You are on page 1of 6

1】 ン0

発 【 行】
平成16年10月 5日 市民大学たかおか学遊塾 (財 岡市民文化振興事業団 )高 (高 岡市生涯学習センター内) TEL 0766-20-1801

② 朗 読 を 楽 し           中 川 加 津 代 む 室 谷   芳 隆 野 沢   自日 弘 ・

④ 藤 子 ま ん が で ん で ぼ う 山 口 ひ と み 健 康 ∼ ∼

⑬ ス 香テ りキ のに パア ワロ ーマ でテ イラ キピ イ ー キ M 入 門 ︶             嶋     蔓巨 男 L

① ホ ー ム ベ 制 作 の 基 礎 の 基 礎 ︵H T ジ ー

② 高 齢 者 の 財 産 管 理 に 関 す る 法 制 度 ﹂                 石 永   峯 子 り

遊 学

⑮ 和 の 文 化 伝 承 ﹁浴 衣 の 着 装 と 袋 物 作

深 ま る パ

○ ﹁

① や さ し い ギ タ         長 谷 川 和 男

○ や さ し い キ ーボ ド     江 尻 ち む ら ー ー

﹁あ 風 ﹂ 藤 賀   玲 子 い の

向     英 洋

他   四   名

た か お ーか ト大 V II 好 き ﹂ 語 る こ と で 良 さ が

② 楽 し 民 謡 い ∼ み ん な で 歌 お

① 新 し い あ み も の ス テ

① 風 船 で あ そ ぼ う

③ 俳 句 楽 を し む

③ ヨ ガ で な 健 康 づ 藤 巻 な つ 子 り く ま せ ん か               藤 巻   敏 男

② マ ジ ッ

⑥ ら く ら く し を 大 正 琴   山 田 め み い

⑤ 越 中 万 葉 玉 す だ れ を 楽 増 澤   一 男 も う し 山 本   典 子

④ ﹃平 家 物 語 ﹄ と 謡 出 の 世 界 VI 穴 井   純 子

③ 素 敵 な 手 染 遊 で び

小 物 絵 付           中     朋 子 に け

無 理

ク の 魅 力 一 緒 体 験 に し て み

川 端   正 夫

塚 う西 ∼百 合 子

  ︱     ッ   チ   ニ玉牧 ッ井 長 ト    博幸 文子

ま せ ん か ?

① 藩 政 ル 末 バ ー∼期 オ の ー  郷 バ 土 ー  史 レ そ イ の 3 ︵銀   ∼ 明越 彩神 ︶ 中 で 国 白博の 磁幸蘭 シ 学 事 始

夢遊らいふ む
﹁学 遊 塾 ﹂ を 運 営 し て い く た め に 次 の 組 織 が あ
/ ヽ


0 具 体 的 に は 目 的 を 達 成 、す 規 る 定 た をめ しに て必 い要 まな せ事 ん項 。 そ の 意 味 で は 、 ﹁交 流 会 ﹂ は 、 重 要 な 意 味 を も っ て い ま す 。 も で て き ま す ぎ い とま ひ と 考 せ ﹁学 りえん遊 よま 、塾 。 。が す 継 ﹂ 。ま 夫 。続 の り ます講 た々の 、の 活 た る 座 、た の 相 動 ﹁ 互講で講め回 理座 は座 に数 解﹂ な間 もは 五 くの がの ﹁ 進特 、交 共 回 め徴夫流 にな ばを々は学い し 理が互ぶ 協﹁ 解 講 い 仲 六 の間回 働 し座 で ﹂ 、を ﹁ ﹂ し参聴講 とあ しり て加講座 、 、で す ﹂ て 新 きるの 、 学﹁ しる機尊支ぶ え﹂ い機会重 取会 をかあ き らえ りを得 っ 始 組作 る るか ま関 りこ み け が出 とり係 を まを も です 提 す作 きこ重 供 。 と要 る っす もな 可 てる 能大活 欲 に 性 き動 し過 の 一 つ で す な 課 題 で す 0 講 座 内 講 座 間 の 交 流 ・ 座 運 営 に 取 側 講 座 ﹁教 の 実 え りる 施 組﹂ 、と むの社運 こで会営 とはや が な地 目 く域 的 で で 共﹁ の す に生 。学 き ぶ生 ﹂ き とと し い うた 視生 点活 で体 、験 塾活 生動 とを 役通 割 じ をて 分学 担 ん 協 だ 力知 し識 てや 講体 を 市 民 教 授 は 験 市 民 教 授

● 学 遊 塾 の 組 織

意 味 は あ

り ま

市﹁ 民 主 体 りり 。 ま組 市の 新 む せ 民 し んこ 教 い 。と 授生 が も涯 大 塾学 切 生 、も 習 で の すい社 。ま 会 ス タ 、 学﹁ 地 の イ 構 遊域 ル 塾や成の ﹂社員確 が会の立 講で一﹂ 人の 座必 とた の要 運 としめ 営 しての だてま活 けいた動 、は が る 目も大 、 的の人大 とき では しな あ何 れかて可 ばを 、能 そ考生性 を のえ涯 存 、学 有 在積習 し の 意 味 に も う 一 度 立 ち 返 り て い ま す

極 的 に 取

い に 協 力 運 営 す る 事 業 は

﹁学 遊 塾 と 塾﹂ 生の が事 互業

し 、

、 次 の 三 つ に 規 定 し て い ま す

学﹁ 遊 塾 ﹂ の 運 営 に 協 力 す る こ と が 期 待 さ れ て い ま す

を か うもか 、ま 二 げ 市で十て も一活 民 になの動 を く講 開 開 、座 放 さ 学﹁ が 始 開 し れ遊 、 。 講て ﹁て塾 塾学 さか い﹂ 生遊 ら まをれ も塾す 、七 支多年 ま﹂ 。え たの市 くが ての経 、目 民い 市過 講﹁ 的 教 る民 し に授 座 のが ま 賛 ﹂ はは 参 し に同公市 加 た し募 参 民 。 し 、に 。加 て 自よ教 す 授 い る発 っとま な性 て塾す と決 か 生 。 で主定で 、体 さあ 市性 れ り を 民 、、 も 教 そそ 授 つのの とて意 活 と活 思動 も動 はは にす 、、 る こ と が 選 考 の 基 本 で す ﹁志 願 す る ﹂ こ と で あ り 言

す べ て

今 年

市 、民 市大 民学 が 生 ﹁た 涯か 学お びか 続学 け遊 る塾 、場 ﹂ 市 とが 民機 、 主会そ 体 をの に提 目 よ供的 る しに 新 、 し 市 市﹁ い民民 生のの 涯人多 学材様 習 をな の活学 ス用習 タし意 イ て欲 ル自に を主応 確 え 企 立 画て す ・い る く ﹂運

営 を 基 本 と す る 講 座 を 行 な い

た め

折 本 和 洋

な れ ば と 思 い ま す イ K

す ﹁学 ﹁学 覚 新﹁ ﹁共 べ 遊 遊﹂ し くて の 塾 、塾 の 感 ももい 、の 間 ・ ・ ﹂も﹂担﹂ と塾生開 接無生活 と で に生涯拓 を償涯動 っにい 取 、と か 手 ﹁ も学性 と性学が 。個 楽 か と 協 り 、習 わ 、 ・習 し働 組ひの を市 々しわ ず非 ﹂ くるて むとス の 、営 つ 民 、﹁ 社 能生す うに りタ 経利 参 会のイ 力きべま じ公 済性 画 的 、的 と生てす ル て開 ま﹂ 活 学﹁ の 感利 豊 知きの さ と と者す 動習確 動益 かれ 恵 しが必﹁ な支 や が 、で 者 立 創 す﹂﹂ 喜 ︵報 社持 発たお要 と 造 文﹁ 。とは び酬 会さ 揮運互 ﹂化 を︶ 、 やれ で営いさ し 得 地る きがをれがの を て ﹁ま お伝 域 る求 、で 尊 る 、ち こ き重 も互承 もめ をと 新 求づ るしのいと のる た つが め く く基 で なで 、に の 発 らり も し理 な﹁展 すの る本 可 れ﹂ り愛﹂ 。で ょ解 もで 能 るの うをまこを のあ 性 も活 は と促 。し す で を な り の動 。ば す す 生 、 をで く 、 ﹂機 。独 と み 掘 、 も と会 出 も りあ 活 り なと す に 起 動 よ り れ場 機 協 を が こま ば 会 力 の しす 通 り 、提 し 、。 し の ・ ﹁ま 供 場 支 市 も て え に ちを 民 さ の

あ う な ら

づ く り

し 、地 域 の 文 化 や 生 活 の 、知 恵 を つ た え

市 民 教 授

例 先 駆 性

ま ざ ま な 人 と の 出 会 い や 発 見

直 接

0 無 給 ・性

で は な

0 社 会 性 連 帯 性 と

側 強 制 や 義 務 か 参 加 ら し 発 性 主 体 性

自 と

た の で は な 個 人 の 自 由 意 志 で す

に よ っ 、て そ支 こえ から られ 始て まい っま てす 。 い ま す 。

す べ て は

教 授

て の 、性 格 学﹁ と 、 遊 役生 塾 き ﹂割 が生 で必 き の と 講要 し 座で すた の 。 開 ﹁学 設 遊 は 塾 ボ ﹂ ラ の ン 活 テ 動 ィ を ア す 精 る 神 た に め よ に っ は て 、 ボ 志﹁ 願 ラ ﹂ ン し テ た ィ 市 ア 民 活

も と も と

動 と し 目 的 を 遂 行 し

● 学 遊 塾 と ボ ラ ン テ ィ ア

以 上 が 十 分 機 能 す る こ と が 、 学﹁ 遊 塾 ﹂ の 運 営 に と つ て 重 要 な こ と で す 。

役 割 を は た せ ま す

必 要 に 応 じ て 部 。会 や 実 行 委 員 会 が 組 織 さ れ ま す 。 塾 生 も 運 営 ス タ ッ フ と し て 大 き な

例 部 会 お よ び 実 行 委 員 会

長 ・財 事団 務法 局人 長 と 高﹁ 学岡 習市 セ民 ン文 タ化 ー振 職興 員事 で業 構回 成﹂ し高 て岡 い市 ま生 す涯 。学 習 セ ン タ ー に あ り 、 塾 長 副 塾 ・

0 事 務 局

決 め ら れ ま す

市 民 教 授 会 。は 、 学﹁ 遊 塾 ﹂ の 運 営 の 主 体 で す 。 理 事 会 と 一 体 に な り す べ て の こ と が 、

の 市 民 教 授 会

側 学﹁ 理 事 遊 、塾 会 講﹂ 座発 数足 が当 少時 なは くあ 市 り 民ま 教せ 授 、会 ん 。 理 事で 十 会 分 の意 必 要思 性の が疎 う通 まが れ可 ま能 しで し た 。た が 、 講 座 が 増 え 、 ま だ

市 民 教 授 が 増 え る に 従 い そ の 結 果

-2-

野遊らいふ
さ ん も も と 幸 せ な れ ば い い な ︱ 。 に っ 遊 ぼ た う は い ん 、結 だそ構 、しす 風 てて 船 自き を分だ 通が と し幸思 てせ っ み にて

い る ん だ

な こ と し か 出 来 な い け ど 風 船 で

求 めあ て な いた りらは ま った ししか ゃお た るか か 、の 学 で遊 私 す はか塾 こ 、に ん何何 を か 見 つ か

に 迷 惑 ば か り か け て い る ゴ メ ン ね

ら 意 見 す る こ と も で き な い 無 責 任 。教 授 だ ま わ り の 方 々

い 交 流 も な い こ れ で い い わ け が な い 、こ ん な 状 況 だ か

会 、の 会 合 が よ く あ る が 私 は ほ と ん ど 、出 席 し た こ と が な

ぜ 。私 私の のこ 生の ま計 れ画 そを だた つか たお 高か 同学 だ遊 か塾 らで ?や 。る 学の 遊か 塾 ? 教わ 授か

な い

ら な

船 る 。 で くれ 遊な 、る 、び ︱ どかた童ん 、だ 心 て う でそこに壮 しの帰大 す かて講 っな ?こ座てこ のをもと 文受 らを をけうち 読ての ょ んおだ っ ら 、と で 私れこ本 のるう気 計方考で 画はえ思 にどるい はうとな じ感すが め じごら ててい風 お ら

気 づ

講 座 だ

わ や さ し い 気 持 ち に な っ て 安 心 し て 生 活 で き る 街 に な

う な も の を ま た 風 船 を 通 し て 伝 え て も ら い 日 本 中 ふ わ ふ

夢 の 。よ 塾 う 生な も の みの なが さつ んた はわ それ のば 楽い しい いな 気な 持 ど ちと や思 夢 っ のて よや

て い る

風 船

﹁ で あ ぼ う !

