4 年 確率・統計 レポート No.

3  模範解答
2010 年/前期
情報工学科・電子工学科

p56, 問 11
取り出される赤球の個数を X とおくと、X のとりうる値は k = 0, 1, 2, . . . , 50 であり、一
回の試行で赤球の出る確率は

3
7
。また白球の出る確率は
であり、各試行は互いに独
10
10

立であるから X = k となる確率は

(
P (X = k) = 50 Ck ·
よって X は二項分布 B(50,
標準偏差は

3
10

)k ( )50−k
7
·
10

3
3
7
) に従うから、平均は 50×
= 15、分散は 15×
= 10.5。
10
10
10

10.5

p57, 問 12
平均が 10 回である事から、X はポアソン分布 Po (10) に従う、よって

P (X = k) = e−10 ·

10k
k!

(k = 0, 1, 2, . . . )

求める確率は X ≤ 4 となる場合の余事象であり、X = k となる各事象は互いに排反より

P (X ≥ 5)= 1 − P (X ≤ 4) = 1 − (P (X = 0) + P (X = 1) + P (X = 2) + P (X = 3) + P (X = 4))
500 1250
1750
= 1 − e−10 (1 + 10 + 50 +
+
) = 1 − e−10 (61 +
) = 0.96778
3
3
3
ただしテキストの表より e−10 = 0.00005 を用いた。

p59, 問 14
このくじは極めて多数売られているから、当たりを引く確率は変わらないと考えてよい。
よってくじの抽出はベルヌーイ試行と考えることができるから、含まれる当たりくじの本

3
3
の二項分布 B(100,
) に従うが、n が大きく、p が小さ
100
1000
3
いから X は近似的にポアソン分布 Po ( ) に従う。すなわち
10
数 X は、n = 100, p =

P (X ≥ k) ≒ e−0.3 ·

0.3k
k!

よって求める確率は X ≤ 1 となる場合の余事象であり、X = k となる各事象は互いに排
反より

P (X ≥ 2)= 1 − P (X ≤ 1) = 1 − (P (X = 0) + P (X = 1)) = 1 − e−0.3 (1 + 0.3)
= 1 − e−0.3 · 1.3 = 0.03693
ただしテキストの表が使えないので e−0.3 = 0.740818 を用いた。

p64, 問 18
確率密度が



 a(2 − x)
f (x) =
a(2 + x)


0

(0 ≤ x ≤ 2)
(0 − 2 ≤ x ≤ 0)
(x ≤ −2, 2 ≤ x)

であるから、全事象の確率は 1 である条件より

1=

f (x)dx =
−∞

よって a =

4 × 2a
= 4a
2

1
。また奇関数×隅関数=奇関数であるから xf (x) は奇関数となり
4
∫ ∞
E[X] =
xf (x)dx = 0
−∞

さらに


V [X]= E[X ] − (E[X]) = E[X ] =
2

=

1
2


また V [X] =

2

2

[

2

(2x2 − x3 )dx =
0


−∞

2

x f (x)dx = 2 ·

1 2 3 1 4
x − x
2 3
4

2

0

]2
=
0

1
x2 · (2 − x)dx
4

1 16
2
( − 4) =
2 3
3

6

3

p68, 問 22
受験生の総合得点を X として、a 点以上で上位 10% に入るとする。
すなわち P (X ≥ a) =
変数 Z =

1
10

となるが、X は N (600, 1002 ) に従うから X を標準化した確率

X − 600
を用いると
100

P (X ≥ a) = P (Z ≥

a − 600
a − 600
) = 1 − P (Z ≤
)
100
100

よって

P (Z ≤
となる

a − 600
1
9
)=1−
=
100
10
10

a − 600
をテキスト p161 の表から探せば
100
a − 600
= 1.282 ⇔ a = 728.2
100

よって 729 点以上取れば上位 10% に入る。

p70, 問 23
表の出る回数を X とおくと X は二項分布 B(n, p), n = 200, p = q =
きいから、正規分布で近似すると np = 100,

npq =


50 = 5 2 より

1
に従う。n が大
2

96 − 0.5 − 100
105 + 0.5 − 100


≤Z≤
)
5 2
5 2
≒ P (−0.636 ≤ Z ≤ 0.777) = P (Z ≤ 0.78) + P (Z ≤ 0.64) − 1
= 0.7823 + 0.7389 − 1 = 0.5212

P (96 ≤ X ≤ 105)≒ P (

ただしテキストの表より P (Z ≤ 0.78) = 0.7823, P (Z ≤ 0.64) = 0.7389 を用いた。

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful