンバーの変化の報告。
⑥フロアとのディスカッション
<質問・意見>
・ACT は必要ではないだろうか?
⇒ACT を否定している訳ではないが、既存のシステムで充分フォロー可能な状
況を作ることが出来るので、わざわざ多額の費用を使用し ACT というシステムを導入しなくてもよ
いのではないかと考えている
・ピア・サポートに対して消極的な人にどう促しているのか?
⇒プログラムの参加は自主性に任せているが、必要時ピア・サポートの重要性の説明や治療の一
つであることを伝えている
・もっと皆で語り合う時間を設けて欲しかった
≪原ますみ(愛知県・すずかけクリニック)≫