ン ン

遊 び を 通 し て 楽 し い 気 持 ち に な っ

市 民 大 学 た か お か 学 遊 塾 で は 風 船

うい な 。 気私 自 、が 風す身 船 る良 。く が 大 理 好 解 き し だ て 、 い な そ し い よ て 私 は

す 。私 は い市 っ民 て大 も 学 あ まの リ教 ピ授 ンの と三 こ井 なで と
卜> ヽ O く O C J い

更 教 授 三 井

o O く

博 文

し て み た い で す

グ 高 岡 ﹂ 内 の 創 。作 工 房 も 利 用

た品 く の い作 と り方 思﹂ 々 、い をと ﹁ ウま共﹁ に世 イす 。楽 界 ン しに グま たみ一 ・ 、 、つ ウ イ機喜 の び作 ン会

が あ れ ば

座 。で ま 絵 す だ ごが ま ご 、だ ろ難知 。が しら くれ こな れ くはて とあい か らも りな もな まい 多 んせ講 ん

と か な り ま す

表 。れ た ス テ キ な 作 品 ば か り で

交 流 会 に て 完 成 品 を 展 覧示 下す さる い予 。定 な そ れの ぞで れ皆 の様 個是 性非 が ご

ン ダ ン ト が で き あ が る こ と で し ょ う

り 白 磁 メ タ ル の 銀 彩 転 写 紙 の 利 。用 と レ ベ ル の 高 い ペ

望 、で 銀 粘 土 も つ か う こ 、と に な り ま し た 銀 粘 上 で の 枠 作

す 。 こ れ に は 作

ン ト

り に と 、 り 皆 さか んか り の 希 ま

次 、回 最は 終三 作作 品品 の目 ベの ン仕 ダ上

げ と

な 。れ た こ と に 感 謝 し て ま

作 を 楽 し み 、完 市成 民 に 教喜 授ぶ に姿 が う れ し く

ま す 受 講 者 の 方 々 が 製

え 、 。二 作 品 が 完 成 し て い

た 六 回 講 座 の 半 分 を 終

開 。講 さ せ て い た だ き ま し

今 年 度 は じ め て 講 座 を

シ ル バ オ
市 民 教 授 中     朋   子

ー ー ー

自 磁 小 物 に 絵 付 け ﹂

バ レ イ ︵ 銀 彩 ︶で

も 、お と手 思伝 うい し こ のて 頃い でか な あ るけ 。れ ば ⋮

学 遊 塾 活 動 の 充 実 に 少 し で

勢 の ま ま で 終 わ る こ と な く 、

て 学 で遊 あ塾 る活 が動 、は 受始 け ま 身 っ のた 姿 ば り

さ れ た 喜 び 。を 私実 に感 とさ つせ

て い た だ い て い る

採 用

と っは て違 きっ てた 、熱 市意 民が 教 も 授 ろ にに

伝 わ

回 か 担 当 し て い る 法 律 相 談

見 今 の担後 。開 当 と も そ陳す れ等 る こ も講 だ の ね け多座 ら ”く は 高 、活 い 齢圧発 を 者倒 で私 の さあ な 財 る れ り 産 。に て 管 し講育 理 ま義 ん “ うす で 。課 こるい と以 こ題 き も上 こを た で身 しにい は近 ば質 と 年 にし問思 ば に感 ・う 何 じで意 。 て い る 市 民 が 多 い と い う 証 で あ ろ う か

あ る

け域 あ塾 ツ も て 年 れのそ 、の ろ活 もう動受 にば皆 だ な し高 け さそかの っ も らん て岡 身た 。何 高市 なに市 たの 。 岡民 い る姿 ”民 そ 市 と予教 に か勢 し なの防授 をで の て 司 人 に 理参 っ使 、 解加案 々た命法応 とば感“ 募 しし内 関か にに し て つ さ 関た わ り駆 つ いれ 。りの けす あ の る 遅 、身 らるは うた る 々少 知 とれ 、 、ち ス と しして識仕 とにケ しで を事 てい 、ジ い て もの も 、た う少 ユ で多諸 ー の し つ関 の は とと係 く々 ル がず あ 、広 上 現 のの に つ る知活平 め 、 状学従 が遇 動成 な地 で遊 っ 、 参 加 に

を 得 た い と の 思 い か ら で あ つ た

行 う も

の ﹁ こ

続 き を し た 時 は

こ の し原 のの な学 た稿 ん遊 ン 。を フ何書 で塾 、に 気 す い の 。活 正 触 なて ﹂ 直発 くる と動 、さ 目 時 は の 何 れ に点 、 言 のて触 で 市 葉 、れ 予 、 だ民備生 た担 け教知涯 ”当 が授 識学平 す とも習成 強 る く塾 16 講 な課 生 印 くに年座 象が 、申 度 の 自担 に し市五 主 残 当込民 分 っ的のみ教 の た に方手授 三

