You are on page 1of 1

「頭寒足熱」の医学的根拠を教えてください

真冬なのに、ショートパンツをはいて、生足で登校してくる児童がいます。かぜなどの体調不良にも

意味は『腹を立てず常に冷静で、物事には行動力

ばならないわけではありません。

を持って取り組みなさい』ということになります。

 また、先述の研究が示すのは、足をバケツの水

「足を冷やすと風邪をひくか?」に関する実験

に入れると風邪症状が増えるということであり、
生足といっても靴下と靴は履いているわけですか

つながると考え、「頭寒足熱」の四文字熟語を使って指導しようとしたのですが、「頭を冷やして足

足を冷やしたグループは風邪症状を

を温めると良い」ということについて、医学的な根拠を見つけることができませんでした。「頭寒

ら、研究結果がそのまま当てはまるわけではあり

訴える人が2.57倍に

ません。「頭寒足熱」の意味も前述の通りで、風

 2005年に、次のような研究が行なわれました。

邪予防の効果は証明されていません。

家庭医診療科・院長     岡田 唯男

 180人のボランティアをランダムに2グループ

 快適な衣服量には個人差があります(冬に半袖

に分け、片方のグループ(A)には1回だけ裸足

の人もいますよね)。生足で登校する子どもには、

のことです(原文はオランダ語と推定される)。

で10℃の水10リットルのバケツの中に20分間足

「足寒くないの?」という声かけを行ない、最終

 この言葉を直訳すると「頭は冷やし、足は暖か

をつけてもらい、もう一方のグループ(B)には

的には個人の快適さを優先すればよいと考えます。

く、腸は空に」となることから、当時オランダだ

空のバケツに靴下も靴もはいたまま20分間足を

けが唯一の交易国であった日本で、蘭学者たちが

入れてもらいました。その結果、4−5日後に風

 体を冷やすと風邪をひくという考えは日本特有

直訳の「頭寒足熱」を医学の真髄として伝えたの

邪をひいたと申告する人が、グループBでは5.6

のものではなく、1884年の英国の文献にも記載

ではないでしょうか。

%だったのに対し、Aでは14.4%もいたのです。

 寒い季節に健康でいるためには、他にもっと大

 この研究から言えるのは、足を20分間冷やす

切なことがあります。

と4−5日後に風邪症状を訴える人が2.57倍に増

 インフルエンザを含めた風邪のウイルスは、そ

えたということですが,一方で、たとえ足を冷や

の大半が飛沫感染か接触感染によって拡大します。

足熱」の効用について、専門家の見解が知りたいです。
●北海道 K小学校 M・S

寒さが体に与える影響

からだを冷やすと風邪をひくと
いう考えは、19 世紀の英国にも?

があります。そのメカニズムとして、体が冷える
→鼻や上気道(のどや気管)の毛細血管が収縮す
る→鼻や上気道での免疫反応を弱める→既に風邪

鉄蕉会 亀田ファミリークリニック館山

英語→オランダ語→日本語へと
2回の翻訳を経るうちに…

寒い季節に健康でいるために、
もっと大切なこと

のウイルスを持っている人に限り、実際に風邪を

 ところが、これは誤訳ではなかったかと思われ

したとしても風邪症状を訴える人は7人に1人で、

 冬に風邪をひく人が多いのは、気候や暖房によ

発症する、と考えられていたようです。

るのです。英国のトーマス・パー( 通称:オール

それ以外には何も起きないこと、頭寒足熱に従っ

り空気の乾燥が進むと、ウイルスが空気中に滞在

 しかし、実際に体を冷やすと風邪をひくかとい

ド・パー/1483-1635年/ウイスキーにも名を残す伝

て足を温めることで風邪をひきにくくなるかどう

する時間が長くなること、複数の人間が密閉され

う研究が、1958年と1965年に行なわれましたが、

説の人物/実在したとされる)は、長寿の秘訣を尋

かは分からないということです。

た空間で過ごす時間が多くなること(咳やくしゃ

関連性を証明することはできませんでした。

ねられ、"Keep your head cool by temperance

 また、1987年頃の調査で、部屋の中で高さに

みなどは2m以上離れていると届きにくい)、乾

and your feet warm by exercise."と答えたそうです。

よって温度差があっても、足元より頭部付近の温

燥により上気道粘膜の免疫機能が働きにくいこと

 英語の慣用句表現では、keep head coolは冷

度をやや低めにした場合に不快感が少なく、学習

等が理由とされています。

静でいる、keep feet warmは自ら(足を使っ

など精神的作業の能率も向上するという結果が出

 ですから、冬の間も健康で過ごすためには、月

て)行動して事に当たる、という意味で使われる

ていますが、同様に、それで風邪をひきにくくな

並みですが、以下のようなことが大切です。

 東洋医学や漢方に由来するのかと考え、東洋医

ことから、トーマス・パーの述べた長寿の秘訣は

るかどうかについては調べられていません。

●室内の乾燥が進まないように加湿器などを使う

学の専門家に尋ねてもみましたが、調べた限りで

『腹を立てず常に冷静で、物事には行動力を持っ

は東洋医学の理論にそのような健康法はないとの

て取り組みなさい』ということだったのですが、

ことでした。また、驚くべきことが分かりました。

これ(英語)を前述のブールハーフェが長寿の秘

 18世紀のオランダの名医ブールハーフェの蔵

訣としてオランダ語で記し、それが日本語に訳し

書の中に、厳重に封印された『医学の無類にして

て伝えられるという、2回の翻訳の間に本当の意

 生足で登校する子どもへの指導

●しっかりと運動する(からだを動かす)

もっとも深い秘密』と題された本があったそうで

味が消えてしまい、表面的な直訳だけが残ったの

 確かに、手足から多くの熱を放出して体温を調

●咳エチケットを身につける

す。1738年の彼の死後、同僚たちが期待してそ

ではないか、というのが最も有力な説です。

節しますから、露出していると熱を奪われやすい

●インフルエンザをはじめ、ワクチンで予防でき

の本を開いてみると、最初のページに"Keep the

 ここまでをまとめると、科学的には体が冷える

かもしれません。一方で、子どもの体温(平熱)

 る病気はワクチン接種を受ける

head cool, the feet warm, the bowels free."と

と風邪をひくと考えられているが、証明はされて

は大人より高いということもあり、快適さを担保

書いてあるだけで、あとのページは白紙だったと

おらず、頭寒足熱は長寿の秘訣ではあるが、その

するために、大人と同じ量の衣服を着ていなけれ

「頭寒足熱」という考え方

18世紀オランダの名医の記述が
蘭学者を通して伝わった?

寒い季節の健康を守るために

快適な衣服量には、個人差があります。
「足寒くないの?」との声かけを

●子どもの受動喫煙をなくす(タバコにより上気
 道の免疫機能が落ちます)
●基本的な生活習慣を守る(早寝、早起き、バラ
 ンスの良い食事+朝ごはん)

回答者連絡先 〒296-8602 千葉県館山市正木4304-9
       鉄蕉会 亀田ファミリークリニック館山
(C・Y)