You are on page 1of 3

未来

(砂漠の娘)

この物語は英語で書かれています。場合は、Futuro、偽のラテン語版と呼ばれ、スペイン語のバージ
ョンを確認することができます Futurus と呼ばれる偽のギリシャ語版、Μέλλον(メロン)と呼ばれる。

アレハンドロオチョアゴンザレスは、またの名を"こじつけ"で。グアダラハラ、ハリスコ州、メキシ
コ。 2010 年 1 月。

ソノラ砂漠では、北に祭壇、マーナ、彼女の母親は、教師アテナ、未舗装の道路で 歩行者の魔法の水
の検索で、それらを提供する車に乗せて 2009 年モデルグレー鶴車のソロドライバを拒否する人が労働
者として、それらを間違えているユマ、アリゾナ州に彼のルートで続行されます。

彼らは別の 3 日間を 歩いていく、とアテナ離れて、脱水症状を通過します。マーナ1 日多く、水の小


さな 雑木林を見つけるも 歩いていく。彼女は岩の上に、砂で覆われて座って、ウールの毛布の色。

旅行者は徒 歩、乗馬、オートバイや車の上を通過する、彼らは何かについて、何から何まで彼女に頼
むだろうが、マーナは何もお答えいたします。ので、毎日、彼女が描画されますそこでは、高齢化せ
ずに、引き続き、ミネラルウォーターからも、魔法のそれを飲むされます。

そして彼女は、静的な、緑の、宇宙の無限大と彼女の人生の寂しさを考えるマーナ、23、母親として
グアイマス生まれ目になります。

彼女は、アテナラモン、地方の擬似の唯一の娘の哲学者のソノラ州アラモス(ポプラ)で生まれ、ア
テナから離婚、誰 Cajeme で死んでしまう。

マーナと月と星が表示されますアラビア物語覚えているでしょう彼女にアテナとラモンが少女のよう
にお読みください。
しかし、ここでは 14 日、2015 年 1 月 30 日、誰かと毛布を解除するには数年でマーナ石の岩の上に
並べられたパイルされているし、ウールの毛布で覆われて、それが 経過したが発見され来るには、奇
妙な旅行者に渡されてくる大きくて遠方の都市にはお互いに結婚すると彼女の撮影を持ち、人、芸術、
政治、ビジネスでハイライト表示される 2 人の娘と 2 人の息子、そして教育の必要が発生する。

マーナ、これ以上の孤独、彼女の人生急いで、対話、引数、研究のフル始めているが満足しているが、
取引は、インターネット、実装、統合、精神的な豊かさを介して、ボート、電車、車で旅行し、飛行
機、旅行宗教的生活。

彼女はグアイマスは、第一に、彼女の出生証明書と彼女の洗礼の信仰は、その後のコピーを、彼女は、
ポートに残っているが、多くの友人を迎えるために返されます。彼女はコルテス海の広いビーチで、
夫と子供 4 人と、海の水で泳ぐし、青色のカリフォルニア湾でヨットに乗るが、魚、ビールと彼女の
シーフード料理が同行するだろうし、乗るという彼女人生と愛のために乾杯酒が...

Future
(The Desert’s Daughter)
This story is written in English. You can check the Spanish version, called Futuro, the false
Latin version, called Futurus, and the false Greek version, called Μέλλον (Méllon).

by Alejandro Ochoa G., a.k.a. “farfetched”. Guadalajara, Jalisco, Mexico. January, 2010.

In the Sonoran Desert, north of Altar, Myrna and her mother, the teacher Athena,
walkers in a dirt road in search of the magical water, will refuse the ride a solo driver
of a 2009 model gray Tsuru car will offer them, who will have mistaken them as
migrants, and will continue on his route to Yuma, Arizona.

They will walk for another three days, and Athena will pass away, dehydrated.
Myrna will walk one more day, will find a small wooded area and a water well. She will
sit on a rock, covered with a sand-colored woolen blanket.

Travelers will pass on foot, horseback, motorcycle and car, they will ask her
about something, anything and everything, but Myrna will answer nothing. She will
remain there, without aging, because every day she will draw magic and mineral water
from the well and will drink it.

And there she will be, static, the green-eyed Myrna, 23, born in Guaymas as her
mom, thinking about the infinity of the universe and the loneliness of her life.

She, the only daughter of Athena and Ramon, a provincial pseudo-philosopher


born in Alamos (Poplars), Sonora, divorced from Athena, and who will die in Cajeme.

Myrna will see the Moon and the stars and will remember the Arabian tales read
to her by Athena and Ramon as a girl.

But here is that on Friday, January 30, 2015, someone will lift the blanket and
will discover that several years will have elapsed in which Myrna will have been a pile
of stones arranged on the rock and covered with a woolen blanket, and it will come to
happen that a strange traveler will have passed and will have taken her to a big and
faraway city, where they will marry each other, will have two daughters and two sons,
who will highlight in the arts, politics, business, and education.
Myrna will be happy, no more loneliness, she will have begun a life full of haste,
dialogues, arguments, research, trading, travel by boat, train, car, and plane, trips
through the internet, implementation and consolidation, fullness of spiritual and
religious life.

She will return to Guaymas, firstly, for copies of her birth certificate and her
baptismal faith, then, to greet the many friends she will have left in the port. She will
ride with her husband and four children by the wide beaches of the Sea of Cortez, will
swim in the sea water, will go aboard yachts in the blue Gulf of California, will fish, will
accompany her seafood dishes with beer, and she will drink a toast to life and love...