募 集 “ の パ

が 終 了

高﹁ 者 財 産
市 民 教 授

齢 の

理 す 制 ﹂ 度 法 る 関

菅 に

向     英   洋

熙 ン

-3-

いふ ギ遊ら
舎 を 建 て 片 原 町 尊 王 家 で 頼 山 陽 門 下 の 医 者 山 本 道 斎 、 黒 羽 織 党 の 実 質 的 な 指 導 者 で あ る 上 回 耕 も 大 仏 裏 で 学 高 岡 町 で は 思 想 家 に よ る 私 塾 も 開 か れ 藩 政 牛 耳 る を た 漢 学 中 心 の 私 塾 へ 通 い ま す 。 も 、 さ ら に 男 児 は 四 五 年 を 女 児 は ・ 、 革 私 塾 教 育 = や 七 夕 の 行 事 は 盛 大 に 行 わ れ た そ う で す 。 す 。 四 月 二 十 五 日 の 関 野 寺 子 屋 で 読 み 書 で す 。 は い ま す 。 他 き は ち ろ ん 珠 算 や 謡 ま で 学 び ま も お 針 屋 、 通 女 児 多 か た っ よ う い た 女 っ も に う に も 師 匠 も 福 神 子 高 院 の 岡 町 大 に な ま し た そ の 中 に は 女 児 だ け の 寺 子 屋 を 開 い た 高 。 で り 住 民 有 志 は の 御 蔵 番 、 周 辺 の 村 々 で は 寺 や 村 肝 煎 等 が 師 匠 そ の に よ る も の を と し て 高 同 町 や 伏 木 戸 出 ・ 、 い す 高 岡 実 多 の 寺 子 屋 が 存 在 に は に く ま 。 今 の 朝 八 時 か ら 二 乃 至 四 時 頃 ま し 頃 よ り 、 ず 子 供 達 は 一 般 男 児 人 九 歳 女 児 九 十 歳 の ・ に ま = 寺 子 屋 教 育 革 も 冷 静 か つ 柔 軟 対 応 得 ま ・ 、 し た 。 に し

漠 詩 や 算 術 学

び た い 青 少 年 は

約 三 年 寺 子 屋 、で 学 各 ん 地 だ に 後 あ に っ

神 社 境

内 天 満 宮 へ の 清 書 奉 納

た か や 戸 出 の 武 田 貞 子 と

例 外

し た 文 化 に よ っ て 裏 打 ち さ れ


教 育 の 普 及

に よ る
治 認

自 が め ら れ て

と 、

ま し た 。 そ れ は

で 、寺 子 能 屋 町 辺 へ り通

期 の 激 動 に   ・ 中 
正 堂 が 開 か れ て い す 。

俳 句 、や 幕 漠 藩 詩 末 等 ・で 維 代 新 表
子 屋

加 賀 藩 政 下 の 高 岡 で は 、 町 村 と も 住 民 に よ る 。 ・ 広 範   ”   ・

さ れ る 成 熟   ・ ” 

私 塾

年 戸 出 で は 菊 池 復 堂 吉 琴 堂 等 の 尽 力 で 田

び 、国 明 学 治 に 元 通

た 内 嶋 の 五 十 嵐 篤 好 に 入 門 す る 人 々 も 多

由 か ら 信 基 ま で ︶ そ の 親 類 で 二 塚 の 筏 井 家

更 算 学 、 量 天 文 通 放 生 津 、 石 黒 家 ︵信 の た に じ ・ 測 ・ は に

町 の 青 年 に 講 義 を 受 け さ せ ま し た 。

一  安 寺 中 安 乗 寺 に 招 き

信 由 に 学

一    ま た 、文 富 化 山 十 藩 一 眼 年 科 に 、医 は 嗣 医 で 子 漢 者 長 学 で 崎 者 文 浩 人 で 斎 も の と あ 長 栗 崎 る 田 島 蓬 庸 林 洲 斎 文 と を 吾 栗 始 を 田 め 佐 、聖 で 修 三 堂

 一 久 間 が

 十 と い た 人 つ

も い ま す 。

レ ょ つヽ

ま ミ ま ︱

の 歴 史 の 中 か ら 再 確 認 し 、 伝 統 次 世 代 へ 継 承 よ き を

古 く て 新 し く も あ る ﹁生 涯 学 習 ﹂ の 意 味 を 私 達 は 郷 土

て い た の で す

し て

学 習 を﹂ は 高 定 め 、着 し 歴 て 史 い 感 ま 覚 し を た 会 。 得 学 しぶ 、こ 共 と 通 を の 通 思 じ 考 人 言 々 語 は を 職 持 業

