You are on page 1of 3

採譜&解説:近藤千早 (

craftonei
nc.
)

5
m


エレクトリ ッ
・ジ
ク ャズ
・ベースの

世一


現在( いま)
を聴く




BassScore 山

田一




M
M
ファン待望のマーカス・ミラーの新作『 シルヴ この幻惣的かっロマンティックで深淵なベー 大切になってくる。音を伸ばすにしてもただ伸
ァー・レインjよりベートーヴェン作のピアノ・ トーヴェンの世界を、決して1 却さずに見事リメ ばすのではなく、ヴィブラートはもちろん、ち
ソナタ第14番嬰ハ短調作品 2
7の2 1月光」第一楽 イクしたマーカス。 2
/2拍子のため、譜面上では ょっと したダイナミクスの付け方といった音の
章をお届けしよう 。この曲は 18
01年に書かt'I-. 複雑に見えるが、音を聴くと大きくゆったりと 溜め方などを、 CDを何度も聴いて真似ると「歌
ベートーヴェンがピアノ教師をしていた伯爵令 ノっているのが分かるだろう 。囚 はダブル・ス う」という重要さか細めてくるだろう 。後半のペ
嬢ジュリエッタ・グイチアルデイに捧げられて トップや高速アルペジオ、また両手タッピング ース・ソロでは実にメロデイアスで、非常にセ
いる 。また「月光」という名称の由来は、詩人の を織りまぜた幻想的なソロで始まり、 国 以降は ンスある音の選択をしている。そしてその中に
ルドウイツヒ・レシュターブカ~スイスのルツェ あのシャープなサウンドのスラッピング ・フレ もテクニカルなフレイズが多用されているが、
ルン湖の月光の波に擬らぐ小舟のよう」と評した イズでのプレイとなる 。テーマのメ ロデイはシ それを少しも感じさせないスムーズなプレイは
ことから付いたと伝えられている。 ンプルなだけに、よく歌ってプレイすることが さすがの一言に尽きる 。 .
・t
T

R
p

b
a
o
u
T
D

m N
u
n

0
m唱
n
O

O-
v
V且

-
a
mv

」 sー

c

↓P

. b
J 必
H


. 、
. ,
; ・
u
~#
'
a
v

日 -3・ d

'--3-一
一一J
L._Y r

↓ f
j
l

ゃ 一一 3一一」↓

~
↑ ↑
E

│中 ノ

fC4 C
/FF ー一一 ¥4 C ・

0'
H


、、4、マ ,

- ユ
L ,
) b.
. l .
b
│ド│い

世│ ﹂九﹁ll

MF汽
3 ﹄
JhJ

3 '-3ー 」
I~ I~ I~

I
nTe
mpo
固 C ~m
門口口門 l
igh
t5ロ門百七E
8v
a-

一一一
一一
;-3-


一-8一
, r-3
-
一一一

,一一


一「
3-

(
刀 ;
n) .-3-

8v
a
H
φ


C;m

H H


___

C~m F~m E/
B B7
s s "
S__
_
_ーーへ P SH s
園「
田 ,
J ι ~ー
L >.-.:-一一一一一¥一・

'-3-'

G~7 C~m

一一 5 匡=ーー「 一- J一:
「 :
:
2 'r-3-

ー g

HP

FHF《
/一
一-
--
--
--
-.
. HP HP

J ノ
6

C ~m Clm Gl
7/C
g H H s H
固 "S g ~ "
H__
__
__
__
"-
-
-
--
-
-
--
L 込,

t
1
.g ト
f ー 1 ふ
t g KH/ーヘ It
cH t
cS_
_一一¥


ー.
,.
.
..
.,

C'm F'm E/
B E
s H
〆,
ーーー
『ー
ーー、 S
/一一一一¥ PSH H P H H g

/ 一一ー¥

g 4

4 s

/い可¥

BmP S Em
_:---;....._",.-戸ーー~----一一ー\ PS

P S
〆戸
一、ヘf 一
ー、 /
一一一¥
d
l._C--l .
.
L -C..
.
.:
J
一ー一一一一一J
」ー一一一ーーー-t-

s s

一一一-
eーー一_
_J d H S d
出 ゴ
1 出 1
コ /
コL
#D
凶 1
コ ヨ
-
,8,
日/
ヨ 出~:t ~ 凶 ~ ::J
「一一一-8一一一一寸
H H H H ~ ~ヨ=

ーーー
ーーー-8ー
ー一
一一
一-
-,
出 4
コ 司
dH dH H 、
___
""
s s
山付 Fコ Þsns~::> 長コ/ W I ~ 8/
D
E
9

_
.,
,_
_
..
.,
.
..
._
_
..
. '
- _/ 、
¥ー_
_./、
--
--
、-
--
-
S dH 万一コ S d
\ーーー戸J 、~ d d 、

ーーー
ーー_
;-、ー

ー〆、
、ーー.
S d
出 !P ~ Ð 凶日
巴ニト巴UロE 二~Ll D !l U ロロ ω