倫 理

こ の よ う に 高 岡 各 地 の 人 々 は 昔 か ら よ く 学 び 、 ﹁生 涯

革 ま と め 革

開 い て い ま す 。

良 か ら の 書 簡 を も と に 町 人 有 志 で 時 局 研 究 会 を た び た び

学 習 意 欲 、が 表 蘭 え 方 る 医 こ 佐 と 渡 は 養 あ 順 り ま ︵三 せ 良 ん ︶ で が し 弟 た で 。 あ 維 る 新 坪 前 井 の 信 高

岡 町 で は

長 崎 の 、 会 尾 蓬 積 清 洲 、読 極 に 作 寺 ・ 集 的 子 後 や ま に 西 屋 藤 詩 っ を 部 白 会 て 金 開 雪 へ 屋 くい ・ ま 参 傍 富 の す 加 蘭 ら 田 し し 方 、 、毛 て 高 医 桃 石 い 高 岡 は 堤 ま 畠 町 壮 長 す 年 秋 光 。や 福 平 に 寺 医 岡 は し 織 者 、で の て 田 晩 人 春 文 家 年 秋 十 人 々 ま と七 左 の 交 立 世 氏 で 日 し 雪 象 は

重 あ い し

会 作 を り 自

主 的 、な 、 加 識 町 え 見 人 を て 同 画 高 士 や め の 活 る 勉 花 こ 強 と ・会 茶 に も 道 も 盛 等 努 ん を め で 通 ま 、 じ し 俳 て た 句 。お や 互 漢 い 詩 を 尊 の

を 選 ん で い ま す 。

き ま し た が 高 岡 学 館 で は 町 人 の 中 か ら 読 師 句 読 師 等 ・

堂 敬 業 堂 に は 富 山 藩 校 度 徳 館 の 儒 学 者 小 塚 南 郊 を 招 、

齢 の 別 な く 集 い ま し た 。 修 三 堂 に は 石 門 心 学 の 脇 坂 義

行 官 舎 で 高 岡 学 館 で

出 資 で 無 、料 で 文 学 政 べ 八 る 年 郷 し 関 学 て 野 、神 が 運 設 社 営 立 前 さ は で 全 れ 敬 ま て 業 す 町 堂 。 人 、文 が 明 化 あ 治 た 三 年 り元 影 、年 年 無 奉

公 的 機 関 と し て は 高 岡 町 奉 行 が 主 唱 し 、 町 人 有 志 の

出 町 農 民 の 学 習 瞬 ・

-4-

学遊らいふ 鶴
人 味 わ う だ け で な く 、 明 友 ぜ ひ 知 っ て ほ し い い や 一 と 伝 統 芸 能 を 高 岡 の 人 達 に こ ん な に す ば ら し い 古 典 頼﹁ 政 ﹂ ⋮ ﹁ 忠 度 ﹂ ﹁ 八 島 ﹂ ﹁ 実 盛 ﹂ 文 字 の 美 し さ よ 。 ﹁ 教 盛 ﹂ 物 と い う 。 そ の 語 感 、 そ の い の 場 面 を 描 い た 能 を 修 羅 数 々 の 能 を も の し た か 、 戦 弥 が 、 い か に 美 し い 詞 章 で 材 を 求 め た 六 百 年 前 の 世 阿 力 強 に く 描 か れ て い る か は た ま た 、 そ の 平﹃ 家 ﹄ に 素 い う 歴 史 の 流 れ の 中 で ︱ い か に 生 死 を 迎 え た か が ど ん な え て き た 、 そ の 古 典 に は 八 百 年 前 の 人 々 が 源 平 の 争 乱 と 平﹃ 家 物 語 ﹄ ︱ こ ん な す ば ら し い 古 典 を 私 達 の 祖 先 は 伝 堅 苦 し い 講 義 諮 曲 を 上 手 に 吟 ず る な ど 減 相 も な い い うだ い も ら い た い 語 曲 の す ば ら し さ の 片 は し に 気 づ い て も ら 惑 ︱ 何 、 と か し て 来 講 す る 人 達 に 平﹃ 家 ﹄ の 魅 力 を 知 っ て う の だ 。 ど こ ろ か 腕 に 余 る 題 材 ゆ え に こ そ 、 私 は あ れ こ れ と 思 い 世 界 文 化 遺 産 に 認 め ら れ た 伝 統 芸 能 と 、 何 の 不 足 も な い 語 曲 と い う 無 形 平﹃ 家 物 語 ﹄ と い う 極 め つ き の 古 典 ・ だ ろ う が 、 資 料 づ く り に は い つ も 苦 労 し て い る 。 る 。 月 一 回 の 年 五 回 、 大 し た こ と で も な い よ う に 思 え る

手│■ │1車 ■
た か お か 学 遊 塾 で 講 座 を 持 っ て 、 今 年 は 六 年 目 に な

︱ ︱

一  一 ︲ 狩 謁 轡 崎 軸鳴 詢
あ る 。 は 真 剣 勝 負 に 等 し い 講 義 の 前 後 は か な り し

” 日 本 亨 の ⋮ ‘

さ ん と い う 感 じ で 子 供 の 私 は 赤 い マ ン ト を 着 て お ず お ず

り と 、 出 入 り す る 学 生 が 賢 そ う に み え た 。 お と な の 本 屋

い が 、 そ の お 店 は 老 舗 で 守 山 町 の 蔵 造 り の 屋 根 も ず っ し 母 私

に は を 連 れ て 本 屋 へ 行 た 今 は 廃 業 し て 既 に な っ 。

小 学 五 年 の 冬 、 よ う や 成 績 が 上 が り 始 め た ご ほ う び く

冊 の 本 の せ い か も し れ な い

私 が 古 典 に 関 わ た の は 。 母 が 最 初 に 買 て れ た 二 っ く っ

ま た ま の 巡 り 合 わ せ が 影 響 す る よ う に 思 う 。

て 紡 径 す る 職 業 選 択 で す ら も

限 り あ る 生 の 中 で 人 は 様 々 に 自 分 を 生 か す 道 を さ ぐ っ

い で す よ 頑 張 て っ く だ さ い よ ふ ぁ い と ォ ∼ 勢 長 偉 ︱ 。

ボ ラ ン テ ィ ア の 仕 事 や っ と ら

、 周 り の 人 達 の 一 言 や た

︱ 。

れ る ん で す か ら

高﹁ 岡 に 住 も う が 住 む ま い が 、 高 岡 の た め に こ う い う

あ な い ん だ け れ ど も ︱ ﹂

﹁ そ り や い い ね ︱ 。 あ ︱ 僕 は も う 、 高 同 の 人 間 じ ゃ ︱

い た 眼 が 和 み 、 少 年 の よ う に 輝 い て

い る こ と を 一 瞬 、 忘 れ た の で な い か と 思 う 。 少 々 据 て っ

︱ 。

の 進 む べ き 方 向 を 探 っ て 苦 し い パ イ オ ニ ア の 道 を 歩 ん で

何 の て い

も な く よ く

元 気 応 じ た か ら 、 塾 長 は 学 遊 塾

高﹁ 岡 の 町 の 活 性 化 ! ﹂

私 は 即 答 し た 。

﹁山 本 さ ん 、 あ な た が 学 遊 塾 を や る 目 的 は 何 で す か ﹂

た こ と が あ る 。

き 折 本 塾 長 が 飲 み 会 の 折 こ ん な こ と を 問 い か け て こ ら れ た い が と て 嬉 し い 。 も

共 有 す る 楽 し さ は 、 こ れ は ち ょ つ と ⋮ い や 胸 に 温 め て お

参 加 率 も 高 ま っ て い る 百 分 を 越 す 時 間 を 同 好 の 人 達 を

幸 い 年 を 追 て 受 講 の 方 々 の 年 代 は 広 ま 男 性 の っ

そ う い う 気 持 ち で ス タ ー ト し た 講 座 な の で 、 資 料 整 備 に 語 て ほ い

と と も

っ し 。

り 、

緊 張 す る の で

Z つ 。

に 日 本 一 ‘ の 市 民 権 の 冠 を と 願 っ て い る 者 の 一 人 で あ ,

張 て 語 っ ら ん か な と 思 う 。 そ し て こ の た か お か 学 遊 塾 教﹁ え る と は 、 と も に 未 来 を 語 る こ と ﹂ と い う 。 胸 を

, ,│十 11↓ │が

す る だ け で も 私 は 力 が 湧 く 。

何 と 朗 々 た る 凛 々 し 日 本 語 だ ろ う 。 こ の 詞 章 を 耳 に い

者 ‘ い 表 現 が 出 て る

調 と う 語 山 の 中 に は 、 日 く 。 本 一 の 機 嫌 ‘ と か 日 本 一 の 剛 の , , 課 題 と し た の も 、 ご そ の 想 い ゆ え で あ る 。 を

び 、 現 職 の 古 典 の 力 、 そ れ も 心 端 々 し い 時 期 に 出 会 う こ と の 喜

と き に 国 語 の 授 業 で 古 典 の 名 場 面 や 冒 頭 の 暗

の 荒 野 へ も 私 は タ イ ム ワ ー プ し て い た 。

帝 の 後 宮 や 娘 に 裏 切 ら れ て 道 化 と と も に さ ま よ う リ ア 王

ど と い う 少 女 小 説 に 読 み 耽 っ た け れ ど 、 平 安 の 雅 び 二 条

相 変 わ ら ず ル パ ン 物 を 愛 読 し 冒 険 小 説 や 七﹃ つ の 菅 ﹄ な

し か し 、 こ の 二 冊 は 私 の 読 書 概 念 を 変 え た と い え る 。

枕﹃ 草 子 ﹄ と ﹃ ヤ 王 ﹄ だ た の だ っ リ

な が ら 開 い て 、 私 は 呆 気 に と ら れ て し ま つ た 。 そ れ は

し 帰 宅 し て ﹁ は い こ れ ﹂ と 渡 さ れ た 包 み を わ く わ く し て い た と 思 う 。 、 本 は 母 が 選 ん だ 。

-5-

学遊 らいふ ン
皆 さ ん が 参 加 し ま し た 。 も 折 本 塾 長 は じ め 九 講 座 の テ ジ で の 朗 唱 の 会 に 今 年 ー 岡 古 城 公 園 中 の 島 特 設 ス

十 月 一

日 か ら 三 日 、

鱗 欝 β ガ 舞 舞

郷! 書 餅 熔 り 斧

臨 圏 蕨 襲 態 つ 勅

グ かか 遊 ‐ ン たおピ 塾
活 動紹介
4月 15日 lal∼ 21日 lXl 高岡市生涯学習セ ンタ ー
( ウイ ング ・ ウイ ング高 岡 内 ) 平成 76年 春 。 …… ………………… …………… ………… ………… 高 切研所 rご 完所 4/たウイン グ ・ ウイン グ調 で、学 雷塾 の'舌 紹 介 を 動 行 いま t/た。 の 市民致 t受 行昂醍示 や溝 座内 容 、学 習室 の〉 動紹 介 、楽 t/い講座 体験 言 ー ナ ー やロ ビ ーョン サ ー ヨ トも行わ れ ま t/た。
H 啄萌・ 民

末流会宅行委員募集
(講 座 を 超 え て 楽 しい │ 仲 間作 りを しませ ん か ) 交流会の中昧の企画や当国のお手伝いを

t/て 下さる 塾生を広く す。 ■ 募集しま あらたな仲PB5作や自 り 分発見ができる と
態 い ます。 ■ ■│ ‐

中   中  中    い お  た 生+0 待t さく    。 て のん 如罐 ,  ノ   フ 参加ご 盟ン を

中   

お 誘 い 合 わ せ の 上

車  中  中       お し  知ま後 りす日 合の 、 いでご の ご、 案 方家内 々族い を 、た

● 場   所 古同 岡 市 生 涯 学 習 セ     ー      車 一 ン タ   時 平 成 年

● 日

17 1

く ましょ う。待つ 宇す1 4 ■ てま │ 栞し やり │ │‐ │ │ ‐│ ■ ■

TEL20-1801 又は 各講座市民教授まで

月 30 日 倒

学 遊 塾 、で 交は 流 、 会今 を年 行も い受 ま講 す生  。 、  市  民  教  授  が  一  同       中一

に 会 し て

軒                                                                                     ︼

穏 交 流 会 の ご 隷 向

ンR

熙 ⋮ ⋮ 脱
編 集!

O O O O O O

刷   小 印 刷 株 式

0 0 0 0 0

た い と 願 う の で あ る     S   M 。

0 0 0

会 社

0 0 0 0

力 ご 支 援 を 得 て 明 る く 健 全 に 育 ち

て 間 わ れ る だ ろ う 。 告 々 様 の ご 協

経 て こ れ か ら 増 々 そ の 内 容 を 含 め

た か お か 学 遊 塾 も 数 え て 八 年 を

昧 ま で 輝 い て い る よ う に 思 う 。

欲 の 旺 盛 な 人 々 の 熱 気 で 施 設 の 中

る 高 齢 化 の 社 会 を 反 映 し て 学 習 意 。

み ん な の 顔 が 生 き 生 き と し て 見 え

代 的 な 施 設 で 、 そ こ に 集 う 塾 生 の

イ ン グ が 、 誕 生 し た 。 明 る く て 近

に 生 涯 学 習 セ ン タ ー ウ イ ン グ ウ ・

平 成 十 六 年 四 月 に 、 高 岡 の 駅 前

醒一 ン ン
山 田 め ぐ み 山 口 ひ と み 向     英 洋 牧 長   幸 子 中 川 加 津 代 中     朋 子 塚 西 百 合 子

委!

-6-